49歳、会社員です。この歳で加入できるどうか、わかりませんが、ガン保険を検討しています。
ガン保険加入済みの方、保険料をいくら払っていますか?
また、お進めの商品がありましたら、ご教示ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

FPです。



質問者様のようなご質問は、よくありますが、
他人の話は参考になりませんよ。
人それぞれの事情がありますから。

例えば、親類・家族に癌患者の方が多い方は、
保障内容が充実させようとするので、
契約金額が高くなる傾向がありますし、
親類・家族に癌患者がいらっしゃらない方は、
そもそも契約しようという意志がありません。

がん保険の多くは、掛け捨てです。
質問者様は49歳だそうですが、
後、35年生きるとして、保険料の総額は、
月額保険料×420 です。
つまり、月に5000円としても、210万円になります。
これに価値があると考えるか、
価値がないと考えるのか、
それは、質問者様個人の考え方です。

それを判断する材料は、
親戚・家族に癌患者がいるのかどうか、
長生きの家系かどうか、
ご自身の生活習慣(喫煙、食生活など)
収入、貯蓄、職業
などを考えて、どうするべきかをお考えください。

会社員とのことですが、癌になったとき、
会社がどのような保障をしてくれるのか、
ということをご存知でしょうか?
1年間、休職しても、クビになりませんか?
などなど、色々な情報を総合的に判断してください。

個人的には、ある程度の保障があった方が良いと思います。
保障とは、そもそも、そういうものですから。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご意見、納得しました。ありがとうございます。
確かに今後、支払っていく保険料を考えると、結構な買い物ですね。
よく考えて加入を検討します。

お礼日時:2014/06/02 08:29

同い年です。


保険の契約は年齢ではなく健康状態次第です。
私は2社の終身ガン保険だけで夫婦合計年間25万円程度、全ての保険を合算すれば年間180万円程度、別に一時払保険で円換算で3,000万円程度支払っています。
これに対し「遺族年金・高額療養費制度があるから無駄」という考え方の方もいれば「その保障内容ではまだまだ足りない」という考え方の人もいるでしょう。
つまり重要なのは「保険料をいくら支払っているか」ではなく「自分にとってどんな保障内容が必要なのか」ということです。
経済状態や保険にどこまで求めるかによって契約内容は千差万別となり、年齢・性別によっても保険料は大きく異なります。
私は今の保険料負担は無理なく継続できる範囲内でやっています。
そして毎年・毎月の保険料の大小ではなく、罹患した際のリスクに対応し得るかどうかで決めています。
25万円のカケステが無駄だと思えば最初から契約しません。安心料として無駄とは思わないから支払っているのです。
罹患した際に、貯蓄を切り崩すのではなく保険である程度カバーできればということ、老後に貯蓄を切り崩すなら支払える時に支払っていきたいということですね。
個人的にはガン保険で重要なのは、「定期」ではなく「終身」であること、それから診断給付金がいくら出るか、何回出るか、悪性新生物と上皮内新生物とで同額か全く違うのか、ポイントは診断給付金であると言って良いでしょう。
そういう観点からすれば自分の一番のお勧めはAIG富士生命の「がんベストゴールド」です。
ただし入院や手術、抗がん剤治療の保障を手厚くしたいというのであれば別の選択肢もあります。
しかしガンは罹患してから治療方法が決まります。診断金さえあれば何にでも転用できます。
※富士生命は7月に保険料の改定があるようですので大幅アップになるみたいですので早めに試算してみると良いでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。やはり、がん保険は、「定期」ではなく「終身」がよいですね。
大変参考になりました。

お礼日時:2014/05/31 08:04

がん保険ではなく、生命保険の特約付きのに入っています。


女性特有のがんにも対応してくれるものです。
一時金や入院費の支払いなど。
月1300円台です。
死亡保険金は3000万、終身保険なのでまあ仕方ない金額ですね。
この金額のほかに代表取締役なのでそちらの保険にも入っています。会社のためです。

ツレも入っています。
その他に年金式のやつにも入っているので我が家の保険加入額は15万を超えます。

この中には学資保険も含まれているので、まあ、貯蓄性を重要視したものもあるので、一概にどうとかは言えないんですけれどね。

がん特約付きの生命保険や
誰かに葬式代だけは残すとか、考え方によって保険選びも変わるので、保険市場で検索してみたらどうでしょう。

加入条件が低いものは、支払い時にもめるケースが多いようですよ。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご連絡ありがとうございます。がん保険、目的によって、いろいろな商品があるのですね。ご意見感謝します。

お礼日時:2014/05/31 08:06

他人の保険料を聞くより、必要な保険金額を資産して入らないと意味がないでしょう。



先ずは、何のために入るかです。死んだ時に遺族に残すためなのか、治療費をまかなうためなのか…はたまた治療に専念して無くなる収入を補填するためか等です。

死亡保険ならあなたの収入で生活してる人のためですし、子供なら成人(または就職)するまでの費用、配偶者なら当面の生活費がこれに当たります。治療費についてはピンきりなので、どこまでみるかによって大きく変わってくると思います。これらを勘案して保険に入れば、同じ条件ならどこのに入っても大した差は出ないかと思います。それよりも自分にあったタイプを選ぶことと、出来れば掛け捨ての保険にして比較や見直しがし易いようにしておく方がお勧めです。

なお、貯蓄で賄える分については必要なく、保険金額を下げることが可能です。自分で試算や判断出来ないようなら、お金を払ってでもFP等に相談するのもありでしょう(他のライフプランも関係してくるので)。保険だけなら、FPが居て保険相談出来る所も最近は多いですので、そういう所を利用するのもありでしょう。



ガン保険加入済みの方、保険料をいくら払っていますか?>
ちなみに、私は入ってないので0円です ^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご連絡ありがとうございます。

お礼日時:2014/05/31 08:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアフラックの古いがん保険は見なおしたほうがよい?

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保証はかなり古くて先進医療にも対応していませんし、通院給付金も20日入院しないといけません。さらに65歳以上の保証が半分になってしまいます。

去年まではアフラックはフォルテがあったみたいですが、今年からはDaysに変わったようです。Daysはフォルテよりも保険料が高いようです。

まずお聞きしたいのは、私のような場合はがん保険に「入り直したほうが良い」のか「今の保証にプラスしたほうが良い」のかを教えてください。

保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
その窓口のお勧めは、「東京解錠日動のがん治療支援保険[無配当]」でした。

 診断給付金 100万円(85歳まで)
 入院給付金 1日1万円(85歳まで)
 がん手術特約 20万円(85歳まで)
 がん通院特約 5千円(85歳まで)
 抗がん剤治療特約 月額5万円(10年)
 がん先進医療特約 技術料(10年)

これで月額3600円です。

85歳までなのは、保険料を抑えられるのと、男性の平均寿命以上でそれ以上の年齢でがんになっても諦めたほうがいいということでした。
抗がん剤特約と先進医療特約が10年単位なので、10年後にいくらになるかはわかりません。

アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

【質問1】
現在の保険は死亡保障がついているので解約返戻金が30万円ほど戻ってきます。
これを解約して新しい保険に加入したほうがよいのか、それとも今の保証は残しておいて保証をプラスするのが良いのか教えてください(アフラックがプラスできるのかも含めて)。

【質問2】
昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?

年末年始でお忙しいところすみませんが、よろしくお願い致します。

お世話になります。ガン保険の見直しを考えております。

自分:男37歳 会社員
妻:33歳 専業主婦
子:0歳

アフラックの「スーパーがん保険」を2口、15年加入しています。
月々の支払額は2,800円です。

保証内容は、

 診断給付金 200万円(65歳未満)、100万円(65歳以上)
 入院給付金 1日3万円
 在宅療養給付金 40万円(20日以上入院後)
 通院給付金 1万円(65歳未満)、5千円(65歳以上)
 死亡保障 300万円(65歳未満)、150万円(65歳以上)
 死亡払戻金 30万円(65歳未満)、15万円(65歳以上)

この保...続きを読む

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通りです。
では、15年後、52歳になったとき、今の保険が「新しいまま」ですか?
15年後に、古いからといって、また、「入り直す」のですか?
その担当者が勧める保険の52歳での保険料は幾らですか?
確かに、全てを新しくするというのは、一つの方法ですが、
将来のことも考えなければなりません。
なので、色々と考えるシミュレーションが重要なのですよ。

アフラックの保険が良い点は、後から保障内容を変更できる点です。
この点は、評価して良いと思います。
フォルテが発売されたときには、スーパーがん保険や
21世紀がん保険など以前から発売されていた保険用に特約を
発売しました。
今回、DAYSを発売するに際しても、以前の保険用には
DAYSプラスという方法で対応しているようです。
(ネットの内容が全てではありません)

終身保険とは、本来、このような方向であるべきだと思いますが、
残念ながら、現時点でそれを期待できるのは、アフラックだけです。
(医療保険のEVERも同じように、後から特約を追加できます)

がん治療支援保険は、抗がん剤特約などで一歩先行していましたが、
DAYSが発売されたことによって、優劣は付けがたくなっています。
となると、長期的に考えると、アフラックの方針は、
とても重要な要素になると考えて良いと思います。
以上が、質問(1)の答えにもなっていると思います。

ついでに、現在2口ならば、1口だけ解約するという方法もあります。

(Q)昔の保険は解約しないほうがいいという話をよく聞きますが、それはがん保険ではなく生命保険(死亡保障)だそうですが、私が入っているアフラックのがん保険にも死亡保障がついています。これはおいしい保険なのでしょうか?
(A)これは、微妙な問題なのですよ。
確かに、予定利率は良いですが、がん保険の死亡保険金は、
がんで死亡しなければ意味がないので、
予定利率が良いから「お宝」とは言えなのです。
しかし、昔のがん保険は、保障内容に比べると、保険料が安いのです。
その理由は、かつては、これほどがん患者(罹患率)が上がるとは
予想されていなかったので、保険料が安価なのです。
(現在の罹患率は、2人に1人です)
今、日額3万円のがん保険に契約しようと思うと、
保険料がとても高くなります。
スーパーがん保険は、65歳以降保障が半額になると言われていますが、
この入院給付金日額は、半額にならず、そのまま継続します。

平均の入院日数は、どんどん短くなっていますが、
では、長期の入院がなくなっているのかというと、そんな事はありません。
今でも、月単位で入院している人が少なくないのですよ。
今でも、がん患者の5%は、6ヶ月以上の入院です。
厚生労働省の患者調査
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001060268
表35から計算できます。
質問者様が、その5%にならないという保障はどこにもないのです。

また、患者調査には、統計の落とし穴があります。
30日入院して、1日退院して、また30日入院すると、
統計上は、30日の入院をした人が2人と出ます。
でも、本人にとっては、60日の入院でしょう。
保険でも、短期間に繰り返される入院は、連続していると見なされます。
しかも、がんの治療では、入院・退院を繰り返すことが
決して珍しくないのです。
だから、がん保険の入院日数無制限というは、重要なのですよ。

どのようにするかは、質問者様のお考えが重要です。
でも、それを判断するためのデータは、
正しいものを集めなければなりません。
間違ったデータで判断すれば、判断を間違えます。

>アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。

というように、確認をしようという姿勢は高く評価できます。
一方、顧客が素人だからといって、いい加減なことを言う担当者は
信用できません。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

(Q)アフラックは先進医療特約は重粒子線治療のみだと保険の窓口で言われました。本当にそうなのかはまだ確認していません。
(A)嘘です。
http://www.aflac.co.jp/gan/days/faq/
Q7を参照してください。

(Q)保険の窓口で一度聞いたときは、「入り直したほうが良い」と言われました。
(A)どうして入り直した方が良いのか、
シミュレーションをしてくれましたか?

質問者様は、37歳ですよね。
15年前に契約したがん保険は、内容的に古くなっています。
これは、その通...続きを読む

Qみんな生命保険料っていくら払ってるんでしょうか(?_?)

みんな生命保険料っていくら払ってるんでしょうか(?_?)

死亡、医療、収入保障、ガン、学資など生命保険会社が取り扱う保険のことです。
それぞれの収入やライフプラン、子供がいるかいないかなどで
全く違ってくるものだとは思いますが…
収入の何パーセントにするべきとか理想とかあるものなんでしょうか(?_?)

私は27才の時、夫が33才の時、子供が0才の時に
夫:長期定期(老後の資金、又は死亡保障として)
夫:収入保障保険
夫:医療保険
夫:ガン保険
妻:女性疾患医療保険
妻:死亡保障(学資保険として)

にまとめて入り、月4万5千円程です。

入った時は、子供も出来たし不安だし妥当なんだろうと思うようにしていましたが
本音はやっぱり高い気がするな、生活が圧迫されてるなと思っていて…
ずっと、他の人はどうなのか聞いてみたいと思っていました。

私の周り(子持ち)には夫の死亡保障のみ、又は入っていない人が多いです。

みなさんは保険に対してどのようにお考えでしょうか(?_?)

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。
 
(Q)収入の何パーセントにするべきとか理想とかあるものなんでしょうか(?_?)
(A)いいえ。ありません。
収入の何%という考え方自体が、無意味です。
 
例えば、20%が理想だとします。
年収200万円の人は、40万円を保険につかって、160万円で
生活するべき……ということはないでしょう。
 
tsu-ru-ru様が提示された保険の内容について、疑問が一つ。
奥様は、働いているのでしょうか?
学資保険とは、死亡保険です。
契約者(親)が死亡したとき、払い込み免除となって、お子様が
一定の年齢(例えば18歳)になったとき、保険金(学資)を
受け取れます。
契約者が奥様ということは、夫様が亡くなっても保険料は
払い続けなければならない、ということです。
夫様が亡くなり、収入が減り、1円でも節約したいとき、
高額な学資保険を払い続けるのですか?
 
時々、奥様の方の保険料が安いから……という理由で
奥様を契約者とするような学資保険を勧める担当者がいますが、
奥様に安定した収入がないのならば、無責任極まりないです。
そうではないことを祈っていますが……
このような担当者の提案した保険は、すべてに疑問符が付きます。
 
次に、住居のことが一言も述べられていませんが、自家保有ですか?
もしも、賃貸ならば、万一のときの住居をどうするのでしょうか?
住居費用は、支出の大きな部分なので、とても重要です。
 
また、これから購入されるのならば、その資金をどうされるでしょうか?
頭金を貯めておられるならば、老後の為に保険にお金を使うより、
まずは、頭金に回すことを考えてはいかがでしょう。
住宅ローンの金利より高い予定利率の保険はありません。
穴の開いたバケツに水を貯めようとしても、貯まりませんよ。
まずは、穴を塞ぐか、できるだけ小さくすることを考えてください。
 
ついでに、夫様の死亡保障を考えるとき、奥様に収入がない場合、
奥様が働いて収入を得る……という話にしないことです。
今年の大卒の就職率は60%だそうです。
このような不況のときに、お子様を抱えて、時間などに制限がある女性を
ホイホイと雇ってくれる会社がどれだけあるでしょう。
 
看護婦、薬剤師など強力な資格があれば良いのですが、
そうでなければ、就職すること自体、かなり厳しいと思うべきです。
 
保障とは万一ときの経済的リスクを回避する方法です。
そのリスク回避の方法自体にリスクがあるならば、
それは保障になりません。
 
ご参考になれば、幸いです。
 

生命保険専門のFPです。
 
(Q)収入の何パーセントにするべきとか理想とかあるものなんでしょうか(?_?)
(A)いいえ。ありません。
収入の何%という考え方自体が、無意味です。
 
例えば、20%が理想だとします。
年収200万円の人は、40万円を保険につかって、160万円で
生活するべき……ということはないでしょう。
 
tsu-ru-ru様が提示された保険の内容について、疑問が一つ。
奥様は、働いているのでしょうか?
学資保険とは、死亡保険です。
契約者(親)が死亡したとき、払い込み免除となっ...続きを読む

Q保険入ってない人いますか?

日本人は生命保険加入率がとても多いそうですね。
そこで敢えて聞いてみたいのですが
(生命)保険入ってない人ってここでは
どれくらいいるのでしょうか?

あまり関心がなくて、、、と言う理由だったら
このカテゴリーも見てらっしゃらないと思いますが(汗)

理由と現在の状況(独身だからとか)を
教えてください<m(__)m>
旦那さんに死亡保障だけはしっかりかけてる!(笑)

医療保険しか入ってないわーなどでもいいです。

ちなみに私は最近まで未加入でした。
無知の極みで、です。

Aベストアンサー

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入院で済むような病気だったら、生命保険に入らずに自費で治したほうが遥かに割安だと思いませんか? 健康保険には強制的に加入させられていることもあり、1カ月程度の医療費なんて安いものです。

では、もし僕が早死にしてしまったら? 一時的にン千万円の大金が戻るかもしれませんが、その程度の金が戻って残された家族がやっていけるかと言われると、やっていけません。生命保険に加入していようが、していまいが、僕が早死にしてしまったらどの道、残された家族は不幸のどん底を味わうしかないのです。

一生寝たきりのような重病にかかった場合も同様です。永久に医療費が支給されるわけではありません。やはり家族が路頭に迷うことに変わりないのです。

その分、計画的に貯金に回しています。自分なりに財テクを勉強して、もしもの場合でも家族が路頭に迷わないよう保険以外の予防策を打ちつつあります。
僕みたいに趣味と特技が財テクっていう人には、生命保険があまり得策ではないと判断して、保険に未加入の人が多いかもしれません。

既婚者です。子供もいます。僕は一家の大黒柱です。
しかし生命保険には加入していません。
加入の必要をまったく感じません。
理由は色々とあります。

まず僕は極めて健康体です。健康診断をしても異常があったためしがありません。さらに両親兄弟もみんな健康体で、遺伝的にも心配がありません。車にも乗らないので、交通事故などに遭う危険性も普通の人より少ないです。
僕みたいな人は、保険会社にとっては上客です。彼らを喜ばせることはありません。

仮に病気になったと仮定して、1カ月程度の入...続きを読む

Q1ヶ月の保険料の平均は?

はじめまして。私は現在29歳、妻(28歳)です。
月収は1ヶ月平均手取りで20万円くらいです
いったい、皆さんは1ヶ月にどれくらい保険料を払っていますか?
私は現在、私と妻の生命保険等で合わせて、月3万円くらい払っています。
皆さんの意見を聞かせてください
お願いします。

Aベストアンサー

一世帯あたり平均5万円前後といわれています。
収入から計算すると、15%20%貯蓄と保険に分散するのが理想と言われています。20万円の収入なら夫婦、子供合わせて3万から4万といったところでしょうか。ただここに貯蓄部分も含まれていますので、加入の生命保険に貯蓄機能がついていなければ、貯金も必要ということになりますね。

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Qがん保険に加入せずに癌になった場合

お金がなかったら、どうなるのでしょうか?
自宅静養で死を待つのみになるのでしょうか?
低所得なら治療もうけれませんよね?自殺しかないのでしょうか。

Aベストアンサー

病院によって違うと思いますが分割で治療費を払っていくことになると思います。

Q生命保険・医療保険は何歳まで加入しておくのがいい?

初歩的な質問です。

(1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか?

(2)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか?

(3)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

>(1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか?
 どちらも何歳に加入というものではありません。一定条件に当てはまる場合に加入を検討しなければならないと受け取られたほうが良いかと。

 まず生命保険ですが、質問者様がお亡くなりの場合に生活に支障をきたす人に保障額を残すというのが基本的な仕組みです。このためお子様など扶養する人ができた時点で加入を考えます。
 保障のみなら定期保険、貯蓄を兼ね備えるのなら終身保険になります。しかし同額の保障だと終身保険の場合、月々の保険料が結構高額になります。保険料が生活を圧迫するようでは本末転倒ですので個人的には定期保険をおすすめします。貯蓄は素直に定期預金なので行ったほうが無難です。なお保障期間は子どもが独立するまでが妥当と思います。

 次に医療保険ですが、質問者様が怪我や病気にかかった際に高額になる治療費の一部または全部をサポートするというのが基本的な仕組みです。このため一定額以上の治療費をサポートして欲しいと考えた時に加入を考えます。
 ただ貯蓄で治療費をカバーする、高額療養費制度があるので必要はないという選択肢もあります。この辺りは個人の好みになるでしょうか。加入時の注意としては入院日額より入院限度日数を重視(特定疾病は入院日数が短くなっていますが骨折等は比較的長い)することです。また必要であれば先進医療特約を考えてみてください。なお保障期間は一番必要な老後をカバーするため終身にするのが妥当と思います。

 あと保険料については考え方なのですが保障内容や保障される年齢が同一であれば早く支払うにしても遅く支払いにしても支払総額はそれほど差異はありません。たしかに早く払い出せば一回あたりの額は少ないのですけど。

>(2)生命保険と医療保険が一緒になっているプランと、別々に加入するプランとではどちらがいいのでしょうか?
 別々が無難です。死亡保障と医療保障は保障内容が違うと同時に保障されたい期間も異なるからです。

>(3)保険料が10年置きに更新される定期保険と、保険料はそのままの定期保険、または終身保険(掛け捨てでないもの)は、どれがいいのしょうか?
 保険は保障という考え方ですので、この中ですと保険料が10年おきに更新される定期保険が良いかと。まず月々に支払う保険料は安価です。また必要な保障額は年齢を重ねるにつれ少なくなるので更新時に見直せば無駄がないと思うからです。
 貯蓄性を求めるなら終身保険でしょうが、付加保険料(保険会社の手数料)部分が大きく現状の利率を考えるとあまりおすすめは出来ません。

>(1)生命保険(死亡保険)・医療保険は何歳くらいまで加入しておくのがいいのでしょうか?
 どちらも何歳に加入というものではありません。一定条件に当てはまる場合に加入を検討しなければならないと受け取られたほうが良いかと。

 まず生命保険ですが、質問者様がお亡くなりの場合に生活に支障をきたす人に保障額を残すというのが基本的な仕組みです。このためお子様など扶養する人ができた時点で加入を考えます。
 保障のみなら定期保険、貯蓄を兼ね備えるのなら終身保険になります。しかし同額の保障だと...続きを読む

Q医療保険って必要ですか?

こんにちは。現在損保ジャパンの医療保険に入っています。月5000円くらいです。
母が、癌になり保険に入っていなかった為、私自身はガン保険に入ろうと色々検索していました。
ふと、思ったのですが、医療保険って必要なのでしょうか?
母は癌で今抗癌剤治療も受けています。手術で入院したのは3週間、その後は抗癌剤のため2,3日の入院が半年続きます。
癌でも3週間の入院、しかも高額医療費控除でかなり帰ってくるとのことでした。
癌家系なので、ガン保険は入ろうと思ったのですが、医療保険は本当に必要なのでしょうか?入っていない人もいるのでしょうか?

Aベストアンサー

saku058さん

「医療保険に入れずに、老後を迎え、まともな治療を受けずに我慢している人たち」
私も、こんな方々が本当にいるのか知りたい一人です。

保険専門家の方々はsaku058さんの不安を高めようとする方向にしかアドバイスなさらないようですので、違った観点からの意見も。

ある病気の治療法に効果があると確認されたものは、健康保険の適用があるものと認識しています。
健康保険の適用があれば、自己負担割合は3割。さらに一定の金額を超えれば自己負担額は上限がほぼ決まっています。(高額療養費制度)

No.8の方がご紹介されていた治療は、おそらく「先進医療」に該当する治療法だと思います。
こちら(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4103494.html)に記載しましたが、先進医療とは、「臨床試験や諸外国の実績でそれなりの効果があると判定されたものの、まだ健康保険の対象とするには症例が十分でない検査や治療方法のことである。」とのことです。つまり、健康保険を適用されるまでもう一歩の段階の治療法、ともいえるのでしょうか。
この治療を受けた場合には、確かに健康保険の適用がなく、高額療養費の適用もありません。

先進医療のうち、「中でも一番高いのが重粒子医科学センター病院の固形ガンに対する重粒子治療で315万円となっている。一方、DNA診断などでは1万円を切るものもある。」

この重粒子治療を受ける確率は、人口百万人に3人程度です。

このくらいの確率で、万万が一この治療を受けたとして、保険会社からもらえる金額は100万円程度。
(「先進医療を受けたら、抽選で1名様に1戸建て住宅をプレゼント」というような特典でもあるならともかく、保険料を払って、百万分の一程度の確率をかいくぐったとしてもこんな程度です。)

例えば、火災保険や自動車任意保険の場合は、確率だけで決められないかもしれません。それは、
たとえ確率は低くとも、意に反して、万一火災や事故を起こして、数千万円もの修復費用や賠償金はとても自己資金では払えないと思っているからです。

一方、医療保険で払われる金額はどうでしょう。万一入院で10万円程度、先進医療を受けてさえ100万円程度。生涯で百万円を超えるような保険料を払う意味がありそうですか?

また、他の方が「健康保険適用外の抗がん剤や未認可(認可前)の治療は自由診療」となり、全額自己負担とおっしゃっていました。
しかし、治療効果が確認されているものは、そもそも健康保険適用となるのではないでしょうか。
効果は未知数だが藁にもすがる思いで受ける治療が「自由診療」となるのでしょうか。

ちなみに、私の知り合いの例をご紹介します。
その方は、治療法のない特殊なガンになりました。
病巣を切除する以外治療法のないガンです。
切除できない部位にガンが発生したらもう手の施しようがありません。
その方は、一つ目に入院した病院から紹介されて、その特殊なガンの治療法を研究している教授がいる大学病院に転院しました。

通常の治療法では対処できません。
そこで本人納得の上で、未承認の薬を投与されました。つまり、藁にもすがる思いで、その薬の効果を試す実験台になったのです。その薬は当然健康保険の適用はありません。

では、その人は健康保険の利かない「自由診療」により数百万円の治療費を払ったのか?
答えは"NO"です。その治療に要した費用はゼロ円-つまりタダ-でした。
なぜか、その薬の投与が研究材料だったからです。
(残念ながら、その方には、その薬の効果はありませんでしたが。)
病気の治療にはこんなこともあるのです。

また、いわゆる「難病」になった場合には、その治療費の自己負担額は極めて低く抑えられる公的制度もあるようです。
http://www.nanbyou.or.jp/what/nan_kenkyu_45.htm

>あなたにとって医療費に不安がなくなるだけの十分な預金額はいくらでしょう?

これがわからないから、一般の人は不安になるのです。それを指し示すのが本来の保険営業員の仕事のはずです。
ただ実態は、具体的なデータを示さず、極端な事例を示して客の不安を煽るばかり。

ある事態が発生する確率、その場合の発生費用。
それに、健康保険制度にある援助制度。(サラリーマンであれば、最大1年半、給料のおよそ6割が給付される「傷病手当」という公的制度があります。)

本当は、営業員は、客に適切な判断を促す客観データ等を示したうえで、
それでも医療保険は必要ですか? 必要だとしたらどれほど必要ですか?
と問うべきだと思うのは私だけでしょうか。

saku058さん

「医療保険に入れずに、老後を迎え、まともな治療を受けずに我慢している人たち」
私も、こんな方々が本当にいるのか知りたい一人です。

保険専門家の方々はsaku058さんの不安を高めようとする方向にしかアドバイスなさらないようですので、違った観点からの意見も。

ある病気の治療法に効果があると確認されたものは、健康保険の適用があるものと認識しています。
健康保険の適用があれば、自己負担割合は3割。さらに一定の金額を超えれば自己負担額は上限がほぼ決まっています。(高額療...続きを読む

Q複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、
例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。
保障内容も同じであるとすると、
保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から
保険金が支給されるのでしょうか?

それともある保険会社から支給された場合、
他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

これからが本論ですが、
損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報