これからの季節に親子でハイキング! >>

母が「不慮の外因死による窒息」で亡くなったのですが、
保険会社は『窒息』はあくまでも内的な要因であり、「急激かつ偶然であり、外来による・・」には該当しないと傷害保険の支払いを拒否しました。

新たに病院側が「外傷は見当たらないが『誤嚥による不慮の外因死』である」と所見を出してくれました。この書類が追加された事によって傷害保険の受け取りは可能でしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

2番さんの例は車にはねられた結果ですから


当然傷害保険の適応の範疇です。
これに 臭わないとうそをついてるかもしれない
と言う方が難癖をつけていますね。

さて 先の投稿で伺った事柄は 何がのどにつまったのかを
特定するためです。
午後3時の牛乳以降何も口にされてないなら 何がのどに
つまったのでしょう?ベットの周りで寝ながら何かを
食べていたのかな?と思ったからです。

もし仮に食べてる最中にのどにつまった状態で
(例えばお餅をですね) 亡くなってしまった場合
その保険が支払われるのかを保険会社に訊いてみましょう
自分の意思で食事しているわけですから 悪く言えば
本人の不注意です と支払われないかもしれません。
もう一度約款を隅から隅までお読みになる事です。

生命保険というなら 不慮の事故死ということに
なるでしょうが 傷害保険ですからね そうとう
限定された条件になってるはずです。
いくらの補償になってるのかはわかりませんが
裁判をおこして 利益があるかどうかも少々疑問です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々、ありがとうございます。
随分と保険に関してお詳しいのですね。

3時以降、何を口にしたのか、今のところは分かりません。
何が起きたのか、ビデオのように巻き戻せたらいいのですが・・。

約款も、もう一度読んでみます。
いろいろとご忠告、ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/24 15:32

友人が車にはねられ、頭部を打つ事により臭覚神経が切れて臭いを感じなくなりました。

保険会社は他覚症状なので(切れている事が証明出来ない、臭わないとウソを言っている可能性があるということらしい)それについて見舞金(保証)は出せないといいました。

何回も医者に診断書を書き直してもらってもダメで、知り合いの保険の外交員に相談すると、いったん支払いを拒否すると絶対に出さない、裁判すれば?といわれました。

結局それ専門の(得意の)弁護士に依頼するとあっという間に裁判が終わって何百万円かの支払いがありました。
弁護士も、市民相談の無料の弁護士は全然相手にしてくれなかったそうです。

保険会社相手に話していてもダメだと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
ご友人の方はお気の毒ですね。それにしても保険会社と云うところは・・・私も「それでは裁判所でお話を聞きましょう」と言われました。それが引き下がらせる手なのでしょうね。市民相談の弁護士はだめでしたか・・。望みを掛けていたのに・・。でもがんばってみます。ありがとうございました。

お礼日時:2004/06/21 16:40

この前も答えましたが 家人が居ない間にベットから


落ちて亡くなっていた 相談の方ですよね

お母様の足の具合はどうだったのですか?
ベットに寝たきり? 普通に台所に行き食事は
自由に取れた?
ベットの周りになにか食べた痕跡はあったのですか?
そうでないと 「誤嚥による不慮の外因死」
は証明できないでしょう。
やはり戻したものが気道に入ったと考える方が自然です
傷害というのは体の外から受ける怪我についての
保障と考えるのが普通でしょう。
健康な方でしたら誤嚥はむせてなんとかなります。
おそらく保険会社の対応は変わらないでしょうね。

この回答への補足

素早い御回答ありがとうございます。

ベッドに寝たきりではありませんでした。歩行もでき、なんでもよく食べておりました。12時にうどん、3時過ぎに牛乳を飲んだそうです。発見されたのは6時過ぎでした。この事はどういう関係があるのでしょうか?健康であったかどうか?という事でしょうか?

誤嚥は「急激且つ、偶然・・外来・・」に当てはまらないのでしょうか?外因性の誤嚥であると医者は言っていますが・・?保険会社はこの「外因性」というものをどう捉えているのでしょうか?

補足日時:2004/06/21 15:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不慮の外因死の窒息は傷害保険の適用はならないのですか?

母がベッドから落ちて、家族が不在の時に突然亡くなりました。「死体検案書」には直接死因が「窒息」で、死因の種類が「不慮の外因死の窒息」となっています。傷害保険の請求をしたところ、「急激かつ偶然な外来の事故によって身体に被った傷害」に該当せず、「脳疾患、疾病、心神喪失」によって生じた傷害と決めつけられ、保険は適用になりませんでした。高齢でしたが内臓は丈夫で「咽る」、「戻す」などの症状は今までほとんどありませんでした。「窒息して苦しんでベッドから落ちたのでしょう」と勝手に決めつけられ大変憤りを感じています。頬には傷もあり、本人にはかなりの衝撃だったのではないかと思います。しかしながら、保険会社はあくまでも直接死因が「窒息」である事を盾に「疾病」である、と支払いを拒否しています。そもそも「窒息死」という死因にも疑問を覚えます。蘇生措置をした時に内容物が出てきたらしいのですが、それで「窒息死」と決めつけるのでしょうか?致命的な外傷が認められなければ傷害保険は適用にならないのでしょうか?どなたか教えていただけませんか?

Aベストアンサー

家族が不在だったんですよね?
発見したとき 生きておられたのですか?
蘇生措置とありますが。

時系列はどうなってたのでしょう
もちろん不在だったので推測の域は出ないでしょうが。
偶然ベットから落ちただけなら 胃の内容物が
出てくることはないでしょう。
やはり戻した物が気管に入ってしまった
そして苦しくてもがいて ベットから転落と考えた方が
自然です。
戻した原因が疾病なのか 食あたりなのかは
わかりませんが ベットから転落したショックで
心臓麻痺をおこした というなら傷害保険も出たでしょうが
死因が窒息なら難しいでしょうね。

保険屋さんは入るときはニコニコしますが払う時は
しぶちんです これは肝に銘じておくことです。

Q不慮の事故って?

どなたか、不慮の事故を定義して下さい。
お医者さんと保険屋さんでは定義の仕方は異なりますか?

Aベストアンサー

生命保険の特約に災害死亡特約や傷害特約などがあります。災害死亡特約は「不慮の事故」または「感染症」を直接の原因として死亡・高度障害状態になったときに支払われます。
傷害特約は「不慮の事故」により身体障害状態に該当した場合に身体障害の等級により給付割合が定められています。
では、不慮の事故の定義ですが、事故の日からその日を含めて180日以内に死亡したり、身体障害状態に該当した場合のことをいいます。自動車事故は勿論のこと、電車の事故、飛行機事故など交通機関等による事故。火災、溺水、窒息、医薬品等による中毒などです。不慮の墜落(例えば、2階建てのお家のベランダで布団を干していたとき、誤ってベランダから転落した場合でも不慮の事故といえるでしょう。注‥飛び降り自殺などは不慮の事故に該当しません。)
感染症とは、コレラ、ペスト、O157などが対象です。
未確認ですが、新型肺炎SARSなども含まれるでしょう。

Q事故死亡と病気死亡で。

よろしくお願いします。うまく検索できないので新しい質問をします。

色々な生命保険商品が出回っていますが、
私の見るかぎり、死亡保障を充実させたいのに、

「病気で死亡」の場合と「事故(災害)死亡」の場合とで、保険金の額が違うのは何故ですか?

主人が37歳で子供が3歳で、今から保障が必要になってくると言うことで、見直しを考えていますが、よく分からないので戸惑っています。

一家の大黒柱がなくなるということは、たとえ事故でも病気でも、残された家族の生活に必要な金額と言うのは大変高額で変わりはない、と思うのですが。

あ、これいいかな、と色々チラシなど見ていても、事故死亡「2000万」病気死亡「500万」などですが・・。

どうしてでしょう?教えていただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

勿論、確率の違いというところは非常に大きいですが、保険金は「死亡」の場合だけに支払われる訳ではなく「高度障害」という場合もある訳です。

単純な「死亡」よりも「高度障害」で生きる方が、当然の事ながら大きな費用が発生します。

例えば下半身不随で車イスの状態になった時、家の改築なども必要になるでしょう。

で、この高度障害になる可能性は「事故」の方が可能性は高くなる訳です。最近の車は「死ねない」なんて物騒な言い方しますが、「即死」の件数が減って、「高度障害」の件数は増えていたりします。

確かに「災害(事故)死亡・高度保険金」は「(疾病)死亡・高度障害保険金」にプラスαだったりしますが、重要な役割があるとも言えますよね。

Q肺炎の急変について

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。

転院の前日に38度強の熱が出ましたが主治医は転院は問題ないとのこでしたが転院当日先方の病院へ経過を連絡し確認したところ経過観察のため転院を延期し検査を依頼されました。(当日は熱は下がっていました)

その依頼により、胸部レントゲン血液検査が行われました、結果炎症反応9とかなり高状態で1週間程度の経過観察と言われました。

その翌日の朝、病院から態急変したとの連絡で駆けつけたところ父は酸素マスクをつけ呼吸も浅く非常に苦しそうにしておりました、意識はない状態で、一時的に心停止に近い状態であったと伝えられました。

その後医師より、レントゲンを見せられ昨日の朝のレントゲンでは肺炎の大きな広がりはなかったが、今朝のものは胸いっぱいに肺炎が広がっており非常に厳しい状態ですと言われ、現実に翌日の夕方に息をひきとりました。

そこで、ご意見をお願いします
1.誤嚥性肺炎だろうと言われました、肺炎は僅か半日足らずで死にいたるほど急激に症状が進むものですか?

2.転院の2日前に(亡くなる3日)に付き添っていたとき息が苦しそうで肩で息をし、手足が先日までとは違いすごく冷たくなっていました、これは肺炎の兆候として治療に反映はできなっかたのしょうか?

3.入院中37度強の熱が1日をとうして出たり出なかたりしていましたが。これは肺炎を起こしているサインとして予防的な治療の目安にはならなかったのでしょうか?

高齢での肺炎は非常に厳しいものとは分かっているつもりですが、なにかもやもやしたものが拭い去れずこの場をかりて質問をさせて頂きました、出来れば医療関係者のかたの率直な意見を頂ければと思います

宜しくお願いします。

先日父(76歳)が誤嚥性肺炎で亡くなりました、その病状の進み方についてご意見を頂きたく質問を致しますので宜しくお願いします。

父の病状の経過
今年の初めに脳梗塞で入院(10日間で退院、運動障害はないが、服を切れない文字が読めない等の高次機能障害かあり)

退院10日後脳出血で再入院(失語、嚥下障害、自発的な行動はなくなりましたが、運動障害はなく歩ける状態でした)

入院中は点滴、鼻からチューブによる栄養補給で治療を継続し約40日後にリハビリのため専門の病院に転院がきまりました。
...続きを読む

Aベストアンサー

1、まず誤嚥性肺炎、特に高齢者の場合は予後が悪く、急激に換気障害に陥り、あっという間に死亡してしまうことは確かにあります。うっかり喉にものが入っただけのように感じるかもしれませんが、極めて重病なのです。ましてや、脳梗塞などがあり、異物を排除できない上に高齢という極めて状態がよくない場合はなおさらです。
2,3、高齢の場合は肺炎の兆候は出にくく、発熱も殆どない場合も少なくありません。手が冷たかっただけではサインとしては目安にはならなかったと思います。看護師が定期的に体温を測っているはずで、急激な低下や上昇があれば通常は主治医に報告がいきます。このあたりは主治医に詳しく再度説明して頂いてください。その方が納得いくと思います。

Q保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?

保険金請求から支払われるまでの期間、どのくらいかかりましたか?
先日、4日間だけ入院したので加入していた生命保険2社(生協と住友生命)に請求を出しました。
保険金請求が初めてで、お金が振り込まれるまでにどれくらいの期間を要するのか見当もつきません。
保険会社によって違うのはもちろんですし、請求内容でも変わってくるのも当然だと思います。
あくまでも参考までに様々なケースを知りたいと思い質問させていただきました。

今までに保険金請求をした事がある方。
請求書類の送付から保険金の入金まで、どのくらいかかったか教えて下さい。

宜しくお願い致します。

生活費に費やしたいので入金を心待ちにしています…

Aベストアンサー

医療保険なら5営業日です。
保険担当者と話をし、また保険支払いの方とも確認してますので。
それ決まっているらしいですわ。

ただ、内部事情で5日で処理できない時は、遅延金利を払うみたいです。
(って感じで受け取ってます)

損保はダメですね。交通事故は長いことかかりますね。
ホント・・・ふざけるな!って感じですわ。

Q複数の保険会社に加入してても一社からしか出ないの?

健康保険、損害保険、生命保険、いろいろありますが、
例えば、健康保険で、複数の保険会社に加入したとします。
保障内容も同じであるとすると、
保険が適用できる場合、加入している保険会社全部から
保険金が支給されるのでしょうか?

それともある保険会社から支給された場合、
他の保険会社は支給してくれないのでしょうか?

Aベストアンサー

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支払いますから損害保険型です。

生命保険会社や、損害保険会社の医療保険、これは、1日あたり、契約額を支払いますという内容ですから、入院費がいくらかかるとか、差額ベッド代が実際はいくらかかったかに関係なく支払われる生命保険型です。
自動車保険の搭乗者傷害保険は、これも入院あたり1日1万円とか、決められた額を払いますので生命保険型です。

これからが本論ですが、
損害保険型の保険は、複数の保険会社に保険をつけていても、損害額の上限で打ち切りです。
支払は、契約が一番先の会社とか、複数の会社で按分とか、これは、それぞれの約款に書いてあります。

生命保険型は、複数の会社にかけていても、それぞれ、重複しても支払われます。


但し、ここからも重要なのですが、保険金詐欺や、保険金殺人などの犯罪を防ぐために、保険は、同じような種類の保険に入ろうとするときは、保険会社にその内容を告げなければなりません。これを告知義務あるいは、先に入っている保険会社に対しては、通知義務というのがあります。

これに違反して黙っていると、どちらの保険も解除されて、事故が起きても、どの保険会社からも支払われないということがあり得ます。

だから、同じような中味の保険に入る際には、必ず申告しましょう。高いお金を払って、一銭も出ないということを防ぐために。

保険には、実損害を填補する損害保険型と、実損害には関係のない支払をする生命保険型とがあります。

損害保険会社が出している保険が損害保険型では必ずしもありませんし、生命保険会社が出している保険は、ほとんどすべてが生命保険型です。

少しややこしいのですが、例を挙げると、

健康保険(国保も健保も同じです)は、治療費の実額を補填しますので損害保険型です。
自動車保険の中の車両保険とか対人賠償責任保険、これは、あなたの車の修理代金や、被害を受けられた方との示談額という実額を支...続きを読む

Qのどに物を詰まらせると窒息するの?

のどに物を詰まらせると苦しいのは分かりますが、これは、窒息しているのでしょうか?
と言いますのも、のどに物を詰まらせても、息はできるからです。
わざとのどにご飯を詰まらせて実験してみたところ、とても苦しくなるのですが、息はできました。

これはなぜなのか?
詰まったものが、のどを圧迫して、頭へ上るもしくは、頭から下るのどの血管をふさいでしまっているからで、これにより血管がふさがれて、血が脳にいかないことによる酸欠での窒息と考えたのですが、本当はどうなのでしょうか?
少なくとも、のどに物が詰まって息ができない、ということはおかしいように思うのです。

Aベストアンサー

のどにものが詰まったときの「苦しさ」=「息が出来ない」ではありません。
「のど」と言っても、部分として「咽頭」「食道」「気管」とあります。
「咽頭」とは食道と気管が別れる前の部分で、扁桃腺とかの周辺です。ここにものが詰まると「おえっ」となってはき出したくなる「嘔吐反射」がおきます。
「食道」は普通食べ物が通るところですので、ものが入っても苦しさを感じる事はありません。詰まると「つっかえた感じ」はしますが、当然息はできますし、窒息する事はありません。
「気管」とは声門から下の部分で、非常に敏感です。一滴の水が入ってもひどく咳込みます。非常に苦しいです。これは気管内に異物が入らないようにする「咳そう反射」というものです。もしも気管内に空気が通らないほどのものが詰まると、咳をしようにも息が吸い込めないために自力でははき出せずに窒息してしまうことがあります。

ご質問者様が仰る「のどにご飯を詰まらせて」というとき、「息が出来」ていたのなら、それは窒息による苦しみではありません。窒息とは息が出来ない事だからです。では何が苦しかったのでしょうか?
恐らくは嘔吐反射や咳そう反射による苦しみであったと考えられます。のどを強く押さえても息は出来ますが、苦しいですよね。あれも同じ原理です。
息が出来ているのなら、窒息して死ぬ事はありませんし、窒息の苦しみを味わう事もありません。

あとは「のどに物が詰まって息ができない、ということはおかしいように思う」ですが、肺に空気を送り込む部分は気管しかありません。気管がふさがれば当然息は出来なくなります。ですから、ものによっては「のどに詰まって息が出来なくなる」事は充分にあり得ます。

ですから、「のどにものが詰まった苦しみ」というのは上記のように様々な「苦しさ」が絡みますので、確かに「息が出来ない苦しみ」と一様に捉える事はできないかも知れません。しかし、息が出来なくなると苦しいのは事実です。水中に長い事潜っていると苦しくなるでしょう。あれが純粋に息が出来ない事による苦しさです。機序的には血中の二酸化炭素濃度が高くなると「息苦しさ」を感じるようになってます。余談ですが、酸素濃度が低下する事では息苦しさは感じません。血中の酸素濃度がある程度低くなると、意識を失います。そのまま息が出来ないと死んでしまいます。

あと、「血管がふさがれて、血が脳にいかないことによる酸欠での窒息と」お考えのようですが、のどを詰まらせても血管はふさがりませんので、この考え方は違っています。外から首を絞めると場合によっては動脈が締め付けられて御記載のような状態になる事はあります。柔道の絞め技は気管を締めて苦しめるのではなく、動脈を締めて脳を虚血状態に陥れ、意識をなくさせるので、これに当たります。

のどにものが詰まったときの「苦しさ」=「息が出来ない」ではありません。
「のど」と言っても、部分として「咽頭」「食道」「気管」とあります。
「咽頭」とは食道と気管が別れる前の部分で、扁桃腺とかの周辺です。ここにものが詰まると「おえっ」となってはき出したくなる「嘔吐反射」がおきます。
「食道」は普通食べ物が通るところですので、ものが入っても苦しさを感じる事はありません。詰まると「つっかえた感じ」はしますが、当然息はできますし、窒息する事はありません。
「気管」とは声門から下...続きを読む

Q人口呼吸器による延命

脳出血で倒れた母は現在まで6ヶ月間植物人間状態(ADL最低レベル)です。
一般病棟のある療養型(医療型)病院に入院していますが、「人口呼吸器装着の有無」の確認を求められています。
この問題になると父、兄弟たちは避けてしまい困っています。
一度「人口呼吸器はつけない」とし医師に話ましたが、父、兄弟が「人口呼吸器をつけてでも延命してほしい」と」言い出しました。
病院からは人工呼吸器をつけないことを勧められています。
医師や看護師と話すと「治らないしもともと認知症、要介護5状態、今は意識レベル最低なのでこのまま生きていても」と思っているのが伝わってきます。そこを割り切れない家族の気持ちです。
人工呼吸器をつけると医療費も膨大になると聞きました。また何年も生き延びることもあり、はずせないことも事実です。
先日の終末期医療のガイドラインでも明確な定義はなされなかったように思います。
ご経験の方教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

つらい選択を迫られていらっしゃいますね。私は父方母方両方の祖母をそれぞれ十年以上まえに五年程度の差で見送りましたが、両方が極端な違いでした。
先になくなった母方の祖母はたぶん二度目になる脳梗塞発作で自宅で倒れ、救急搬送された病院で、意識レベル最低値、90%の脳死状態で延命措置と呼吸器をつけても二度と動くことも会話をすることもできないと言われました。母と叔父叔母が離れて住んでいた祖父と相談し、その場で延命治療を受けないことを決めましたので、嫌いだと言っていた病院に入ることもなく、大学病院の救急外来でそのまま息を引き取りました。
父方の祖母は大きな病気もせずにいて少しずつ食欲が衰え、認知症に近い症状がでたりでなかったりを繰り返していましたが、熱をだして入院し、こちらのコンセンサスがないまま、呼吸発作を起こしたときに医師の判断で人工呼吸器が取り付けられました。はずせませんと言われました。
普通に寝ているなら、やつれは見えても意識はなくても祖母のままです。でも人工呼吸器のチューブを口に(これは点滴や栄養のチューブと違って太いです)つっこまれ、はずれないように白いテープでうさこちゃんんの口のようにバッテンにとめられてしまった姿は、おしゃれで身だしなみのよかった祖母ではありませんでした。お見舞いに行ってもすぐ横に置かれた機械がずっとプシュッ・スー・プシュッ・スーと無機質な音を立てていました。
はっきり申し上げて人間的な姿ではありません。呼吸の苦しい方がつける酸素マスクのようなものでもないです。
もし病院であれば個室のドアがあいている廊下を歩くと、呼吸器が取り付けられ、一人きりで寝ている状態のお年寄りの姿をかいま見ることがあると思います。最初はただ意識を無くして眠っているように見えた祖母を見舞いにきてくれる親族がうれしかったですが、徐々にやせ衰え、体が赤ちゃんのように縮かんでいく様子を見せたくなくて、最後の二年ほどは完全にお見舞い謝絶にしていました。
お母様の年齢にもよるとは思います。明治から大正初期に生まれた方は、体力もあり心臓が強いので、終わりはなかなかきません。また比較的若くして脳疾患で倒れられた方も、内臓が元気で決められた延命のための栄養素が与えられ続ける(これは呼吸が続く以上、年齢と体重に合わせて必須で投与されませ)ため、最初は肌の色つやもよくなり、きれいにさえ見えますが、その時期が過ぎて、体が栄養点滴を受け取れなくなった時の衰えは思い出すのもつらいです。

ごめんなさい、自分の経験だけを書くつもりでしたが、もしかするとあまりにも露骨な表現が多いかもしれません。ですが、母方の祖母はすぐに元気だった頃の顔を思い浮かべられますが、呼吸器をつけられてしまった父方祖母は亡くなってずいぶんの時が過ぎる今でも、病室のあの姿を打ち消すことができません。ご家族とよく相談してください。
つけたら外せません。経験から言って心臓が健全なら二年以上つけっぱなしで眠りっぱなしです。マスクではなくテープで取り付けられる機械です。音がするので大部屋ではなく個室か準個室が必要です。なにより、お母様がもし、意見を言える立場だったらなんて思うかな?と考えてください。

実家の両親は両方を看取った経験から尊厳死協会に登録しました。一切の延命を拒否できるものです。私もそのうちやるつもりでいます。医師や看護師が他人のことだから「どうせ無駄」と言っているように聞こえてしまうかもしれませんが、彼らはどんな状態になるかを嫌というほど見てきています。お母様の傍らで問いかけてあげてください。
心配も多いと思いますが、どうぞご家族がお体をこわしませんように。

つらい選択を迫られていらっしゃいますね。私は父方母方両方の祖母をそれぞれ十年以上まえに五年程度の差で見送りましたが、両方が極端な違いでした。
先になくなった母方の祖母はたぶん二度目になる脳梗塞発作で自宅で倒れ、救急搬送された病院で、意識レベル最低値、90%の脳死状態で延命措置と呼吸器をつけても二度と動くことも会話をすることもできないと言われました。母と叔父叔母が離れて住んでいた祖父と相談し、その場で延命治療を受けないことを決めましたので、嫌いだと言っていた病院に入ることも...続きを読む

Q簡保の養老保険 特約還付金について

郵便局で亡くなった父のかけていた2つの養老保険の入院部分の
請求をしてきました。

先月初めから郵便局に振り回されっぱなしで大変です・・・。(それは置いといて)

死亡保険の請求をしたときに、入院の請求の時には相続人代表を決めて、
それ以外の人は署名と印鑑証明を取るといわれ、一つの証書に一枚づつ請求の用紙が必要と聞いていたので、遠方の兄弟もいるので余分に一枚
多く、兄弟たちにも書いてもらって3枚用意しました。

そして、いざ郵便局に行くと、一枚の証書に2枚必要なので全部で4
枚いりまといわれました!!
(入院の支払と特約還付金があるかもしれない・・・)と

死亡保険の支払のときもあれこれとみんな違うこと言うし、
用意した書類じゃ足りないと言われ、せっかく仕事が休みで請求しに行ったのに無駄になったりと・・・。

今回もとりあえず3枚分(入院給付金分の書類2枚 還付均分1まい)
だけ出してきました。後日もう一つの保険にも還付金があるようだったら
改めて兄弟に署名してもらい、印鑑証明も新たに提出しなくてはいけないそうです。
それがわかるのも2週間以上かかると!!
それに、大体いくらくらい還付金はおりるんですか?と
聞いたところ、特約部分はほとんど掛け捨てですから、と、
えらそうな人に言われました。
そんなもんなんでしょうか。
一つの保険は200万の養老保険、約13年払い、先日死亡保険部分の200万はもらいました。
掛け金は約7500円くらいだったそうです。(死亡時60歳)
この程度の説明ではわかりませんかね・・・(汗

郵便局の人に保険の内容のことや、父の通帳のお金のおろし方などを聞いても
それはサービスセンターのほうでないとわからない、と
何を聞いてもサービスセンターばかりです。
そんなに郵便局はすべてをサービスセンター任せなんでしょうか???

ちなみに、以前保険証書をみたことがあったんですが、
特約部分の計算て全然一般人から見てわかりませんよね?
特約部分や入院給付金、どうやって計算したら出たんでしょうか。
保険金を受け取るときにも本当にその金額であっているのか
不安です。
もう一度証書をこちらに見せて細かく説明してくれといったら
してくれるんでしょうか。
それはムリですと言われたら、言われるがまま受け取るしかなくなってしまい、
納得ができないと思うんです。

今まで受け取られた方教えてください。
よろしくお願いします。

郵便局で亡くなった父のかけていた2つの養老保険の入院部分の
請求をしてきました。

先月初めから郵便局に振り回されっぱなしで大変です・・・。(それは置いといて)

死亡保険の請求をしたときに、入院の請求の時には相続人代表を決めて、
それ以外の人は署名と印鑑証明を取るといわれ、一つの証書に一枚づつ請求の用紙が必要と聞いていたので、遠方の兄弟もいるので余分に一枚
多く、兄弟たちにも書いてもらって3枚用意しました。

そして、いざ郵便局に行くと、一枚の証書に2枚必要なので全部で...続きを読む

Aベストアンサー

受け取ったことはありませんが、まあ誰も回答してないので、、

最近は郵便局にいくと以前に比べて必要以上に丁寧語になってたりして、思わず背中が痒くなったりしますが、これが民営化効果なんですかね?
といっても、内情は分割したことからの混乱もあるようで
質問者さんの苦労もそんなことが原因なんでしょうかね。
で郵便局とか、かんぽ生命の対応についてはサービス窓口に言ってもらうとして、

特約還付金です。
読んで字の如く死亡したら特約が自動解除で戻ってくるお金です。(どこが如くかは聞かないで下さい)
これは質問では疾病給付特約が対象でしょうか。

これは疾病給付特約のしくみを理解しないと解りませんが、
簡単に言ってしまうとこの特約は早いうちに途中で解約すると多額の解約還付金が戻る仕組みになっていますが、解約以前に入院給付金などが支払われていると支払われた入院給付金額が特約保険金総額から引かれてその影響を受けるのが特約還付金です。

んー、意味不明ですかね。

証書があれば特約保険金額の内、特約還付金の推移が書いてあるのですが、証書がなければわかりませんよね。
但し、支払い書には説明文が載ってきますからなんとなくは解るんじゃないですかね?それから質問されてた方が理解できるかも。

例えば特約保険金が200万円、特約還付金が100万円、入院給付額が100万円
以内なら、特約還付金は100万円丸々支払われます。入院給付額が120万円だったりすると、特約還付金は80万円になります。
特約保険金は保険期間中変わりませんが、特約還付金は年々減っていく仕組みになっています。常に200万円受け取れるという保険ではないですし、
メリットはお得だったと言うことなんですが、、

んー、意味不明ですかね。
これ以上説明すると悪口ばかりになりそうなので、止めときます。

受け取ったことはありませんが、まあ誰も回答してないので、、

最近は郵便局にいくと以前に比べて必要以上に丁寧語になってたりして、思わず背中が痒くなったりしますが、これが民営化効果なんですかね?
といっても、内情は分割したことからの混乱もあるようで
質問者さんの苦労もそんなことが原因なんでしょうかね。
で郵便局とか、かんぽ生命の対応についてはサービス窓口に言ってもらうとして、

特約還付金です。
読んで字の如く死亡したら特約が自動解除で戻ってくるお金です。(どこが如くかは聞か...続きを読む

Q脳死に近い状態での生存期間について教えてください

80歳の父についてこの後どのくらいの生存が可能なのか教えて下さい。
1/14の食事中にパンをつまらせ窒息。
救急隊の方が救急車の中で詰まらせていたものを取り除いてくださいましたが、受け入れ病院到着までの20分強の間は心肺停止状態でした。
病院到着後心臓が動き出し、人工呼吸器装着。意識は全くなく、その後脳低体温療法をしましたが、脳の活動は全く見られないそうです。
入院して1週間後、気管切開を勧められましたが意識が戻る見込みもない体に傷をつけたくないという希望を伝えお断りしました。
1/26担当医に強心剤などの薬は止めて欲しいとお願いし、高カロリー輸液のみとしてもらいました。

現在は心臓は正常。自発呼吸はほんのわずかですが、時々あり。この1週間はすっかり安定した状態になっています。

父が倒れて今までは無我夢中で毎日病院に通っておりましたが、これから一体どのくらいの期間このままの状態が続くのか、もしかしたらまだまだ数ヶ月から一年以上続くという可能性もあるのか・・・知りたいです。

今まではあと数日だと思っていましたので病院に長時間付き添っていましたが、先がまだまだ長いという可能性があるのなら、ここで病院中心の生活を改めなくてはと思い始めました。
主人はじめ子どもたちにも負担をかけていますので。

父は糖尿病ですが、重篤ではありませんでした。他には特別な病気もなく年の割には元気な方だったと思います。このような場合どのくらいの幅で生存期間を考えておいたほうがいいのか、アドバイスが頂きたいです。
「経験上このくらいの感じかな・・・」そのようなお答えで構いません。
担当医にお尋ねしても「分かりません」というお返事しか返って来ません。
どうぞよろしくお願いします。

80歳の父についてこの後どのくらいの生存が可能なのか教えて下さい。
1/14の食事中にパンをつまらせ窒息。
救急隊の方が救急車の中で詰まらせていたものを取り除いてくださいましたが、受け入れ病院到着までの20分強の間は心肺停止状態でした。
病院到着後心臓が動き出し、人工呼吸器装着。意識は全くなく、その後脳低体温療法をしましたが、脳の活動は全く見られないそうです。
入院して1週間後、気管切開を勧められましたが意識が戻る見込みもない体に傷をつけたくないという希望を伝えお断りしました。
1/26担...続きを読む

Aベストアンサー

その方次第、としか言えません。
数日、いや数時間で急変して亡くなる方もいれば
長期間、意識のない状態でずっと寝ている方もいます。
輸液だけなので体力も落ちますし、肺炎などを併発する可能性もあります。

私の友人のお父さんは「もうだめだ」って何回も言われながら
半年入院してましたね。
別の方は入院した二日後に亡くなりました。

ずっと付きっきりでいるのは家族もあなたも大変なので
長時間一緒にいる必要はないですが

一応、短時間でも出来るだけ毎日顔を見せてあげて、
急変した時にはすぐに駆けつけられるようにしておくこと、
いずれ来る最期のときに向けて覚悟をしておくこと、
お父様の兄弟、親戚、子どもたち等にも十分話しをしておく必要があるでしょう。


人気Q&Aランキング