初めての質問です。

車が2台すれ違えるかどうかという農道で、トラブルになってしまいました。

進行方向ににトラックが止まっているのが見えました。

ギリギリ横を通れるかと思い進んでみたのですが、
私の運転技術ではちょっと進めそうにありませんでした。

ふと見るとトラックの運転席に人が乗っているのが見えたので、
「こちら(すぐ右横にある少し広くなった土地に)寄せてもらえませんか」
というジェスチャーをして頭を下げました。

するとしばらく無視した後トラックから運転手が下りてきて
「ここは農道だ。バックして他の道を通れ」と言われました。
他にも道路の舗装がどうだとか名前を名乗れだとか色々言われましたがよく覚えていません。

よく分からず私も、
「農作業中なら分かりますが、運転席にいたのだし、ちょっと車を動かしてもらうくらいよくないですか?」と言ってしまいました。
結局、「こっちは休憩してたんだ」と怒鳴られ長ーい道をバックすることとなりました。

一般道では、狭い道で休憩(というのもちょっと変な感じもしますが)そんな場合。
もし後ろから車が来てすぐわきに避けてあげられる場所があればサッと車を動かすのなんて
普通だと自分は思うのですが。

農道というのはなにか特別なルールみたいなものがあるのでしょうか。
そもそも農道は一般車両が通っていいものなのでしょうか。
農道を使用するのが怖くなってしまいました。

初めての質問で分かりにくいところがありましたら申し訳ありません。

無知な私にどなたか回答をお願いします。

A 回答 (3件)

農道はトラクター等の耕作機械の搬入や農作物を田畑から運び出す


ために使用する車等を通行させるために設置された道です。
普通の道路では国交省や市町村が管理をしていますが、農道は農林
水産省の管轄になります。

農道だからと一般車両が通行しては駄目だと言う決まりはありません
が、田畑で仕事をする人か、又は農道の傍に住居を構えている住民に
限られると決めている自治体もあります。僕らの一部の地域では、その
場所を通ると止められて文句を言われます。

舗装してあれば市町村が管理している可能性は高いです。砂利道なら
隣接する地主で申し合わせて管理をしている事もあります。私道として
個人的に農道を設置される事もあります。この場合は地主の許可なし
では農業作業車でも通行が出来ない事もあります。

停車していたトラックは周辺の田畑で作業するために、農業用機材等
を運んで来ていた関係者でしょうか。そうであれば農道は農作業をする
車両の方が優先になりますので、邪魔をしないように迂回を指示された
なら素直に従った方が良いと言う事になります。

農道では道交法は適応されませんから、農林水産省が定めたルール
に従うしかありません。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

停車していたトラックは田畑での作業用トラックでした。

自治体で通行を制限出来る事や、
農道では道交法は適応されない事など、
知らないことばかりでした。

狭い道に車を停車させて中で休憩。
他の車の通行を妨げてもいい道があることに
全く考えが及びませんでした。

知らないことが多いと、
余計なことで腹を立てたり不安になったりしてしまいますね。

今後は、狭い道でトラクターなどを見たら即迂回。
通行中に何か言われたら即従うこととします!
その道がどんなルールになっているかこちらには分かりませんから…。

初めての質問でドキドキでしたが、
丁寧な回答をいただけて感謝しています。

お礼日時:2014/04/05 23:35

農道は、その周辺の田畑への農地作業の為に通された道で私有地になってるところもあるかと思います。



そういう事は考えず、抜け道として朝夕ラッシュ時に使う車もあるようですが、本来通らせてもらう側である事もあるでしょう。
ゴミのポイ捨てなど、近隣の土地所有者が迷惑している話もあります。

ご質問の道がそういう扱いかどうか分かりませんが、舗装の事も言われたなら、私有地であり土地所有者が私財で舗装をしたのかもしれません。
他の関係ない人間が車で通ればそれだけ道が傷みます。

きっと、その方は何度も関係ない車に通られて迷惑しているんじゃないでしょうか。

道があれば通っていいとは限りませんので、今後は視点を変えてみるといいですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

私有地だと言われた記憶はないのですが、
もしかしてそういったことを話されていたのかもしれません。

田んぼの真ん中に出来た新しい公園を目指して、地図を見ながら初めて通った道でした。
そこに行くには農道を通る以外ないので、
もう怖くてその公園には行けません。
どの道が私有地なのかもわかりませんし…。
残念です。

色々と教えていただき、
狭い道を通る場合は慎重にならないといけないなと
勉強になりました。

お礼日時:2014/04/05 22:52

公道ではなく、個人が所有の私道だったのでは?。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

特に看板などがない道は、公道なのか私道なのか農道なのかも実は分かっていません。
今回の件で、狭い道を通る場合は慎重にならないといけないなと思いました。
当分の間ドキドキは治まりそうにありません。

お礼日時:2014/04/05 22:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q道路法で取り締まりするのは警察?

道路法には懲罰があるようですが、道路法で取り締まりするのは警察の職務ですか?

Aベストアンサー

道路法違反の取り締まりも警察の管轄です。道路上に自販機のはみ出し設置などがあれが警察に申し出てください。

Q火傷痛ええええええええええええええええええ

沸騰したての電気ジャー開けたときの不注意で
MAX100℃の蒸気が指にヒットしました。
皮膚の表面が白く、軽くただれています。
痛すぎて、ズキンズキンしてます。
氷枕当ててますが、はづすと痛すぎて絶えられません(;_;)
処置法教えてください。

Aベストアンサー

白くただれているのは気になります

氷枕ではなく 流水を当ててください

急いでいるようなので とりあえず ここまで

Q国や地方公共団体の所有物に抵当権を設定することって普通にあるんですか。 道路法では道路に抵当権を設定

国や地方公共団体の所有物に抵当権を設定することって普通にあるんですか。

道路法では道路に抵当権を設定できるとあって、その道路法における「道路」の定義に含まれるものは国か地方公共団体のどちらかの所有物になるみたいです。

私の認識だと抵当権というのは債務者がどうしても債務の弁済ができなくなったときに使われるものなのですが
国は赤字でも国債を発行するなりして今のところ抵当権を使われたことはないと思うのですが…
地方公共団体だと夕張市の事例をイメージすればいいんですか?

Aベストアンサー

たとえば、「AさんがX市に甲土地を寄附し、市道になった。ところがX市への所有権移転登記がなされないうちに、Bさんに甲土地を売却し、Bへの所有権移転登記がなされた。」という事例で考えてみましょう。
 民法の理屈で言えば、BはX市に対して甲土地の所有権を対抗できますから(説明のためBは背信的悪意者ではないものとしてください。)、所有権に基づいて甲土地の明け渡しを請求できるはずです。しかしながら、道路法第4条により私権の行使が制限されますので、所有権に基づく甲土地の明け渡しを請求することはできないということになりますが、BがCに売却したり、Cのために抵当権を設定することはできます。

Q車を二台所有していて、一台がミニバンクラスの場合、もう一台は?

夫と子供(幼児)1人と私の3人で暮らしています。

現在、ミニバンクラスの7人乗りを所有していますが、
我が家では車がないと不便な土地に住んでおり、
もう一台必要です。

一台ミニバンがあれば、もう一台は二人乗りや趣味的な車でも
問題ないと思いますか?
今、ミニバンの他に10年前に買った軽を乗っていて、
廃車寸前なのですが、その車を買ったときに未成年だった為
親に金額の事で反対され、自分の好きな車を買うことが
出来なかった思い出があります。

そういった経緯があるので、今度は本当に好きな車が欲しいと
思っていますが、子供がいるのに趣味的な車を購入して
大丈夫かな、と言う思いもあり悩んでいます。

買うからには乗りつぶすつもりです。

ご意見聞かせて下さい。

Aベストアンサー

うちでは私(妻)がミニバン、夫はスバルのターボ車に乗ってます。
趣味的なところをおさえつつ、家族も使える、と言う線であれば大丈夫なのではないでしょうか。うちの夫も、「4ドアだからファミリーカーだ!」と言い張って乗ってますが。
うちは共働きで保育園の送り迎えは夫婦ともにやりますし、子供の乗せ下ろしは考慮しないといけませんでした。それに、もし今後家族が増えないとも限りませんので、そのときになって使えない車だと乗りつぶすことが出来なくなるかもしれません。
私も以前はターボ乗りだったので、質問者さんのお気持ちはよくわかりますが、子持ちの意見から言えば、「趣味的な車はOKだけど、二人乗りはNG」かな。購入費や維持費で家計を圧迫するなら別ですが、問題ない財力があるのであれば大丈夫だと思います。
私も今大人数が乗れるというところを押さえた上で、ちょっと趣味に走った車を購入検討中です。

Q道路法8条では、4m未満の道路でも市道と認定できそうです。

道路法8条では、4m未満の道路でも市道と認定できそうです。



最初に4m道路として認定しても
後日、気が変わり「3m道路にして、他の1mは別な用途に使おう!」
と市は、議会の議決を得れば自由に道幅を変更できますか?

Aベストアンサー

道路法の道路認定及び廃止は議会の同意が必要。

http://www.town.shiraoi.hokkaido.jp/ka/gikai/kaigiroku/kaigiroku16/tei/1tei/3-24/6.pdf

>後日、気が変わり「3m道路にして、他の1mは別な用途に使おう!」

基本は道路復員=官民境界になる。
復員幅を変更するには
議員に対して議案説明が必要であり
合理的な理由がつけれないし
建築基準法の接道義務が満たされないため
答弁できないから無理でしょう。

Qぼくは、すごい気が弱い36才です。 気を強く出来るアドバイスお願いします。 すぐ被害妄想なってしまい

ぼくは、すごい気が弱い36才です。

気を強く出来るアドバイスお願いします。

すぐ被害妄想なってしまいます。

Aベストアンサー

過去の自分を振り返りいろいろと反省することは、前に進むためにも大切なことだと思います。しかし個性なので仕方がないことなのですが、いまさら何をどう直せば良いのか。なんて、他人には到底分かりません。今の自分に自身をもって、残りの人生歩んでください。

Q現状復旧しない道路法24条申請について

 市で管理する市道に取り付けて木材搬出用の道路取付工事を実施したいと、とある業者より道路法第24条の申請がありました。業者では、木材搬出後も取付け道路を地元の人たちが使用したいとのことで、現状復帰せず市に管理してもらいたいとのことですが、その場合の手続き方法がわかる方おりましたら、具体的な手続き方法を教えてください。

Aベストアンサー

あなたが市町村職員という前提で話をさせていただきます。
道路を市で管理するということは、新しい道路を認定道路(市道)とする手続きが必要となります。
それには道路法の手続き(8条、9条)を行う必要があります。
具体的には、議会の議決(8条)、公示(9条)です。
必要な資料としては、起終点の位置、幅員、延長等です。
http://homepage2.nifty.com/jagotaro/kokuji/kenpo/ken1997.htm
市によって認定道路の基準が定められているかと思います。
後は、以前に行った資料を見て作成すればよいかと。

Q初めて車を買います!(中古車)

免許が取れました!
そこで車を買おうかと思っていますが、
ぶつけそうだし、お金もないしで
最初は中古車にしようかと思っています。
でも車のことが全くわからず、
(装備の説明とかさっぱりわかりません)
インターネットで中古車サイトを見ましたが、
比較ポイントもわかりません。
中古車を買う際にここは見ておけ!とか
この中古車屋はいい!などありましたら、
アドバイス下さい!

Aベストアンサー

「ディーラー系」
トヨタ・日産・ホンダ等のメーカーの直営のお店をディーラーって言います。(各社とも新車・中古車のお店を持ってます)
ディーラー系で車を購入した際に下取りされる車などが店頭に並んでいます。
トヨタの買取T-UPさんに売られた車なんかもトヨタさんにはあるのではないでしょうか?
なので、ディーラー系の中古車やさんでは他社の車も取り扱っています。(数は豊富ではありませんが…)

一般の中古メーカー・ディーラー系ともに購入したことがありますが、
購入後の保障が充実していたのはディーラー系ですね。
(ちなみに私はトヨタを利用しました)

「車検2年付」
これは、車検が切れてる車(もしくはあと少しで切れそうになる車についてる場合)がありますが
私が以前ディラーで購入した車検2年付きは、
自賠責・重量税・24ヶ月点検等が車両価格に付いた価格でしたが、
一般店の場合、24ヶ月点検のみで自賠責・重量税が別価格でした。
(車にもよりますが価格にすると5~8万程度これで違ってきますね)
一般店で何回か2年付きを購入しましたが、全部そんな感じですね。

「5年落ち」
これは、新規登録年度から5年後ってことです。
新車登録時は有効車検年度が3年間なので、
2度目の車検のタイミングでその車を手放したことになります。

ネットで調べるのもいいですが、実際に購入する場合、
やっぱり実際に店頭にいってその車のエンジンをかけたほうがいいと思います。
(出来れば試乗させてもらう)
確認すべきことは
・エンジンの係り具合
・エンジン音に異音(回転数異常等)はないか
・エアコンの係り具合はどうか(ガス抜け・ガス管のつまり等ないか)
・オーディオ関係は大丈夫か?(カセット・CDがちゃんと再生できるか?)
・パワーウィンドウの動きは大丈夫か?
・雨漏りは大丈夫か?
・シートの座りここち・破れ
・車内の臭い
・メーター戻しはないか?(これは入庫時の車の状況の書類を見せてもらえばいいと思います)
・修復暦の確認
・記録簿も有無(前オーナーさんが、点検等こまめにされていたのか確認できます。記録簿からメーター状況も確認出来ます)
ボディの傷が気になるのなら、ボディ側面からボディを見てでこぼこしてなければOKです。
でも自分もぶつけてしまうかもとか思うのであれば、さほど気にするほどではないと思います。
(ひどい錆だとかドアの部分が開かないとかはさすがに問題ですが…)

10万キロ毎にタイミングベルトというエンジンのベルトの交換が発生します。
しかし、友人の整備士の話ですと、そのベルトは8万キロぐらいから
切れてもおかしくないという話を聞きました。
それを考慮すると、やはり~5万キロぐらいの走行距離ぐらいまでなら
購入の視野にいれてもいいかと思います。
年式も、12年以上になりますと自動車税も増額されます。
初めての車なので、任意保険に車両保険も含めたいと思うのであれば、
車両保険がかけられる7年落ちまでの車の購入がいいかと思います。
(8年以降は車両保険に加入できません)

「ディーラー系」
トヨタ・日産・ホンダ等のメーカーの直営のお店をディーラーって言います。(各社とも新車・中古車のお店を持ってます)
ディーラー系で車を購入した際に下取りされる車などが店頭に並んでいます。
トヨタの買取T-UPさんに売られた車なんかもトヨタさんにはあるのではないでしょうか?
なので、ディーラー系の中古車やさんでは他社の車も取り扱っています。(数は豊富ではありませんが…)

一般の中古メーカー・ディーラー系ともに購入したことがありますが、
購入後の保障が充実して...続きを読む

Q道路法の許可に基づく権利を譲渡

河川法では許可に基づく権利を譲渡することが出来るみたいですが、道路法では占用の許可に基づく権利を譲渡することは出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

譲渡と言うより
占用許可の承継じゃない?
http://www.city.hidaka.lg.jp/0501/info/tmp00_38.html

Q鉄道の乗車券1等車 2等車 3等車 て・・?

いつ頃まで存在していたの・・?

教えて下さい。

Aベストアンサー

国鉄が1~3等制だったのは、昭和35年6月30日まででした。7月1日から、1等車を廃止し、それまでの2等→1等、3等→2等となりました。

昭和44年5月10日に1・2等制が廃止され、1等座席車→グリーン車、1等寝台車→A寝台車、2等座席車→普通車、2等寝台車→B寝台車となりました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報