アプリ版:「スタンプのみでお礼する」機能のリリースについて

鉢底の穴から地面に根っこが張り出して数年経ってしまいました。動かさなければならず掘りあげたいが、本には藤は根っこを切ってはいけないと書いてありますが来年の花をあきらめれば切っても大丈夫なのでしょうか?それとも枯れてしまうのでしょうか?

A 回答 (4件)

#2、3です。

回答に対するお礼拝見しました。
藤の生命力の凄さには改めて感心させられています。
藤の植替えの原則は根を切らないということは定石ですが、ごぼうより太い根が4メートルもあり他にも四方八方に伸びていてはとっても鉢に入りきらないと思いますのでこの際一部を切断するしかありませんね。
この際DoraemonLOVEさんの藤は太い根を切りつめることで新しい細根の発生を促進させ若返らせましょう。
なんて勝手に決め付けてはいけませんが、まず植え替える鉢の大きさを決めそれに入るだけのサイズに根を切り詰めます。
その際なるべく勢いの良い新しく細い根を残して太くて古い根を清潔な鋏で切ります。
そして藤の樹形にとらわれず地上の枝も根と比例して切りつめます。
植物は地上と地下は比例しますし、またそう調節することで順調に生育します。
花を咲かせるためには根を短く切らないことが大切ですが根を切らないことで新根やつるの伸長を抑えその分の養分を花にまわして着花させる原理からすると暫くは花は諦めましょう。
植替えの際の土は水はけと通気性が良く、腐葉土等の腐葉質に富んだ土壌であれば酸性でも構いません。
藤はマメ科の植物で根粒バクテリアと共生してますので当分肥料を施さなくても良く生育しますので活着するまでは肥料分は控えましょう。
しかしこれだけでは弦が伸びるだけでより良い開花は望めませんので来年以降は原則として花が終わる時期または終わった後のお礼肥と落葉後に寒肥を一度施せば十分です。
しかも多く施す必要はなく、あくまでも木の勢いを見ながらリン酸やカリ分を補給する程度です。
なお植替えに際してはもう一度#2、3をご参照下さい。
このやり方で枯れることは無いと思いますが、根切りや植替え時期以外の植替えと異常ずくめですので剪定した枝を挿し木にしておいては如何ですか。
今の梅雨の季節は挿し木の適期です。
挿し木は接木と違って開花まで5~6年かかる欠点がありますが作業は簡単ですので是非一緒にやってみて下さい。
私は他の花木ですが挿し木についてもこちらで答えていますので回答者のHNから探して頂ければ見つけることが出来ますのでその際はご参照下さい。
成功を祈ります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

事細かにいろいろありがとうございました。
早速太根をきって植木鉢へいれ早く水をやらなければと思い、植木鉢に入っていた部分の根を水洗いしてよく見たところ鉢底から出た部分が穴の大きさしかないので四方八方の根を掘るときに傷めてしまいました。1メートルくらいの新ごぼうぐらいの根を2本残しあとは、切り落とし植木鉢に入れました。枝もだいぶ落としたつもりなのですが、後は毎日枯れないでねと葉水をたびたびあげるつもりです。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/15 00:00

#2です。


回答に対する補足を拝見しました。
結論から言うと多分今の梅雨の季節にやっても大丈夫だろうと思います。
落葉樹の植替えは落葉後の休眠期にやるのが普通ですが、ご存知のように梅雨の時期は殆どの植物の植替えや挿し木が可能でので多分大丈夫だろうと思います。
というのはこの時期は湿度が多くかつ直射日光の当たる時間が少ないので植替えや挿し木後の痛んだ株の養生には最適な条件が揃っているからです。
ただし植替えの際はくれぐれも#2に書きました諸条件を守り長く養生できる条件を作って下さい。
来年の花は無理でも枯れる事は無いと思いますので頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かくいろいろありがとうございます。
気をつけて早速掘ってみました。鉢底よりごぼうより太い根が4メートルものび、他、2メートル・3メートルと四方八方に伸びていました。掘り出したものの植木鉢に入るわけもなく途方にくれています。丸められるようにと思いしなびるように土の上に放置してあります。どうしたら枯れずにすむのでしょう。

お礼日時:2004/06/13 21:59

植物の根は養分を蓄える貯蔵器官でありかつ空気や栄養や水分を吸収する消化器官でもありますが、特に藤はマメ科の植物で根に根粒バクテリアがいてチッソを供給してくれますので長い根はなるべく切らないように掘り起こして根を巻いて植え替えます。


植え替えの時はまず土から根を抜くのではなく鉢の下の土を掘り起こして特に細根は切らないようにしましょう。
根は軽く水洗いして黒くなって枯れているものや込み入った細根は清潔な鋏で切りつめますがなるべく細根も残しておきましょう。
藤は根を切ると翌年は花が咲かないだけでなく枯れてしまうこともありますので注意が必要です。
植替え時期は3~4月か11~12月中旬の落葉した休眠期で植替後は明るい日陰に置き様子をみます。
蛇足ですが鉢植えの場合は腰水にして根腐れ状態にすると良く花が付くと言われますが根を痛めると藤は危機感を感じ子孫を残す為に無理に花を咲かせますが樹は確実に弱りますので気を付けたほうが良いでしょう。

この回答への補足

ありがとうございます。事情がありこの6~7月に堀上たいのですが枯れてしまうのでしょうか?

補足日時:2004/06/10 23:28
    • good
    • 0

こんばんは。


藤について検索してみたのですが、どのサイトも殆ど「根は切らずに」と書かれていました。

http://www.akatsuka.co.jp/qa/q_a_jun02b.htm
(↑ページの上2/3くらいの位置)
http://fujinosato.at.infoseek.co.jp/sodate/diary …
(↑太字の「植え替え」というところをご参照ください。)

根は切らずに、とぐろを巻くようにして・・・というのが「藤巻」という方法のようで、このようにして植え替えをするようです。
ご参照ください。

参考URL:http://www.akatsuka.co.jp/qa/q_a_jun02b.htm,http://fujinosato.at.infoseek.co.jp/sodate/diary …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています