「交通指導取締り等の適正化と合理化の推進」(昭和42年8月1日付警察庁乙交発第7号)という通達の中で,「危険性の少ない軽微な違反に対しては、警告による指導を積極的に行うこととし、ことさら身を隠して取締りを行ったり、予防または制止すべきにもかかわらず、これを黙認してのち検挙したりすることのないよう留意すること」とありますが、この通達は廃棄になってしまい、活きていないのですか

A 回答 (1件)

通達に法的罰則はありません。



つまり努力目標です。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング