中小企業の働き方改革をサポート>>

 この時期鴨や雉を知り合いの猟師さんから頂くのですが、羽つきなので毛をむしらなければなりません。少しづつむしらないのは解っていますが、首の方からか、お尻の方から毟る方がいいのか今一つ解りません。母は皮ごと毟ってしまうのですが味がいまひとつです。どの方法が一番よいのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

臭いので屋外で・・


熱湯をかけると簡単にむしれますよ。
たらいなどに、転がして、大きめなやかんで沸かした湯を上からかける。
    • good
    • 6

http://ameblo.jp/scotland/entry-10413723923.html

羽根むしりとその後の処理の仕方が書いてあるサイトです。
画像だと逆さに持って(尾っぽが上、頭を下にして)お尻のほうからバーッと
むしるらしいです。
経験者によるとキジの羽根は、ほかの鳥に比べると引っ張ると抜けやすいみたいですよ。
スナップを聞かせて一気に行かないと羽根と一緒に皮もついてくるらしいです。

風切り羽のところは、飾りなどに置いておかれる方もいるみたいです。
皮はむいてしまうとちょっと、どうでしょう。
鶏の丸焼きを皮をむいてしまって焼くようなものですよね。

http://homepage3.nifty.com/hungryhunter/kiji/

丸焼きの方法。

ちなみにカモは、キジより羽根のむしり方が慣れてる人でも
3倍~かかるようですが、やはり皮を付けてないとおいしくないらしいです。

http://homepage3.nifty.com/hungryhunter/kamokait …

ここに丁寧にやり方が書いてあります。

カモの場合は、羽根の流れに沿ってとるのがコツだそうで、
逆さに取るととりやすくはあるけれど皮が破けるという話です。
    • good
    • 1

1斗缶に湯を沸かし、それに浸してから毟る。

首からでも尻からでも簡単にムラなく毟れます。子供の頃、うちで鶏を絞めた時は、オヤジがいつもそうしていました。懐かしいな!水炊きにしたら美味かったな!
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブロイラーの羽根はどうやってむしる?

先日、はじめて数羽の野ガモの羽根をむしる機会がありました。一羽あたり普通で40分、丁寧にやると1時間近くかかります。

そこで思ったのですが、スーパーで売っているブロイラーの羽根は誰がどうやってむしっているのでしょうか?人手が30分以上もかかるようでしたら、到底採算は合いませんね。

家畜の扱いについてかかれた本を読むと「高度な技術で作られたブロイラー加工機によって(中略)多くの工程を経て肉塊として出てくる」そうです。肝心の羽のむしり方にはふれられてません。人に聞くと「足から吊り下げられ、蒸気を吹き付けて羽根を飛ばす」との事ですが、それだと蒸気の熱で表面が蒸されてしまうのでは?と納得できません。

どなたかご存知の方いらしたらお願いします。
お礼は約束します!

Aベストアンサー

羽をむしる機械は脱羽機と言われています。
日本の鶏の処理は温水浸漬法で、温水に漬け、毛穴が開いたところを機械で脱羽します。
海外ではドライピッキングと言われる温水に漬けない方法で脱羽しているところもありますが、少し毛が残ったりして見た目が悪いので、日本人には好まれない方法です。
ちなみに法律上、鳥をと殺し、又は解体する場合は、放血機、湯浸機、脱羽機及び冷却設備があることと定められています。

Q鶏肉の皮から毛が??

こんにちは。

さっき調理しようとしたら、
鶏肉(胸肉)の皮から何か出ていたんです!!(2、3本)
引っ張ったら、すぽっと抜けました。

毛(羽?)なのかな~~と思い、
引き続き今調理中なのですが・・・。
食べないほうがいいでしょうかねぇ?

毛がついてるなんてこと、あるんでしょうか?

夜ご飯がかかっているので、至急教えてください!!

Aベストアンサー

よくありますよ、もともと毛の生えて、生きていた動物不思議では
ありませんよ。

Q砂肝って鳥のどこにある部位でしょうか?

よく焼き鳥を食べに行き、砂肝が好きで毎回頼んでいます。
ふと友人に砂肝ってどこの部位なの?と聞かれて、好物と自称していた私は答えられなく恥ずかしい思いをしました。
個人的には美味しければどこでも良いという考えなのですが、また恥ずかしい思いをするのも厄介です。
わかるかたいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

鶏には嘴(くちばし)はあっても歯がないので、エサを噛み砕くことができずに、そのまま”うのみ(にわとりでも鵜呑み?)”にします。それから、小石や砂がためられたゴムのような強力な胃ぶくろで、エサを細かくすりつぶし栄養源として消化・吸収しています。
 にわとりがと鳥・解体され、もも肉、むね肉、ササミなどとして商品として販売されるときに、このにわとりの丈夫な胃ぶくろもコリコリとした食感を楽しめる”すなぎも”として店頭に並びます。

と、下のURLにありました!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報