人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

フラットハンドルからドロップハンドル化へカスタマイズの質問です。
トレックMTBの13年式X-Caliber 8を購入してしばらく、長距離を乗ることが多くなってきて快適に乗りたいと思い初めています。
バーエンドの取り付けも考えているのですが、バーエンドを取り付けると自身の肩幅より開いた形でのバーエンドを持つこととなり、バーを切ることとなりそうです。切るくらいならドロップハンドルへの換装も考えてみたのですが、ディスクブレーキでのドロップ化は可能なのか、可能であれば予算やお勧めのパーツなどを教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ディスクブレーキでのドロップ化はVブレーキよりは簡単です。


というのも、シクロクロス系の自転車でここ最近ディスクブレーキ仕様のものがちょくちょく出たり、昨年あたりからロードバイクにもディスク仕様のものが出てきてますから、これらのパーツの流用ができますから。

ただ、現時点ではほぼ選択肢がメカディスクのみになります。
シマノのBR-CX77、BR-R517、BR-R317
AvidのBB-7 road
TRPのHY/RD、Spyre
あたりがドロップハンドル用のブレーキレバーで使用できるディスクブレーキです。

油圧の場合はそもそも油圧レバーが必要で、現状SRAM Red-22(11x2速)、SRAM S-700(10x2速)、シマノST-R785(電動11x2)、TRP Hylex(変速なし)の4種類が存在してます。
秋くらいにはシマノ ST-RS765(メカ11x2)が発売されます。
ただ、こいつらほぼ11速用なのでホイールを含めて変則系のパーツすべて入れ替えが必要になりますし、レバー+油圧ブレーキだけで10万近くしたりでドロップ化するだけだったら正直無駄かも。。
飛び道具としてはワイヤーと油圧を変換してくれるコンバーターもありますが、、あまりよい評判を聞いたことはありません。
http://www.akiworld.co.jp/trp/d-PARABOX-R.html

また、変速のほうも問題になります。
シマノの場合リアの9速までは、ロード/MTB基本同じでしたが10速以降は公式には互換性がありません(とはいえ、ロード用のスプロケット/ディレイらーに変えればよいだけですが。。)
また、ロード用11速はフリーハブの幅が広くなったので11速の場合はホイールの交換が必要になる可能性もあります。(MTB用11速は同じだが、ロードと互換性があるか不明)
SRAMのほうは情報が少なくてちょっとよくわからないです。。
フロントは、そもそもMTBとロードでは基本的に互換性がありません。。
無理やり使って調整でごまかすか、ロード用のクランク*ロード用のディレイラーに交換するしかないです。
変えるならシマノのFC-CX70/50、FD-CX70/50が確実かと。下引きタイプのディレイラーも選べますし、チェーンステイとチェーンリングの干渉もしにくいと思いますし。

ただ、上記に書いたように「ほぼすべてのブレーキ系、変速系のパーツ入れ替え」が必要になります。へたすればフレームとフロントフォーク以外すべて交換です。
正直、新しいハンドル買ってバーエンドつけてもおつりが有り余るくらいですし、
最近出てきてるディスクブレーキ付きシクロクロスや、ロードの安めのモデルなら変えちゃうくらいのお金かかるかもしれないですね。。
    • good
    • 0

メカディスクで gevenalle(最近までRetroshiftという名前でしたのでその名称で検索するといろいろ出てきます)、


フロントをシングル、リアをシマノ9S以下(またはロー30t以下の10s)にするなら比較的簡単です。
メカディスクとGevenalleのレバーと後シフター、適当なドロップハンドルにステムをやや短めにすれば自分でやるなら4万かからないでできるかと。

ただ、ロードよりトップチューブ長いし、フレームはおそらく相当固いし(タイヤの圧で調整できるとは思いますが)、
なんちゃってロードにもならない別の乗り物になるということは理解しておいた方が良いかと。

同じくらいの予算で長距離を快適に乗りたいならバーエンド着けたうえでディスクハブ+ロードのリムでホイール組んでもらって
ロードタイヤ履く方が効率的だと思います
    • good
    • 0

こんにちは、単刀直入で言うと止めた方がいいですよ・・大体からしてMTB・・その名の通りですダウンヒル用に造られた様々ななパーツを交換する事になると言うか・・そもそも・・ツーリング&長距離に向いていないフレームです。

いくらロード、クロス系のパーツを付けても無理があって体に負担がかかります。お金、時間、乗り心地の悪さを覚悟してされるのならOKですが、ただ長距離が増えてきたのでと言うことならば、長距離用の自転車を購入した方が安くしかも安全に快適に乗れるかと思いますよ^^靴で言えば、トレッキングシューズをどうにかして・・マラソンに使いたいとおっしゃってるようなことです。自転車は体むき出しで走る乗り物ですので、安全は1番と考えてくださいね。その改造で事故った場合、保険が下りるのは難しいかもしれません。では、良い自転車ライフを^^
    • good
    • 0

>切るくらいならドロップハンドルへの換装も考えてみたのです


ドロップハンドルに変えるくらいなら切ってバーエンドを
つけた方が良いです。
>長距離を乗ることが多くなってきて
ドロップハンドルにしただけで変わる訳では
無いですよ。トータル的なバランスです。
ドロップハンドルに変える費用を考えると
MTBはそのままMTBとして使用し
新たにロードバイクを買った方が満足度が
高いですよ。
長距離を快適に走るためならバリバリのレースモデルや
高価なコンポーネントでそろえる必要もないし。
    • good
    • 0

様々なアプローチがありますが、手元変速で、となると、もう一台、車体が買える位の予算が必要でしょう。


手元変速を諦めれば、クランプ径25.4mmレバークランプ径22.2mmが使えるピスト用ドロップハンドルでシフターをドロップハンドルの端にくっつけると、可変ステムに変更して真下に向けてポジションを出して、1万円ちょいで可能でしょう。が、使い勝手は保障出来ません。

ドロップハンドルじゃあないけれど、それに近くて手元変速が可能で無難なのは、クランプ径25.4mmのピストバイク用ブルホーンハンドルの先端にシフターを付ける、というスタイルです。あるいは、ドロップファイヤーというアダプターを使えば、通常のロード用ブルホーンハンドルがどれでも使えます。
この場合、予算は1~2万円程度かな。
必要パーツは、検索ワードに必要寸法を入れるとすぐに出てきます。
    • good
    • 1

・油圧ディスクの問題をどうやってクリアするか


・上引きフロントディレイラーの問題をどうやってクリアするか

の2点の難易度高けー
検索すると涙ぐましい努力で何とかしている人はいなくもないが、
機械加工など伴って難易度高けー
(油圧ディスクのレバーを自作ステーにマウントして手作りワイヤー→油圧変換ユニット作ってる人までいる)
「困難を克服することそのものが楽しみだ」
なら、良いんですけれど、単に実用面だけなら
バーセンターバーぐらいが現実的
http://ameblo.jp/binetu-chunen/entry-11417891799 …
    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMTBをロード仕様にしたいんですvol.2

MTBをロード仕様にしたいんです。
ハンドルをドロップにすることは可能ですか?
あと、ロード仕様にするならどんなパーツがありますか?
GIANT ROCK5000DISC 
の場合は、どのパーツが必要ですか?
お勧めを教えてください

Aベストアンサー

ぴったりなサイトがありました。
http://donden.bufsiz.jp/MTB-drop.html

Q29インチのMTBは通勤に不向きですか?

毎日ではありませんが、約10kmの通勤に自転車を使おうと考えています。
その他、林道散策、50~100km程度のツーリングにも興味があり、幅広く乗れる自転車を選びたいと思います。

私の住んでいる地方の路面状況は最悪で、しかも体重(85kg)が気になることもあり、頑丈さという条件は譲れないところです。しかし困ったことに、「ある程度スピードも出したい」という欲求もあります。
シクロクロス、クロスバイク等と比べてどうでしょうか?楽かどうかは別として、やはりスピード面では劣りますか?やめた方がいいで消化?

カミさんに罵倒されながらも、予算はどうにか20万円を確保しました(爆)
私の自転車選びにアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

一応補足しておきますね。
無印のTCRと言ったのはTCRにはいくつか種類があるんですよね。
T-モバイルが使っているモデルを筆頭にね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/giant/tcr.html
これと、HPはオールアルミです。
ただ、このままでもレースに出れるくらいのギア比になっているのでおっさんにはかなり厳しいですよね。
と言うわけで、コンパクトクランクの登場です。
あと、ホイールセットもこれよりも剛性の高いフルクラム5などに買えても予算内に収まります。

あとね、ドロップハンドルに乗り慣れちゃうとフラットバーのバイクにのろうなんて気は起きなくなります。
ちなみに私もロード歴一年未満の初心者でっせ~。
けど、服だけはパールから出ているマイヨ・ジョーヌ柄のウェアとか揃えたりしちゃいました。

あ、大事なことを忘れていた。
大事な物を守るために、パット入りのサイクリングショーツと穴あきのサドルを導入することをお奨めします。
慣れない前傾姿勢で長距離を走ることになると、しびれてきて役立たずになりますよ(^_^;

あと、ツール・ド・フランドルというキーワードで捜してみてください。
オリンピックのモットーのように完走することに意義があるというある意味恐ろしいレースです。
パンク、落車は当たり前というか(^_^;

そう言うレースがあるくらいだから、ロードでも林道を走れますよ。
ここでもアルミのメリットが出てきたりします。
カーボンだとタイヤによって跳ね上げた小石が当たると打ち所が悪いとそこのところがペリっとはがれてくるんです。
アルミだと、塗装がはげるくらいで済むんです。

一応補足しておきますね。
無印のTCRと言ったのはTCRにはいくつか種類があるんですよね。
T-モバイルが使っているモデルを筆頭にね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/06bike/giant/tcr.html
これと、HPはオールアルミです。
ただ、このままでもレースに出れるくらいのギア比になっているのでおっさんにはかなり厳しいですよね。
と言うわけで、コンパクトクランクの登場です。
あと、ホイールセットもこれよりも剛性の高いフルクラム5などに買えても予算内に収まります。

あとね、ドロップ...続きを読む

Qボトムブラケットの規格 測り方がわからない

BBを交換しようと思いますが、規格の一覧を見つけましたが、
どう測ったものかわかりません。
http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/bottom_bracket.html#BBshell
BB交換の際に見るのはBBシェルの規格と、テーパー規格だけでいいでしょうか?

BBシェルだから、BBの幅ではなく、フレーム側の幅を計ればいいんですよね?
はずしたほうが正確なのですが、面倒なので、つけたままBBとBBシェルの間を、
クランクが邪魔だなと思いつつノギスで測ったら、68.5mmでした。
これはISO,JIS規格だとおもっていいでしょうか?

Aベストアンサー

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。

・Peugot CADET (2003年春~夏ごろの購入だと思う)
BB shimano 「BB-LP28」 68 BC1.37x24
クランク shimano 「FC-MC20」
で、こちらは答える必要がないくらいシマノですね。
JISテーパー。
軸長は、実物を計って調べてください。
情報としては、126mmが適合するはずですが…
確実なのは現物の軸長です。

いずれも最近のBBですので
オフセットは普通です。

また、110.5と110とか111とかは、
神経質になる必要は在りません。
=近似値で調整可能と考えて良いです。
逆に言えば、110必要なんだけど、
すこしアウタートップを軽く使えるようにしたい…とかの場合
111でも113でも使用可能です
オフセットは左右均等なので、
1mmの長さの差=チェーンリングが0.5mmずれるだけ。

また。
四角テーパーの泣き所ですが、
そう言う使い込んだクランクの場合、
勘合部がどうしても減ってしまい、
前よりも深く刺さるようになってしまう場合が多くあります。
ですので、
110.5の軸長が標準であれば
111や113を選択すべきです。
間違っても109とかは選択すべきではありません。
=勘合が深くなっているのと合わせて3mm以上ギアが内側に入ると
アウタートップやミドルトップがかなり苦しくなります。
=チェーンがすこしごりごり言っているかもしれません。

パーフェクトな補足ありがとうございます。

・TREK 1.5(2008年モデル?)
BB 「VP-BC82」 BC1.37"x24T 68x110.5
クランク ボントレガー 「BR7GADE」
>1.37"x24T(ネジ径) 68(シェル幅)x110.5(軸長)が
BB規格。
もうJIS68ハンガーで間違え在りませんね。
で、肝心のテーパーですが…
ボントレガーのクランクは、もともと
シマノ置き換え品として作られているものがほとんどですので
アメリカ製であったことからもJISテーパーです。
=ISOテーパーは基本ヨーロッパ系・フランスイタリア系のパーツです。
...続きを読む

QロードバイクにMTB用ギアクランクを取り付けたい

現在乗っている、ロードバイクがボロボロなのでパーツ交換を勉強しながら試行錯誤しています
何度も、小分けに質問してしまいすいません

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7911116.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7913784.html

今のロード用のトリプルギアクランクが、古いのともう少し歯数の小さいものに変更して見たいので、自転車の勉強の意味も兼ねて、MTB用の物(今のところ候補はACERAのトリプル)に変更したいのですが、調べてみても、いくつかわからないことがあるので質問させていただきます

1.ロードにMTB用のギアクランクは取り付けられますか?(もしかして取り付け規格が違うのですしょうか?)

2.SHIMANO2300のフロントディレーラーでもトリプルギアのチェンジはできますか?

似非ツーリング車を目指しているのでこちらを参考にしているのですが
http://www.giant.co.jp/giant12/bike_datail.php?p_id=00000076&action=fullspecs
どうやら、こちらのカタログスペック通りだと
ロード用ディレーラーにMTB用ギアクランクの組み合わせでも問題なさそうなのではあるんですけど・・・
ネットで調べたところ、ちゃんと機能しないといった検索結果もでてくるので
やはり、フロントディレーラーもリア同様にMTB用に交換しないといけないのでしょうか?
そうなると、今の自転車の取り付け法が直付というやつらしいので、MTB用のフロントディレーラー(バンド式?)がちゃんと付けられるかわからないのですけど…うーむ
それとも、そもそもギアクランクが対応してないのかな?

3.ちょっとそれますが、ロードの今のギアクランクはFSA VERO 30/42/52T、フロントディレーラーがSHIMANO2203というのですが
もし、MTB用が無理なら、これとフロントディレーラーをそのままロード用の新しいものに変えようかと思いますが
その場合ですと、現在の販売モデルだとこちらでいいのでしょうか?

http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/products/road/2300series/product.-code-FC-2303.-type-..html

http://cycle.shimano.co.jp/publish/content/global_cycle/ja/jp/index/products/road/2300series/product.-code-FD-2303-F.-type-.fd_road.html

長くなってしまい、無知なところも多いかと思いますが、どうかよろしくお願いします

現在乗っている、ロードバイクがボロボロなのでパーツ交換を勉強しながら試行錯誤しています
何度も、小分けに質問してしまいすいません

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7911116.html
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7913784.html

今のロード用のトリプルギアクランクが、古いのともう少し歯数の小さいものに変更して見たいので、自転車の勉強の意味も兼ねて、MTB用の物(今のところ候補はACERAのトリプル)に変更したいのですが、調べてみても、いくつかわからないことがあるので質問させていただきます

1.ロー...続きを読む

Aベストアンサー

どうもご質問のリアディレーラーの件で回答させていただいた者です

自分はやったことないですけど、MTBクランクをロードフレームに装着するのは可能なようですよ
BBごと交換ということになりますけど

いくつか注意点をあげておくと、
FDが直付けということなので、シートチューブの形状が丸パイプではないのではないでしょうか?
だとするとバンド式のFDは付きません
あとMTB用の直付けFDをロードの直付け台座に装着するのも無理です
台座の向きがちがうためです
だからやるとしたら、今使ってるロード用トリプルFDをそのまま使うのが良いかと

そしてMTB用とロード用では同じトリプルでもチェーンラインが違います
そのためアウターに変速するために長めの調整ネジを用意しないといけないようです
もともとトリプルはダブルと比べて調整が面倒なわけですが、さらにシビアになるのは間違いないことと思います

そんなわけでもし低ギヤ比化が目的なのであれば、ギヤ板だけ交換してはいかがでしょうか?
アウターとミドルはPCD130、インナーはPCD74であれば、メーカーが違っても互換性はあります
もちろん9速用とか10速用のギヤ板でも使用可能です
PCD74インナーの最小サイズは24Tなので、今のクランクでもかなり低ギヤ比化できますよ
それが1番いいんじゃないかなと思います
2303クランクは値段は安いんですけど、交換するメリットがないんじゃないかな?
ちなみにインナーに24Tとか26Tを使った場合、トータルキャパシティ超えますけど、問題ないので気にしなくても大丈夫です
まあ金額のこともよく考えて、1番お得な選択をしてくださいませ!

どうもご質問のリアディレーラーの件で回答させていただいた者です

自分はやったことないですけど、MTBクランクをロードフレームに装着するのは可能なようですよ
BBごと交換ということになりますけど

いくつか注意点をあげておくと、
FDが直付けということなので、シートチューブの形状が丸パイプではないのではないでしょうか?
だとするとバンド式のFDは付きません
あとMTB用の直付けFDをロードの直付け台座に装着するのも無理です
台座の向きがちがうためです
だからやるとしたら、今使ってるロード用トリプ...続きを読む

Qクロスバイクのハンドルをドロップハンドルにしたい

BianchiのCamaleonte II 2014年モデルに乗っています。
長距離の移動では脚より手が痛くなってしまい困っています。
バーエンドを付けてみましたが街中を走るにはあまり向いてないようで。
そこで巷ではあまり評判のよろしくないクロスバイクのドロハン化に挑戦してみようかと。

自分なりに調べてみてみました。コレで問題なくドロハン化できるかご教授ください。

☆ブレーキバーについて
 ★TEKTRO RL520 SILVER BR-TK-162
 ★SHIMANO ロード用SUSブレーキケーブルセット

☆シフトレバー
 ★SHIMANO DEORE SL-590 (3×9段) 左右セット
 ★DropFire (2個セット)

☆ハンドル
 ★アナトミックシャロー タイプのハンドル
 ★バーテープ
 ★ステム

いろいろ調べてみて書いてみましたが、自転車については素人です。
一番 ? だったのはシフトレバーについて。
検索して一番最初にヒットしたのはバーエンドコントロールでしたが、デザイン的に???だったので
今乗ってる自転車に近い形になるように考えてみたのですが、これでいけるのでしょうか?

あと最後に。
いろいろ調べているうちにクロスバイクのドロハン化に対しては否定的な意見がたくさん
目に付きました。が、あくまでも手の負担を軽減させたいということでのドロハン化です。
ですのでクロスバイクのドロハン化についての否定的な意見は結構です。
今はお金が無いのですぐには買えませんが、いずれロードバイクを買いたいと思っていますので^^;

長々となりましたがどうぞお手柔らかにご教授おねがいします。

BianchiのCamaleonte II 2014年モデルに乗っています。
長距離の移動では脚より手が痛くなってしまい困っています。
バーエンドを付けてみましたが街中を走るにはあまり向いてないようで。
そこで巷ではあまり評判のよろしくないクロスバイクのドロハン化に挑戦してみようかと。

自分なりに調べてみてみました。コレで問題なくドロハン化できるかご教授ください。

☆ブレーキバーについて
 ★TEKTRO RL520 SILVER BR-TK-162
 ★SHIMANO ロード用SUSブレーキケーブルセット

☆シフトレバー
 ★SHIMANO DEORE SL-5...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

私も一台組み立てましたので、
その経験に基づいてアドバイスいたしますね。

まず、ハンドル周りについてはロードバイク用のものを買ってしまって下さい。
つまり、普通にSTIレバーで大丈夫ということなんです。

肝心なのは、以下の一点に尽きます。
現在付いているのは「Vブレーキ」ですよね?
これを、柄の短いショートタイプに交換して下さい。
テクトロから発売されていますよ。
実際、これで全て解決です。

安上がりでしょう?……(^^ゞ

自称玄人の方々は「テクトロ? ド素人向けの安もんじゃねぇか(ノ∀`)」
という意見でしょうけれども、まったく問題ありません。
単なるブランド志向です。

ハンドルですが、シャロータイプも使ったことがありますが、
今はJフィットを愛用しています。
人間の手は、曲線パイプを握るようにはできていませんので、
下ハンの握り位置がストレートになっているJフィットが快適ですよ。

また、ステムは商品によってコラムハイトが異なりますので、
コラムスペーサも、あらかじめ数種類の厚みを用意しておくと
すぐにピッタリした位置に組み上げられて便利ですよ。
※ステムのコラムハイトが低く変わると、組み付け自体が行えません。

また、「JAGWIRE BSA035 ROCKET II アジャスターキット」も必須です。
というのも、おそらくお乗りのクロスバイクのスプロケットはMTB規格ですので、
ロードバイク用とはスプとケットの間隔が異なり、
3段用のSTIを使用しても、2段しか切り替えできません。
つまり「小・中」か「中・大」にするかという選択になります。
この調整に、上記したパーツが非常に便利なのです。
ちなみに、私は中・大で運用しています。



レース出場を目指すならともかく、
趣味で乗るなら、街乗りがメインとなるはずですので、
むしろ制動力の強いVブレーキのほうが安全ですよ。

もし、ご不明な点があれば「お礼」機能で再度質問してくださいね。

ではでは(^_^)

こんにちは。

私も一台組み立てましたので、
その経験に基づいてアドバイスいたしますね。

まず、ハンドル周りについてはロードバイク用のものを買ってしまって下さい。
つまり、普通にSTIレバーで大丈夫ということなんです。

肝心なのは、以下の一点に尽きます。
現在付いているのは「Vブレーキ」ですよね?
これを、柄の短いショートタイプに交換して下さい。
テクトロから発売されていますよ。
実際、これで全て解決です。

安上がりでしょう?……(^^ゞ

自称玄人の方々は「テクトロ? ド素人向けの安もんじゃ...続きを読む

Qクロスバイクにバーエンドバーなんか付けるよりもドロップハンドルのほうがいいのでは

クロスバイクにドロップハンドル付けても無意味だとか能無しだとか言う奴がいますが
クロスバイクのハンドル低くしてバーエンドバーを付けて乗るよりもドロップハンドルのほうが良いのではないでしょうか。
バーエンドバーはネジでハンドルに付いてるだけで危険だしブレーキも無いから
握って走っていても咄嗟の時にブレーキかけられなくてこれも危険だ。
その点、ドロップハンドルだったら全てハンドル1体になってるから丈夫だし
Vブレーキ専用のレバーと補助レバー付ければ、どこを握って走っていてもブレーキかけられるから
安全ですね。
だから、ドロップハンドルのほうが有能で有意義なのではないでしょうか。

Aベストアンサー

バーハンドルで最適化されたポジションにバーエンドバーを、たとえバーハンドルの両端を切って短くして付けたとしても実際に握ってみればわかりますが腕は開くわ腕は遠いわでロクなことがないんですね。

実際に私も体験してます。
そんなバーエンドバーを握るんだったらドロップにしたほうがよっぽど良いんです。
で、何でバーエンドバーをつけるのかと。
実際にバーハンドルで長時間乗るとわかるんですけど手首や肩がコチコチに固まるんで、握りを変化させて分散緩和したいがためなんで。

けっしてクロスバイクでロードバイクを喰うためのもんじゃないんですけど、「自称バイクに詳しい人」の変な偏り方をしている人ほど否定したがるんですよね。なぜか。
だって自身のライディングスタイルに最適化し、最効率を図る人力車でしょ?自転車って。
ならばクロスバイクにドロップハンドルは全然変じゃない。

ロードバイクにバーハンドルのフラットバーロードってカテゴリめいたものが存在してその逆は否定されるなんて変じゃないかと思うんですよね。


ちょっと余談。
エンド幅130のロードバイクのホイールと135mmのクロスバイクホイールでは構成素材・ギヤ枚数が同一なら断然135mmホイールのほうが潜在的性能は上になる。耐久性や機械的強度において。
これは反フリー側のスポークテンションがフリー側のテンションに近くなるためなんですけど、なぜかロードバイクの130mmホイールをありがたがるんですよね。
荷物を積んだツーリング・ブルベバイクなんかはクロモリなら135mmに拡大するも良し、クロスバイクフレームを使うも良しだと思いますよ。
多分ね、誰かから聞いた事を背景も考えずに話すからそんなことが起きるんだろうなって思ってますけど。

レースオンリーじゃないでしょう。ロードバイクって。クロスバイクって。


なので私的にはそのバイクの使い方、かかるコストや改造度合いによっても変化し得るものであり最適解は常に変化し得る。
ドロップハンドルでもバーエンドバーでも良いんじゃない?
本人さえ現時点で「良しとする」なら。
ただし、その解を卑下・否定する必要は決して無いってことなんじゃないかと。
そう思うんですよね。

バーハンドルで最適化されたポジションにバーエンドバーを、たとえバーハンドルの両端を切って短くして付けたとしても実際に握ってみればわかりますが腕は開くわ腕は遠いわでロクなことがないんですね。

実際に私も体験してます。
そんなバーエンドバーを握るんだったらドロップにしたほうがよっぽど良いんです。
で、何でバーエンドバーをつけるのかと。
実際にバーハンドルで長時間乗るとわかるんですけど手首や肩がコチコチに固まるんで、握りを変化させて分散緩和したいがためなんで。

けっしてクロスバイク...続きを読む

Q長距離ツーリングに使う自転車

来年の夏休みに静岡から北海道まで自転車旅行をしたいと思っています。

今年のゴールデンウィークから、バイトとトレーニングを始める予定です。
目標がないと動けないタイプなので、「これにしよう」と決めてから働こうかと思います。
そして、貯めたお金で新しい自転車を購入しようと考えているのですが、車種が多すぎてどれを買ったらいいかわかりません。

予算はまだわかりませんが、20万ほど予定してます。

Aベストアンサー

私も学生時代は自転車ツーリングの日々で、休みごとに長期で走っていました。北海道への聖地巡礼(笑)も毎年行っていました。

まず自転車ですが、他の方も書かれているようにツーリングに適した自転車というのは一般的なロードバイクとはかなり異なります。ロードバイクはレース用ですが、ツーリングとなると実用車です。馬に例えるなら、ロードバイクが入念な調整、世話をして、一発のレースで最高の走りをするサラブレッドであるのに対し、ツーリング用自転車は最低限の水とエサで死ぬまで働かされる馬車馬や農耕馬です。サラブレッドは馬車を引けませんし、馬車馬や農耕馬は速くは走れません。とにかく壊れずに安定して走ってくれる自転車がツーリングに適した自転車です。

ロードバイクはレース用ですから、定期的なメンテナンスなどそれなりの扱いをしてやらないとすぐにトラブルが発生します。またギアもノーマルの状態では高速寄りの重いギアの場合が多いです。その意味ではキャノンデールのCAAD9などは非常に良いフレームではありますが、荷物を積んだロングツーリングには向きません。キャリアの取り付けも原則不可能ですしその耐久性も微妙な所です。
DEFYやFELTのZシリーズは荷物を極力減らした快速系ツーリングを目指すなら何とか大丈夫という所ですね。逆にこのスタイルは旅慣れた上級者向けだと思います。
難しい事を考えずに、一応のツーリング用自転車をという事ならジャイアントグレートジャーニーやルイガノのGMTをお勧めします。ベストではないにしてもとりあえず大きな失敗はありません。これらをベースに自分流に改造する手もあります。

私はこれまでのロングツーリングではすべてMTBをオンロード用タイヤに交換して、後ろにキャリアを付けてサイドバッグを二つ付けるというスタイルでした。ドロップハンドルは確かに様々なポジションが取れ楽ではありますが、これはかなり慣れの要素も大きいと思います。また、耐久性という点から見ると圧倒的にMTBの方が有利なのは事実で、自分は海外ツーリングへも頻繁に行っていたため耐久性優先でMTBを使っていました。ポジションに関してもバーエンドを追加する事である程度は増やせます。もちろん国内の舗装路メインであればさほど耐久性が必要とは思えませんからドロップハンドル採用のツーリングバイクでも問題はありません。この辺は自分の旅のスタイルと何を優先するかで考えましょう。

ホイールは絶対に一般的な手組みホイールにすべきです。キャリアとホイールは最も壊れる可能性が高いパーツです。自分は実家に予備のキャリアとホイールを用意してトラブルの際には送ってもらえるようにしていました。
フレームの材質に関してては特にこだわらなくても良いと思います。確かにクロモリは修理が容易ではありますが、余程ひどい扱いをしない限りはフレームが壊れる事もありません(特にMTBなら)。国内ツーリングであればフレームの破損はまずあり得ませんので、フレーム材質をクロモリに限定すると自転車が限定されてしまうと思います。
泥除け対策は必要ですが、後ろにキャリアを付けてキャリア上面にプラスチック板などを置けば泥除けの役目を果たしますから専用品は必要ないでしょう。また左右のサイドバッグの上にも荷物を載せるのなら荷物が泥除けの役割を果たしてくれます。防水の袋などに入れると荷物も濡れません。余計なパーツは輪行や修理が必要になった時に邪魔になります。

荷物も極力減らしましょう。持っていたほうが便利かも、というものはまず必要の無いものです。国内であれば至るところにスーパーやコンビニがあり何でも買えますから仮に食料や装備が無かったとしても命に関わる事はまずありません。使うか分からない重い装備に翻弄されて体力を消耗するのはどう考えても利口ではありません。ロングツーリングではいかに装備を取捨選択して少なく出来るかで最初の勝負は決まります。自分は毎年北海道を野宿しながら一ヶ月以上走っていましたが、それでもサイドバッグ左右二つと小さなリュックサック一つ(サイドバッグの上に載せてネットで固定)、容量50リットル程度で重量は15キロ以下だったと思います。(修理工具、テント、寝袋、自炊道具、着替えなど全て入れて)。食料などを買った時はリュックに入れるかネットに挟んでいました。

北海道は夏でも10℃以下になる事もありますから必ず保温系の防寒着も一着はお忘れなく。
気合を入れてのトレーニングは特に必要ないと思いますが、とにかく自転車に慣れる事だと思います。どんなコンディションでも100キロ程度は走れるようになる事を目標にしましょう。これは慣れてしまえばそれ程大変ではないですし、体力よりも慣れの要素が大きいです。また、荷物を積んでの走行は通常の感覚とは異なりますし、出来れば事前に装備を積んで走ってみるのが良いでしょう。

私も学生時代は自転車ツーリングの日々で、休みごとに長期で走っていました。北海道への聖地巡礼(笑)も毎年行っていました。

まず自転車ですが、他の方も書かれているようにツーリングに適した自転車というのは一般的なロードバイクとはかなり異なります。ロードバイクはレース用ですが、ツーリングとなると実用車です。馬に例えるなら、ロードバイクが入念な調整、世話をして、一発のレースで最高の走りをするサラブレッドであるのに対し、ツーリング用自転車は最低限の水とエサで死ぬまで働かされる馬車馬...続きを読む

Qバー径が22.2mmのドロップハンドル

ステム径が25.4mmでバー径(ハンドル径)が22.2mmのドロップハンドルって売っているのでしょうか?
ご存知の方、メーカーや扱っている所を教えてください!
御願いします。

Aベストアンサー

ステム25.4mm、外径22.2mmというと、フラットハンドルと同じですね。
ドロップで25.4/22.2mmというのは普通は出ていないと思います。
(基本的に需要がありませんから)
だいたいはステムクランプが26.0か31.8で、グリップ部23.8じゃないでしょうか。
でないと、一般的なドロップ用のSTIなどが何も使えないですから。
ブルホーンも、一部にはグリップ部22.2mmの物もありますが、大半はドロップに準じています。
なぜ25.4/22.2mmのドロップが必要なんでしょうか?
クロスバイクやMTBにドロップをつけたいということでしょうか?
だとすると、ステムを25.4から31.8のものに交換して、ドロップは通常の31.8mmクランプタイプにして、普通にSTIつけるのが一般的です。
ただ、ブレーキはクロスやMTBだとVでしょうから、ロード用STIだと引き量足りないと思うので、コンバーターかませるしかないでしょうね。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/problemsolvers/br0400.html
(油圧ディスクの場合は基本的にドロップ化は無理ですから、メカニカルディスクに交換する等の対処が必要かと)
もしくは、ドロップ用のVブレーキリーチのブレーキレバーつけて、シフターは別につけるか、です。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/diacompe/287v.html
ブレーキをVからカンチにする、という手もあります。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/shimano/2004/br-r550f.html
ドロップやブルホーンのバーエンドにフラット用シフターを取りつけるアダプターというのもあります。
http://www.cb-asahi.co.jp/image/kokunai/aoi/dropfire.html
それとも、全く別の目的でしょうか?

ステム25.4mm、外径22.2mmというと、フラットハンドルと同じですね。
ドロップで25.4/22.2mmというのは普通は出ていないと思います。
(基本的に需要がありませんから)
だいたいはステムクランプが26.0か31.8で、グリップ部23.8じゃないでしょうか。
でないと、一般的なドロップ用のSTIなどが何も使えないですから。
ブルホーンも、一部にはグリップ部22.2mmの物もありますが、大半はドロップに準じています。
なぜ25.4/22.2mmのドロップが必要なんでしょうか?
クロスバイクやMTBにドロップをつけたいと...続きを読む

Q固定ギアとフリーギアの違い

多分ものすごく初歩的な質問なんですけど自転車の固定ギアとフリーギアの違いってなんですか?それぞれの特徴も教えていただけると助かります

Aベストアンサー

それほど初歩的ではない気がしますよ。
普通に乗ってる方でしたら、固定ギアとかフリーギアなんて
専門用語は出てこないとおもいますし。

ここで言うギアとは、後輪に直結しているチェーンを掛ける
歯車(スプロケットまたはコグと言います)部分の機構の違いを表して
います。

さて、フリーギアは、普通の自転車であれば、どんな自転車でも
装備されている機構です。
普通の自転車を普通に漕いで走っている時、ペダルを止めて惰性で
走る事が出来ますが、これは、後輪についているギア内部に
一方向のみに動力を伝えるラチェット構造がありまして、その機構の
おかげで、ペダルを漕がなくても前へ進むことが出来ます。
惰性で走行しているときに「チチチ・・・」という音がしますが、これが
フリーギアの出す音な訳です。

対して固定ギアとは、もうお解かりかもしれませんが、後輪と完全に
固定されていて、先述のラチェットによる機構が無い物です。
惰性で走る事が出来ず、ペダルを止めて走行することが出来ません。
惰性で走ろうと思っても、ペダルが回ってしまうんですね。

フリーギアは、一般車をはじめ、ロードバイクやマウンテンバイク
など、一般的な自転車に装備されています。
後輪多段ギアであれば、間違いなくこちらです。

固定ギアは、トラックレーサー(競輪のそれです)、最近ではピスト車
BMXなどで採用されています。
こちらは、構造上、後輪の多段化は不可能で、シングルギアのみでしか
運用出来ません。

・・・と、こう書くと、固定ギアっていいイメージがしませんが、
固定ギアファンの方もたくさんいらっしゃいます。
先にも書いた通り、固定ギアは後輪に完全に固定されていて
正転も逆転も出来ます。(やろうと思えば後ろにも走れると言うこと)
トラックレーサーで顕著なのですが、トラックレーサーは走る以外の要素
を徹底的に排除していて、軽量化の為にブレーキも装備されていません。
では、どうやって止まるか?
答えは、「回っているペダルを逆に回して止まる」のです。(バックを踏む)
但し、トラックレーサー(ピストも含む)はブレーキを装備していない為に
法律上は公道は走れません。
しかし、自転車と一体になっている感覚などがウケて、構造上
少々危険は伴いますが、固定ギアファンも多いのです。

それほど初歩的ではない気がしますよ。
普通に乗ってる方でしたら、固定ギアとかフリーギアなんて
専門用語は出てこないとおもいますし。

ここで言うギアとは、後輪に直結しているチェーンを掛ける
歯車(スプロケットまたはコグと言います)部分の機構の違いを表して
います。

さて、フリーギアは、普通の自転車であれば、どんな自転車でも
装備されている機構です。
普通の自転車を普通に漕いで走っている時、ペダルを止めて惰性で
走る事が出来ますが、これは、後輪についているギア内部に
一方向のみに動力...続きを読む

Qステムのクランプ径 26mmと25.4mmの違い

   
すみません、教えてください。

バイクの自作を始めまして、パーツを集めるべく物色しているところです。

気に入ったクイルステムのクランプ径が26mmとのことなのですが、これは25.4mmと同じと思っていいでしょうか。
ハンドルはフラットを検討していますが、ハンドル径が25.4mmというのが大半で26mmというのはほとんどありません(無くは無いですが)ので
同じことと思って問題ないのかなと。

よろしくお願いします。
   

Aベストアンサー

26mmはロードバイク用に多くみられるハンドル径です。
(最近は31.8mmというオーバーサイズも増えています)
25.4mmは一般車およびピストでよく使われます。
アダプタみたいなものをかますことで径の大きいクランプに
それより細いハンドルを使うことは可能です。
なにもかまさなくてもそのままで25.4mmハンドルに対応する
ステムもありますが、メーカーが対応としているもの以外は
そのままではしっかり止まらないと思った方がいいですね。

http://www.cb-asahi.co.jp/item/01/02/item20203700201.html
このようなスペーサーを使えば26mm対応のステムに取り付けられますが
ノーマルステムだと取り付けが困難かと思います。


人気Q&Aランキング