昔のゴルフクラブは、パーシモンがよく使われていたが、現在は金属製素材が主流になり、パーシモンクラブを使う選手はほとんどいなくなってしまった。
なぜパーシモンクラブは使われなくなってしまったのだろうか?

「なぜパーシモンクラブはなくなった?」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 パーシモンの時代にゴルフをはじめたものです。

私がゴルフをはじめたのは、24年前。パーシモンと、メタルドライバーが半々くらいだったと記憶してます。

 メタルが出た当時は、楽で簡単に飛ぶと、新しいもの好きな人がこぞって買ってました。昔からパーシモンを使っていた人は、なかなか買い直す気はなかったのですが、時代の流れに逆らえず、売れなくなり、メーカーが生産中止にしたのだと思います。

 パーシモンは、飛ばない、曲がる、技術がいる。自分で操っている感じが好き。チタンドライバーなどは、ある程度芯を外しても、飛ぶ、曲がらない、楽である。 車で言ったら、MTとオートマていう感じですね

 MTの車が好きな人は多かったと思いますが、今ではメーカーも一部のスポーツカー以外は生産中止していますよね。それと同じだと思います。

 
    • good
    • 5
この回答へのお礼

これも時代の流れでしょうか。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

お礼日時:2015/01/18 13:55

私の80歳くらいの先輩はパーシモンのFWを使っていますよ。


だけど1Wは今のクラブですね。
飛距離や精度が今のクラブの方が断然すぐれています。
ミスの許容範囲が大きく違います。
FWはグリーンを狙うクラブなので使い慣れた物がいいようです。
私は許容範囲の大きい今のクラブを使っています。
ゴルフを始めたころはパーシモンしかなかったですが、メタルヘッド、
カーボンヘッド、チタンヘッドと新製品が出るごとに、易しくて
良く飛ぶようになるので買い換えてきました。
パーシモンは難しいです。しかも高価です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これも時代の流れでしょうか。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

お礼日時:2015/01/18 13:50

 飛ばないし、スイートスポットが小さいから難しい。

だから、誰も使わない。需要がないから作らない。
 1打の差で獲得賞金が数千万も違ってくるのに試合で使いにくい、飛ばないパーシモンなど使う選手がいるわけないね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

これも時代の流れでしょうか。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

お礼日時:2015/01/18 13:51

パーシモン素材は自然物であるわけで、そこで設計の自由度がどうしても低くなります。


もちろんパーシモンのクラブでもフェースインサートや重心調整の錘などで多少の調整は可能ですが、
工業製品の金属やカーボン素材のような自由度はありません。

また、クラブで打つ球も変化していてその変化にも対応できないでしょう。
(球とクラブの進化はどちらが先かは難しいですが・・・・)

設計の自由度が高いということは、それだけ効率よく球を打てるクラブを作れるということです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>設計の自由度が低い

パーシモンは今の時代に合わなくなってしまったのでしょうか。

お礼日時:2015/01/18 13:54

今どきのドライバー(チタン)はパーシモンに比べると、重心距離が長く、重心が深く、慣性モーメントが大きいので、クラブヘッド単体で見たら、パーシモンよりもやさしく作られているからです。

しかも今は禁止された高反発ヘッドも作ることができ、飛距離も確保できるのです。同じ人がうまく当てることができれば、絶対に遠くへ飛ばせるのです。またクラブヘッドが大きいので、スイートスポットが広いので、ミスする確率も減るのです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

これも時代の流れでしょうか。

老兵は死なず、ただ消え去るのみ。

お礼日時:2015/01/18 13:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

クラブ」に関するQ&A: クラブチームの費用

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーシモンヘッドの手入れ・・

パーシモンヘッドの手入れ・・
について訊ねたいのですが、先日納屋を整理していたらクラブが数本出てきまして、その中の1本が本間のパーシモンの5番で、少し前にユーティリティのクラブを手放していたのでそのつなぎに・・と思い練習がてらに・・と思って打ってみると、不思議と良い当たりが出ました。しばらく使うかも・・?と思うのですが、ゴルフ暦15年の私もパーシモンのクラブは使ったことが無く、手入れの方法が良く分かりません・・。ほかのクラブなどと同じく、556のスプレーをかけて拭いたりしていますが、こんなのでいいのでしょうか・・?

Aベストアンサー

他の皆さんも申されていますが
クラウン部のラッカーは揮発性のものがかかると
つやがなくなったり、はげてきたりします
泥などの汚れでは水で固く絞った布で拭き取り
乾いた布でこするように拭き取って下さい
はげたり、表面が曇ったりした場合は
ホンマ製なら塗装のしなおしをしてくれます
(有料です)
パーシモンで一番傷が付くのはフェースです
砂や砂利などで傷が付くとフェースインサートの
交換も必要になるでしょう
これもホンマでは修理の受付をしております

パーシモンフェアウェイウッドはソールに真鍮を使用しており
メタルに比較して重心が特別低く出来るので
ボールを上げる機能は抜群です

なお、ボールに関しては
重量も規格品なので過去のラージボールと比較して
同じと考えてください
打感は変化しておりますが余り気を使わなくとも
良いかと思います(経験済みでしたね)

大事にしてください

アドバイスまで

Qゴルフでシングルとはどういう意味ですか

ゴルフでシングルですという人がいますが、どういう意味ですか?
初心者です。

Aベストアンサー

ハンディキャップ
が一桁の人のことを言います。

だからといって二桁の人を「ダブル」とは言いません。

では、ハンディキャップ(俗にハンディといわれています)
とはな~に?
ということになります。

ゴルフのゲーム方法はご存知でしょうか?
一般的に言いますと
一つのゴルフ場に1番から18番まで18個のホールがあります。
一つ一つのホールは「ティーショット」という第1打を打ってからカップ(穴)に入るまでの基準打数が決まっています。
この基準打数を「パー」といいます。
1番ホールパー4とか言うのがそれです。

基準打数とは「熟練したプレーヤー」がカップにボールが入るまでに
必要とする打数です。単なるプレーヤーではなく「熟練した」がつきます。平均的プロと考えれば良いでしょう。
平たく言うと、一般プロが何回で入れられるか、というものです。

これを合計すると一コース(1~18番まで)でだいたい72回となります。
へたっぴは各ホールでボギー(基準打数より1打多い)だとか
ダブルボギー(2打多い)などたたきますので
合計すると90回も簡単に打ってしまいます。

簡単に言うと、
この人の腕前は頑張っても90回ですから
熟練した人と比べると18回も多いわけです。
これをハンディといいます。
(正確には何度もコースを回ってその平均を出して・・どうのこうのと
難しい計算がありますが簡単に言えばそういうことです)

その人が実力でプレーして一コースあたり、平均して72回より何打多く打ってしまうかがハンディです。

で、ゴルフがどのくらい難しいかというと
アベレージゴルファー(平均的にまぁまぁゴルフをやっていて
よく知ってるよ)という人がハンディで14~25くらいです。
月一(月に一回、年10回~12回)ゴルファなどはこの典型です。
まぁそれでも初心者から見れば結構上手かもしれません。

もちろんプロはハンディがありません。
テレビで見ていると5アンダーとか言ってるでしょ。
あれは72回より5回も少なくプレーしてきた人です。
したがってハンディがたとえ1という人でもハンディがあるという
ことはアマチュアの人です。

で、へたっぴはハンディで25以上の人です。
ゴルフ好きでも結構たくさんいますよ、そんな人。
30を超えるような人は初心者といっても良いかもしれません。
ほんとの初心者は120、130回とハンディが付かないほど多く打っちゃいます。

さていよいよシングルですが
シングルというとハンディが一桁ですから
少なくとも82回以内でラウンドしてくるような人です。
これはかなり上手です。相当やってないとこうはなりません。
年間、そうですねー・・30回~50回はやる人かな・・。

同じシングルでも「片手シングル」という人もいます。
こういう人たちはもっと上手で、週に最低でも一回、シーズン中(春や秋)は週2回~3回はゴルフやってる人です。
それも十年以上そういう生活をしてきてる人たちです。
金も暇もある人じゃないとこうはなれません。

このまえ、ハンディ2の人と一緒にプレーしたのですが
そのとき、週に3回くらいはやってるんでしょ?
といったらしかられちゃいました、
「冗談じゃないよ!週5回だ!」といってましたから
相当なもんです。
ここまでくると、家庭と友人関係を犠牲にしている人も人もいます。

しかし、一方で家庭もちゃんとやっている人はゴルフ仲間からは
尊敬されます。

なぜかというと、
シングル、それも片手シングル(トップアマといいます)になるにはゴルフに費やす時間が半端ではありません。
練習だけでなくコースにも年間百回近くあるいはそれ以上出ています。
中には200ラウンドする人もいます。
それだけゴルフができるということは金もなくてはなりません。
ということは仕事が順調だということです。しかもその仕事を
きちんとこなしているからこそ金が入ってくるわけです。
遊びほうけているわけはないと周りの人は考えます。
仕事が忙しくてもゴルフやるわけですから、それなりに仕事に渡りをつけてやってるわけです。
だいたいそういう人は会社のオーナー社長や自営業の人が多いですが
部下や、同僚、付き合い先とうまくやってるからこそできるわけです。
また、奥さん(家族)とも渡りをつけてくるわけですから
結構なやり手で人格的にも優れていると外からは思われます。

逆に学生のトップアマなんぞ何の尊敬にも値しません。
仕事もせず、家庭も持たず、親のすねかじって好きなだけゴルフやってるんですからハンディがシングルになるのは当たり前の話です。
難しいことでも何でもありません。ですのでなんら尊敬に値しません。

他に仕事を持ってしかもそれをこなして右肩上がりで稼いで、
家庭を持って円満で、その環境でのトップアマになるわけでですからそりゃたいしたもんなんです。

だいたい会社をつぶすような社長というのはハンディ8止まりです。
ちょうどそのくらいになるとそれまで遊んできたツケが回ってきて
会社の運営をないがしろにし、部下の信用のなくし、家庭の崩壊寸前
になりますから精神的にも参ってきて、そこでだいたい会社つぶしてしまいます。
そこから先は金もなくなりゴルフができないようになり、たまたま金が入ったときにやってももう実力はハンディ18くらいになっちゃってます。

上記からいえることは
シングルのハンディの人はいるがほんとにゴルフがうまい!
といえるのは5以下ということになります。
もちろん6~9の人だってうまいのですが
シングルとしては半端です。

もしあなたも5以下のシングルを目指すのなら
最低年間100回のラウンドができる環境づくりを
しなければなりませんので、ゴルフの練習より先に
それを作ってください。

以上、ゴルフシングル講座でした。

ハンディキャップ
が一桁の人のことを言います。

だからといって二桁の人を「ダブル」とは言いません。

では、ハンディキャップ(俗にハンディといわれています)
とはな~に?
ということになります。

ゴルフのゲーム方法はご存知でしょうか?
一般的に言いますと
一つのゴルフ場に1番から18番まで18個のホールがあります。
一つ一つのホールは「ティーショット」という第1打を打ってからカップ(穴)に入るまでの基準打数が決まっています。
この基準打数を「パー」といいます。
1番ホールパー...続きを読む

Q20年前のアイアンと最新のアイアン、やはり打ち易さはかなり違いますか?

アイアンのセットを購入しようか迷っています。
今使用しているのは20年前に買ったビギナー仕様の安物です。

今まで年間ラウンド数5R、アベレージ105で、ここ10年程殆ど練習もしていませんでしたが、
最近15年ぶりにドライバーを買い換え、その性能に驚いてからは、練習場に通う毎日です。
ドライバーはあのヘッドの大きさといい誰が見ても昔と今とでは全く違うことはわかりますが、
アイアンとなると、やっぱり腕次第かなーと、なかなか思い切れません。
道具に関して全然知識の無い私に、打ちやすく、ミスショットの少なくなるようなアイアンが
あれば、教えてください。
恥ずかしながらショップや知り合いのクラブで試打した事は無く、
自分のアイアンしか知らない、浦島太郎状態といえばいいでしょうか。
44歳、ドライバーは平均260ヤードです。(自称OBキング!?)

Aベストアンサー

何を恐れていらっしゃるのですか?
ゴルフショップの試打は遠慮はいりません
気軽にクラブの話をしながら
「打ってみたいな」と言えば打たせてくれます
後でクラブの感じを話せばいいのです
「軽いな」とか、「ヘッドが効いてるな」とか
「シャフトが柔く感じるな」とか
店員はお客様と話しながらいろいろな事を学んでいます
一緒に自分の知りたい事を学ぶのです
話しながら
最後に「もうチョット考えてみるよ」と言えばいいのです
「また来ます」と言えばそれで済みます

今のクラブを先入観無しに打ってみてください
論より証拠、目が覚めると思います

アドバイスまで

Qキャディバックにフードを着けない、って何か意味があるのでしょうか?

毎度皆様にはお世話になっております。
素朴な質問ですがお付き合い願います、昨日も寒空の中仲間のコースに行ってきました(笑い)
実は前から気になっていたんですがキャディバックにフードを着けないで来る方を見かけます、バックの荷卸しを見ていると必ずと言って言い位数人はいます、コレって何か意味があるんでしょうか?
普通のキャディバックには必ず(絶対かな?)と言っていいほどフードが着いていると思うんですが何でわざわざ外しているんでしょうか?
それにあのフードって主に移動中などのクラブの保護が目的だと思うんですが着けないとしたら何のメリットがあるんでしょう?
自分のゴルフ仲間も結構大勢いるんですが誰一人そう言う方はおりませんので何故か理解出来ないのです・・・・・

以前に完全なプロ仕様(支給?)のバックの場合フードはオプション(希望に応じて)みたいな事は聞いたんですが・・・

Aベストアンサー

私も普段は付けてません。
但し、アイアンカバー(アイアンのヘッドをまとめて入れる袋状のもの)を付けてます。
もちろん、ウッドはヘッドカバーをつけてますしパターもヘッドカバーをつけてます。
私はそれ以上クラブを保護する意味があまりないと思ってます。

理由としては、フードを付けたり外したりが面倒だというのが一番です。
また、大抵のコースでカートに積む時に、フードを半分だけ外して折り返されることが多いので、フードに折り目が付いたりスナップが壊れたり原因になるので嫌いです。完全に外して背袋などに入れて欲しいと思ってます。

もちろん、宅配便や飛行機に預ける場合はフードをつけてトラベルカバーをして預けてます。ちなみにその時はシャフトが動かないようにタオルなどで軽く固定をしています。

Qアイアンのシャフト。DG-S200について

よろしくおねがいします。
当方38歳、ゴルフ暦5年、HC17です。
クラブについては今まで無頓着で詳しくありません。

先日アイアンを買い換えようとゴルフ5に行ったところ、
シャフトDG-S200をすすめられました。
今までは上司のおさがりのカーボン製を使用していましたが
弾道にバラつきが出たり、吹けあがったりしていました。

HSは、7番アイアンでHS36~38くらい、
ドライバーで43~45くらいです。
いきなりDGではちょっと重たいのではないかと思っています。
体格は身長168cm、体重62kgといったところです。

先々考えると体で打てるようになりたいので
DGで練習したほうが良いと思うのですが、
やはりいきなりでは無謀でしょうか。
他の掲示板などを見ていると、
NSPRO950くらいからはじめたほうがよいのか悩んでいます。
よろしければ何かアドバイスをいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の体は良くも悪くも順応していきます。

 ただ、S-200ということなので、多少の注意は必要です。このシャフトは多くのクラブに装着されていて比較的やさしめのモデルからかなりハードなクラブにまで装着されているので、シャフトだけでそのクラブ自体の難しさが分からないのです。通常アイアンは、同じヘッドに複数のシャフトを用意しています。やさしめのクラブではその中でも「やさしめはカーボン、通常はNS、難しめでS-200」が多く、難しいクラブの中では「やさしめ・普通がs-200、難しめがx-100」等になっていることがあります。最近ではやさしめのクラブでs-200がない場合もありますが、シャフトだけでは何とも言えません。

 私自身、DGは(ヘッドは違いますが)sは200、300、400、X-100を使ってきました。たまにNSのクラブを使うと「頼りない感じがする。ただ最初は飛距離がいつもより出るが、(頼りないので)次第に手加減をし飛距離も落ちるのではないか」と感じます。両方を打ったことがある人には分かると思いますが、「NSはシャフトの金属部分が薄い気がする」という感覚があります(実際にはそんなことないと思いますが、感覚です)。これは、しなりが良くするためにそう感じるのだと思いますが、しなりが大きいために(薄い感覚と同時に)「ヘッドが走る」感覚もあります。ただ、ヘッドスピードに合わないと「走りすぎる」感覚になります。
 頼りない感じ・走りすぎる感じ(「クラブが仕事をしてくれる」とも言います)が少しでもあればDGをお勧めします。慣れればDGでもできますし、買う前からそれができるようであれば、力を抜く可能性が非常に高いです。いきなりs-200でも無謀ではありませんよ(私も初めて購入したクラブはs-200でした)。ただ、日ごろ練習しないでゴルフ場に行くようであればお助けのNSの方がスコアがいい場合も多いです(練習ができない日本のサラリーマンにはお勧めのシャフトです、特に筋トレ等をしていない人にです、筋トレ等をしていれば物足りないはずです)。

大学のゴルフサークル出身のものです。

 結論から書くと、「DG-S200でも大丈夫でしょう」です。
 体というのは順応するものです。多少重くても順応していき、しっかりした球・スイングになっていきやすいです。一方軽すぎると、これにも順応し小手先でボールを打つようになり結果、上達しません。普通の状態からフルマラソンをするようになって、普段の徒歩の移動は全然平気ですし多少の走りにも対応できますが、マラソンをやめほとんど車移動の生活の人間は、軽い徒歩の移動でもばれるのと同じように、人間の...続きを読む

Q練習場での3アイアンは効果があるでしょうか?

ハンディ34の万年初心者です。

ティーショットで、確実に200yぐらいのフェアウェーに落とせるようになりたいと望んでおります。

ドライバー不要の距離ですから、FWかUTか、あるいは上級者なら3Iを使うところでしょう。
私はユーティリティ・アイアンでキャリー180Y+ラン30Y位のティーショットが確実に出来るようになりたいと考えています。

その為に、練習場でティーアップしたボールを3Iで打つ訓練は有効でしょうか?

私は3Iを持っておらず、使ったこともないのですが、「ユーティリティ・アイアンがロングアイアンよりも遥かに易しい」と聞くものですから、難しい3Iが練習場で打てるようになれば、易しいユーティリティ・アイアンはコースで緊張しても確実に使えるのではないか、という発想です。

中部銀次郎というアマチュアゴルファーは、コースに出る前の練習では必ず3Iを使ったそうです。
3Iで調子を合わせておくと、それより易しいクラブでのミスが無くなるからだとか。

「ティーショットで200Y」という目標に対して「練習場で3Iを練習する」ことが有効かどうか、ご意見をいただければと存じます。

ハンディ34の万年初心者です。

ティーショットで、確実に200yぐらいのフェアウェーに落とせるようになりたいと望んでおります。

ドライバー不要の距離ですから、FWかUTか、あるいは上級者なら3Iを使うところでしょう。
私はユーティリティ・アイアンでキャリー180Y+ラン30Y位のティーショットが確実に出来るようになりたいと考えています。

その為に、練習場でティーアップしたボールを3Iで打つ訓練は有効でしょうか?

私は3Iを持っておらず、使ったこともないのですが、「ユーティリティ・アイアンが...続きを読む

Aベストアンサー

個人的には、PWでも3Iでも打ち方は同じなので、PWが打てれば3Iも打てるものだと思います。

が、俗に言われる難しさは、「ミスの結果がはっきりと球に現れる」ことだと思ってます。

PWであれば、多少手打ちになろうが、ヘッドが走らなかろうが、少しトップしようが、少しダフろうがそこそこ球は飛んでくれますが、3Iになればその僅かな違いが球に現れます。
そこからするとスイングのチェックとしては3Iは悪くないと思います。

但し、何かが悪いのはわかっても何が悪いかがわかるかどうかは別の話です。
逆に僅かな悪さが球に出るので、本当は下半身が悪いのに上半身に理由を求めたりしているとドツボにはまり全てのスイングを壊すことにもなります。

ましてや、ティーアップした3Iというのは結構クセものです。
どうしても知らず知らずのうちにすくい打ちになりやすいです。
どうせなら、マットの上で3Iを練習したほうがためになると思います。

前出の質問も含めて考えると、まずは5Iをとことん練習して、5回中4回ではなく、10回中9回とか20回中19回はほぼミスとは思えない球を打つ練習をしたほうがいいのではと思います。
5Iで20回中19回打てれば、3Iでも10回中9回は打てるようになっていると思います。

ちなみにスイングのセルフジャッジメントというのは、かなり困難です。
ですから、トッププロでもコーチとかをつけてスイングチェックをしているのです。
かくいう私も5年ほどレッスンを受けて、8割がたは自分のスイングの良し悪しはわかりますが、残りの2割はやはりプロに見てもらわないと知らず知らずのうちにスイングは乱れていきます。

個人的には、PWでも3Iでも打ち方は同じなので、PWが打てれば3Iも打てるものだと思います。

が、俗に言われる難しさは、「ミスの結果がはっきりと球に現れる」ことだと思ってます。

PWであれば、多少手打ちになろうが、ヘッドが走らなかろうが、少しトップしようが、少しダフろうがそこそこ球は飛んでくれますが、3Iになればその僅かな違いが球に現れます。
そこからするとスイングのチェックとしては3Iは悪くないと思います。

但し、何かが悪いのはわかっても何が悪いかがわかるかどうかは別の話...続きを読む

QSかRか悩んでます。

SかRか悩んでます。

ゴルフ初心者です。
アイアンセットを買おうと思っていますがシャフトがSかRかで悩んでます。

ショップに行き、気に入ったクラブ(ナイキのSQマッハスピード)で試打したところ7IのSスチールで150~160ヤードくらい飛んでました。
感触としては特に硬いイメージもなく普通に打てたと思います。
試打のRが置いてなかったので別のクラブのRを打ちましたが違いがわかりませんでした。

尚、HSは7Iで35前後。(ドライバーではHS38前後、持っているのはSR)
今のアイアンセットは15年ほど前のマルマンのRを使用してますが、これも特に違和感なく使ってます。

しかし、当方30代後半、ひ弱なほう。これから年齢による衰えと技術的な進歩のどちらが強いか。
衰えのほうが強ければR、技術進歩が強ければSかななんて軽く思ったりもしてますがどっちが勝つか読めません。
どうせなら長く使いたいので適正なクラブを使用したいです。

ちなみに2店舗で試打しました。
1店舗目はちょっと前のさらに初心者の頃でしたが、打ち終わった直後にRで十分ですと言われました。
今日行った2店舗目ではSでも行けると思いますが不安でしたらRでと。
悩みます・・・

みなさんのアドバイスお待ちしております。
よろしくお願い致します。

SかRか悩んでます。

ゴルフ初心者です。
アイアンセットを買おうと思っていますがシャフトがSかRかで悩んでます。

ショップに行き、気に入ったクラブ(ナイキのSQマッハスピード)で試打したところ7IのSスチールで150~160ヤードくらい飛んでました。
感触としては特に硬いイメージもなく普通に打てたと思います。
試打のRが置いてなかったので別のクラブのRを打ちましたが違いがわかりませんでした。

尚、HSは7Iで35前後。(ドライバーではHS38前後、持っているのはSR)
今のアイアンセットは15年ほど前のマル...続きを読む

Aベストアンサー

『お買い求めになられたいアイアンはスチールシャフト装着モデルでしょうか?』


スチールシャフトのアイアンなら正直どちらでも構わないと思いますよ。
カーボンのドライバーなんかと比較すると、まず長さが短く、スチールという素材自体元々硬い物ですから、カーボンシャフトのドライバーほどフレックスの違いが出難い物です。


現在お使いの"15年前"のアイアンがRフレックスとのことですが、カーボンシャフトのモデルでしょうか?
これくらい前の年式のモデルのカーボンシャフトは現在より重くて硬い物が多いです。技術の進歩でカーボンシャフトは薄く軽く作っても丈夫な物が作れるようになった関係で、年式が新しい物は昔の物に比べて軽量且つ軟らかくなっている傾向です。ということで昔のRフレックスのシャフトが現行モデルのSと同じような硬さなんてこともザラなんです。


スチールの場合大差無しということですが、やっぱりRよりSの方が硬いことは間違いありません。
初心者のうちは無理に力でシャフトをしならせるようなスイングを覚えるより、自然なタメでシャフトがしなってくれる方が望ましいという観点から言えばRがオススメです。
NSPRO950くらいの重量帯のシャフトでしたら、ドライバーのH/Sが40前後くらいでしたらR、42以上あるようであればSでも良いと思いますが、これは一般論なんで、H/Sが遅くても切り返しのタイミングやスイングのリズムが速い方は硬い方がタイミングを取りやすいと言われておりますし、逆もまたしかりです。


アイアンはクラブセッティングの軸になる物です。硬さもそうですが、重さにも注意してください。ドライバーが一番長くて軽いクラブでそこから徐々に短くなるごとに総重量が増えていき、SWが一番短く重いクラブになりますので、前後の番手間で重さが逆転するようなことがないようにフローさせていってください。


最後に・・・・新しい道具を手に入れることは初心者であってもけして悪いことでは無いと思います。なにより"やる気"になれることが一番の効果かと・・・・
自分の体力や力量にあった道具を使うことは大事なことで、初心者だからなんでも良いというのは間違っています。初心者のうちから上級者が好むようなクラブを使っていてスライスが直らないとか言うのは当たり前の話で、そんなことが理由でゴルフが面白くなくなるのは非常に残念極まりないことです。
ナイキのSQマッハスピードもどちらか言うと易しいクラブで良いと思いますよ。構えてみての第一印象や持った感じなんかがピタっとくるならそのクラブが自分に合っている可能性大です!ということで第一印象ってクラブ選びには結構大事なことなんですよ!バックフェースがカッコイイからとかでも全然OKです。重さだけキッチリ合わせてくださいね!

『お買い求めになられたいアイアンはスチールシャフト装着モデルでしょうか?』


スチールシャフトのアイアンなら正直どちらでも構わないと思いますよ。
カーボンのドライバーなんかと比較すると、まず長さが短く、スチールという素材自体元々硬い物ですから、カーボンシャフトのドライバーほどフレックスの違いが出難い物です。


現在お使いの"15年前"のアイアンがRフレックスとのことですが、カーボンシャフトのモデルでしょうか?
これくらい前の年式のモデルのカーボンシャフトは現在より重くて硬い物が多い...続きを読む

Qパーシモンをつかって見える方は、

パーシモンを使って見える方は、お見えですか
私の父が、ミズノの1,4,5セットで綺麗な状態で保管してました、
シャフトはカーボンでした。
パーシモンをお使いのプレヤーが見えたら、良い点、落ちる点、いろいろ教えて下さい。

Aベストアンサー

綺麗なパーシモンですか、貴重品ですね。私なら使わず飾るかもしれません(笑)パーシモンの良い点ですが当然スイートスポットは狭いですが打感が最高でインパクトの時に球が粘るので風に負けない強い弾を打てることと使いなれればコントロールし易いクラブでしょう。落ちる点と言えばパーシモンと言うクラブは使い込むとフェースの部分が狂って来るので調整が必要だったと思います、パーシモンの全盛期後半にパーシモンの名手だった倉本プロが「使えるものなら使いたいが調整出来る人がいないので使えない」って嘆いてましたね(笑)

Q木製ゴルフパットが発掘されました。価値ありますか?

他界したじいちゃんの家からものすごく古い全部木製のゴルフパットが出てきました。
立派な木箱入りです。
大正琴とかを入れるような立派な箱です。(このパット専用の箱です。)

スコットランド製で、セントアンドリュースって書いてあります。
関税?のシールが貼ってあります。
日本政府 物品税証紙です。

以下ゴルフパットに書いてある内容です。

HAND MADE IN SCOTLAND (グリップのすぐ下に直接彫ってあります。)
GOLF CLASSICS ST. ANDREWS SCOTLAND (↑の下にシールで貼ってます。)
EL DORADO MARKI (パットする部分の上側にプリントされています。)

握る部分はゴムではなくて、スウェードの生地で巻かれています。
パットする部分のちょっと上のところには、三味線とかのように、糸がぐるぐる巻かれています。
糸ではなく、プラスチックのようなもので巻かれています。

これは価値あるものなのでしょうか?
じいちゃんは地元トップ企業の重役だったので、いろんな人からいろんなものを貰ってます。
皿・壺とかいろいろあるのですが、これが一番レアっぽいやつでしたので質問しました。
昭和30-40年代にいただいたものばかりなので、そのころのものだと思います。

ネットで検索しても全然分かりません。
何かご存知の方教えていただければ幸いです。

他界したじいちゃんの家からものすごく古い全部木製のゴルフパットが出てきました。
立派な木箱入りです。
大正琴とかを入れるような立派な箱です。(このパット専用の箱です。)

スコットランド製で、セントアンドリュースって書いてあります。
関税?のシールが貼ってあります。
日本政府 物品税証紙です。

以下ゴルフパットに書いてある内容です。

HAND MADE IN SCOTLAND (グリップのすぐ下に直接彫ってあります。)
GOLF CLASSICS ST. ANDREWS SCOTLAND (↑の下にシールで貼ってます。)
EL DO...続きを読む

Aベストアンサー

ヒッコリーシャフトのパターですね

 年代的に ヒッコリーが 実際に使われていたのは 1800年から1930年頃までです。
 当然 実用的な道具として使われていましたから
 当時の 物で現存するものは 少ないと思います。

 で 貰った年代から考えて 多分 レプリカではと思います。
 まだ 実用を兼ねた 装飾品としては ヒッコリーのパターを
 作っている様記憶も有りますが・・・ 確認できません。

 また、貰った当時は 既に ゴルフクラブの製造は
 アメリカに移り その後 バブルになると 古いマグレガーのドライバーとかが
 馬鹿みたいに 高額で取引されていましたが

 今は そんな事も無く 当時高嶺で取引されていた物も 二束三文になっています。

 まあ・・ 過去に有名だった ゴルフプレーヤーが 実際に使った物なら話は別ですが
 
 今は そうした骨董クラブの市場は 殆ど無いと言ってよいでしょう。

http://page8.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/h129284127#enlargeimg

 こんな パターではと思いますが どうでしょう?

  http://auctions.search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%92%E3%83%83%E3%82%B3%E3%83%AA&auccat=2084032212&aq=-1&oq=&ei=UTF-8&tab_ex=commerce&slider=0

   アンティーククラブについて それ程詳しくは無いですが
   パターで 今でも ある程度の マニアが欲しかる モデルは
   ピンの 初期の物ぐらいでしょうか? 後は キャメロンの限定品位かな
   それでも 何十万と言う 価格は付かないと思いますが・・・。
 

ヒッコリーシャフトのパターですね

 年代的に ヒッコリーが 実際に使われていたのは 1800年から1930年頃までです。
 当然 実用的な道具として使われていましたから
 当時の 物で現存するものは 少ないと思います。

 で 貰った年代から考えて 多分 レプリカではと思います。
 まだ 実用を兼ねた 装飾品としては ヒッコリーのパターを
 作っている様記憶も有りますが・・・ 確認できません。

 また、貰った当時は 既に ゴルフクラブの製造は
 アメリカに移り その後 バブルになると 古...続きを読む

Q古いアイアンと新しいアイアンの性能差について

お世話になります。

アイアンの性能について教えてください。
私は今、知り合いの方から頂いた15年ほど前のアイアン(リンクス)
を使用しています。
ドライバーに関しては近年の進化は凄まじく買い替えたほうがいいとは
よく聞くのですが、アイアンに関してはいかがなものなのでしょうか?

まだ初めて三ヶ月の初心者ですので道具を選ぶのは早いと思うのですが
性能の面で差があるようであれば買い替えを検討してみたいと思っています。
古いアイアンと近年のものの違いを教えてください。

Aベストアンサー

1. 5年ほどの違いでは、大きな違いはないでしょう。
  ですが15年違うと全く違います。

2. 上級者の方の場合では1番の半分ほどしか変わらないかも
  しれません。
  それはなぜか? クラブの進化は上級者用のクラブではなく
  初心者向けのクラブに大きく表れているからです。
  ですから打ち易さや優しさが大きく変化しているのです。

3. 15年前のリンクスと現在のトップクラスが使用するクラブを
  比べてもそのリンクスがたとえ初心者用のクラブであったと
  しても、現在の上級者用クラブのほうが打ち易いです。

4. そうすると、そのクラブを使うのは上達の妨げになるのは
  間違いありません。
  もしそのクラブがスチールシャフトなら、知らない間に
  シャフト内部から錆びが侵食し、ラウンド中に折れて
  飛んで行く可能性も無きにしもあらずです。

高価なものはいりません。 中古品で安価でいいものが沢山あります。
ご活躍期待しています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報