家の庭近くに小川が流れています。

その小川の水を樹木の散水ようにとりこみたいのですが、小川の傍に水道形式で(L棒水道管)
使えるような工事は簡単にできますか?

最初の工事代金はかかると思いますが、水道代はかからないと思いますので、
いい方法ではないかとおもいます。
井戸でもないので電気代もかからいかとおもっていますし・・・

 管をうめても1メートルぐらいで水に到達できるようですので、できるものかどうか
 教えてくださると有難いです。
 

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

どこら辺が「[技術者向] コンピューター」向けなのかちょっと不明ですが……


使用量を管理したいんですかね?

>その小川の水を樹木の散水ようにとりこみたい

権利関係とかはクリアされていますか?

>最初の工事代金はかかると思いますが、水道代はかからないと思いますので、
>いい方法ではないかとおもいます。

日常的に勝手に使うというのは権利関係でいろいろ揉めそうですが……。

参考URL:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信くださり有難うございました。
 
昔は田んぼの多い田舎だったようですので、用水路みたいな
小川が残っており古い家では敷地内に小川がありそれから水を
水道形式で使用さらておられるようですので、できたら、振興住宅の家でもつかえないものかと思いましたが、水利権などがあるそうで、勝手に工事もできないことを知りました

昔からの家ではちゃんとそのような権利のもとで使用されて
おられるのでしょうね。 考え検討してみます。
 詳しく教えていただき感謝します。

お礼日時:2014/04/14 17:40

大掛かりな工事などせず、砂やごみを吸い込まないようにフィルターをつけたホースの先を小川に沈め、電動ポンプで吸い上げるくらいで良いのではないでしょうか、高低差があまりなければ、大丈夫でしょう。

そのくらいなら相談しても許してもらえる程度だと思いますよ。
    • good
    • 0

出来なくはありませんが、水道代は無料であっても電気代だけは


我慢するしかありませんね。水道管を埋設しても汲み揚げる力が
無いとスプリンクラー等の機材は使用が出来ません。

水道管を埋設する大掛かりな工事をしなくても、小川から水を汲み
揚げる方法はあります。
例えば工事現場で使う水中ポンプとエンジン式発電機があれば、
水道管を埋設するような工事は不要ですし、エンジン式ポンプを
使えば発電機は不要です。
小型であればホームセンターで購入が出来ます。エンジン式の
ポンプと汲み揚げ用ホース、排水用ホースがあれば排水用ホース
で散水は可能です。小型であれば一式揃えても5万前後で買える
はずです。

問題としては小川の水質です。小川と言う事は周辺には水田が
あるはずですが、水田から流れ出る水に農薬等が混ざっていると
樹木の生育に支障が出ます。また生活排水が流れ込んでいると
やはり樹木の生育に悪影響を及ぼします。

もう一つは水利権の問題です。水田が広がっているなら、無断で
小川の水は使えません。小川に水が勝手に流れているだけじゃ
ないかと思うでしょうが、実際は小川の先の大きな川から水路で
水を引いています。農家の方が水田で使うために引いて居られ
ますから、この水も勝手に使う事は禁じられています。
水利組合で小川の水を使う事の許可を取らないと使えません。

もし水利組合から許可が出なければ、敷地内に打ち抜き工事を
すれば、後はエンジン式ポンプを接続すれば誰からも文句は言わ
れません。ただ打ち抜きをすると打ち抜き工事代だけでも100万
以下では難しいでしょうね。

傍に小川が流れているから、勝手に使っても良いと言う事では
ありません。単純に水が引けると考えないで下さい。
あなたの案では絶対に水は出ません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

丁寧なご回答有難うございました。
素人の浅はかさで流れているので、単純に使えるのではと考えていました。元は田んぼがある地区でしたので、まだ田んぼの少し残っていますし、そのために作られた用水路だと思います。
そのためには、そこを管理したりする必要もあることでしょうし、いろいろ難しそうな問題があるようですので、
諦めます。 教えていだだき有難うございました。

お礼日時:2014/04/15 07:38

 No.5です。

補足質問ではないようですが、少し補足します。

 「慣行水利権」というものがあり、昔からずっとおこなわれている水使用は、権利として認められています。
 近所でやっているから、我が家もという場合は、組合なり自治体なりの許可がいるようです。場合によっては分担金の拠出等が発生する場合もあるようです。
    • good
    • 0

No.3です。


>水利権などがあるそうで、勝手に工事もできないことを知りました
 そうです。だから工事などはせず、必要な時にエンジンポンプか水中ポンプで吸い上げる程度なら良いでしょう。
 エンジンポンプの場合は、呼び水を入れないと吸い上げられませんが、水中ポンプでしたらつけさえすれば用水出来ます。しかし、コードを引かなきゃならない。
 井戸ポンプでしたら、苦労はないのですが、その場合も給水用のホース(普通のホースだと大気圧で潰れる)を放り込むことになります。(いずれも砂や泥をすわないようフィルターが必要)
 水中ポンプだとビルジポンプにすれば泥でも吸える。

 工事はしないほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度ご回答くださり感謝します。
いろいろ面倒なこともあるようですので、
 私の方ではやはり市水道を使った方がいいように感じました。

井戸にしても川から水を引くにしろそれなりの
工事があるそうで、簡単にはいかないことが解りました。
 教えていただき有難うございました。

お礼日時:2014/04/15 12:07

 他の方も書かれていますが、水利権の問題があります。



 しかし、河川の流れに影響を与えるような構造物を作るのでない限り、一般使用として認められると思われますが、河川の護岸まで私有地でない限り工事が認められる可能性はそうとう低いと思います。

 小川であれば、地元の市区町村にお問い合わせになってください。

この回答への補足

返信有難うございました。水利権のこと知りませんでした。
小川は私有地ではなく庭の横を流れているだけですので、
難しそうですね!
昔からの家では敷地内に小川があったりして水道のようにしようされておられるようですが、ちゃんと権利のもとで使用されているのでしょう。
勝手に工事ができないことも解りました。
有難うございました。

 

補足日時:2014/04/14 18:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信有難うございました。水利権のこと知りませんでした。
小川は私有地ではなく庭の横を流れているだけですので、
難しそうですね!
昔からの家では敷地内に小川があったりして水道のようにしようされておられるようですが、ちゃんと権利のもとで使用されているのでしょう。
勝手に工事ができないことも解りました。
有難うございました。

お礼日時:2014/04/15 11:45

>その小川の水を樹木の散水ようにとりこみたいのですが、小川の傍に水道形式で(L棒水道管)使えるような工事は簡単にできますか



工事自体は簡単です。

 ところで水利権の問題は大丈夫ですか?
その小川を管理してる側から許可を得なければいけません、取水する量に応じて金額を支払うのが一般的です。

 ところで、小川はあなたの土地より低い位置にあるのではありませんか?
そうだったら電気無しで水を導く事はできませんけど?(^_^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信くださり有難うございました。
 
昔は田んぼの多い田舎だったようですので、用水路みたいな
小川が残っており古い家では敷地内に小川がありそれから水を
水道形式で使用さらておられるようですので、できたら、振興住宅の家でもつかえないものかと思いましたが、水利権などがあるそうで、勝手に工事もできないことを知りました

昔からの家ではちゃんとそのような権利のもとで使用されて
おられるのでしょうね。 考え検討してみます。
 詳しく教えていただき感謝します。

お礼日時:2014/04/14 17:50

 水面と、撒く時にどの高さまで放物線を描かせるかで揚呈が決まります。

その数倍の揚呈があれば良いです。
 通常は小型のエンジンポンプ( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%E5%B0%8F% … )でしょうね。
 電気やガソリンなどの外部エネルギーなしと言うことなら、川自体に落差が取れるなら、ラムポンプ( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%E8%A1%9D% … )という方法もあるにはありますが。

 なお、樹木の潅水は厳密には推理法の制約を受けますから、水利組合に申告は必要でしょう。
 ⇒河川法と水利権の基礎知識( http://nagi.popolo.org/dam/hou-suiri.htm )
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信くださり有難うございました。
 
昔は田んぼの多い田舎だったようですので、用水路みたいな
小川が残っており古い家では敷地内に小川がありそれから水を
水道形式で使用さらておられるようですので、できたら、振興住宅の家でもつかえないものかと思いましたが、水利権などがあるそうで、勝手に工事もできないことを知りました

昔からの家ではちゃんとそのような権利のもとで使用されて
おられるのでしょうね。 考え検討してみます。
 詳しく教えていただき感謝します。

お礼日時:2014/04/14 17:36

小川の土地はどなたの持ち物でしょうか?



自治体のものでしたら、水を引く場合、許認可が必要だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信くださり有難うございました。
 
昔は田んぼの多い田舎だったようですので、用水路みたいな
小川が残っており古い家では敷地内に小川がありそれから水を
水道形式で使用さらておられるようですので、できたら、振興住宅の家でもつかえないものかと思いましたが小川の持ち主のことや許可をえる必要とのこと、勝手に工事もできないことを知りました 考えてみます。

昔からの家ではちゃんとそのような権利のもとで使用されて
おられるのでしょうね。 考え検討してみます。

お礼日時:2014/04/14 17:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q川から水を引きたい

川から水を引きたい
山の敷地で隣に川があります。川といっても山の中の
沢の形状のものです。
そこから隣接している畑の近くまで水を引きたいです。
畑の真横は平らなのですが、数十メートルから傾斜が始まって高くなり始めます。
なので何とか引っ張って来れないかと思っているのですが、
どうすればよいのか見当が付きません。
やはり高いところから塩ビパイプを引いてくるしかないでしょうか?

Aベストアンサー

水を引く事の技術的な問題はさほど難しいものではありません。しかしながら河川の水を利用する事は、水利権に関わる問題でそう簡単ではありません。

根拠となる法律は明治29年に成立した河川法です。それ以前から農業用水として取水を行っていた慣行水利権者以外は、河川管理者の許可を得ないと取水が行えません。そしてその水利の用途には、農業用潅漑、水道等の取水、発電などが含まれます。取水した水をそのまま放流している発電用の水車でさえも、その規制の対象となります。
河川を管理しているのは国土交通省河川局ですが、河川の規模によっては地方の支局の扱いになる場合もあります。

水利権問題は、農家に取っては生き死ににも関わる程の重大な問題であり、過去にも様々なトラブルなどが起きています。特にその河川の農業用水としての水利権者は、ある種の組織を構成していて、なかなか新たに水利権を取得できないのが実状の様です。そして取水権自体が売買されているとの話もある様です。
この辺りも河川局に相談される方が宜しいかと思います。

なお、実際に許可されて取水設備を設けるのであれば、塩ビ管などでも良いですから、きちんとした恒常的な取水設備を建設する必要があると思います。

水利権に関しては以下のサイトを参考にして下さい。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E5%88%A9%E6%A8%A9

水を引く事の技術的な問題はさほど難しいものではありません。しかしながら河川の水を利用する事は、水利権に関わる問題でそう簡単ではありません。

根拠となる法律は明治29年に成立した河川法です。それ以前から農業用水として取水を行っていた慣行水利権者以外は、河川管理者の許可を得ないと取水が行えません。そしてその水利の用途には、農業用潅漑、水道等の取水、発電などが含まれます。取水した水をそのまま放流している発電用の水車でさえも、その規制の対象となります。
河川を管理しているのは国土交通...続きを読む

Q川の水 勝手に取っても・・・

我が家の田には水が有りません。今年は水不足みたいです。そこで近くの川から取水し田に水を張る事は違法ですか?稲は植えたのですが地割れを起こしています。

Aベストアンサー

>川の水 勝手に取っても・・・

川の水に関わらず、ダム・池・沼全ての水には「水利権(流水使用権)」があります。
(水利権は河川の流水を含む公水一般を継続的且つ排他的に使用する権利)
水利権は、江戸初期頃には既に完成した「慣行」ですが平成の世まで「水利権」として法的に保護されています。
この水利権を得る為に、使用者は「水利組合に、毎年代金を支払って」います。

>近くの川から取水し田に水を張る事は違法ですか?

原則論からいうと「違法行為」です。
各農村部では「水泥棒」という言葉が残っています。
昭和初期まで、水泥棒は「殺されても仕方がない」状況だったようです。

河川は、国・県・市町村が管理し権利を持っています。
俗に言う「一級河川=建設省、二級河川=都道府県、その他河川=市町村」
しかし、昔からの水利権は有効で国・県・市町村よりも優先します。

まぁ、今年は水不足で「田植えを止めた」地方もあるようですね。
水中ポンプで水汲みをすると思いますが、公共団体からの摘発はないでしよう。
ただ、水利組合から摘発された場合は、水利組合に従う覚悟が必要です。
数年前の渇水時には、24時間「水利組合が水路を監視・見回り」を行った現実があります。

「背に腹は変えられない」のは、農家は皆同じです。
その中で、水利組合を中心に秩序を守っているのです。

>川の水 勝手に取っても・・・

川の水に関わらず、ダム・池・沼全ての水には「水利権(流水使用権)」があります。
(水利権は河川の流水を含む公水一般を継続的且つ排他的に使用する権利)
水利権は、江戸初期頃には既に完成した「慣行」ですが平成の世まで「水利権」として法的に保護されています。
この水利権を得る為に、使用者は「水利組合に、毎年代金を支払って」います。

>近くの川から取水し田に水を張る事は違法ですか?

原則論からいうと「違法行為」です。
各農村部では「水泥棒」と...続きを読む

Q家の近くの小川から塩ビ管で水を引きました.

・集水口と排水口の間の高低差は約1m.
・塩ビ管の長さは約24m,途中3箇所でL字に曲げてある.
・塩ビ管の内径は44mm,集水口と排水口は31mm.
・塩ビ管は全て接着剤で接続.
・排水口にホースを接続.
工事完了しましたが,水が集水口の高さ+5cm位までしか上がってきません.排水口付近では集水口の高さ近くまで水が上がってくるものと思っていましたが,何故でしょうか?
排水口高さ+50cm位までは上がって欲しいのですが,対策はありませんか?
以上,よろしくお願いします.

Aベストアンサー

図のようになるのです。
 通水すれば、吐水口から水が抜かれるため、高い部分が負圧になり水は供給されますから、水は出続けます。
 しかし、吐水口を上げてしまうと、左部分はサイホンになりますが、負圧部分に引かれて左側のパイプ内水面が高くなりますが、バランスを取れた高さで留まってしまいます。

 安価な透明ホース(定尺50m)を買ってきて、何が起きているかを観察するのが一番よいです。

 私は、家の傍の小川より高い位置の水槽に水をあげる必要がありラムポンプを作りましたが、それは吸水水面より高い位置まで水をあげることが出来ました。
       ↑
 \    │
   \__⊥_→


 それでもメンテナンスが結構必要でしたから、今はお休み中です。

Q低い位置の水を高い位置に移動させる方法

家の庭には排水口がないので、庭のバケツにある水を台所の流しに排水できる方法を探しています。庭と流し台の高低差はざっと見積もって1mちょいです。

何か理科の教科書でポンプなどがなくても管一本でそういった事ができる方法を昔の人が考えて、何とかの原理とか呼ばれていると読んだ記憶があるのですが、ご存知の方は教えてください。

ポンプがないと無理という場合は、ホームセンターで調達できる、大仰でない装置で排水する方法を教えてください。

Aベストアンサー

サイフォンは高いところを経由してより低いところへ送れます が 決して高いところへは送れません

衝撃ポンプを使えば落差1mの流水を20m以上高いところへ移動させることはできます
しかし 全流水量の数%しか移動できません

質問の用途ではポンプを使用するしかありません

Q川の水を私有地に引き込むことは可能?

自宅横を流れている川(30cm)から自宅の敷地内へ水を引き込んでも問題にはならないのですか?
防火用に庭に小さな池を作りそこへ水を貯めるためその小川から水路を作ろうと思います。このような行為は問題ないのですか?教えてください。

Aベストアンサー

皆さんが答えてるとおり、勝手に引き込んでは捕まってしまいますよ。

・河川法第2条「河川の流水は私権の目的となることができない」
・河川法第23条「河川の流水を占用しようとする者は河川管理者の許可を受けなければならない。」
・解説「河川法による流水の占用許可を受けた者は、その許可で定められた目的以外の目的に自らの水を使用し、又は他人に使用させることはできない」

Q畑の水やりを楽にする器具

家から離れた小さな畑でマルチをかけて野菜を作っています。マルチなので水は自然の雨にまかせてきましたが、7月中旬からほとんど雨が降りません。これからもしばらくまともに降らない予報です。道路を隔てて水量豊かな水路があり、そこからジョウロで何度も往復です。この水路からくみ上げて畑に水を撒けるような機械、器具、道具がホームセンターなどに売ってないでしょうか?

Aベストアンサー

私も畑で家庭菜園をやっていますが、No.4さんと同意見です。
マルチをかけて何を栽培されているのかわかりませんが、マルチは雑草対策には効果があるでしょうが、降雨による水補給にはマイナスと思います。又、少し日照りが続いたから水をかけてやる過保護栽培をしていると、作物の根は下へ伸びて水分を求めることをしなくなり、1度水かけを怠ると枯れてしまうような貧弱で不味いものになります。
 よって私がお奨めすることは、マルチをやめて雑草を生やしましょう。雑草は保水の役割をしてくれます。(根元の雑草だけは抜いて根元に敷きます。)
それでも、どうしても水をかけてやりたいのであれば、大きな漬物桶のようなものを畑に置いておき、降雨又は水路から水を入れ必要時に使用する程度で。
家庭菜園は自然と一体でいいと思います。日照りが長期続いて野菜が枯れたのならそれが自然。電気やガソリンを使ってポンプを動かし水を与えて造ったものは、スーパーの野菜と同じです。

Q用水路からポンプで水をくみ上げできるか?

周囲は水田です。
自分の土地は休耕田です。
水田でなく、畑に変更する場合で、用水路からポンプで水をくみ上げ、スプリンクラーで水を散水したりすることは何か問題がありますか。

農業は全くの素人です。

Aベストアンサー

基本的には#1さんの意見と同じです。
質問者様の土地の地目が「水田」なら、当然水利権を持ち、水費も納めていると思うので何ら問題はありません。
が、地目が「畑」ならまずは水利権の取得からですね。
お近くの役場(農林水産科),農業委員会,水利組合などにご相談して下さい。
でもこれはかなり面倒くさいです。
で、一つの案として、井戸を掘る事です。
掘ると言っても、鉄管(2インチ~3インチ程度)を打ち込むだけですから、水利権の取得&年間の水費に比べずっと安上がりです。
(打ち込み深さ,鉄管の大きさにもよりますが、20万前後だと思います)
これなら、年間を通して水が使えますしね。それに綺麗ですし。

>水田でなく、畑に変更する場合で・・・

んんっ?これは登記簿の地目を変更するって事ですか?

これなら、用水路の水は使えなくなるし、手続きがメチャメチャ面倒くさいですけどね...

ちなみに(地域にもよりますが)水利権を持たない人が用水路の水を使うという事は、周りからの苦情が耐えないです。特に年配の方々から。なので、最悪村八分なんて事もあり得ますので、これはやめておいた方がいいです。

基本的には#1さんの意見と同じです。
質問者様の土地の地目が「水田」なら、当然水利権を持ち、水費も納めていると思うので何ら問題はありません。
が、地目が「畑」ならまずは水利権の取得からですね。
お近くの役場(農林水産科),農業委員会,水利組合などにご相談して下さい。
でもこれはかなり面倒くさいです。
で、一つの案として、井戸を掘る事です。
掘ると言っても、鉄管(2インチ~3インチ程度)を打ち込むだけですから、水利権の取得&年間の水費に比べずっと安上がりです。
(打ち込み深...続きを読む

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q沢水の取水口の作り方(DIY)について教えてください

 北の国からで、吾郎さんが沢から水を引いてましたが、自宅近くの里山で、沢から水を引いて、ワサビを栽培してみたいと思っています。
(本格的なものではなく、箱庭程の大きさの趣味の園芸程度のレベルですが。)

 いろいろ調べた結果、沢からホースで水を10メートル程度引こうと思うのですが、取水口はどのように作ればいいんでしょうか。
 単純に、コンクリや岩で水たまり部分を造って、そこにホースを入れても、すぐに葉っぱや砂、木の枝で詰まってしまうと推測しています。
 金網、コンクリ、ホース入り口に日本手ぬぐいを被せればいいかなと思いましたが、できれば、先人の知恵を拝借できればと思い、いろいろホームページを調べたのですが、なかなか載っておりません。
 またホースの大きさや材質も、どのくらいだと詰まりにくいんでしょうか。
 もし、ご存知の方がおられましたら、教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

消防ホースなどには竹製のかごが付いていましたね。
汚泥用の水中ポンプの吸い込み口にもメッシュのかごがついています。
そこらから考えると適当な網をかぶせて置けばいいでしょう。
渓流魚用のびくなどもいいでしょう。

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング