嗅覚は、順応性の高い感覚野ですが、それが臭い(刺激)に順応し、においを感じなくなるのはなぜなのですか??そして、バラの花のようなニオイのほうが不快とかんじるニオイに比べて順応しにくいのはなぜですか???お願いします。教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>> それが臭い(刺激)に順応し、においを感じなくなるのはなぜなのですか??



刺激に順応するのは細胞の一般的な性質だと思います。
「細胞の分子生物学」第3版 p.771 から引用します

個体や細胞は、いかなる刺激に応答する時にも広範囲の強度で変化の度合いを
同じように検知できる。そのためには、長時間同じ刺激にさらされた細胞がそ
の刺激に応答しなくなる必要がある。このような過程を適応(adaptation)また
は脱感作(desensitization)という。

引用終。

わたしたちの感じる匂いの強さは、匂い物質の対数濃度に比例するそうです。
味覚、嗅覚については 「味と香りの話」岩波新書 にいろいろ書かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

さっそく本屋(book off・・・爆)で探してみようと思います。

見つかるとイイナ☆

ではでは、次回、また何かあったときはよろしくお願いします。m(UU)m

お礼日時:2001/06/18 00:10

ずいぶん前の記憶に頼ることになるので誰か補足お願いいたします。



一言で言うと、いい臭いは薄く不快な臭いは濃いぃと言ったところでしょうか。

人の感覚神経は車のギアのように高い刺激担当・中位の刺激担当・低い刺激担当が
あったように思います(嗅覚じゃなかったかもしれません)。

また、人にとっての臭いの良し悪しは濃さに依存すると言うのも聞いたことがあります。
麝香等のように極微量であればいい匂いですが、大量だときつすぎでたまらない
と言ったことが起こるそうです。
つまりいい匂いというのは比較的薄い臭いで、濃いものはだいたいイヤな臭いと言った
感じでしょうか。

そして濃い臭い(不快な臭い)というのは強い刺激になりますから高い刺激担当の感覚神経が感知、
刺激が強すぎてすぐ麻痺してしまうと言ったところですね。
これに比べて薄い臭い(いい臭い)は刺激が弱いのでなかなか麻痺しないようです。
だからいつまでも感知出来るのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も一応調べてはいるのですが、なかなか答えが見つからなくて・・・・。
ホント、助かります(><)

これからも調べようとは思いますが、また何かわかったら・・・
そして、これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/15 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生物用語の英和辞典+ 嗅覚受容体について

生化学の有名な清水考雄先生が解く嗅覚受容体について、重要なポイントを教えていただきたいのですが。
こちら、英語の論文を読んでいるのですが、まったくわかりません。
どなたか生物用語の英和辞典が置いてあるウェブサイトまたは、嗅覚受容体について簡単に教えていただけませんか?

Aベストアンサー

このHPなんかはどうでしょう?
嗅覚受容器についての解説が載っていました。

参考URL:http://www.med.keio.ac.jp/anatomy/brodal/brodal.html

Q【眼】暗順応・明順応

生物の受験生です。たびたびお世話になります。ハッキリ言ってわかりません。☆自分なりに、わからなくなっている原因を考えました。(1)「収縮する」、「弛緩する」というコトバが自分にとって実感をともなわない。───筋肉がじっさいに収縮したり弛緩したりしているところなんざ見たことありませんから・・・。自分に国語力がないことも理由ですね。もっと”理解し易い表現方法”はないのでしょうか?(2)参考書に書いてある図が”静止図”であること。───じっさいに動くプロセスが見えれば最高なのですが・・・。
☆具体的な質問(1)~暗順応「瞳孔が収縮して、網膜にとどく光量を減少させる。この際に、虹彩の環状に走る筋肉が収縮する。」⇒どの参考書を見てもこれ以上のことは書いてありません。でも、これ”だけ”では納得できません。この際、「虹彩の環状に走る筋肉が収縮する」というのは、「虹彩の環状に走る筋肉が、虹彩側に”覆いかぶさるように”ちぢこまっていく」という理解でよろしいですか?あと、冒頭の説明文で「”瞳孔が”縮小する」と表現されていますから、この、「虹彩の環状に走る筋肉」はとは瞳孔の一部なのですか?また、、「虹彩の環状に走る筋肉」が収縮すると、「虹彩の放射状に走る筋肉」は弛緩しています。”弛緩”ってピンときませんが、ゆるむことですよね。これは、「環状の筋肉」が収縮するのに”つられて”弛緩するのですか? (2)~明順応「瞳孔が拡大して、網膜にとどく光量を増加させる。この際に、虹彩の放射状に走る筋肉が収縮する。」この際、「虹彩の放射状に走る筋肉」は、「瞳孔の反対側にちぢこまってゆくようにして収縮する」と解釈してよろしいですか?また、暗順応で聞きました質問と同じく、これによって「虹彩の環状に走る筋肉が収縮する」メカニズムも教えてください。お願いします。

生物の受験生です。たびたびお世話になります。ハッキリ言ってわかりません。☆自分なりに、わからなくなっている原因を考えました。(1)「収縮する」、「弛緩する」というコトバが自分にとって実感をともなわない。───筋肉がじっさいに収縮したり弛緩したりしているところなんざ見たことありませんから・・・。自分に国語力がないことも理由ですね。もっと”理解し易い表現方法”はないのでしょうか?(2)参考書に書いてある図が”静止図”であること。───じっさいに動くプロセスが見えれば最高なのですが・・・。
☆具...続きを読む

Aベストアンサー

>暗順応「瞳孔が収縮して、網膜にとどく光量を減少させる。この際に、虹彩の環状に走る筋肉が収縮する。」
…これって本当に「暗順応」の説明ですか?暗順応の状態にあれば散瞳するはずなのですが…。明るい光が当たった時には説明文にあるように縮瞳します。

>明順応「瞳孔が拡大して、網膜にとどく光量を増加させる。この際に、虹彩の放射状に走る筋肉が収縮する。」
…従って、これも逆の記述のように思います。

 瞳孔(黒目)が収縮する(縮瞳)という状態は、瞳孔縁を輪状に取り囲む瞳孔括約筋(副交感神経支配)が収縮することによって起こります。これが「なぜ?」ということですよね?
 「弛緩」は伸びきっている状態、「収縮」は縮んで長さが短くなっている状態です。つまり、輪ゴムで言うなら、ゴムを手で引き伸ばしている状態が「弛緩状態」、ゴムを離して縮んでしまっている状態が「収縮状態」と考えてもらうと、瞳孔括約筋が収縮した状態は輪ゴムが縮んだ状態と同じ(巾着袋の口を締めたような状態)です。

 また、瞳孔が散大する(散瞳)は、虹彩(茶目)の後面に沿って毛様体から瞳孔括約筋の付近まで放射状に走っている瞳孔散大筋(交感神経支配)が収縮して起こります。この時、瞳孔括約筋は「弛緩」(巾着袋の口を開けた状態)しています。どうして今度は「収縮」で散瞳するのか?この瞳孔散大筋は毛様体(つまりは角膜の縁の方向)に向かって縮みますので、茶目を角膜の縁に引っ張ることになります。それにより瞳孔が大きくなります。
 ちなみに縮瞳時にはこの瞳孔散大筋は「弛緩」(伸びきっているので瞳孔括約筋に引っ張られて巾着袋の口が締まるように縮瞳する)しています。

>暗順応「瞳孔が収縮して、網膜にとどく光量を減少させる。この際に、虹彩の環状に走る筋肉が収縮する。」
…これって本当に「暗順応」の説明ですか?暗順応の状態にあれば散瞳するはずなのですが…。明るい光が当たった時には説明文にあるように縮瞳します。

>明順応「瞳孔が拡大して、網膜にとどく光量を増加させる。この際に、虹彩の放射状に走る筋肉が収縮する。」
…従って、これも逆の記述のように思います。

 瞳孔(黒目)が収縮する(縮瞳)という状態は、瞳孔縁を輪状に取り囲む瞳孔括約筋(副交...続きを読む

Q犬の嗅覚

先日、シェパードの嗅覚は人間の5000倍とテレビで言っていました。犬はみんな嗅覚は良いと思いますが、他の犬種で嗅覚が良いと言われている犬種、その犬は人間の嗅覚の約何倍か(だいたいでも可)知っている人いたら教えてください。

Aベストアンサー

テレビでは誰でもわかりやすいように5000倍と表現しているだけで
実際に何倍くらいの嗅覚があるかは誰も知りません。
実際には相当無責任な表現です。

犬種を考える際に重要なのは特性なので
只単に嗅覚が良くてもかぎわけが効率よくできるかは
やってみなければわかりません。
雑種でも相当に鼻が利く(5000倍以上かも)のは間違いなく
それを生かすのは特性と訓練です。

Q感覚野と連合野の役目について

 大脳の感覚野と連合野の役目についてそれぞれ教えてください。
 ある問題で、手である物体に触ったとき神経の連絡経路は、

「皮膚→感覚神経→脊髄→感覚野→連合野→運動神経→筋肉」

と書いてあったのですが、この経路で感覚野と連合野で、伝わった興奮に対して、どのような情報処理が行われているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは。
この入力経路では「感覚神経―脊髄―感覚野―連合野」となっていいますので、この流れてゆきますと出力側は、厳密には「連合野―運動野―脊髄―運動神経」でなければなりません。
まずここで、連合野の機能といいますのは「感覚連合野(入力処理)」と「運動前野(出力処理)」に分けられます。そして、この二つの間には「前頭連合野」の機能が働かなければなりません。この前頭連合野は感覚入力の終着点であると同時に運動出力の出発点でありますから、果たして脳内ではここが最高次の連合野ということになります。

感覚連合野といいますのは各々の感覚野のほぼ近隣にあり、感覚野で知覚処理された情報を脳内の感覚記憶などと照合することによって「感覚認知」を行います。この場合でしたら手からの感覚入力に基づく「体性感覚認知」ですね。
ここでは神経回路を形成する細胞群の「多次元並列バターンによる選択的情報処理」が行われていると考えられています。つまり、記憶されている並列バターンと一致する情報に反応した神経回路だけが次の細胞群に情報を受け渡すということですね。
この認知結果は頭頂葉連合野から前頭連合野に至るまでの間に視覚や聴覚などといった他の感覚入力と統合され、更に前頭連合野では脳内に記憶されている体験学習などと照合されます。これにより、「状況の把握」「行動の目的」「結果の予測」といった、前頭連合野での極めて秩序立った情報の統合が行われます。そして、この結果は「運動計画」として運動前野に引き継がれ、一次運動野から各運動神経系に対して具体的な運動命令が出力されます。

近年では、我々の感覚入力がどのような経路を辿ってどの連合野に達しているかといったことは解剖学的に活発に調べられています。これを「皮質内接続」と言いますが、果たして、接続経路が分かったというだけであり、そこで具体的にどのような情報処理が成されているかといったことはまだほとんど解明されていません。ただ、我々の脳内で感覚入力が運動命令に変換されるためには、最低でも上記で述べましたような手続きが必要であることはほぼ間違いのないことです。

こんにちは。
この入力経路では「感覚神経―脊髄―感覚野―連合野」となっていいますので、この流れてゆきますと出力側は、厳密には「連合野―運動野―脊髄―運動神経」でなければなりません。
まずここで、連合野の機能といいますのは「感覚連合野(入力処理)」と「運動前野(出力処理)」に分けられます。そして、この二つの間には「前頭連合野」の機能が働かなければなりません。この前頭連合野は感覚入力の終着点であると同時に運動出力の出発点でありますから、果たして脳内ではここが最高次の連合野ということに...続きを読む

Q大阪の病院(嗅覚障害)

母が嗅覚を失ってから半年が経ちます。

嗅覚障害に知識のある、大阪の良い病院をさがしています。

ご存知の方いらっしゃいましたら、教えてくださいます様お願いいたします。

Aベストアンサー

都島にあり、高度医療やってる病院です
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/ocgh/patient/patient06_001.htm
ここの耳鼻科↓で嗅覚あります 
http://www.city.osaka.jp/kenkoufukushi/ocgh/outline/dp/pdp/pdp15.htm
愛場庸雅医師が、嗅覚専門となってますね

だいぶ大きな病院ですから
いいかとおもいます

Q機械刺激とイオン刺激で何故筋収縮が起こるか?

大学で神経について習っています。電気的刺激で何故筋肉が収縮するのか
ということは、分かっているつもりなのですが、
何故イオン刺激と機械刺激で筋肉が収縮するのか、というのがよく分かりません。
イオン刺激では、普段静止電位で膜の中がマイナスに帯電したタンパク質で
マイナスの電位を生じているけれど、膜外からプラスに帯電したイオンが入り込むことによって活動電位が生じて伝達物質が筋肉に伝わり
収縮するのかな?と考えたのですがこれでもよいのでしょうか?
でも機械刺激によって筋肉が何故収縮するのかについては全く分かりません。
また伝達物質とはこの場合具体的には何なのでしょう?

お暇な方でよろしければ教えていただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 自分も大学生です。

 自分で書くとそれなりに長くなるので、トロポニン、アクチン、ミオシン、アセチルコリン、でgoogle検索したところ、適当なものが見つかりました。

 http://www7a.biglobe.ne.jp/~hiro-line/hiro/biobook/biob037.htm

>伝達物質とはこの場合具体的には何なのでしょう

 アセチルコリンだと思います。

Q嗅覚が弱いです。なんとか並にならないでしょうか?

私は52歳です。
私の嗅覚は臭い匂いは嗅げますが、いい匂いは嗅げません。

なぜか、何年かに一度は嗅覚が戻ります。
一番最近、いい香りを嗅いだのは5年くらい前です。
その時は三日くらい嗅げました。
椎茸のお吸い物とお茶の香りが素晴らしかったのを覚えています。

私の嗅覚は、もうダメでしょうか?
それとも戻る可能性はあるのでしょうか?

詳しい方、ヘルプです。

Aベストアンサー

>私の嗅覚は臭い匂いは嗅げますが、いい匂いは嗅げません。

臭いにおいか良い匂いかは主観の問題ですので、臭いにおいしか嗅げないと悲観することはありません。
何らかのにおいが嗅げるということは、嗅覚は残っているのだと思います。

嗅覚細胞(においを感じる細胞)は鼻の内部の上部、空気を吸うとちょうど空気の流れが鼻の内部にぶつかる付近にあります。
においを感じない、あるいは感じにくくなっているのは、嗅覚細胞付近の空気の流れが悪くなって嗅覚細胞に空気がうまく
当たっていないか、嗅覚細胞が何らかの事情で弱くなったり、数が減っている可能性があります。

嗅覚の検査は最寄りの耳鼻咽喉科でやってもらえるはずですので、受診をお勧めします。
下はある耳鼻咽喉科クリニックの嗅覚に関するQ&Aですので参照ください。

http://www.hospi.ne.jp/consultation/1-349/

尚、最近の研究では、嗅覚細胞は刺激を受けなくなると、わりと早く死んでしまうことがわかってきました。
そういう意味でも早く耳鼻咽喉科を受診なさって、原因究明と治療をなさることをお勧めします。
万が一最寄りの耳鼻咽喉科で検査が出来なくても、検査の出来る病院を紹介してもらえます。

どうぞお大事に。

>私の嗅覚は臭い匂いは嗅げますが、いい匂いは嗅げません。

臭いにおいか良い匂いかは主観の問題ですので、臭いにおいしか嗅げないと悲観することはありません。
何らかのにおいが嗅げるということは、嗅覚は残っているのだと思います。

嗅覚細胞(においを感じる細胞)は鼻の内部の上部、空気を吸うとちょうど空気の流れが鼻の内部にぶつかる付近にあります。
においを感じない、あるいは感じにくくなっているのは、嗅覚細胞付近の空気の流れが悪くなって嗅覚細胞に空気がうまく
当たっていないか、嗅覚細胞が...続きを読む

Q食べられる野イチゴと食べられない野イチゴ

崖の上から野イチゴらしき植物が歩道にはみ出しています。
6月頃に、赤い実、黄色い実がなっていました。
種類の違うものが混在しています。

野イチゴにもヘビイチゴとか野イチゴ、木苺などいろいろ種類があるようですが、食べられない種類もあるでしょうか?
(ウマいマズいは別として、毒があるとか、そういう意味で食べられない)

(歩道の実は、排気ガスや消毒してあると思うので食べていません)

それから、もう一つの質問。

歩道に這い出している、ツル(枝)を鉢植えにすることはできるでしょうか?

崖の上から生えてきているので、根を掘ることはできません。
挿し木とか、実を植える、とかはムリでしょうか?

挿し木で鉢植えにできるなら、冬になって枯れる前に採ってきたいです。

☆参考までに似たような画像を添付します。(歩道の野イチゴの実写ではありません。)
  他に、黄色い実や、ヘビイチゴらしいのもありました。

Aベストアンサー

いずれもバラ科キイチゴ属で、分類は草でなく樹木です。

たいていの木イチゴは毒はないという意味で食べられます。

ヘビイチゴは草ですが食べて毒はありません。まずいです。

写真の上のいちごはナワシロイチゴです。甘くて食べらえます。種が舌に当たる感じがします。

ナワシロイチゴはどこにでも生えていて、引き抜いて来れば簡単に育ちますが、

甘い実をつけさせるのは結構難しいです。日当たりが大切です。

挿し木はよく管理してやれば可能でしょう。

種がしっかりしているので種から発芽させるほうがうまくいくかもしれません。

そのほかに甘くて舌触りのいいのは赤ではバライチゴ、黄色ではモミジイチゴです。

いずれも庭に植えて育つのですが、いい実をつけさせるの難しいです。

最近はあきらめて時期になると山や公園に探しにいくことにしています。

ブラックベリーは最近植えている家が多くなりました。栽培は容易でたくさん実が取れます。

カジイチゴはもともと野生のものですが、元気な木で実はよくつき、けっこう甘いです。

植えている家があったら一株もらってくるといいでしょう。根元から新しい木が次々でてきます。

いずれもバラ科キイチゴ属で、分類は草でなく樹木です。

たいていの木イチゴは毒はないという意味で食べられます。

ヘビイチゴは草ですが食べて毒はありません。まずいです。

写真の上のいちごはナワシロイチゴです。甘くて食べらえます。種が舌に当たる感じがします。

ナワシロイチゴはどこにでも生えていて、引き抜いて来れば簡単に育ちますが、

甘い実をつけさせるのは結構難しいです。日当たりが大切です。

挿し木はよく管理してやれば可能でしょう。

種がしっかりしているので種から発芽させるほうが...続きを読む

Q犬の嗅覚について質問です。

犬の嗅覚について質問です。
犬の嗅覚はとても敏感みたいですが少し汚い話なのですがくさった肉を前にした場合どのような反応を示しますか?

Aベストアンサー

食べられると思ったら食べるしそうじゃ無かったらそっぽを向く
経験の問題で嗅覚の鋭さは関係ないと思います
ただ現代日本人が危ないかなと思う程度のものなら平気な顔して食べるんじゃないかと
あの敏感な嗅覚で鼻をこすり付けるかのようにウ○コの臭い嗅いでるくらいだから悶え苦しむとかは無いでしょう
あまりに強烈な臭いなら近づく前に気付くでしょうし

Q暗順応とロドプシン量の関係について

暗順応の機構について、暗いところにいくとロドプシンが再合成されてロドプシン量がふえるために暗順応がおこる、と言われていますが、ロドプシン量が増えるとなぜ暗くても見えるようになるのでしょうか?また、ロドプシンは暗いところでしか再合成されない、とも言われていますが、それならば、明るいところに居続けたらロドプシンは分解されてしまい見えなくなってしまうことになりますが、本当のところどうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

ごきげんよう。
桿体細胞の「桿」の字が間違っていました。ごめんなさいです(ぺこぺこ)


> 暗くなると目に入ってくる光子の数が少ない→ロドプシンの量が少ないと、
> ロドプシンと光子の衝突確率が小さい→ロドプシンの量が増える事によって
> 光子とロドプシンのぶつかる確率が上がる→暗くても見える

私が知っている限りではそういうことになるかと。


> 明るいところではかん体細胞は働かないようになるようなしくみ

横槍になってしまいますが。

■桿体細胞:光子が1個でもロドプシンに当たると反応が進む

という書き込みを致しましたですが、
ほんのわずかな光でもロドプシンに当たるとオプシンとレチナールに分解する反応が進んでしまうため、たくさんの光がロドプシンに当たってしまうような明るい場所では、ロドプシンはほとんど分解してしまうのです。明るい所に来た時にはすでに、ロドプシンはほとんど残っていないのではないでしょうか。これが明るい場所で桿体細胞がはたらかなくなってしまう仕組みということになります。

その分、十分な光を受容できる錐体細胞ががんばっていて、No.2さんのおっしゃるように光や色が見えているということになります(ちなみに、iodopsinという用語は錐体視物質には使われないことも多いので、iodopsin=錐体視物質と覚えるのは微妙かも。ニワトリ錐体視物質などに使われているのをみたことがあります)

明るい場所ではロドプシンはずっと分解されたままなのですが、暗くなってくる=光の量が少なくなってくると、だんだんロドプシンの一部が再構成されていくのです。この

 ロドプシン ⇔ オプシン+レチナール

という変化が光の量によって、どちらかに可逆的に変わる、というのが最重要ポイントです。まあこの変化にはビタミンAやらエネルギーやらが必要なのですが、それ次第かもという感じですね。さらに何かありましたらまた改めて。

(補足:ロドプシンを構成するレチナールはビタミンAのアルデヒドという物質なので、ビタミンAが不足しているとロドプシンが作られません。これが「夜盲症」「鳥目」という症状ですね)

ごきげんよう。
桿体細胞の「桿」の字が間違っていました。ごめんなさいです(ぺこぺこ)


> 暗くなると目に入ってくる光子の数が少ない→ロドプシンの量が少ないと、
> ロドプシンと光子の衝突確率が小さい→ロドプシンの量が増える事によって
> 光子とロドプシンのぶつかる確率が上がる→暗くても見える

私が知っている限りではそういうことになるかと。


> 明るいところではかん体細胞は働かないようになるようなしくみ

横槍になってしまいますが。

■桿体細胞:光子が1個でもロドプシンに当た...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報