よくお葬式に行くと塩をもらいますよね。また変な客が来たりすると「塩振っとけ」なんて主人が言っているのをテレビなどで観ますよね。
 私の隣の部屋の人(アパート)の玄関の外に、小皿に乗った山盛りの塩を最近見つけました。また前に出張に行った時、泊まったホテルにもそういうのが同じ階のたった一部屋だけあったのがありました。
 お葬式のときにもらう塩は体を清めるためにあると聞いたことがありますが、他のパターンはどんな意味なのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 陳舜臣の「小説十八史略」によると、晋の武帝司馬炎が後宮に通うのに、羊の引く車で行って、羊が止まった部屋へ入る。

そのため、女は羊の好きな竹葉や塩を部屋の前に用意した。商店などでの「盛り塩」の由来はここから始まったとあります。
 それが、どのように日本へ伝わり、民間にまで継承されたのか知りません。晋は魏の後です。日本列島は無文字時代で記録がないですよね。案外、後宮の盛り塩は、「招福」の風習となって中国人によって持ち込まれ、それが日本で土着化して清めの塩となったのかもしれませんね。清めの塩の風習となって、持ち込まれたかもしれませんが。理屈は後の人がなんとでもつけるわけですから。神社の鏡にしたって、舶来珍品ですからね。
 中国にも清めの塩ってある/あったのでしょうか?
    • good
    • 0

泊まったホテルの一室だけに塩が盛っていたのは、やはり客室ですよね?


だとしたら、ちょっとコワイですね・・・
お部屋に盛り塩をするのは「魔封じ」で行うと、思います。
ホテル・旅館は霊が結構いるそうですね。霊感が強い人が行くと良く遭遇するそうです。
金縛りにも合うそうで・・・そういう霊感が強い人がホテル等に泊まる時は
お部屋に盛り塩を必ずする、と雑誌で読んだ事があります。

その盛り塩があったお部屋って・・・やっぱりお化けがでるのでしょうかね・・・?
    • good
    • 0

もともと、鬼門、裏鬼門に方位除け(魔封じ)としてまいた白砂が元だと思います。


今でも京都の城南宮に行くと方位除けの白砂をくれます。
でも、真っ白な白砂ってそうあるわけではないので、
身近に手に入る塩を代わりに使い始めたのだと推測できます。
古来から日本人は悪いことは「魔(魔物)」のせいだと信じていました。
(「魔が差す」とか言いますね)
その魔の通り道である鬼門・裏鬼門と家の入り口である玄関に、
魔封じとして白砂をまいたり、塩を盛ったりするのだと思います。
(白=汚れなき色は魔物が嫌う色ですが、「いつも掃き清めて清潔にしなさい」ということなのでしょう)

余談ですが、他に魔除けとして
「蛇の目」「市松」「うろこ」「7色」などの模様もあります。
こういうのは身につける物ですがね・・・
    • good
    • 0

盛り塩するのは玄関・トイレ・台所などで、日本の風習でしょう。

塩は虫や黴除けになるので続いているのではないかと思います。魔よけと称していますが、蒸し暑い風土には衛生面で適切です。なお、塩は毎日とか2・3日毎にとりかえるのでその都度盛ってあったあたりに塩が撒かれるという結果です。アパートやホテル?客引きかも?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お返事ありがとうございました。他の方々も詳しい回答ありがとうございました。
お店で塩をふる意味はよく分かりました。しかし隣に住んでる人(若い男性)の部屋の塩と私が泊まったホテル(ビジネスホテルでたくさんある部屋のうち私が泊まった部屋の隣一つだけ塩が置かれてあった)の件はやはりお化けが出るので、魔封じのようですね。怖いので私も塩を置こうかと思います。

お礼日時:2001/06/10 05:46

相撲で土俵にまくのは、けがれや不浄を清めるためです。



料理屋や寄席などで、門口に小さく盛る塩は、商売繁盛の縁起をかついだためです。
もともとの由来は、大昔、中国で皇帝の寵愛をうけようとした女性が、皇帝を乗せた牛車が家の前に止まるように牛の欲しがる塩を自分の家の門口に盛っておいたことによるそうです。

このように、塩は汚れを清めたり、縁起を担ぐときに用いられます。

お葬式の時の塩は、汚れを清めるためですが、最近は
死は汚れたものではないとの考えから、お清めの塩を出さないところが増えています。
    • good
    • 0

相撲でも何でも一緒でしょ?



塩は人類にとって最も古い調味料でもあり、食品を腐らせずに長期間保存する、神聖なものだったのです。

今日、塩の有り難味なんて誰も感じませんが、古代では貴重な交易品でした。

今でもヒマラヤの奥地では貴重品です。
    • good
    • 0

昔から塩には魔よけの効果があると信じられてきました。


お払いなどに使うのもそのためです。
部屋の入り口などに塩を持っておくのもやはり物の怪が部屋に入らないようにするためです。

これとは別によく和食に店の店先に塩が持ってありますがこれは「盛り塩」といってお払いの意味よりも商売繁盛の意味でおかれていることが多いんです。

昔、牛車で身分の高い方が行き来しているとき、厄よけ用お店で塩を盛っておいたところ、疲れた牛が塩をなめたくてそこにとどまってしまい、
「仕方がない。ここで休んでいこう」ということで
客を呼び寄せることができ、以来客寄せの意味でも「盛り塩」をするようになっただそうです。

牛車の時代ですからかなり古くから厄よけの塩と客寄せ用の「盛り塩」とがあったわけですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q盛り塩について

私はアパート住まいなのですが、ある風水の本に厄除けに盛り塩をすると良いと書いてあったので台所、玄関、トイレに盛り塩を置いてあります。でもテレビである霊媒師さんが盛り塩をあまりあちこちに置いておくと霊が通る通路が塞がれてしまい家の中に霊が留まってしまうと言っていました。霊媒師さんの言うとおり盛り塩を置くとしたら1箇所が良いのでしょうか?ちなみにウチの間取りは台所のすぐ右隣が玄関(間に壁は無い)、その同じ部屋の中の南側にトイレがあります。

Aベストアンサー

こんばんわ。
私は今マンションで一人暮らしをしていますので、そういう慣わしごとは一切していないのですが、実家の母が慣わしごとに敏感で、盛り塩もしています。
ても、鬼門に当たる方角に、水と一緒に厄払いのような感じでしています。風水的な発想ではない、昔からの慣わし的な意味合いが強いみたいです。

気になったのでちょっと調べてみましたら、最近は風水でも取り入れておられるようですね。びっくりしました。

盛り塩にも、厄を退ける意味合い(清め)と、幸運(客)を招く意味合いの両方があるようですので、あまりあちこちにするものではないかもしれないですね。

霊的なことに関して、ちょっと述べてあったHPがありましたので、参考にのぞいてみてはいかがでしょうか?

今回は私もとても勉強になりました。
今度実家に帰ったら、母に盛り塩の話、聞いてみたいと思います。

参考URL:http://www.unki-up.com/i/salt_2.html#fen

Q塩まいときな!

嫌な客が来て、帰った後に、
「塩まいときな!」というのが
日本の伝統でよくあると思うのですが、
あれって本当にまいていいものなのでしょうか?
それとも、言葉上のお話なのでしょうか?
もし、詳しい方がいらっしゃいましたら、
教えて下さい。
時々、ほんとに言いたくなるような時があるのですが、
実際はどっちなのかと思いまして。。。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

撒いてる場面をテレビで見たことがあるような気がします。
高級梅干が入っているような壷を小脇にかかえて、ぶわっと土俵に塩を撒くような感じで。(時代劇だったかな?)
でも、本当に撒くと、いやな客に「かなりいやな奴」として認識されそうですし、塩がもったいないので撒かないほうがいいと思います。

Q風水での盛り塩

風水をやっている人がよく家の中で盛り塩しているのを見ます。
盛り塩はどんな効果があるのでしょうか?
また、どんなところに置くのでしょうか?

Aベストアンサー

http://whatsnext.cplaza.ne.jp/copainterior/moriSio.html

詳しいことは上記のHPに書いてありますが、場を清めるためのものですね。
悪い気を抑えたり、寄せ付けない等の効果があるようです。

盛り塩は、水場など厄のたまりやすい場所を清めて、厄落としをしたい時に使用されているようです。

あとは…ストレスがひどいなら南西に盛り塩(裏鬼門である南西のパワーが足りない)。
病気がぐずつくなら東北に盛り塩(表鬼門である東北は清潔第一、盛り塩でお清め)。
頭に盛り塩(疲れを取りたくても、ジックリ湯船につかる時間がないと言うならシャワーでもOK、一番最後に一つまみの塩を頭に盛り、シャワーで流すと厄が落ちる)。

大まかで解りづらい説明になりましたが、風水では盛り塩を使うのはこんな時だそうです。

Qブラジルのお葬式について

ブラジルのお葬式はどういったものなのでしょうか?
たくさんの種類があるようでしたら一般的なものでかまいません。

Aベストアンサー

ブラジルはカトリック教の国です。ブラジルの葬式に参列した経験はありませんが、中南米の他の国で参列したことはあります。基本的には日本で行なわれるカトリックの葬式と同じです。

自宅で通夜があり親族友人が集まり、お別れのお祈りを捧げます。線香の代わりにローソクが使われ、棺おけの小窓から故人とお別れすることが出来ます。

葬式は教会であげます。神父がカトリックの葬儀の儀式に従い故人の罪を償い(棺に聖水をかける)神父と参列者が
交互に共同祈願のことばを唱えます。他にもこまごまとした儀式が行なわれます。

遺体は土葬されます。出棺にさいしては、国によっては故人の生前の行いを讃えて拍手で見送ります。

ブラジルには多くの日系人がいますので仏式の葬儀も見られます。またアフリカ系の人々も多いのでカトリック教会が認める範囲での彼らの祖先の儀式が取り入れられることもあるでしょう。(細かくは分かりません)

Q盛り塩について

新年が開けたので、新しく綺麗に盛り塩を作ろうと思ってます。

そこで綺麗に盛り塩を作る為に盛り塩を作る器?型?が欲しいのですが、売っている場所をご存知の方いらっしゃいませんか?
渋谷、新宿辺りで探しています。ご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

ちなみに、渋谷の東急ハンズ、LOFTには売っていませんでした・・・

Aベストアンサー

自作はどうでしょうか

厚紙に直径10CMほどの円を書ききれいに切り取りその円を半分に切ります。
切った半円の厚紙を巻けばきれいな円錐になります。

Qエンパイヤステートビルのイルミネーションパターンの意味

この間NYに行ってきたんですけど、日によって
ライトの色が違うんで毎晩楽しみでした。
曜日によってかなーって思ったら2日連続で同じ色あい
だったりで、どういう意味があるんでろうって思って
ここに来ました。
教えて下さい、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

エンパイアステートビル公式サイトに情報が出てますよ

参考URLは、『Lighting Schedule』のページです
半分より下にある「Color Definitions」には、色について意味が書かれています


と、当然全文英語なので、↓などの翻訳サイトで
ウェブページ翻訳を利用されると良いかと(おかしな日本語に訳されますけど・・・)
http://www.excite.co.jp/world/url/

英語はお任せ!ということなら余計なお世話ですが (^^;)

参考URL:http://www.esbnyc.com/tourism/tourism_lightingschedule.cfm?CFID=6058228&CFTOKEN=66408743

Q盛り塩

玄関入り口とか、下駄箱の上に塩を置く等の
盛り塩は、意味があるのでしょうか。

“風水”は意味が無いという説があることを知り、
盛り塩も無意味なのかなと思い、質問しました。

Aベストアンサー

こんにちは

最初の起こりは
お客様に来ていただくため客寄せとして始まっています
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9

風水的にはどうなんでしょうね
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1310504988

Q神道のお葬式で受け取った人形は…

先週末、母が友人のお葬式に行ったのですが、神社でのお葬式は初めてで、解らない事だらけでした。

特に解らなかったのが、お葬式の後に渡された、お持ち帰り用の包みの中に入っていた、紙で出来た人形。
恐らくお清めの塩の様な扱いをするのかとは思うのですが…
これはどうやって使い、また、使い終えた後はどの様にしたら良いのか、全く解りません。

ネットで調べたら、『体を拭って息を吹きかけた後、神主さんに渡す』とあるのですが、今回のお葬式が行われた神社はかなり遠くにあり、簡単に行ける様な場所でもありません。

この場合はどの様にしたら良いのか、解る方がいらっしゃいましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

人形(ひとがた)ですね。
調べられた通りのやり方で結構です。お葬式などでの穢れ(気枯れ)を人形に移して、代わりに祓ってもらう為のものです。持って行く神社はお近くのもので良いですよ。お焚き上げのお札なんかを奉納する場所があると思いますので、そちらに収めておけば、焚き上げて頂けると思います。

因みに勘違いされやすいのですが、死んだ方が「汚れている」から、そう言う事をする訳ではありませんよ。死んだばかりの頃は、まだ魂が浄化されていないから(30日すると、忌み祓いも終わって浄化されて、神域に入ります)色々な禍つ災いが近寄りやすいので、そう言った「負の気」から自分を守って、自分の気が枯れてしまう(気枯れ=ケガレです)事を防ぐ為に、自分の周りの負の気を祓い清めて、またしっかり頑張って生きて行こう・・・と言う行為なんです。死んだ方への侮辱だとか、そう言った意味ではありませんから、ご安心ください。

ご参考になれば幸です。

Q盛り塩の種類について・・・

盛り塩に最適な塩を教えて下さい。
食塩は良くないのは分かるのですが、お塩のパックの裏の塩の製法方法又は種類に「塩」と記載されているのがいまいち分かりません・・・
そこで、
1)粗塩が一番良い? 粗塩ならなんでも良いのでしょうか?
2)天然塩は盛り塩にどうなのでしょうか? サラサラしすぎて盛るのが難しいのですが・・・
3)無漂白の塩は盛り塩にはどうなのでしょうか?

近くに盛り塩用の塩が販売されていればそれがBESTなのかもしれませんが、あいにく近くには無く、できれば手に取って直接買いたいので良いアドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

「天然塩」は文字通り「何も添加していない塩」ですね。
大きく分けて2つ。ひとつは「岩塩」です。
岩塩は正真正銘の天然塩です。
もうひとつは「天日塩」。
天日塩は「太陽、風、人力」で海水などから塩を作ったもの。
これは昔から塩田という方法で作られたものです。
1970年ほどまでは日本もこの方法が多かったようですが、法で規制されるようになってから難しくなったみたいです。

さて、「粗塩」は少々添加しているもののことをいいます。
にがりなどを添加したものことです。
しかし、食塩ほど添加していないものですね。
ご質問の2:にある「サラサラしすぎて盛るのが難しいのですが・・・」とあるのですが、サラサラしてるものもあるんですね(知らなかった^^;;;)。
私が所持している粗塩はサラサラしていないものです。
実際は「ここまでが粗塩。ここからは天日塩。・・・」など明確になっていないのかな?^^;

さて、本題へ^^;
「盛り塩」に適している塩は、やはり天然塩といわれるものでしょう。
日本に住んでいるから国産のものがいいと聞きました。
伊勢神宮では毎年(だったかな?)、海水から作成することをしているようです。
大きな入れ物で作成して、それを割ると不思議と三角になるそうですよ。
そのひとつひとつを宮(?)に祀る(?)みたいです。

しかし、私たちはその天然塩をお店で見つけること自体が、結構難しいような気がします。
先日、チラッと見ましたが「国産でないにもかかわらず、国産のような表記をして販売している企業に国が注意した」という記事を見ました。

お店に並んでいる塩の中に「天日塩」を記載があるものが一番、自然に近い塩ということになるのだと思います。
でも、先ほどにいったように「国産」まで拘るとなると難しいかも?しれません。

余談:我が家にある塩は「粗塩」と記載があります。
でも、「ほんじお」「国産原料100%」ともあります。
粗塩?じゃぁ、添加してるのに・・・。ほんじお?、じゃぁ添加してないの?
と、まぁよくわからない(はっきりしない)表記ですね^^;

参考URLには、天然塩などの説明がありました。
ご一読ください^^

http://www.health-navi.net/sionoiroiro.htm

参考URL:http://www.health-navi.net/sionoiroiro.htm

「天然塩」は文字通り「何も添加していない塩」ですね。
大きく分けて2つ。ひとつは「岩塩」です。
岩塩は正真正銘の天然塩です。
もうひとつは「天日塩」。
天日塩は「太陽、風、人力」で海水などから塩を作ったもの。
これは昔から塩田という方法で作られたものです。
1970年ほどまでは日本もこの方法が多かったようですが、法で規制されるようになってから難しくなったみたいです。

さて、「粗塩」は少々添加しているもののことをいいます。
にがりなどを添加したものことです。
しかし、食塩...続きを読む

Q敷居をまたぐ

こんにちは。

素朴な疑問ですが、小さい時のしつけで、敷居は踏んじゃだめ!と教わりました。ですので今でもその通りにしています。

だけど、何で敷居を踏んではだめなのでしょう?今更恥ずかしくて人には聞けないことなのですが、もしご存知でしたら教えてください。

あと、踏んじゃだめって言う割には、昔の建造物(神社仏閣など)の敷居はやたら高いような気がするのですが、あれはなぜでしょう?

Aベストアンサー

詳細や諸説については他の方が答えられています。

 玄関は世界の境界線。また家の玄関は一種の結界でもあるのです。だからそれを踏むという行為は結界を破る事になります。
 バリアフリーが境界を無くすものだとすれば、敷居を踏む行為は内と外の境界、心のけじめも無くしてしまう事になるのです。
 勿論、心の持ち方の問題で、身体の不自由な方に対するバリアフリーは大切ですが、どんな方でも形の伴わない心の切り替えは難しいと思います。
 寺社の敷居の高いのは、乗り越える行為が明確になる分、気持ちの切り替えも明確になりますし、敷居の前に立って、一度自分の心の持ち方を省みるきっかけを作るという意味もあるのでしょう。

他家や寺社の敷居を跨ぐ際には「お邪魔します」という心構えと訪問者として見落としが無いかを確認する気持ちを。自宅の敷居を跨ぐ際には個人から社会人(学生)への心の切り替えをする事(帰宅の際はその逆)が大切だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報