サラリーマンの妻ですが、代表社員として合同会社を立ち上げようと考えています。現在、サラリーマンの主人の扶養に入っています。当面は給与はゼロの予定ですが、それでも代表になると、第3号ではなくなり扶養から外れ、配偶者控除は受けられなくなるのでしょうか?
またもし、主人が代表になり私が報酬ゼロで業務執行社員になった場合はどうなるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

長いですがよろしければご覧ください。



>…当面は給与はゼロの予定ですが、それでも代表になると、第3号ではなくなり扶養から外れ、配偶者控除は受けられなくなるのでしょうか?

あいにく、「【健康保険の】被扶養者」「【国民年金の】第3号被保険者」「【税法上の】控除対象配偶者」のそれぞれの要件を混同されてしまっているようです。

以下、個別の解説です。

*****
○【健康保険の】被扶養者の要件

「健康保険の被扶養者」の資格は、(当然ながら)【健康保険の被保険者(加入者)】は取得できません。

「合同会社」は「法人(強制適用事業所)」ですから、【原則として】「代表社員1人」でも「健康保険(と厚生年金保険)の被保険者」になります。

しかし、【実務上は】、「報酬(給与)0円」の場合は「加入したくても加入できない」ことになります。

ですから、「法人の代表だが健康保険の被保険者とはならない」場合は、【現在加入している健康保険の保険者(保険の運営者)がどう判断するか?】によって「被扶養者の資格が維持できるかどうか?」が決まることになります。

『合同会社(LLC)設立後の社会保険・労働保険に関する届出について|合同会社設立.net』
http://www.llc-kobe.net/hoken/
『適用事業所と被保険者|日本年金機構』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp …
※「厚生年金保険」と「健康保険」の加入要件は原則として同じです。

『社会保険に加入するべきか?|会社設立Web』
http://www.gyouseishosi.org/kaishasetsuritsu/kai …
>>法人の場合、社会保険には強制加入義務があります。
>>しかし、次の場合には加入したくても加入できません。
>>1.取締役だけの会社で、従業員を雇用していない。かつ、取締役の役員報酬(給与)が発生していない場合…

『公的医療保険の運営者―保険者』
http://kokuho.k-solution.info/2006/01/post_1.html
『けんぽれん>自分が加入している健康保険組合がわかりません。どのように調べればよろしいですか?』
http://www.kenporen.com/faq/index.shtml
※「健康保険の保険者」は、1,400以上存在します。

---
ちなみに、【法律上は】、「健康保険の被扶養者」は、「主としてその被保険者により生計を維持するもの」と定義されています。

『健康保険法』
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/T11/T11HO070.html
>>(定義)第三条
>>7
>>この法律において「被扶養者」とは、次に掲げる者をいう。…
>>一 被保険者…の直系尊属、配偶者…、子、孫及び弟妹であって、主としてその被保険者により生計を維持するもの

ですから、「健康保険の保険者」が、「主としてその被保険者により生計を維持するもの」と判断するかどうかで、「被扶養者に認定されるかどうか?」が決まります。(「年間収入130万円未満」などの数字は、あくまでも【国が示した目安】です。)

ということで、「自ら事業を行もの(事業主)は被扶養者には認定しない」あるいは「条件付きで認定する」という方針の保険者も少なくありません。

(事業主は認定しないとする例)『JFE健康保険組合>被扶養者認定チェック』
http://www.kenpo.gr.jp/jfekenpo/kon/huyou/check. …
(条件付きで認定する例)『公文健康保険組合>被扶養者になるための条件』
http://kumon-kenpo.or.jp/hoken/kazoku_joken.html
>>[事業を営む家族(自営業者)]の項を参照

なお、前述のように、「法人の代表は健康保険(と厚生年金保険)の被保険者になる」のが「原則」ですから、「法人の代表は被扶養者に認定しない」という方針の保険者があってもおかしくはありません。

---
(備考)

多くの「保険者」は、「被保険者の自己申告」や「提出を求めた書類」によって「被扶養者資格の確認(検認)」を行っています。

そのため、【被保険者が申告し忘れた】場合は、「被扶養者が(無報酬の)法人の代表になった」ことまで把握するのは難しく、結果として「被扶養者資格が取り消されないまま」になる可能性は高いでしょう。

なお、「法人の代表でも被扶養者に認定する保険者」であれば問題ありませんが、そうではない場合は「事実が明らかになった時点まで遡及削除」となることもあります。

(協会けんぽの場合)『被扶養者資格の再確認について』
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g5/cat590
(公文健康保険組合の場合)『被扶養者状況確認調査のお知らせ』
http://kumon-kenpo.or.jp/hoken/chosa.html

(参考)『被扶養者資格が遡及して取り消された(8)健康保険被扶養者遡及加入』(2012/08/03)
http://ameblo.jp/personnelandlabor/entry-1132201 …

*****
○【国民年金の】第3号被保険者の要件

「国民年金の第3号被保険者」の資格については、「日本年金機構」が認定を行なうことになっていますが、【実務上は】、個別の認定(審査)はほぼ行われていません。

なぜかと申しますと、「健康保険の被扶養者に認定された配偶者は、主として第2号被保険者の収入により生計を維持している者(被扶養配偶者)として取り扱う」という「運用上のルール」があるためです。

結果として「健康保険の被扶養者に認定される」→「同時に国民年金の第3号被保険者にも認定される」という運用がなされています。

※『○国民年金法における◆被扶養配偶者の認定基準の運用◆について(昭和六一年四月一日)(庁保険発第一八号)』によって運用方針が示されています。

(参考)『被扶養者資格が遡及して取り消された(9)国民年金第3号被保険者該当申立書・扶養事実証明書』
http://ameblo.jp/personnelandlabor/entry-1132280 …

*****
○【税法上の】控除対象配偶者の要件

「税法上の控除対象配偶者」の要件は、「法人の代表かどうか?」や「加入している社会保険の種類」とは【無関係】です。

具体的には、以下のリンクにある「4つの要件」さえ満たせば、「控除対象配偶者」となります。

『配偶者控除|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1191.htm

なお、「配偶者特別控除」についても、「納税者自身の合計所得金額」に条件があるだけで「考え方」はほぼ同じです。

『配偶者特別控除|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1195.htm

『所得の種類と所得金額の計算方法|松戸市』
http://www.city.matsudo.chiba.jp/kurashi/zeikin_ …

>…主人が代表になり私が報酬ゼロで業務執行社員になった場合はどうなるのでしょうか?

「健康保険(と厚生年金保険)の被保険者にならない」のであれば、「保険者の判断次第」ですから特に大きな違いはありません。

「税法上の取り扱い」については、上記の通りまったく違いはありません。

*****
(参照したサイト・参考サイトなど)

『~年金が「2階建て」といわれる理由~』
http://nenkin.news-site.net/kiso/kiso03.html
『第1号被保険者』
http://www.nenkin.go.jp/n/www/yougo/detail.jsp?i …
---
『[PDF]収入がある者についての被扶養者の認定について(保発第九号・庁保発第九号)』
http://www.itcrengo.com/kitei/1-5nintei_kijun.pdf
『厚生労働省法令等データベースサービス』
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/
---
『各種相談窓口|全国社会保険労務士会連合会』
http://www.shakaihokenroumushi.jp/general-person …

---
『所得から引かれる「控除」、仕組みを理解して節税を!|All About』(更新日:2013年08月09日)
http://allabout.co.jp/gm/gc/424898/
『配偶者の所得がいくらまでなら配偶者控除が受けられるか|国税庁』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1190.htm

---
『「家族手当」とは、どういう意味ですか?|エン・ジャパン』
http://employment.en-japan.com/qa_1094_1010/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は各窓口に確認の上お願い致します。
※なお、ご紹介したサイトの信頼性についてはご自身でご判断ください
    • good
    • 10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q合同会社の代表社員を非常勤扱いとすることは問題ないですか?

合同会社の代表社員を非常勤扱いとすることは問題ないですか?

Aベストアンサー

追記させていただきます。
決済について書かせていただきましたが、法律で記載されている範疇ではありません。

法律では、形式を重んじることも多いですが、実態も重要です。
非常勤としての形式を取るのであれば、実態もそれに合わせる必要があります。
そのように考えていくと、金融機関での手続きや各種役所関係での手続きは、法人の代表者の名で手続きを行うことになります。もちろん、信用ある人が常勤し、一定範囲の権限を与えれば可能でしょう。

税務上は特に実態を見ることになります。注意が必要だと思いますよ。

社会保険についてですが、私の会社でも副業的の会社(B社)では社会保険に加入していません。もちろん、もう一社が強制加入で加入しているため、重複する場合には、役員報酬などを合算しての手続きとなるでしょう。私の会社では、非常勤と同様で、業務があるときのみの勤務であり、その日数が極端に少ないため、加入対象とならないという考えでいます。当時の社会保険事務所と相談して行っています。

B社では社員がいませんし、A社に常勤の役員が兼務しているということ、兼務の割合も勤務日数のみで考えれば極端に少ない、などからB社は強制加入事業所として考えていませんね。
A社もB社も隣同士の事務所にしていますので、時間単位で動けますし、実態の調査でも明確にできない状態ですね。

兼務の役員だけですと、許認可事業などを行うと要件に満たない可能性もあります。
事業は多くの法律に囲まれていますから、必要な部分などは筋書きを作っておくべきでしょう。

追記させていただきます。
決済について書かせていただきましたが、法律で記載されている範疇ではありません。

法律では、形式を重んじることも多いですが、実態も重要です。
非常勤としての形式を取るのであれば、実態もそれに合わせる必要があります。
そのように考えていくと、金融機関での手続きや各種役所関係での手続きは、法人の代表者の名で手続きを行うことになります。もちろん、信用ある人が常勤し、一定範囲の権限を与えれば可能でしょう。

税務上は特に実態を見ることになります。注意が必要だと思...続きを読む

Q代表社員でも厚生年金や健保に入らず、配偶者の扶養になる事はできますか?

合同会社の代表社員で、報酬を低く、例えば0にすれば、厚生年金や健保に入らずに、配偶者の扶養になる事は出来ますか?
可能であれば、年金事務所などにはどんな届け出が必要ですか?

Aベストアンサー

年収130万円以下であれば、扶養の件は認められます。
その場合、役所の国民年金課で、第3号被保険者の届け出が必要になります。

Qサラリーマンが合同会社を設立し、別途給与収入を得ると、、、

サラリーマンが合同会社を設立し、別途給与収入を得ると、
確定申告で本業の給与収入に役員報酬を加えて計算するのでしょうか?
それだと住民税の通知で会社にばれるのでは、、、、

Aベストアンサー

>確定申告で本業の給与収入に役員報酬を加えて…

はい。

>住民税の通知で会社にばれるのでは…

それは、5月になると新年分住民税の課税明細が、会社経由で届けられます。
このとき給与計算担当が、よほど暇で社員のあら探しにいそしむお局さんだと、
「あらっ、この社員うちの給与だけより住民税が多いわね。さては・・・」
となるわけです。

一方、そこそこ忙しい事務員さんが担当だと、社員の明細などいちいちチェックせず月々の給与天引額を見るだけですから、何事もおきません。

さて、質問者さんの会社はどちらのタイプでしょうか。

Q合同会社の社員

合同会社を出資者1名で設立した場合、代表社員の考え方について質問します

一人しか社員がいないので、当然その者が会社を代表することになると思うのですが、その場合でも「代表社員」という呼称を用いるのでしょうか?定款にも代表社員になる者の氏名を記載するのでしょうか?

また、同じように業務執行社員もその者がなるのですが、定款に記載すべきでしょうか?


よろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、役員に関して定款の絶対的記載事項は
社員の氏名と住所です(476条1項)
社員全員を有限責任社員とする旨(476条3項)
だから、
定款例として、「社員はすべて有限責任社員とし、その社員の氏名および住所並びに出資の目的及び金額は下記のとおりです。」


もし、将来的に社員の員数を増加するつもりなら、業務執行権及び代表権についても定款で別段の定めが認められているので規定をおいておいてもいいと思いますよ。

登記についてはすでに回答があるので省略します。

Q合同会社。社員加入について

姉と2人で合同会社を経営しております。
このたび、新たに母を経営に加入させたいのですが、具体的な手続きなど、どのように進めたらいいのかわかりません。

アドバイスいただければ助かります。

Aベストアンサー

末尾にご紹介する参考ページによると、次のような順番で手続を進めるようです。

1.
まずは、あなたとお姉様とで、次の事項の意思確認を行い、「総社員の同意書」を作成します。
 ・お母様が社員に加わる旨
 ・お母様が社員に加わることに伴う定款変更

2.
お母様に、出資(会社の銀行口座への振り込み)をしてもらいます。
振り込みをしてもらったならば、払い込み証明書を作成して、通帳のコピーをこれに綴じます。

3.
あなたとお姉様、お母様とで、貴社の資本金の増加について決定を行い、「決定書」を作成します。

4.
法務局に登記します。
登記事由は、「業務執行社員の加入」と「資本金の額の変更」の変更になります。


書式等は、法務省の次のページにサンプルがございます。(PDF)

http://www.moj.go.jp/ONLINE/COMMERCE/k11-1-2-5.pdf


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報