福祉系大学の2年生です。社会福祉と高度経済成長の関連についてどんなこと
でもいいので皆さんの意見を教えてください。僕の意見としては、まず福祉に費用
を回せるようになった、経済成長の過程の中で人々が心の充足を求めたり、生活が
個別化して、介護力が低下したので福祉のニーズが大きくなったということが関連
事項として挙げられるのですが、これではあまりにも少ないと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

私も現在ゼミで取り組んでいる課題です。



この問題を考えるにあたって、日本の福祉体制と雇用制度の関係にも目を向けられはどうでしょう?
まず第1点は日本の福祉が一家の稼ぎ手である男性を対象としていて、家族の力に頼っているということ。
もう1点は日本の労働市場は比較的雇用規制が強く、労働力の流動性が悪いということ。
高度成長期というと60年代を指しているのだと思われますが、日本の家族が稼ぎ手一人と主婦一人という家族モデルを広く受け入れた頃で、また70年代中頃に確立する福祉国家への道を歩みはじめた頃です。
何が原因で何が結果と一概には言えませんが、そもそも家族主義の強い国で、戦後農業人口を工業人口が吸収するときに女性の雇用の創出が充分にできなかったために、女性が家庭に残る傾向は強まります。
家族が一人の男性の所得に頼っているのが一般的な社会では、その男性の雇用を保護することで国民の福祉を図るという方法が採られたと考えられます。
雇用の保護→市場の硬直化→他の家族員の市場参入困難→ますます男性の雇用保護、というような循環が工業化の進んだ時代には当然進むべき方向として受け入れられたでしょう。家族の福祉は家庭内の女性が担うことが政策の上でも前提にされてきた土壌がこうしてできてきます。
従って高度成長期を通して制度化された日本の社会福祉体制を考えるとき、同時に作られた家族頼みの雇用制度も無視できないファクターではないでしょうか。
    • good
    • 0

高度経済成長によって、社会福祉は必然化します。



経済成長は、出生率の低下を招きます。子供を持つには、子供が可愛い、農業社会などでの労働力、老後の保障としての子供、などの理由があります。しかし、経済成長によって、これらの理由は希薄になるので、出生率が低下します。
従って、老後を保証していた子供があてにできなくなります。それ故、社会保障制度が要求されるのは必然でしょう。
幸いなことに、そのような社会では、経済成長によって、社会保障を行う経済力がついてきますので、瀬先進国では、それほど問題になりまません。ただ、日本では高度経済成長と言われるように、急激な変化なので対応できていないということでしょう。

この解決には、税金を上げるしかないでしょう。政治家がどんなにうまいこと言っても、「金のなる木」を持っているわけではありませんので。
もう一つは、65歳くらいまで働けるシステムを作れば、労働力も確保できるのですが。その具体策となると、老人二人で一人前、くらいのところ、すなわち、一人が月から水曜まで、もう一人が木から土曜まで働くことができれは、少しは解消になるかと。

なお、社会保障費は、多くの国ではGNPの3~5%とか(日本は少し高い)。何故そうなるのかは、ご卒業までに考えてみてください。
    • good
    • 1

私の考えるポイントを述べると



*高度経済成長によって衛生、健康管理能力が向上し、平均寿命が伸び、男女が共に働く社会に移行していった結果、子供が減り高齢化社会が到来しました。それに伴い、これまでは少数派であった社会福祉を必要とする人たちが激増しています。

*高度経済成長し、家族から会社へとおもな組織構造が変化したため、核家族化が進んできました。その結果これまでは家族で見てきた事柄も社会でケアする必要がでてきました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

 衛生面、健康面というものの影響は考えもしませんでした。男女共同についても、
javioneさんのご意見を拝見するまですっかり忘れていました。
 とても重要なことをポイントを抑えておっしゃっているご意見なので、大変参
考になります。ありがとうございます。

お礼日時:2001/05/30 07:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIT業界から福祉系に職業を変える人を多くみかけますが

IT業界に10年くらいいますが、ITに疲れて辞めていく人のほとんどの転職先はなぜか福祉系、医療系な仕事が多かったです。他の業界はどうかわかりませんが、なぜITに疲れた人は福祉や医療の業界へ行くのでしょうか?ちょっと素朴な疑問だったのでおうかがいします。

Aベストアンサー

世の中を知ってください。
IT
時代の最先端情報技術の仕事ですが、その求人は多く離職率は高いです。
理由は3K,7K,11Kなど過酷だからです。
技術の進化が激しくついていけません。

こんなにがんばった人たちは他の業界は受け入れてくれるでしょうか?
答えはNOです。
パソコンは使えて当たり前ですが、この使えるというレベルはあくまで
インターネットとOfficeソフトが使えればよい。
VBAやACCESSで簡単なDBが作れると重宝しますがそれ以上のレベルは
必要ないからです。
営業はイヤだ。となると技術や資格職ですが、無理です。


医療は難しいです。
ITと違い情報処理技術者試験がなくてもできる仕事ではありません。
福祉は老人相手の場合誰でもできます。
IT同様離職率が高いです。加えて低賃金。
非常に安く、生活保護以下レベルです。
だからたくさん募集しているからいけます。

ほかの業種は経験者採用なので採用されません。
だから仕方なくいくのです。
PG/SEは転職して当たり前、5社、6社経験していても全然採用されます。
嘘を書いても採用されるでしょう。1次受けSIは別ですが。

世の中を知ってください。
IT
時代の最先端情報技術の仕事ですが、その求人は多く離職率は高いです。
理由は3K,7K,11Kなど過酷だからです。
技術の進化が激しくついていけません。

こんなにがんばった人たちは他の業界は受け入れてくれるでしょうか?
答えはNOです。
パソコンは使えて当たり前ですが、この使えるというレベルはあくまで
インターネットとOfficeソフトが使えればよい。
VBAやACCESSで簡単なDBが作れると重宝しますがそれ以上のレベルは
必要ないからです。
営業はイヤだ。となると技...続きを読む

Q児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思ってい

児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思っている高校2年生女子です。閲覧ありがとうございます。

私は去年1年間進路を考えていく上で、福祉関係の仕事に就きたいと思い、今その候補として社会福祉司と児童福祉司が上がっています。ただ私には将来の夢として実は言語を学び、外交官や通関士、通訳ガイドなど外語を活かせる仕事に就きたいというのもあります。
どちらかを選択しなければならないと思っていましたが、自分で色々と考えていく中で社会福祉士や児童福祉司の仕事に英語を生かせないのか、という考えを持つようになりました。日本に住んでいるのはもちろん外人の方もいて、日本人と結構して日本に住んでいるため日本語が話せる方もたくさんいるとは思いますが、老若男女トラブルが起きた時に外国語で手助けでき、かつその業界の専門家ならさらに多くの人の手助けができるのではないかと思ったのです。もしも外国語の需要があるのならば、外国語大学を卒業してからそのような仕事につくのも進路の1つとして今は考えています。

とはいえ、このような仕事に外国語の需要がどのくらいあるのか、また社会福祉士や児童福祉司の仕事内容もまだまだ曖昧な部分がありますので、以下のことを質問させてください。

1. 社会福祉士または児童福祉司の仕事内容を教えてください。

2. どのような経緯(大学や研修、資格獲得など)を得てその職業に就いたのか教えてください。また、外国語大学を経てから社会福祉士、児童福祉司を目指すことについてご意見をお聞かせください。(現実可能か、将来性など…)

3. 仕事の中でやりがい、楽しさを感じる場面や、辛い、大変だと思う場面があれば教えてください。

4. 仕事をしている中で、外国語があればよかったと思った時があれば教えてください。また仕事の上での外国語の需要がどのくらいあるのかを教えてください。

5. 最後に社会福祉士や児童福祉司を目指す上で大切なこと、今のうちにがんばっておくべきことなど、ご意見がありましたら教えてください。


たくさんの質問で申し訳ありません。全部答えていただかなくてももちろん結構です。将来の進路を決めるこの一年の参考に実際に働いている人からのご意見が聞きたいです。回答よろしくお願いします。

児童福祉司、または社会福祉士をしている方に特に質問したいです。将来福祉関係の職業に就きたいと思っている高校2年生女子です。閲覧ありがとうございます。

私は去年1年間進路を考えていく上で、福祉関係の仕事に就きたいと思い、今その候補として社会福祉司と児童福祉司が上がっています。ただ私には将来の夢として実は言語を学び、外交官や通関士、通訳ガイドなど外語を活かせる仕事に就きたいというのもあります。
どちらかを選択しなければならないと思っていましたが、自分で色々と考えていく中で社会...続きを読む

Aベストアンサー

これからの事をしっかり考えていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
アラフィフのおばさんですが、何かお役に立てればと思い書き込みさせて頂きます。

私も高校の時、人の役に立てる仕事に就きたいと思い社会福祉学部に進みました。
社会福祉も色々分野があります。対象が老人・子供・身体障がい・精神障がい・生活困窮者・一般の人などで資格も違って来ます。
施設等で実際にケアする仕事をしたいのか、コーディネートする仕事をしたいのか、それにより資格も違って来ます。
あなたはどんな事がやりたいのでしょうか?
やりたい事がありそれにはどんな資格が必要なのか、が順番のような気がします。
社会福祉士に比べ児童福祉司はさほどニーズはないと思います。国家資格ではないからです。
子供関係に就きたいのなら、保育士を取ることもお勧めします。

今は児童館で児童厚生員をしています。
職場で外国語が出来れば、と思ったことはあります。
私の地域では南米系の方が多くいらっしゃり、日本語が片言であったり、殆ど話せない親や子がいます。
そんな時ポルトガル語、スペイン語が出来たらと思います。でも需要と言われると殆ど無いですね。
出来たらいい、程度でしょうか。
東京とか大都市なら、英語が出来る保育士さんなんて需要がありそうですが。

福祉の仕事は人間相手の仕事ですから、やりがいも難しさもその中にあります。
十人十色ですから、この対応がAさんには良くてもBさんにはダメな事もあります。
なかなか気持ちが通じない時もあります。
でも相手が心を開いてくれたと感じた時の嬉しさは、それまでの苦労がいっぺんで吹き飛んでしまいます。
とてもやりがいのある仕事だと思います。
ただ福祉の仕事はお給料はかなり低いです。
老人介護の現場などでは、きつい上に低賃金で、認知症になった方から暴言を吐かれる、暴力を振るわれるなんて
事もあります。ですから離職率も高いです。

福祉の仕事と外国語を生かせる仕事は別物のように私には思えます。
福祉の仕事か、外国語を生かせる仕事かどちらかに決められた方が良いように思います。
いずれの仕事に就くにせよ、高校生のあなたには新聞やニュースをよく見て世の中の動きや問題などに
関心を持つ事が必要だと思います。
また人間に関心を持って下さい。相手の立場になって考える寛容さを持って下さい。
例えばあなたの嫌いな人がいたとします。でもその人にもお友達はいてその人を大切に思っているご家族もいます。
人間は一面だけでなく、色んな面を持っています。自分の嫌いな一面だけで判断しないで、どうしてそうなんだろう?
ってちょっと考えて見て下さい。
「世界の終わり」の「ドラゴンナイト」、あんな風に考えられる人が増えれば、もっと優しい社会になるのになって
おばさんは思っています。

あくまでも私の考えですが、何かあなたの今後に参考になれば幸いです。
まず健康である事!これが一番大事です。
頑張って下さいね。陰ながら応援させて頂きます。

これからの事をしっかり考えていらっしゃるのですね。素晴らしいことです。
アラフィフのおばさんですが、何かお役に立てればと思い書き込みさせて頂きます。

私も高校の時、人の役に立てる仕事に就きたいと思い社会福祉学部に進みました。
社会福祉も色々分野があります。対象が老人・子供・身体障がい・精神障がい・生活困窮者・一般の人などで資格も違って来ます。
施設等で実際にケアする仕事をしたいのか、コーディネートする仕事をしたいのか、それにより資格も違って来ます。
あなたはどんな事がやりたい...続きを読む

QIT企業か介護福祉にするか迷っています。

横浜市に住む25歳の男です。趣味はバンドです。

現在試用期間中で1ヶ月間、IT企業で働いています。
プログラマーや、システムエンジニアの仕事です。
僕は、まったくの未経験者なのですがやる気さえあれば、本採用だそうです。
しかし、迷っています。介護福祉に興味が昔からあり、是非一度働いてみたいと思っているのです。そういった専門の学校に通ったことも、働いた経験もありません。母親が介護士の免許を持ちパートですが10年くらい働いています。大変だと言いますが、介護の仕事に対しては賛成してくれています。だからといってコネで働けるってことはないので、自分で探すしかないのですが。

どういった所で迷っているのかというと、金銭面的なことと将来的なことと自分の時間的なことです。
IT企業の方は、社会保険、ボーナス。といって金銭面的には悪くはない思うのですが、自分の時間が持てない気がします。勉強会というのを開いたりだとか、毎日勉強の日々だそうです。しかし未経験で採用してくれるところはあまり無いような気がします。

介護の方は、金銭面は最初はよくないと思うのですが、今のうちに免許を取っておかないと取るのが難しくなるそうです。(今は免許取得するためにはお金がかかるけど、昔は逆にお金をもらえたらしいですね。)それに未経験だから雇ってもらえるのか。。。という不安もあります。

今週の金曜日にIT企業の方をどうするか決める話し合いをします。
それまでに決めなければなりません。
長文ですみません、もしよろしければ何かアドバイスをして下さると助かります。よろしくお願いします。

横浜市に住む25歳の男です。趣味はバンドです。

現在試用期間中で1ヶ月間、IT企業で働いています。
プログラマーや、システムエンジニアの仕事です。
僕は、まったくの未経験者なのですがやる気さえあれば、本採用だそうです。
しかし、迷っています。介護福祉に興味が昔からあり、是非一度働いてみたいと思っているのです。そういった専門の学校に通ったことも、働いた経験もありません。母親が介護士の免許を持ちパートですが10年くらい働いています。大変だと言いますが、介護の仕事に対しては賛成...続きを読む

Aベストアンサー

福祉業界も否定しません。
世論は福祉は大切、安心した老後。
とかいう意見が大半を占めており結果そのツケは若者が払います。
介護保険料も今度4%増えます。
でもサービスはよくなるどころか悪くなります。
ようするに老人が多すぎるのです。

で、そこで働く方はどうでしょうか?
安い料金で良質なサービスを受けさせるために、労働者の賃金は安いです。
時給にすると800円前後でしょうか。
残業代なんてでないのが当たり前というか・・・
いろいろニュースで問題にもなりますよね。ご存じですか?
NHKのニュースとかではやりません。

企業側のいい分は利用者に金銭的負担をかけたくない。ということです。
でもその裏では保険料の不正とか莫大な金額です。社会保険事務所並ですね。

男の場合は

1 親または家系的に金持ちである。何もしなくても家賃など大きな副収入があり
  給料は期待してない。最大の目的は社会に貢献することだ。

2 非常に寛大な心、強い意志を持っている

3 奴隷扱いされても平気。

ぐらいない無理です。異業種にいけません。


そういう意味でITと書きました。

福祉業界も否定しません。
世論は福祉は大切、安心した老後。
とかいう意見が大半を占めており結果そのツケは若者が払います。
介護保険料も今度4%増えます。
でもサービスはよくなるどころか悪くなります。
ようするに老人が多すぎるのです。

で、そこで働く方はどうでしょうか?
安い料金で良質なサービスを受けさせるために、労働者の賃金は安いです。
時給にすると800円前後でしょうか。
残業代なんてでないのが当たり前というか・・・
いろいろニュースで問題にもなりますよね。ご存じですか...続きを読む

Q精神保健福祉関連施設について

こんばんは。
精神保健について学んでいる者です。
質問なんですが、精神保健福祉関連施設とはたとえばどのような施設なのでしょうか?
できるだけ多くの施設が知りたいです。
回答よろしくお願いします。。

Aベストアンサー

現在でいいますと・・・

・入所授産施設、通所授産施設、福祉ホームA型・B型、生活訓練施設(援護寮)、グループホーム・共同住宅、地域生活支援センター、福祉工場、小規模作業所あたりですかね。自立支援法で今後変わりますが・・・

Q社会福祉士って?

社会福祉士を近年受験する人が増えていると聞きますが、福祉士になればそれにみあった就職先があるのでしょうか。
難易度はそんなに簡単ではないし、行政書士などと比べると、資格の性格上なかなか挑戦しづらい(とったものの就職先はないは収入は少ないでは、わりにあわないのでは、という意味で。)気がします。
また、高齢社会で福祉が注目されてますが、本当にこれから求められて行く業界なのか?それにしては表立って需要がないように見えますがどうなんでしょうか?それに、IT業界なんかはまだ未経験でも受け皿があるのですが、福祉業界はなんらかの知識・技能がなければ働き口が見当たらないのです。
それで、お願いします。
実際に福祉士を目指している方は、どういう気持ちで勉強されていて、どういう状況下で過されていますか。
また、実際に福祉の現場で働いている方は、福祉のこれからをどう見ていますか。福祉の現場では、人は足りているのですか?足りないのならばどうして、未経験者を育てる策を政府は積極的にとらないのでしょうか?

Aベストアンサー

某区社会福祉協議会に15年ほど勤めております。わたしは、文系の4大卒で1年就職浪人した後、入職しました。その後社会福祉士の資格ができ、また福祉系の学校ができてくると、社会福祉士の資格を取得した後輩が増えてきました。社会福祉の勉強をしてこなかった自分にとって、やばいのでは、と考え、通信教育で受験資格を得て、国家試験を受験。どうにか福祉士になりました。
市区町村の社会福祉協議会の場合、最近では社会福祉士を条件にしているところがちょぼちょぼ出てきました。もちろん一定以上の試験成績であれば、有資格者の方が有利なのは事実です。
独立営業ができる資格ではありませんが、資格所持者がこうも多くなると、持っていないと、福祉関係への就職は難しくなるのではないでしょうか。
なお、現場では人手は足りませんが、それは財源がないからであって、他分野同様、就職はなかなか厳しいと思われます。

Q医療、福祉関連の仕事

医療機器、福祉機器の営業という仕事はよく聞きますが製造方面ではどのような仕事がありますか? 詳しくないので分かりませんが例えば車椅子を作る会社があるとすればどのように製作していくのでしょうか? できることなら医療や介護と関わりかつ職人のような仕事があればと思っているのですが。 義肢装具士にあこがれますがお金がないので無理です。 アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は専門家ではないので、アドバイスはできませんが、資格を取得するには、義肢装具士養成所を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。
義肢装具士にあこがれているのなら、一度、装具・車いす製作会社の体験ツアーに行かれたらどうですか?(そういうところで、いろいろ質問できるかと思いますが・・・)

製作会社も多数ありますが、参考までに。

川村義肢株式会社
http://www.kawamura-gishi.co.jp/

福祉用具専門職サイト
http://www.techno-aids.or.jp/senmon/index.shtml

QIT業界か介護業界か悩んでいます。

お世話になります。全く違う業界で、人の役に立ちたい、という同様の気持ちで仕事を迷っている40代前半女性です。
長年接客の仕事をして、その後5年程度テクニカルサポートの仕事をしておりました。
家族が難病になったこともきっかけとなり、会社を辞めて看護と転職活動をしておりました。
社会福祉の仕事には接客業の頃から強い関心があり、ガイドヘルパーの資格は取得しました。
ただ、ITについてもITパスポート程度ではありますが、資格を取りました。
転職活動で、60社以上ヘルプデスクの仕事を応募しましたが、全く引っかからずでした。
客観的にみると、40歳以上の女性が、今後IT業界でキャリアを積んでいくことは、あまり現実的ではない、と思います。
が、収入面と仕事内容はIT業界の方がよいのでは、と思います。
 そこで、職業訓練で半年介護実務者講習を受けて、選考は通ったので、3年後目安で介護福祉士として、介護業界で頑張って、障害者や高齢者を旅行に連れて行きたい、という思いがこみ上げてきました。
ですが、今度は収入面に不安があります。共働きではありますが、節約はしていても、半年後に就職が決まる迄は、基本手当の収入でやりくりとなります。
仕送り等が有るため、金銭的に厳しい状態ではあります。
4ヶ月間でIT業界の仕事が全く決まらなかったのに、今週1社だけ、内定を頂いて、正直仕事に行くのが怖くなり、辞退しました。
どちらに進んでも、人の役に立つように頑張れますが、業界が全く違うので、悩んでいます。
もし、読者様であればどのようにお考えか、お教え頂ければ幸いです。
よろしくお願い致します。

お世話になります。全く違う業界で、人の役に立ちたい、という同様の気持ちで仕事を迷っている40代前半女性です。
長年接客の仕事をして、その後5年程度テクニカルサポートの仕事をしておりました。
家族が難病になったこともきっかけとなり、会社を辞めて看護と転職活動をしておりました。
社会福祉の仕事には接客業の頃から強い関心があり、ガイドヘルパーの資格は取得しました。
ただ、ITについてもITパスポート程度ではありますが、資格を取りました。
転職活動で、60社以上ヘルプデスクの仕事を応募しました...続きを読む

Aベストアンサー

金銭的な制限もあるなら、クリアすべき条件をまずピックアップしたら良いのではないでしょうか。
介護系の給料を調べ、成り立つならそちらを目指せば良いと思います。
成り立たないなら、不安だとしてもIT業界を目指す(もちろん他の業界でもいいわけですが)しかないと思います。

年齢的には、ターニングポイントだと思います。

今であれば、ふたつある選択肢も、数年したらIT業界はほぼ無理になる可能性が高い。
逆に介護系は、ホームヘルパーなど広く視野をとれば、まだまだ仕事はみつかるでしょう(うちの母も、60代手前の頃にホームヘルパーの仕事を始めました)。

IT業界で40代女性の一番高いハードルは、就職できるかどうかだと思います(男性でも現場志望だと結構厳しい年齢です)。
就職が決まればそれなりにはやっていけるのではないでしょうか。

受かるのなら直近はIT業界で働き、数年後介護系にシフトするというのが良いのではと思います。

Q社会福祉基礎構造改革と社会福祉法が目指す社会福祉像

 社会福祉基礎構造改革と社会福祉法が目指す社会福祉像という、ちょっととっつきにくいタイトルなのですが

 ・社会福祉基礎構造改革とは何か
 ・社会福祉法が目指す社会福祉像は何か
 ・基礎構造改革と福祉法との間でのギャップは何か
 ・それらについての参考文献も合わせて教えてほしい

 ということです。一応授業でやってはいるのですが、かなり広い範囲のことを考えることになるので、
また、どんな文献を参考にしていいのかわからなかったのでみなさんの意見を参考にして見ようと思い
投稿しました。現場の方、社会福祉関係の学生の方、またまったく関係ないけれど福祉に関する知識を
お持ちの方、ご回答よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

戦後、戦災孤児が街に溢れ慈善団体が孤児の世話をしていました。
そして、新憲法が施行されましたが、新憲法は慈善団体への公費(税金)の支出を禁じたので、公費の支出ができなくなりました。
そこで社会福祉事業法が制定され、「社会福祉法人」の制度が出来て、慈善団体は「社会福祉法人」の認可を受け、公費を受けて、児童福祉法の施行により「児童養護施設」として、戦災孤児等を護る制度(法)ができました。
何を言いたいかというと、今までの社会福祉制度のスタートは戦後間もないころであり、その後、社会福祉8法が整備されましたが、依然として社会福祉は救貧法(貧しい人々を国が護っていく。)、そのままだったのです。
昔は、福祉のお世話になるのは恥ずかしいとか、貧乏人と思われるのがイヤで、積極的に世話になろうと思う人も少なかったため、国の負担も少なくて社会福祉制度でなんとかOKでした。
でも、社会の変化(少子高齢化社会)は、社会保障制度全般を見直す必要が出てきたのです。
つまり、「少子社会」は、今後の働く人(つまり税金を納める人)が少なくなることであり、「高齢社会」は、今後、老人福祉施設が多く必要となって、税金も多く必要となる事を意味しています。
社会変化で一番大きいのは家族関係であり、昔のように、嫁や子供が老人(親)の介護をする時代では無くなったという事でしょう。
今や、社会福祉(老人福祉施設)はだれもが必要とする時代になったのです。

また、社会福祉施設のを見ると、以前は、国も社会福祉施設も「やってあげている。」的な態度であり、施設に入所している人も「してもらっている。」という遠慮のある関係だったと思います。
現在、福祉はサービスと考えられるようになり、誰もが必要なサービスを受けたいという考えに変わってきました。
特に老人介護の分野が顕著と思いますが・・・
社会福祉は、「やってあげている」、では無くて、「誰もが必要な時に必要な福祉サービスを受けられるように」に変わる必要があったのです。
従来の措置制度では、区市町村が入る施設を決定していたため、入る人は施設を選べず、不満も言えずの状態でした。
介護保険制度や、来年度からの支援費制度では、自分で施設を選び、契約制度によって、施設と対等な立場でサービスを受けられるようになりました。
通常の市場制度は対等ですよね。
お金を払って買う物は、自分で選ぶし、サービスが良くなければ苦情を言いますよね。
今までの社会福祉にはそれが無かったんです。

戦後すぐに施行された法は、現在の社会に合わなくなったので改正されたんです。
だれもが、必要な福祉サービスを自分の意志で決定して受けられるように・・・
そして、施設は、適切なサービスを適切に提供するように・・・
また、サービスにかかる費用は、介護保険制度により40才以上の人に均等(収入に応じて)に負担してもらうように変化しました。

厚生労働省の回し者では無いのですが、社会福祉基礎構造改革は当然必要な事だったと思います。
50年前の法律では、現在の社会に対応出来なくなっていますから・・・
なお、基礎構造改革と福祉法の改正は一体で改正されてれているので、ギャップが出ては困りますね・・・
これから数年が本当の構造改革であり、結果は、5年後10年後ではないのでしょうか。

ごちゃごちゃになってしまい、スミマセン。

戦後、戦災孤児が街に溢れ慈善団体が孤児の世話をしていました。
そして、新憲法が施行されましたが、新憲法は慈善団体への公費(税金)の支出を禁じたので、公費の支出ができなくなりました。
そこで社会福祉事業法が制定され、「社会福祉法人」の制度が出来て、慈善団体は「社会福祉法人」の認可を受け、公費を受けて、児童福祉法の施行により「児童養護施設」として、戦災孤児等を護る制度(法)ができました。
何を言いたいかというと、今までの社会福祉制度のスタートは戦後間もないころであり、その後、...続きを読む

Q保育士や社会福祉士について

26歳で、文学部を卒業しています。

もうすぐで結婚ですが、主婦でもできる仕事を悩んでいます。

今まで、IT関係の仕事をしていたのですが、資格もあって、全国に会社があるので働こうと思えば働けるのですが、彼が「大変だから」と反対しています。

そこで、過去質問したら、保育士や簿記などの資格をおすすめされたのですが、もともと、心理や福祉関係の仕事に興味があったのもあり、保育士もいいなと思うようになりました。

大卒だと、保育士になるには、年1回の筆記試験だけで良いと聞いたのですが、何か通信講座などで勉強すべきでしょうか?

保育士に合格できたら、社会福祉士や精神保健福祉士の知識もと将来考えています。

勉強の方法と、主婦で働きやすい職場を教えてください。

Aベストアンサー

元保育者で現在も保育分野の関係者ですが、No.5氏の回答が少し(というより、いつの時代よ、くらいに大きく)偏っているので、回答することにしました。

まず保育所の多くは、民間(社会福祉法人等)が運営主体ですので、施設間の差がまちまちです。一般企業でもブラック企業からホワイト企業まであるように、保育所の勤務形態もブラックからホワイトまでまちまちです。大卒でも求人はありますし、地域差・施設間差も大きいです。家族経営でも高給与を出すところをいくつも知っています。現在26歳くらいなら資格取得は27-28歳くらいですから、まだ大きく問題にはなりませんし、ブラック保育所の一部の実態を取り上げて全部を語るのは適切とは思えません。ただしやりがいこそ半端なく高いものがあるものの、給与の低さだけは、他の回答者も言うように、確かです。保護者・子どもの対応に神経をすり減らす結構たいへんな仕事の割に、思ったより低給与だと思います。正直、彼が実態を知れば、同じように「たいへんだから」と反対するのではないかと思うので、フルタイムではなくパート勤務でと割り切ればいいかと思いますが…。

試験は年一度ですが、1年で全科目合格は大体8%前後。各科目の合格は3年間有効なので、たいていの方は2-3年かけて取得しているようです。幼稚園教諭免許があれば、一部科目免除も可能です。一度問題集をながめてみるといいと思いますが、文系(社会福祉や児童福祉等)から理系(子どもの食と栄養、子どもの保健)まで出題範囲は広いので、特定の科目ばかり失敗する人も少なくありません。苦手そうな分野だけ通信等で対応したり、自治体によっては講習会を開いてくれるところもあります。一部の保育士養成校で科目履修生として単位取得すると特定の科目免除になる制度もありますので、調べてみるといいと思います。

別な選択肢ですが、心理に興味があるということでしたら、つい先日国会で「公認心理師」法案が可決されましたので、あと2年くらいのうちに、第1回の資格試験があると思います。もし余裕があるなら、今から心理系大学等で勉強して、臨床心理士、臨床発達心理士、認定心理士などの心理系資格を目指してみるのも手だと思います。保育士にせよ心理士にせよ、「主婦で働きやすい職場」という条件にあてはまるかは責任がもてませんが…。

元保育者で現在も保育分野の関係者ですが、No.5氏の回答が少し(というより、いつの時代よ、くらいに大きく)偏っているので、回答することにしました。

まず保育所の多くは、民間(社会福祉法人等)が運営主体ですので、施設間の差がまちまちです。一般企業でもブラック企業からホワイト企業まであるように、保育所の勤務形態もブラックからホワイトまでまちまちです。大卒でも求人はありますし、地域差・施設間差も大きいです。家族経営でも高給与を出すところをいくつも知っています。現在26歳くらいなら資格...続きを読む

Q外国人福祉関連就職

何年か前に東南アジアの人たちが来日し、各福祉系施設で働いてる、または働くため研修などといったことを受けてるということを聞いたことがありました。
つまりこれは極まれなことなのでしょうか。
外国人が福祉関連機関での就職は上記の通り、外国人受け入れの期間が日本人とは違って特例のようなもので少ないのか、それとも同様なのかも知りたいわけなのですが、どうなんでしょう。

もちろん東南アジアの人たちは介護福祉に関する資格が充分ではないので、いろんな研修過程の後、国家試験の結果によって決まると思いますが、私の場合、日本の福祉系の4年大学卒業、在学中指定全科目履修、社会福祉関連の国家試験に合格したとしたら、福祉関連の機関に就職することは出来るのでしょうか。
全く出来ないとは思えないのですが、日本人と違って採用自体が国家特例になってるのかが大事だと思います。

Aベストアンサー

永住者、日本人に対する配偶者、永住者に対する配偶者、定住者‥‥のいずれかの在留資格があれば、外国人であっても福祉系の仕事に就くことはできます。
もちろん、大学等で指定科目等を履修し、国家試験に合格して所定の資格を得ることが必要です。

就労活動に制限がない在留資格(4種類)
 永住者、日本人の配偶者等、永住者の配偶者等、定住者

なお、いわゆる「日系2世」「日系3世」のときは、日本人に対する配偶者か、又は定住者であるときに限られます。
また、短期滞在という在留資格である日系人のときには、そもそも入国管理局で在留資格変更許可を受けないと、就労自体が認められません。

いずれにしても、もう1度、参考URLをごらん下さい。
そちらをごらんになっていただければ、ご理解いただけるとは思うのですが。
 

参考URL:http://www2.mhlw.go.jp/topics/seido/anteikyoku/gairou/980908gai01.htm


人気Q&Aランキング