エンジンオイルを入れるところから覗くとけっこう色々付着してるのですが
エンジン内部を丸洗いするわけにもいかないので。なにかいいほうほうないでしょうか?
あとフラッシングオイルをしてみたのですが、入り口付近は変わってないけど内部はちょっとはきれいになったのかな(・・?)
それとエンジンフラッシングっていうのはよいのかな?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

再び書かせて頂きます。


鉱物系と合成系では、化学合成の方がいい様です。
化学合成の中でも、100%と半化学合成とあり、100%の方がいい様です。
あと、自分の体験談を少し...。
AE86に乗っていた時に、ボクもエンジンオイルの汚れが気になり、フラッシングをした事があります。
ですが、前回書いた理由でフラッシングは止めました。
で、次にエンジンオイルを1,000km単位で交換してみました。
(1,000km~5,000kmの範囲で)
5,000km交換:明らかに汚れており、OIL交換後、エンジンのレスポンスとトルク感が元に戻る。
4,000km交換:5,000kmに同じ。
3,000km交換:汚れは5,000kmよりはマシかな?程度で、極端には変わらない。エンジンのレスポンス及びトルク感は余り変化を感じとれない。
2,000km交換:汚れは4,000kmよりはマシかな?程度。エンジンのレスポンス及びトルク感は余り変化を感じとれない。
1,000km交換:2,000kmに同じ。
以上の様にエンジンオイルはちょっと使っただけでも、すぐに汚れてしまいます。
ボクとしては、3,000kmを境に汚れ及びエンジン性能の変化を感じました。
それ以来は3,000km位で交換しています。
尚、AE86に搭載されている4A-Gは現在の4A-Gとは違い、アクセルレスポンスは非常に良いが、パワーが無い(ネットで120ps)エンジンでした。
よって、オイルの潤滑性能の劣化が非常に感じ取りやすく、また、走る時はエンジンレスポンスや車の挙動を感じ取るのが楽しかったのでよけいに感じたと思います。
今は180SXに乗ってますが、SR20DETでも同じ様に3,000kmを境に違いを感じています。
ただ、ボクは違いを感じるものの他の人が感じ取れるかとか、3,000kmで交換しないと壊れるかというとそれは無いでしょう。
メーカーの指示通りの距離で交換すれば壊れないと思います。
参考までにボクは半化学合成のオイルを3,000kmで交換しています。
高いオイルを使っていても、洗浄の意味でオイル交換時に安いオイルを入れると、混ざってしまうのがイヤだからです。
だからと言って、高いオイルで洗浄はもったいないです(というか金銭的にムリ)。
よって、程々の物をマメに交換しています。
ちなみにJAFのテストで、「安いオイルをマメに交換する」のと、「高いオイルでちょっと長めの期間で交換する」のはどちらがいいか?というのがありました。
結果は、「高いオイルでちょっと長めの期間で交換する」がいいでした。
理由は安いオイルは洗浄能力が低く、潤滑性能も低い、それに耐熱性も低いので、それよりは高いオイルを長めに使った方がオイルの性能的にはまだいいという事でした。
ただ、これも程度問題だとボクは思います。
    • good
    • 0

 エンジン内部は走行により確かに汚れて見えます。

が、それを放置しておいても、ハッキリ判る性能劣化は起こりません。

 オイルを頻繁に交換されるのは内部の見た目の汚れには効果的ですが、いつもレッドゾーンまで回してからシフトUPしている、サーキットしか走らない、など特殊な使い方をしていない限り、おクルマの取扱説明書に書かれているオイルチェンジサイクルで十分です。自動車メーカーではユーザーの方々の想像を絶する耐久試験を実施後市販していますし、そもそも指示通りやったら壊れる様な事をワザワザ取扱説明書に書くマヌケメーカーなど存在しません。

 結論と致しましては、自動車メーカー推奨のメインテナンスをお受けになっている限り、目に見える汚れも性能とは直接関係がないレベルなので気になさる事はありません、とゆぅところでしょうか。

 最後にフラッシングオイルについて。

 フラッシングオイルを推奨している自動車メーカーは、現在では多分無いのではないかと思います。
 フラッシングオイル自体がエンジンに良いか悪いかの判断も重要ですが、それより、これが残留してエンジンオイルに混ざる事が問題です。gt-four様の2度交換は非常に慎重なアプローチでうまい作戦ですが、しかし、1回余計に交換するだけで残留フラッシングオイルの影響が無視出来るところまで排出できるかどぅかは判りません。

 どぅしてもフラッシングをやりたい場合、新品の安オイルか、若しくは今までオイル交換時にあまったオイルを溜めておいてフラッシングに使いましょう(エンジンオイル自体にも汚れを吸着する能力があります。安いオイルでも新品なら、汚れた高級オイルより吸着性能が優れていると言えるでしょう)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しくありがとうございます。
オイルのランクが上がれば吸着もよくするのでしょうか?
たしかに汚れたオイルよりは全然とれますよね(笑)

お礼日時:2001/06/06 05:33

socさんもおっしゃってますが、私もフラッシングはあまり勧めません。


ただし、条件付きです。
 フラッシングオイルの主成分(主じゃなかったかもしれませんが)は
灯油だそうです。カーボン(スラッジ)を溶かすものですから、灯油や
それに近い有機溶剤であることは間違いないでしょう。もちろん、
エンジンを回すためのオイルも入ってはいるのでしょうけどね。
ですから、ある程度は綺麗になっていると思います。

 フラッシングをした場合、エンジン内部に若干フラッシング用のオイルが
残ります。フラッシングをした後、安いオイルを入れて少し走って、それから
ちゃんとしたオイルを入れると、フラッシングオイルの影響を取り除くことが
できると思います。

 ちなみに、ターボ車などはターボの軸の潤滑・冷却にもエンジンオイル
を用いており、フラッシングを行うとここにフラッシングオイルが残って
軸が焼き付くことがあるそうです。
 というわけで、ノンターボ車では、フラッシングの後に二度オイル交換、
ターボ車ではやらない方がいいと思います。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

NAですありがとうございます。
安いオイルですか。
SJオイルで安いのでいいのでしょうか?できたら毎回同じオイルのほうがやはり
よいのですよね・・・?

お礼日時:2001/06/06 05:28

フラッシングオイルは洗浄を目的にしているので、ある程度はきれいになっていると思います。


しかしながら、個人的にはフラッシングはお勧めできません。
洗浄する事が勧められないのではなく、その後の事です。
フラッシングした後はエンジンオイルを入れますよね。
そうすると、エンジンに残ったフラッシングオイルとエンジンオイルが混ざってしまうのがお勧めできない理由です。
混ざるとエンジンオイルにどんな影響がでるかが分からないですからね。
汚れたのを取るのは難しいので、汚れにくい様にする事をお勧めします。
例えば、洗浄効果の高いエンジンオイルを使うとか(簡単にいうと安物ではなく高級品ですね)、エンジンオイルをまめに交換するとかですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、さらに質問なんですが
鉱物系と合成系がありますがたいして問題はないのでしょうか?

お礼日時:2001/06/06 05:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンのスラッジをキレイにする方法。

H13年式のパジェロイオにのっています。以前、オイル交換の遅れで排ガスが白煙になり、ターボを丸々交換してしまいました。
その後、走行は問題ないのですがオイルの減りが早くなってしまっています。
オイルキャップもはずすとかなりスラッジがべっとりついています。
そこで自分でできるエンジン内部のよごれ、スラッジなどをキレイにする方法などはありませんでしょうか?(無謀な質問ですみません)

または、格安でエンジン内部のカーボンやスラッジをきれいに清掃して
くれるサービスなどありませんでしょうか。
詳しいかたいましたら教えてくださいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

とりあえず、
>内部洗浄というのは、どういったお店でやっているものなのでしょうか?
カーショップ(オー○バックスやイエ○ーハット)、チューニングショップ、修理工場などに置いてある場合が多いです。

さて、状況から察するにかなり症状が重いかと思われます。

・オイルの劣化を放置したことによりシリンダー内面が削れクリアランスが大きくなった。
・同じくオイルの劣化によりピストンリングが固着、さらにクリアランス大。
・燃焼室のガスがクランクケース内に漏れ(圧縮漏れ・ブローバイガス)さらにオイル劣化。
・このためオイルキャップ周辺にスラッジが付く。
・ブローバイガスの圧力によってオイルシールも当然押し出されオイル漏れを招く。
・このブローバイガスを吸気側に戻すことで燃焼させるのですが・・これが状況を悪化させます。
・カーボンが発生しシリンダ内部を汚し傷をつけます。
・当然のことながらターボも痛めます。

残念ながらまず下取り金額は付かないと思います。(付いてもかなり安くなる。)
本来、オーバーホールしなくてはならない状況です。
少しの間でしたらとにかくオイルとオイルフィルターをこまめに交換するしかありません。
エンジン洗浄は命取りになる可能性があります。(オイルがダダ漏れになるかも・・)
止めはしませんが、覚悟だけはして置いてください。
(良心的なところであれば、まずオイルパンなどのオイルシールの交換を勧められます。)

とにかくターボ車はこまめなオイル交換が必要です。

とりあえず、
>内部洗浄というのは、どういったお店でやっているものなのでしょうか?
カーショップ(オー○バックスやイエ○ーハット)、チューニングショップ、修理工場などに置いてある場合が多いです。

さて、状況から察するにかなり症状が重いかと思われます。

・オイルの劣化を放置したことによりシリンダー内面が削れクリアランスが大きくなった。
・同じくオイルの劣化によりピストンリングが固着、さらにクリアランス大。
・燃焼室のガスがクランクケース内に漏れ(圧縮漏れ・ブローバイガス)さ...続きを読む

Qエンジン洗浄剤の効果ってありますか?

エンジン洗浄剤の効果ってありますか?
16万kmも走った車ですので、ディーラーの人に勧められて、エンジン洗浄剤を入れました。
購入先は、ホームセンターです。
特に変わったことも無いけど、エンジンの調子は悪くないし分かりません。
果たして効果あるのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo3です。お礼ありがとうございます。
どうやら燃料添加剤でしたね。
昔から、キャブレターのクリーニング効果があるという燃料添加剤はありましたが、私はガソリンタンクの水抜き効果程度しか期待してませんでした。
電子噴射のインジェクターに代わっても同じです。
正直、この手の製品は気休めだとしか思えません。
たった1本の燃料添加剤でエンジンの調子が良くなるなら飛ぶように売れてます。
燃料添加剤の成分は大半がアルコールですので、ガソリンタンク内の水抜き効果はあると思います。
ガソリンタンク内の水抜きをしたと思えば無駄にはなってないです。

Qオイル交換、ディーラーorオートバックス、どちらが良い?

トヨタ車に乗っています。
エンジンオイル交換はディーラー、オートバックス、どちらが良いでしょうか?ちなみにオイルは純正オイルと決めています。

値段的、技術的、その他の面でどうでしょうか?

お願いします。

Aベストアンサー

ディーラーで整備士をしていました。
何度かオイル漏れするとお客様から相談されて点検すると、エンジンオイルのドレンボルトからの漏れで、原因は毎回交換する必要のあるドレンボルトのパッキンを再利用した事が原因でした。
あと、パッキンを交換しないので漏れをとめる為通常より強く締め付けた為ねじ山がなめてしまいオイルパンの交換をするはめになった事もありました。
ショップによってパッキンの交換をしない店もあるようです。
純正オイルを使うのなら安心感もあるディーラーの方が良いと思います。

Qエンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せ

エンジンの焼きつきってどんな症状で気がつくんでしょうか?また自分で直せないものなのでしょうか?

エンジンが焼きついたまま走るとどのようになるのでしょうか?またそのためにエンジンが焼きついた時の症状を教えてください。

また私には無理でしょうが、バイク屋に修理を頼まなくても自分で修理できるものなんでしょうか?
できるのであれば方法が載っているサイト等も教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因を特定しないと修理しても短期間で再発するでしょうし、2ストなどクランクまでダメージが有ることも・・・

又4ストでも同じで時には修理よりもエンジン載せ替えを洗濯する方が安くなることも有ります(カブのエンジンで知人の場合そうなりました)なお、バイクのエンジンから車のエンジンまで色々と修理経験は私も有りますがオーバーヒートや焼き付きは非常に高価な修理に成ることも有ります(時にはヘッドの交換まで)この辺りまで来ると付け焼き刃で修理なんてしない方が良いと思います(返って高く付くかも)

もし質問者が勉強だと思い実施されるならそのエンジンに寄っては色々と特殊工具なども必要になりますからきちんとした工具からそろえることになり、それだけで修理費用を上回る可能性も有ります(エンジンにも寄りますが)カブなどの単気筒ならともかく4気筒などは敷居が高いですよ(私も今では他の仕事をしているため触りたくないくらい)

なお、現在は自分の大型バイクの修理は(外車)していますが今までそろえた工具では駄目なことも有り時には工具探しからすることも有ります(今のところ大きいトラブルはないけど)簡単に書きましたが焼き付きといってもその原因も複数、トラブルの箇所も見ないと全ては特定しきれませんから少しづつ簡単な事から勉強した方が良いです。

焼き付きも症状が軽い場合抱きつきと表現する場合も有り、この場合エンジンが冷えれば取りあえず始動することが多いです、しかし、どのみちきちんと修理しないとエンジンは正常に無いために完全に焼き付く等の可能性が高く成ります。

又激しい焼き付きの症状であれば走行中でもエンジンがロックしてMTのバイクであれば転倒することも有ります、当然焼き付きをおこした状態ではクランキングも出来ません。

どちらの場合でもエンジンに寄りますがここで質問しているレベルだと修理は無理だと思います、まず原因...続きを読む

Q素人なので教えて下さい。車のマフラーから、、、

こんにちは!
早速ですが質問です。
この1週間位前に気が付いたんですが、マフラーから なんか黒い液体が(霧状に)出ているようなんです。
駐車場が白っぽいコンクリートなので 気が付いたんですが、ホント霧ふきでかけたような感じで。

で、気になったんで 3っ日程前に ディーラーに持っていって見てもらったんです。1時間半位の作業で けっきょく原因は定かにはなりませんでした。
プラグを交換したとは言っていたんですが、直接的に関係があるのかどうかはわかりません。
ディーラーの人はこれで様子見て下さいとは言うものの、その後 様子は変化してないんです。
このまま乗っていても 平気なものでしょうか??

車に関しての知識が ほとんどない素人なので、自分では判断できずに 書きこみました。

車に関して お詳しい方、どうぞアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

レギュラーガソリンなのかハイオクガソリンでも
違いは有ります。
レギュラーエンジンにハイオクは、入れてませんよね?
ハイオクは、燃えにくいので、カーボンが付きやすいです。

あと、運転の仕方によっては、あります。
高級車のように(笑)、エンジンの回転数を上げない運転をすると、カーボン溜まりやすいです。

騒音を気にしない場所で、エンジンの回転数を上げる
(空ぶかしでも可)
レーシングといいますが、1分程度続けてください。
たっぷり出ると思います。
スタートの時も
オートマだと”L”レンジで、
マニュアルだと 1・2速で、アクセルを踏んでください
くれぐれも、事故には気をつけて!

プラグの対応で直っても、マフラーに溜まったカーボンがまだ出るかもしれませんので、
しばらく様子みてください。という判断だと思います。

Q軽ターボ車のオイル交換のサイクルは?

軽ターボ車に乗っています。新車で購入して丸年、3万3千km乗りました。
説明書には「5000kmでオイル交換を」と書いてありますが、
カーショップに行くと「3,000kmで」と言われるし、
車に詳しい友人からは「5,000kmで十分」と言われるし、
中には「10,000kmでも大丈夫」という声もあるし・・・
ただ、新車時はカス(?)が出るからマメに、とのことだったので
今まではきっちり3,000km毎に交換していたんです。
エレメントも一回おきに交換しています。

私の愛車、本当は、どのくらいのサイクルで交換すべきなのでしょうか?
ちなみに、毎日90km位走り、しかも15分間は高速を走っています。
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなどは売り上げを上げたいがために短い目の交換を勧める。(3000キロ以下が多い)
2.ターボをガンガン効かせて峠を攻めるなんて走り方をする人たちは早く交換する。(1回で交換なんてのもあるみたい)
3.取り説ではふつう5000キロないし6ヶ月となっている。
4.とにかくオイルがきれいでないと気が済まないからメチャメチャ短いサイクルで交換し、それが良いと思っている人がいる。

等々が、使用条件などを抜きにしてごちゃ混ぜに語られるからでしょう。
 またオイルオタクっていう人種(あまり人のことは言えないです)もいて、それぞれに独自の交換サイクルを持っており、それを自信をもって語るっていうのもあったりしますからね。

 今の車の乗り方ですと非常に良い条件で使っておられると思います。
 おそらくエンジンを分解しても余分なカーボンの堆積もなく、シリンダー内もピカピカでしょう。
 ターボ車は熱的にオイルに負荷をかけますから、一般の車より交換サイクルを短くする必要はありますが、貴方のような使い方だったら純正クラス(以上)のオイルで取り説どおり(おそらく5000キロまたは6ヶ月の早くきたほう)の交換で全く問題ないと思います。

 交換サイクルに諸説あるのは

1.カー用品店、ガソリンスタンドなど...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q高いタイヤと安いタイヤ 性能実感

よろしくお願いします。

車は日産フーガ(3.5)。新車で購入。純正タイヤは225/55R17の東洋タイヤ製。
経年劣化によりヒビ割れ発生のため、交換。

タイヤショップに行き、同じサイズのタイヤをお願いしました。
タイヤに詳しくないので、日本かヨーロッパの有名メーカー製コンフォートタイヤであれば、その中から安い商品を選ぼうと思って行きました。

ですが、ショップの方からミシュランタイヤをゴリ推しされ、すごく高かったのですが買ってしまいました。
「Primacy HP」という製品です。

ただ静かさだけを追求した日本のコンフォートタイヤと考え方が全く違う。
欧州製高級車にも標準装着されるほど高性能。
ハンドリングも格段に良くなる。
などなど・・・。

で、実際に3000kmほど走ってみた感想ですが、たしかに少し静かになったと思います。
でも、交換前のタイヤが経年劣化で硬化していたから、当たり前だと思えるレベルです。
その他は、特に高性能を実感する事はないです・・・。
でも、安いタイヤと比べたら違いがあるんだろうなと勝手に納得。

ところが後日、同じ車に乗っている知人がタイヤ交換をしました。
スタンドで国内メーカー品であれば、一番安い物でいいよと注文したそうで。

装着したタイヤは住友ゴムの「ファルケンZIEX ZE912 」。
自分が交換する時、このタイヤもありました。値段はミシュランの半額以下でした。

全く同じ車なので、どのくらいタイヤの性能で乗り味が違ってくるのだろうかと試乗させてもらったのですが、全く違いを感じませんでした・・・。
高速も、山道も走ってみましたが、なんら相違点を実感できませんでした。

なんか、ファルケンでも良かったなぁ・・と思っている現状です。

その知人に、自分のミシュラン装着の車を試乗させたところ、「やっぱミシュランいいわぁ~!」とか言ってましたが、「何が良いの?」と質問しても、「全体的に。あと気分的に。」という抽象的な感想で・・。

同僚や友達からは「おお!ミシュラン買ったんだ!高かったでしょ!良いタイヤだよなあ!」とか、ディーラー担当者からも「いいタイヤ買いましたね!」と言われるのですが、何が良いのやらさっぱりわからないです。

自分の感覚が鈍感なだけなのかもしれないですが;;

それでタイヤの性能差というのは、どのような点から実感できるのかなど、ポイントを教えて頂きたく質問させていただきました。
よろしくお願いします。

よろしくお願いします。

車は日産フーガ(3.5)。新車で購入。純正タイヤは225/55R17の東洋タイヤ製。
経年劣化によりヒビ割れ発生のため、交換。

タイヤショップに行き、同じサイズのタイヤをお願いしました。
タイヤに詳しくないので、日本かヨーロッパの有名メーカー製コンフォートタイヤであれば、その中から安い商品を選ぼうと思って行きました。

ですが、ショップの方からミシュランタイヤをゴリ推しされ、すごく高かったのですが買ってしまいました。
「Primacy HP」という製品です。

ただ静...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!

元、某タイヤメーカー系ショップ勤務の整備士です。

少々長文です。 m(_ _)m

皆様がおっしゃられているように性能差は確実に
あります!!

まず、言えるのは日本の道路が世界的に見ても
トップクラス(推そらく世界1)の舗装技術を
誇っているということです!
摩擦、回転抵抗、消音性能、排水性、対摩耗・・・
などなど、安心で快適に生活する上で必要な要素は
すべて揃っているといっても過言ではありません。

日々、そういった研究を重ねている方や補修工事を
行っている方々の賜物だと思うと本当に頭がさがります。

そういった、軽自動車から大型車まで多種多様な車が
通行する環境にマッチした路面で
タイヤの性能差を"顕著に"体感できるか?
と言うと難しいかもしれませんね。

しかし冒頭にも記しましたが性能差は確実に
ございます。

お勧めはできかねますが、どうしても性能差を
体感したければ簡単なテストをすることで体感は
できます。
しかし、安全に配慮した上で、あくまで自己責任
での実施となりますのでご注意下さい。

その方法ですが、先ず、広くて車が安全に走行できる
駐車場の様なところを探します。
くれぐれも近隣に配慮してくださいね。

次に、ご友人の方とタイヤを2本だけ
交換します。
その際、右側もしくは左側だけを交換して
左右が別々な銘柄になる様に装着します。

作業終了後、必ず安全を確認した上で走行してみて下さい。

ロードノイズのテストであれば通常の走行を行うだけで
じゅうぶん、左右差を感じられると思います。

小さな段差のある様な場所であれば、乗り心地も
比較できます。

ブレーキの性能差を確認する場合は、多少 急ブレーキぎみに
ブレーキをかけてみてください。
伝達性能の良い方を支点に車はスピン気味になります。
(本来はABSなどを強制解除した上で、路面抵抗が少ない
ウエット時などに行うと、より顕著に性能差が現れます)

加速の場合は、その逆になります。

以上が簡単なテスト方法です。

テスト後、必ず元の状態にもどして走行してください。

実は以上のテストはタイヤの開発段階や新商品のテスト
(販売店を対象としたもので一般には、なかなか参加できません)
で行われる実際のテストと同様です。

その様なテストでは、もちろんクローズコースで安全を確保
した上、計測用の機器を取り付けて行いますので、くどい様ですが、
個人で行うのは安全面の問題や、お車にあたえる影響を
考えると、お勧めはできません。

推そらく質問者様も「そこまでやる必要はない」と思われる事
でしょうが、せっかく良いお買い物をしてもフラストレーション
を抱えたままなのは、お気の毒だと思いましたので・・・

又、この質問に限らずタイヤ性能の問い合わせを多々目にしますが
回答者様の主観が大きく本当に質問者様のメリットにつながる物は
少ないのが残念です。
車業界の職に従事している者としては悲しい限りです。

ちなみに、私が勤務していたのはミシュラン(オカモト)系列の
ショップではございませんが、優秀なタイヤであることは
存じております。

長文になりました上、本来の質問の趣旨から逸れているかもしれませんが
ご参考になればと思います。

是非、素敵なカーライフを!!

こんにちは!

元、某タイヤメーカー系ショップ勤務の整備士です。

少々長文です。 m(_ _)m

皆様がおっしゃられているように性能差は確実に
あります!!

まず、言えるのは日本の道路が世界的に見ても
トップクラス(推そらく世界1)の舗装技術を
誇っているということです!
摩擦、回転抵抗、消音性能、排水性、対摩耗・・・
などなど、安心で快適に生活する上で必要な要素は
すべて揃っているといっても過言ではありません。

日々、そういった研究を重ねている方や補修工事を
行っている方々の賜物だと思う...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング