【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

この問題が分かりません。
有界単調数列が有限極限値を持つことを利用して、Σ[n=1→∞]1/n^2 とΣ[n=1→∞]1/n^3が有限の値に収束する事を示しなさいという問題です。

教えて下さい、お願いします

A 回答 (2件)

1/n^2も1/n^3も単調であることは簡単


有界であることは
1/n^2<1/((n-1)n)=1/(n-1)-1/n
1/n^3<1/((n-2)(n-1)n)=(1/2)(1/((n-2)(n-1))-1/((n-1)n))
を使って示せるだろう。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

なるほど。
ありがとうございます。
助かります

お礼日時:2014/11/10 20:39

「有界単調数列が有限極限値を持つことを利用して」って書いてるんだから, これらが「単調数列」であるかどうかは判断できるよね?



で, もし「単調数列」だとしたらあとは「有界」であればいいわけだから, これらより大きくってかつ収束する数列をもってこいってことになる. がんばれ.
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qlim[n→∞](1-1/n)^n=1/e について

こんにちは

lim[n→∞](1+1/n)^n=e
が成り立つことは簡単に示せるのですが、
lim[n→∞](1-1/n)^n=1/e
となることの証明はどのようにすればいいのでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたらご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

e=lim(1+t)^(1/t)   〔t→0〕
がeの定義なので、(t→+0でもt→-0でもOK)
-1/n=tとおきます。

n→∞のとき、t→-0なので、
(与式)=lim(1+t)^(-1/t)   〔t→-0〕

これを変形すると、
=lim{(1+t)^(1/t)}^-1   〔t→-0〕
=e^-1
=1/e

高校の範囲なら、この証明で大丈夫です。

Q無限級数Σ(n=1~∞)(n/n^2+1)の収束・発散

無限級数Σ(n=1~∞)(n/n^2+1)の収束・発散はどのようにしてもとまるのでしょうか?

n^2+1は全て分母にあります。
ダランベールを試したのですが…値が1になってしまい行き詰ってます…。

判別方法と回答をお願いします…。

Aベストアンサー

n ≧ 1 において
n/(n^2 + 1) ≧ n/(n^2 + n) = 1/(n+1)

∴ Σ n/(n^2+1) ≧ Σ 1/(n+1)
発散

Q∫1/(x^2+1)^2 の不定積分がわかりません

∫1/(x^2+1)^2 の不定積分がわかりません

答えは

( 1/2 )*( (x/(x^2+1)) + tan-1(x) )

となるようですが、過程がまったくわかりません。
部分積分、置換積分、部分分数分解をためしてみましたが、できませんでした・・・。

見づらく申し訳ありません。画像を参照していただければと思います。
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

1/(x^2+1)^2 = (x^2+1)/(x^2+1)^2 - x^2/(x^2+1)^2
= 1/(x^2+1) - (1/2) x・(2x)/(x^2+1)^2
と分解しよう。

∫{ x・(2x)/(x^2+1)^2 }dx は、
∫{ (2x)/(x^2+1)^2 }dx が容易であることを用いて、
部分積分する。

∫{ 1/(x^2+1) }dx は、arctan の定義式だから、
知らなければどうしようもない。
(x=tanθ と置くのは、結論の先取で好ましくない。)

Q無限級数をフーリエ級数で計算する

 1+ 1/(3^2)+ 1/(5^2)+ 1/(7^2)....=(π^2)/8 をフーリエ級数を使って求めようとしています。
 http://www004.upp.so-net.ne.jp/s_honma/series/series.htm
 このサイトに解き方が書いてありますが、上の級数での場合のF(X)がわかりません。どなたか教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

>私はF(X)=X^2をフーリエ展開すると 
>X^2=1/(3)*π^2 +4(1/(1^2) +1/(2^2) + 1/(3^2)....という答えがたまたまでてきたので、
>そこにX=πをいれればξ(2)=(1/6)π^2が成り立つと思っていたのですが、
>そうではなくて全てF(X)=X^2で良いうことですか?


もう少し冷静になって理論展開をたどった方がいいと思います。

まずX^2をフーリエ展開するとどうなりますか?
  X^2=1/(3)*π^2 +4(1/(1^2) +1/(2^2) + 1/(3^2)....
ではないですよね?
なんせ、これだと右辺には変数のXが登場しないから定数ですよ。
そうではなくてX^2の展開はフーリエ級数の基本に忠実に計算して、
  X^2=1/(3)*π^2 +4(cos(X)/(1^2) +cos(2X)/(2^2) + cos(3X)/(3^2)....
です。これは参考urlにも書いてあります。
右辺にもXが含まれていて、関数X^2が右辺では三角関数(cos(nX))の和で表されていることがわかります。

ここまでは純粋にフーリエ級数の話で、ζ関数はまだ出てきていません。

ここで先ほど展開した式にX=πを代入するのがポイントなんですね。
普通に両辺にX=πを代入するだけです。
代入すると
  π^2 = 1/(3)*π^2 +4(1/(1^2) +1/(2^2) + 1/(3^2)....
になりますね。
このとき4で括られた括弧の中が偶然にもζ(2)と同じ形をしているんですね。
ですから右辺を書き換えて
  π^2 = 1/(3)*π^2 +4*ζ(2)
ここから、ζ(2)=...の形に式を整理すれば
  ξ(2)=(1/6)π^2
が示されます。

全てF(X)=X^2で良いうことですか?というのはよく意味がわからないんですが、
おそらくζ(4)の値を求めるときにはF(X)=X^4としてF(X)をフーリエ展開するんだと思いますよ。

>私はF(X)=X^2をフーリエ展開すると 
>X^2=1/(3)*π^2 +4(1/(1^2) +1/(2^2) + 1/(3^2)....という答えがたまたまでてきたので、
>そこにX=πをいれればξ(2)=(1/6)π^2が成り立つと思っていたのですが、
>そうではなくて全てF(X)=X^2で良いうことですか?


もう少し冷静になって理論展開をたどった方がいいと思います。

まずX^2をフーリエ展開するとどうなりますか?
  X^2=1/(3)*π^2 +4(1/(1^2) +1/(2^2) + 1/(3^2)....
ではないですよね?
なんせ、これだと右辺には変数のXが登場しないから定数...続きを読む

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Qバーゼル問題・高校数学で証明する方法

ζ(2)

Σ[k=1,∞]1/k^2

つまり、
1/1 + 1/4 + 1/9 + 1/16 + ・・・
という無限和が
(π^2)/6
に収束するのは有名で、今では多くの証明があるようです。
正弦のマクローリン展開による係数比較からの証明(オイラーの方法)など、面白いものはたくさん見つかるのですが、
ある本に、「今では高校数学の範囲での証明もなされている」
ということが書いてありました。しかし、その内容には全く触れられておらず、収束するという事実の証明は多くみられるものの、高校数学での収束値の証明方法が分からないままです。


高校数学の範囲で、上のζ(2) = (π^2)/6 の証明、もし知っている方がいらっしゃるのなら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

例えばこれ
http://aozoragakuen.sakura.ne.jp/kakomon/20c/90toko.htm

Q関数列の一様収束

以下の関数列の一様収束の問題を、極限を出してεーδ論法で一様収束だろうと結論が出たのですが、本当にそうなのか分からないので、教えてください。
問題:
[0,1]上で、関数列f_n(x)=(x+n)/(2n+x)
(n=1,2,3・・・)の一様収束か調べよ。

Aベストアンサー

極限関数はf(x)=1/2
|fn(x)-f(x)|=x/2(2n+x)
これをg(x)=x/2(2n+x)とすると、g'(x)=n/(2n+x)^2>0
なので、g(x)は増加関数で、|fn(x)-f(x)|は[0,1]では
x=1で最大値をとる。
|fn(x)-f(x)|≦1/2(2n+1)
となって、[0,1]全体でxに無関係な式で押さえられ、
1/2(2n+1)→0なので、fn→fは[0,1]で一様収束である。

ε-N論法によるには、1/2(2n+1)<εより、
n>1/4ε-1/2なので、任意のε>0に対して、N=[1/4ε-1/2]+1
にとれば、n≧Nのとき、|fn(x)-f(x)|<ε
Nとして、xに無関係なものが取れているので、一様収束
であることがわかる。

ε-N論法は面倒なので、sup(x∈I)|fn(x)-f(x)|→0(n→∞)

を考えた方が良くない?

Q複素解析で、極の位数の求め方

無限積分の値を求めるのに留数定理を使用するので、その際留数を求めることになりますが、
http://www.f-denshi.com/000TokiwaJPN/12cmplx/100cmp.html
によると、留数を求めるのに極の位数が必要だと書いています。

極は分数関数の分母を0にするような変数の値だと習いましたが、位数の求め方がわかりません。位数はどのようにして求めることができるのでしょうか?

Aベストアンサー

>極は分数関数の分母を0にするような変数の値だと習いましたが、
>位数の求め方がわかりません。
極がaのとき、分母をq(z)とおくと、q(z)を因数分解したとき
(z-a)^m
を因数として持つとき(q(z)=0がm重解を持つとき)
mを位数といいます。
位数mを求めるにはz=aが何重解かを求めればそれがmになります。

Q集積点が、まったく分かりません!!

集積点の意味がまったくわかりません。詳しく教えてください。

Aベストアンサー

MANIFESTさんがどのくらいの予備知識をお持ちなのかわからないので
答えにくいのですが、
集積点について質問されると言うことは少なくとも位相空間についての基本的な
用語くらいはご存知だと仮定して説明します。
距離空間はご存知でしょうね。

Xをある位相空間、AをXのある部分集合とします。
x∈XがAの集積点であるとは
xの任意の近傍とAの共通部分にx以外のAの点が少なくとも1つは含まれる
ような点のことです。
Xが距離空間なら、これは
「任意のεに対してxからの距離がε以下であるようなx以外のAの要素が存在するような点」
と言い替えられます。

直観的な言い方をすれば、x∈XがAの集積点であるとは
「xのどんな近くにも(x以外の)Aの点がある」
と言う条件をみたすような点のことです。

ついでに集積点との対比で孤立点も覚えてしまいましょう。
集積点とはある意味で対照的なものが孤立点です。
すなわちx∈XがAの孤立点であるとは
xがAの要素であり  …(S1)
かつxのある近傍とAの共通部分にx以外のAの点が含まれない。…(S2)
ような点のことです。
Xが距離空間なら、これは
「あるεに対してxからの距離がε以下であるようなAの要素はxだけであるような点」
となります。

注意していただきたいのはx∈AであることはxがAの集積点であるためには
必要でも十分でもないということです。
xがAの点であってもそれが孤立点ならxは集積点ではないし、Aの点でないような
Aの集積点も存在します。
しかし孤立点と言う概念は集合Aの要素に対して与えられる概念ですから、Aに
属さない点が(S2)の条件だけ満たしてもそれをAの孤立点とは呼びません。

あとは距離空間(ユークリッド空間)での簡単な例を挙げておきますのでイメージをつかんで下さい

例(1)Xを2次元ユークリッド空間として
A={(x,y)∈X| x^2 + y^2 < 1} ∪ (2.0)
とします。つまりAは原点中心半径1の開円盤と点(2,0)の和集合です。
するとAの集積点(の集合)は
{(x,y)∈X| x^2 + y^2 ≦ 1}
すなわち原点中心半径1の開円盤とその境界となります。
点(2,0)は孤立点なので集積点ではありません。

例(2)Xを2次元ユークリッド空間として
A={(x,y)∈X| y = sin(1/x) ,x∈(0,∞) }
とします。Aの集積点(の集合)はA自身と集合
B={(0,y)∈X| y∈[-1,1] }
の和集合です。

例(3)Xを1次元ユークリッド空間として
A= { 1/n | n=1,2,…}
とします。原点{0}はAの集積点です。しかしA自身の点はすべて孤立点です。

例(4)Xを1次元ユークリッド空間として
Aは開区間(0,1)の有理点。すなわち
A= { x∈(0,1)|xは有理数 }
とします。Aの集積点(の集合)は閉区間[0,1]です。

MANIFESTさんがどのくらいの予備知識をお持ちなのかわからないので
答えにくいのですが、
集積点について質問されると言うことは少なくとも位相空間についての基本的な
用語くらいはご存知だと仮定して説明します。
距離空間はご存知でしょうね。

Xをある位相空間、AをXのある部分集合とします。
x∈XがAの集積点であるとは
xの任意の近傍とAの共通部分にx以外のAの点が少なくとも1つは含まれる
ような点のことです。
Xが距離空間なら、これは
「任意のεに対してxからの距離がε以下であるよう...続きを読む

QC1級関数って何ですか?

級数の勉強をしていると、
” C1級数関数 ”
(※ 1はCの右上の小さい文字。表記できませんでした。)
という用語が出てきたのですが、どういう意味なのかわかりません。
どういう関数なのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは.Esnaです.

C1級は,1回微分可能な関数のことです.
Cn級や,C∞級(e^x,sin x など)など微分可能回数によって関数を分類したものです.


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング