しばしば夕立が来るようになりました。
雷を伴う夕立は恐ろしいものです。
数十分も我慢すればおさまるのですが私がいつも思うのは雷に打たれたらどうしようということです。
家中のコンセントからコードを引っこ抜き部屋の片隅でうずくまってふるえています。
雷に打たれて死亡するという事件を聞いたことがあり恐ろしくなって今回ここで知識のある方に回答をいただけたらと思いやってきました。
またテレビでこんな内容の映像を見ました。
それはゴルフ場の木に雷が落ちコンクリートの地面が砕けるというものです。
確かに木に雷が落ちたと言っていました。
しかしコンクリートの方が砕けているのです。
雷があるものに落ちそのあるものの近くにあった別のものが壊れると言えばよいのでしょうか。
そもそも雷とはどういう性質のものなのでしょうか。
また落雷を予防する方法などはあるのでしょうか。
詳しく知っている方、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

zyousukeさんこんにちは


落雷によって死亡する人は、国内で年間30人程度ではないでしょうか。宝くじの大当たりより悪い確立かもしれません(笑)。
> のコンセントからコードを引っこ抜き部屋の片隅でうずくまって
ということですが、家に居る場合の身を守る方法はこれで良いです。できれば部屋の中央がいいかもしれませんが、屋内で落雷に遭っても致命傷ということはまず無いでしょう。
雷の稲妻は、難しい言い方ですが、一般に「長尺な完全電離プラズマ」と考えられています。通常は絶縁体である空気を、陽子と電子に分裂(プラズマ化)させて、空間にプラズマの導線を作り、電気を流しているようなものです。
さて、コンクリートが破壊されたということですが、雷のような超高電圧になると、ふつう我々が電気を通さないと思っている物も電気を通さざるを得なくなってしまいます。電気を通しにくいものに電気を通そうとするものですから、中の分子構造を破壊して電気が通っていきます。さらに、コンクリートの中には気泡があり、超高温で気泡が膨張するため、コンクリートは破壊されます。ですから電気を通しにくいものは、穴が開いたり破壊されたりします。一方、木は比較的電気を通しやすいので、コンクリートの様に砕けることはありません。ただ、中に水分が含まれていますので、やはり、水分が膨張して裂けることもあります。つまり、電気を通しにくくて、中に気泡や水分が含まれているものが破壊されやすいと考えられます。
もう一つ重要なことがあります。以前、「雷に遭ったら高い木の下に隠れろ」なんて言われていましたが、厳密には木の下に離れて隠れなければ意味がありません。極端に言えば、木の下は危険です。これは、「沿面放電」という現象があるためで、落雷が木の表面から地面の表面を伝わるものです。「高いものの下が安全」というのは、電気を逃がす「接地」という設備の施された、電柱や鉄塔などに限って有効であると思ってください。どうしても木しかない場合は木の根元から十分離れて這いつくばるのがいいでしょう。
落雷の予防方法は受動的なものしかありません。一軒家なら、送電線鉄塔の下に引っ越すのが最も安全といえます(笑)。または、家に避雷針をたてて、接地工事をしてもらってもいいです。そうでなければ、マンションなんかは、避雷針も付いてますし安全です。

参考URL:http://www1.gateway.ne.jp/~tak777ch/tak1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

TTakさんホームページ拝見しました。
雷以外にも電気代の節約や発電についてなど電気についていろいろ勉強になりました。アーモンド発電、理想的ですね。
さて難しい内容ながらもTTakさんの返信内容を読ませていただいて雷について多少理解が深まりました。雷に打たれたらその時は不幸だったと諦めます。
宝くじ買いに行こうかな。

お礼日時:2001/06/14 23:45

しばらく前に関連した質問がありましたので参考にしてください。



そこでも回答させていただいているのですが、

>落雷事故で亡くなる方は一億人に数人という確率だそうです。
>これなら、車にひかれて死ぬ確率の方が遙かに高いことになります。
>安心できました?

予防策ではありませんが、少しでも心安らいでいただければ幸いです。

参考URL:http://ns.taishitsu.or.jp/risk/http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=80178
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信どうもありがとうございます。
ログを見ない理由は面倒だからという理由だけではありません。
ログを見ると探している物を見つける前に必ず自分の興味のある物を見つけてしまいそれらを閲覧している間に数時間も無駄にしてしまうから最近では質問するときはログを見ない様にしているのですがやっぱり非常識ですかね。
前置きが長くなりましたがinorganicchemistさんの回答を見てかなり心安らぎました。交通事故の方を気をつけなければいけませんね。バイクに乗っていて何度か死にそうになったことがありますし。

お礼日時:2001/06/15 00:14

雷は雲の中で正と負の電荷領域が作られ、これの放電によるものです。

放電には3種類ありまして、雲の中で放電するもの、別の雲と放電するもの、音しか聞こえないものはこれらの放電です。雲と地上間の放電が落雷です。
予防ですが、
音は1秒間に約340m伝わりますので雷が光ってからの時間(340×時間=距離)と光か音の方向で雷の位置が大体わかると思います。

雷は高い所、同じ高さの時は金属製のものが通り易いです。
危ない所は、立ち木の真下、建物の外壁付近、送電線付近、アンテナ付近、・・これ位しか思い出せません。
自転車とかオートバイに乗っている時も危ないです。

金属製でもnozomi500さんの言われるように、大きさが車以上位の金属囲いの中は安全です。
逃げる場所が無いときは、ヒザを曲げ両足のヒザを着け手でヒザを抱え込む姿勢をとる(分かりますでしょうか?)

参考にして頂ければと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
オートバイに乗っているときは危ないのですね。
私の主な移動手段なのですが雷雨の時は一刻も早く目的地に着けるように運転をやめることはありませんでした。一定の場所に居続けるより常に移動していたほうが落雷の可能性も低いと思っていたのかもしれませんね。
「ヒザを曲げ両足のヒザを着け手でヒザを抱え込む姿勢をとる」体育座りでしょうか。

お礼日時:2001/06/15 00:03

あまり詳しくないかもしれませんが(笑)知っている知識を書きます。

雷は静電気の強いものです。下敷きなどをこすると静電気が発生します。雲の水滴などが上昇気流などで激しく動くと、静電気が発生し雲の上側と下側でプラスとマイナスに帯電してしまいます。大きな電池が出来るようなものです。電圧も数百万ボルトになり、雲の中だけで放電が起これば落雷は無いですが雲の下側の電気が地面に放電することがあり、それで落雷になります。地面は本来プラスでもマイナスでもないのですが、上空の雲がマイナスの電荷が集まると、直下の地面にプラスの電荷が集まってきてしまいます。空気も強力な絶縁体(電気を通さない)なのですが電圧があまりにも大きいので、絶縁破壊が起こって通電してしまいます。
雲から落ちる場合と、地面から雲に駆け上がる場合もあります。
電気を通しにくい空気をとおって来るので、出来るだけ電気を通しやすく高さが高いものに落ちる性質があります。人間の体は電気を非常に通しやすいので、何もない平原(ゴルフ場等)では、人に落ちやすくなります。(金属であるゴルフクラブを持ち、金属のピンの付いている靴を履いているので更に落ちやすくなっています。)避難する場合、高い木のそばが良いですが、注意があります。あまり木に近づきすぎると、木に落ちた雷が更に枝などから人間に落ちることが良くあるそうです。だから、木の頂点に対し45度の角度の範囲内で、出来るだけ木からはなれ身を低くします。避雷小屋があれば、すぐに移動します。
電気は回りを金属で覆われたものの内側にはどんなに電圧を高くしても流れない性質がありますので、自動車内は安全と言えます。屋内にいればまず安心です。但し電化製品など近くの電柱に落雷した場合など、ブレーカーの働きが間に合わなくて直接電流が流れてしまい壊れる可能性はあるので、コンセントを抜いておけば比較的大丈夫だと思われます。但しTVなどはアンテナ線が接続されているのでもしかするとアンテナに直撃されたら壊れるかもしれません。
雷が実際何ボルトで何アンペアだったか忘れてしまいました。ごめんなさい。こんな知識でもお役にたてれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信どうもありがとうございます。
どうも金属を身につけていると危険という方と関係ないという方がいらっしゃいますが・・・。
念には念を入れてはずした方がいいのでしょうね。
屋内にいればまず安全というので雷雨の時はどこか建物の中に入ればいいのですね。

お礼日時:2001/06/14 23:53

落雷は、放電現象ですので、「木に落ちた」というのは、放電の先端が立ち木であった、というだけで、実質には、「地面」との放電です。

したがって、木より破壊に弱いコンクリートが砕けることになります。

昔、アメリカのフランクリンが凧をあげて雷の研究をした、という話がありますが、実はあとからできた話かもしれません。よい子のみんなは真似をしないようにしなくては。

とりあえず、避雷針の近くは安全です。
山登り中に、雷がなると「金属製のものを体からはなす」ということがいわれますが、これはまちがいです。人間の体自身が水分を含んだ導体(何十万ボルトのまえでは)なので、腕時計やベルトをはずすぐらいでは何の役にもたちません。体を低くすることが一番です。

自動車みたいに回りが金属で囲まれていれば、中にいる人は電撃は食らわないそうですが、自動車自身はいたむでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
避雷針が近くにあれば安全なのですね。
ところで避雷針とは名前を聞いたことはありますがいったいどんな形をしていてどういう所に設置されている物なのでしょうかね(新幹線の頭についているとさかの様な物は何かという三択クイズに避雷針という回答候補がありましたけど)。
「金属製のものを体からはなす」のはあまり意味がなかったのですか。
グラウンドで素振りをしていたとき突然の稲光にびっくりしてバットをぶん投げた私はただの間抜けだったのですね。

お礼日時:2001/06/14 07:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q落雷対策って本当に必要なの?

最近新聞などで落雷対策をしないとパソコンのデータが消えたり、故障の恐れがあるという内容を目にしますが、電気の専門教師が言うには落雷で実際にパソコンに被害を受ける人は何千人に一人という割合といっていましたが、実際のところどうなんでしょう。
落雷対策記事では決まって電気ショップの落雷対策グッズの宣伝もかねて掲載されているので、ただ単に商品買ってくださいというような意味合いも強いような気もするのですが・・・

Aベストアンサー

 何千人に一人でも、落雷によって機械が故障する可能性はあります。実際に壊れてからでは、買い直しなどの出費が大きいので、対策をしていれば安いものだと思います。
 また、以前こんな質問がありました↓。このときは電話でしたが、より雷に弱いパソコンはこのような対策をおすすめします。
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=953651

Q刀に雷が落ちるとどうなるのか!?

創作のための取材をしています。
「刀に雷が落ちるとどうなるのか」教えてください。

刀は材木に刺さっていて、雨が降っている、周囲に何人か人がいるという状況です。

主に刀自体が破損するのか、破損するとしたらどのように破損するのかが知りたいと思っています。

かなり滅多になさそうな状況ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

右に持って高くかざしていたとすれば、体を通り抜けて地面へと雷は逃げていくかも知れません。
但し、雷が体に入ったところと抜けたところには穴が開くでしょうし、刀の鍔(つば)に触れていれば刀の損傷は無いかも知れませんし、
触れていても浅ければ柄(つか)が割れるかも知れません。
何れにしても右手は相当な損傷を受けるでしょう。
運が良ければ助かりますし、普通持って居た人は即死でしようね。
刀の本体は金属で電気を流しやすいので破損しないと思います。
あっ、チョット真面目に答えてしまいました。
創作であれば多少のデフォルメは有りでしょう。(笑)

Q子供の落雷対策

ニュースで子供が落雷にあい、意識不明の重体になっているというのを見ました。
うちの子供も田んぼの真ん中をずっと帰ってくるので非常に怖いです。
落雷対策に何をしたらよいのでしょうか?

Aベストアンサー

実際にこれならば絶対安全、田んぼのあぜ道にはないと思います、何人の方が言われるとおりその場所を通らないのが一番、どうしてもと言うような場合はも、もし雨が降っていたらかさをささずびしょびしょにぬれることです、どなたか書いていましたが万が一落雷にあったとき、怪我・火傷は免れないと思いますがびしょびしょならば電気が体の中を通らず、体の表面を電気が流れてくれるので心臓をやられないで済むので死を免れられる可能性は確率として結構高くなると思えます、晴れている日などは帰り道を変更するしかないと思います。たいして良いアドバイスが出来ずすみません、ただ昔に東京電力の方が雨の日電柱に登って作業しているとき、万が一感電しても雨の日の方が良いんだ、合羽の表面を電気が流れてくれるので自分の体が感電しないんだと云っているのを思い出しました。

Q海に雷が落ちたら

 水は電気を通しやすいけれど、もし海に雷が落ちたら、海に住んでいる生物はどうなるんですか?
 地球の表面の7割が水であるならば、水面に雷が落ちる確率も、単純に7割だと思うのですが。


 もしかして、海に雷が落ちる事はありえないのですか?
 海に落ちないとしたら、池や湖にも落ちないのですか?


 よろしくご教授お願いいたします。

Aベストアンサー

電気は物体の表面を拡散する傾向があります。
ということで、海に落ちた雷は海面を拡散します。
asucaさんのおっしゃる「海面近くに居ない魚には影響がない」のはこのためです。

海の落雷と言えば、良く、ウインドサーフィンをやっている人に落ちます。
これは少しでも高い位置に落ちやすいからです。
つまり、水は出来るだけひくい方向へ流れていきます。
そして、湖や池の周りにはそれより高い位置に樹等がある可能性が高いわけです。
ですから、湖や池には落ちにくいかもしれません。
ですが、湖に出たボートはその周りでは一番高いところになるので、
比較的に落ちやすいことになります。

蛇足ですが、「水は電気を通しやすい」というのは一概には言えません。
海水は水を通しますが、純粋な水はかなり電気抵抗が大きくなります。
水の通電性は内部に溶けているものにかなり影響を受けるということです。

QデスクトップPCの落雷対策製品

以前、落雷で、ノートPCの内蔵LANが故障したことがあったので、デスクトップPC買換えにあたって、落雷対策をしたいのですが、どのような製品があり、どういうものが対策として有効なのか、わからないので、詳しい方に教えていただきたいと思っています。

具体的には、電源のコードとADSLのケーブルのそれぞれに対応するもの(セットになっているものでも、別々のものでも構いません)で、防御できる落雷のレベルが高いもの、防御できる回数の多いもの(または、防御できる回数が少なくても、防御機能が有効かどうかランプの点灯の有無などで確認できるもの)、などのうち、コストパフォーマンスの良いものです。少しわがままな要望ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/thunderguard/index.html

雷ガードは各社製品化してますが、完全に防止できるとは限りません。
無いよりはマシだけど。

基本的には、雷が鳴り出したら、コンセントや電話線等を抜いて、物理的に切り離す事です。
(スイッチでの切断は不十分。接点間を放電しますから。)

Q雷は本当に眼鏡やネックレスに落ちるの?

雷が眼鏡やネックレスに落ちたと新聞等で読んだことがあるのですが、
雷は本当に眼鏡やネックレスをめがけて落ちてくるのでしょうか。
眼鏡やネックレスのところに火傷のあとがあったなどとかいてありますが、本来は頭にうけた落雷が身につけている眼鏡やネックレスから放電することによって火傷をするのではないでしょうか。詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

「金属を身につけていると落ちやすい」も誤った俗説であり、落雷に遭う確率に差はない。
人体の電気が通るのは主に人体内部であり、表面に少量の金属があっても通りやすさに影響は無い。そもそも、物体の伝導性の違いは被雷する確率にまったく影響を与えない。前述の通り、高さのほうが重要である(ただし背の高低程度では大きな差異にはならない)。そのため、体から金属類をはずすことに気を払うのではなく、一刻も早く安全な場所に避難することが重要である。また、金属製品を身につけている場合は、落雷時に人体より電気の流れやすい金属周辺の皮膚に軽度のやけどは負うが、雷の電流の多くが金属に流れる分、人体を流れる電流が減り、むしろ生存確率は上がることもある。だそうです。
落雷の確率はその高さによるそうで、競技場など平坦な場所で
人が立っていれば、人体は電気を流しやすいので、落雷の確率はあがります。
参考URL読んでください。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%90%BD%E9%9B%B7

Q落雷対策で無線LAN対応のLAN・DISK を探しています。

落雷対策で無線LAN対応のLAN・DISK を探しています。
検索したところ、市販されているか!よくわかりません・・・
市販されているのでしょうか・・?
落雷でLAN・DISKが壊れて、データが消えたので、なるべきく有線は避けたいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

無線LAN対応のLAN・DISKにしても、落雷対策としては不充分です。

電線や電話線などの近くに雷が落ちると、電磁誘導により電線や電話線などに異常に高い電圧ないし電流が発生します。これを、サージ電圧、サージ電流といいます。サージ電圧、サージ電流は、電源ケーブル、アンテナ線、電話線、LANケーブル、から機器に流れます。

最も多い電源ケーブルに関しては、サージプロテクタの付きのOAタップで防止します。使用するのでしたら、高いサージ電圧や多量のサージ電流を阻止でき、サージプロテクタが破壊されていないかを確認できるパイロットランプが付いたOAタップが良いです。

Yazawa 雷バスタープラグ 60000Vタイプ STB60WH
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00242XTEQ/anilove-22/ref=nosim/

オーム電機 強力雷ガードタップ
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B007HU5HTU/anilove-22/ref=nosim/

電話線やLANケーブルやテレビアンテナに関しては、以下のような製品があります。

昭電 パソコン、ファクシミリ、多機能電話、TA、DSU用 SPD サンダーブロッカー
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00458DPQE/anilove-22/ref=nosim/

エーピーシー・ジャパン PROTECTNET ギガビットサージプロテクション
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000BKUSS8/anilove-22/ref=nosim/

日本アンテナ 雷ガードタップ付2分配器
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B004OBLZX2/anilove-22/ref=nosim/

ただし、上述のような製品を使用しても、その仕様値を超えるサージ電圧やサージ電流ですとサージプロテクタが破壊され、サージ電圧やサージ電流を完全には阻止できませんので、この場合はPCなどが破損することもあります。確実なのは、雷が鳴ったらコンセントやLANケーブルや電話線やアンテナ線を外すことです。

無線LAN対応のLAN・DISKにしても、落雷対策としては不充分です。

電線や電話線などの近くに雷が落ちると、電磁誘導により電線や電話線などに異常に高い電圧ないし電流が発生します。これを、サージ電圧、サージ電流といいます。サージ電圧、サージ電流は、電源ケーブル、アンテナ線、電話線、LANケーブル、から機器に流れます。

最も多い電源ケーブルに関しては、サージプロテクタの付きのOAタップで防止します。使用するのでしたら、高いサージ電圧や多量のサージ電流を阻止でき、サージプロテクタが破壊されて...続きを読む

Q雷が車に落ちない理由は?

よく「雷は車に落ちない」と聞きますが、それは何故でしょうか。具体的な理由があるのでしょうか。それとも現時点の科学分野では証明できていないのでしょうか。仮説でもよいので、雷が車に落ちない理由を発表している学者や研究者は存在するのでしょうか。存在すれば教えてください。複数の研究人物がいればできるだけ多く教えてください。

Aベストアンサー

どこでそんなことを聞いたのでしょうか?
雷はどこにでも落ちます。

雷とは、空気絶縁が破壊された放電現象です。
したがって、帯電した雷雲に最も近いところにあるもの、つまり高い所に落ちる確率が最も高いのです。
絶縁体であろうが良導体であろうが関係ありません。したがって、自動車にも落雷します。

ただし、車に落雷した場合は良導体である車体を経由して地面に流れるため、中にいる人間は保護されますので、このことを言っておられるのではないでしょうか。

Qゴルフ場での落雷対策について

先日ホームコースの委員会で出された中に最近落雷がよく発生しているので避難小屋の整備を行うという議論の中でカートに乗って要れば決して安全ということもないという発言があり、乗用車は安全だから、カートも安全だろうという意見とカートは電磁誘導式だから安全とは言えないという意見が出て結論が出ませんでした。私としてはセルフでのラウンドする方も4割ほどいますから、そのホールから近い避難小屋への案内標識を設置するよう要望したところです。
そこで、落雷に詳しい方、カートに乗っていれば安全なのか、どうなのか教えてください。タイヤ走行で電磁式自動走行のカートです。

Aベストアンサー

自動車が落雷にたいして極めて安全であるのは・・・・・・

表面が鉄で覆われていて・・タイヤが地球についているからです

タイヤは炭素が多く使われていていますので・・・電気が流れれます

すなわち雷は落ちれば、電位の低い方へ流れます
雷が車に落ちれば・・・・自然と地球に流れますので安全性は高いです


また、人体が鉄の壁で覆われていますので直接落ちる直雷は有りません
有り得るのは2次誘導です

車内に金属があると(ペンダント)なんかあると
2次誘導しますで・・・必ずしも安全ではありません

人間が金属に触れていると車内でも危ないです
必ず金属から離れていることが重要です

一方カートは表面が鉄では無いです
また囲われて居ますから、人間に直接雷が落ちる可能性もあります
また、カートの表面は強化プラチックですので・・・

カートに落ちると地面までの経路しては人体を通る可能性は極めて高いです

また、雷は高い所に落ちる確立が高いの
ヘヤウエイの真ん中にあれば格好の餌食になる可能性は高いです

http://www.bourai.co.jp/products/index.html#2
雷警報器『コロナーム』

こんなんと組み合わせて雷で事前避難を行う所もあります

http://www.madlabo.com/mad/edat/thunder/

また専門的なことは専門家に直接聞いて下さい

電力中央研究所、狛江研究所の雷放電グループ
や大学の雷研究、 雷専門の会社など

http://alltech.jp/
http://www.golf-gtpa.or.jp/xreport/10_03.php

自動車が落雷にたいして極めて安全であるのは・・・・・・

表面が鉄で覆われていて・・タイヤが地球についているからです

タイヤは炭素が多く使われていていますので・・・電気が流れれます

すなわち雷は落ちれば、電位の低い方へ流れます
雷が車に落ちれば・・・・自然と地球に流れますので安全性は高いです


また、人体が鉄の壁で覆われていますので直接落ちる直雷は有りません
有り得るのは2次誘導です

車内に金属があると(ペンダント)なんかあると
2次誘導しますで・・・必ずしも安全...続きを読む

Q夕立の初めと終わり

今日夕立に遭いました。
傘を持っていなかったので、雨宿りをしていて気になったのですが、夕立が始まって前半と後半では風の向きが逆になっていました。
これは、夕立の特有の現象なのでしょうか?それとも、夕立には直接関係のないものなのでしょうか?

もし、夕立に関係しているなら原理も教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

こんにちは。
それは「寒冷前線」と呼ばれる冷たい空気と温かい空気の境目の動き方によるのですが、風向きが変わる場合というのは、その境目(前線)に向けて両方から風が吹いてきており、冷たい空気に温かい空気の風が衝突してる事を意味します。
こういう場合、温かい空気は逃げ場がなくなり、激しく上に吹き上げて巨大な雲を作ります。
これが積乱雲ですが、こういう場合は積乱雲の発達が激しくなるので、激しい夕立ちとなります。

つまり夕立ち特有というわけではないのですが、そういう場合は激しい夕立ちが起こりやすいといえます。
今日は、静岡あたりでしたでしょうか、ものすごい大雨になって冠水したり、土砂崩れとか、激しい雷で家屋直撃のニュースが流れてましたね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報