最近自炊するようになったのですが、料理の経験は全くなく調味料等もどんなものがあるかよくわからない状態です。
この前、ほうれん草とえりんぎを醤油とバターで炒めたものを作りました。簡単でしたし一応食べられるものができたので、また作ろうと思うのですが、その時バターには食塩入りのものと食塩なしのものがあると最近知りました(全くわからなかったのでとりあえず無塩バターを買って使いました)。普通料理で使うバターはどちらを使うものなのでしょうか?料理によって使い分けたりするものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

調理に使うのは有塩(ふつうにバターと呼んでいるもの)です。


バターの分量に塩分が含まれている前提で調味します。
無塩バターを使う場合はたいてい「無塩バター」と特記してあります。

無塩のものは主にケーキやクッキーなどの製菓用です。
こちらは塩を全く使わないレシピが多いですし
塩分分量の微妙な違いで出来上がりに大きな違いが出るからです。

ケーキ作りなどをしないなら、普通のバターのほうが
塩分があるため保存性も良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
ケーキやクッキーを作ることは今のところ無いので、次は食塩入りのバターを買おうと思います。ただ、買ってしまった無塩バターを使い切るのはいつの事になるのだろう^^;
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/17 00:17

塩味が苦になららければ食塩入り、


塩が邪魔のなるなら無塩バターです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
今回は無塩バターを試したので、次は食塩入りを試してみようと思います。

お礼日時:2014/11/17 00:10

基本的には料理に使ったりパンに塗ったりするのは有塩バターです。


無塩バターは製菓の時に使うことが多いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難う御座います。
基本的には食塩入りを使うんですね。とりあえず買ってしまった無塩バターを使い切るのには結構時間掛かりそうですが、次は食塩入りを買ってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2014/11/17 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q無塩バターと有塩バターの質問

お菓子レシピによく無塩バターが要りますが、
無塩バターと有塩バターの違うことはただ塩辛いでしょうか。
もし、通常の甘いお菓子やケーキなど以外、
ビスケットとか、有塩バターを使用すれば大丈夫でしょうか。

例えば、下記のレシピに有塩バターを使えませんか
http://gourmet.yahoo.co.jp/seturl?mid=western&small=0202042&id=U000762

ちなみに私はお菓子作りに関しては超初心者です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ショートブレッドですね(^o^) 大好きです。

#1の方の言われるように「塩ひとつまみ」を省いて、有塩バターでOKだと思います。

私はどちらかと言うと、ショートブレッドの場合、マーガリンで作る方が、あっさりしていて、本場イギリスで売られているものに近い気がします。
この場合、無塩のお菓子用マーガリンがベストですが。

有塩のマーガリンとかいろいろ使ってみると風味が変わっておいしいですよ。

Q無塩バターと有塩バター

あるビスケットのレシピで、材料に「バター」と書いてありました。
普通に「有塩バター」だと思うのですが、家に無塩バターが余ってしまっていて、できればそれを使いたいと思っております。
それで、そういったレシピで無塩バターを使ってしまうのは、やはりよくないでしょうか?
よくないようでしたら、無塩バターに塩を加えたら大丈夫なのでしょうか?そうなのでしたら、どれくらいの量を入れたらいいのか教えて頂けますと助かります。
ご回答、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

通常、製菓で使うのは無塩バターです。
有塩だと、くどくなりますよ。
無塩でオッケーさっ!

Qバターと食塩不使用バター

今、食塩不使用バターしかありません。
マカロニグラタンを作る予定なのですが、オーブンで
焼く時にバターを乗せて焼きたいと思っています。
塩を少々まぶしたら普通のバターの代用として使えますか?

Aベストアンサー

私は普段から食塩不使用のバターを買っています。
使い道によって食塩をふって使っているので、普通のバターと同じです。
味の調節ができて便利ですよ。

Q炒めものに向くピーナッツバター

これまでに3回、それぞれ別のレシピでピーナッツバター炒めを作りました。
が、醤油や味噌等を混ぜてもクリーミーにならず、
エノキのような細かい具材に塊が絡まったままで上手く馴染みません。
レンジや湯煎も試してみましたが、水分が飛んで余計ボソボソに…。

甘いトーストが好きではないので、砂糖入り・水あめ入りではなく、
スキッピィか明治屋の、粘りけが強いタイプを購入しています。

やはりクリームタイプでないと上手くできないのでしょうか?
固めのバターでもできる方法、もしくは、炒め物向きのメーカーを
ご存知の方がいれば、是非教えていただきたいです。

Aベストアンサー

ピーナッツバターはあらかじめ、水や酒で滑らかにのばしてから合わせ調味料にするとうまくいくと思います。

Q無塩バターって?

素朴な疑問ですが、バターには無塩と、加塩というか塩が入ったものがありますよね。この違いの意味は何でしょうか。

製造上、加塩が都合いいとか、味の上で好まれているとか。
これは日本だけでなく、バターの本場?欧米でもそうでしょうか。ルーツ的には?
また無塩、加塩で調理や食するときに注意することがあるのでしょうか。好みもあるのでしょうが。
素朴な疑問に答えてください。

Aベストアンサー

バターに塩を加えるのは、風味付けと保存性をよくするためです。通常1~2%程度の食塩を加えています。多すぎると風味を損ねます。
食塩を加えていないものは保存性が劣るので、家庭用はほとんどが加塩バターです。製菓・製パンなどの業務用バターは食塩不使用のものが中心です。

いつ頃から塩を加えるようになったのかは分かりません。数百年前か数千年前か…。バターの起源は紀元前3~4千年前と言われています。
ヨーロッパでは発酵バターが主力です。乳酸発酵させた生クリームで作るバターです。これも加塩とそうでないものがあります。日本やアメリカでは非発酵バターが主力です。

なお、日本では現在「無塩バター」と表示した商品は存在しません。
厚生労働省の「栄養表示基準」により、何かを含まないことを強調するために「無・ゼロ・ノン・レス」などと表示するときの基準値が設けられており、「無塩」という表示は食品100g(100mL)あたりのナトリウム含有量が「5mg未満」でなければ認められません。

バターは原料乳由来のナトリウム分がこの基準を超えているため「無塩」という表示は違法です。市販の商品は「食塩不使用」といった表示に変更されました。逆の「有塩」「加塩」という表示は問題ありません。
ちなみに、科学技術庁の「五訂 日本食品標準成分表」では、今でも「無塩バター」となっています。

油脂類/(バター類)/有塩バター  ナトリウム:750mg、食塩相当量:1.9g
油脂類/(バター類)/無塩バター  ナトリウム: 11mg、食塩相当量:0.0g(計算上は28mg)
油脂類/(バター類)/発酵バター  ナトリウム:510mg、食塩相当量:1.3g

バターに塩を加えるのは、風味付けと保存性をよくするためです。通常1~2%程度の食塩を加えています。多すぎると風味を損ねます。
食塩を加えていないものは保存性が劣るので、家庭用はほとんどが加塩バターです。製菓・製パンなどの業務用バターは食塩不使用のものが中心です。

いつ頃から塩を加えるようになったのかは分かりません。数百年前か数千年前か…。バターの起源は紀元前3~4千年前と言われています。
ヨーロッパでは発酵バターが主力です。乳酸発酵させた生クリームで作るバターです。これも...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報