質問ですが、弊社では為替予約による為替益を原価の部分に入れることになっております。
(仕入れは海外から行っており、円安のため、値段が高騰。仕入れ額調整の目的の為替予約のため)
通常は、為替差損益は営業外損益として扱いますが、営業取引としての認識となりましたので原価部分として処理してますが、質問は、為替予約をして、実行をせず決算日を迎えた場合の未実現の為替差益についてです。

監査人によると、為替予約をしている場合、実行していなくても、決算日のレートで為替差損を計算し計上するのだそうです。それも、原価のほうへ入れることができるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「弊社では為替予約による為替益を原価の部分に入れることになっております」とのことですが、為替予約取引の決済により生じた為替差益だけでなくその為替差損も原価算入なさっているのだとして、実行前でも原価算入するほうが整合的でしょう。



為替予約取引の決済前に決算を迎えた場合、原則として、決算日レートで外貨建金銭債権債務を換算するとともに、為替予約を時価評価します。そのため、これによる損益はほとんど・まったく相殺されます。

為替差損益は、為替予約によるものであっても金融損益であって営業損益とは一般に考えられていないことから、営業外損益以下の区分に表示することとされています(会計基準)。ご質問記載のロジックでも基本的には原価算入が認められないところ、御社では、何らかのロジックを補強して原価算入なさっているのでしょう。

その前提で、為替予約に係る決済時の為替差損益を原価算入なさっているのでしたら、決算時のそれも原価算入なさるのが整合的です。なお、決算時の損益は、前述のとおり、(ほぼ)ゼロになります。

詳細は、金融商品会計基準や外貨建取引会計基準、同実務指針をご参照ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
決算時の損益がゼロになるというのが理解できません。
為替予約をしているレートと決算時のレートとの差額が損益として計上されるわけですから、その差額が損益になると思いますが、よろしかったら、教えていただけますか?
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2015/01/18 19:57

為替予約はヘッジの一種なので時価評価されます(金融商品会計)。

為替予約は先物レートで評価されるところ、先物の時価評価ですから、通常、直物とほとんど同額ないしまったく同額になります。そのため、為替予約の時価評価額は、プラスマイナスを逆にして、決算時の直物レートで評価する金銭債権債務とほとんど・まったく同額になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ、、おっしゃっている意味わかりました。
わざわざありがとうございました。

お礼日時:2015/01/21 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんか。

豪ドル/円のよい為替情報サイトありませんでしょうか。

ここ数日、豪ドル/円が円安気味です、
本日は豪の経済消費者指数がよい発表があったようです、
そのためなのか、円安更新中です。

豪ドル/円の為替を見極めるためによい為替情報サイトありませんでしょうか。要人の発言等も分かると助かります。

Aベストアンサー

メジャーな通貨ではないので無料の予想サイトなどはあまりないような気がします。

一応、
http://www.bk.mufg.jp/rept_mkt/gaitame/index.htm
ここの今月の為替相場見通し、今週の為替相場見通しで月間、週間の予想レンジが見られます(内容はかなりアバウトですが)。
後、パートナーズFXに口座を開くと、毎日だいまん氏のレポートが見られるようです。
僕が知ってるのはこれくらいです。

Q外国為替の為替予約に関しての会計・税務処理に関しまして、期中に予約をし

外国為替の為替予約に関しての会計・税務処理に関しまして、期中に予約をして予約翌月から毎月決済する場合、当期未決済分は期末の時価で損益として計上してよいのでしょうか。また税務上も同様に処理してよいのでしょうか。当期予期せぬ円高のため、本業より為替損益の変動がはるかに大きく、決算処理に困っております。

Aベストアンサー

毎月外貨を一定額、一定期間購入するという契約ですよね。
このような契約はデリバティブ取引に該当します。
金融商品会計基準25項に「デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、原則として、当期の損益として処理する。」とありますので、評価損益を計上しなければなりません。
法人税法第61条の5に、デリバティブ取引に係る評価損益額は益金の額または損金の額に算入するという規定があります。税法上は、会計処理に関係なく、時価評価による損益算入が強制されます。
ただし、上記の為替予約契約が貿易取引等での外貨実需の為替変動をヘッジする目的のもので、ヘッジとしての有効性を有している場合はその損益を繰り延べます。会計上、その繰延の処理をしておかないと、税務上はその評価損益を強制されます。
契約内容を詳しく書いてくれれば、具体的なアドバイスができるかもしれません。

Q株式市場と為替の関係について 新聞等で、 日経平均上昇→円安ドル高 日経平均下落→円高ドル安

株式市場と為替の関係について

新聞等で、

日経平均上昇→円安ドル高
日経平均下落→円高ドル安

NYダウ上昇→円安ドル高
NYダウ下落→円高ドル安

という相関関係が前提とされている記事を見かけるのですが、そのメカニズムがわかりません。教えてください。

Aベストアンサー

Moryouyouです。

端折った書き方になってしまいました。
すみません。
諸説あるのですが、海外投資家やファンド
は、日本株の株価下落のリスクヘッジを
するため証拠金などの信用取引に必要な
資金をドル資金から(引き上げて)円資金
にして、いわば追証をするということです。
そのためドル売り円買いとなり円高となる。
といわれています。

逆に日本株高となる場合は、そうした円
ポジションは低金利、マイナス金利の
状況で余計な資金を円でおいておくのは
機会損失となるため、ドルに買い戻す
流れ(ドル高円安)となるということです。

Q内部利益控除、未実現利益控除と在庫の関係(原価計算

お世話になっております。
メーカーで経理をしてます。
日商簿記2級レベルの知識ですが、全く理解できませんのでお教え願います。
下記の例を参考にご指導願います。

(当月の在庫)
商品            100
内部利益控除     ▲ 20←前月の内部利益控除額は▲18だったので、前月比▲2
内部利益控除後商品   80

外売の利益           30
社内売の利益         20
内部利益控除額の前月比 ▲2
全社利益            48

(1)この場合に、まず、どういう理由で、全社利益を算出する際に、内部利益控除額の前月比▲2
が利益計算をする際に、入ってくるのでしょうか?

(2)また、当月の在庫から前月の在庫金額を差し引いた金額は内部利益控除額の前月比▲2と
一致すると言われたのですが、意味がよくわかりません。
どうして、一致するのでしょうか?



上記、2つの質問について、わかりやすくお教えいただければ、大変助かります。
売買利益の分析をしているのですが、なかなか内部利益の部分が理解できません。
よろしくおねがいいたします。

お世話になっております。
メーカーで経理をしてます。
日商簿記2級レベルの知識ですが、全く理解できませんのでお教え願います。
下記の例を参考にご指導願います。

(当月の在庫)
商品            100
内部利益控除     ▲ 20←前月の内部利益控除額は▲18だったので、前月比▲2
内部利益控除後商品   80

外売の利益           30
社内売の利益         20
内部利益控除額の前月比 ▲2
全社利益            48

(1)この場合に、まず、どういう理由で、全社利...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
内部利益はややこしいですよね。

残念ながら(2)に関してはちょっと私もイメージが湧かないので、取り急ぎ(1)のみ解答しますね。

まず、内部利益の概念は把握していらっしゃいますか?
例えば、前月、同じ会社の中で、工場が\100の商品を、\118で本社へ送付したとすると、工場側で\18の利益が出ますよね?
この\18が内部利益です。
会社全体で見れば、会社内で商品の置き場所が変わっただけですので、これを利益計上するのはおかしいですよね?

ですので、会社利益を計算するときに、この\18を引かなきゃいけないんです。

 (繰延内部利益控除) 18 / (繰延内部利益) 18
 PL項目:費用           BS項目:流動負債

恐らく、前月に↑みたいな仕訳を切っているかと思います(勘定科目は違うかもですが)。
\18の利益が出てるから、これを\18の費用で消しちゃえ!って感じですね。

で、今月の処理ですが。
繰り延べた内部利益を振り戻してあげます。
何でかと言うと、商品が外部へ販売されたときに、その利益が実現するからです。
…ちょっと分かりづらいかもしれませんね。
まあ、前月は商品がまだ会社内にあったので、利益を相殺していたわけですが。
今月にその商品が売れたとすると、もう相殺する必要がないので、BSに計上していた(繰延内部利益)を振り戻してあげるのです。

 (繰延内部利益) 18 / (繰延内部利益戻入) 18
 BS項目:流動負債    PL項目:収益

↑こんな感じの仕訳を切ります。
これが前月分の商品に係る内部利益の処理です。

でも、今月も内部利益が\20発生してしまっていると。
なので、今月もまた控除の仕訳を切ります。

 (繰延内部利益控除) 20 / (繰延内部利益) 20
 PL項目:費用           BS項目:流動負債

↑これが今月新たに発生した内部利益に係る仕訳です。

で、これを会社全体の利益計算の中で見てみたときにどうなるか。

前月の振り戻しに係る戻入額(収益)が\18、今月の控除に係る額(費用)が▲\20ですよね?
だから、内部利益に係る額は、純額で▲\2になるわけです。


参考になれば幸いです。

はじめまして。
内部利益はややこしいですよね。

残念ながら(2)に関してはちょっと私もイメージが湧かないので、取り急ぎ(1)のみ解答しますね。

まず、内部利益の概念は把握していらっしゃいますか?
例えば、前月、同じ会社の中で、工場が\100の商品を、\118で本社へ送付したとすると、工場側で\18の利益が出ますよね?
この\18が内部利益です。
会社全体で見れば、会社内で商品の置き場所が変わっただけですので、これを利益計上するのはおかしいですよね?

ですので、会社利益を計算するときに、この\18を引...続きを読む

Q為替相場(円/ドル)についての問題

為替相場(円/ドル)について、これから年末にかけてどう動くか、あなたの予想とその理由を教えてください。

Aベストアンサー

日銀は年内中は政策金利を現状維持するとのうわさがあります。真に受けるとすれば、外国の金利政策が影響を与えてくるでしょう。チラッと見たニュースですとアメリカFRBは次の利下げをいつするかということに関心が向けられているそうです。そうすると、日本の政策金利とアメリカの政策金利の差が縮まるので円高に振れそうですが、前回の例でアメリカの政策金利引下げを歓迎しドル買われました。今回もそのような現象とまでは行かないにしても、極端な円高に振れることは少なくともないと思います。

政策金利以外にも円キャリートレードの再燃もありえるので、円高要素自体は総合的に見ると少なそうに思います。

よって、日米の為替レートは現状~円安という感じになるでしょう。

なお、私ど素人の意見なので、ご参考までということでご了承ください。

Q製品原価計算 減価償却費の算入方法

ある機械があり、その機械の1年間の減価償却額が100,000円だとします。その機械を使って、5,000本/年間の製品を生産するとすると、
その減価償却費の製品原価への算入方法は、単純に100,000円/5,000本=20円/本と考えて良いのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

固定予算を使うか、変動予算を使うかということになります。
固定予算は事前の生産計画と販売計画からマックスの数字を予測して稼働率を出します。この稼働率を出すのに人間の有効稼働率も考慮に入れます。人間は機械でないので就業時間を決めたり、二交替、三交替で稼動しても100%は通常えられないですから。(その理由の多くは、人間は就業時間を100%働き続けることはできないですから。例えば8時間の実労働があっても実際の作業時間は4時間程度、あとは手待ち、移動、段取り、掃除などなので有効稼働率は50%程度、頑張って働いて60%未満というところです。)
変動予算は季節的に稼働率が変わるのが事前に予測できる場合、在庫管理などの理由からも採用されるものです。機械の稼動状況によって変化する科目を計算させて、単位原価が一定になるように考えられているものです。

QFXの初心者です。ドルの通貨を為替が100円→88円のときに30万で購入して100円→95円のときに30万円で購入した分を全て売

FXの初心者です。ドルの通貨を為替が100円→88円のときに30万で購入して100円→95円のときに30万円で購入した分を全て売ればいくらの利益がでますか?計算方法も教えてください。
ご教授おねがいします。

Aベストアンサー

質問分の「100円」が何を指すのか全然分かりませんが、
(1)1ドル88円の時に30万円使ってドルを買う(JPY/USDL)
(2)1ドル95円の時に(1)で買ったドルを全部売る(JPY/USDS)

上記の話をしているのであれば……
購入後の資金はそれぞれ以下の計算で算出します。
(1)300,000 / 88 = XXXドル
(2)XXX * 95 = YYY円

ドル値を無視して一気に計算するのであれば
300,000 * (95 / 88) = 323,863円
つまり設けは23,863円(手数料等は一切無視)

Q開発許可申請費用は固定資産取得原価算入?

開発許可申請費用は固定資産取得原価算入?
経理を担当する者です。
この度、隣接地購入し工場を建設する事になりました。そこで設計会社に支払った土地購入に伴う開発申請・確定測量業務のうち、地方公共団体等へ支払った開発行為の為の申請費用は固定資産の取得原価を構成
するのですか?
ちなみに支払った内訳は
(1)設計業務(造成設計等)
(2)申請業務(都市計画法に基づく開発行為の許可申請等)
(3)地質調査業務(機械ボーリング、透水試験等)
(4)確定測量他業務(表示登記、所有権移転登記、合筆申請業務、地目変更申請業務等)
(5)証紙、印紙代

(2)について今回の質問ですが他((1)、(3)~(5))についても取得原価に算入するかどうかお答え頂くと幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

減価償却資産の取得に関連して支出した費用であっても、取得価額に算入しないことができる費用とは、

租税公課等、
計画を変更したことにより不要となったものに係る費用、
契約変更に伴う違約金等

との例示が法人税通達にあります。

しかしご質問の(2)申請業務費用はこれに該当しないので、取得原価になります。

(5)証紙、印紙代はその必要はありません。
その他の費用は取得価額になります。


判りやすいサイトがあります。参考までにご覧下さい。


http://www.manekineko.ne.jp/hy1950/sisan%20no%20syutokukagaku.html

Q為替相場(円/ドル)についての質問

為替相場(円/ドル)について、これから年末にかけてどう動くか、あなたの予想とその理由を教えてください。

Aベストアンサー

季節的な要因から米ドルは年末から上昇する傾向が強いです。問題は、アメリカの政策金利が緩和方向にあって、金利イールドカーブが逆ザヤ状態になっているため、対日本円でも金利差からみるとそれ程魅力はないです。ユーロの動向次第では120円台の定着が困難になるように予想します。

Q未償却長期前払費用の損金算入について

3年前、店舗を借りる際に支払った礼金(返還無し)を
長期前払費用として計上しました。
毎年決算時には、長期前払費用償却××× 長期前払費用×××と
して償却していました。
この度、会社が解散することになり 今期分も従来通り償却したとしても2年分近い金額が未償却となります。
繰延資産において、その効果が終了するときは未償却分を損金算入
できると知りました。
この場合、未償却分は、どのように損金の仕訳すればよろしいでしょうか。
また、別表16(5)の今期の償却限度額は、計算式通りに
今期分のみの金額を記載するだけでよろしいでしょうか。

Aベストアンサー

例として保証金300万を五年間で償却するとして
3年経過して長期前払費用が150万ある。
今期償却50万の残り100万はどうするか?

科目に特に決まりはないですが営業外(雑損失)で構わないと思います。
別表16-5は通常分を記載 未償却は0円と記載すればOKです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング