見守り電球またはGPS端末が特価中!

新築するため土地を購入しました。配水管(本管)から枝分かれして給水管が土地まで来ているのですが(以前の所有者が使用)、40~50年前の管で相当古く、一部鉛が少し使用されてもいるようで、新しい管の新設が望ましい状況です。配水管、給水管ともに市道の下に敷設されています。本管の枝分かれから20メートル掘って土地の端まで引けば管を新設できるのですが、古い管をすべて撤去すると30メートルほど掘る必要があります。そこで2つの疑問が出てきました。

1)道路法40条で原状回復が定められているから、道路を占有(つまり工事)するんなら古い管を完全に取らないと道路工事の許可が下りない(市の土木局談)そうです。そう言われると理解できそうなんですが、聞くところによると大阪市など(?)地域によっては古い管を取らずに新設しているところがあるらしいです。本当でしょうか?であれば、上記の工事不許可に法的根拠は無いんでしょうか?

2)40年といえば一般的に管の耐用年数を越えていると思うのですが、管が古いことや鉛管であることは土地の購入時にまったく知らされていませんでした。たしかに取り替えなくても使用はできなくはないですが、このような事項は売主に説明の義務はないんでしょうか?知らなかったと言われたらそれまでですが・・・古い管の撤去費用を一部負担してもらったりできないものでしょうか?

ご経験のある方や専門家の方、ご助言いただけましたら幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1)については、法40条のとおりとなりますので、他自治体の例を取り出して問答しても仕方のないことですし、本当のはなしであるとしてもそこは何か事情があるのかも知れません。

聞いた話ほど宛てにならないものはないのでご自分で確認すべきかと思います(隠れた事実がよくあります)。ですので、お住まいの自治体の道路管理者とご相談されるのが早道でしょう。

2)これはどうでしょうね。利用上問題なければ知らせる必要もないかと思いますし、給水管は水道台帳に規格まで記載してあるかも不明だと思いますが、明らかな瑕疵でもないかぎり相手に費用の負担をさせることは難しいのではないでしょうか。

 給水管は通常「私有管」といい、水道局の管理下であっても受益者の施設です。従って、給水管を新設する場合は受益者が費用を負担し、今度は道路法32条が適用されることになります。

※30mとはすごく長いように感じます。一般住宅街でしたら水道本管からの取り出しは5mもないくらいだと思いますが、袋小路のような土地なのでしょうか
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの水道管、誰が撤去しますか?

さいたま市の土地を相続しました。13ミリの水道メーターが我が敷地内に有り、管は隣家の庭で40ミリ管つながっています。この40ミリ管は私道に埋められ5メートル道路の本管に接続されています。この私道をコの字形に6戸の敷地が隙間無く囲んでいてそれぞれ15ミリのメーターで使っています。私道に接していない我が敷地からは住宅を迂回すると、100メートル長の配管になる為隣家敷地で接続して貰ったと思われます。今は敷地よこに本管が有り新規に引くことは容易です。そして隣家から「水道管が破れると困るので水道管を撤去して正規のルートで引いてほしい。」と申し出がありました。そこで質問です。メーターまでは水道局の工事と聞きましたが、このケースでも撤去工事を市にお願いすることは出来ますか?本管では無い、私道の40ミリ配管では無理とは思いましたが水道事業にお詳しい方よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 水道事業者(市の水道局等)によって対応が異なりますので、水道事業者に直接問い合わせた方が確実でしょう。
 事業者によって、
 全額自己負担。材料だけ事業者負担。全額事業者負担のケースが考えられます。全額自己負担としている所が圧倒的に多いと思います。ちなみに私の市では引き込みは自己負担。撤去は市の負担でやってくれます。隣の市ではどちらも全額事故負担です。

 >メーターまでは水道局の工事と聞きました
 その通りなのですが、新規に引く場合は、全額自己負担で引き込み、その後道路埋設部分を事業者に寄付するかたちをとっている所が結構多いのです。道路埋設部で何かあった場合、その度自己負担の修理では荷が重過ぎるので、事業者の負担(管理)にしてしまえって事なんです。
 なので、撤去工事を市にお願いすることは出来ますが、自己負担になる可能性が高いです。まあ私はさいたま市民ではないので、絶対とは言いかねます。

Q給水装置の撤去費用について

お世話になります。神奈川に住んでいるものです。

水道給水装置の撤去費用について、お問い合わせいたします。

建物の解体工事が終わり、現状更地になっている敷地に、解体工事等に使った水道が残っており、しばらく散水等に使っていたのですが、この度それを撤去する見通しとなりました。

現況としては、給水装置(水道メーター等)が、道路から2mぐらいのところに、フタがついたボックスごと埋め込まれており、そのそばに、水道栓が立ち上がっています。

給水装置から水道栓までは3mほどで、その間の水道管は、地中50cmほどのところを通っております。(その上は砂利敷きで容易に掘り返せます。)

このように、工事用ということもあり、水道栓はむき出しの水道管に蛇口がくっついているだけの簡易なものです。

上記のような水道設備を、「水道栓から給水装置(メーター等)まで」を撤去する場合、利用者負担分の撤去費用はどれくらいかかりそうでしょうか。

大体の目安で結構ですので、どなたかご存知の方、お教え頂ければ幸いです。

どうぞよろしくお願い致します。m(__)m

Aベストアンサー

設備屋です。
量水器から仮設水栓までの撤去ですね。
一番簡単な方法。
量水器直後にキャップ止め、露出している管を切って終わり!
時間にして15分、出張料も入れても、材料もキャップだけだし、3500~5000円くらいですか。
私が行ったら、こんな感じです。

但し、後仕舞い方法として、落とし穴があります。

水栓を使えなくするという事は、今後は、一切水は使はないという事ですよね?
量水器がある限り、市からは基本料金の請求がきます。
これをどうするかです。


1 仮設水栓を残す。

  当然ながら、水道代は毎月お支払いください。使わなくても、最低基本料がもれなく付いてきます。



2 近い将来用に量水器は残し、休止届を出す。

  土地の売却予定があるなら、または、将来家屋建築の予定があるなら、これがいいでしょう。売却が決まって  から所有者変更をすればいいのです。
  休止中の料金の考え方は自治体によって様々です。上水道課が窓口です。
  
  

3 全く不要なので、量水器も撤去!

  これが一番厄介です。水道課に撤去届を申請するのですが、その時に、「今後量水器が付く予定が無いなら、前面道路の、本管分水付近まで掘削して、キャップ止めしてくれ」、という自治体が時々あります。

  言い分としては、「盲腸みたいな水道管を個人宅地内に残していても、漏水管理面で不利だから」、ということらしいです。
  
  それを実行しようとすると、アスファルト完全復旧しなければなりません。
  工事代も含めると、40から50万位かかっちゃいます。

いずれにしても、上水道課と協議が必要ですね。

あなたが土地を手放されるのなら、2の方法、そのまま持ち続けられる場合でも、2の方法が一番良いのでは?

設備屋です。
量水器から仮設水栓までの撤去ですね。
一番簡単な方法。
量水器直後にキャップ止め、露出している管を切って終わり!
時間にして15分、出張料も入れても、材料もキャップだけだし、3500~5000円くらいですか。
私が行ったら、こんな感じです。

但し、後仕舞い方法として、落とし穴があります。

水栓を使えなくするという事は、今後は、一切水は使はないという事ですよね?
量水器がある限り、市からは基本料金の請求がきます。
これをどうするかです。


1 仮設水栓を残す。

  当然ながら、水...続きを読む

Q上下水道 引き込み工事の相場は

公道(市)から、2mで宅内に上下水道を同時に引き込む工事で、見積もり50万円は高くないですか?水道局納付金は含まれていません。
口径20mm、市道は4m幅の砂利敷きで、細かい見積もりを見ると申請手数料、材料費、ガードマン代など30項目もあり、市中の大工事の有様。施工費もカット代、接続代など細かく分かれていて、半日で終わる作業が計30万円位になってます。
材料代もホームセンターなどの小売価格の5倍くらいに書かれてます。
材料費も人件費も何人が何日とリーゾナブルに見積もれば20万円くらいと思われますが、指定業者さんは皆こんな感じでしょうか?
隣町の業者は出来ない工事で、競争が全くないためこうなのでしょう。
危険と責任を伴う工事とはいえ異常ではないでしょうか?

ホームページで各地に支店をもって安くやっているなんて会社ありましたら教えて下さい。

上記は千葉県千葉市の例ですが、安くやった方いたら教えて下さい。

Aベストアンサー

4,6です。

確かに、ここまで諸経費を取って商売をしているのは日本くらいでしょ
うね。私も確かにそこの部分に関しては思うところがあります。

商品を買うにしても、メーカーから直接購入する事が出来ず、商社,
販売代理店を経由して、工事業者へとやってくる流れなのでしょう。
2~3社が間にかんでいる分値段も高くなってしまいます。

しかし、工事は専門家に任せなければいけないのが現実です。
金額、施工業者に納得がいくまで検討、協議して下さい。
各地に支社を持っているような会社であれば、安く材料費を調達
しているでしょう。でも考えてみてください、大手HMでも
大量に資材を調達しているのは間違いないと思われますが、坪単価
は高いですよね。会社が大きくなれば資材とは逆に人件費がかさんで
来てその分を工事に上乗せせざるを得ないのです。
(私は中小の建設会社ですので、経費は少ないですが材料費は
それほど安くは入りません)

難しいですね・・・

Q敷地内に水道管が2本埋設されている場合の取り扱いについて

先日、不動産仲介業者を通し、土地を購入いたしました。
その土地には、以前住宅が建っており、更地化して引渡しという条件でした。
購入した土地には、上水道管が2本埋設されていると重要事項説明では記載されていました。
水道に関し、重要事項説明上は、整備予定および負担金に関しては、無しとなっています。
現在、この土地に家を建築中です。
しかし、建築請負契約を結んでいる工務店を通し、市役所から、2本ある上水道管のうち1本を撤去する必要があるといわれました。
撤去にかかる費用は、約40万円と高額で、とても受け入れられません。

この場合、2本の上水道管をそのままの状態で1本だけを使用することは出来ないのでしょうか?
※以前住んでいた方は、2本の水道管が引き込まれていましたが、その内の1本を1宅で使用していました。

もし、撤去をしなければならない場合は、撤去費用を負担するのは、誰になるのでしょうか?
※水道管撤去費用の負担金が発生する旨を仲介業者や売主が、私に説明する義務があったのでは?

ちなみに、宅地内に引き込まれている2本の上水道管は、ともに20mmです。

よろしくお願いします。

先日、不動産仲介業者を通し、土地を購入いたしました。
その土地には、以前住宅が建っており、更地化して引渡しという条件でした。
購入した土地には、上水道管が2本埋設されていると重要事項説明では記載されていました。
水道に関し、重要事項説明上は、整備予定および負担金に関しては、無しとなっています。
現在、この土地に家を建築中です。
しかし、建築請負契約を結んでいる工務店を通し、市役所から、2本ある上水道管のうち1本を撤去する必要があるといわれました。
撤去にかかる費用は、約40万円...続きを読む

Aベストアンサー

>2本の上水道管をそのままの状態で1本だけを使用することは出来ないのでしょうか?
水道局との話次第という面もあり、管轄に聞いてみないと何とも言えませんが原則としては一宅地につき一本(水道メーター1つ)です。

>撤去をしなければならない場合は、撤去費用を負担するのは、誰になるのでしょうか?
この点は少々揉めそうですね。基本的な概念としてですが重要事項説明にある整備予定と負担金というのは、上下水道等の未整備地域の場合での整備予定やそれに伴う負担金の予定の事を指します。つまり整備予定ですから撤去に要するものを指している訳ではありません。

仲介業者が説明漏れを認めて負担してくれれば良いのですが、水道管が2本埋設されている事は重要事項で記載して告知している事だから、それをどう使うか又は撤去するかは購入者(質問者)の勝手である、という理屈も成り立ちそうな面はあります。屁理屈ですが分筆して2宅地として2軒の家を建てる事も所有者の勝手ではありますし、その場合には新設せずに丁度良かったとなります。

仲介業者を通してとありますが今回の売主は宅建業者ではなく一般の人でしょうか。その場合売主に何かを求める事は出来ませんね。責任が有ったかどうかとすると仲介業者(宅建業者)です。

もう少し親切に重要事項説明を書けば、一宅地として一軒の住宅を建てる場合には2本ある内の1本に付いては撤去費用を負担しなければならない場合もある、などとなるのでしょうがその点が説明の不備と認められるかは微妙な問題ではないかと思います。
むしろ2本存在する事の説明は有った訳ですから、その件についての問題点を問う位の注意が質問者に求められる部分も多少はあるような気がします。仮にそういうやり取りが有り、業者が「そのままで何も問題は無い」などと説明していた場合には、業者に責任を問う事も可能でしょう。

>2本の上水道管をそのままの状態で1本だけを使用することは出来ないのでしょうか?
水道局との話次第という面もあり、管轄に聞いてみないと何とも言えませんが原則としては一宅地につき一本(水道メーター1つ)です。

>撤去をしなければならない場合は、撤去費用を負担するのは、誰になるのでしょうか?
この点は少々揉めそうですね。基本的な概念としてですが重要事項説明にある整備予定と負担金というのは、上下水道等の未整備地域の場合での整備予定やそれに伴う負担金の予定の事を指します。つまり整備...続きを読む

Q水道管の所有者が分岐を認めてくれません(T_T)/

困りました(T_T)
土地を購入し、これから、建築工事着工のこの時に!
前面道路(私道(道路位置指定されている))に入っていた水道管本管が、個人所有の水道管だとわかり、所有者に分岐を求めた所、断られました。水道が引けなければ、住めませんし、何の為に土地を買ったのか(T_T)/~
 しかし、所有者までに、5件も家が存在し、皆、分岐を認めています。なぜ、今回だけ?しかし、私道で今回私が購入した土地をまたがって通過しなけば、その所有者は家にたどりつけません。理不尽では、ありませんか?他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、分岐を認めないなんて!!
 皆さん、いったいどうすればいいのですか??
 

Aベストアンサー

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してください。

>理不尽では、ありませんか?
>他人と土地をまたがって、車を進入させているのに、
>分岐を認めないなんて!!
お気持ちは大変わかるのですが、
(私も自宅を建てる時隣の家に嫌がらせされましたから。職場まで電話が来ましたからね。)
お話しのような人物と話すだけ時間の無駄ですし、
こじれると新築工事の時、役所にあること無いこと言われるなどされると
面倒なのでご自分で給水管を引くのが私の経験上ベストと思います。

自費で給水管を引くことにもメリットがあります。
数十年後、漏水や赤水(錆びの混じった水)の多発で
私有管の敷設替えが必要なときが必ず来ます。
その時所有者は分岐させている世帯全員に費用負担を求めてくるからです。
でもあなたが独自に敷設すればそれに協力する義務はないんです。

また、可能であれば市有管から分岐する給水管の材質は
HI-VP(塩ビ)かポリエチレン等の腐食しない材質を
お使いになるといいでしょう。
赤水は出ませんので漏水が多発するまで数十年間もちます。
鋳鉄管やライニング鋼管での施工は極力避けましょう。
事前に水道業者に申し入れておくと良いです。

また先に別の回答者が述べられておられますように
将来あなたの家までの途中で土地開発があれば分岐を求めてくる方が
いるでしょうから、その方から分岐費用をもらうことができます。
(ただし、費用をもらうと責任が付いてきますからその辺は注意してください)

感情的になりますと住んでいて嫌になりますので、
「自分の家なのだから自分のことは全て自分でやろう。」と
発想を転換したほうがストレス無く暮らせます。
将来このことについて協力しなくていいと考えれば
怒りも少しはおさまりませんか?

感情の部分はまず置いておきまして、給水についてお話します。

自治体の条例によってまちまちではあるのですが、
水道管の分岐数は口径によってできる数が決まっています。
おそらくは、その部分で断られたのであろうと予想されます。
でなければその土地の件で以前誰かとなんらかの
トラブルがあったのでしょう。

いずれにしても私道私有管の場合持ち主の許可が得られないのであれば
自費で給水管を敷設しなくてはなりません。
水道業者に任せるか、同行して管轄の水道局に必要な手続きを確認してく...続きを読む

Qセットバック部の工事費負担について教えて下さい。

セットバック部の工事費負担について教えて下さい。

今検討しでいます土地が、道路境界から65cmバックする必要があります。また、敷地が道路面から1.2m高いいため、セットバックするには、擁壁をやりかえる必要があります。

このような場合、工事費の
負担は全てこちらもちなんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。

今、検討されているということは、これから購入しようか迷っておられるのですね?
他の方がおっしゃっているとおり、そこに建物を建てようとしている建築主の費用負担になります。
敷地が高い側であれば、2項道路の後退ラインにある擁壁は、撤去しなければなりません。
根拠法令は、建築基準法の第44条になります。

自治体によっては、塀や生け垣を撤去する費用の一部を補助するところがけっこうありますが、私は擁壁をセットバックするための費用の補助をする自治体があるとは聞いたことがありません。

65cmであれば、いわゆる1間半の2項道路と思います。
「瑕疵」のある土地とお考えになり、セットバックで新たに擁壁を作り直す費用を必要経費と計上したうえで、購入をご検討ください。

建物を建てる予定が無く、単なる青空の資材置き場や駐車場程度に使うのであれば、購入しても作り替えは不要です。
敷地が広大であれば、擁壁を撤去・後退後に、斜面にして法面保護で対応することも考えられます。

余談ですが、建築には既存不適格という言葉があります。
今回の内容は集団規定が適用される都市計画区域内についてですが、法の適用以前、あるいは都市計画決定以前からすでに存在する擁壁で、以降手が全く加えられていなければ、不適格に該当する可能性があります。
もしこれであれば、建築行為に際して擁壁自体には全く手をつけなければ、2項道路のセットバックは不要となります。

都市計画区域に編入された時点からすでに擁壁が存在しており、以降一切手を加えていないことが確実に証明されなければなりません。
場合によっては、お住まいの区域を担当する特定行政庁の既存不適格台帳に記載が必要です。

ただ、既存不適格の擁壁は、将来にわたって一切補修などはできません。
手を加えた時点で不適格は消滅し、敷地単位で違反擁壁・違反建築物となります。
手を加えようとする時は、あらためて全体を後退させて作り替えなければなりません。
早いか遅いかの違いです。

No.2様がおしゃっている、セットバックをしなくていい塀も、このパターンです。
ただ、どれも事例は極めてまれ、と思います。

狭隘道路の問題が解決しないのは、多くが確認申請では門・塀含めてセットバックする内容で申請をしておきながら、完了検査を受検せず、実際はセットバックをしない違反者が、あまりにも多いから。
自分のわずかな土地を道路用地に提供することを惜しみ、後退にかかる費用を惜しむから。

2項道路の概念は、救済です。
本来は4m以上の幅員のものしか道路扱いをしないのを、後退を前提に道路とみなしているのだから、後退を拒めば建物は建てられない。

各人の順法精神の問題でしょう。
法が施行されてから、すでに60年ほど経過しています。
これ以降、都市計画決定以降に建てられた建築物は、既存不適格が無ければ、本来は全てセットバック済のはずですから、建物が建てこんでいる市街地では、あらかた4m未満の道などは消滅しているはずです。

それと仮に既存不適格に該当しても、今の状態で擁壁自体の安全が確認できなければ、そのままほおっておかれることは無く、法第19条を根拠に是正・後退を求められると思います。

セットバックした土地は、課税担当課に相談をすれば、登記地目は宅地のままでも、その部分だけ面積を算出し、現況地目を公衆用道路として、固定資産税の減免が受けられます。

自治体が後退用地の無償の寄付を受けるかどうかは、そこの状況によります。
今後、維持管理で手間や費用が発生しそうなら、自治体はタダでも引き受けませんから。
タダで寄付を受けるとしても、測量や分筆や登記の費用は、おそらく自治体側は負担しません。

こんにちわ。

今、検討されているということは、これから購入しようか迷っておられるのですね?
他の方がおっしゃっているとおり、そこに建物を建てようとしている建築主の費用負担になります。
敷地が高い側であれば、2項道路の後退ラインにある擁壁は、撤去しなければなりません。
根拠法令は、建築基準法の第44条になります。

自治体によっては、塀や生け垣を撤去する費用の一部を補助するところがけっこうありますが、私は擁壁をセットバックするための費用の補助をする自治体があるとは聞いたこ...続きを読む

Q水道管が隣地を通過していました!

親が数十年前に建てたアパートについての質問です。水道工事の予定があり図面を取ると前面道路から引き込まれておらず、隣地の地中を通っていることがわかりました。

当地と隣地は同時に売買された土地で売主(法人)が同じですが既に存在していません。隣地はその当時からずっと更地のままです。

しかしこのままでは将来かならず問題になるように思えます。法的な問題の指摘と解決方法を知りたいです。

画像を添付しました。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 お書きの通り、必ず隣人戦争が勃発しますね。

 質問者さんの利益を損なわないようにしようとすれば、隣地所有者は土地の使い道が制限されます。例えば水道管の上に建物を建てるわけにいきませんし、池も掘れない、木も植えられない・・・ から。

 断りもせず代金も払わずに他人の土地を使っているのは間違いないので、戦争になると質問者さん側に不利です。


 図面によると、「当地」の前までは水道の「本管」は届いていないのですよね?

 とすると、我が家のあたりなら、「私有地の中のことについて、市は関知しません」「"当地"の前まで本管を引いて(延長して)、その分の本管を市に寄付してください」と言われますので、そうとう高額な費用(道路を掘り起こすので100万円単位)がかかりますね。

 いまはどこでも太い本管が通っていますので、もうずっとそう言われる体験をしておりませんが、30年くらい前までは確実にそう言われていました。

 (ちなみに東北電力からも、建物まで延々と電柱を建てて寄付しなさい。そしたら電線を張って電気を供給しますと言われてました)

 質問者さんもそう言われそうに思います。市も質問者さん一軒のために大工事するわけにはいかないでしょうから。

 となれば、そのようにしなさい(本管を延長して寄付し、そこから自宅へ直接水道管を引け)と言われるのを覚悟の上で、市の水道局へ相談されるのが最初の一手でしょう。

 市でも、近々延長する計画があるかもしれませんから。あるいは市が延長してくれる可能性もゼロではありませんから。

 もう1つは、一か八か、隣地側に「隣地地中に当家の水道管が通っています。当家敷地と隣地の両方を持っていた所有者がそうやったものです」とか書いた看板を出す。

 うまく行けば水道管を通す地役権が主張できるかもしれません。

 少なくても、「知っていて買ったんですよね」とは言えると思います。そうすれば、「すぐ移動しろ」とか言われず、それなりの猶予期間が確保できることでしょうから。
 

 お書きの通り、必ず隣人戦争が勃発しますね。

 質問者さんの利益を損なわないようにしようとすれば、隣地所有者は土地の使い道が制限されます。例えば水道管の上に建物を建てるわけにいきませんし、池も掘れない、木も植えられない・・・ から。

 断りもせず代金も払わずに他人の土地を使っているのは間違いないので、戦争になると質問者さん側に不利です。


 図面によると、「当地」の前までは水道の「本管」は届いていないのですよね?

 とすると、我が家のあたりなら、「私有地の中のことについて、...続きを読む

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q田んぼへの埋め立て費用

現在田んぼになっているところを埋め立てて住宅を建築しようと思ってます。
その際の埋め立て費用は坪あたりいくらぐらいになるのでしょうか?だいたいでいいので教えてください。検討もつきません・・・。

またお願いするのは建築会社ですか?
それとも土木会社??

Aベストアンサー

 まず、建築したい田は現在どのような状況なのでしょうか?例えばほ場整備などを実施したところは農振除外をすることは一定期間(詳しくは土地改良区などに伺うしかありませんが、1,2年の次元ではありません。)を経過しないと農地転用はまず無理です。
 整備してないにしても、農地転用にかなり時間を要します。
 さて本題ですが、田に建築するのは余り推奨したいことではありませんが、埋め立て自体はどこからか土を運び転圧することになります坪辺りいくらかというより、○○○円/m3という単価になろうかと思います。
 例えば、田が100坪、50cm盛土の場合は以下のようになります。(※推測単価を入れますので、質問者様の地域とは異なる可能性はあります。)

100×3.3=330m2(施工面積)
330×0.5=165m3(施工土量)
165/0.9×1.2≒220m3(必要土量)

165×700円≒12万円(施工費:敷き均し、転圧)
220×2,500円≒55万円(購入土:運搬費込)

上記を合算して諸経費を加えると

(12.0+55.0)×1.7≒110万円

 単純計算ではこのようになりますが、実際はすきとりをしたり、地盤改良などをすることになるかもしれませんのでこれ以上かもしれません。

 さらに、元が田ということで地耐力は見込めないので基礎に大きな投資をする可能性を秘めています。

 施工は、できれば土木業者にお願いするのがよいと思います。それは締め固めの管理ができるからです。

>地目は権利書を確認するか、法務局で確認できます。
 

 まず、建築したい田は現在どのような状況なのでしょうか?例えばほ場整備などを実施したところは農振除外をすることは一定期間(詳しくは土地改良区などに伺うしかありませんが、1,2年の次元ではありません。)を経過しないと農地転用はまず無理です。
 整備してないにしても、農地転用にかなり時間を要します。
 さて本題ですが、田に建築するのは余り推奨したいことではありませんが、埋め立て自体はどこからか土を運び転圧することになります坪辺りいくらかというより、○○○円/m3という単価になろう...続きを読む


人気Q&Aランキング