知り合いから質問され、自分ではどうも答えが出せなくて悩んでいます。
とある中小法人(同族会社)の社長が趣味で四輪レースをやっています。
そこで、会社から自分のチームに広告料(もちろん広告を車に出す)としてお金を出し、レースの資金とした場合、税務上損金と見なされず、役員への賞与と見なされる可能性があると思うのです。
では、これを社長自身の参加するチームではなく、他のチームへ広告費(ステッカー等を車に貼る)として会社から支払った場合は広告費として損金算入出来るのでしょうか?
みなさん、よい知恵をお貸し下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ご質問のとおり、趣味であれば役員賞与になりますよね。



つまり役員賞与になる物を、車に会社のロゴを張っただけで広告費として処理できるかどうかということですよね。

その会社の広告媒体としてレースがなりうるかどうか、仮になりうるとしたらその費用はいくらが妥当なのか、という点で判断されるでしょう。

スポンサーを募った場合に通常スポンサーが負担する程度であれば問題はないと思われます。その程度を越える場合の金額であればそのレースへの公告投資効果を税務署の調査官に納得させられるアイデアと価値をひねり出さないと調査で否認されるんじゃないでしょうか。

チームのオフィシャルスポンサーとしての地位を確立してその効果が法人の収益や就職募集活動に貢献している事が説明出来ればいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、やっぱり広告宣伝効果を認めることが出来ないと厳しいようですね。趣味の域を脱し、会社の利益につながらなければ、広告の意味がないですものね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/06/05 20:23

まったく会社と関係のないチームに出費した場合は


広告宣伝費ですね。経費になります。

これが社長自身のチームとなると、基本的にはならない。という
ところでしょうね。
世間通念上認められる範囲までは大丈夫でしょうけど
社長が片手間(失礼!)でやっているチームですから
PR効果もたかが知れていますので、
合理的な広告費と見なすのは難しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうも社長の趣味の域を脱しないモノのようですので、やっぱり広告費として損金算入するのは難しいのでしょうね。ご指摘の通り、PR効果もタカがしれていると思いますし…
大変参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/06/05 20:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q特殊支配同族会社の損金不算入

別表14(1)付表の真ん中部分、
【基準期間内事業年度等の調整所得金額から控除される調整繰越欠損金額の計算】について教えてください。

ここには前4年前の繰越欠損金額を記載すると思うのですが、
当たり前ですが、もう使ってしまってある欠損金は書いたらダメですか?

例を言いますと
7年前…1000万円欠損
6年前… 800万円欠損
5年前…3000万円黒字のため、6・7年前の繰越欠損金を控除済
4年前… 500万円欠損
の場合、4年前の500万円の欠損金しか、【調整繰越欠損金額 7】に記載したらダメですよね?
6・7年前の1800万円の欠損金は5年前の黒字の時に全部使ってるので、
今、更に引こうとしてるのは都合良すぎますよね?

ご教示ください。

Aベストアンサー

6・7年前の欠損金は繰り越されていません。
3年前、2年前、前年度の控除額はどうなのですか?
それにより、4年前の控除額だって、繰り越されていないことも
考えられますが。

Q社長の退職金の損金算入の時期について

3月決算の会社(同族会社)です。
今年の2月に社長が退職しました。
社長に退職金を支給したいと思い退職金について調べてたところ、
原則として(1)株主総会の決議で退職金の額が決定したときに損金に算入する(2)ただ、実際に退職金を支給したときに損金に算入してもよい、
とありました。
(1)なら株主総会は毎年5月に行っていることにしてるので(同族会社なのでおこなってませんが)退職金は来期の損金になるということですか?
できたら今期の損金にしたいのですが、そうするためには(2)のように実際に社長に退職金を支給しなければならないのですか?

Aベストアンサー

役員退職金の損金算入については、株主総会の決議等によりその支給額が具体的に確定した日の属する事業年度とされています。
なお、この場合も、その事業年度において、未払計上ではなく、実際に支給して損金経理をした時に限って、損金算入を認めることになっています。

又、期中に退職した役員に対する株主総会の承認前の事実上の支給を認めています。
なお、この場合も、実際に支給せずに未払金として損金に計上している場合には、損金計上は認められません。

又、5月の定時株主総会を待たずに、3月中に臨時株主総会を開催して、決議をする方法もあります。

従って、3月末日までに支給をして、5月の株主総会で決議をすれば、今期の損金として計上できます。

いずれにしても、今期中の支給が絶対条件になります。

Q「損金算入」と「損金計上」は同じ意味ですか?

経理の勉強をしているのですが
定期保険は死亡保険金が法人なら「損金算入」され、
終身保険は死亡保険金が法人なら「資産計上」されるとのことですが、
「損金算入」とは「損金計上」の事でしょうか?

なぜ損金は「計上」と言う言葉を使わず、「算入」という言葉を使うのでしょうか?

「そういうものだ」と覚えるしかないですか?頭がこんがらがってます。

Aベストアンサー

回答に算入するために一筆計上します、いえ、

「回答に参入するために一筆啓上します」
というようにある程度決まり文句として覚えたほうがいいかもしれませんが、・・・。

例えば交際接待費などは会計上は費用として「計上」しても、
そのうちの全部または一部は損金に「算入」できない(損金不算入)
ということがあります。(これを「損金不計上」とは言いません。)

なぜなら交際接待費を損金にできる「枠」(限度額)があるからです。

一方、資産(現金・建物・その他もろもろ)は何億何十億あっても、これ以上あったら資産としては認められないというような限度額(枠)というのは存在しません。いくらでも「計上」できます。

他には減価償却費、貸倒引当金、寄付金、役員報酬など、損金(税金を計算する上で所得から差し引くことのできるもの)の額には限度額(枠)があることが多いです。
その枠に’組み入れる’という意味で「算入」という言葉を使います。

Q損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上○○(損金として計上している○○?)という名称にもかかわらず、どうして損金不算入なのでしょうか?

どこか勘違いしているのだと思いますが、理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.税務申告書の別表4(所得計算)のスタートは、当期利益ですよね従って会計上損金算入した法人税等は既に控除されている金額からのスターとなります。
2.損金経理した諸税金は、会社決算上の見積により計上した金額ですので別表4で一旦税引前当期利益に戻して、加減算を行い正しい所得を計算し税率を掛算し申告納付するのです。
3.言葉の意味や参考法令はNo.1さんの通りです。

Q社長給与の一部損金不算入

について、色々調べていますがまだよく理解できていないので
教えてください。

現在社長の年収は730万円で、妻の取締役が160万円です。
出資金は社長290万円・妻10万円です。

この規定は社長のみの給料で判断して、
800万以上を損金不算入とする、ということなのでしょうか?
それとも同族会社の場合、夫婦の合計金額で見て
現在の状態だと730万+160万=890万円で
90万円は損金不算入になるということなのでしょうか?

難しい言葉が並ぶといまいち理解できず
お恥ずかしいですが、お詳しい方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

役員給与の損金算入制限とは

業務主宰役員(代表取締役や社長と呼ばれる人)
の給与のうち給与所得控除額に相当する金額は、原則として損金に算入されません。

>この規定は社長のみの給料で判断して、
基本的には社長の給与の一部が対象です。

>800万以上を損金不算入とする、ということなのでしょうか?
ここで言う800万とは給与のみの金額ではありません。
基準所得金額を計算して800万以下の事業所
基準所得金額が(800万~3000万以下)でなおかつ基準期間
(その事業年度の開始の日前3年以内に開始した事業年度)における
業務主宰役員の平均給与額が、(基準所得金額×50%)以下

上記のどちらかに該当する事業は損金算入規定は適用されません
(もう一つあったと思うのですが・・・)

まず事業所の基準所得金額を計算してみてください。







ですから、今期の役員給与が

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/news/news1.nsf/2a03c8904e6f853f492564990021bb43/5098078a8ca59a264925714c0082843a?OpenDocument

役員給与の損金算入制限とは

業務主宰役員(代表取締役や社長と呼ばれる人)
の給与のうち給与所得控除額に相当する金額は、原則として損金に算入されません。

>この規定は社長のみの給料で判断して、
基本的には社長の給与の一部が対象です。

>800万以上を損金不算入とする、ということなのでしょうか?
ここで言う800万とは給与のみの金額ではありません。
基準所得金額を計算して800万以下の事業所
基準所得金額が(800万~3000万以下)でなおかつ基準期間
(その事業年度の開始の日前3年...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報