嗅覚は、順応性の高い感覚野ですが、それが臭い(刺激)に順応し、においを感じなくなるのはなぜなのですか??そして、バラの花のようなニオイのほうが不快とかんじるニオイに比べて順応しにくいのはなぜですか???お願いします。教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>> それが臭い(刺激)に順応し、においを感じなくなるのはなぜなのですか??



刺激に順応するのは細胞の一般的な性質だと思います。
「細胞の分子生物学」第3版 p.771 から引用します

個体や細胞は、いかなる刺激に応答する時にも広範囲の強度で変化の度合いを
同じように検知できる。そのためには、長時間同じ刺激にさらされた細胞がそ
の刺激に応答しなくなる必要がある。このような過程を適応(adaptation)また
は脱感作(desensitization)という。

引用終。

わたしたちの感じる匂いの強さは、匂い物質の対数濃度に比例するそうです。
味覚、嗅覚については 「味と香りの話」岩波新書 にいろいろ書かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

さっそく本屋(book off・・・爆)で探してみようと思います。

見つかるとイイナ☆

ではでは、次回、また何かあったときはよろしくお願いします。m(UU)m

お礼日時:2001/06/18 00:10

ずいぶん前の記憶に頼ることになるので誰か補足お願いいたします。



一言で言うと、いい臭いは薄く不快な臭いは濃いぃと言ったところでしょうか。

人の感覚神経は車のギアのように高い刺激担当・中位の刺激担当・低い刺激担当が
あったように思います(嗅覚じゃなかったかもしれません)。

また、人にとっての臭いの良し悪しは濃さに依存すると言うのも聞いたことがあります。
麝香等のように極微量であればいい匂いですが、大量だときつすぎでたまらない
と言ったことが起こるそうです。
つまりいい匂いというのは比較的薄い臭いで、濃いものはだいたいイヤな臭いと言った
感じでしょうか。

そして濃い臭い(不快な臭い)というのは強い刺激になりますから高い刺激担当の感覚神経が感知、
刺激が強すぎてすぐ麻痺してしまうと言ったところですね。
これに比べて薄い臭い(いい臭い)は刺激が弱いのでなかなか麻痺しないようです。
だからいつまでも感知出来るのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

私も一応調べてはいるのですが、なかなか答えが見つからなくて・・・・。
ホント、助かります(><)

これからも調べようとは思いますが、また何かわかったら・・・
そして、これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/06/15 00:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q尿意と男女の解剖生理の違い

今まで私は女性は尿道が短いから尿意を我慢できないと思っていたのですが、医者に聞いたところ、女性は子宮があって、膀胱容量が少ないからだと言いました。でも、ずーっと尿道の長さが関係あると思い込んでいた私としては納得いかない所があって...。
どなたかコメントお願いします。

Aベストアンサー

膀胱容量に関しては男女差があるのは事実です。
平均で400ml~500ml(これは極限まで我慢した場合であって必ずしも普段の尿量を示すものではありません)と言われますが、女性は男性の8割強とされていて主に骨盤腔内の容量:つまり子宮の有無による差と説明されています。
尿意の上昇は単純なものではありませんが、第一義的には『膀胱の広げられる刺激』です。つまりコンプライアンスの違い(容量の違い)と説明されます。
尿意が上昇した際我慢しきれず排尿をしてしまうことは『膀胱への刺激による排尿命令の刺激の大きさ』と『膀胱平滑筋の弛緩命令および括約筋への収縮指令』(←※)の兼ね合いで決まっています。神経学的な異常があったり脆さがあれば個人差として我慢が出来なくなります。また膀胱炎など他の環境によっても膀胱へ加わる刺激の入力は大きくなります。

一方、腹圧性尿失禁にみられるような腹圧が過度にかかったときの漏れに関してはおっしゃるとおり括約筋の影響/尿道抵抗の問題です。
しかし排尿の我慢に関しては※の問題ですので漏れる以前のことつまり膀胱への刺激が大きくなるのは何故?というところで厳密に膀胱容量の問題を言われたのだと思います。こちらは同じ失禁で例えれば切迫性尿失禁の機序に近い考え方です。

話しをまとめると
『尿意を我慢できない』というのと『腹部圧迫による漏れ(腹圧性の尿失禁)』というのは似て非なるものだということです。
そしてそのお医者さんの説明は事実です。

膀胱容量に関しては男女差があるのは事実です。
平均で400ml~500ml(これは極限まで我慢した場合であって必ずしも普段の尿量を示すものではありません)と言われますが、女性は男性の8割強とされていて主に骨盤腔内の容量:つまり子宮の有無による差と説明されています。
尿意の上昇は単純なものではありませんが、第一義的には『膀胱の広げられる刺激』です。つまりコンプライアンスの違い(容量の違い)と説明されます。
尿意が上昇した際我慢しきれず排尿をしてしまうことは『膀胱への刺激によ...続きを読む

Q大学院別のTOEICの合格点を教えてください。

大学院入試でTOEICの点数を英語の点数として換算している大学院が多くあると知ったのですが大学院別にどのぐらいが合格点なのでしょうか?
東大の院生の平均点が730というデータはネットでみたのですが他のいろいろな大学院について教授からや友達からの情報でもいいので参考にさせてください。

Aベストアンサー

このサイトに、大学院入試でTOEIC(R)Testを活用する52の大学院が、
国公立、私立別で掲載されており、
ある一定のスコアで、英語の独自試験免除など、詳しい情報が見れます!

参考URL:http://www.toeicclub.net/graduateschool.html

Q分光光度計・吸光度とは?

ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 分光光度計とは、光源から出た光を波長ごとに分ける部分(分光部)と、分けた光を試料に当てて光の弱くなる程度を測定する部分(光度計)からなります。
 試料に当てる光の強さをXとし、試料を通過した後の光の強さをYとすると、
 まず、透過率を求めます。透過率・・・T(%)=X/Y×100
 もっとも、普通に光度計で則って居する場合、純水などをいれた空セルで100%合わせをして、次にセル内を試料に入れ替えて測定するので、透過率は装置に表示され、計算する必要はありません。
 次に、この透過率から吸光度を求めます。
 吸光度=-log(T/100)
 なぜ吸光度を計算するかと言うと、溶液中の光を吸収する成分の濃度が吸光度と比例するからです。
 予め濃度の分かった標準試料を用いて、濃度と吸光度の関係を求めて「検量線」を作っておき、その他試料の吸光度を測定する事で濃度が求められます。

 測定する色調により波長は変わります。
 検量線作成に先立って、標準試料の場合の吸収スペクトル(広い波長範囲にわたり、波長と光の吸収度の関係をグラフ化したもの)を採り、測定上最適な波長を決めます。
 普通は、光の吸収の一番大きい波長を選びますが、その他条件も加味して決定する必要は有ります。
 595nmは可視光線のやや長目の波長です。

 なお、#2さんの提示されている「Lanbert-Beerの法則」(ランバート・ベールのほうそく)は基本的かつ重要で有名な法則です。

 P.S 吸光度の計算例
 透過率=85.3%だとすると、
 吸光度=-log(85.3/100)=0.069
 (昨今の分光光度計は吸光度も自動表示されるので、いちいち計算する必要は無いのですが、原理を知っている事は大切です)
 
 

 分光光度計とは、光源から出た光を波長ごとに分ける部分(分光部)と、分けた光を試料に当てて光の弱くなる程度を測定する部分(光度計)からなります。
 試料に当てる光の強さをXとし、試料を通過した後の光の強さをYとすると、
 まず、透過率を求めます。透過率・・・T(%)=X/Y×100
 もっとも、普通に光度計で則って居する場合、純水などをいれた空セルで100%合わせをして、次にセル内を試料に入れ替えて測定するので、透過率は装置に表示され、計算する必要はありません。
 次に、この...続きを読む

Q刺激に対する感覚神経・運動神経のしくみ

高校生物の範囲なのですが、神経についてわからないところがでてきました。
刺激に対しての慣れがないとき、強い刺激を与えると、反射は普段より強くなる
「増感」についてなのですが、

刺激に対して敏感になるとき、感覚神経から運動神経への伝達物質の量が増加
するのはなぜでしょうか?
刺激の大きさが閾値であれば活動電位の振幅は変わらないのに、伝達物質が
増加するという意味がわかりません。

感覚神経と運動神経の関係を教えて下さい。

Aベストアンサー

>刺激に対して「慣れ」が生じるということは、ネガティブフィードバックが
働いて、伝達物質が減少するということでしょうか?

閾値が上昇するということです 閾値とは興奮(=刺激の伝達)がおこる のに必要な刺激の強さです。
つまり,興奮しにくくなるということです

>では、刺激が閾値である場合、伝達物質が増加するということは
どのように考えればいいのかわかりません

表現が簡単すぎて質問の意味がわかりませんが
ある神経において入力されてくる刺激が閾値以上であったときに,ネガティブフィードバックによってそれ以降に興奮に必要な刺激(=伝達物質)が上昇する,
つまり閾値の上昇の意味でしょうか。

Qなぜ血圧の上昇するのか。

寒冷暴露試験(寒冷昇圧反応)を行った際、血圧が上昇するのはどういったメカニズムでおこっているのですか?また、この時心拍数は上がったりしますか?

Aベストアンサー

寒い環境に行くと皮膚の表面から体温が奪われないように血管が収縮します。血管が収縮すれば体表の血管の表面積が自然と小さくなるため体温が下がるのを抑えられます。ちなみにこの生理は交感神経が司っています。血管が収縮すれば血流量が同じでも管が細くなっているので血圧が上がるというのはわかりますよね?
心拍数が上がるというのは聞いたことがありません。
すいません。

Q標準自由エネルギー変化について教えてください。

お願いします。
基礎中の基礎です。しかし混乱してます
標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。

まず標準自由エネルギー変化ですが
aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると
ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・
質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ?
質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?)
質問3:ΔG゜=-AとするとAが大きいほど反応は進みやすのでしょうか?(これ本当に分かりません・・)

自由エネルギー変化ΔGについてです
ΔG=ΔG゜+RTlnK
aA+bB⇔cC+dDと言う反応ではモル分圧平衡定数とするとK=([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)
です。
質問4:そもそもΔGとは何を表現しているのですか?平衡だとΔG=0となる。これはどういうこと?
質問5:ΔG゜=-RTlnKですが、通常ΔGというとみんなこの方法で算出してしまいます。ここで標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGをごっちゃにするとエライ事になりそうですが・・・
質問6:ΔG=ΔG゜+RTln([P_C]^c・[P_D])^d÷([P_A]^a・[P_B]^b)でよく25℃、1atmの濃度や分圧を入れてΔGを出してますが、これはどう解釈したらよいのでしょうか?その濃度や分圧のときの自由エネルギーということ?でもそれなら25℃、1atmの生成ΔGfから算出したΔG゜とΔGが同じにならないとおかしくありませんか?
質問:そもそも上記の考え方にどこかおかしいから悩んでいるので、指摘していただけたら幸いです。

お願いします。
基礎中の基礎です。しかし混乱してます
標準自由エネルギー変化ΔG゜と自由エネルギー変化ΔGの違いが分かりません。

まず標準自由エネルギー変化ですが
aA+bB⇔cC+dDと言う反応があると
ΔG゜=各物質の生成ΔGfの合計=[c×ΔGfC]+[d×ΔGfD]-[a×ΔGfA]-[b×ΔGfB]だと思うのですが・・・
質問1:ΔG゜<0ですと反応は右に進まないはず。でもなぜ?
質問2:ΔG゜とはそもそも何を表しているのですか?(僕自身の薄学では生成側にそれだけエネルギーが偏っている?)
質問3:ΔG゜=-Aとすると...続きを読む

Aベストアンサー

>平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは
>-ΔG゜と同じになるはずですよね?

ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、
RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。

>一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか?

違うと思います。
ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。

標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。
自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べるのは大変なので
変化量を指標に用いていることは同じですが、標準生成自由エネルギーは、すべての元素が標準状態にあるとき自由エネルギーを0として、それらの単体から生成される化合物を上記の式を使って計算した物です。

反応が自発的に進むためにはΔGがマイナスでなければなりません。
ΔGは自由エネルギー変化です。
標準生成自由エネルギーΔG゜とは違います。
-RTlnK=ΔG゜ という関係から ΔG゜が負の時はKが1よりも大きい事を意味し、正の時には、その反応が進まないということではなくKが1よりも小さいことだけを意味します。
ΔG゜が大きな正の値をとるとKは著しく小さくなり、平衡点は原系の方に極端に片寄ることを意味しています。
ΔG゜=0ならばK=1ということです。

>平衡になったときのモル分率やモル濃度を入れると、当然RTlnKは
>-ΔG゜と同じになるはずですよね?

ΔG=ΔG゜+RTlnKですよね。平衡状態ではΔG=0なので、
RTlnK=-ΔG゜ または -RTlnK=ΔG゜で間違いないと思います。

>一般的にΔG゜って各物質の生成ΔGfの合計から算出するじゃないですか?

違うと思います。
ΔG゜=ΣΔGf゜(生成物)- ΣΔGf゜(反応物) だと思います。

標準生成自由エネルギーと自由エネルギー変化を混同しては行けません。
自由エネルギーやエンタルピーの絶対値を調べる...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Q糖質コルチコイドの作用について

生物学、医学、生理学にお詳しい方、教えてください。


血糖値を増加させる方向に働くグルカゴンは、グリコーゲンの分解を促し、糖新生を促進して血糖値を上昇するかと思います。
しかし、糖質コルチコイドは、肝臓の糖新生、グリコーゲン産生を増大させ、末梢細胞のグルコース消費を抑制して、血糖値を上昇させると本に記載がありました。

ここで、教えていただきたいのですが、糖質コルチコイドは本当に、グリコーゲン産生に働くのでしょうか?血糖値上昇に対して、グルカゴンのグリコーゲン分解は、合目的的なような気がするのですが、糖質コルチコイドのグリコーゲン産生は、インスリンのように、血糖値低下に働く機能も有すということなのでしょうか?

糖質コルチコイドの末梢細胞のグルコース消費を抑制する機能というのは具体的にどのようにしてなされるのでしょうか?
例えば、グルコースとランスポ-ターの転写調節因子として働き、その遺伝子の発現抑制などに働くのでしょうか?


また糖質コルチコイドには、コルチゾール、コルチコステロン、コルチゾンなどがあるかと思いますが、様々な糖質コルチコイドの種類が存在する意義は、進化的に言えば、機能のバックアップという解釈でよろしいのでしょうか ?
もしくは、コルチゾール、コルチコステロン、コルチゾンは機能がそれぞれ異なり、バックアップ以外の機能が存在するのでしょうか?
コルチコステロンや、コルチゾンの分泌に障害がきたしても、コルチゾールが正常に分泌されれば、生体にとって問題はないものなのでしょうか?

大変恐縮ですが、お詳しい方教えてください。よろしくお願いします。

生物学、医学、生理学にお詳しい方、教えてください。


血糖値を増加させる方向に働くグルカゴンは、グリコーゲンの分解を促し、糖新生を促進して血糖値を上昇するかと思います。
しかし、糖質コルチコイドは、肝臓の糖新生、グリコーゲン産生を増大させ、末梢細胞のグルコース消費を抑制して、血糖値を上昇させると本に記載がありました。

ここで、教えていただきたいのですが、糖質コルチコイドは本当に、グリコーゲン産生に働くのでしょうか?血糖値上昇に対して、グルカゴンのグリコーゲン分解は、合目的的な...続きを読む

Aベストアンサー

中立説ではありません。リンクさせる義理がないと言っているのです。独立性の側面を指摘できればと思います。


低血糖回避システムなどと題して以下の文章がネット上で使い回されていました。

>『
1.血糖値が約80mg/dl 以下になると、インスリンの分泌が極端に低下します
2.70mg/dl 以下になると「空腹感」があり、あくび、悪心などの症状になります
3.約65-70mg/dl で、グルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始めます
4.約60-65mg/dl で、成長ホルモンが放出され始めます
5.最後に60mg/dl 以下で血糖値を上げるホルモンコルチゾールの分泌が始まります
6.血糖値50mg/dl 以下は大脳のエネルギー代謝が維持できない、危険な状態です。無気力、倦怠感、計算力減退などとなり、 40を切ると、冷や汗、動悸、震えなどがあらわれます。』

これから思うに、コルチゾールは血糖を微調整するような合目的のホルモンではないということです。
強いて目的論でホルモンを分ければ、インスリンとグルカゴンが拮抗的に血糖調節機能を担っていると表現できると思います。
その他のホルモンは、血糖値に関して非常に結果論的な関係性になると思います。

糖質コルチコイドとグルコースの抹消での取り込みの関係については言明されている物が見当たりません。詳細が分かっていないのでしょう。

インスリンはGLUT4を膜表面に移動させる事で、強烈な効果を発揮できますが、GLUTに関しては、その移動量の前に、その発現量の差がありますね。両者を分けて考えるべきでしょう。糖質コルチコイドがGLUT4を標的遺伝子として、その産生を促進する作用があったとしても、実効性として合目的的に矛盾しません。膜表面に移動しなければ効果がないのですから。上記の状況を考えれば目的論の完成度もへったくれもありません。最終兵器です。他方において不都合な点があっても、主目的にかなうものならば、使えるものは何でも使うべきです。副作用無視で医学的に多用乱用されるのは実は自然の本式のやり方と同じなのかもしれません。

糖質コルチコイドと血糖の関連性は、肝臓に対して糖新生を促進させるという関連性にとどめるのが一番無難のような気がします。インスリンやグルカゴンを除くホルモンは、血糖値に主導されるものではありませんよね。多彩な標的遺伝子が存在します。
血糖値も危機的状況の一つという域になれば反応するということです。警察官と軍人の出動する次元の差としてもいいかもしれません。それこそ目的があるとすればその目的(存在意義)が違うのです。

中立説ではありません。リンクさせる義理がないと言っているのです。独立性の側面を指摘できればと思います。


低血糖回避システムなどと題して以下の文章がネット上で使い回されていました。

>『
1.血糖値が約80mg/dl 以下になると、インスリンの分泌が極端に低下します
2.70mg/dl 以下になると「空腹感」があり、あくび、悪心などの症状になります
3.約65-70mg/dl で、グルカゴン、アドレナリンが大量に放出され始めます
4.約60-65mg/dl で、成長ホルモンが放出され始めます
5.最後に60mg/dl 以下で血糖値を...続きを読む


人気Q&Aランキング