『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

小学生のバスケット・チームの手伝いをしています。
(大きい子のコーチじゃなくて、小さい子のほんの遊び相手ですが)
ちょっとルールに疑問をもったので、質問させていただきます。

一方のチームの選手が両手でボールをしっかりもっているとき、
相手のチームの選手がボールをむしり取るのは反則にならないんですか?

試合をみていると、腕力のある子、気が強い子が無理やりボールをとってしまって
バスケというよりもラグビーみたいになることがよくあります。
審判は、こう着するとヘルドボールにはしますが、
明らかにあとから手を出したことについては何も言いません。

自分の学生時代(学校の体育での経験ですが)は下からボールを
突上げるのだけがOKで、無理やりボールを取るはもちろん、
上からボールをたたくのも反則と習ったような気がするんですが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

こんばんわ。



元バスケ部です。

ボールを奪うのは反則になりませんよ~。
身体がちょっとでもぶつかれば、ファウルになりますが・・・。

なので上からボールをたたいてもOKだし
無理やりボールを取ってもOKです。

オフェンス(ボールを持ってる人)は、そうならないように
常にディフェンスに注意を払っていなければなりません。

ただ小学生くらいtだとまだ体格差がありますからね~。

相手が取りに来たら隙ができるので、そこを抜いていくように
ご指示してはどうですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

公式のルールでは相手の体に触らなければボールを取ってもいいんですね。
すっきりしました。

でも、そうなるとバスケって、けっこう激しいスポーツなんですね。
体育のときは先生が喧嘩にならないように配慮してくれたんでしょうか(笑)。

とにかく子供たちにはマイボールを大事にするように&スキがあれば
どんどんボールを取りにいくように教えていきます。

お礼日時:2014/02/10 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバスケットのシュート中にボールをカットする事

県公認審判のバッチを頂き、レフリーの修行中です。
バスケットのルールで、どうしてもスッキリしない事を質問させてください。
他の方からの質問が有りましたら申し訳ないのですが、改めて確認させて欲しくて質問します。

オフェンスはジャンプシュートをするために、ボールを頭上に上げてリングにボールを投げよう
としています。
(1)ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを上から押さえること
(2)ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを下から跳ね上げること
(3)ディフェンスがオフェンスの背後から、ボールを上から押さえること
(4)ディフェンスがオフェンスの背後から、ボールを下から跳ね上げること

オフェンスはレイアップシュートをするためにジャンプしながらリングに向かってボール
を差し出しています。
(5)ディフェンスがオフェンスの横を走りジャンプしてから、ボールを上から押さえること
(6)ディフェンスがオフェンスの横を走りジャンプしてから、ボールを下から跳ね上げること
(7)ディフェンスがオフェンスの背後を走りジャンプしてから、ボールを上から押さえること
(8)ディフェンスがオフェンスの背後を走りジャンプしてから、ボールを下から跳ね上げること

いずれも体の接触は無いのですが、ゲーム中にオフェンスがシュート体制に入ってから
ディフェンスがボールに手を触れただけでファールの笛が鳴るケースを何度も目撃しており
ます。

体の接触が無く、ボールにしか触れていないのであれば、それがシリンダーの内であれ外
であれ、ディフェンスの正当な行為とはならないのですか?

いくつかの質問サイトでこのような質問に対する回答を読みましたが、ボールはシリンダー内
ならば体の一部なのでファールと回答される方がいたり、ボールのみに触れているならば、
ファールではないと回答されている方もいます。

現実的には上記のようにファール宣告を受けるケースをよく見かけるのですが、私としては
どうにもスッキリしないのです。

上記(1)~(8)について明確にお答え頂ける方がおりましたら、是非ご回答頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

県公認審判のバッチを頂き、レフリーの修行中です。
バスケットのルールで、どうしてもスッキリしない事を質問させてください。
他の方からの質問が有りましたら申し訳ないのですが、改めて確認させて欲しくて質問します。

オフェンスはジャンプシュートをするために、ボールを頭上に上げてリングにボールを投げよう
としています。
(1)ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを上から押さえること
(2)ディフェンスがオフェンスに正対し、ボールを下から跳ね上げること
(3)ディフェンスがオフェンスの背後から...続きを読む

Aベストアンサー

追加について回答します。
パーソナルファウルはあくまで身体の触れ合いがあって初めて対象となることを念頭に置いて考えます。

ランニングシュート中にボールをもぎ取る場合でも、接触が無ければファウルではありません。
これは、ボールを保持しているオフェンスプレーヤーのボールポジションが悪くてもぎ取る、もしくはヘルドボールになるのと同じケースです。シュートは特別というルールはありません。

オフェンスの体勢が崩れるくらいボールを上から押さえ込み(アンブレラ現象)しても、身体の接触が無ければパーソナルファウルではありません。
ミニバスでは多い現象です。2年生の子が果敢シュートを狙いますが、身体の大きい6年生に上からかぶせられてボールを押さえられてしまう。体勢を崩してそのまま床に着いてしまい、大概トラベリングとなるケースです。心情としては頑張りとしてファウルとし、フリースローを与えてあげたい場面ですが、触れ合いが無いのでできません。(心の中で、「よく頑張った!」と誉めてあげたい。)このケースは2年生の子に失礼ですが大体笑いの対象になります。

ボールが身体の一部になってしまったら、ドリブルスチールなんて出来なくなります。

従って、オフェンスプレーヤーがどんな体勢になろうと、身体の触れ合いが無ければノーファウルです。

ただし、身体の触れ合いが無いのでパーソナルファウルではないという事になりますが、明らかに相手チームプレーヤーに嫌がらせの行為の場合はテクニカルファウル対象になります。悪意や嫌がらせと感じた場合、まずは警告をし、続くようならテクニカルファウルを宣しても良いと思います。これは気持ち良くはないので、プレーヤーに警告をした際、コーチにも報告をした方が無難だと私は思います。

以上ですがいかがでしょうか?
判断に迷う場合は、ルールブックのまえがきにも書かれている通り、

『規則は文字を借りて表された意思であるから、行間にその意思をくみ取らなければならない。その上で自分流の解釈を施すことなく、白紙の心境で字句そのままの意義を受け入れる態度をもちつづけることによって、はじめて行間の規則の精神を誤りなく身につけることができるのである。』

ということです。
だから、別件になりますがゼロステップなんて言葉もルール上は存在しません。

難しいことが多いですが、お互いによい審判員になれるように頑張りましょう☆
ケガしないよう、お身体に気をつけて。。。

追加について回答します。
パーソナルファウルはあくまで身体の触れ合いがあって初めて対象となることを念頭に置いて考えます。

ランニングシュート中にボールをもぎ取る場合でも、接触が無ければファウルではありません。
これは、ボールを保持しているオフェンスプレーヤーのボールポジションが悪くてもぎ取る、もしくはヘルドボールになるのと同じケースです。シュートは特別というルールはありません。

オフェンスの体勢が崩れるくらいボールを上から押さえ込み(アンブレラ現象)しても、身体の接触が無け...続きを読む


人気Q&Aランキング