仕事を頑張る人のおしりトラブル対策

使っていない外灯がありますが、相当古いため漏電などの心配があります。
そこで外灯への配線(直結)を途中で断線したいと考えています。

電気工事士の資格が必要となる工事ですが、自己責任において自分で実施したいです。
その場合、次の手順でよろしいでしょうか?
なお、今回の処置は仮のもので、半年後に予定するリフォーム工事において電線自体を電気屋さんに撤去してもらう予定です。

(1)ブレーカーを切断
(2)通電していないかテスターで確認
(3)電線を切断
(4)+・ーのそれぞれをビニールテープで被覆し、絶縁

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

その手順で問題ありません。


ただ、今電気がきているかテスターが正常に動くかの確認を始めにするとより良いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
週末、次の手順で作業を行いました。
(1) テスターで通電状態を確認
(2) ブレーカー切断
(3) ゴム手袋・ゴム長靴装着(念のため)
(4) テスターで通電していないことを確認(念のため)
(5) ホット・アースを個々に切断し、ビニールテープで被覆
(6) ブレーカー復帰

第2種の電気工事士の資格を取っておきたいと思います。

お礼日時:2015/08/24 14:30

漏電してるかどうかなんてわかりません


漏電の検査ではないですね。
ブレーカー切った、電気はきていないはずの再確認ですね、もしも別回路のブレーカーだったりしたら・・。
私なんか、ブレーカー切っただけで、やってしまいそうですね。
こんな簡単な知識もないのですから
知識かどうか知りませんが素人らしく、念が入っていますね。
基本的にはNO2までの方の通りかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
週末、次の手順で作業を行いました。
(1) テスターで通電状態を確認
(2) ブレーカー切断
(3) ゴム手袋・ゴム長靴装着(念のため)
(4) テスターで通電していないことを確認(念のため)
(5) ホット・アースを個々に切断し、ビニールテープで被覆
(6) ブレーカー復帰
(7) 外灯撤去(予定)

第2種の電気工事士の資格を取っておきたいと思います。

お礼日時:2015/08/24 14:33

(1)ブレーカーを切断


(2)通電していないかテスターで確認

電気が流れていないので、漏電してるかどうかなんてわかりません、調べられません

こんな簡単な知識もないのですから、あなたには無理です

家を燃やしてからでは遅いので、業者に頼みましょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
週末、次の手順で作業を行いました。
(1) テスターで通電状態を確認
(2) ブレーカー切断
(3) ゴム手袋・ゴム長靴装着(念のため)
(4) テスターで通電していないことを確認(念のため)
(5) ホット・アースを個々に切断し、ビニールテープで被覆
(6) ブレーカー復帰
(7) 外灯撤去(予定)

第2種の電気工事士の資格を取っておきたいと思います。

お礼日時:2015/08/24 14:32

早くリフォーム業者と契約して漏電が気になるなら先に撤去工事だけしてもらうべきです。


>自己責任において自分で実施したいです
→この辺が大きな勘違いで隣家への延焼の責任とか考えたら大した金額にはならないものを電気工事屋さんに支払うのを惜しむようには考えないハズです。
DIYが好きなら二種電気工事士くらいなら比較的簡単に取得できますよ。

逆にいうと半年後にリフォームするなら放置しておいてください。

外灯までの配線がCD管などで地中を走っているのか空中を張ったものなのかで違います、極力ブレイカーに近い部分で切ってメガーなどで計測すればベターですがお勧めは素人は触らず放置する事。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
外灯までは空中配線になります。
週末、次の手順で作業を行いました。
(1) テスターで通電状態を確認
(2) ブレーカー切断
(3) ゴム手袋・ゴム長靴装着(念のため)
(4) テスターで通電していないことを確認(念のため)
(5) ホット・アースを個々に切断し、ビニールテープで被覆
(6) ブレーカー復帰

第2種の電気工事士の資格を取っておきたいと思います。

お礼日時:2015/08/24 14:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電気配線を切りたいのですが、絶縁は必要でしょうか?

電気工事に関しては全くの素人です。

建物の改装工事をした際、一部照明の配線がむき出しになってしまいました。
その照明は古くて今は使わなくなっていたので、配線を切ってしまいたいのですが、電気屋さんに聞くと数万円かかると言われました。

ただ線を切るだけなので、一応ブレーカーを落として自分でやりたいと思っています。
絶縁工具やグローブ等はありませんが危険でしょうか?
買えば高いですし、普段使うものではないので、何か代用できるものがあれば教えていただきたいと思います。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

電源を切り離せばよいだけなので、数万円はかかりません。
かかるとしたら、天井裏の配線を撤去するときくらいです。
不要なら電源の不要配線箇所の、送り部分で切り離せばよいだけです。
配線そのものは少し目障りですが、電気工事屋さんで確認しましょう。

壁等湿気のない箇所なら、絶縁テープで処理可能ですが
湿気のある場所で切り離すときは、エフコテープで処理しないと
のちのちテープの隙間等に湿気が入り、絶縁不良になる可能性があります。

Qテスターで断線を調べる方法教えてください

テスターで断線を調べる方法教えてください

Aベストアンサー

アナログ式テスターの場合
1)レンジ切替ツマミを「抵抗値測定」に切り替えます。
2)テスター棒の赤棒の先(金属)と白棒を先(金属)を接触させます。
3)指針が0Ω付近に振れます。
4)指針が0Ωの位置になるように零調用ツマミを回わします。
5)断線を調べる箇所の一つにテスター棒の赤棒の先を接触させます。
6)断線を調べるもう一方の箇所にテスター棒の白棒の先を接触させます。
7)指針が0Ωまたは0Ω付近に振れます。
 この場合は、断線していないことを示します。
8)指針が何も振れない場合は、断線していることを示します。

(注1)測定する配線・回路などの電源を切る必要があります。
  電源が入っていますと火花が飛び、テスターが故障する可能性があり
  ます。。
(注2)測定の際にテスター棒の赤棒の先(金属)と白棒の先(金属)には
  指で触れないように注意します。

デジタル式テスターの場合
上記とは多少異なる表現になります。
使用する予定のテスターのメーカー名、形式(品番・型番)、デジタル方式
かアナログ方式かの区別を補足して貼り付けてください。
これにより回答が付け易いと思います。

なお、取扱説明書が付属されていますので、良く読むことをお勧めします。

アナログ式テスターの場合
1)レンジ切替ツマミを「抵抗値測定」に切り替えます。
2)テスター棒の赤棒の先(金属)と白棒を先(金属)を接触させます。
3)指針が0Ω付近に振れます。
4)指針が0Ωの位置になるように零調用ツマミを回わします。
5)断線を調べる箇所の一つにテスター棒の赤棒の先を接触させます。
6)断線を調べるもう一方の箇所にテスター棒の白棒の先を接触させます。
7)指針が0Ωまたは0Ω付近に振れます。
 この場合は、断線していないことを示します。
8)指針が何も振れない場合は、断線していることを示...続きを読む

Q照明用の配線(黒と白)の切断方法を教えて下さい

中古住宅を購入し、前のオーナーが取り付けていた照明(天井の蛍光灯)から新しいもの(シーリングライト)に替えようとはずしてみると、グレーの太い配線(中に2本、黒と白のチューブに入った太めの銅線)が出てきました。新しい照明にはそのグレーの配線が長すぎるので、家にあった小型のニッパーで切断しようと思ったのですが、銅線が硬くて歯が立ちません。おまけに素手で作業していたらスイッチを切っているのにビリビリしびれました。どなたか良い方法をご存知の方がいらっしゃいましたらぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

皆さんがご指摘のように屋内配線を行う為には電気工事士の資格が必要です。

>新しい照明にはそのグレーの配線が長すぎるので、家にあった小型のニッパーで切断しようと思ったのですが、銅線が硬くて歯が立ちません。

長すぎても内部に戻してしまえば良いはずですが、どうしても切断したいのであれば大き目のニッパーで切断できると思います。


>素手で作業していたらスイッチを切っているのにビリビリしびれました。

一般的に照明器具のスイッチは1回路で、活線側 (ビリビリする方) を入り切りするようになっているのでスイッチを切ってあればビリビリとしびれる事はないと思いますが、誤配線 (活線でない側にスイッチを入れている) の可能性なども考えられますので、
スイッチの元にあるブレーカーを切っておけばビリビリはしないはずです。

Q漏電と断線について

電気の基礎について勉強している者です。
断線と漏電について教えてください。

私の認識では、
断線は添付図(1)のようにある電路でケーブルが切れていて、電流が流れていないということで
漏電は添付図(2)のようにある電路でケーブルから漏れている(アースに落ちている)ため過電流が
流れているということであると思っています。

しかし漏電はケーブルが切れて電気が漏れているということだと思うので、断線と同じとも考えられ、違いがよく分からず混乱しています。
断線も回路図としては添付図(2)のようになるのでしょうか?


漏電と断線についてご教授お願い致します。

Aベストアンサー

漏電した時の概念図を貼り付けましたので、参考にして下さい。

ケーブル等は導体(銅線)の周囲に高抵抗の絶縁物により被覆されて
使用されています。
長期間使用したり周囲温度が高い状態で使用されますと絶縁物の絶縁
性能が低下します。
また、何らかの要因で絶縁物に傷がつきますと、同様に絶縁性能が
急速に低下します。

絶縁物の絶縁性能が低下しますと概念図の点線のように金属フレーム
や大地を経由して微小な電流が流れます。
この時、絶縁物の絶縁抵抗により漏れ電流の大きさが変化します。
この漏れ電流が漏電電流です。
漏洩電流が流れますと金属フレームに電圧が発生しますので、感電
事故やボヤ・火災等の事故に進展します。

なお、直流回路では漏洩電流の検出が難しいので、直流電源部に2つ
の抵抗を直列に接続して抵抗器を両極に接続し、中間接続点を接地
する方式が多く採用されています。

また、交流回路では零相変流器により漏電電流を検出し、遮断器に
よりトリップさせる漏電遮断器や継電器が使用されています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報