質問ですが、弊社では為替予約による為替益を原価の部分に入れることになっております。
(仕入れは海外から行っており、円安のため、値段が高騰。仕入れ額調整の目的の為替予約のため)
通常は、為替差損益は営業外損益として扱いますが、営業取引としての認識となりましたので原価部分として処理してますが、質問は、為替予約をして、実行をせず決算日を迎えた場合の未実現の為替差益についてです。

監査人によると、為替予約をしている場合、実行していなくても、決算日のレートで為替差損を計算し計上するのだそうです。それも、原価のほうへ入れることができるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「弊社では為替予約による為替益を原価の部分に入れることになっております」とのことですが、為替予約取引の決済により生じた為替差益だけでなくその為替差損も原価算入なさっているのだとして、実行前でも原価算入するほうが整合的でしょう。



為替予約取引の決済前に決算を迎えた場合、原則として、決算日レートで外貨建金銭債権債務を換算するとともに、為替予約を時価評価します。そのため、これによる損益はほとんど・まったく相殺されます。

為替差損益は、為替予約によるものであっても金融損益であって営業損益とは一般に考えられていないことから、営業外損益以下の区分に表示することとされています(会計基準)。ご質問記載のロジックでも基本的には原価算入が認められないところ、御社では、何らかのロジックを補強して原価算入なさっているのでしょう。

その前提で、為替予約に係る決済時の為替差損益を原価算入なさっているのでしたら、決算時のそれも原価算入なさるのが整合的です。なお、決算時の損益は、前述のとおり、(ほぼ)ゼロになります。

詳細は、金融商品会計基準や外貨建取引会計基準、同実務指針をご参照ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
決算時の損益がゼロになるというのが理解できません。
為替予約をしているレートと決算時のレートとの差額が損益として計上されるわけですから、その差額が損益になると思いますが、よろしかったら、教えていただけますか?
よろしくお願いいたします。

お礼日時:2015/01/18 19:57

為替予約はヘッジの一種なので時価評価されます(金融商品会計)。

為替予約は先物レートで評価されるところ、先物の時価評価ですから、通常、直物とほとんど同額ないしまったく同額になります。そのため、為替予約の時価評価額は、プラスマイナスを逆にして、決算時の直物レートで評価する金銭債権債務とほとんど・まったく同額になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あっ、、おっしゃっている意味わかりました。
わざわざありがとうございました。

お礼日時:2015/01/21 01:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海外からの仕入れにおいての為替による損益

こんにちは。

私は海外から商品を仕入れて販売しているのですが、例えば1ドル120円のときに仕入れた商品が半年後に1ドル100円で仕入れられるとします。

このような状況では商品の価値が下がってしまったとういことで何か会社の損益にはできないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

予定取引について、現在の日本の会計制度では予定取引の評価損は計上できません。アメリカでの会計基準では計上できます。今後、損益に反映できるようになるのではないでしょうか。

Q本部が仕入れて発送する場合の営業所ごと損益の出し方

単一商品でサイズが20種類くらいある商品を仕入れて、販売しています。東京にある本部で全て仕入れて、本部及び、各営業所の営業が上げてくる報告に従って、原則として本部から顧客に発送しています。
この月次決算を組みたいと思うのですが、各営業所の損益を出すための売上原価の出し方に悩んでいます。
 在庫が本部にしかないので、売上原価を出すための式、月初+仕入高-月末棚卸高が役に立たないと思うのですが、どうでしょう。こういう場合は、どういう方法があるのでしょうか。
 一応、仕入、販売、在庫は、弥生販売で管理しています。
うまく説明できなくてすみませんが、どうか、お知恵をお借りできたらと思います。

Aベストアンサー

#1の追加です。

月初+仕入-期末=285,300円が売上原価ですから、この原価を672個で割ったものが単価になります。
これで、各事営業所に配賦することとなります。

本格的に部門別の利益管理をするばあい、本部経費の配賦・在庫の金利負担の配賦・資金負担の金利配賦などの問題もあります。

お近くの商工会議所に相談できますから、一度いかれたらいかがでしょうか。

Q外国為替の為替予約に関しての会計・税務処理に関しまして、期中に予約をし

外国為替の為替予約に関しての会計・税務処理に関しまして、期中に予約をして予約翌月から毎月決済する場合、当期未決済分は期末の時価で損益として計上してよいのでしょうか。また税務上も同様に処理してよいのでしょうか。当期予期せぬ円高のため、本業より為替損益の変動がはるかに大きく、決算処理に困っております。

Aベストアンサー

毎月外貨を一定額、一定期間購入するという契約ですよね。
このような契約はデリバティブ取引に該当します。
金融商品会計基準25項に「デリバティブ取引により生じる正味の債権及び債務は、時価をもって貸借対照表価額とし、評価差額は、原則として、当期の損益として処理する。」とありますので、評価損益を計上しなければなりません。
法人税法第61条の5に、デリバティブ取引に係る評価損益額は益金の額または損金の額に算入するという規定があります。税法上は、会計処理に関係なく、時価評価による損益算入が強制されます。
ただし、上記の為替予約契約が貿易取引等での外貨実需の為替変動をヘッジする目的のもので、ヘッジとしての有効性を有している場合はその損益を繰り延べます。会計上、その繰延の処理をしておかないと、税務上はその評価損益を強制されます。
契約内容を詳しく書いてくれれば、具体的なアドバイスができるかもしれません。

Q為替差損/差益の仕訳

金庫に入れっぱなしの少額の外貨。
半年前と比べて、
2月末時点のレートで計算したら600円くらい上がってました。
その仕訳を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

半年前外貨購入時の仕訳
外貨  / 現金 

2月末時点、お持ちの外貨総額の価値が600円上がった
外貨 600円 / 為替差益 600円

Q決算時における為替予約処理

会社の決算を10月期に向かえます。
3月実行の外国為替予約をいたしました。
決算処理のときにどのように処理をするのか、また必要な書類があるのか教えてください。
よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

NO.1の回答の追記です。
上場を控えた一般会社が外部監査をを受けるのであれば出来るだけ保守主義の原則に基づき経理処理をしておくほうが堅実な会社と評価されます。
今回の外為予約に関しては、外貨債権に対する予約か外貨債務に対する予約か解かりませんが、いずれの場合も期末時点の為替レートに対して会社にとって不利な予約レートであれば、その債権・債務に対して予約レートで評価替えを行い損を計上しておいてください。反対に益が出る場合は期末時点のレートのままで評価して下さい。(保守主義の原則)

もし、その為替予約が将来の取引を見越しての為替予約であれば、先に回答しましたごとく、簿外の備忘記録を備え期末時点の予約状況を監査に対して説明できるようにしておいてください。
いずれの場合も銀行との契約スリットは証憑として保管が必要です。
めでたく上場を果たされることお祈り申し上げます。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報