これからの季節に親子でハイキング! >>

昨年から牡丹玉、金盛丸、縮玉、翠晃冠を育てています。
少し前から翠晃冠の根元に小さなシワがより
日に日に萎んでいくように背が低くなり
心配になったので植え替えしようと鉢から抜いてみました。
すると、画像のように根っこがパサパサ。土を掃うだけで
どんどん千切れてしまい、裏側がまっ黄色に変色していました。

嫌な予感がして他の3つも抜いてみたところ
育てているサボテン4つ全てが同じ状態で
縮玉や金盛丸に至っては殆ど根っこが残っていない有様です…
大切に育てていたので、本当にショックでした…


幸い、ダメージを受けているのは根の部分のみで
緑色の部分はまだ腐っているような気配はありません
(翠晃冠を除く)
何とか、根を復活させる方法を教えて頂けないでしょうか。
このまま枯れてしまうのはとても辛いです。
_________________________________

4つとも同じ症状なので、私の育て方に問題があると思います。
これまでの育て方は
●水は1週~2週半に1度。鉢の重さを量って中の水分が乾いたらたっぷりと。
 重さも記録しています。
●土は市販のサボテン専用の物を使用しています。
●先月まで暑かったので、風通しの良い部屋に置き直射日光にはあてていません。
 夜や涼しい日は外に出していました。
●鉢は黒いプラスチック製の物を使用。

水のやり方に問題があったのでしょうか…
どうか知恵を貸して頂きたいと思います。
宜しくお願い致します。

「サボテンの根が全滅していました。」の質問画像

質問者からの補足コメント

  • HAPPY

    たくさんのアドバイス有難うございました!
    どれも非常に参考になります…!ベストアンサーはとても悩んだのですが
    発根の方法を詳しく教えて下さったhanafukuraさんにしたいと思います。

    本当にありがとうございました!
    今後は元気に持ち直してくれるよう、管理を気を付けたいです。

      補足日時:2015/09/18 00:18

A 回答 (3件)

サボテンは簡単そうで侮れません。

多分、生育期に水不足で根が枯死したのではないかと思います。

ここから復活させるには、気温低下までに発根できるかどうかです。枯れた根はきれいなはさみで摘み取ります。新たな、使われた用土で植えます。鉢は手で持っているのが直径5cm前後でしょうから、6〜10cm、2号〜3号のサイズで十分です。

10月中旬ぐらいまで乾ききったら、たっぷり水やりをして、繰り返します。期間ではなく、乾き具合でやります。水はけがよく、日当たりのよいところで、かつ風通しもよければ腐れることはないと思います。そうでなければ、腐れる可能性もあります。

今期発根しなかったら冬季は休眠させ、休眠しない品種はやや控えめに、乾き気味に水やりをします。10℃以上の温度が確保できなければ、水やりは3週間に1回ぐらいで辛抱させます。霧吹きだけでもいいでしょう。

年を越して3月下旬ぐらいから、本格的に生育期に入りますから、乾ききったら水やりで発根を促します。根が出てくると成長できますから、頂上から肥大、伸長するでしょう。

日陰育ちのサボテンはありませんので、暖かい時期、炎天下で日に当てています。ただし、降雨があると水滴がレンズになって火傷させることもあります。置き場所はサボテンの身になって選んでください。

メリハリのある水加減と日当たりだけで育ち、乾期を作ってやると開花もしやすいです。水を与えすぎると花は咲いてくれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい情報有難うございます!

自分では水を与えているつもりでしたが
大事な時期に足りなかったのかもしれません。
今思うと根がこんな状態なのによく生きていてくれた!
と思っています。

仰る通り、手に持っているサボテンは丁度5~6cmで
3号鉢で育てています。他のサボテン達は少し小柄なので
2.5号の鉢に移し替える予定です。(抜く前は購入当初の鉢でした)

以前、牡丹玉を日焼けさせてしまい
金盛丸も強い日光に当て過ぎるとツヤがなくなると
聞いたので、以降日光には気を付けていましたが
逆にそれもよくなかったんですね…
根のダメージと合わせ成長が遅かったのも頷けます。

まずは、冬になる前になんとか発根させて
以降は特に日当たりに気を付けて置き場所も代える予定です。
十月中旬というとあと一か月ちょっとですね。
壊死した部分の根は綺麗にしてあるので
本日新しい土に埋めてみました。
現時点は全く根が無い状態ですが、これは発根まで
水は与えない方がいいのでしょうか?
それとも少し土が湿る程度に(きりふき等で)与えた方が
発根はよくなりますか?


とても詳しく教えて下さって感謝です!
まずは早く元気な根を出してくれるよう環境を整えたいと思います

お礼日時:2015/09/11 20:33

種類にもよると思いますが…



日本の暑さだと湯だってしまうことがあるらしいですよ。
桐砂など排水性の良い用度に植え付けて、2~3日おきに水やり。
目安としては、1日で乾燥するような用土、鉢の大きさにすること。
このサイズのサボテンだと3号鉢でもちょっと大きいのでは?
寄せ植えにした方が良いと思います。
根元には乾燥に強いタイプの多肉植物を植えたりすると、照り返しや、極端な乾燥が防げて良いと思います。

根が腐った場合、サボテンの中まで腐りが入ってないかの見極めが必要。
植え付けるには、1~2週間風に当てて乾燥させた方が腐りが進まずに良い。
根は指で取れる範囲。ハサミは使わない。と思うんだけど…
植え付けると言うよりも、置くと言う感じ。根が出るまで水はやらない。

中まで腐ってる場合は、腐っていない部分まで切断して、さし木になります。
黄色くなっている部分が、グジュグジュに腐っているなら、芯も腐っている可能性が高いです。大丈夫との事ですが…
芯を伝って腐っていると、このサイズなら上まで腐っている可能性が高いです。半分に割って、腐った部分を取り除いて刺し木が良いかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます!
簡単に思えて暑すぎても駄目、水が多くても少なすぎても駄目…
それぞれ種類が異なるサボテンだとなかなか難しいですね・_・;)
これまではホームセンターで購入した専用土を使用していましたが
鉢の中を確認した時、とても細かい粒がみっちりと詰まっていて
そこから根が絶えているようでした…
一度土の見直しからはじめ、今回はブレンド土を作ってみる事にしました。

寄せ植えにはそんなメリットが!
これまでサボテンはそれぞれ1つの鉢に入れて育てる印象だったので
小ぶりな株は一度寄せてみてもいいかもしれません。良さそうな鉢があったら
是非試してみたいと思います!

<土に埋めるというよりも、置く~…
<中まで腐っている場合は~…
先端を少し埋めている状態でしたが、今日一度置き直してみました。
すると、すっかりハゲになってしまった根の部分を見ると
本当に短いものですが新しい根と思われる物が顔を出していました!
この調子で持ち直してほしいところです…!
黄色くなってしまった翠晃冠ですが、触った感じは固く
どちらかというと「乾燥してパサパサ」といった感じです。
色が色なので私も最初は腐ってる!と思ったのですが
こちらはもう少し様子を見て、腐敗部分が見つかったら
挿し木かカットも一度考えたいと思います。

詳しい情報を有難うございました!

お礼日時:2015/09/18 00:15

昔の西部劇などを見てると砂漠のような荒野に生えてて、乾きに強いイメージがありますが、元は高山に生える植物ですから、高温には弱いです。



そして、高温の場所で風も無く水分も少なければ成長しなくなります。

日本の夏の気温は35度を越えますから、成長には合わない気候となります。

風通しのよい日蔭(日光に当てる必要はありません)に置きます、地面からの輻射熱を避ける為にも50cm以上の高さのある台に載せるのがいいでしょう、水やりは毎日、夕方に霧吹きで土が湿る程度で構いません、週一の大量水やりは溺れさせてるのと同じです。

根を切って土に半分埋めて10月まで様子を見ましょう
11月以降は室内で
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報有難うございます!

仰る通り、サボテンのイメージがどうしても
●水が少なくていい
●とにかく頑丈
なイメージなので
昔はよく枯らせてしまった事がありました…
元々、日本の植物ではありませんし
サボテンも夏は殆ど成長しなくなると聞きます。

夏場は特に日差しが強いので置く場所も
今一度改めたいと考えています。
壊死した根はカット済みなので今日土に埋めて
様子を見て見ることにしました。
10月~11月までに
元気な根が出てきてくれればいいのですが…!

お礼日時:2015/09/11 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサボテンの植え替えが上手くいきません

いつも買ってきて植え替えをして、1週間ぐらいたってから水をやって、それから2週間後ぐらいに腐りかけているのを発見・・・これを繰り返しています。
今度はすごく変わったサボテンをネットで買いました。今度こそは枯らさないように詳しく管理の仕方を教えてください。
種類はギガリウムと海王丸を掛け合わせた種類で錦というものだそうです。緑や黄色、赤などいろんな色が混ざっているので、形は海王丸です。球体の大きさは3.5センチぐらい。
抜き苗の状態で3日前に家に届きました。土は綺麗に取ってあって根も整理してありましたが、球体は水切れをしたようにシナッとしています。
昨日から雨が続いて空気が湿気ている状態です。北側の窓が風通しがよく雨も吹き込まないので、そこに置いて干しています。
 これからの管理の仕方を詳しく教えて頂けたらありがたいです。

特に、調子が出てくるまで 、この種類の、この時期の水のやり方がわかりません。
鉢の材質の選び方がネットでは意見がいろいろで迷っています。

早く大きくなることは希望していなくて、元気に育ってくれたら、と考えています。

それから、花が咲くのは何年後ぐらいからと予想できますか?

いつも買ってきて植え替えをして、1週間ぐらいたってから水をやって、それから2週間後ぐらいに腐りかけているのを発見・・・これを繰り返しています。
今度はすごく変わったサボテンをネットで買いました。今度こそは枯らさないように詳しく管理の仕方を教えてください。
種類はギガリウムと海王丸を掛け合わせた種類で錦というものだそうです。緑や黄色、赤などいろんな色が混ざっているので、形は海王丸です。球体の大きさは3.5センチぐらい。
抜き苗の状態で3日前に家に届きました。土は綺麗に取ってあっ...続きを読む

Aベストアンサー

貴方は構いすぎです。サボテンの栽培は水遣りが一番の問題です。一ヶ月くらい水無しでも枯れませんので、次回は水無しで放って置けば上手く育ちますよ。

Qサボテンの胴切り後、発根したのですが

サボテンの胴切りをしてから、数週間が経ち、根が一つだけ出て来ました。

発根したのでサボテンを土に埋める作業に行こうと思うのですが、
まだ発根したのは1箇所なので、2.3箇所根が出てから土に植えた方がよろしいでしょうか?

サボテンを育てるのは初めてなのでよくわからず、、、

もし分かる方がいらっしゃれば、教えていただきたいです

Aベストアンサー

「発根してから挿す」と言う人も多いが、実際は違います。
胴切りした後十分に切り口を乾燥させ、乾燥したらすぐに挿します。
で、挿すときの土だが、乾燥していると発根が遅れたり、まともに発根しないこともあるので、多少湿り気のある土にすることです。
それは「湿ってはいるが、さらさらしている」と言う状態です。
で、根元から腐るようでは「乾燥が不十分だった」と思うことです。

Qサボテンがふにゃふにゃになっているんですが・・・

去年の12月にサボテンを貰いました。室内においていたのであまり日光にはあてていませんでした。全く水をあげないと1ヶ月後くらいから触わるとふにゃふにゃした感じで柔らかくなってしましました。切りぶき10回位の水をあげたり、昼間は外にだしたり、日のあたる窓辺に置いて日光にあてたりしましたが元気になりません。水はここ半年で3回くらいしかあげていません(切りぶきで少し程度)やはり水が足りないのでしょうか?水はどれくらいの量あげたらよいのでしょうか?コップであげてもいいんでしょうか?それとも日に当てる量が足りないのでしょうか?あるいは栄養不足なんでしょうか?ちなみに肥料は一度もあげていません。
ふにゃふにゃのままではありますが、貰った時より茎(?)の部分が伸びていて丈が少し高くなっている状態です。
友人から貰ったものなのでどうしても元気にしてあげたいです!どうすれば元気になるでしょうか?サボテンを育てていらっしゃる方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 春と秋は成長期ですから、水は必要ですね。室内の温度変化についていけなかったのかもしれません。日に当たるのは光合成のため出来れば午前中がいいようです。

参考URL:http://www4.synapse.ne.jp/fseguchi/saboten.htm

Qミニサボテンがシワシワに・・・

約一ヶ月前に苗を購入しました。
球サボテンで肉に凹凸が少なく細かいトゲがなく(指で肉をつつける)生えているトゲはトゲ穴?から5本くらい横にまっすぐ伸びています。
素焼き鉢にサボテン用の土、置き場所は窓際の風通しの良い場所です。
植替えして一週間後、水をたっぷり与えました。日光に慣らす為に晴れた日は午前中だけ日光浴を。
梅雨入りした後は水遣りはせず、5日前に3週間ぶりにお水をたっぷりあげました。

そして昨日、久々に晴れたのでティッシュを被せ日光浴させました。そして今朝みると…シワシワになっていました。肉はブヨブヨしてはいませんし変色もしておりません。縮んだような感じはありますが直径は変わっていません。

昨日の日光浴で水分が蒸発したのか、それとも根腐れなのか、ネットでいろいろ調べていると色々な意見を目にしました。
休眠期である、肥料が足りていない、日光不足だ、などなど…。
書籍を見てもいまいち分からず、一体どうすれば良いのか混乱してきたので、どうか助言して頂ければとお願いします。

Aベストアンサー

そうですね。幾つか引っかかる点があります。

サボテンは乾燥した高原地帯に植わっているのです。

この環境をなるべく再現するために我が家では今の時期、まず北側の部屋の東側にある出窓に移動しています。それから風の通りをよくしていますが、温度が高いか湿度が高いときは必要によっては除湿機かエアコンのドライを弱めに設定しています。

>日光に慣らす為に晴れた日は午前中だけ日光浴を。

どうもこの文章が特に気になります。うちではつねにレースのカーテンを引いた状態で管理しています。

水やりは気温が低かったりしますからこれでいいでしょう。気温があがるならば1週間に変更してください。自然のものですから人間がフレキシブルに対応しないとダメなんですよね。

それから室内で管理するならば温度計と湿度計が一緒になっているものがあるのでこれを持っていると管理がしやすいです。

Qサボテンにカビが発生

サボテンを胴切りし、乾燥させていたら、切断面にカビが生えました。

<経過>
胴切り後、屋外で、切断面を直射日光に当てるように乾燥。夜は、雨に備えて家の中に入れました。
3日目に、切断面に青カビが生えていることに気づき、日陰にならないよう置き場に注意して直射日光に当てていたところ、青カビの色が黒っぽく薄く?なりました。
手元の本に従って、約1週間直射日光の下で乾燥させた後、屋内に置き、クーラーをかけた部屋で乾燥を続けていたら、また切断面に青カビが生え始めました。

このまま屋内で乾燥を続けてよいのでしょうか?どなたか対処方法を教えてください。

Aベストアンサー

サボテンの挿し木の場合
切り口を早急に乾かす必要があります

人によっては 切り口を直射日光で乾燥させるというやり方をしますが

切り口以外は 新聞紙を巻くなどで 保護します
でないと 日焼けを起してしまい ダメージを与えてしまいます

急速乾燥・切り口の防腐ののやりかたはいろいろあります

ジャガイモでも使いますが 草木灰 をまぶす
墨を塗る
粉末の発根促進剤をまぶす
などです

Qサボテンの根腐れについて

2ヶ月前に100円ショップにて購入したマミラリア属のサボテンを室内窓際にて育てています。本日様子を見たところ写真のように一部が黄色(茶色?)に変色しているのを見つけました。心配になり茶色の部分を触って確認しようと押して見たところ、ぼろんっと抜けてしまいました。ネットで調べてみて、これをポジティブに木質化と捉えていいのかわかりません。①根腐れでしょうか?また、②根腐れを調べている時の他のサボテンに比べて圧倒的に根が少ない印象を受けたのですが、私のぼろんっが原因なのでしょうか…??更に③どうすれば復活させる事が可能か教えて教えて頂けるとうれしいです。回答よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まず初めに。
変色した部分は何らかの障害が起きたもので、木質化とは違います。
で、①と②は、「根腐れ」ではなさそうだが・・・・。
水不足で枯れてしまったようにも見えるがね。
③、挿し木と同じ扱いをすれば根を出すと思うが。
100円ショップで売っているサボテンは「サボテンの赤ちゃん」なので、乾燥には弱いからね。

Qサボテンがだんだん黄色くなるのですが・・

 最近ガーデニングショップなどで見かけるようになった、ハートの形をした平べったいサボテンです。
刺は退化しているようで、ツルっとした見た目です。

これが買ってきてから、徐々に上のほうから黄色くなってきてしまいました。
日当たりの問題かと思い、窓際に移したら、黄化のスピードも増したような・・・

・ハートの長い部分で約8cmほどです。
・塗りのあるテラコッタ鉢です(直径5cmほど)
・現在は日当たり弱め
・土はテラコッタを砕いたような赤茶色のレンガ風で、結構スカスカなので、根っこが定着していない状態です。
・週に一度ほど水を与えていました。


どうにか元気に緑色に戻したいのですが、何か方法をご存知のかた、教えていただけますか?

Aベストアンサー

はじめまして。いつ頃購入したのですか?

温度不足が考えられませんか?
サボテンは生産者の段階ではハウス内の高温で栽培されているので
急激な出荷・購入後の低温で一時的に縮んでしまうことがあるようです。
この場合は、新しい環境に馴れてくれば また元気になりますよ。

根付いていないなら土が固い可能性もあります。
水はけのよい柔らかい土がよいので植え替えをするわけですが
土については園芸やさんで相談してみてください。
今は、サボテンブレンドなども売っています。

他には、水のやり過ぎによる根腐れ。
なるべく土を崩さないように鉢から根鉢を抜いてみてください。
根が茶色でぐずぐずになっていたら根腐れです。
根の腐った部分を切り捨てて新しい土に植え直したほうがいいです。 

植物は土が乾いてから水をやるように。が一般的で
当然、夏は回数が増えて冬は少なくなります。
室温や土のコンデしションなどもあるので
何日に何回というような水のやり方はやめましょう。
サボテンの場合は表土か乾いてから数日後くらいでいいのです。

余談ですが
たまに鉢を回して、全体に光が当たるようにするとバランスよくなります。
植物に話しかけるとよいという話は本当です。

サボテンに花を咲かせるには、強光線をたっぷり当てて水を控える。
ただし、日陰から急に強光線下に移すと日焼けを起こすので
徐々に日光に馴らすようにして下さい。 

はじめまして。いつ頃購入したのですか?

温度不足が考えられませんか?
サボテンは生産者の段階ではハウス内の高温で栽培されているので
急激な出荷・購入後の低温で一時的に縮んでしまうことがあるようです。
この場合は、新しい環境に馴れてくれば また元気になりますよ。

根付いていないなら土が固い可能性もあります。
水はけのよい柔らかい土がよいので植え替えをするわけですが
土については園芸やさんで相談してみてください。
今は、サボテンブレンドなども売っています。

他には、水の...続きを読む

Qサボテンが病気で傾いてきました…

大きさは約12~13cm。3年前に購入し室内で栽培、1年程前に一旦外に出しました。それが原因かしばらくすると真ん中あたりが白く変色し、細くくびれだしました。
日焼け?でしょうか。すぐに室内に戻し、ずっと観察していたのですが、どんどん細くなる一方で、近頃ではすっかり傾いてきました。

ネットでいろいろみていたのですが、元気な部分を残して、くびれの上でカットし、1週間ほど乾燥させて土に戻すというやり方はあるようなのですが、
この種類に適しているのか~、切ってしまってそのまま死んでしまったらと思うと躊躇しています。

サボテンの種類は勉強不足でわかりません。どなたかご存知の方、どうぞアドバイスをよろしくお願いします。

なお、白い部分は乾燥してます。プニプニはしてません。また、くびれから上、とくに先端部分は白いトゲが出てきて元気に成長しているように思えます。

Aベストアンサー

まず病気ではありません。くびれが出来たり白くなったり倒れたのは、全て
あなたの管理が不適切だったからです。栽培も管理も全て曖昧で行われてい
た事が全ての原因です。

一目惚れをして購入するのは誰も同じですが、サボテンを購入する人の多く
が栽培と管理方法を知らずに適当に管理してしまいます。サボテンは乾燥に
強いから水は要らないとか、電磁波を吸収するとか、何もしないでも勝手に
育つなどと意味不明な事を勝手に信じている方が多いのも事実です。
サボテンの栽培管理法に付いて販売員は説明しません、と言うよりサボテン
に関して知識がありませんので、購入したら自分で少しは調べるのも必要と
思います。

サボテンの多くが雨が少ない亜熱帯地域に生息しています。水分が得られな
いと生きていけませんので、サボテンは自分の体内に水分を蓄えられるよう
なタンクを持つようになりました。タンクに蓄えられた水を少しづつ使い、
雨が降るまで生き延びようとしています。
このように葉や茎や根などに水分を蓄えられる機能を持った植物を、多肉質
の植物と言います。サボテンは多肉質の植物で仲間です。

葉が無いと思うでしょうが、刺が葉が退化した物なんです。葉があると水分
の蒸散が多くなり、短期間で水分がゼロになります。葉を退化させる事で、
水分が蒸散する事を防いでいるんです。

サボテンは太陽光線が大好きで、日陰はあまり好きではありません。
まず白くなったのは葉焼けを起こしたからです。今までは家の中で生活して
居ましたが、急に出されてしまったので環境に耐えれなくなり、白く変色し
てしまったと言う事です。これが年間を通して屋外で光線に当たっていたら
白く変色する事はありませんでした。
くびれは日照不足が原因です。くびれた部分は生長が著しく低下していた時
期を表しています。くびれから再び太くなったのは、再び光線が得られるよ
うになったからです。

傾いたのは上部の重みに耐えれなくなったからですが、サボテンはヒマワリ
と同じように光線が当たる方向に頭を傾ける習性があります。
斜め45度程度なら常に頭を上に向けていますが、それ以下の角度になると
頭を日の当たる方向に向けてしまいます。サボテンが傾いた姿を見れば、ど
こに置いていたのか説明して貰わなくても直ぐに見当が付きます。

上部に白い綿状の物が出ていますが、マミラリア属の可能性があります。
マミラリアは球形の物が多いのですが、現在の形は光線不足による徒長した
物だろうと想像します。全ては置き場所の悪さを物語っていますね。

とりあえず5℃以上を24時間中も維持出来る室内で管理をし、越冬させて
下さい。深夜に暖房器具を止める時は、簡易ビニール温室に入れる事も必要
です。今は何もする事が出来ませんから、温度と湿度と水管理で越冬させて
春まで管理を続けて下さい。
5月に入ったらサボテンを元の姿に戻す作業を行います。

サボテンの白い部分(くびれがある部分)より3cm上でカッターナイフで
真横に切断します。トレー等に横たわせて、風通しの良い日陰に置き切り口
を十分に乾燥させます。この作業は必ず屋外で行い、室内で乾燥させないで
下さい。1週間程度で乾きますが、必ず自分の清潔な乾いた指で切り口を確
かめて乾き具合を見て下さい。乾きが悪かったり汚い指で触ると、その部分
から雑菌が付着して腐敗します。
切断して残った部分は御役御免ですから、可燃ゴミとして処分して下さい。

乾燥をさせている時間を利用して、ホームセンターや園芸店で必要な材料を
購入します。サボテンは雑菌に非常に弱い性質を持っているので、使用する
物は必ず清潔な物を使用します。鉢は束子を使って流水で綺麗に洗い、十分
に乾燥させれば再利用が可能です。土は一度でも使ったら二度と使用しては
いけません。土は未使用なサボテンと多肉植物植物の土を使用します。
肥料は緩効性化成肥料(マグァンプK)を使用します。
乾燥が終わったサボテンは挿し木にしますので、挿し芽用の土か園芸用川砂
の何れかを購入します。挿し木に使用するために、5号鉢の平型を1個だけ
購入して下さい。他には鉢底穴に敷く防虫ネット、と鉢底石です。

乾燥が終わったらサボテンを挿し木にします。5号鉢の平型の鉢底穴に防虫
ネットを敷き、鉢底石を入れます。鉢底石はボラ土で代用が可能です。
鉢底石を入れたら挿し芽用の土か園芸用川砂を入れます。
土の真中に浅い穴を掘り、そこにサボテンを縦に置き、周囲に土を被せて下
さい。これで挿し芽は完了します。
このまま風通しの良い明るい日陰(必ず屋外)に置きます。発根するまでは
この場所から動かしませんから、置く前に雨が当たらないかを確認します。
挿し木が終わっても直ぐには水遣りをしません。挿し木が終わって1週間か
ら10日後に最初の水遣りをします。ジョウロではサボテンが倒れるので、
霧吹きで土の表面やサボテンの表面を噴霧して水分を与えます。発根するま
では霧吹きで水遣りを行います。

約2~3週間程度で発根をしますが、これを確かめるにはサボテンの頭の先
を少し押して見ます。サボテンだけが動くようなら発根は不十分です。
鉢も一緒に動くようなら、ある程度の発根は完了しています。
鉢上げが出来るのは9月に入って少し涼しくなってからにします。
鉢を傾けるととサボテンの重みで勝手に鉢から抜けます。抜けたら根に付い
ている土を落とします。サボテンの場合は植替え時には全て古い土を落とす
と覚えていて下さい。多肉植物の場合は半分以上は残します。
綺麗な鉢を用意し、鉢底に防虫ネットを敷き鉢底石を入れます。土を少しだ
け入れて、サボテンを鉢に入れます。この時に根を痛めないように、広げる
感じで根を広げて下さい。
周囲に土を入れながら、割箸で軽く突っつきながら倒れないように締めて行
きます。鉢の天辺より2cm下まで土を入れたら、指で軽く押して鉢上げが終
わりです。

植替えが終わっても直ぐには水遣りをしません。植替えたら風通しの良い明
るい日陰に置き、1週間から10日ほど養生させます。この後に最初の水を
与えます。与える時は鉢底から十分に水が流れ出るまで与え、水が滴らなく
なってから鉢皿に置きます。鉢皿には絶対に水を溜めてはいけません。

5~9月の管の水遣りは、鉢土が完全に乾いてから更に4日から1週間経っ
てから与えます。与える時は先程に書いた通りで与えます。
10月頃から水遣りを少なくし、11月から3月までは水遣りを極端に減ら
して乾き気味に与えるようにします。4月に入ったら徐々に水遣りを多くし
て、5月に入ったら通常の水遣りをします。

置き場所は年間を通して日差しが良く当たる場所に置きます。室内でも構い
ませんが、室内の奥に入れたり全く日が当たらない場所に置くのは避けるよ
うにします。もし日当たりが悪い場所に置くと、今回のような事を繰り返す
だけですから、置き場所には十分に注意して下さい。

肥料は植替え時に鉢土の混ぜるだけで十分です。生長は極端に遅い植物です
から。肥料はそんなに多く必要としません。

植替えは5~9月の間に行いますが、梅雨時期は腐敗しやすく真夏は猛暑で
疲れてしまうので、出来れば5月に入って梅雨入り前までに済ませるように
します。植替えは必ず1年毎に行い、土は全て入れ替えて未使用の土を使う
ようにします。

まず病気ではありません。くびれが出来たり白くなったり倒れたのは、全て
あなたの管理が不適切だったからです。栽培も管理も全て曖昧で行われてい
た事が全ての原因です。

一目惚れをして購入するのは誰も同じですが、サボテンを購入する人の多く
が栽培と管理方法を知らずに適当に管理してしまいます。サボテンは乾燥に
強いから水は要らないとか、電磁波を吸収するとか、何もしないでも勝手に
育つなどと意味不明な事を勝手に信じている方が多いのも事実です。
サボテンの栽培管理法に付いて販売員は説明しま...続きを読む

Qサボテンの病気について教えてください

家で家内がいくつかサボテンを育てていたのですが、写真のような状況になっています。
これは、どういう状況なのでしょうか?もう助ける術はないのでしょうか?

左は直径20cmくらいの大サボテンですが、へこんだ部分が白くなってしまっていますし、(写真ではよく見えませんが)根っこの方から茶色く枯れたような色になりつつあります。

もう一つは、直径8cmくらいの玉ねぎ形のサボテンだったのですが、すっかり萎れて倒れてしまいました。

助けられれば何とかしたいですし、他にもサボテン・植物がいるので、伝染病の場合それも心配です。
どう対応すれば良いか、ご教示いただけると幸いです。

なお、育てていた場所は、直射日光が殆ど当たらない、窓から1mくらい離れた、リビングのテーブルの上です。とは言え、1時間程度はカーテンの隙間から陽が当たります。
また、エアコンは適宜使ってはいますが、今年前半の猛暑のためそれなりに室温の高い日もあったかもしれません。
室温が低すぎるということは無いと思います。
水は(家内が慎重なので)割と少なめにやっている方だと思います。

家で家内がいくつかサボテンを育てていたのですが、写真のような状況になっています。
これは、どういう状況なのでしょうか?もう助ける術はないのでしょうか?

左は直径20cmくらいの大サボテンですが、へこんだ部分が白くなってしまっていますし、(写真ではよく見えませんが)根っこの方から茶色く枯れたような色になりつつあります。

もう一つは、直径8cmくらいの玉ねぎ形のサボテンだったのですが、すっかり萎れて倒れてしまいました。

助けられれば何とかしたいですし、他にもサボテン・植物がい...続きを読む

Aベストアンサー

右の黒い鉢はプラスチックでしょうか? 根腐れが進行して全体が腐ったようです。緑色に生きてる部分があれば刺し木してみるしかないですね。
継木もできるかも知れません。

左の茶色い部分ですが、日焼けや水不足なら、1枚皮を剥くと緑の地が見えるはず。
ぶよぶよだったり、カサカサなら腐っている可能性が高いです

小さな黒いゴマのような葉ダニは発生してませんよね?

Q恐怖のサボテン??

田舎の母が、ウチワサボテンをもらってきました。根っこごともらって数があったので、友人2人と分けました。
ところがその作業後、母は手も脚もかゆくてたまらなくなったそうです。(小さな刺に刺されている感じ)サボテンには一切手を触れず(火鋏を使った)、ジーンズに靴下まではいていたのに…。
友人2人も、家でサボテンを鉢に植えた後、手や脚が1日中痛くかゆかったそうです。

そして母は、体が痛くなる前に、私にそのサボテンを宅急便で送る手配をしてしまいました!!(明日うちに到着します)

1,このサボテンの正体は?
2,刺の正体は?
3,私はどうやって鉢に植え変えればいいのでしょう?(ゴム手袋とか…)
4,このサボテンを鉢に植え、庭に置いておいても大丈夫でしょうか?

以上、分かる方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1.団扇サボテンですね。 これは針のような刺が鋭く生えている種類と、見かけはフワフワとした毛疣が生えているものがあります。 このフワフワ系は象牙団扇、金烏帽子などの代表選手はいますが、種類は無数です。

2.危ないのはこのような見かけの毛疣がフワフワとしたほうで、これは非常に細い針の固まりで、素手で触ったり触れたりすると無数に刺さりますし、直接触れなくても抜けた針が飛んできて刺さって痒くなるんです。

3.これを植え替えとかで持つ必要がある時は、まず霧吹きでサボテン全体を濡らして、毛が飛ばないようにしてから、ゴム手袋や、揉んだ新聞とかで掴めば大丈夫ですよ。

またこのフワフワ刺が刺さった場合、病院へ行ってもちゃんと取れる先生はなかなかいません。 自宅でガムテープなどで取った方が、確実に取れるでしょう。

4.自分以外の知らない人が(特に子供等)が触る可能性のあるところには、置くのは辞めましょう。

また最低気温が10℃を下回るような時に、水を与えると、凍った果物が溶けたような感じに、腐ってしまいます。

この為、冬場には絶対に雨に打たれないようにしなければいけません。

<以下は経験だけの話です>
あなたのお母さんがその時に着ていたもの全てに、フワフワ刺が刺さっている可能性があります。 このような衣服はぬるま湯で一度洗ってから干せば、大抵は感じなくなりますし、体中痒いのも大抵は一度、シャワーで全身流せば治ると思います。

1.団扇サボテンですね。 これは針のような刺が鋭く生えている種類と、見かけはフワフワとした毛疣が生えているものがあります。 このフワフワ系は象牙団扇、金烏帽子などの代表選手はいますが、種類は無数です。

2.危ないのはこのような見かけの毛疣がフワフワとしたほうで、これは非常に細い針の固まりで、素手で触ったり触れたりすると無数に刺さりますし、直接触れなくても抜けた針が飛んできて刺さって痒くなるんです。

3.これを植え替えとかで持つ必要がある時は、まず霧吹きでサボテン全体を...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング