マンガでよめる痔のこと・薬のこと

 この質問サイトで、韓国関係の質問に対して、 「韓国経済が破綻寸前なので、・・・・という政策が取られている。」 という回答をよく見かけるのだが、その『経済が破綻寸前』という基本データーを示した回答を見たことがない。

 日本貿易振興機構の韓国経済についての基本データーによれば、
2012年
 失業率3.2% (20歳~29歳の失業率は、7~8%と高い傾向)
 国際収支  +431億ドル≒4兆5千億円超(そのうち貿易収支分は、+383億ドル≒4兆円超)
 対外投資     231億ドル
 対内投資     163億ドル       
 外貨準備高  3,232億ドル (前年度3,042億ドル)

 別統計でIMF基準ベースの国際収支・資本収支(2012年)
 国際収支  +480億ドル
 資本収支  -508億ドル
 
 対外貿易で480億ドル(5兆円超)儲けて、508億ドル(5兆5千億円超)、配当・利子・投資受け入れ・対外投資で、28億ドル韓国内から流出している計算になる。
 対外投資(韓国から外国への投資)は231億ドル、対内投資(外国から韓国への投資)は163億ドルだから、28億ドルの資本収支の赤字は、韓国の68億ドルの外国への投資超過によってもたらされていることになる。

日本貿易振興機構・韓国経済の基礎的指標等
http://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/stat_01/
http://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/stat_06/
http://www.jetro.go.jp/world/asia/kr/stat_08/


 本当に、経済実態が悪ければ、為替レートにはっきり表れるし、IMFからの勧告・緊急融資などが行われるが、そのような事実は見られない。
 『韓国経済が破綻寸前』という話は、ネット内都市伝説と見て良いのだろうか?
 それとも、それを示す根拠のあるバックデーターが存在するのだろうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

参考:『世界経済のネタ帳』-韓国


 http://ecodb.net/country/KR/

上記URLから、名目GDP、実質GDPなどの数値を確認しましたが、2012年と2013年(見込み)の数値を比較しても、韓国経済は微妙に成長しています。
しかし、体感的な景気はどうもそうではないようです。
以下、東洋経済オンラインに記載された韓国人記者の記事を紹介します。

参考:『東洋経済オンライン』-「韓国、経済指標と体感景気に激しい差」
 http://toyokeizai.net/articles/-/26510

日本経済が、株価を除いた経済指標が今一つですが体感経済が改善されているのと比較すると、まさに対照的ですね。


また韓国の失業率については、3%代と非常に低い数値ですが、これは失業率の計算方法に問題があり、実際の失業者ははるかに多いという指摘もあります。

参考:『RecordChina』-「韓国の失業率は日本の3倍!?10月失業者は345万人、政府発表数値の4.8倍―韓国経済研究団体」
 http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=7 …


これらのことを考慮すると、
 「韓国経済の破たんはただちにはない」
 「ただし、失業率に反映されているように、経済成長の恩恵が国民には少ない」
といった事実は、あるだろうと思われます。


ただ一点気になるのは、昨年にIMFが実施した韓国の金融機関へのストレス結果の公表が、延期につぐ延期となっており、おそらくこのまま沙汰やみになりそうなこと。
韓国がアメリカ(IMFは実質アメリカの管理下にあるようなもの)と裏でどういう手打ちをしたかわかりませんが、うかつに公表すると韓国で金融危機が勃発するだけにとどまらず、世界経済への影響が懸念されるほどひどい結果だったのではないかと、勝手に裏読みしています。

この回答への補足

 下記は、本来の質問とは違う日本経済についての、個人的感想なので、無視してくださって結構です。

<日本経済が、株価を除いた経済指標が今一つですが体感経済が改善されているのと比較すると、まさに対照的ですね。>

 現状の経済指標よりも体感経済が良いというのは、30年以上前の「バブル経済」の始まりを彷彿とさせます。
 バブル経済真っ盛りのときは、生産の伸びよりも、消費が上回って、金回りが異常に良くなりました。

 低金利で銀行がいくらでも貸してくれるので、不動産価格や株などの金融商品が値上がりし、その値上がり利益で儲けた者は皆、普段の生活には直接必要のない贅沢品を買うことに、どんどんお金を使いました。

 そういえば、当時の日銀総裁も大蔵省(=財務省の前身)出身者で、長期低金利政策を行いました。
 当時から日本政府財政の赤字が問題となっていましたが、大蔵省は、バブル経済による税収激増によって、プライマリーバランスが取れたことを理由に、財政再建完了を宣言し、財政健全化への努力を止めてしまいました。
 
 経済指標が芳しくないのに、体感経済だけが良いというのは、貯蓄などや潜在的な経済の余力を消費することによってもたらされていると思っています。

補足日時:2014/04/07 16:07
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答、ありがとうございます。

<昨年にIMFが実施した韓国の金融機関へのストレス結果の公表が、延期につぐ延期となっており、おそらくこのまま沙汰やみになりそうなこと。
韓国がアメリカ(IMFは実質アメリカの管理下にあるようなもの)と裏でどういう手打ちをしたかわかりませんが、うかつに公表すると韓国で金融危機が勃発するだけにとどまらず、世界経済への影響が懸念されるほどひどい結果だったのではないかと、勝手に裏読みしています。>

 私も、今後の動きについて注意します。

お礼日時:2014/04/07 15:38

>『韓国経済が破綻寸前』という話は、ネット内都市伝説と見て良いのだろうか?



日本と韓国を何かと比較して議論が伯仲します。 それは我々日本人の目を外に向ける良いきっかけになっていると思います。 

毎年、CPIなるデータが発表されます。 CPIとはCorruption Perceptions Indexの頭文字を取った指標です。 その国の公官庁の腐敗ぶりを度数で表して比較するものです。 必ずしも一致はしませんが民度を示す指標としても興味あるものです。 

これによると韓国は世界200近い国と地域の中では決して低くはありません。 世界最低に位置する38度線以北の国に比べると遥かに上位にいます。 日本は10位前後、韓国は43位前後。 アジアの中ではともに優等生です。  アジア、アフリカ、中南米には160近い国と地域が下にいるのです。 

そんな韓国ですが、何故か経済的な基盤が弱い。 戦後、日本から独立し、厳しい朝鮮戦争を乗り切って経済復興を成し遂げ、『漢ガンの奇跡』を成し遂げた韓国です。 グローバル化の波に乗って世界へ雄飛する韓国企業も少なくない。 そんな一見日の出の勢いにある韓国なのに。 

これは韓国の歴史を見れば原因が明らかです。 この国は身分制度を撤廃出来ず、農地解放、財閥の解体といった民主主義体制の土台が整備されていません。 ただ、うわべだけの民主主義に過ぎないのです。 いつまで経っても一部特権階級だけが国家を私物化し続けているのです。 

これは別に韓国だけの問題ではありません。 アジアでは日本以外の国々がみんな頭を抱えている問題です。 BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)といった今経済的に発展の著しい国々もみな一緒なのです。  国家経済と言うマクロな数字では発展を遂げています。 しかし、貧富の差はますます広がる一方です。 公に発表される数字はその国の短期的な傾向を見る指標としての意味にはなりますが、それが国際的には何の意味もありません。  

韓国が何かと日本に難クセをつけ、落とし前をあてにする国家政策から完全に脱却するには農地解放、財閥解体は不可欠です。  これが実現しない限り、日韓関係は変わらない。 韓国の政府発表と国民の経済の実態とは大きく乖離していると見るべきでしょう。 

この回答への補足

 回答ありがとうございます。

 回答を見る限り、経済破綻が近いというバックデーターが記載されていません。
 何か、データーはありませんか?

補足日時:2014/04/30 19:25
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございました。

お礼日時:2014/05/23 15:58

あなたは適当な事を言いますなぁ~。

(笑)
以前、私があなたに韓国経済、財政がいかにやばいかのデータを示した時、あなたは何の反応も見せずにトンズラしましたよね。

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/131026/wor1 …
仮にあなたが質問に書いている通りの収支だとしても、国、企業、家庭は莫大な借金を抱えているわけで、結局、何の足しにもならない。
それから、経済実体が悪ければ為替レートに現れるって、そもそも韓国ウォンは国際的に信用がない為、通用しない。

あなたがしている事は、自分の都合のよいデータを探してきて提示しているだけ。
もう一つ言うなら、失業率の定義をはっきりした方がいいですよ。失業率を低く見せるカラクリがありますからね。
大卒で就職できなかった人を失業者とカウントしないとかね。(笑)

この回答への補足

<私があなたに韓国経済、財政がいかにやばいかのデータを示した時、あなたは何の反応も見せずにトンズラしましたよね。>
 韓国経済の現況について、今回の質問が最初で、過去に質問した記憶がないのですが・・・・?

 また、データーを示して回答して頂いた方に対して、何の反応もしていないということは、ほぼないないと思いますが・・・。

 尚、このサイトの運営方針に従って、回答に対して議論をすることのないように努めていますので、データーを見た上で、そのデーターをどう理解・評価するかについて、判断の分かれるケースについては、失礼ながら「ありがとうございます。」との御礼だけにすることはあります。


 
 

 

補足日時:2014/04/07 15:19
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 御示し頂いた産経の記事ですが、財政赤字の総額がGDPを超えたという点では、決して良いこととは言えませんが、破綻に直結すると言うデーターとは言えないのではないでしょうか。

 日本の場合この数字はGDPの2倍以上で、消費税をアップしても過去最大の財政赤字が予想される日本の現状では、N0.2の回答者の方のような見方も出来ると思われます。

 回答、ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/07 15:33

少なくとも、毎期毎期大赤字垂れ流してる日本よりは健全なんじゃないですか?

    • good
    • 0

ご案内のデータは過去を示しているわけですから単純に眺めていれば「奇跡の経済成長を達成した韓国」が見えてきます。



もし、現状や将来を見ようとするならば、データを時系列に並べて「予測」しなければなりません。
もちろん過去は現実であるのに、将来は「予測」にすぎないのですから、この部分の精度には手加減をしないと議論がなりたちませんけど、、、。

たとえば時系列データとして最低賃金を貰えない労働者を拾ってみましょう。
2013年12月20日(金)13時29分配信の韓国ヨンハップニュース(聯合ニュース)によれば:
===引用===
賃金労働者全体を最低賃金未満の労働者数で割った最低賃金未満率は

2001年4.3%にすぎなかった。その後は増加に転じ
2009年に12.8%まで上がった。
2010年には11.5%、
2011年に10.8%、
2012年に9.6%と減少傾向にある。
2012年の最低賃金労働者数は1773万4000人のうち、169万9000人に及ぶ。
2013年を基準とした最低賃金は1時間当りでは4860ウォン(約477円)、1日8時間労働を基準とすれば日給3万8880ウォンとなっている。

===引用終わり===

2012年時点でさえも最低賃金(=時給477円)を貰えない労働者が170万人ほどいますが、かれらは公式統計上では失業者ではありません。
つまり、失業率、失業者数の公式統計値を日本のような法治国家と同様に考えるのは大きな誤りです。
失業していないけど、生活できない人(=最低賃金以下)170万人を政府統計上の失業者72万人と合算してみると、韓国の経済の現状がよりよく見えているわけです。
つまり、法律上の最低賃金が守られていない国では、公式統計上の失業率を見る「だけ」では実態が見えないと判断しなくてはなりません。

もう一つ、韓国の状況を示すデータだけでは見えにくいことですが、韓国経済が中国への輸出に過度に依存している事実が問題です。
ご存知のように中国では大手企業の債務不履行が発生しておりますが、これを中国共産党が救済しませんでした。中国建国以来初めての出来事ですから看過してはいけないと思います。

不動産投資・投機関連を中心に今年中に多くの企業が債務不履行をする「見通し」で、このことが引き金になって中国の経済全体が減速する「見通し」です。
7%成長しないと生きてゆけない経済で、成長率が5%になったらどうなるか。
0%成長でも生きてきた日本人は想像しがたいですが、中国は今年2014年に大きなリセッションと同じ状況になると考えてよいでしょう。

日本のGDP輸出依存度は11.4%ですが、大韓民国のGDP輸出依存度は43.4%でOECD加盟国中最大。
この輸出依存型の韓国経済で、韓国の13年の輸出総額は5597億ドル(約57兆3522億円)のうち、中国が占める割合は26.1%と過去最高を記録しています。
先進国への輸出では競争優位が保てないが、中国市場での競争では比較優位を保ってきた、保っているのが韓国製品と言えます。

この対中国輸出がどうなるかの「予測」で『韓国経済が破綻寸前』なのかどうか、判断が分かれるのではないでしょうか。


とは言うものの、これらはみな「予測」にすぎません。

ご指摘のように2014年の公式統計が2012年と同様で済めば、韓国経済は破綻寸前ではなかったことになります。
韓国経済にとって2014年がどういう年なのか、あと2年もすれば「過去」として評価が固まるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ありがとうございます。

お礼日時:2014/04/07 15:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q今韓国経済はどう言う状態ですか?

日本叩きがエスカレートして居ますが、司法まで可笑しい判決をだすなど、韓国経済は今どう言う状態ですか?
韓流も下火です。行く方が袋叩きをされそうですが・・・

Aベストアンサー

韓国という国は可哀想な国だと思います。
中国、ソ連、大日本帝国の三つに囲まれた小国。
中国に媚びを売り、ソ連に脅かされ、日本に併合され、辛酸をなめました。
同情するところはあるけど、性格がちょっと悪過ぎる。

大国に囲まれて何世紀も何世紀も暮らして来たせいで、
「権力に媚びて権力者が権力を失ったらバッシングする」
という悲しく節操の無い国民になりました。
大統領が退任したら必ずバッシングします。

日本に対しても同じことです。
戦争に負けて憲法で戦争を放棄した。

近隣諸国で唯一の安全牌です。
こうなったら日本を叩けるだけ叩け。
日本をダシにしちゃえ。
韓国がダメなのはぜんぶ日帝のせいだ!
とイスンマンは国民の不満を日本にぶつけさせる作戦に出ました。
そのころの反日教育のおかげで反日はいまだに続いています。

世界のどこの国も手を握りたがる日本とこんなに近くにありながら喧嘩をするおかしな国、コリア。
中国と韓国は内心馬鹿にし合っているんです。そんな国とは仲良くしたくないけど選択がない。
日本と喧嘩すれば中国に頼らざるを得ない。
クラスの問題児同士が表面上仲良くしているだけです。

世界のどんなところにも進出してチャイナタウンを作る中国人。
その中国人が一番近いコリアにはチャイナタウンを作りませんでした。
なぜか?
心の底から馬鹿にしているからなんですよ。
そんな国と手を握らなきゃいけないなんて、なんと可哀想な国だことよ・・・

韓国という国は可哀想な国だと思います。
中国、ソ連、大日本帝国の三つに囲まれた小国。
中国に媚びを売り、ソ連に脅かされ、日本に併合され、辛酸をなめました。
同情するところはあるけど、性格がちょっと悪過ぎる。

大国に囲まれて何世紀も何世紀も暮らして来たせいで、
「権力に媚びて権力者が権力を失ったらバッシングする」
という悲しく節操の無い国民になりました。
大統領が退任したら必ずバッシングします。

日本に対しても同じことです。
戦争に負けて憲法で戦争を放棄した。

近隣諸国で唯一の安全...続きを読む

Q韓国経済の崩壊って嘘?

よくTVに出てる賢そうな方々が、韓国が経済的な破綻をきたすという趣旨の発言をしたり本を出したりしていますが、一向に破綻する事も無く2015年を迎えてしまいました。
破綻どころか、益々活気づいているような気さえします。
同じような事が中国にも言われていますが、こちらなどは米国がすり寄る程の経済力です。
どちらも、とてもとても破綻などしないように思いますが、皆さんの御意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

中国は経済が破綻すると言われているのではなく、バブルが崩壊すると言われているんです。
実際、沿岸部や大都市部の土地などのバブルは終わっています。
大きな国ですからね、腐った皮を剥けば、地方や自治区などの新しい実が出てきます。中国の首脳部はこの手のハードランディングをする覚悟をとうに決めていて、破滅する人や企業がいる反面、新たな産業や地域が出てきていて、国全体としては伸びています。
ただ、都市部の大きな発展を維持するだけのこれまでの高度成長は諦めているので、朽ち落ちる都市、地域、産業は出てきています。
この手の政策は当然、階層の逆転を伴いますから、活気があるのもホントでしょう。

韓国はどうなんでしょうね。日本が元気になったくらいで破綻まではいかないと思いますが、中国企業との競争が始まります。
国際イベントへの投資を控えはじめたのは、経済縮小の兆しに見えなくもありません。余裕がなくなっているのかも。
日本と違ってオリンピック景気になっていないままオリンピックを終えて反動が来るなんてのが、サイアクのシナリオでしょう。

両国とも、外貨準備高を取り崩していないので、破綻はしないと思いますよ。

今年はロシアが、これまで溜め込んだ外貨を一気に吐き出しているので、これをとれた国が当面の勝者です。経済制裁をしている欧米は降りている状態なので、東アジア各国のチャンスなのですが。

中国は経済が破綻すると言われているのではなく、バブルが崩壊すると言われているんです。
実際、沿岸部や大都市部の土地などのバブルは終わっています。
大きな国ですからね、腐った皮を剥けば、地方や自治区などの新しい実が出てきます。中国の首脳部はこの手のハードランディングをする覚悟をとうに決めていて、破滅する人や企業がいる反面、新たな産業や地域が出てきていて、国全体としては伸びています。
ただ、都市部の大きな発展を維持するだけのこれまでの高度成長は諦めているので、朽ち落ちる都市、地域...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報