エンジンオイルを入れるところから覗くとけっこう色々付着してるのですが
エンジン内部を丸洗いするわけにもいかないので。なにかいいほうほうないでしょうか?
あとフラッシングオイルをしてみたのですが、入り口付近は変わってないけど内部はちょっとはきれいになったのかな(・・?)
それとエンジンフラッシングっていうのはよいのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再び書かせて頂きます。


鉱物系と合成系では、化学合成の方がいい様です。
化学合成の中でも、100%と半化学合成とあり、100%の方がいい様です。
あと、自分の体験談を少し...。
AE86に乗っていた時に、ボクもエンジンオイルの汚れが気になり、フラッシングをした事があります。
ですが、前回書いた理由でフラッシングは止めました。
で、次にエンジンオイルを1,000km単位で交換してみました。
(1,000km~5,000kmの範囲で)
5,000km交換:明らかに汚れており、OIL交換後、エンジンのレスポンスとトルク感が元に戻る。
4,000km交換:5,000kmに同じ。
3,000km交換:汚れは5,000kmよりはマシかな?程度で、極端には変わらない。エンジンのレスポンス及びトルク感は余り変化を感じとれない。
2,000km交換:汚れは4,000kmよりはマシかな?程度。エンジンのレスポンス及びトルク感は余り変化を感じとれない。
1,000km交換:2,000kmに同じ。
以上の様にエンジンオイルはちょっと使っただけでも、すぐに汚れてしまいます。
ボクとしては、3,000kmを境に汚れ及びエンジン性能の変化を感じました。
それ以来は3,000km位で交換しています。
尚、AE86に搭載されている4A-Gは現在の4A-Gとは違い、アクセルレスポンスは非常に良いが、パワーが無い(ネットで120ps)エンジンでした。
よって、オイルの潤滑性能の劣化が非常に感じ取りやすく、また、走る時はエンジンレスポンスや車の挙動を感じ取るのが楽しかったのでよけいに感じたと思います。
今は180SXに乗ってますが、SR20DETでも同じ様に3,000kmを境に違いを感じています。
ただ、ボクは違いを感じるものの他の人が感じ取れるかとか、3,000kmで交換しないと壊れるかというとそれは無いでしょう。
メーカーの指示通りの距離で交換すれば壊れないと思います。
参考までにボクは半化学合成のオイルを3,000kmで交換しています。
高いオイルを使っていても、洗浄の意味でオイル交換時に安いオイルを入れると、混ざってしまうのがイヤだからです。
だからと言って、高いオイルで洗浄はもったいないです(というか金銭的にムリ)。
よって、程々の物をマメに交換しています。
ちなみにJAFのテストで、「安いオイルをマメに交換する」のと、「高いオイルでちょっと長めの期間で交換する」のはどちらがいいか?というのがありました。
結果は、「高いオイルでちょっと長めの期間で交換する」がいいでした。
理由は安いオイルは洗浄能力が低く、潤滑性能も低い、それに耐熱性も低いので、それよりは高いオイルを長めに使った方がオイルの性能的にはまだいいという事でした。
ただ、これも程度問題だとボクは思います。
    • good
    • 0

 エンジン内部は走行により確かに汚れて見えます。

が、それを放置しておいても、ハッキリ判る性能劣化は起こりません。

 オイルを頻繁に交換されるのは内部の見た目の汚れには効果的ですが、いつもレッドゾーンまで回してからシフトUPしている、サーキットしか走らない、など特殊な使い方をしていない限り、おクルマの取扱説明書に書かれているオイルチェンジサイクルで十分です。自動車メーカーではユーザーの方々の想像を絶する耐久試験を実施後市販していますし、そもそも指示通りやったら壊れる様な事をワザワザ取扱説明書に書くマヌケメーカーなど存在しません。

 結論と致しましては、自動車メーカー推奨のメインテナンスをお受けになっている限り、目に見える汚れも性能とは直接関係がないレベルなので気になさる事はありません、とゆぅところでしょうか。

 最後にフラッシングオイルについて。

 フラッシングオイルを推奨している自動車メーカーは、現在では多分無いのではないかと思います。
 フラッシングオイル自体がエンジンに良いか悪いかの判断も重要ですが、それより、これが残留してエンジンオイルに混ざる事が問題です。gt-four様の2度交換は非常に慎重なアプローチでうまい作戦ですが、しかし、1回余計に交換するだけで残留フラッシングオイルの影響が無視出来るところまで排出できるかどぅかは判りません。

 どぅしてもフラッシングをやりたい場合、新品の安オイルか、若しくは今までオイル交換時にあまったオイルを溜めておいてフラッシングに使いましょう(エンジンオイル自体にも汚れを吸着する能力があります。安いオイルでも新品なら、汚れた高級オイルより吸着性能が優れていると言えるでしょう)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
オイルのランクが上がれば吸着もよくするのでしょうか?
たしかに汚れたオイルよりは全然とれますよね(笑)

お礼日時:2001/06/06 05:33

socさんもおっしゃってますが、私もフラッシングはあまり勧めません。


ただし、条件付きです。
 フラッシングオイルの主成分(主じゃなかったかもしれませんが)は
灯油だそうです。カーボン(スラッジ)を溶かすものですから、灯油や
それに近い有機溶剤であることは間違いないでしょう。もちろん、
エンジンを回すためのオイルも入ってはいるのでしょうけどね。
ですから、ある程度は綺麗になっていると思います。

 フラッシングをした場合、エンジン内部に若干フラッシング用のオイルが
残ります。フラッシングをした後、安いオイルを入れて少し走って、それから
ちゃんとしたオイルを入れると、フラッシングオイルの影響を取り除くことが
できると思います。

 ちなみに、ターボ車などはターボの軸の潤滑・冷却にもエンジンオイル
を用いており、フラッシングを行うとここにフラッシングオイルが残って
軸が焼き付くことがあるそうです。
 というわけで、ノンターボ車では、フラッシングの後に二度オイル交換、
ターボ車ではやらない方がいいと思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NAですありがとうございます。
安いオイルですか。
SJオイルで安いのでいいのでしょうか?できたら毎回同じオイルのほうがやはり
よいのですよね・・・?

お礼日時:2001/06/06 05:28

フラッシングオイルは洗浄を目的にしているので、ある程度はきれいになっていると思います。


しかしながら、個人的にはフラッシングはお勧めできません。
洗浄する事が勧められないのではなく、その後の事です。
フラッシングした後はエンジンオイルを入れますよね。
そうすると、エンジンに残ったフラッシングオイルとエンジンオイルが混ざってしまうのがお勧めできない理由です。
混ざるとエンジンオイルにどんな影響がでるかが分からないですからね。
汚れたのを取るのは難しいので、汚れにくい様にする事をお勧めします。
例えば、洗浄効果の高いエンジンオイルを使うとか(簡単にいうと安物ではなく高級品ですね)、エンジンオイルをまめに交換するとかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、さらに質問なんですが
鉱物系と合成系がありますがたいして問題はないのでしょうか?

お礼日時:2001/06/06 05:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOS 25F ABCエンジンのコンロッドの向きについて

ベアリング交換のため解体したのですがコンロッドに向きがある事にきずきました。潤滑穴が前寄りなのか後ろ寄りなのか解りません。
ご存知の方は、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

コンロッドのクランクピン側に圧入してあるブッシュの穴の内側の角が片側だけ面取りしてあると思います。
面取りしていない面をバックプレート側に組みます。

Q車の事教えてください。 最近エンジンが温まる前に走り出すと「キー」と音がします、けっこう大きい音です

車の事教えてください。
最近エンジンが温まる前に走り出すと「キー」と音がします、けっこう大きい音です!
その音がしている時はアクセスを踏んでも加速しません‼
何処が異常なのです?
修理はイエローハート、オートバックス等でもしてもらえるのでしょうか?

Aベストアンサー

以前、ワゴンRに乗っていた時、盛大にキーッと鳴っていました。原因は、定番の、いわゆるファンベルト、今はファンを回さないので、正確には、ファンベルトとは呼びませんが。何とベルトが真ん中から、裂けていました。ゆるゆるになっているのは、分かっていたのですが、ベルトを替えずに、鳴き止めスプレーで、ごまかしていたのが原因でした。ボンネットを開けて、ベルトの真ん中を、手で押してみれば、張り具合が点検出来ます。張りが適正でも、古くなるとゴムが硬化して、鳴きます。
キーッと鳴っている音が大きいので、アクセルを踏むのを、ちゅうちょしてしまい、加速しないと感じるのかも。
修理は、販売店かディーラーで。私は、6000円でしたが、簡単に外せる車種は、もっと安いかも知れません。

Qエンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか

エンジンルームに余計なものがあると、車検上問題になりますでしょうか。

オイルクーラーのコアが右フェンダー内に設置済みなのですが、
ホースとブロックはオイルブロックに取り付けず、
エンジンルーム内の適当な場所に固定してあります。
※詳細は画像を参照願います。

やはり『コアのみ残し、ホース以降は一時的に外す』などの対策が必要になりますでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

車検自体は、エンジン関係で言えば排気ガスを悪化させない改造、オイル漏れなどの問題がなければ まず通ります。
不正改造でなく オイル漏れや水漏れ 排気ガスが規定内なら エンジン関係の検査は、まず通りますよ。

ただし 写真を拝見して 気になったのは、固定されていない点。
また 干渉部分を軍手らしき可燃物で覆っている点。
もし 振動等で、保護しているものが破れ マスターバック(制動倍力装置)につながる太い負圧ホースやその他のホース類 燃料系のパイプ ホース等に当たってしまったら非常に危険ですから ボルト等で確りと固定することをお勧めします。

位置からして その危険が今後考えられますから、是非この機会に固定して置いて下さい。

Qエンジン付近に付着したカーボンの汚れはどうしたら取れるのですか?

エンジン付近に付着したカーボンの汚れはどうしたら取れるのですか?

Aベストアンサー

エンジン内部ですよねー
分解清掃しないのなら
専用の燃焼洗浄剤を添加して 溶かして燃焼させマフラーから排出させるしかないです。
ワコーズRECSや バーダルの洗浄剤 スロットルバルブに チューブを繋ぎ
アイドリング状態で 専用のチューブで点滴のように 少しずつたらし 溶かし洗いします。
熟練したショップにやってもらうことになります。
7~8千円位かな。 ワコーズRECSは、白煙が出ます バーダル製は黒煙がドバーっと出ます。これがエンジン内部の汚れです。
この燃焼洗浄を行うと プラグもすすけるので 施工後プラグ交換した方が良いです。またエンジンオイルも汚れが移るので 早いうちにエンジンオイルとエレメントも交換です。
自分の場合 バーダルの燃焼洗浄をチューニングショップで5万km毎に行ってます。 エンジンが丸く回るようになり多感出来ますよ。

燃料系洗浄も 事前に ワコーズフューエル1を燃料タンクへ1本入れて洗浄すると良いですよ

ケミカル製品沢山ありますが まがい物が多いですが 技術の進歩もめまぐるしく 上記紹介しているケミカル品は、自分か何度も使い 体感しているもので お薦め出来ます。

エンジン内部ですよねー
分解清掃しないのなら
専用の燃焼洗浄剤を添加して 溶かして燃焼させマフラーから排出させるしかないです。
ワコーズRECSや バーダルの洗浄剤 スロットルバルブに チューブを繋ぎ
アイドリング状態で 専用のチューブで点滴のように 少しずつたらし 溶かし洗いします。
熟練したショップにやってもらうことになります。
7~8千円位かな。 ワコーズRECSは、白煙が出ます バーダル製は黒煙がドバーっと出ます。これがエンジン内部の汚れです。
この燃焼洗浄を行うと プラグもすす...続きを読む

Qカブのエンジンの50→110ボアアップについて

カブの49ccのエンジンにうちにある107ccのカブ系エンジンのヘッドを載せれるか検討しています。
そのまま、ヘッドとピストン周りだけで載せ代え可能でしょうか?
腰下もコンロッド等、総交換になるでしょうか?
載せ代えした事のある方、または検討した事ある方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

75ccにしておくのが無難だよ~。

Qフラッシングオイル

今、H6のセルシオ(UCF11)走行距離82000キロに乗っています。こないだATFを交換しました。次にフラッシングオイルを入れてオイル交換しようとおもいます。いつもオイルは3000キロ以内で交換しています(オートバックスで1番安いモノあと2回に1回はエレメントも交換しています)が効果は何かでるのでしょうか?タイヤとATFの交換をしても、燃費は全然変わりませんでした。できるだけ燃費をよくしたいのですが(最近振動もきになります)どの用なオイルを入れたらよいのか?何かアドバイスください。あまり車に詳しくないので宜しくお願いします。

Aベストアンサー

割とこまめにオイルメンテナンスをいている方のようなのでフラッシングオイルを使用しても、体感できるような効果は期待出来ないかもしれませんね、ただ、走行キロ数がある程度行っているので、フラッシングすること自体は良いかも知れません。フラッシングオイルとはエンジン内部(オイルの流れる所だけですが)のカーボンやスラッジを洗い流す効果があるもので、通常のオイルの成分にも含まれている洗浄剤や分散剤(汚れをオイル内に分散させておく成分)を高濃度に含んだオイルです。使用法としてはオイル交換前のオイルに適量を加え、数十分程度アイドリングさせるだけです。使用量は製品により異なりますので、製品の説明書に従ってください。

使用するオイルの品質ですが、指定されたグレード(使用説明書やエンジンルーム内に記載されています)以上で有れば価格やメーカーにこだわる必要はないでしょう。

ひとつ気になることがあります。それは振動に関してですがセルシオに搭載されている1UZ-FEエンジンは、非常に静粛性の高いエンジンで、正常な状態で有れば振動が気になるようなことは無いと思われます。燃費を悪化させるような振動の発生源として、一番疑いが高い部分として点火系統の劣化があります。点火プラグ・ハイテンションコード・ディストリビューターキャップ及びローターなどの点検を受けてみては如何でしょう。このような部分に以上が発生すると8気筒有る内のどこかのシリンダーだけ出力が低下するなどと言うことが起こり振動を発生します。また、当然その分だけ同じ出力を得るために余計に燃料を使用しますので燃費も悪化します。

割とこまめにオイルメンテナンスをいている方のようなのでフラッシングオイルを使用しても、体感できるような効果は期待出来ないかもしれませんね、ただ、走行キロ数がある程度行っているので、フラッシングすること自体は良いかも知れません。フラッシングオイルとはエンジン内部(オイルの流れる所だけですが)のカーボンやスラッジを洗い流す効果があるもので、通常のオイルの成分にも含まれている洗浄剤や分散剤(汚れをオイル内に分散させておく成分)を高濃度に含んだオイルです。使用法としてはオイル交換...続きを読む

Qエンジンコンディショナーでウォーターハンマー的現象

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいとは思っていましたが、
いつものセルが回る軽快な「チチチチ」という音ではなく、
「ドゥルン、ドゥルン」という感じで軽い上下振動を伴い
低い回転数で鈍く回転したのち、エンジンがかかりました。
セルがとまることはありませんでした。

これはエンジンコンディショナー排出不十分で起きた
ウォーターハンマー的な現象だと思うのですが、
車の状態は、距離にして50kmほどアイドリング回転数(600rpm程度)から
5000rpm程度(レッドは7000rpm)まで実走行してみましたが、
どの回転数でも異常振動など感じられず、吹け上がりもスムーズです。
アイドリングの不安定さも見られません。

気になるのは、今回のことでコンロッドがゆがんでしまったのではとか、
コンロッドの最弱部にダメージがのこり、数年のうちにエンジンブローにつながるのでは
と心配が残ってしまいました。

エンジン再始動時のクランキング時には、
音から判断して各気筒とも燃焼はしていなかったと思います。

今回の現象からエンジンダメージの程度予想をいただきたいのですが、
よろしくお願いします。
(気になるのはセルの力だけでエンジン各所にダメージをきたすことはあるのでしょうか。)

お世話になります。

予測・予想でも結構ですのでご回答いただけると助かります。

週末にマイカーのエンジンのプラグを抜き、プラグホールから
エンジンコンディショナーを5秒ほど全4気筒に吹き込みました。

その後5分ほど経過してから、プラグホールを開放したまま
セルによるクランキングを軽くやりました(近所迷惑を考えて1秒もしなかったと思います)。
そしてさらに数分置いてから、また1秒に満たないクランキング実施。

プラグなどを取り付けエンジン始動しようとしたところ、
エンジンはかかりづらいと...続きを読む

Aベストアンサー

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これはガソリン以外の燃料(もしくは不燃物)を含んだ状態の混合気に点火するために正常な燃焼とならずフィードバック機能も想定外の物質を含んでいるために正しく動作しなかった可能性があるため、一時的な異常な燃焼状態となったためでしょう。

実際にウォーターハンマーでエンジンが破損する場合は、ほぼ瞬間的に起こります。またガソリンエンジンでは比較的おきにくい現象です。これはガソリンエンジンは破壊を起こすフライホイールマス自体がそれほど大きくないこと、もともとの圧縮比がそれほど大きくないこと、燃焼室内や吸気管ないぶに水などの液体の進入が有ると点火ができなくなりエンジンの運転自体ができなくなるからです。そのためガソリン車は管水路に突っ込んだ場合などでもウォーターハンマーによるエンジンの破損は意外と起きないのです。一方ディーゼルエンジンではフライホイールマス自体が大きい上に圧縮費も高く、液体が混入しても断熱圧縮による温度が十分に上昇しある程度の空気が有れば燃焼を続けられるので、エンジン運転中に液体を吸い込むなどするとかなりの確率でコンロッドの折損やクランクシャフトの捩れなどの大きな損傷を受けます。


私の手がけた限りガソリンエンジンでのウォーターハンマーが原因でエンジン破損にいたった実例はガソリン車では、インテークマニホールドのガスケットが破損(組み付け不良)により、高速道路走行中に冷却水がシリンダー内部に流れ込み、コンロッドの折損およびシリンダーブロックの破損を招いた一例だけです。


まぁ、スターターで回せる程度であれば液体が残っていても何の問題も無いということです。

全く心配ありません。スターターモーターのトルク程度でコンロッドやクランクシャフトに損傷を与えることはありません。いわゆるウォータハンマーでのエンジン破壊は、運転中のエンジンに水などの液体が吸い込まれることで起こる現象で、運転中のエンジンの回転よるフライホイールマスが破壊のエネルギーとなります。スターターモーターにはそのような大きなエネルギーは有りません。また、始動直後の燃焼状態の変化はエンジン内部に残ったエンジンコンディショナーよるものと考えて問題ないでしょうけれど、これ...続きを読む

Q直噴エンジンの内部にたまるカーボンの除去について

トヨタのD4エンジンを搭載した車に乗っています。
走行距離も13万km近くなり時々アイドリングの不安定やノッキングが起こります。ディラーで調べてもらったところ、エンジンの内部にカーボンがたまっている事がわかりました。
特に空気の吸い込みバルブのあたりにたまりやすいらしく、分解してカーボンを取り除くと5万円位かかると言われ、非常に悩んでいます。
普通のエンジンならインジェクション用の添加剤やスプレータイプのクリーナーを使ってカーボンを除去する事も出来ると思うのですが、D4エンジンはシリンダーに直接燃料を噴射するタイプなのであまり効果が無いような気がします。
あまりお金を掛けずにカーボンを除去する方法を教えてください。

Aベストアンサー

#1、4です。
>オイルキャッチタンクはどこで売られているのですか?またどの位するのですか?

オイルキャッチタンクは、大型カーショップ(スーパーオートバックス等)なら在庫展示してあるかと思いますが、通常のカーショップあれば在庫展示はしていないので、注文と言う形になるかと思いますね。
金額はメーカーによりけりですが、クスコ製で1万円くらいです。
クスコHP ↓
http://www.cusco.co.jp/04ctl/04_ct.html

またネットで「オイルキャッチタンク」と検索すれば自作方法などが載っていますので、工作に自身がある方なら自作しても良いのではと思いますね。

参考URL:http://www.cusco.co.jp/04ctl/04_ct.html

Q水平対向エンジンはどうやって

一度も購入したことも、いじったことも、整備書見た事もありませんが水平対向
エンジンはどうやってメインベアリングキャップを締めるんでしょうか?
組み立て順もクランクにコンロッド・ピストン

着けてから両シリンダーを合わせる?感じ?結構なぞです。詳しい方御願いします。

Aベストアンサー

モナカ
http://minkara.carview.co.jp/userid/271921/car/165727/395405/note.aspx

Qエンジン内部のカーボン

よくカーボン除去のためとか、焼くためなとどいってエンジンを高回転まで回すというのをききますが、EFIで燃調を的確にとっている今のエンジンはまちがいではないのでしょうか?キャブのエンジンなら解かるようなきもしますが。 あと、普段から上まで回さないエンジンは本当に回らないエンジンになるともききましたが、どうなんでしょう?

Aベストアンサー

高回転でエンジンを回すのは適性範囲であればカーボン付着防止には効果ありです。
しかしあくまで防止であって固着したカーボンを除去するまでにはいたらないと思います。

EFIは優れた機能ですが急激なアクセルの踏み込みや、特に急激な戻しには対応出来ない場合があります。
信号などでアクセルベタ踏みで急加速をして急にアクセルを戻すような事をすれば不完全燃焼は当然起きます。

逆にカーボンを落とすのに高回転まで回すのは危険です
以前私の車にエンジン洗浄効果の高い添加剤を入れたことがあったのですが、洗浄効果が高すぎて除去されたカーボン・スラッジ等がオイルラインを塞ぎクランクシャフトの焼きつきが起こりエンジン換装となりました。

カーボンを取り除くのであれば取り除いた物がオイルフィルター等に吸着されまでは高回転は避けた方がよいです。

>普段から上まで回さないエンジンは本当に回らないエンジンになるともききましたが
昔の燃料制御がキャブレターなどのMT車でしたらそういう事はありましたが、変なアクセル操作さえしていなければ電子制御燃料噴射のAT車でしたらそういう事はないと思います。
MT車であれば5速で30Km/h走行などを繰り返していればそれこそエンジンにカーボンが溜まりまわり難くなる事はありそうですが。

ホンダのVテックなど高回転時のみ動作する機構を使っていなくて突然回すと動きが悪い事があるという話は聞いたことがありますが特殊な機構が無い限りエンジンの動く部品は回転が低くても高くてもほとんど変わりませんから違いは出ないでしょうね。
しかしターボチャージャーは回しておいた方が良いみたいですね一応オイルは回っていますがたまに回して上げると長持ちするそうです。

高回転でエンジンを回すのは適性範囲であればカーボン付着防止には効果ありです。
しかしあくまで防止であって固着したカーボンを除去するまでにはいたらないと思います。

EFIは優れた機能ですが急激なアクセルの踏み込みや、特に急激な戻しには対応出来ない場合があります。
信号などでアクセルベタ踏みで急加速をして急にアクセルを戻すような事をすれば不完全燃焼は当然起きます。

逆にカーボンを落とすのに高回転まで回すのは危険です
以前私の車にエンジン洗浄効果の高い添加剤を入れたことがあった...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報