お世話になっております。
前回の質問と似てますが、同じではありません。
前回の質問
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9069182.html

著作権のある楽曲(JASRAC管理曲)を耳コピー(既製品の複写・複製ではない)し、採譜した楽譜を自演奏動画の一部に表示させた動画をYouTubeにアップロードすることは違法になるでしょうか。
(同内容の質問を現在JASRACに問い合わせ中ですが、6日経ってもまだ返事がありません)

YouTubeはJASRACと包括許諾契約を結んでいるため、自演奏ならOKとのことです。
ネットでもそれらに関する情報は拾えますが、
いずれも演奏や歌唱など音声に関するものがほとんどで、
楽譜の扱いに関する情報はなかなか見受けられません。

自演奏はOKだが楽譜もOKなのか、それとも楽譜は別扱いでNGなのか。というのが知りたいのです。
(採譜した楽譜は、原曲で使用された楽器とは別の楽器用にアレンジする場合も含みます)
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>楽譜は楽曲の著作権とはまた別の権利を有している。


著作物、著作権という定義からは、楽譜も著作物であり著作権が伴います。その意味では同じ権利です。

楽曲を音楽著作物とすれば、楽譜は楽曲を紙媒体に表現したもので、やはり著作物です。作曲者(著作者)や出版社は著作権を主張できます。したがって複製権の対象です。無断で複製するのは権利侵害です。(例外は私的使用、授業内使用、などです。)
では、著作者没後50年(最近のTPP協定の結果、70年になる予定。ついでながら、違法複製の非親告罪化も予定。)を経過した後ではどうなるか。この場合に著作権は消滅しますが、楽譜そのものは社会に出回っています。例えば、モーツァルトの音楽の楽譜をどこかの出版社が複製物として販売している場合、著作権が無いから複製できるか? 実はこの場合には複製権が消滅しているので、出版社は、出版のために経費がかかってはいますが、現行法で複製権の主張は困難です。楽譜出版社は、「版面権」を定義し、それを認めるよう現行著作権法の改正を要望しています。

JASRACは管理楽曲であれば、楽譜も著作権管理の対象にしています(利用ガイド)。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

引き続き回答ありがとうございます。
本日JASRACから回答がありました。
cypress2012さんから頂いた回答内容と一致しております。

JASRACからの大まかな回答内容
・楽譜(可視データ)も包括利用許諾契約に含まれる。
・アレンジは翻案権あるいは著作者人格権等に接触する。
・↑翻案権あるいは著作者人格権等はJASRACの管理外→別途権利者の許諾が必要。

JASRACからの回答を待たずとも、cypress2012さんの回答で解決しています。
ベストアンサーとさせて頂きます。
前質問に続き大変お世話になりました。
ありがとうございました。
また、回答を寄せて頂いた皆様ありがとうございました。

お礼日時:2015/10/09 19:04

どうやら「耳コピー」がキーワードのようですので、それについてだけ。



著作権法第2条では、「複製」の定義として、(著作物を)「印刷、写真、複写、録音、録画その他の方法により有形的に再製すること」と定めています。ご質問のような「既製品(CD等?)の複写・複製」でなくとも、つまり、固定された著作物でなくとも、例えば、固定されていない生演奏などを機械で録音することも複製です。
では、機械を使わない場合はどうか。
例えば、ピアノの即興演奏を耳で聴いて楽譜に書いた(採譜)場合、落語を聞いてそれを文章に書いた場合、大学の授業を耳で聴いてノートに書いた場合、どれも複製です。楽譜は複製物です。(楽譜自体の著作権は別の話題)
複製の意味合いとして、その長さによらず、一部であっても(1小節であっても)創作的な特徴があって既存の著作物を想起させる場合は複製と見なすという最高裁の判例もあります。
耳コピーであっても、原曲を無断で利用しようとする意図があれば、著作権法の趣旨から外れることになるでしょう。
また、逆に、耳コピーの場合、ありのままに複製できないと、翻案となって二次的著作物になったり、著作者人格権の同一性保持権の侵害のリスクも出てきます。また、著作者人格権には指名表示権もあり、元の音楽の著作権者の権利を侵害することになれば、刑事罰の対象にもなります。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

前質問に続き回答ありがとうございます。
耳コピー→採譜=複製←許可なしは違法。
また、アレンジ等は著作者人格権の同一性保持権の侵害の可能性。
了解しました。

頂いた回答から私なりに解釈すると、
楽譜は楽曲の著作権とはまた別の権利を有している。
YouTubeとJASRAC間で結んだ包括許諾契約に楽譜の権利まで含まれていなければ、
質問の問いの可否から言えば不可である。
という認識です。

ありがとうございました。

お礼日時:2015/10/07 13:17

耳コピして採譜したものは「複製」と見做されます。


で、複製したものを公衆送信しているわけですので、著作権と無関係ではいられません。

あとはYoutubeがJASRAC等と結んでいる包括契約の範囲がどうかということになります。
これは契約内容が公表されていないようですので、YoutubeまたはJASRACの見解を待つしか無いかもしれません。

まあ、実態を見る限りでは、そこはオーケーもしくは大目に見てくれているといったところだとは思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

前質問に続き回答ありがとうございます。
楽譜は著作者(この場合は版権を持つ出版者ということになるでしょうか)の許可なしに採譜する行為は例外なしに複製となり違法行為である。←了解しました。

回答の中にも書かれてますが、包括許諾契約の範囲に楽譜まで含まれているのか否か。
ということが一番知りたい核心の部分です。
JASRACからは依然として返事がありません。

おっしゃるように、たしかに実態を見る限り・・・ではありますが ^^;

ありがとうございました。

お礼日時:2015/10/07 12:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q楽譜を無料ダウンロードをする方法を教えてください

楽譜を、無料でダウンロードするにはどうすればいいですか?
Tab譜でもいいです。

Aベストアンサー

No.1さんのおっしゃる通り、楽譜には著作権があります。
その著作権のある楽譜を無料でダウンロードする事は難しいです。
もし、著作権の切れている楽譜をお望みなのでしたら、
http://www.ultimate-guitar.com/
なんかで探してみてはどうでしょうか♪
http://webqua.blog45.fc2.com/blog-entry-48.html
ここにダウンロードする方法の説明がありますよ。

Qおしえて!gooの回答を運用スタッフが一部改変するのは、著作権のうち著作者人格権の同一性保持権の侵害ではないのでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
 5.当社は、投稿内容の編集、改変、複製、転載(何れも商用利用の場合を含みます)
   を行うことができます。これらを行う場合でも、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
とあり、「改変」できる事になります。

しかし、著作権法上は、

 著作権法 第59条
  著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

とあり、この著作者人格権の一つである同一性保持権は、

 著作権法 第20条 第1項
  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、
  その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

 同法 同条 第2項
  前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する改変については、適用しない。
            (中略)
  4 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に
    照らしやむを得ないと認められる改変

とあり、一般には改変はできないと思われます。
また、わたしの一行分が削除が止むを得ない程有害とも思えません。

今回の改変は同一性保持権の侵害ではないでしょうか?
また、利用規約第14条5項は同一性保持権を一般的に否定する問題のある規定では
ないでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものと...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでしょう。もっとも、一行のみの回答や、誰が書いても同様の表現とならざるを得ないもの、たんなる事実の叙述などは除かれます。

そこで、利用規約の話になりますが、利用規約への同意は契約の一種であるといって間違いはないでしょう。しかし、契約があればあらゆる権利が制限できるわけではなく、強行規定は契約に優位しますし、契約に瑕疵があれば無効となる場合もあり得ます。また、権利濫用の場合も考えられます。

著作者人格権は、文字通り人格権的な要素が強く、これが強行規定であるか、任意規定であるかについては学説上の争いがあります。もっとも、現在の著作権ビジネスの現状や慣行、世界的な動向をふまえて、契約によって不行使とする(放棄はできない)ことができるとする説の方が有力でしょう。

そこで、再び利用規約に戻りますが、この部分に関してはNo.4の方と同意見です。まったく問題がないとは思いませんが、同一性保持権の不行使特約と読んでも良いかと思います。
もっとも、タイトルが「投稿内容の利用権」とあるので、あくまで著作財産権の範囲に限るという反論もできそうです(著作権法では、財産権的権利に関して「利用」、著作物の享受に関して「使用」と、その語を使い分けています)。また、「なんらの支払いも要しない」だけであって、「通知しない」とまでは述べていませんね。
削除通知等に、「関連する他の回答の一部を改変することがある」旨の記載があったかと思いますが、これも、改変の通知としては少々乱暴というか、どこがどのように改変されたか、されていないか、もうちょっと具体的に書かれた方が、個人的には好ましいと思いますが。

いずれにせよ、同一性保持権に関しては不行使特約があると考えて良いのではないかと思います。

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでし...続きを読む

Qクラシックの楽譜無料ダウンロードは危険?

あるクラシック音楽のファンのかたがやっているサイトで、管理人さんが編曲したというクラシック音楽(昔のもので著作権法には抵触していないはず)が無料でダウンロードできるということでした。ところが開いたとたんウイルスセキュリティソフトが反応,スパイウエアの警告が表示されました。著作権にはひっかからなくてもやはりこのようなサイト(楽譜の無料DL)はリスクが高いのでしょうか。
また,こちらはセキュリティというよりモラルの問題ですが、友人が習っているピアノの先生は,楽譜のコピーや無料DLするような人間は大成しない、楽譜には正当な代価を払うべきだ、と言ったそうです。この意見についてあなたの率直な感想をきかせてください。

Aベストアンサー

>楽譜のコピーや無料DLするような人間は大成しない

本当に大成しないかどうかはわかりませんが、芸術にかかわるものが、著作物を軽んじる根性が気に食わんといった気持ちはわかりますし、芸術家である以上その程度のプライドはあってもいいと思います。

ダウンロードに関しては、営利でないサイトであれば、利用に当たっては全て自己責任ということで仕方が無いのではないですか。

Q著作権者と著作権保有者は同じ?

翻訳出版契約書を英訳しています。

出版物に関していえば、著作権者と著作権保有者は同じでしょうか?(契約書によると出版社になっていますが、普通著作権は作家に属するものと思っていました)

Aベストアンサー

社団法人著作権情報センターのホームページによれば「著作権者」「著作権保有者」という区分ではないようです。

著作者が死亡しても著作権は50年は保護される(日本の場合)ので著作者の遺族などが著作権を相続している場合などがありますから必ずしも「著作権は作家に属する」とは言えないかと思います。
「著作権者」が「著作者」のことで、「著作権保有者」が「著作権を所有している者」ということでれば「著作権保有者」に「著作者(著作権者」が内包されるのではないかと思われます。
しかし、前述のように著作権を引き継いでいる人であれば「著作者ではないが著作権を所有している人」と言えるでしょう。

参考URL:http://www.cric.or.jp/qa/hajime/hajime.html

Qシューベルトのセレナーデの楽譜を無料でダウンロードできるサイト

タイトル通りなのですが、セレナーデの楽譜を探しています!!無料でダウンロードできるサイトをご存知の方、回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ここでダウンロードできますよ。
http://www.sheetmusicarchive.net/
下の方に作曲家名一覧がありますので「Schubert」をクリックします。
開いたページの「Miscellaneous」の一番下に(2つ)ありますので曲名をクリックします。
どちらがいいかわかりませんのでとりあえず2つともダウンロードしておくのが無難かもしれません。
ただしダウンロードは1日2回しかできませんのでご注意を!
右端の「Download」をクリックするとPDFファイルが開きますのでフロッピーディスクのアイコンを
クリックしてお好みの場所に保存すれば、後で印刷もできます。

参考まで。

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Q楽譜の無料ダウンロード

ベートーベンのソナタ「悲愴」の全楽章の楽譜を、無料でダウンロードできるサイトがあれば教えてください。第2楽章はよくあるのですが・・。

Aベストアンサー

http://www.sheetmusicarchive.net/compositions_b/btsn13.pdf

無料です。
PDFファイルで全楽章で18ページあります。
接続状況によってダウンロードに時間がかかるかもしれません。

参考URL:http://www.sheetmusicarchive.net/compositions_b/btsn13.pdf

Q写真屋さんに著作権などあるのでしょうか?肖像権と著作権、どっちが強いのでしょうか?

知り合いから相談されています。幼稚園の生活発表会(学芸会みたいなもの)のときに、幼稚園が写真屋さんに依頼して、子供の写真を撮ったそうです。(スナップ写真や記念写真など)その写真は、その後、保護者が注文をして買うことができたそうです。(ちょっと高めだったらしい)ところが、その後、偶然、幼稚園と何の関係もないある印刷物にその幼稚園の生活発表会の写真が掲載されていたので、幼稚園に報告し、幼稚園から写真屋さんに抗議したところ、写真屋さん曰く「うちに著作権があるので」とのこと。また、幼稚園は幼稚園で、撮影を依頼したのは、幼稚園なのだから、著作権は幼稚園にあると主張・・・・。知り合いは、「じゃあ、うちの子の肖像権は??」となった訳です。この話、正しいのは誰なんでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに全て帰するとされていれば別です)。雑誌の写真などはそのようにして、カメラマンと出版社に著作権があり、人格権としての肖像権は被写体にもあるという形です。

今回の場合、人格権として保護されるべきであるので、勝手に掲載した写真屋さんは取り下げる必要が認められる可能性が高いです。
どちらが強い?弱い?ではなく、「著作権者、被写体双方の同意が無い場合は表に出してはならない」と思っていた方が確実です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%96%E5%83%8F%E6%A8%A9

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに...続きを読む

Qエルガー「愛の挨拶」楽譜無料ダウンロード

エルガー「愛の挨拶」のピアノ楽譜を無料でダウンロードできるところを探しています。
結構頑張って探したのですが見つかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のDonwload PDF sheet music のところでダウンロードできます。

http://www.free-scores.com/download-sheet-music.php?pdf=3451

Q著作人格権と著作財産権

画像データのサイズ変更した場合、例えば100kbの画像を50kbに軽減した場合に無断改変として著作人格権を行使できるのでしょうか?また、ファイル形式を変更した場合も著作人格権を行使できるのでしょうか?
行使できるのであれば、パソコンのデータから紙に印刷することができる、または複製(コピー)できる権利としての著作財産権との兼ね合いはどうなるのでしょうか?

著作財産権を譲渡した場合、どこまで著作人格権を行使できるのでしょう?

Aベストアンサー

そのサイズ変更により、大きく印象が変わる状況があれば著作人格権を侵害しているということも可能でしょうけど、多くの場合写真の大きさに意味はないのではないでしょうか。ただし、サイズに意味がある場合は別ですよ。
結局その写真が何を目的に製作されたものであるかなど、総合的に判断しなければ著作人格権か著作財産権かは判断できないということになると思います。
たとえば、壁画として製作されたものだとしたら、壁画としては十分に印象的でしょうけど、小さな写真になると写真自体の価値も大きく変わります。その大きさに意味があるのですので、大きさを変えられた完成度の劣るものを世間に広められることを制限したいでしょう。
そのような芸術的写真でなければ、多少の大きさの変更は問題ないでしょう。受容範囲かということです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング