日本語を勉強中の中国人です。資料をもらった丁寧な返事の書き方として、下記の五つの日本語はみな自然な日本語に聞こえますか。それぞれどのような時に使うのか教えていただけませんか。これらの言葉の違いがよくわかりません。

1、資料、お受け取りいたしました。
2、資料、いただきました。
3、資料、受領いたしました。
4、資料、拝受いたしました。
5、資料、領収いたしました。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

1、資料、お受け取りいたしました。



「受け取る」は、「自分の中で完結する動作」と捉えるほうが自然です。
つまり、「相手に向かう動作」ではないので、「お~いたす」という謙譲表現の型を使うと不自然になります。

2、資料、いただきました。

一応、自然な表現と言えます。

3、資料、受領いたしました。

品物や金銭を受け取った場合の表現なので不自然です。

4、資料、拝受いたしました。

「受け取る」の謙譲語なので、敬語としては、もっとも正式の表現です。
ただ、若干、堅苦しいニュアンスになりますので、相手やシチュエーションに応じて使い分けをなさると良いでしょう。

5、資料、領収いたしました。

金銭を受け取った場合の表現なので、不自然です。

6.(ex)
・ご送付いただいた資料(は)、たしかに拝受いたしました。
・ご送付いただいた資料([ は / が ])、間違いなく手元に届きました。
・ご送付いただいた資料(は)、たしかにいただきました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご親切に教えていただきありがとうございます。大変参考になりました。1についてはこれ以上追求するつもりがないので、今回はこの辺で。失礼いたしました。おかげさまで、今回のわたしの質問はすでに順調に解決できました。ありがとうございました。

お礼日時:2014/04/18 20:20

#6です。



またまた訂正です。
申し訳ありません。

×
、「言う」「受け取る」という自分の行為が、「相手の言ったこと」「相手のくれたもの」に向かう動作である、と解釈することが全くできないわけではありません。


、「分かる(理解する)」「受け取る」という自分の行為が、「相手の言ったこと」「相手のくれたもの」に向かう動作である、と解釈することが全くできないわけではありません。
    • good
    • 1

#4です。


sobatya_cnさん、横レスになりますがご容赦ください。
冷静な言葉での応酬は有益なはずです。
異議を申し立てた#5さんは、論点を深く追求しようとする真摯な精神の持ち主であることは明らかであり、わたしとしては敬意を表しつつ回答させていただきます。
あなたの質問にも直結することなので、ご理解いただけることでしょう。

> もう一つの、「受け取る」が自己完結する語だとおっしゃるのは、始めて聞いたことでびっくりしたのですが、多分「分かる」などがそうであるように、「分かりました」としか言えない(「お分かりしました」は不可)のような語をそう表現されたと思います。

そのとおりです。

>「お分かりになる」のように尊敬語の言い方にはなるのに、謙譲語の言い方はない。このような語は「あるく」「生まれる」など、言ってしまえば自動詞ですね。「受け取る」は他動詞と思いますが、いかがでしょう。

まず、「分かる」は「理解する」と同義の場合、他動詞だと思います。
その上で申し上げると、他動詞だからといって必ずしも謙譲語1が適用可能ということにはならない、と考えます。
「話す」「持つ」「伝える」などは、基本的に謙譲語1が適用可能ですが、今回懸案の「分かる」「受け取る」などは、それが極めて難しい言葉だと思います。

たしかに、相手の言うことを分かる(理解する)、相手のくれたものを受け取る、という状況で使われるので、「言う」「受け取る」という自分の行為が、「相手の言ったこと」「相手のくれたもの」に向かう動作である、と解釈することが全くできないわけではありません。
こう解釈すれば謙譲語1も適用できるわけですが、しかし、「分かる(理解する)」「受け取る」という動詞が意味するものは、「何を分かる(理解する)のか」「何を受け取るのか」よりも、「分かる(理解する)」「受け取る」という自分自身の行為自体に重点が置かれた言葉だと捉えるのが適切だろうと思うわけです。
「お受け取りいたしました」は、「耳慣れない」ということではなく、よほど特殊な状況でもないかぎり誤った表現になる、ということです。
これを可能とするのであれば、その特殊な状況を提示した上で述べる必要があると思います。(しかし、今回の場合、それを敢えて挙げてまで述べる意義はほとんど無いというのが、わたしのスタンスですが)
他で言えば、そうですね、「ご了解(いた)しました」なんかも、ほぼ同類かな、という気がしますね。
「了解する」という自分の行為の向かう先は、たしかに「相手の言ったこと」なわけですが、それよりも、【自分自身が了解した、という要素の強い表現】なので、謙譲語1の適用はそぐわない、と判断するのが妥当でしょう。
  
    • good
    • 0

 回答者どうしが批判しあうのはあまり好みませんが、二つの点でわたしの考えが否定されました。

一つは「二重敬語」についてですが、これはわたしの考えちがいでした。結果的に「二重敬語」は関係ないことになります。「謙譲語I」の敬意の対象になる人と「謙譲語II」の聞き手として敬意の対象となる人とが同一人であり、使い方としては間違っていません。

 もう一つの、「受け取る」が自己完結する語だとおっしゃるのは、始めて聞いたことでびっくりしたのですが、多分「分かる」などがそうであるように、「分かりました」としか言えない(「お分かりしました」は不可)のような語をそう表現されたと思います。「お分かりになる」のように尊敬語の言い方にはなるのに、謙譲語の言い方はない。このような語は「あるく」「生まれる」など、言ってしまえば自動詞ですね。「受け取る」は他動詞と思いますが、いかがでしょう。

もっとも、謙譲語Iには、「お~する」のような一般的な型にはまった言い方をするものと、個々の語に独自の言い方をするものがあります。後者の例は「見る」に対する「拝見する」のようなものですが、この「受け取る」も、すでに使われている「拝受する」があるので、「お受け取りする」は耳慣れないし、適当な言い方ではないとは思います。その点は、外国人といえども注意いしておくべきだと思います。この人たちは少しでも多くの言い方を揃えようとする傾向がありますね。
    • good
    • 1

#2です。



再びすみません。
ちょっと補足させてくださいね。
二重敬語に関しては、文化審議会(敬語の指針 30ページ)で、
『一つの語について,同じ種類の敬語を二重に使ったものを「二重敬語」という』と定義されています。
http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/pdf …

たとえば、sobatya_cnさんが社長に対して、「わたしが先生に話します」と言ったとすれば、これは、先生に対する敬意が示されていません。
「話す」という自分の行為が、敬意を示すべき相手(先生)に向かうものなので、「お~する」という謙譲語1の型を使って、「わたしが先生にお話しします」と言う必要があります。
ただ、このようにしても、先生に対する敬意は示されていますが、話している相手(聞き手)である社長に対する敬意は示されていません。
聞き手に対する敬意を示す場合には謙譲語2をつかいます。
「する(します)」の謙譲語2は、「いたす(いたします)」です。
これを使って、「わたしが先生にお話しいたします」と言えば、先生にも社長にも敬意を示していることになります。
この場合、「お~する」は謙譲語1であり、「いたす」は謙譲語2です。
つまり、【同じ種類の敬語】を二重に使っているわけではないので、二重敬語にはなりません。

「お受け取りいたしました」の場合も同様で、二重敬語という理由で不適切になるわけではありません。
あくまで、「受け取る」という自分の行為が、「相手に向かう動作」ではないので謙譲語1を使うことはできない、という理由で間違った表現になるのです。
ですので、「いたす」を使わずに「お受け取りしました」と表現しても間違いになります。
  
    • good
    • 0

「お受け取りいたしました」についてのみ。



 これは「お受け取りしました」という謙譲語の形に、加えて「する」の部分を「いたす」という謙譲語にしています。言わば「二重敬語」の例と言えるかも知れません。
 しかし、文化審議会が出した「敬語の指針」という答申によれば、

『「二重敬語」は,一般に適切ではないとされている。ただし,語によっては,習慣として定着しているものもある。』
 (http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/soukai/pdf … の30ページ)
 
 と書かれています。この場合もその例に当てはまるなら、OK のように思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2014/04/18 20:22

「お受け取り致しました」→変です。

「お」を「受け取る」につけていますから、自分に敬語をつけていることになります。

「いただきました」→一番自然だと思います。

「受領いたしました」→書き言葉です。

「拝受いたしました」→同じく書き言葉、たいへん丁寧な感じです。

「領収いたしました」→領収書以外ではあまり見ない書き方です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のご回答ありがとうございます。いろいろ参考になりました。

お礼日時:2014/04/18 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qメールでの敬語の使い方

 企業の方へメールを送る際ですが、敬語の使い方に自信がありません。
こちらから企業へ、質問やセミナー申込みのメールを送る際ですが、
件名に"○○に関するご質問"、"会社説明会のお申込み"という敬語の使い方は、正しいのでしょうか。
 それとも、この場合は「ご」や「お」を使用しなくてよいのでしょうか。  
 また、「返信」を丁寧語にする場合は、ご返信とお返信のどちらが正しいのでしょうか。。
 お恥ずかしいのですが、このように、敬語の使い方に自信がありません。 どなたか、ご指導よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

自分がする行為には丁寧語にしないのはお分かりになったと思います.

ご参考までに,
件名の"○○に関する質問"、は,「○○について(質問)"とやります.最近はタイトルに,~の件とはしなく,~についてが通常となりました.そして後ろに括弧書きで内容が分かるように記載します.

返信の事ですが,質問すれば返事来ますので,ご返信をお願い致しますは要らないと思います.(督促がましいですね.)
(お願い致します より,お願い申し上げます の方が目上の方にはいいと思います.)

Q親切丁寧・懇切丁寧

親切丁寧・懇切丁寧
 親切丁寧という言い方をよく見聞きしますが,慣用句としては懇切丁寧が正しいと思います。「親切・丁寧」なら良いのでしょうか。

Aベストアンサー

 懇切丁寧はよく使いますね。
 いわれてみれば、親切丁寧ってどうも座りが悪いですね。
 でも使わないこともないし、中黒“・”をはさむ必要もないのではないかと存じます。
 つまり懇切丁寧も、親切丁寧もそれぞれの場面では使う可能性はあることばだと存じます。
 後者に中黒“・”をはさむのは書き手のはんだんでしょうが、私は必ずしも入れるべきだとも思いません。

Q敬語の使い方に自信はありますか?

皆さんは自分の言葉使いに自信はありますか?

例えば敬語です。
世間では本当に間違った敬語の使い方をしてる人が多いですよね。
一流企業の受付ですらそうです。
そういう私も敬語はあまり分かりません。
皆さんはいかがでしょうか?

Aベストアンサー

無い。
極力丁寧に使おうとはしているが文法的にも変かもしれない。

Q「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」との違い

「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」との違い
「ご丁寧に」と「ご丁寧な事に」との違いがありますか。
あれば、いつ「ご丁寧なことに」を使いますか。
何方か教えていただけませんか。

宜しくお願いします

Aベストアンサー

通常、「ご丁寧に」とすると、“相手に対する感謝や、自身の至らなさに対して先方に侘びたい気持ちがあるときに使われます”が、「ご丁寧なことに」としたときは、“相手の行為の丁寧さに対して不満の意を表明して使われる”ことが多いです。

その様に、「ご丁寧なことに」は先方に対して、“必要以上に丁寧で嫌みである”、“くどい”、“わざわざ”ということを暗にほのめかしたり、“嫌み”で使われることが多いのです。
ですから、「ご丁寧に」との違いを考えたときは、「相手に対し不快感や迷惑な感情を持っていることを暗に強調したいときに使われる表現」だと言えます。
また、「ご丁寧なことに」を他の言葉で言い換えるなら、「慇懃無礼にも」とか「悪丁寧にも」と表現できます。


題目のそれぞれの用例ですが、

1)「あなた見て。ほら、ご丁寧に○○さんから残暑見舞いの葉書が来たの。お孫さんの写真付きよ。先日、お中元まで頂いたのに(こちらは、いただくばかりで気が利かずに申し訳ないわ)。」

2)「あなた見て、ほら、ご丁寧なことに○○さんから残暑見舞いの葉書が来たの。お孫さんの写真付きよ。先日、お中元まで頂いたのに(わざわざ写真なんか、孫の自慢がしたいのね)。」

1,2それぞれ( )で言葉を補いましたが、「ご丁寧に」と「ご丁寧なことに」では、同じ文章でも、そのぐらい印象が違います。
ご丁寧な「こと」とすると「余計なこと」といういう悪いイメージが付加されてしまいますので、使わない方が良いです。


他にも注意点があります。

「まあ、○○さんのお仕事はいつみてもご丁寧なこと」と言い切ると、
  「ご丁寧なこと」=「見事である」
と、そのまま褒め言葉になりますが、「ご丁寧なことに」と「に」が後ろに続いてしまうと、それとは別の反語的な感情が付加されてしまいます。
そういった点からも、「ご丁寧に」にも、「ご丁寧なことに」ほどではないけれど、場合によっては悪いイメージを相手に持たれることがあるので、使うときは注意が必要です。
「ご丁寧に、ありがとうございます」と、省略せずに言った方が、誤解無く感謝の気持ちが伝わります。

通常、「ご丁寧に」とすると、“相手に対する感謝や、自身の至らなさに対して先方に侘びたい気持ちがあるときに使われます”が、「ご丁寧なことに」としたときは、“相手の行為の丁寧さに対して不満の意を表明して使われる”ことが多いです。

その様に、「ご丁寧なことに」は先方に対して、“必要以上に丁寧で嫌みである”、“くどい”、“わざわざ”ということを暗にほのめかしたり、“嫌み”で使われることが多いのです。
ですから、「ご丁寧に」との違いを考えたときは、「相手に対し不快感や迷惑な感情を持っていることを...続きを読む

Q敬語の使い方についてお尋ねです。

敬語の使い方についてお尋ねです。
相手からなされる行為での「ご案内」「ご依頼」・・・には敬語として「ご」をつけますが、自分からの行為は「ご」をつけるのは間違いでしょうか?
相手に対して「ご案内いたします」と普通に使われます。では、相手に何か依頼する文書を発送する場合、「ご依頼です」という使い方は間違いでしょうか?
「お願いします」の「お」も自分からなす敬語だと思いますし。

ご教授願います。

Aベストアンサー

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なのですが、現代では許容範囲とされています。)

もとの語は「案内」(名詞)“を”「する」(動詞)となります。
相手に対して敬意を示す意味での敬語(尊敬語もしくは謙譲語)としては
動詞を変化させます。
この文の主語は「私」ですので「する」は謙譲語として「いたす」もしくは「させていただく」と変化します。
一方、名詞は相手に敬意を示す為にそのものの形を変化させることはありません。
あくまでも丁寧さと美しさをあらわす意として「案内」を「ご案内」と美化しています。
つまり「案内をする」の正しい敬語表現は
「(私が)ご案内をいたします」「(私が)ご案内をさせていただきます」となります。

これをふまえて。
「(これはあなたへの)依頼です。」を敬語に変えるならば、
「依頼」は名詞ですので、美しく「ご依頼」に出来ます。
(しなくてもOKです。)
大切なのは動詞「です」を変化させ「でございます」にすることです。
すなわち「(ご)依頼でございます。」が正解です。
※主語が人ではなく物ですので、尊敬・謙譲はありません。
ただ、「これはあなたへの依頼です」というのは
ビジネス的にはあまり使わない言い回しではあります。
「(私はあなたに)ご依頼をさせていただきます。」
あたりが良いのではないでしょうか。

おまけですが、「お願いします」も先の例にならい
「(私はあなたに)お願い(名詞)“を”する(動詞)」の
「を」が省略された形です。
この文の主語は「私」ですので、謙譲語の表現としては
「お願いをいたします」「お願いをさせていただきます」が適切です。

「ご」や「お」は一般的に「美化語」と言われるもので、
名詞をていねいに美しく飾るものです。
「ご」は元々中国から伝わってきた「漢語」につき(例外多数)、
「お」は日本で発生した「和語」につきます(例外少数)。
名詞の美しい飾りですので、自分側にも他人側にも使用できます。

例に挙げられた「ご案内いたします」ですが、
本来は「(私が)ご案内をいたします」が正しく、
「を」が省略されて定着したものです。
(厳密に言えば「を」を除いたことで二重敬語となり、
 不適切な敬語なので...続きを読む

Q「物をもらう」の丁寧語は?

「物をもらう」「様式をもらう」「計算機をもらう」等、一般的に口から出る言葉がありますが、これらを丁寧語に置き換えるとなんという丁寧語になるのでしょうか。ご存じの方おりましたら教えてください。

Aベストアンサー

尊敬語や謙譲語じゃなくて丁寧語ですか?でしたら「もらいます」になります。
尊敬語だと「もらわれる」か「おもらいになる」
謙譲語なら「頂く」「ちょうだいする」「賜る」です。
丁寧語だと「もらいます」です。

Q敬語の語源や由来、間違った使い方などを教えてください。

社会人になって改めて敬語の難しさを思い知ったのですが、その反面敬語について色々と知りたくなりました。

「敬語」は言葉の通り、敬う時に使う言葉だと思うのですが、そもそもいつ頃から使われるように
なったのでしょうか。また、語源や由来などのエピソードをご存知の方教えてください。

そして、本当は間違っている使い方なのに、現代では正しい表現、使い方と定着してしまった敬語はありますか?

どんな情報でもいいのでよろしければ教えてください。

Aベストアンサー

歯医者さんの接客マナーのサイトに次の様な問いが載ってました。
 問 『どうぞ、お座りください。』は正しい表現方法でしょうか?

http://www.dentalsupport.co.jp/archives/08web/?s=top 接遇マナーセミナー008【敬語、間違いやすい敬語表現】

正解は『どうぞ、お掛けください。』だそうです。【お座り】は犬に命令する時につかう言葉の印象が強いため、人に対しては使えないそうです。
 その他には、【あちらで伺ってください。】【お申し出ください。】が載ってます。

 私個人としては、過去形で話されるのが気になります。喩えとして『○○さんのお母さんってお優しい方だったんですね』って『勝手に殺すするなって、まだ生きてるよ』って言いたくなります。

Qお客様に仕様を理解・了承してもらう為の丁寧な文章を教えてください。

お客様に仕様を理解・了承してもらう為の丁寧な文章を教えてください。

お客様に、「システムの仕様だ!」を理解してもらう文章を書いているのですが。
⇒「~を使うと、表示しないからね!」を伝える文章
疑問に思ったので質問させていただきます。

・~をご利用の際に、影響があることを了承して頂いております。
 ※~制限事項参照
・~をご利用の際に、影響があることをご理解して頂いております。
 ※~制限事項参照

私の中では、これくらいしか思い浮かびませんでした。
他に良い案、または訂正して頂けると勉強になります。

どうかご教授宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

~を利用なさいますと、表示に影響がございます。
あしからずご了承くださいませ。
詳細につきましては、「~制限事項」をご一読くださいますよう
お願いいたします。

「了承して頂いております」「ご理解して頂いております」
と書いてしまうと、お客様に「ワシは了承した覚えはない!」
「今まで誰に理解してもらったんだ、言ってみろ!」等、
相手に突っ込みドコロを与えてしまいます。
「あしからずご了承くださいませ」だと、
「了承してね。悪く思わないでね。(有無を言わせず)」となります。

※尚、「ご理解して頂いております」は二重敬語でNGです。
(ご理解いただいております/理解していただいております)

ここで顧客応対のツボを少々。
顧客応対(特にクレーム)の際には、「下さい→ください」
「頂く→いただく」「致します→いたします」のように
当たりの柔らかいひらがなを用いた方がよろしいかと思います。

「~参照」のように漢字の体言止めだと威圧感を与えますので
「ご参照くださいませ」「ご参照をお願いいたします」のように
命令ではなくお願いをする優しい言葉を用いましょう。

~を利用なさいますと、表示に影響がございます。
あしからずご了承くださいませ。
詳細につきましては、「~制限事項」をご一読くださいますよう
お願いいたします。

「了承して頂いております」「ご理解して頂いております」
と書いてしまうと、お客様に「ワシは了承した覚えはない!」
「今まで誰に理解してもらったんだ、言ってみろ!」等、
相手に突っ込みドコロを与えてしまいます。
「あしからずご了承くださいませ」だと、
「了承してね。悪く思わないでね。(有無を言わせず)」となります。

※尚、「ご...続きを読む

Q敬語の使い方

あまりにも初歩的な質問で恥ずかしいのですが、
動詞に「ご-」「お-」をつけて敬語とする場合は、
相手の動作に対して使うべきでしょうか、
自分の動作に対して使うべきでしょうか?

例えば、
(1)Aさん、私に有能な弁護士をご紹介下さい。
(2)Aさん、私が有能な弁護士をご紹介します。

どちらが正しい敬語の使い方でしょうか?
(敬語の使い方を分りやすく紹介しているサイトが
ありましたら教えていただければ助かります。)

Aベストアンサー

>初歩的な質問
ではないと思います。
間違って使われている例が多いと思います。

「御」をつけるときを下記の通り分けることが出来ます。

【一】他人の行為に対して、尊敬の意をあらわす。
【二】自分の行為が他人に及ぶ場合、その他人を敬い、自分の行為をへりくだっていう。

(1)の場合、【一】に相当します。
(2)の場合、【二】に相当します。

なので、(1)も(2)も合っていると思います。

Q「私は日本語を勉強している(勉強中の)中国人です」は自然な日本語だと思われますか

 私は中国人です。いま日本語を勉強しております。次の二文は自然な日本語であるかどうか、皆様のご意見をお聞かせください。

1.私は日本語を勉強している中国人です。
2.私は日本語を勉強中の中国人です。

 簡潔な表現が好きなので、「私は中国人です。いま日本語を勉強しております」を上記のような構造に縮めました。縮めた後、それは違和感を覚える表現になるのでしょうか。

 また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ大変あり難いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。いつもお返事を有難うございます。

ご質問1:
<縮めた後、それは違和感を覚える表現になるのでしょうか。>

なりません。

1.ご質問にある1、2どちらの表現も一般的で、文法的にも正しく、好感の持てる表現です。

2.2の方がやや軽く、カジュアルで口語的なニュアンスがあります。

3.一方、日本語も他の言語と同様、伝えたいことを先に持ってくるとわかり易いので、以下のような表現もいいと思います。
例:
「私は中国人です。今、日本語を勉強しています。」
と2文に切っても、ちょっと間をおけば固く重い感じにはなりません。

やや軽い口調になると
「私は中国人で、今、日本語を勉強しています。」
になります。


ご質問2:
<また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ大変あり難いです。>

まわりで、これほど完璧な日本語を操れる外国人を知らないほど、正確な日本語を使われると思います。

このご質問文では、以下の点に注意されるといいでしょう。

1.「~を上記のような構造に縮めました。」

(1)「構造」という表現は、文章や文法ではあまり使いません。通常は「構文」になります。

(2)「(文を)縮める」という表現も一般的ではありません。この場合なら「手短かにする」「簡潔にする」などが適切です。
例:
「~を上記のように手短かにしてみました。」
「~を上記のような簡潔な文にしました。」
「~を上記のように簡潔にしてました。」

(3)他にも「変える」「置き換える」「する」「改める」「省略する」「まとめる」なども文脈によって使えます。
例:
「~を上記のような構文に変えてみました。」
「~を上記のような構文に改めました。」
「~を上記のように手短かにしてみました。」

2.「~あり難いです。~お願いいたします。」:

これらの熟語は漢字でそろえた方がいいと思います。(義務ではありませんが)
例:
「有難い」「有り難い」(どちらでも可ですが、個人的には前者を指示)
「お願い致します」

3.後は完璧で直すところはありません。いつも感服しております。これからも益々精進されて下さい。

以上ご参考までに。

こんにちは。いつもお返事を有難うございます。

ご質問1:
<縮めた後、それは違和感を覚える表現になるのでしょうか。>

なりません。

1.ご質問にある1、2どちらの表現も一般的で、文法的にも正しく、好感の持てる表現です。

2.2の方がやや軽く、カジュアルで口語的なニュアンスがあります。

3.一方、日本語も他の言語と同様、伝えたいことを先に持ってくるとわかり易いので、以下のような表現もいいと思います。
例:
「私は中国人です。今、日本語を勉強しています。」
と2文に切...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報