マンガでよめる痔のこと・薬のこと

近世など大砲のでる前の時代の海戦についての質問です 古代、中世ではどのようにして海戦を行っていたのでしょうか できれば海戦についての絵や動画も載せてくれるとありがたいです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

古代:


作戦行動無し。各個戦闘が基本で、言ってみれば漁師のケンカ。海上は敵味方入り乱れ。
弓の射程が短く、板盾でも防げるため、直接戦闘の機会が多い。船は小さくて速度も遅く、相手の船を棒や鉤爪付ロープで引っ張るなどして舷側に横付けての接近戦、あるいは乗り移っての白兵戦。

中世初期:
専任の漕ぎ手の配置により船の速度が向上。火矢なども使用し、中距離レンジでの戦いも効果を上げるようになる。帆は背の低い横帆で、追い風の時に補助に使うくらい。
音や旗信号により、船の間での連絡を取りながら予め決められた作戦行動を取るようになる。

中世中期:
 奴隷を得て大量の漕ぎ手を配置(ガレー船)することで、風に関係ない機動力を得たことで、艦首に衝角(ラム)を付けて相手に突撃し、相手の船に穴を空けて沈める戦法が出現。
 カタパルトの採用により石や火壺なども用いられるようになるが、命中精度は低いために相変わらず接近戦がメイン。

中世中後期:
 弩(大型クロスボウ)の発達により、射程距離・威力ともに向上。互いに大きな的となる横腹を見せての戦闘を避けて擦れ違いの形での戦闘が増える。縦帆の出現である程度風上にも帆走できるようになり、船を止めずに中距離レンジでの戦いがメインになる。
 艦が大型化して搭載量に余裕ができたため、舷側には装甲も貼られるようになる。

中世後期:
 長射程の砲の出現により、遠距離レンジの戦いが多くなる。
 火薬がパッケージ化されて装填時間が短縮された後は、搭載量が大きい巨艦が圧倒的有利に。


ちなみに日本では武士による名誉をかけた直接対決が重んじられたこともあって、長らく白兵戦がメインであった。ガレー船のような形はあまり発展しないままに、文明開化で巨艦大砲時代に突入。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中世の海戦について細かく教えていただきありがとうございます! とても参考になりました

お礼日時:2015/01/23 08:30

古代の海戦で使われる軍船の船首の海面下に【衝角】という鋭角的な突起物を作っていました



この【衝角】で敵船の側面に当て船を沈めるのです
【衝角】は19世紀まで海戦で使用されました



またギリシア・ローマ時代には舳先に跳ね橋のようなもので敵船に楔のように打ち込み
そこから兵が渡り白兵戦で敵船を奪取したりしました


あとは【バリスタ】
よくわかるのはグラディエーターという映画の始めにローマ軍がゲルマン人に対し使用した大型の鉄矢を撃つ機械式の装置で
主に陸戦で使用され
その長射程を利用しアレクサンドロス大王が中央アジアで遊牧民のサカ族の騎馬弓兵を撃ち破った時にも使用されました


火砲未発達の時代で最強の海戦兵器は
ビンザンティン帝国で開発された【ギリシア火】といわれる兵器です

【ギリシア火】というのは簡単に言えば火炎放射器で
木造である軍船には極めて脅威でした

この【ギリシア火】でビンザンティンは日出の勢いであったイスラムのアラブ軍海軍を撃退しました


しかし、この兵器も万能ではなく
12世紀ビンザンティン皇帝マヌエル1世が突如国内のヴェネツィア人を逮捕しようとしました
ヴェネツィア人の中には船で脱出しようとしましたが
ビンザンティンは執拗に追い【ギリシア火】で焼き討ちました

しかしヴェネツィアの船の1隻に有能な指揮官がおり
【ギリシア火】で攻撃されることを予想し、船体に酢を浸した毛皮で覆い延焼を防ぎました

この1隻が本国へ逃げ切り、この悲報を本国に報じました

やがて30年後、この事件で失明したダンドロ総督の下、ヴェネツィアが第四回十字軍を起こすのです


【ギリシア火】は火砲開発後も使用されました
最盛期のスレイマン大帝のオスマン軍がマルタ島へ侵攻してきた時
バレッタ要塞にいたマルタ騎士団が【ギリシア火】を使用してオスマン軍の木造船を次々炎上させるなどして奮戦
オスマン軍を撃退惨敗させたのです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ギリシア火にそんなエピソードがあったとは知りませんでした ありがとうございます

お礼日時:2015/01/23 08:26

要は相手の兵を殺傷することですから、最終的には船同士を接舷して甲板上で白兵戦を行います。


その前に陸上の戦闘と同じように弓矢の応酬が繰り広げられます。

壇ノ浦の戦い - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/壇ノ浦の戦い
抜粋
早い潮の流れに乗ってさんざんに矢を射かけて、海戦に慣れない坂東武者の義経軍を押した。

古代のローマやギリシャでは、この白兵戦を嫌って、敵船に体当たりして船体を破壊する戦法が採用されました
効率よく体当たりして敵船を破壊するために船首に巨大な衝角を設けていました。
戦闘は風頼みというわけにはいきませんので、無数のオールを装着していました。
ローマ船は甲板を二層乃至三層にして漕ぎ手と戦闘員を分けていましたが、北欧のバイキングは戦闘員が漕ぎ手を兼ねていました。

ガレー船時代の海戦戦術 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/ガレー船時代の海戦戦術

ローマ史クラブ : ミュライ沖の会戦 - ライブドアブログ - Livedoor
blog.livedoor.jp/roma_latina/archives/3466531.html
抜粋
三段櫂船がとった戦形でもっともよく知られているのはペリプルスと称するもので、敵艦に対して衝角を向けながら後進し、隙を見て旋回し、敵の横腹に衝角で激突するやり方で、サラミス海戦で数にまさるペルシア軍に勝利したのもこの戦法である。ディエクプルスという戦法は、一列に並んだ艦隊の先頭艦が、敵船に衝角をぶつけて混乱に陥れるものであるが、そのためには速力と高い技術力が必要であった。防御法としてはキュクロスと呼ばれるものがあり、衝角を外に向けながら円形に陣取った。アルテミシオンの海戦でギリシア軍が用いたのはこの戦形である。

いずれにせよ木造でしたので、どこの国も民族も敵船に火をつけて焼き払うという戦法を随時やっていました。
焼打ち船と言って。藁や薪を大量に積んでそれに火をつけて、風や潮の流れを利用して敵船に漂着させます。
有名なのが古代中国の赤壁の戦いです。火が着いた船を敵の船団の中に突入させて船同士を延焼させて撃破しました。
火だるまになったバカでかい船がふらふら風にふかれて寄ってこられたら手の施しようがありません。

赤壁の戦い - OCN
www11.ocn.ne.jp/~sangoku/sekihekinotatakai.html
抜粋
黄蓋の策が採用され黄蓋は船を数十選び、たき木と草をつめてそれに油をかけた。
前もって曹操に降伏の手紙をだしておき次々と船を曹操の陣営へ進めた。
黄蓋は船と船を繋いでいたがそれを切り離し、火をはなった。
ちょうど強風がふいたため、すべての船に火が燃え移った。
人や馬は炎により焼死に、長江に落ちて溺死するものもいた。 

蛇足
大砲を搭載するようになっても、帆船時代は船体を砲撃するのではなく帆や帆柱を砲撃していましたので注意して下さい。
洋式帆船の帆柱は無数に張ったロープで前後左右に引っ張って固定してありました。
このロープが切れれば、帆柱はバランスを崩して倒壊するか途中から折れてしまいました。
要は帆を使えなくして操船できないようにした上で接舷して白兵戦を展開します。
基本的には大砲があろうがなかろうが同じです。
船体に着弾するのは結果です。船体が破損して沈没するのも結果です。
船体の建造には多額の費用と時間がかかりますので、帆が操作できなくなった敵船を戦闘終了後に曳航して付近の港で修理して使いました。
これで短期間に戦力を補強できます。
大事な戦利品になるものをぶっ壊すようなことは積極的にはやりませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

細かく教えていただきありがとうございます 帆を攻撃していたとは考えても見なかったです

お礼日時:2015/01/23 08:25

(1)体当たりによる打撃


(2)敵船に乗り込んでの剱による白兵攻撃
(3)火弓などによる敵船への放火
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりやすく教えて下さりありがとうございます 海戦の手順がわかりました!

お礼日時:2015/01/23 08:27

弓矢(特に火矢、油を併用する場合も有り)、


炮烙火矢(ダイナマイトの前身のような物や火炎瓶のような物)、
乗り込んで刀で切りあいや槍で突きあい。
衝角と言われる舳先で体当たり(ギリシャやローマの軍船や一部のバイキング船等)、

ローマ船の絵画や模型や再現船で衝角は見られます。
今の船の球状艦首の位置に鯱の尻尾のようなものが着いています。
弓矢での海戦は源平の壇之浦戦が日本では著名です。
中国の三國志では赤壁の戦いが有名で映画レッドクリフで脚色の激しい戦いが鑑賞出来ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レッドクリフですか あとで見てみますね 回答ありがとうございました

お礼日時:2015/01/23 08:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴族や騎士・兵士は何人ぐらいが妥当でしょうか?

貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。
一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。
モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。
色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。
下記の条件で、本当におおまかな数(“少なくとも○人は居て、○人以上だと多い”程度)で良いので妥当な数をお考え頂けないでしょうか。
ちなみに騎士はほぼ騎兵で、歩兵は傭兵を雇うのが一般的ということでお願いします。
■A国
絶対王政
国土面積:約2100万平方キロメートル(現在のロシアと中国の間くらいです)
人口:約5000万人
爵位:公爵、辺境伯、伯爵、子爵、男爵、準男爵、士爵
10以上の国を併呑し、統一して誕生した大国。
貴族は文官と武官に別れ、文官は領地を持たず武官は領地を持っている。
士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる一代限りの爵位。
軍は国の軍(王の常備軍?)のみ。ただ、全員が王都にいるわけではなく、王族を守る近衛兵と、王都を守る兵、国境を守っている兵(全て騎士)に別れる。王都と国境以外の街は、領主が雇った警備兵(庶民)が常駐する。稀に警備兵から騎士に取り立てられる者がいる。戦時中のみ傭兵を雇う。
海洋貿易が盛んで、海軍がある。海軍は貿易航路と海岸沿いを守っている。
同程度の規模の敵国と国境(山と川)を接していて、現在は冷戦中。

■B国
絶対王政
国土面積:約100万平方キロメートル(現在のエジプトくらい)
人口:約255万人
爵位:公爵、侯爵、伯爵、子爵、男爵、士爵、名誉士爵
軍事的に強い国ではない。隣国の二国(東西の国)と三国軍事同盟を結んでいる。
あまり裕福ではなく、極端に貧乏でもない。海が無い。
士爵は領地を持たず、武勲をうちたてた騎士に贈られる爵位。世襲制。名誉士爵は伯爵以上の位を持つ者が、何かしら国に貢献した者に与えられる一代限りの位。免税と、街に入る際の優先権が与えられる。
軍の形は海軍が無いこと以外はA国と同じ。
同盟のため東西の守りは薄く、南の国境を重点的に固めている。北は砂漠で、国が無い。

以上です。
そもそも上記の条件の時点で無理があるという場合は、そちらもご指摘いただけたらと思います。


それとタイトル外のことなのですが、上記の設定で色々考えた結果、全世界の人口が二億人ちょっと程度になってしまいました。
ちょっと人口が少なすぎるかなと思うのですが、いかがでしょうか……。もしわかるなら、合わせて答えていただけると嬉しいです。

貴族や騎士・兵士は一国あたり何人ぐらいが妥当でしょうか?

異世界ファンタジーの世界設定をしているのですが、行き詰っています。
一国あたりの貴族の人数、またはそれに伴った領地の数がよくわからないからです。
モデルとなる時代は14~15世紀ごろです。銃やプレートメイルが普及し始めたぐらいで、船は帆船が主流という設定です。
色々調べてはみたのですが、例えば公爵が何人で伯爵が何人などの具体的な数を探しあてられなかったので、知識人の力をお貸しいただけたらと考えた次第です。
下記の条件...続きを読む

Aベストアンサー

●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・

○1700年頃(17世紀)のイギリスにおける貴族(公爵~男爵)の数は約180家で、準貴族にあたる准男爵が約800家、騎士爵が約600家。
そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。
ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。
なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

○1700年頃の他の国の人口と軍隊の規模は、
フランス・・・人口約1900万人。軍隊は約35万人。
ロシア・・・・人口約1700万人。軍隊は約22万人。
プロイセン・人口約200万人。 軍隊は約3万9千人。
スペイン・・・人口約600万人。 軍隊は約3万人。

○なおヨーロッパの人口は1600年(16世紀)でも約1億人程度だったそうです。
ちなみにその頃のヨーロッパの人口の約四分の一は、ハプスブルク家の領地に住んでいたと推定されています。

○軍隊における兵士の数は、当然、その国のおかれた周辺の状況にもよってくるでしょう。
戦争状態にあったり、敵対国家が隣接していれば大きな軍が必要になりますし、周辺全てが友好国ならば、軍の大きさも抑え目になる場合もあるでしょう。
前述した1700年頃の人口と軍隊規模からは、人口の約0.5%~約2%程度が兵士であった事がわかります。
ただし、これも絶対というわけではなく色々なケースがあります。
特に傭兵を雇う場合、資金があればかなりの軍を維持できます。
16世紀、「北方の獅子」と呼ばれたスウェーデンのグスタフ2世王は、ドイツに進攻し軍事的成功をおさめ、15万人の軍隊を率いています。
しかし、そもそもこの頃のスウェーデンの人口は約100万人程度しかなく、15万人もの兵士のうちスウェーデン人はその約2割の3万人程度でしかなく、他は現地のドイツ人やイギリス人などの傭兵だったそうです。
ただ、傭兵を雇えばお金がかかります。
グスタフ2世王は現地ドイツの味方の貴族や都市から寄付金を募り、味方でないところの都市や、貴族からは、攻めない略奪しないと約束して、安全保障費を払わせ、軍を維持する資金を得ていたそうです。
ただし、傭兵を雇用し資金繰りに苦しみ失敗した例もあり、それがハプスブルク家です。
前述した16世紀におけるハプスブルク家の領地の人口は約2500万人ですが、この頃、ハプスブルク家の軍は、傭兵を主体に30万人を超えました。戦争も多く戦費も嵩みます。その結果、国の財政は殆ど破綻しています。

■そういうわけで、知恵を絞り、歴史に学び、工夫すれば、かなりの軍を作品内で動員する事が可能になるかと思います。
良い作品ができますようお祈りいたしております。

●回答・・・14~15世紀の頃ではなくて申し訳ないのですが・・・

○1700年頃(17世紀)のイギリスにおける貴族(公爵~男爵)の数は約180家で、準貴族にあたる准男爵が約800家、騎士爵が約600家。
そして、この頃のイギリスの人口は約900万人で軍隊の規模は約7万人でした。
ちなみに現在のイギリスにおける貴族は公爵が31家、侯爵が36家、伯爵が197家、男爵が495家となっています。
なお現在のイギリスの人口は約6000万人です。

○1700年頃の他の国の人口と軍隊の規模は、
フランス・・・人口約1900万人。軍隊...続きを読む


人気Q&Aランキング