これからの季節に親子でハイキング! >>

ヒメダカを飼って3年くらいです。
4日前くらいから左目がとび出てきました。
ネットで検索して薬品を入れたほうがいいかと思い、店員さんに薦められたメチレンブルー水溶液を買って2リットルの水に1滴入れました。
5日くらい前に変えた水だったのでかえずにそのまま入れました。
今は入れてから3時間くらい経ちます。
今のところメダカに変化はありません。
目が出る頃か水を替えた頃から上に上がったりしないで底を口でつついてばかりいます。
尾ひれやからだに白い点などはありません。
この目が出るのは治るんでしょうか?
また、どこか間違った処置がありましたら教えてください。


飼育環境はガラスの器(2リットルくらい水が入る)に1匹です。
砂利はしいていません。水草(ホテイ草)は冬に枯れてしまったので取り除き、ないままです。
酸素プクプクもろ過装置もしていません。
ひどい環境だったと反省しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

痩せた為に目が飛び出て見えるようなのでなければポップアイですね。


これを直す方法は現在では明らかにされておりません。
飼育数が多くないのであればエアレーションは必要ないですが、せめてろ過機をつけてあげましょう。
また、どんな病気であっても薬浴後すぐに良くなるわけではありません。
まずは環境を整えるのが先決です。
単独飼育でしょうか?
1匹であればそのままで良いですが、他にもいるなら薬浴用水槽を用意し、そちらで薬浴させてあげましょう。
薬はエルバージュ、手に入らないのであればグリーンFゴールドをお勧めします。
ただ、ろ過機が無い水槽で薬を使用すると薬漬けになってしまいます。
弱ってしまいますので必ずろ過機を使用して下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

飼育は1匹です。
早目にろ過機を買ってつけてあげないといけませんね…。
今は小ぶりの容器に移して薬浴中です。
毎日スポイトで残ったえさやフンの掃除をして、捨てた水の分だけお水を足すといった感じでやっています。
餌もなんとか食べてくれてちょっと元気になったように見えます。
でもポップアイになってから体がまがってきたような気もします。
回答くださいましてどうもありがとうございました。
できることをやって良い環境になるよう努めます。

お礼日時:2004/05/22 21:03

エロモナス症が考えられます。


この病気は進行すると眼球突出症(ポップアイ)や松かさ症などが起きます。
主な原因は水質悪化によります。
治療法としては、先ず水替えをして、エルバージュやグリーンFなどで薬浴させます。

元気になったら、水質を安定させるようにしてください。2リットルでは一匹でも水はすぐに悪化します。水草を入れるだけでも、かなり違います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

しばらく水替えできなかったのでそのせいかもしれません。
ずっと元気がなかったのですが薬浴しはじめたら少しよくなったようです。
もうちょっと様子を見て徐々に薬を抜いていきたいと思っています。

水草も枯れたきり入れていなかったのでお水に戻す頃にはしっかりいれたいです。
アドバイスをどうもありがとうございました。

お礼日時:2004/05/22 20:56

自信を持った解答が私にはできないのでヒントだけ。

「目がとび出てきました」を「ポップアイ」といいます。「ポップアイ」をキーワードにして調べてみてください。無事治るといいですね。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?num=100&hl=ja&ie= …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ポップアイの事は知っていたのですがどう対処していいのか分からずにいました。検索してよく調べることが大切ですね…。どうもありがとうございました。

お礼日時:2004/05/22 20:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめだかの転覆病?

朝どうもなかっためだかが、夜、帰宅して見ると
体を横にしてきりもみしていました。

その1匹だけ、別の入れ物(料理用のメジャーカップ)に移し、
手元にあったグリーンFを少し垂らして様子を見ているのですが
一向に状態が元に戻りません。
ネットで検索してみたのですが「転覆病」というのでしょうか、
体を水平に保てず、横になった状態です。
お腹がぷっくり膨れて、横になっているからか
他のめだかに比べて目が飛び出ているようにも見えます。
その状態でくるくる動き回り(かなり激しく)、
しばらくするとくたっと体を横にして浮いています。
そしてまたしばらくするときりもみするようにくるくる動き回ります。

水温を上げる、絶食させるなど回答例がありましたが、
どの程度どれほどすれば良いのでしょうか。
決定的な治療法?というのがないようなのですが、
えらを激しく動かせてきりきりしている状態を見ているのは
可愛そうで何とかしてやりたいのですが。。。

「ココア浴」というのもありましたが、これは実用性はどうでしょうか。

よろしくお願いします。

朝どうもなかっためだかが、夜、帰宅して見ると
体を横にしてきりもみしていました。

その1匹だけ、別の入れ物(料理用のメジャーカップ)に移し、
手元にあったグリーンFを少し垂らして様子を見ているのですが
一向に状態が元に戻りません。
ネットで検索してみたのですが「転覆病」というのでしょうか、
体を水平に保てず、横になった状態です。
お腹がぷっくり膨れて、横になっているからか
他のめだかに比べて目が飛び出ているようにも見えます。
その状態でくるくる動き回り(かなり激しく)、
...続きを読む

Aベストアンサー

心配すると色々な所がおかしく
見えてきますよね。
まずは落ち着いて、症状をよく確認します。
目が出ていて、横たわる・・・となれば
転覆病とポップアイの併発になるので、
両方ここではふれておきますね。



■症状・・・
転覆の可能性もあり、目が出ているなら
ポップアイの可能性もあります。
メジャーカップでは水量が少ないので
バケツぐらいの器に隔離させましょう。

■ポップアイの様なら・・・
グリーンFでもOKですが、もう1段階
強い薬が「パラザンD」です。
メダカということで薬は箱に書いてある
規定の量より、ちょい少なめに入れて下さい。
同時に塩を0.5%~ぐらいになるように
水に溶け込ませると効果的です。

■転覆病であれば・・・
絶食させてみてください。
症状がまだ軽ければ1~2日でおさまる時もあります。
ただ、転覆病の場合は治るのが難しく、
再発性の高い病気です。
「治っても再び転覆したら絶食で戻す・・・」
というように、うまく付き合っていくものだと
思っておいたほうが無難でしょう。
こちらも一応、塩を0.5%~ぐらいになるように
水に溶け込ませておきましょう。

■水温・・・
市販の魚病薬に含まれている薬効成分は
25℃前後の水温のときに最も高いことがわかっています。
20℃以下や30℃以上になると効率が落ちますので、
薬浴をするときには水温のコントロールをすることで
効果を高めることができます。

■ちなみに・・・
メダカがぐるぐると狂ったように泳ぐのは
「カルキ抜きが十分でない」時に起こります。
温度や水質の中和具合を一度、確認しましょう。


もっと症状が性格に判断できれば
的を絞った回答ができたのですが、
書き込み内容で色々な判断・可能性が
ありましたので、各面でふれときました。

最後に・・・ココアは実証性がないので却下の方向でww

心配すると色々な所がおかしく
見えてきますよね。
まずは落ち着いて、症状をよく確認します。
目が出ていて、横たわる・・・となれば
転覆病とポップアイの併発になるので、
両方ここではふれておきますね。



■症状・・・
転覆の可能性もあり、目が出ているなら
ポップアイの可能性もあります。
メジャーカップでは水量が少ないので
バケツぐらいの器に隔離させましょう。

■ポップアイの様なら・・・
グリーンFでもOKですが、もう1段階
強い薬が「パラザンD」です。
メダカということで...続きを読む

Q白メダカの片方の目が黒くて膨れているのは病気ですか

こんにちは。質問です。シロメダカの片方の目だけが
黒くややふくらんで異常です。7月29日からおかしです。
泳ぎは普通にしています。
メダカを15匹かっていてその中にいました。今は、隔離しています。
断定できませんがカメラの光にも目があまり反応しませんでした。
すこしふくらんでいます。写真、添付します。どうか
このシロメダカの目の治し方についてご教授下さい。


自分で調べたところ何かの病気かなと思い
検索してみたら
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1329384653


(運動性エロモナス病)という病名がでてきました。

もしかして思ったのですが病気なのか遺伝性なのかどっちなの判別できずかわかりません。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは

>今は、隔離しています。どうかこのシロメダカの目の治し方についてご教授下さい。

ポップアイです。エロモナスの病気であっています。水質悪化などが原因です。

エロモナスに有効な薬は、薬の影響でぼぼ全てのバクテリアが死滅するニトロフラン系のグリーンFゴールド、ニフルスチレン酸Naのエルバーシュ、バクテリアに影響が少ない薬のオキソリン酸の観パラD、グリーンFゴールドリキッドなどです。

ポップアイ自体がなかなか治りにくいです。薬を長期間使わないといけないです。それでも治るかわからないです。

飼育水の水質改善、飼育水を清潔にする感じです。水温、定期的な水換えと餌の量に注意します。

隔離してあるメダカに薬を使うと飼育容器が狭くて、体も小さいですのでずっと薬づけになると、薬の副作用に耐え切れず亡くなる可能性がとても高いですが、治療されるなら上に書いたグリーンFゴールドなどの薬を使って治す感じです。

Qメダカが底に沈んで動かなくなります。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた水の両方を使いました。
(↑以前からこの方法です)

普段から1ヶ月に2~3度くらいは水を替えていますが、
上記のように立て続けに★になったのと、
底に横たわるようになったメダカをみるのは初めてです。

ポンプでエアーを送っていますが、酸素不足でしょうか。
エアーはろ過ドームを使っています。ろ過剤は水交換のたびに新しいものと交換していますが、ドーム本体は最初に買ったものを使っています。

毎朝、★になっていないか、ドキドキして水槽をチェックしています。
どうすればまた元気に泳ぎ回るでしょうか。
よろしくお願いします。

メダカが底に沈んで動かなくなります。

1週間くらい前まで元気に泳ぎまわっていたメダカが、
底に沈んで(というか、底に敷いた小石の上に横たわった状態で)動かなくなりました。
時々ぱっと泳ぎだすのですが、以前のように水面まで上がってくることもなく、
餌をやっても上まで上がってこないので餌を食べているのかもわかりません。

こういう状態になる直前に、立て続けに★になっためだかが続いたので、
水質が悪いのかと思い、水を替えました。
水道水を放置してカルキ抜きをした水と、カルキ抜き剤を入れた...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材に定着するまで、約一ヶ月かかります。
この一ヶ月の間に、金魚や他の観賞魚は死ぬことがあるのです。
ただし、微生物が定着すれば、亜硝酸が硝酸へ変換できる環境になるので、
水が原因で死ぬことはめったになくなります。

質問者様のように、一ヶ月に3回程度の水換え頻度だと、
低濃度でも亜硝酸がいつまでも残り続け、やがて中毒になります。
頻度をもっと増やせばいいのですが、面倒なのでおろそかになるものです。
もちろんろ過ドームだけで育てている人も居ますが、
水換えは月に5、6回以上になるでしょう。それだけ亜硝酸が怖いからです。

ろ過ドームだけで1ヶ月1回水換えは逆に全滅コースです。
ろ過能力が足りないからです。なので、別のろ過装置が必要になります。

別のろ過装置の場合、最初の一ヶ月を乗り切りさえすれば、
微生物のおかげで亜硝酸はほぼゼロになるんですよ。
たとえ一ヶ月の間にサカナが全滅しても、病気ではなく亜硝酸のせい。
一ヶ月経ってからべつのサカナを入れてあげれば、まず死にません。
まぁ、めだかは乗り切れるでしょうね。うちは大丈夫でした。

その後、ろ過材は捨てずに、軽く表面を洗うだけで数年は同じものを使うのです。
底砂もそうです。3ヶ月か半年に一回軽く洗うだけ。

そして、洗うときに注意するのが、飼育していた水槽の水だけで洗う事。
水道水をつかうと、塩素で微生物が死ぬからです。
バケツやボウルに飼育水を少し移して、そこで優しくもみ洗うだけで大丈夫。

なので、メインのろ過を別の装置で行い、
エアレーションのついでにろ過ドームを入れる、
ろ過ドームはメインじゃないから定期的に中身を替えても問題なし、
というやりかたが普通のやりかたです。あくまで補助ですね。

亜硝酸はこれでなくなりますが、かわりに発生する低毒の硝酸を捨てるために、
一ヶ月に一回程度水替えをします。それでもサカナには最高の環境です。




外掛けフィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/12305/

ろ過

ボール状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/20780/
リング状ろ過材
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10184/
ウールマット
http://item.rakuten.co.jp/chanet/42720/



外掛けフィルターの中にはろ過ドームのような使い捨てフィルターが入っています。
これを使ってしまえばろ過ドームの惨劇再びですので、
中身を使わずに、別のろ過材を入れるのが一般的です。
ボール状やリング状のろ過材を90%入れ、
ウールマットでウンコを濃し取る。そんな環境にします。
もちろんウールマットは適性なサイズがないんで、はさみで適当に切ります。



ただし、お金に余裕があるのなら、外部フィルターをおススメします。

外部フィルター
http://item.rakuten.co.jp/chanet/10080/

外掛けよりもはるかに多くのろ過材が入ります。
水流が強いので水の吐き出し方向の調節が必要ですが、
これに勝るフィルターは無いといっても過言ではありません。
もちろん、中身は先ほどのろ過材を使います。

ただし、外部フィルターの場合は酸素不足になりがちです。
なので、エアレーションを別に用いるか、ろ過ドームを併用しましょう。



ちなみに酸素の供給についてですが、泡がいくら発生しても意味ないですよ。
水面から供給される酸素が大半ですので、水面がかるく波立つ状態が理想です。
とはいっても、めだかなんかは水流に弱いので、本当に軽いエアーで十分。
水流が強すぎると、泳ぎつかれて死ぬ可能性もあります。



さらに、メダカの数ですが、少々飼い過ぎです。
水1リットルに対し、1cmの観賞魚とお考え下さい。
なので、14リットル入るとすれば、14cm分です。
つまり、2cm程度のめだかであれば、7匹が限界です。
3cmから4cmまで成長しますから、5匹以内が望ましいですね。
タマゴもガンガン産んで増えますし…。

楽しい観賞魚ライフを!

どうも、先ほどの回答者です。
14リットルくらい入る水槽だと思います。ろ過ドームS単体はまずいでしょう。
そして全交換するろ過材なので損ばかりしますよ。
水はいつまで経ってもただの水で、生物に適さない水のままです。
かなりの数が同時期に亡くなったのは、やはり水が原因でしょう。
これは、縁日の金魚が水槽の無い家に貰われると早死にするのと同じ理由です。



ろ過材というのは、微生物の巣でなくてはなりません。
その巣を一ヶ月に3回も取り除いたら、まるで意味が無いのです。
通常、微生物がろ過材...続きを読む

Qめだかがポップアイになりました。

めだかがポップアイになりました。

気づいた時には、結構目が腫れていたので、慌てて隔離しました。
現在、隔離5日目です。
グリーンFリキッドで薬浴をしているのですが、よく調べると
グリーンFゴールドで薬浴しないといけないことに気付きました。
今日にでも、購入する予定なのですが、もう手遅れでしょうか?

めだかは餌は食べるのですが、元気がなくってきたように思います。
画像を添付しますので、どなたか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 眼球突起(ポップアイ)の他に水カビ病を併発しています。飼育環境にも因りますので一概に言えませんが、春先にはこの疾病は多発しますので注意が必要です。

 水カビ病は伝染しますので、罹患した個体は早期に隔離する等の処方を怠ると同じ水槽にいる個体全てに罹患して対応が遅れる疾病です。眼球突起はその症例の一つですので、眼球の濁りが出ていますから疑いはあります。

 薬品の処方箋ですが、どちらでも構いません。早期に処方をしないと細菌を増殖させる事になりますので、リキッドは原液を処方し、ゴールドは粉末薬を湯煎して処方するので内容は一緒です。

Qメダカの卵が孵化しない!

メダカが卵をぶら下げていたので、卵を別の容器に入れて、孵化を待っていたのですが、カビみたいなものが、生えて死にました、なんで死んだのかわかりません、太陽の下に卵をおいていたからなんでしょうか?
早く孵化さしたいんで、一日中、蛍光灯に当てるのもだめなんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありません。

卵の殻は非常にカタイので、水から出してカレンダーなどの厚紙の上で指先でコロコロ転がしながら糸を切ることができます。50個くらいの卵をコロコロ転がすと、かなり大きな糸玉ができますよ。

糸で絡まりあったままの状態で卵を飼っていると、水の通りが悪くなって雑菌が繁殖しやすい状態になります。また、カタマリの真ん中の卵が酸欠状態になります。だから、大きな水槽の中の藻についた卵のように水通りの良い場所なら問題ないのですが、小さな容器に入れて孵化させるときは、付着糸を切って卵をばらばらにした状態で飼います。
メチレンブルーは雑菌の繁殖を抑えてくれます。水がほんの少し青っぽくなるくらいの量で十分です。生きている卵はメチレンブルーに入れても透明なままですが、死んだ卵は真っ青に染まりますので、見た目で生死がすぐに判別できるようになります。

太陽の下におくと、今の時期なら水温が上がりすぎますので、卵が死にます。
直射日光の当たらない部屋の中に置いておけば大丈夫。光を当てても当てなくても、あまり関係ありません。
温度が安定していれば、真っ暗でも早く孵化します。

1.親メダカをネットですくい上げて、卵を指でつまんで取る。
2.厚紙の上に卵を置き、指先でコロコロと卵を転がして、毛をからめとる。
3.卵を小さな容器に入れ、水を入れ、メチレンブルーを入れる。
4.温度は25度から27度くらい。
5.真っ暗でも明るくても関係ない。
6.水が白く濁ったり、汚れてきたら交換。

だいたい1週間ちょっとで孵化します。
メダカの卵には付着糸という長い毛が生えていて、これが絡まりあってカタマリになったり、藻にくっついたりします。卵そのものに粘着性はありま...続きを読む

Qタニシが爆殖して困ってます

メダカとミナミヌマエビを飼育してます。
直射日光の当たらないところに置いてますが、水草(アナカリス)にくっついてきたのか原因不明でタニシが私の水槽に密航してきました。
アナカリスにはゼリー状の卵らしき物も見つかりました。
ほかっておいても良いのでしょうか?
飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
知恵を貸してください!!

Aベストアンサー

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geocities.jp/mochisachi/museum/13_aqua/02_re/009_gedou/page.html

> ほかっておいても良いのでしょうか?
> 飼った覚えが無いので駆除か水槽のリセットをした方が良いのでしょうか?
・スネールは、魚たちには無害ですから、リセットは最後の手段です。
爆繁殖すると、水草を食い荒らします。

スネールは、飼育水中の有機物が増える(=汚れてくると)と爆繁殖しやすくなります。
逆に、飼育水中に有機物の少ない、綺麗な水では爆繁殖することが出来ない生物です。
高水温時期である、夏場は、普段よりも飼育水が汚れやすくなります。
急に増えてきたスネールは、飼育者に水の汚れを教えてくれる、有り難い生物でもあります。

スネールが、急に増えてきた場合は、
・底砂や濾過器の清掃。
・水替え頻度を増やす。
・エアポンプによるエアレーションを強化。
・魚やエビに与えている餌を減が多すぎる可能性があるため、減らす。
・第二フィルターの追加。
などの清水化対策を実施することにより、少しずつ数を減らすことが可能です。
とりあえず、上記の清水化策を行いながら、水槽の横に瓶などを置いて、見つけ次第、ピンセットで瓶へ引っ越し。

それ以外の方法では、スネールは酸性を嫌い、繁殖できなくなります。
酸化剤(天然または化学的)を使い、水槽水のpHを5.5程度の弱酸性に下げることによりスネールを駆逐することも可能です。

天然酸化剤:使用中、水槽水は薄茶に染まります。
http://www.rva.jp/shop/sera/sera3.htm

・タニシ、ヒメタニシは、雌雄異体(雄と雌が別々)の卵胎生です。
卵(透明な卵塊)を生み付けることはありません。
体内で、卵を孵化させて、直接、タニシのチビ達を産出します。

・透明なゼリー状の卵塊を生み付ける種類の貝の代表は下記の種類です。
水槽で、邪魔な巻き貝を「スネール」と読んでいます。
サマキガイ科:サカマキガイ
モノアラガイ科:タイワンモノアラガイ、モノアラガイ
ヒラマキガイ科:インドヒラマキガイ(ラムズホーン、レッドラムズホーン)、ヒラマキミズマイマイ
http://www.geociti...続きを読む

Q水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

水槽に藻が大繁殖!何とか藻を駆除したい!メダカを助けて!!

保育園の夏祭りでメダカをすくってきて子供が飼っています。
水草といっしょに藻が入ってきたらしく、水温の上昇とともに大繁殖しています。
見た目が悪いのは我慢できるのですが、
頻繁に採って捨てないとメダカが絡まって死んでしまったり
泳ぐ所がなくてすみっこに群れてています。
水槽も砂も洗ってみたのですが、すぐに元通りです。
今年の夏祭りで金魚をすくって入れたい!と言っているので
それまでに何とかしたいのですが、良い方法はないでしょうか?
以前は、3割ほど水が減ったら水道水をそのまま入れると藻はきれいになっていたのですが
耐性ができたのか、へっちゃらです。
今では、金魚用にと入れたポンプにも繁殖しているので何とかしないと!!と思っております。
どなたか我が家のメダカを救ってください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

tetu758です。先程の貴方の補足に対して答えます。メダカにとって青水は最高の環境ですが、掃除屋のタニシ、石巻貝が役に立たないで、ミナミ系統のエビが死ぬ様でしたら、リセットが一番ですが、睡蓮鉢を購入して姫睡蓮等を検討されていらっしゃるのでしたら、その水を睡蓮鉢に移してメダカを育てればメダカは成長が良くなり、姫睡蓮や水生植物は水を浄化をしますので、素晴らしいビオができます。

 金魚を購入されるならば、メダカを睡蓮鉢に引越しが終了後に水槽を洗浄し、乾燥させます。この時に使用しているフィルターと活性炭は全て交換をしてさい。水槽の再起動をしてから数日は個体は入れないで、要観察をしてください。

Qメダカが逆立ち泳ぎ

メダカが頭を下にしてエサを探すように泳いでいるんですが、これは病気ですか?
エサの与えすぎでしょうか?エサは浮きエサを一日二回、水替えは4~5日に一回替えています。
大人メダカのエサをすり潰さなくても食べられるくらい大きくなった赤ちゃんを大人メダカと同じ水槽に入れています。
もし病気だったら改善策があれば教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> メダカが頭を下にしてエサを探すように泳いでいるんですが、これは病気ですか?
・餌の探すときだけ、逆さ立ち泳ぎをするのならば、個体の問題(癖)なので問題ありません。

終日、頭を下にした逆さ立ち泳ぎをするのならば、残念ながら鰾(浮き袋)の異常が考えられます。
自然に治ることもありますが、確率的に完治率は、あまり高い方ではありません。
鰾(浮き袋)の異常は、伝染性の疾患ではありませんから、他の魚に移ることはありません。

とりあえずの対策は、飼育水の清水化になります。
・ブクブク(エアストーン)を設置(無い場合)し、水中の溶存酸素量を高めること。
・底砂や濾過器の清掃。
・マメな水換え。

薬剤を使用する場合は、隔離水槽にエアレーションを施して、オキソリン酸製剤による薬浴。
オキソリン酸製剤=グリーンFゴールドリキッドなど。
オキソリン酸製剤を規定量、水槽に投入。
治療期間は7日間。
3~4日目に水替え50%と追薬。
ただし、薬剤を使用しても劇的に改善する可能性は、あまり高くありません。

Qメダカの水槽の水を取り換える方法

初めてメダカを飼い始めました。

水の取替え方法についてネットなどで調べると、
「半分取り替える」となっているのですが、
具体的にどうやって「半分」取り替えるのでしょうか?
底にたまった食べ残しのエサやふんを吸い上げるポンプなどが必要なのでしょうか?
オススメの方法がありましたら教えてください。

取替え用の水は昨日からバケツに入れてベランダにおいてカルキ抜きをしています。
ところで、カルキって外においておくだけで抜けるものなのですか?
それとも、日光に当てなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

つけたしというか、いちばんお手軽なのは、小型の灯油ポンプか、10から20mlのスポイト(ピペット)でしょうか。うまく探せば100円、ホームセンターで200円ほどです。
100円ショップか、ホームセンターの理科機器や潤滑油・計量モノが置いてあるあたりを探してみてください。
飼育用品コーナーで売っているものは、やっぱり割高です。

ろ過の話がありましたが、水槽のサイズやメダカの数にもよりますが、バランスをうまくとって水草などを投入すれば、水草と自然に発生するバクテリアによる生物ろ過で、水質を保つことができます。メダカを多くしすぎない(1匹に対して水3リットルほどの割合)ようにすれば、エアやろ過装置がなくても十分飼えます。水換えもたまーにやればいいくらいで済みます。(ウチの水槽は1年ほど換えていませんが…)
ろ過バクテリアですが、急ぐ場合は市販のバクテリア液の投入がいいでしょう。ただ説明書には継続的な投入となっていますが、いったん水槽内のバクテリア相が安定すると、再投入してもあまり意味はありません。(新たに投入しても排除されるだけ)ですから、しばらく経って生物ろ過の効果が薄れるようでしたら、水槽内のバランスがどこかおかしいと考えて改善したほうがいいようです。

ただ、底に汚れはたまります。分解はされていくんですが、見た目はよろしくありません。見た目を考えると、時々吸い上げて掃除をする必要があります。

塩素については、くんで放置しておくだけで十分抜けます。急ぎで水温をあげたい場合は、日光に当ててやるといいでしょう。
もっとも、急激な水質の悪化で、緊急に換えたほうがいい時は水道水そのままでもかまいません。
半分ぐらいの量でしたら、さほどメダカには影響がないようです。

つけたしというか、いちばんお手軽なのは、小型の灯油ポンプか、10から20mlのスポイト(ピペット)でしょうか。うまく探せば100円、ホームセンターで200円ほどです。
100円ショップか、ホームセンターの理科機器や潤滑油・計量モノが置いてあるあたりを探してみてください。
飼育用品コーナーで売っているものは、やっぱり割高です。

ろ過の話がありましたが、水槽のサイズやメダカの数にもよりますが、バランスをうまくとって水草などを投入すれば、水草と自然に発生するバクテリアによる生物ろ過で、水質を...続きを読む

Q子めだかが成長しません。

去年の夏ごろから秋(8月~11月)にかけて、飼っているめだかが卵を生みました。卵つきの水草ごと別の水槽に移して育て、現在孵化した子めだかが約20匹ほどいます。
めだかの飼育についてのHPをいくつか見てみた所、子めだかは孵化から3ヶ月後には親めだかと変わらない大きさまで成長するとありました。ところがうちの子めだかは、一番若いものでも生まれてからほぼ3ヶ月は経っているはずなのに、成魚の大きさまで成長しているものが一匹もいません(最も大きいもので1.5cmほど、小さいもので5mmほどです)。
餌は朝に一日一回、水槽はエアポンプなしです。水草についていたサカマキガイがこの水槽内で大繁殖しつつあるのですが、全て取り除いてしまうとあっという間に水が汚れてしまうので今の所放置しています。

何かご存知の方はご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

卵&稚魚を入れている水槽はどのくらいの大きさですか?
あまり小さいものだと、それに比例した大きさぐらいにしか成長しないと思います。
うちでもメダカを飼育していますが、先に孵化して1リットルぐらいのプラケースで育てている白メダカたちは
数ヶ月後に孵化して30センチ水槽で育てている楊貴妃光の半分強ぐらいの大きさしかありません。

また、エアポンプ(フィルター?)は
できれば設置した方がいいのではないでしょうか。
水槽内で良い環境がすでに出来上がっているのなら問題ないと思いますが…
小さなスポンジフィルターを一つ付けるだけでも
だいぶ違うと思いますよ。


人気Q&Aランキング