12万作品が月額500円(税別)で見放題なのはdTVだけ!! >>dTV(外部リンク)

データ入力業務のミスを無くすコツを教えてください。
データ入力の仕事をしています。
毎回慎重に入力していますが、一向にミスが無くなりません。
タイプミスはないですが、漢字の変換をよく間違える傾向にあります。
打ち間違い自体を認識してないので、打ち終えた後の確認作業でも打ち間違いに気づきません。
どうすればミスを無くせますか?このままではクビになってしまいます。
回答お待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ありがとうございます。


それ、私も知りたいのですが、私の場合はどこから始まったか覚えていない。
というところでつまづいて時間を取られてしまい、クビになりそうです。

漢字の変換ですが、私はいつも直接入力ではなく、推測(サジェスト機能)を用いて、
入力しています。例えば、「ありがとうございます。」と打つときに「ありが・・・」と
打つ途中で、Tabキーを押すと、ほぼ間違いのない形で変換されます。

漢字の場合も同様で、既に正しい漢字が登録されていますので、
同じくTabキーで選んであげるとよろしいかと存じます。

答えになっていれば幸いです。宜しくお願い致します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデータ入力のミスを無くすには…

短期派遣でデータ入力のような業務をしています。
詳しいことは書けませんが
その業務専任で、それ以外の業務はありません。

括弧やスペースなどの記号?(スペースを記号とは言わないと思いますが)を
多く含んだ文章の入力といった感じです。

ただ、大半の記号は短縮入力が可能です(一部入力で辞書登録されているため)。


1ファイルずつデータ入力して、アップロードしてという形で
1ファイル入力終了毎に必ず見直しをします。

仕事のスピードが早いとは褒めていただけたものの
もう少し細かいミスが減るといいですねとも言われました。

(その仕事の経験はあるものの、そこでの勤務は初めてのため、一からやり方、書き方等研修を受け、まだ3日間しか勤務していないため、自分がアップロードしたデータのフィードバックをされ、こういうところにミスがありました、と上司の方から報告があります)


で、そのミスの多さにショックを受けています。
大きなミスというのは無いのですが(書式自体間違っている等)
細かいミスばかりです。
スペースが抜けている、「、。」と句点が連続しているなど。

見直しは自分の中では十分なくらいしていたので
こんな間違いがあったんだ…という感じです。

実際に見直しでファイルにもよりますが数カ所訂正をすることがあります。
(データ入力とは言っても、一般的なものとは違うため、見直しでの訂正が多数あるのが普通といったようなものでもありますが)

で、質問なのですが、どうすればミスをなくせるでしょうか。
指摘を受けた点は、それ以降より気を付けて見てはいるのですが。(例えば「、。」と句読点が並んでしまっている箇所はないかとか)



昔から見直しが苦手です。
テストの時間に、全部解き終わったら、見直しをする方も多いと思いますが
私はしていませんでした。
しなかったというよりできないというのが正しいのですが
実際見直しをしても、同じ間違いをするんです。(一から計算し直しても(数学の場合ですが)
テストが終わって少し時間が経ち、頭が切り替われば間違いに気づけますが
テストの時間、1時間弱では、頭が切り替わらず、見直しをしても、同じ間違いをし、合ってるなと見逃すことばかりでした。

短期派遣でデータ入力のような業務をしています。
詳しいことは書けませんが
その業務専任で、それ以外の業務はありません。

括弧やスペースなどの記号?(スペースを記号とは言わないと思いますが)を
多く含んだ文章の入力といった感じです。

ただ、大半の記号は短縮入力が可能です(一部入力で辞書登録されているため)。


1ファイルずつデータ入力して、アップロードしてという形で
1ファイル入力終了毎に必ず見直しをします。

仕事のスピードが早いとは褒めていただけたものの
もう少し細かいミスが減る...続きを読む

Aベストアンサー

>見直しは自分の中では十分なくらいしていたので
>こんな間違いがあったんだ…という感じです。

どんな仕事でも最後の検査はとても大切ですね!
学校のテストなどは90点以上では上位になりますが、
会社の仕事では100点が要求されますので…。

>で、質問なのですが、どうすればミスをなくせるでしょうか。

>指摘を受けた点は、それ以降より気を付けて見てはいるのですが。
>(例えば「、。」と句読点が並んでしまっている箇所はないかとか)

良い心掛けだと思います。この姿勢を持ち続け、
二度と同じ間違をしないようにしていけば
必ず100点取れるようになりますよ…。

次の方法を提案します。
1)失敗(ミス)リストをエクセル、ワード、テキストファイルなどで作る。
  これに新しいミスが出るたびに追加していく。(これはあなたの財産になる)
2)入力終了後、ひととおり目視で検査する。
3)次に、リストに書かれた順に、「検索機能」を使って同じミスが無いかを検査する。
  例えばリストに5個のミスがあれば、5回の検索。

これを続けていけばミスを劇的に減らすことができ、あなたの評価も一段と上がると思います。
”がんばって下さい”

>見直しは自分の中では十分なくらいしていたので
>こんな間違いがあったんだ…という感じです。

どんな仕事でも最後の検査はとても大切ですね!
学校のテストなどは90点以上では上位になりますが、
会社の仕事では100点が要求されますので…。

>で、質問なのですが、どうすればミスをなくせるでしょうか。

>指摘を受けた点は、それ以降より気を付けて見てはいるのですが。
>(例えば「、。」と句読点が並んでしまっている箇所はないかとか)

良い心掛けだと思います。この姿勢を持ち続け、
二度と同じ間違...続きを読む

Qミスをなくすのに一番効果的な方法は?

仕事でミスが増えてきたのと、聞いたことをすぐに忘れるので、対策を考えています。血液型は関係ないかもしれませんが、o型で、大雑把な所があります。
ミスをしたことを、すべてパソコンで打ち出し(手書きより早いため)印刷し、通勤中に見直しをするようにし始めたところです。
メモをとるくせをつけようと、A5ぐらいのノートを買いました。メモをする習慣をつけて生きたいと思います。
これでミスは減るでしょうか?
1回しか聞いていないことも忘れないようにする方法と、ミスを減らすのに一番効果的な方法を助言してください。
真剣です。非常に困っています。

Aベストアンサー

#6です。

何か、スキルに対する考え方が間違っているような気がします。
いろいろと新しいことに手を出すのもよいのですが、今やっている仕事の業務内容についての理解を深めることが先決ではないでしょうか?

例えば、伝票の入力をするにしても、入力した内容が正しいかどうか、(元のデータと照らし合わせてではなく)見ただけで判断できるのでしょうか? 業務内容が十分理解できていれば、根拠となる情報なしでも、一見して明らかにおかしいものは分かるようになります。
そうではなく、単に機械的に確認を行っているだけであれば、効率も悪いですし、ミスも起こりやすくなります。

自社の業務内容を、机上だけではなく、誰が、どこで、いつ、どんな仕事を、どのようにして行っているのかが把握できれば、ミスは自然に少なくなるはずです。

Q仕事ミス防止のための"確認作業"について

最近仕事でヒューマンエラーによるミスを犯しました。

それはデスクワークで、ある資料の体裁チェックを行うために、
先輩から見本となる一例を作成いただいて、
それを私自身が印刷し、それを見ながら行えば上手くいったのですが、
"見なかった"ために、大量のミスをしてしまいました。
結果、リカバリが大変なことに。

その先輩からの指摘では、以下が問題のようです。
・確認が甘すぎる
・覚えたと思い込んで作業している。

とのことです。

改善策は確認すればいいわけですが、

私の言い訳としては、
私は自信があったので、見ることを怠った。
正確には、"適当に見た"ということになります。
ざっくり見ればわかるだろう。あまり見ることに時間をかけると、
仕事で結果を出せない。仕事が遅いのも問題なので。と

ところが、その先輩は、自信があるにも拘らず、確認するそうです。
それでも私より早い!!

品質が悪くて、結果仕事が遅い私と、
品質が良くて仕事も速い先輩、

評価は歴然です。

そこで改善策を考える上で私が思ったのは、
自信のある人が確認作業を怠らない理由とは、
何が考えられますでしょうか?

その先輩いわく、自信があっても確認するのが普通だそうですが、
私に言わせれば、自信があるなら見ないほうが仕事が早いのでは。
と考えてしまいます。

皆さんは、たとえ自信がある作業でも、確認作業を怠りませんか?
確認を怠ったために仕事でミスを犯した場合、
その後に行った改善策でどのようなものがありましたか?

結果的に効果がなかった改善策も、その後どうやって改善したのか、
ご教授下さい。

ちなみに、既に実行していた対策としては、
・自ら体裁チェック用の作業チェックシートを作成し、
自分が行うことを書いてから作業を行う。
ただし、チェック結果を予測で書いてしまうことが多々あります。
確認するポイントが同じなので、発生する修正内容も同じため。

・その先輩とのダブルチェック、
これは最後の手段ですが、このやりかたは、私自身のためにならないとのこと。
あくまで私自身の改善が求められています。

・大量にある作業の一例を自らやってみせ、
その一枚のみ、先輩に確認して頂き、OKなら、あとは流れ作業のように行う。
しかしこれも、人任せなんですよね。

う~ん、何か良い改善策は無いものか悩んでいます。

是非ともご教授を!

最近仕事でヒューマンエラーによるミスを犯しました。

それはデスクワークで、ある資料の体裁チェックを行うために、
先輩から見本となる一例を作成いただいて、
それを私自身が印刷し、それを見ながら行えば上手くいったのですが、
"見なかった"ために、大量のミスをしてしまいました。
結果、リカバリが大変なことに。

その先輩からの指摘では、以下が問題のようです。
・確認が甘すぎる
・覚えたと思い込んで作業している。

とのことです。

改善策は確認すればいいわけですが、

私の言い訳としては、
私は...続きを読む

Aベストアンサー

 根拠のない自信を、過信と呼びます。
 質問者さんは、失礼ながら自信と過信の区別がついていないように感じます。

 自信を持つことができる分野と、そうでない分野があります。
 仕事の手順や、大まかな流れを考えて仕事をすることなどは、自信の範疇ですが、必要事項は何かとか、リストを網羅していくような、事務的な勤勉さを要する分野では、自信があっても細かい抜かりが生じやすいもの。
 先輩方はそういう、自信を持っていい部分と、リストや作成例などと照合して確認すべき部分とを明確に分けて考えているのでしょう。

 私が仕事を覚えるときに先輩から言われたのは、「記憶で仕事をするな、記録で仕事をしろ」ということでした。
 自信がある、というのは記憶、確認するというのは記録だと思います。
 レベルの高い、できる人間ほど、基本や確認を怠らない、だからこそ「できる」のだと思います。 

 よって改善策は、「自分を過信しない」、「素早くやる部分とじっくり確認する部分とを自分の中で明確に分ける」、「速さを求めようとあせらない」ことではないでしょうか。
 心に余裕があれば、きっと冷静に的確にミスも発見できるでしょう。
 作業の要所要所に、定期的な確認の時間・手順を入れる、というのもいいかもしれません。

 根拠のない自信を、過信と呼びます。
 質問者さんは、失礼ながら自信と過信の区別がついていないように感じます。

 自信を持つことができる分野と、そうでない分野があります。
 仕事の手順や、大まかな流れを考えて仕事をすることなどは、自信の範疇ですが、必要事項は何かとか、リストを網羅していくような、事務的な勤勉さを要する分野では、自信があっても細かい抜かりが生じやすいもの。
 先輩方はそういう、自信を持っていい部分と、リストや作成例などと照合して確認すべき部分とを明確に分けて考え...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報