変調電流ってなんでしょう?
簡単にでいいんで教えてください。
レーザドライバに関する事で出てきたんですが
あまりにも初歩的すぎて質問できなかったです。
手持ちの本にものってないので・・・。

A 回答 (3件)

以前、研究で半導体レーザを強度変調して使用したことがあります。

これは、レーザの駆動回路に例えば3MHzの信号をのせて半導体レーザに接続してやると、3MHZの周期で強度変調させることができます。このように、半導体レーザは注入電流によって変調させることができます。この注入電流を変調電流といいます。
参考になればいいのですが。
    • good
    • 0

状況がよくわかりませんが、レーザドライバーというからには何かの信号を入力して


その入力に比例した強さで(パルス出力なら入力に比例した頻度や時間間隔で)レーザー光を出力する
装置のことでしょうか。

変調とは一口でいえば何らかの形で入力信号の情報を電流(または電圧や電波、または光でも同じことです)
の変動に変えることです。
このように変動された電流(電圧、電波)は(その方法が適当であれば)もとの信号の情報を
持っていることになります。
そうやって信号の情報を載せられた電流(電圧、電波)を、入力信号で変調された電流(電圧、電波)
と言います。変調電流というのはこのことだと思います。

なお変調の方法は沢山あります。
ラジオなどでは搬送波と呼ばれる比較的周波数の高い正弦波の振幅を信号の波形に沿って
変動させています。これをAM変調といいます。また振幅の代わりに周波数を変動させることを
FM変調といいます。これらはアナログ的な変調ですが現在はデジタル的な変調の方が多いかも知れません。
デジタル的な変調の例としては、入力信号に比例した幅のパルスに変換する方法や
一定時間に出力するパルスの数を入力信号に比例させる変調などがあります。

ラジオやテレビでは最終的に変調されるものは電波ですが、電波を送受信する装置の中では
電流の(電圧の)変調をすることにより変調した電波を送信(受信)しています。
レーザドライバーでも最終的に信号の情報を載せて出力されるものはレーザー光でしょうが
結局その光源を駆動するためには信号で変調された電流が必要になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。こんなふうに噛み砕いて教えていただけたらすごく頭に入ってきやすいです。いま勉強中の身で分からない事だらけなんで、またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/12 11:32

推定ですが、レーザ光に情報を乗せるのでしょうね。


これを変調といいますね。変調すべき信号(データ)が電流変化で与えられるから、変調電流というのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。

お礼日時:2001/06/12 11:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半導体レーザとホログラムレーザの違い

はじめまして。半導体レーザとホログラムレーザの違いを教えて下さい。
両方ともCDやDVDのピックアップ(?)に使われているんですよね・・・。
ちなみにピックアップというのは、信号の読み取りの事を意味するのですか?

Aベストアンサー

正確に言えばホログラムレーザというものはありませんね。
CD,DVDなどで使われているのは、「半導体レーザ」です。
では、なぜホログラムという言葉が出てくるのかというと、「半導体レーザ」から出た光はそのままCDに当てるのではなくて、
「半導体レーザ」→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「レンズ」→CD,DVDなどの記録面
と光学素子(レンズ、ビームスプリッタ)を通ってから光が当たるわけです。
当たった光の反射光は、
CD,DVD→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「受光器」
とビームスプリッタまでは同一経路ですが、そこから別れて受光器に入ります。
そして、電気信号に直されるわけです。

ホログラムは特殊な光学素子で、この「レンズ」「ビームスプリッタ」の役割をします。
また、最近では、半導体レーザと受光器とこのホログラム光学素子を一体にしたモジュールとして作ることによりコストダウンを測っています。
そのため、わかりやすいというか、印象が良いというか、まあそんな理由でこのモジュールのことをまとめてホログラムレーザと称しているだけでしょうね。
昔CDが出たばかりの頃は、小さなレンズ、スプリッタなどを組み合わせて作っていた自体もありますが、組立コストなどが馬鹿にならないので、最近ではもうこのホログラムタイプが主流かと思います。

ピックアップはこの場合ある記録媒体から「信号を取り出すモジュール」を意味することになりますので、このモジュール全体という事ですね。

正確に言えばホログラムレーザというものはありませんね。
CD,DVDなどで使われているのは、「半導体レーザ」です。
では、なぜホログラムという言葉が出てくるのかというと、「半導体レーザ」から出た光はそのままCDに当てるのではなくて、
「半導体レーザ」→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「レンズ」→CD,DVDなどの記録面
と光学素子(レンズ、ビームスプリッタ)を通ってから光が当たるわけです。
当たった光の反射光は、
CD,DVD→「レンズ」→「ビームスプリッタ」→「受光器」
とビ...続きを読む

QLEDドライバのPWM調光時の電流測定の方法について

LEDドライバのPWM調光時の電流測定の方法について

LEDドライバ回路でICのPWM調光機能を用いてLED電流を制御した場合、
この電流の測定方法としてデジタルマルチメーターを用いて電流を測定
することは適切でしょうか。

PWM信号は数百Hzで入力し、LED電流は約10mAくらいです。

LED電流のリニア特性を測定しようとしてそれらしき値は出ているのですが、
ご教授お願い致します。

Aベストアンサー

ANo.1 です。
あくまでも目安ですが、テスターのDCレンジで測定すると波形率に左右されますが多少低目の数値(約5%から10%)で測定されます。
PWM波形のDuty50%程度の場合で波形のピークの形で値が変動しますが、数百Hz程度以下なら目安の値としています。
これはテスターの指針は平均値で振れ周波数が高くなれば追従しなくなるからです。

ACレンジで測定すると実際の1.1倍程度の指示値を示して測定されます。
何故1.1倍の値かと言うと、テスターなどは平均値を測定して1.1倍すると正弦波の実効値だからこの様に校正されているのです。

*正確な値ではないけれども、少し低目の指示値と認識して使ってください。
 

Q大きな電流と小さな電流を同時に計測するにはどうしたら良いですか?

50uAのバックグラウンド電流の中で1nAほどの微少な電流の変化を計測したいとします。
これにはどうすれば良いでしょうか?
OPアンプを使ったI/Vコンバータではレンジを広くすると、小さな電流はノイズに消されてしまい、レンジを小さくとると、出力は飽和してしまいます。
シャント抵抗を使った方法でも同様のことが言えると思います。
上記のような計測は一体どうやって行えば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

「50uAのバックグラウンド電流」と「1nAほどの微少な電流の変化」がきちんと分離できるんですよね.
だったら,I/Vコンバータの入力に「50uAのバックグラウンド電流」と逆極性の電流を注入して打ち消し,「1nAほどの微少な電流の変化」だけをI/Vコンバータの出力から取り出せばOKでしょう.
I/Vコンバータの組み立てはこれが写真付きで参考になります.
http://ednjapan.rbi-j.com/issue/2007/08/4/3549/1
これはfAのI/Vコンバータですから,nAなんか屁のカッパでしょう.

Q半波電流と全波電流について

半波電流と全波電流について、その動作原理を教えてください。特にその中でのダイオードの役割について教えてください。

Aベストアンサー

半波整流の場合は、ダイオードひとつで回路を作って、そこに電流を流します。

順方向に電圧がかかっている間(ダイオードの記号で三角の底辺の側が電位が高い)は、もとの波形のまま電気が流れ、逆電圧の場合は流れません。

と言うことで、正弦波を与えると、ゼロラインより上だけを切り取ったような形になります。

全波整流の場合はダイオードブリッジを造ります。

正方形を45度傾けた絵を考えて下さい。そのそれぞれの辺にダイオードを配置します。

「く」の字と「逆く」の字を左右に向かい合わせた形になりますね。そのそれぞれの辺にダイオードをすべて上向き(三角形の底辺が斜め下側にくるように)配置します。

そして、「く」と「逆く」の字の曲がっているところかから電流を流します。

仮に左が高電位の場合、電気は左から斜め上に上がって上側へ流れて行き、斜め下には流れません。右側は低電位になるので、下から電気が入って右に流れて行くことになります。

左右の電位が逆転すると右から入った電気が上に流れて行き、左へ出て行く電気は下からはいることになります。

ここで上と下だけを注目すれば、常に電気は下から上に流れているように見えますね。それが全波整流です。

ただ、例えば正弦波を入れた場合、波の形自体はゼロラインを中心に、マイナス側をプラス側に折り返した、ぽこぽこした形になります。

これを平坦にするにはコンデンサを使って平滑してやる必要があります。

絵が書けなくて文字だけなので、ちょっと判りにくいと思いますが・・・

半波整流の場合は、ダイオードひとつで回路を作って、そこに電流を流します。

順方向に電圧がかかっている間(ダイオードの記号で三角の底辺の側が電位が高い)は、もとの波形のまま電気が流れ、逆電圧の場合は流れません。

と言うことで、正弦波を与えると、ゼロラインより上だけを切り取ったような形になります。

全波整流の場合はダイオードブリッジを造ります。

正方形を45度傾けた絵を考えて下さい。そのそれぞれの辺にダイオードを配置します。

「く」の字と「逆く」の字を左右に向かい合...続きを読む

Q電流プローブの許容電流について

電流プローブ(ケーブルに挟むタイプ)を用いて、ケーブルのノイズ電流を測定する予定なのですが、
許容電流値はどのくらいになるのでしょうか?

メーカ公表値では50/60Hzでは300A程度と載っていたのですが、ノイズ電流だと許容値は変わるのでしょうか?周波数と電流の関係がよくわからず。。。周波数が高くなると電流値が変わる?

お願いします。

Aベストアンサー

>最大電流はなぜ高周波で低下するのでしょうか?

周波数が高いと、インダクタンス抵抗成分が大きくなりキャパシタンス抵抗成分が小さくなります。コイル型の検出だと、表皮効果により有効断面積が小さくなってしまうために、許容電流値が小さくなっているものと思われます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報