【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

伝票を辞書で調べると
Slip
Form
Voucher
Check
Chit
など、いろいろな単語が出てきますが、
2~3枚の複写になっていて、ピリッと切り離すタイプの一般的な伝票は
上記のどれにあたるのでしょうか?

おわかりになる方がいらしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

その伝票の役割によって、



請求書=invoice,bill
領収書=receipt

という風に一般的には呼ばれます。invoiceは日本では送り状と訳されますが、米国では請求書の役割が大きいです。

slip=small piece of paper
form=a sheet of paper to be filled (契約書、申込書など)
voucher= a documentary record of a business transaction
check=小切手・特にレストランでの請求書
chit=a short letter or note; especially : a signed voucher of a small debt (as for food)

おっしゃっている”伝票”に近いのは、voucherのようですが、実際に耳にしたことは、米国では皆無に近いように感じます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ciaopolpo2さん、コメントありがとうございます。

具体的な説明、ありがとうございました。
もやもやしていたものが少しすっきりしました。

>おっしゃっている”伝票”に近いのは、voucherのようですが、実際に耳にしたことは、米国では皆無に近いように感じます。
はい、その通りです。
まさに "a documentary record of a business transaction"用の伝票なのです。(説明不足ですみません。)
それもありとあらゆる種類の"recorda of business transactions"用の伝票を十把一絡げにしてなんと呼ぶか知りたかったのですが、
英語にはそのような単語は存在していないみたいですね。
なんとなく、そんな気はしていましたが...

とにかく、ありがとうございました。

お礼日時:2015/03/17 15:16

伝票と言ってもその目的によって呼び方がかわります。

ですが、duplicateがついていれば、invoiceであってもcash receiptであってもslipであっても複写式であることがわかります。カーボン紙がついてなくてもcopyできる場合は、carbonlessとなっています。
普通はbookと呼ばれるある程度番号順にまとめた冊子になっているものを購入して使います。
http://www.ebay.co.uk/bhp/cash-receipt-book
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ddeanaさん、コメントありがとうございます。

>伝票と言ってもその目的によって呼び方がかわります。
そうですよね。ちょっと質問がおおざっぱすぎました。すみません。
でも、日本人の感覚だと、請求書でも領収書でも受取書でもなんでも
「伝票」って言うんですよね。それがそもそも悩みの種になっているわけで...
こういうとき、つくづく日本人の曖昧な思考が恨めしくなります。

複写式の伝票を"duplicate"というのですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2015/03/17 15:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q配送伝票は英語で何と言いますか

宅配便で発送元と届け先を配達伝票に書いて運送業者にお願いします。
「運送状」?は英語で何と表現するのでしょうか。
また、発送元を印字した運送状を運送業者に依頼すると印字済み伝票を
用意してくれます。「印字済み運送状」は何と表現するのでしょうか。

Aベストアンサー

Gです。 

>自転車などで小さな荷物や書類を運ぶメッセンジャーはbicycle of lading それとも messenger of ladingのどちらになるのでしょうか。

個人的なメッセンジャーに渡す発送伝票は簡単にdelivery orderという表現をします。 これには、重さや内容明細表記はしないで「どこに届ければいい」という物でもちろん発送者の名前とか住所も書いてあります。

これには、どこのだれだれという部分の人の名前を書くようにしているのがほとんどです。 こういうものをわざわざメッセンジャーを使って送るときにその人が属する会社名だけでは十分ではないという配慮からされています。 そしてその人かその人の代理が受け取ったときにその人の活字体の名前と署名をもらう事になります。 これがなくては重要な書類などを「届けるビジネス」としては責任問題にまで発展してしまうこともあるわけです。

Waybillはかなりルーズに使われている表現でAWB/Airway Bill二巻して使った場合話題としてAWBのことを言っているのがわかっている場合にはWay billを使うこともあります。

Bills of Ladingという表現が総括した表現と言う事なのですね。 なお、混載業務から発行されるものはHouse Airway Bill (HAWB)とかHouse Ocean B/Lというようにhouseという単語が前につきます。

一つの配達・運送についてい来る番号のこともAirway Bill number (#という記号を使ってしまうときもあり、AWB#/HAWB#という表現で表記することもあります。 ただ、読むときはナンバーと読みます。)が宅配業者(UPS/FedExなど)がこの番号をTracking number/Trancking#と呼び始めてからはこの表現が普通になってきています。

つまり、Trackingが出来る番号という意味です。

Gです。 

>自転車などで小さな荷物や書類を運ぶメッセンジャーはbicycle of lading それとも messenger of ladingのどちらになるのでしょうか。

個人的なメッセンジャーに渡す発送伝票は簡単にdelivery orderという表現をします。 これには、重さや内容明細表記はしないで「どこに届ければいい」という物でもちろん発送者の名前とか住所も書いてあります。

これには、どこのだれだれという部分の人の名前を書くようにしているのがほとんどです。 こういうものをわざわざメッセンジャーを使って送ると...続きを読む

Q英語で「個数」「件数」は?

質問は単純です。
英語で「個数」や「件数」をなんというか、です。

とりあえず、思いついたのは、numberでした。
たとえば、「りんごの個数」は"a number of apples"ですか?
でも、"a number of"は「いくつかの」という意味ですよね。

「データの件数」は"a number of data"でしょうか?

私は英語はほとんど出来ませんが、numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。

Aベストアンサー

>「個数」や「件数」をなんというか、です。
>とりあえず、思いついたのは、numberでした。
意外に思われるかもしれまんせんが、語の選択はnumberであっています、と思います。

>「りんごの個数」
the number of (the) apples

>「データの件数」
the number of (the) data

>numberは「個数」というよりも「番号」という意味であるような気がしてなりません。
実は、昔、私も、「個数や件数はなんていうのかな、え、number? え、本当?」と、奇異に感じたことを、思い出しました。

Q入庫と出庫

入庫と出庫という単語を調べています。
車とかではなくて、何かの部品を入荷したり、出荷したりすることです。

辞書で調べたら、
入庫:storing, storage
出庫:retrieving, retrieval
とありましたが、ホントにこれでいいんでしょうか?
storingはわかるけど、retrievingって・・・

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

普通に、in/out や、receiving/shiping, receiving and issuing goods
などと使います。

LIFO/FIFO とも言いますし。

Q未、済、完了の英訳は?

前回類似件名で質問したのですが、
質問の仕方があまり良くなかったと思い質問し直させて頂きます。

ある項目に対して「未」、「済」、「完了」のいずれかを選択させたい帳票があるのですが、
これを英語で実現するにはどのような単語が当てはまるのでしょうか?(1,2語程度で)
「済」、「完了」については「done」が好ましいのかなと思っていますが
いかがでしょうか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

No. 2 です。

なるほど。。。
そういうことなのでしたら、“Done” と “Not Yet” が適切だと思います。

“Yet” は単独で用いられる場合、『まだ~ない』という意味に取られることはなく、接続詞の『でも』の意味で取られます。
なので、選択肢が “Done” と “Yet” であったとしても、理解してもらえない可能性が残ります。
それを排除するためには、“Not Yet” とするべきだと思います。

ご参考まで。^^

Q経理用語で「計上」と「「振替」は?

ご存知のかた、よろしく御願いします。

経理上の処理で、「計上する」、「振替える」というのは
英語でなんと言えばよいのでしょうか。

Aベストアンサー

計上するは、一般的にbookでしょうが、いろんな状況には下記を参照:
http://eow.alc.co.jp/%e8%a8%88%e4%b8%8a/UTF-8/
振替えるは、送金でしたら、transferでしょうが、これも下記参照:
http://eow.alc.co.jp/%e6%8c%af%e6%9b%bf/UTF-8/

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

QAP と GL って何?

大変、安直な質問なのですが、経理用語というか経理パッケージによく記載され
ています。「AP」と「GL」というのがありますが、これは一体何の略で日本語に
訳すると何というのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

AP--> Accounts Payable
直訳すると「支払勘定」
一般的には、買掛金、未払勘定、未払金のことなのだと思うのですが、通常経理用語として日本語にするときは「買掛金」となっていることが多いと思われます。

GL--> General Ledger
直訳すると「総勘定元帳」

基幹システムにおいては、GLと呼ばれる「会計モジュール」を中心に、APと呼ばれる「支払/買掛管理モジュール」、ARと呼ばれる「売上/売掛管理モジュール」を組み合わせてシステム構築・運用をすることがあります。

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

QWould you like~?とWould you~?の違いは

相手に何かをお願いするときに、
Would you like~?
Would you~?
と両方の言い方があると思うのですが、likeをつけるかつけないかはどのように判断するのでしょうか?
また意味はどう変わるのでしょうか?

Aベストアンサー

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧めたら)~をお気に召すでしょうか?」という丁寧で控え目な調子の出る勧誘表現なのです。I would like to~「~したい」(~することをできればしたい)という表現もこの用法からきているのです。

Would you like~のlikeは「~を好きである」という他動詞でlikeの後に名詞を目的語として持って来ることができます。例:
Would you like another cup of tea?「もう一杯紅茶如何ですか?」
Would you like going on a picnic?「ピクニックに出かけるというのは如何でしょう?」
Would you like to go on a picnic?「同上」(このto不定詞は名詞的用法)

ご参考になりましたでしょうか。

Would you~?「~していただけませんか?」は丁寧な依頼表現、Would you like~?「~は如何ですか?」は丁寧な勧誘表現です。

依頼表現で使われるwouldやcouldは、「条件節(if節)の内容を言外に含めた婉曲用法」なのです。つまり、「(もし~できるのであれば)~していただけるでしょうか」と丁寧で控え目な調子を出すことができます。Will you~?やCan you~?はただの助動詞の勧誘表現ですから、wouldやcouldのような婉曲用法はないのです。

Would you like~も同じ婉曲用法で、「(もし私が~を勧め...続きを読む

Q英語で「有無」の表現は?

よろしくお願いします。

英和辞書で引くと「有無」という言葉がありません。
有り、無しでの単独ではあるのですが、どうしても文章となってしまいます。
操作画面上での「有無」を英訳する場合の適切な表現を教えてください。

(例)
IC 有
IC 無
操作画面上のメッセージです。

Aベストアンサー

こんにちは。#2です。

補足を読むと ON と NO でいけそうですね。
on I/C   no I/C

「操作パネルに表示し・・・」ですが
I/Cが乗っていない場合、エラーが予測されるのであれば
I/C有り グリーン表示 
I/C無し 赤(黄)表示
とI/Cの文字を反転させビジュアルで訴えても良いような気がしますね。
仕様外になるなら無理ですが・・。


人気Q&Aランキング