お酒好きのおしりトラブル対策とは

先般、テレビを見ているとキリスト教教会で洗礼を受ける赤ん坊がいました。何とまだ首も座っていない赤ん坊のおちんちんに剃刀をあて割礼していました。なんでこのような赤ん坊に傷をつけるのでしょうか?何か感染でもしたらどうなるのか考えないのでしょうか?宗教的風習だと言われるとそれまでですが、その割礼の意味はなんでしょうか?もちろん大人になれば包茎で悩む必要がないので良いことは良いのですが、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

組織や共同体の結束力を高めるため行われるイニシエーション(通過儀礼)です。


割礼の儀式は、集団で行われ、長老や、集団の有力者、神職などの指導で行われます。
集団(共同体)に新しく入るメンバーに、肉体の中で最も大切な部分を傷つけることで、
裏切りや、規律違反が与える恐怖を疑似体験させるのです。
性器を他人から傷つけられることは、大きな衝撃を心の底に植え付けます。
割礼のトラウマは、一生涯、集団の規律を守らせ、忠誠心を高めるのです。

世界的に見ても、割礼が盛んな民族は、団結が強く好戦的です。
ユダヤ人やイスラム教徒のセム語族は、パレスチナ問題で妥協しません。
報復に次ぐ報復の繰り返して、どちらかが滅びるまで戦い抜くつもりです。
そして、一神教です。

マサイ族やアボジリニなども割礼を行いますが、成人式の通過儀礼です。
一人前の戦士として認められる儀式です。
この割礼の儀式では、麻酔もなしに切開されますが、
このとき、少しでも痛そうな表情をすれば、一生集団の中で臆病者の烙印を押されます。
日本の縄文人は、永久歯を抜くことが成人の通過儀礼だったと聞きます。

狩猟民族時代の成人式の名残が、セム語族の中で受け継がれ、幼児への割礼儀式として残っているのでしょう。
される方にすれば、強烈な恐怖を植え付けられるので、集団側からしてみれば効果絶大でしょう。

昔の大学の体育会や寮、入社式では、強烈な通過儀礼がありましたが、最近の日本では少なくなりました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

契りを交わす儀式は苦痛を伴う訳ですね。日本でも切腹や、指を詰めたりするのも何だ共通したアイデアだと思います。

お礼日時:2014/09/11 19:04

それをいうならば、「女子割礼」とも呼ばれる女性器切除(FGM)の背景をお調べになったほうがわかりやすいでしょう。



http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7% …

すべては、コミュニティーにおける性的な行動の制御を、古くは男性の都合の良いような形で行うために、宗教儀式の形を通して行うことで本来の目的を見失わせる形で盲目的に実行させるよう広めることになった、ということです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

女子のも聞いたことはありますが、それは女性に快感を与えなくて子供を生むだけの存在にするためと聞いたことがあります。

お礼日時:2014/09/11 19:02

>割礼の意味はなんでしょうか?



ユダヤ教で、アブラハムと神の永遠の契約として、男子が生まれてから8日目に割礼を行うべきことが説かれています。

キリスト教はユダヤ教から派生した宗教なので、キリスト教にも継承されています。

>何か感染でもしたらどうなるのか考えないのでしょうか?

「割礼」が「儀式」として定着した当時には、「感染する」と言う概念は存在していませんでした。

それどころか「細菌」や「ウィルス」も、まだ未発見です。

怪我して、そこが悪化して、死んでしまっても「傷口から悪魔が入り込んだんだ。運が悪かった」で終わる時代なのです。

未発見で知られていない物、概念が存在しない物は、考えようとしたって考える事が出来ません。

「無いものは考えられない」のです。

割礼が定着した時代は「感染」というのが「発見」されてない時代なんですから「感染が」なんて、考える訳が無いでしょう。

そして、熱心な信者は、科学よりも宗教を重視します。

「エホバの証人」と言うキリスト系宗教では「輸血は穢れた行為」として禁じています。

この宗教の信者が大怪我して輸血が必要になっても、本人や家族が輸血を拒否した場合、輸血は出来ません。

この宗教の信者は、輸血されるよりも、死を選びます。

「どんな科学も宗教には勝てない」のです。

なので「感染が発見された後」も、感染という「科学」よりも、割礼という「宗教」の方が重視され、割礼と言う習慣が現代にも根強く残っているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。なるほど感染の観念がない時代からと言われるとすんなり納得できますね。

お礼日時:2014/09/11 19:01

割礼は


古代のエジプト、アッシリア、バビロニアなどで広く成人式の儀礼として行われていたものです。

※現在、宗教上の理由で割礼を行うのは
ユダヤ教とイスラム教です。

イスラエルの神の民が割礼を行うのは、旧約聖書の「創世記」17章9節から14節に記されているように、神がアブラハムと結ばれた契約のしるしとして、命じられたものです。
・旧約聖書は ユダヤ教の聖典でもある


「あなたたちの男子はすべて、割礼を受ける。包皮の部分を切り取りなさい。これが、わたしとあなたたちとの間の契約のしるしとなる。いつの時代でも、・・・生まれてから8日目に割礼を受けなければならない」と書かれています。

割礼を受けることは、イスラエルの民であることの証拠とされました。しかし、時代がたち、割礼の本来の意味を忘れた人びとに、預言者たちは、「心に割礼を受けるように」とさとしました。

割礼は、命名の儀式とも結ばれるようになりました。ルカ福音書には、イエスが8日目に割礼を受けられたことが、簡単に記されています(ルカ2:21)。

初代教会において、キリスト者となるには、割礼を受けることが必要かどうかということが大問題となり、
西暦50年ごろエルサレムで使徒会議が開かれました。そこで、決定されたことは、割礼は必要ではないということでした(使徒言行録15章)。

したがって、キリストを信じる人びとには、 現在 割礼の儀式はありません。


※タイムトラベルしてテレビ取材に行かれたのでしょうか\(^^;)...マァマァ
イスラムのモスクか、ユダヤのシナゴーグの中継では( ^^) _旦~~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

旧約聖書に書かれているわけですね。書かれたものは権威を増しますのでそれには逆らえませんね。

お礼日時:2014/09/11 19:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q割礼の宗教的意味は?

小説やキリスト教関係の本を読んでいると、ユダヤ人が伝統的に割礼をするという場面がでてきますが、どのような宗教的意味があるのでしょうか?

Aベストアンサー

 
  参考URLに、一応ユダヤ教での「宗教的意味」を説明したページを挙げて置きます。このページで述べられているように、「割礼」は、ユダヤ教における「基本的戒律」で、律法での「神との契約」の証であるとされます。典拠は、参考URLは『レヴィ紀』を挙げていますが、この書物は「律法概説書」で、細かい律法規定が細かく記されています。レヴィというのは、レヴィ=ストロースなどの「レヴィ」ですが、これはイスラエルの十二支族のなかで、「祭儀」を扱う支族で、レヴィ人というのは、世襲の下級祭司のことです。レヴィ人に関係する規定というのは、律法規定のことになるのです。
 
  ところで、この「割礼」の話は、『創世記』において、アブラハムが、神の命令に従って旅を初めて、ある所で、神の聖なる領域に近寄った時、神がアブラハムを殺そうとしたので、妻サライが、彼の「前の皮」を取って、これを神に示した所、神は満足してアブラハムを殺さなかったというような挿話が入っています。この話は、『レヴィ紀』が成文化される前の話で、当然、ユダヤ人のこの古い習慣を、彼らの大いなる「父祖」であるアブラハムに根拠付けようと言う話なのです。アブラハムは、知らなかったということになります。しかし、妻が機転をきかして、彼に割礼を施し、神に示したので、神は「契約」を結ぶことをアブラハムが確かに確認したという意味で、アブラハムに害せず、これを認めたのだとも云えます。
 
  こうして「割礼」は、ユダヤ人にとっては、神聖な神との「契約」の意味を持ちますが、『新約聖書』においてパウロは(「ローマ人」か「コリント人」か、またはどれかの書翰のなかです)、「割礼を受けた者(ユダヤ人)も、受けていない者(異邦人)も、キリストは分け隔てなく救ってくださる」と宣言しています。ここでキリスト教がユダヤ教から明白に分離したのだとも云えます。「割礼の契約」を「旧約(旧い契約)」として、「キリストとの霊の交わり=洗礼」を新しい契約=「新約」として、キリスト教の独自性を主張していることになります。
 
  とはいえ、割礼は、宗教的にユダヤ教では、契約と関連付けて理解されますが、衛生的目的の合理性や、成人男子として女性と結婚して性交するのは、「包茎」状態では困るので、「成人式」のなかの儀式として本来あった可能性があります。アブラハムは現に、幼児割礼を受けていないのです。「律法」の色々な煩瑣な規定は、その時代と状況の文化で考えると、衛生上や健康上、病気などの問題において、十分合理的な根拠があったものがあります。例えば、「血を食べてはならない」と『レヴィ紀』などに記されていますが、これは、生の血は消化に悪いとか、砂漠地帯では、腐敗しやすいということがあります。豚肉を食べてはならないはイスラム教の戒律ですが、『レヴィ紀』にも同じ規定があったはずです。この理由も、砂漠地帯では、豚肉は腐敗し易いので、食べない方が健康を害しないという合理的理由があったのでしょう。
 
  割礼は、衛生状態や実用的な合理性があり、成人式と関連していた他に、世界中の文化にある「男根崇拝」というものとも関係があるはずです。日本やインドなどで、この崇拝はあり、神社の神が、男根の形をした石であるなどということがあります。ギリシアでもローマでも、中近東でもインドでも日本でも、こういう崇拝はあった訳で、それは「生殖力」のシンボルであるとすると、ユダヤ教の神が(『旧約聖書・創世記』のなかで)言った、「生めよ増えよ」という言葉は、生物や人間に対する祝福の言葉であって、「生殖力」を祝ったのだとも考えられ、「割礼」は、生殖力ある成人となって、神との契約を結ぶというのが、基本の意味としてあったとも云えます。
 
  ギリシアやローマのプリアポス(男根神)崇拝とか、古典ギリシアの大理石彫刻の成人男性像やアポローンなど男性神のファロスが、少年の形で表現される(つまり、包茎状態で、アポローンの像などは刻まれています)ということは、どういう意味なのか、色々とシンボルや古代の宗教概念などが関係して来て、非常に広い文化横断的な意味があるのですが、とりあえず、ユダヤ人の「割礼」については、宗教的な意味と、それに隠れた、実用的合理的意味があったということです。
  
  >ユダヤ人について(3)
  >http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj9369/mystery/Jewish(3).htm
  

参考URL:http://village.infoweb.ne.jp/~fwgj9369/mystery/Jewish(3).htm

 
  参考URLに、一応ユダヤ教での「宗教的意味」を説明したページを挙げて置きます。このページで述べられているように、「割礼」は、ユダヤ教における「基本的戒律」で、律法での「神との契約」の証であるとされます。典拠は、参考URLは『レヴィ紀』を挙げていますが、この書物は「律法概説書」で、細かい律法規定が細かく記されています。レヴィというのは、レヴィ=ストロースなどの「レヴィ」ですが、これはイスラエルの十二支族のなかで、「祭儀」を扱う支族で、レヴィ人というのは、世襲の下級祭...続きを読む

Qオナニーは、キリスト教では罪になりますか?

宗教のカテゴリーがないので、こちらで質問させて頂きます。

キリスト教では、オナニーは罪になりますか?
もし、罪になるとしたら、その根拠として、聖書のどの箇所にどの様に書かれているかも含めて教えて頂ければ、有難いと思います。

Aベストアンサー

こちらをご参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%8B%E3%83%BC

私はカトリック信者ですが、
神父さん曰く、「そんなもん罪なわけないでしょ」とのことです。

Q短期間でキリスト教の洗礼を受けるには?

洗礼を受けてクリスチャンになりたいと思っています。
私は、海外に住んでいます。
住んでいる国はイスラム圏です。

日本に帰国した際、洗礼を受けたいと考えているのですが、日本に長期滞在が出来ません。
最大で3ヶ月程度です。
そのような短期間で洗礼を受けることは出来るのでしょうか?
帰国予定は10月中旬になりそうです。
普段から聖書は読んでいます。
ご回答の程、宜しくお願いいたします。

*キリスト教、イスラム教の宗教観についての書き込みはご遠慮下さいますよう、お願いいたします。

Aベストアンサー

プロテスタントのクリスチャンです。

各教会によって受洗のための勉強をします。
いわゆる「信仰告白」です。
その勉強期間が教会(宗派)によって違います。
神父や牧師の見解にもよりますけど。

私の教会なら大丈夫なんですけどね。
週1で3ヶ月もあれば充分です。
でも、牧師や役員が「そのような理由では・・・」と難色を示すかもしれませんけど。
ただ、受洗は「教会員になる」ということで、その教会に籍を置く(教会籍を置く)という話になりますけど良いのでしょうか?

そちらの国で教会に通う事になったら、その教会に転会(転籍)することになります。
受洗した教会の神父か牧師に転会する旨を伝え、書類を用意してもらい・・・と手続きが必要です。

そちらの国では教会に行く事は難しいですか?
キリスト教の宣教師がどこの国にでも必ずいるはずですから、そちらで受洗することも可能です。
また、のちのちのサポートも必要ですし(教会に通うとかのです)。

なんにせよ、帰国される場所の近所の教会に相談されるのが良いと思います。
毎日曜日にはミサや礼拝を捧げることになりますし、勉強にしても通いやすいところが良いと思いますから。
できればそちらの国の教会と一緒の宗派が良いですけど、そんなところまでは言ってられないかもしれませんね。
でも、できればカトリックとプロテスタントの違いぐらいは抑えておいた方が良いと思います。
プロテスタントにマリア信仰はありませんから少しギャップがあるかもしれません。
その時にエホバや統一教会、ものみの塔、モルモン教などには気をつけてくださいね。
キリスト教を騙った邪教ですから。

プロテスタントのクリスチャンです。

各教会によって受洗のための勉強をします。
いわゆる「信仰告白」です。
その勉強期間が教会(宗派)によって違います。
神父や牧師の見解にもよりますけど。

私の教会なら大丈夫なんですけどね。
週1で3ヶ月もあれば充分です。
でも、牧師や役員が「そのような理由では・・・」と難色を示すかもしれませんけど。
ただ、受洗は「教会員になる」ということで、その教会に籍を置く(教会籍を置く)という話になりますけど良いのでしょうか?

そちらの国で教会...続きを読む

Qキリスト教の人と結婚したらどうなる?

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、私自身キリスト教系の学校に通っていた為、なじみが全く無いわけではありません。特にキリスト教に対する偏見などもありません。

ただ、先日神社であったお祭りに出かけた時「お参りする?」って聞いたら「宗教が違うからしないほうがいいような気がする・・・」と言われ、これが宗教が違うと言う事なのか!と実感してしまいました。
またクリスマスもやはり毎年ミサに参加しているそうで、「良くある『ホテルで2人でディナー』とかは出来ないの?」と聞くと「親戚とか集まるからクリスマス位は・・」ということでした。イヤ特にホテルのディナーに行きたいわけではありません。私も去年のクリスマスは子供と一緒に近所の教会へ行ってみたほどなので。ただそういった「宗教的行事」などは強制参加になるのでしょうか?

お付き合いしていく分には特に支障はないようなのですが、今まで自分が当たり前にやってきた宗教行事(お葬式、法事等)とかけ離れた世界の事が日常的に繰り広げられてるようで結婚後の想像がつきません。
また宗教が違うと結婚の際もめたりする事は考えられるのでしょうか?何か体験談等ありましたらお聞かせください。

今付き合ってる彼の家はクリスチャンだそうです。彼自身は熱心な信者と言うわけでもないようですが、やはり彼と結婚したら生活に何か影響が出てくるのでしょうか?

私はバツイチの子持ちなのですが、私や子供も入信しなければいけないのでしょうか?またキリスト教でも離婚をしてはいけない派閥があると聞きましたが、バツイチの人と結婚するのはどうなんでしょう?

また私の家は熱心ではないですが仏教徒です。しかも親戚にお寺があると言う、家柄です。
宗教の違いと言っても怪しい宗教ではないですし、...続きを読む

Aベストアンサー

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなのに出席する。奉仕で教会の掃除をする。教会の運営に携わる。などでしょうか?また、結婚式の仲人も神式だったら引き受けないとか、身内の結婚式でも神式だったら式場の外で待っているとか、お葬式でお焼香はしないし、手を合わせたりの行為(人を拝む)はしないとか、お供えものは頂かないとか、初詣もしないし、七五三もしない。お祭りや地蔵盆も拒否っていう人も。

私のクリスチャン生活。礼拝に出席する。聖書は時たま。寝る前にお祈りする。食事の前のお祈りはおなかがすいているので出来ない(笑)。勉強会は気が向いたとき。奉仕はしない。教会の運営にも携わらない。結婚式は何でも出席する。お葬式も数珠持って拝むし、お焼香ももちろんする。お供え物は頂ける物はなんでも!初詣もするし、息子はきっちり三歳と五歳に七五三しましたよ。お祭り大好き!地蔵盆も息子と行きました。(これを読んで怒るクリスチャンの方もいらっしゃるかと・・・)

と、言うように一般にクリスチャンといっても千差万別。また、カソリックやプロテスタントとの違いもあります。彼はミサというのでしたら、カソリックでは?プロテスタントではミサとは言いません。

彼と彼の家族がバリバリのクリスチャンだったら、あなたと子どもさんも宗教行事に参加でしょうね。でもあくまで自由参加。私の夫も行ったり行かなかったりです。でも教会の人達は「ご主人も参加してもらおうね」とか言ってきます。心の中で「大きなお世話!」と言ってしまっている私がいます。(主よ お許しください)その辺を彼がどう思うか、彼の家族がどう思うかによって変わりますよね。

具体的に話が進んで行っているのですね。お幸せに。

私自身クリスチャンですが、クリスチャンの中にも色々あります。彼がどのぐらい生活の中に宗教を入れているか、によって違います。また、結婚となると彼のご家族とのお付き合いもあると思いますので、彼のご家族の信仰に対する姿勢も関係してきますね。「相手も絶対にクリスチャンじゃなきゃイヤ!」って方もいらっしゃいますし。

一般的なクリスチャンの生活です。日曜日は教会に行く。礼拝ですね。そして毎日聖書を読む。朝夕お祈りをする。食事の前にも必ずお祈りをする。週に1回は聖書の勉強会みたいなの...続きを読む

Qキリスト教の食事の前の祈り

キリスト教の食事の前の祈り…(十字架を書いて)なんですが、どういう意味を込めてなんでしょうか?
同時に祈りの文章を一緒に戴けたら幸いです☆

Aベストアンサー

カトリック信者です。

十字の意味は、イエスが十字架に貼り付けられ処刑されたのはクリスチャンでなくとも大抵の人が知っていますね。
よって、信者はイエスと同様に自分も十字架を背負って生きていく覚悟で洗礼を受けるのです。
ですから十字架を誇りに思っております。
また「十字を書く」ではなく「十字を切る」と言います。

●十字の切り方
まず自分の心を沈め、神を賛美し神への感謝を込める気持ちに満ちて、
(1)まず、ほぼ額の中央位置で右手中指で軽く触れ「父と」と言葉に出し、
(2)その手中指を胸の辺りに移動して止め「子と」と言葉に出し、(3)次にその手中指を左腕の付け根辺りに移動させて止め、「聖霊のみ名に」と言いながら
(4)右手中指を右腕付け根あたりにて止めた時には「よって」と言い、
(5)最後に両手を合わせ「アーメン」と言います。

続けて言いますと、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」
また、声に出さなくてもよいのですが出せばベストですね。

「父と子と聖霊」は三位一体といって
神様=「父と子と聖霊」
ということを意味します。

●私の場合の食事のお祈り
(1)食事を頂くとき
両手を合わせた状態(いわゆる合掌)を保ち、
「父よ、あなたの慈しみに感謝してこの食事をいただきます。
ここに用意された物(食物)を祝福し、私達の心と身体を支える糧としてください。」
ここで十字をきりながら、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」

(2)食事を終えるとき
両手を合わせた状態(いわゆる合掌)を保ち、
「父よ、感謝のうちにこの食事を終わります。
あなたの慈しみを忘れず、全ての人の幸せを祈りながら。」
ここで十字をきりながら、
「父と、子と、聖霊のみ名によって、アーメン。」
私の場合ここで再び両手を合わせ「ご馳走さまでした。」と言います。

以上参考になりましたでしょうか

カトリック信者です。

十字の意味は、イエスが十字架に貼り付けられ処刑されたのはクリスチャンでなくとも大抵の人が知っていますね。
よって、信者はイエスと同様に自分も十字架を背負って生きていく覚悟で洗礼を受けるのです。
ですから十字架を誇りに思っております。
また「十字を書く」ではなく「十字を切る」と言います。

●十字の切り方
まず自分の心を沈め、神を賛美し神への感謝を込める気持ちに満ちて、
(1)まず、ほぼ額の中央位置で右手中指で軽く触れ「父と」と言葉に出し、
(2)その手...続きを読む

Qイスラエル人ってユダヤ人なの?

タイトルのとおりです。中東問題の番組をみてて気が付いたんですが、イスラエル国民について教えて下さい。

1.イスラエル国民=全員ユダヤ人ですか。
2.人種的には白人ですか、アラブ系ですか、基本的に。
3.宗教的には全員ユダヤ教の信者ですか。 イスラム教や仏教を信仰するイスラエル人っているんでしょうか。
4.ユダヤ人のために建国した国がどうしてユダヤって言葉を国名に使用しなかったでしょうか。
5.パレスチナ人って全員イスラム信者でしょうか。
6.よくパレスチナ難民っていいますが、彼らのパスポート発行はどこが行なっているんでしょうか。
7.パレスチナ人は、例えば漢民族とかクルド族とか一緒で、民族性でいえば全員同じ民族なんでしょうか。

HPをみても難しいので、簡単にご回答願えれば幸いです。

Aベストアンサー

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒を自認する集団でも、その奉ずる教義によってはイスラエル当局からスンナリとイスラエル国籍を付与されない場合があることだけを指摘しておきます。イスラエル当局のいう「ユダヤ教」とは、端的にいえば、神殿時代(以降)のユダヤ教を指しています。

現在、イスラエルは、ユダヤ教徒およびユダヤ人の母親から生まれた子供をユダヤ人と認め、国籍を付与しています。後者がユダヤ人とされる理由は、ユダヤ人女性は自分が生んだ子供をユダヤ教徒として養育する宗教的義務を負っていることにあります。よって、日本人も、ユダヤ教に改宗すればユダヤ人になることができます(教義や歴史に関する難しい試験や、宗教指導者による面接などがありますが)。

イスラエルには、ユダヤ人=ユダヤ教徒以外にも、キリスト教徒やイスラム教徒である国民が存在します。なぜなら、現在イスラエルの領土となっている土地には、古くからユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していたからです。しかし、現在では、ユダヤ人=ユダヤ教徒が圧倒的多数を占めていることは確かです。

人種構成はさまざまです。ユダヤ人=白人というイメージとは裏腹に、アフリカ系(黒人)やアジア系(黄色人種)のユダヤ人も存在します。なお、言語についても、公用語であるヘブライ語を解さず、出身地の言語しか話せないユダヤ人も多数存在します(特に、旧ソ連崩壊後に入国したロシア系ユダヤ人)。

イスラエルという国号についてはすでに回答されています。宗教的な意味のある国号です。

パレスチナ人とは、パレスチナ地方の住民を指す言葉です。すでに指摘したとおり、パレスチナ地方にはもともとユダヤ教徒・キリスト教徒・イスラム教徒が混住していました。民族的には、アラブ人(アラビア語)、ユダヤ人(アラビア語・ヘブライ語)及びキリスト教系少数民族が存在しました。しかし、ユダヤ教徒であるパレスチナ人はイスラエルに迎え入れられたので、現在のパレスチナ人は多数のアラブ人とキリスト教系少数民族からなっています。

パレスチナ地方は、その大部分がイスラエルに、一部がヨルダンに併合させました。ヨルダンが併合したのは、ヨルダン川東岸といわれる地域です。この地域に住んでいたパレスチナ人は、幸か不幸か、ヨルダン人としてヨルダンの旅券を所持することができます。

参考URL:http://homepage.mac.com/ceramic_tsuka/rekisipage.html

一般に、民族とは文化的背景、特に言語を共有する集団を指します。共通の言語は共通の生活領域を前提とすることが多いので、結果的に、民族は同一人種から構成されることになります。しかし、ユダヤ人は例外です。
ユダヤ人は2000年前に国家を失ってから世界各地に離散していたので、言語や肌の色に共通点はありません。ユダヤ人とは、原則的には「ユダヤ教徒」からなる宗教的集団なのです。
※それでは「ユダヤ教徒」とは何かということが問題になりますが、複雑過ぎてここでは深入りできませんので、ユダヤ教徒...続きを読む

Qラテン系ってどこの国の人のことですか?

よく、明るくて陽気なタイプの人のことをラテン系とかラテン気質とか言いますよね。
私は「ラテン系」ってずっと何となく中南米(ブラジルとか?)とイタリア人のことだと思っていたのですが、
先日ここでフランス人もラテン系に入ることを知り、
ラテン系っていったいどこの国の人を指すのだろうと不思議になりました。
(フランス人はステレオタイプのラテン系というイメージではないので……)

はてなのキーワードでは
『イタリア・スペイン・フランスなどの南欧州の文化や人種を指す。
昔、スペインやポルトガルの植民地だった地域も含めて、ラテン系と称されることが多い。』
とあったのですが、具体的な国名はどこになりますか?

ご存知の方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

正確ではないかもしれませんが、ラテン系言語を主に使用している国かな、と個人的に思いました。

ヨーロッパは基本的にゲルマン系、スラブ系、ラテン系の3つの言語で大雑把に分けることができます。(いずれにせよ、もともとはラテン語からの派生だと思いますけど。)
で、その内ラテン系に入るのが、フランス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ルーマニアetc・・・になります。

これらの国、特にスペイン、ポルトガルは新大陸(アメリカ)への植民も盛んだったので、言語も含めた文化が、今でも中南米でしっかりと根付いてることから、これらの地域も「ラテン系」と言われているのでしょうね。
(ブラジルはポルトガル語が公用語、またその他の中南米のほとんどの国ではスペイン語が公用語です。)

Q新生児の割礼(包皮切除)について

男児を出産予定です。
病院で男の子が生まれた場合、入院中に割礼してもらえるのですが
もし将来包茎になったら、、と思うと、してもらったほうが良いのかな?と迷っています。

新生児に対する割礼のメリット・デメリット等ありましたら教えてください

Aベストアンサー

9ヶ月の息子がいます。
出生翌日に、割礼しました。

私も旦那も日本人なんですが、現在アメリカに住んでおり、
妊娠中から、主治医(産科医)に割礼するかどうか、決めておくように・・・と言われました。
メリット・デメリットを質問したところ、
昔は衛生上の問題と言われていたが、今は割礼しなくても、きちんと洗って清潔にしておけば、問題ないとの事でした。
アメリカでも、現在は宗教上の理由以外で「切る選択」をするのは50パーセント前後だとの事です。
小児科医にも相談したところ、同じように言われ、
切っても切らなくても、大きな違いはないので、ご両親が決めてください、と言われました。

ネットで調べたり、家族や友人に相談したり、
出産当日も、陣痛と闘いながら、旦那とギリギリまで相談しました。
で、ウチは、切ってもらう事に決めたのですが、
理由は、
・何事も経験だから。
・ネットで「ムキムキ体操」なるものを見つけ旦那に見せたところ、
 こんな痛そうな体操をしなければならないなら、一瞬で終わる手術の方が良いかも・・・と言われた。
・実際に切った友人から、入浴時やオムツ交換時が楽と言われた。
などで、どれも息子のためではなく、親の都合とエゴからです。
他にも、
・日本の教育現場で働いていた事があるのですが、
 おちんちんをしっかり洗えていなかったために、炎症を起こし、入院や手術をした子を何人か知っている。
・日本では最近子宮頸ガンになる女性が増えているが、
 コレは、日本人男性に仮性包茎の人が多いからではないかと言われている。
ことも、考えました。

手術に関しては、希望があれば麻酔もします、との事でした。
切るだけ、とはいえ、相当痛みもありますし、
生後間もない赤ちゃんでも、全身で逃げようと拒絶するらしいです。
それを押さえつけて切る・・・と言っていました。
手術当日は、手術時間5分前に、看護師さんが息子を迎えに来て、20分ほどで戻ってきました。
看護師さんの話によると、切った時は泣いたそうですが、
私のところに戻ってきた時は、すやすやと寝ていました。
生後1日目での手術だったので、切ったその日はまだ1日中ほとんど眠っていましたから、
麻酔が切れた後に痛みがあったのかどうかは分かりません。
手術後は、5~6時間はおしっこもうんちもしませんでした。
術後初めてのオムツ交換時に、傷口の処置の仕方を教えてもらいました。
術後6時間後くらいでしたが、傷跡もきれいに落ち着いていて、
拭く時に、ちょっとビクッとしましたが、痛みで顔をゆがめるとか泣くとかはなく、
触れても別に痛そうな感じはありませんでした。
傷口の処置も、ワセリンを塗ったガーゼをちんちんの上にかぶせておくだけで、難しい物ではありませんでした。
傷口の処置は2週間くらい毎回のオムツ交換のたびにしていました。
おちんちんの先が薄いブルーになれば、処置はしなくても良いとの事だったので、
それ以降は、何も手当も処置もせずです。

息子はまだ9ヶ月なので、「切った選択」が息子にとって良かったのかどうかわかりません。
ただ、入浴やオムツ交換時の私の手間を考えると、楽です。
汚れもほとんどたまっていませんし、
ウチの息子に関しては、オムツ当たったり、タオルで拭く時に触れたりしても、特に傷みもないみたいですし、
時々(朝寝起き時が多い)勃起している事もありますが、機嫌良くしています(痛みはないようです)。

後々、学校に行くようになっていじめに遭うかどうか・・・
これは、ちんちんの問題ではないと思います。
おちんちんの形が違うという事が、きっかけになる事はあっても、
それだけが原因でいじめに発展するかというと、そんな事もないような。
(私自身が教育現場にいて、感じた事ですので、一概にはいえませんが)
こちらで割礼して、現在日本に帰国した方の話を聞いても、
おちんちんの形でいじめに遭っている、という話は実際に聞いたことはないです。

割礼することのメリットは、今の医学ではないそうです。
なので、出産する病院で、割礼が受けられるのであれば、
後々後悔しないように、ご夫婦で良く話し合って決めるしかないと思います。

9ヶ月の息子がいます。
出生翌日に、割礼しました。

私も旦那も日本人なんですが、現在アメリカに住んでおり、
妊娠中から、主治医(産科医)に割礼するかどうか、決めておくように・・・と言われました。
メリット・デメリットを質問したところ、
昔は衛生上の問題と言われていたが、今は割礼しなくても、きちんと洗って清潔にしておけば、問題ないとの事でした。
アメリカでも、現在は宗教上の理由以外で「切る選択」をするのは50パーセント前後だとの事です。
小児科医にも相談したところ、同じよ...続きを読む

Q「いつくしみ深き」(讃美歌312番)のギターコード

今度ギターで讃美歌312番「いつくしみ深き」を弾くことになりました。楽譜はあるのですが、ギターコードがわかりません。また、私は初心者なので自分でギターコードをつけることはできません。
「いつくしみ深き」のギターコードが載っているサイトなどを教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

再びすみません。(「原曲は」という言葉がダブってますね。1ケは不要です。)
もし、ギターでkeyFが難しければ、KeyGなら易しいかもしれません。
ただし、他の楽器の伴奏があるときは、全員が同じKeyで演奏しないといけません。
KeyGの場合のコード
テーマ∥G・・・|C・・・|G・・・|D7・・・|
∥G・・・|C・・・|G・/D7・|G・・・∥
サビ∥D7・・・|G・・・|C・/G・|D7・・・∥
テーマ∥G・・・|C・・・|G・/D7|G・・・∥曲頭へ
  最後のアーメンは∥C・・・|G・・・∥
KeyGならまあまあ男女とも歌えます。
右手は、1小節に4回ダウンストローク(・で示しています。)がベストです。
フォークソングのようにハネないようにお願いいたします。
「チャンチャチャンチャチャン」は絶対にやめてください。下品になります。「チャン・チャン・チャン・チャン」という格調高い4拍子がベスト。
できるのならアルペジオはOKです。
賛美歌の前奏は、通常はワンコーラス正味演奏しますが、ギターなら、最後のテーマ四小節を四拍子で弾けばよいでしょう。

お手元の楽譜の最初に#や♭がいくつ付いているかを確認してください。
♭ひとつならKeyFで、#ひとつならKeyGです。
それ以外のKeyはあまり見かけませんが、違ったら補足に書いてください。そのKeyでのコードをお教えいたします。

再びすみません。(「原曲は」という言葉がダブってますね。1ケは不要です。)
もし、ギターでkeyFが難しければ、KeyGなら易しいかもしれません。
ただし、他の楽器の伴奏があるときは、全員が同じKeyで演奏しないといけません。
KeyGの場合のコード
テーマ∥G・・・|C・・・|G・・・|D7・・・|
∥G・・・|C・・・|G・/D7・|G・・・∥
サビ∥D7・・・|G・・・|C・/G・|D7・・・∥
テーマ∥G・・・|C・・・|G・/D7|G・・・∥曲頭へ
  最後のアーメンは∥C・・・|G・・・∥
KeyGならまあまあ男...続きを読む

Q神がヤコブに負けた理由

神は何故、ヤコブに殴り合いで負けたのですか?
手加減していたのでしょうか。
それとも慣れない肉体バージョンだったからでしょうか?

Aベストアンサー

 伯父であり義父であるラバンのもとから帰るとき その帰る先では 仲たがいしている兄エサウのことが 気になります。その兄に会う前に ヤボクの渡しで ヤコブは 人の姿をした神に出逢い 格闘をした。そして勝ったということですが それは 神がヤコブを祝福しているということを示しているのではないでしょうか。

 ▲ (創世記32:3~13)~~~~~~~~~~~
 ヤコブはセイルの地、エドムの野に住む兄エサウのもとに、さきだって使者をつかわした。
 すなわちそれに命じて言った、「あなたがたはわたしの主人エサウにこう言いなさい、『あなたのしもべヤコブはこう言いました。わたしはラバンのもとに寄留して今までとどまりました。わたしは牛、ろば、羊、男女の奴隷を持っています。それでわが主に申し上げて、あなたの前に恵みを得ようと人をつかわしたのです』」。

 使者はヤコブのもとに帰って言った、「わたしたちはあなたの兄エサウのもとへ行きました。彼もまたあなたを迎えようと四百人を率いてきます」。
 そこでヤコブは大いに恐れ、苦しみ、共にいる民および羊、牛、らくだを二つの組に分けて、言った、「たとい、エサウがきて、一つの組を撃っても、残りの組はのがれるであろう」。
 ヤコブはまた言った、「父アブラハムの神、父イサクの神よ、かつてわたしに『おまえの国へ帰り、おまえの親族に行け。わたしはおまえを恵もう』と言われた主よ、あなたがしもべに施されたすべての恵みとまことをわたしは受けるに足りない者です。わたしは、つえのほか何も持たないでこのヨルダンを渡りましたが、今は二つの組にもなりました。どうぞ、兄エサウの手からわたしをお救いください。わたしは彼がきて、わたしを撃ち、母や子供たちにまで及ぶのを恐れます。
 あなたは、かつて、『わたしは必ずおまえを恵み、おまえの子孫を海の砂の数えがたいほど多くしよう』と言われました」。
 彼はその夜そこに宿り、持ち物のうちから兄エサウへの贈り物を選んだ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 ☆ これが ヤボクでの格闘の前の様子です。この祈りがかなえられたというしるしとして 組打ちで 負けたということのように考えます。

 伯父であり義父であるラバンのもとから帰るとき その帰る先では 仲たがいしている兄エサウのことが 気になります。その兄に会う前に ヤボクの渡しで ヤコブは 人の姿をした神に出逢い 格闘をした。そして勝ったということですが それは 神がヤコブを祝福しているということを示しているのではないでしょうか。

 ▲ (創世記32:3~13)~~~~~~~~~~~
 ヤコブはセイルの地、エドムの野に住む兄エサウのもとに、さきだって使者をつかわした。
 すなわちそれに命じて言った、「あ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報