パイナップルとゼラチンを使った簡単な実験をしようと思ってます。
(タンパク質分解酵素の実験です)
思ったよりもゼラチンが溶けなくて困っております。
詳しい実験方法を御存知の方はおりませんか。
ゼラチンをどのくらいの硬さにするのがベストなのでしょうか??
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

キウイでやってみたらどうでしょう?



あと、ゼラチンを溶かす実験じゃなくて、
生のパイナップル入りのゼリーと、缶詰のパイナップル入りゼリーを作ってみて、
生のパイナップルほうは、ゼラチンが固まらなくてゼリーができなかったよー。とか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございました。
おかげさまで楽しい実験ができました。

お礼日時:2002/01/15 10:08

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「膠の特徴と、作業方法」
このページで「膠の加熱」「水の量」と関連リンク先を参考にしてください。
「電子レンジ」の記載もあります。

http://www.kgef.ac.jp/ksjc/kiyo/880080k.htm
(ゲルの保水性に関する研究)
ここでは「3.5%ゼラチン溶液」との記載があります。
実験条件が異なるでしょうが・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www.din.or.jp/~sasakivn/report/leimen.htm
    • good
    • 0

>> 思ったよりもゼラチンが溶けなくて困っております。



レンジでチンすれば溶けると思います。
もしくは容器に入れて、熱湯に浸けてみてはどうでしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q化学実験を趣味にする

自分は化学実験(薬品を使って化学反応などを見る)が好きで、学校の授業で実験があると嬉しくてたまらないのですが、学力の問題で大学の理学部には行けません(^^;)

そこで、いっそ化学実験を趣味にしたいなと考えています。

それは可能でしょうか?
また化学実験に使う薬品を買うのに必要な資格はあるでしょうか?

家でやるには限度があると思いますが、教科書に載っている実験を主にやりたいです。

アドバイスお願いします!

Aベストアンサー

化学実験、楽しいですよね。
私も好きで、科学の道に進みました。

昔、学研出版から「科学」という学習雑誌が発行されていて、簡単な実験キットが付録として付いてきました。
毎月楽しみにしていたことを思い出しました。

化学薬品はよほど特殊なものでない限り、特別な資格はいりません。
住所・氏名・捺印などが必要な物もありますが、実験に使う程度の少量ならば、簡単に買うことが出来ます。
実験を行うには薬品だけでなく、器具もそれなりに必要です。

学校で実験の基本操作等、きちんと習って、安全に行って下さい。

Qタンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

膜タンパク質の性質や特徴は図書館で調べたら出てきたんですが
可溶性タンパク質の方は調べても出てきませんでした。
なので、水溶性タンパク質の性質や特徴を教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くあるので、膜タンパク質と言えば、何となく脂溶性(水溶性でない)タンパク質かな?と
玄人は連想できますが。

で、「膜タンパク質」は、そのタンパク質が機能する場所である膜に存在するタンパク質の総称なので、
調べると「膜でどのような機能を持っているタンパク質たちである」と本に書いてあると思いますが、
一方の「水溶性タンパク質」は化学的な性質を言ったものたので、どのようなタンパク質がと言われても
「水に溶ける」くらいしか共通点は挙げれません。
(っていうか水溶性と言っている時点でそれはわかることなので、いちいち解説する必要ないでしょ?)

つまり、何が言いたいかというと、
そういう分類は一般的じゃなく、もし、「膜タンパク質と水溶性タンパク質」に分ける人がいるとして、
その「水溶性タンパク質」と言っている人が、ある程度何かを想定して言っているはずだということです。

なので、その人に「何のことを指しているのか?」って聞くしかわからないのと、あとは
No1様のおっしゃるように自分で決めて調べるしか無いと思います。

>タンパク質は大きく分けて膜タンパク質と水溶性タンパク質がありますよね。

大きく分けてと言いますが、別にそういう分け方は一般的ではないと思います。

まず、「水溶性タンパク質」という言い方は、タンパク質の化学的性質に着目した分類で
「膜タンパク質」はタンパク質が存在するところに着目した分類で、
共通の側面から行なった分類の方法では無いということをきちんと理解するべきです。

ただ、細胞膜は「油」で出来ているので、そこに局在しているタンパク質は「水に溶けない」性質のものが
多くある...続きを読む

Qおすすめの化学実験

中学校で、何かの化学実験をしようと思っています。
そこで、おもしろくてインパクトの強い化学実験を探しています。
皆様のおすすめの化学実験があればお教え下さい。
また、よろしければ、その実験の方法などが紹介されているサイトを紹介していただければ助かります。
暇なときでよろしいので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

・指示薬を使ってアンモニアの噴水
・洗濯ノリでスライム作り
・ガラスとグリセリンで強化ガラス作り
・アルギン酸ナトリウムと塩化カルシウムで偽イクラ作り
・石鹸作り
・葉脈標本作り
・砂糖で粉じん爆発


なんてどうでしょう?
定番過ぎますかね・・・。

Qタンパク質分解酵素について

タンパク質を分解するための酵素は前駆体として分泌されて、活性化されてから、その機能を発揮するのはわかったのですが、このようになっている利点は何なのでしょうか?
主にペプシン、トリプシンの活性、pHの関係を交えながら説明していただけると幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

後半を読むとなにやら宿題臭いですが、「結果的に」活性化機構 (N 末切除や修飾) が備わっていることの利点は、タンパク質分解の調節です。
調節は活性化段階だけではなく、プロテアーゼの合成の段階や環境至適化の段階でも働いていますが、むやみに合成され活性化され、ターゲット部位に到達すると、やたらと他のタンパク質を分解してしまうので、それにともなう不都合を防ぐ働きをしているわけです。

Q化学科の実験について… 大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか? (腎臓とか

化学科の実験について…
大学での化学科の実験で使う薬品は身体に何らかの影響がありますか?
(腎臓とか肝臓)
また何らかの影響が出た方はいますか?

Aベストアンサー

非常にありますね!
SDSというものが、化学製品、薬品には添付されています。
急性毒性、眼刺激性、皮膚刺激性、生殖毒性、生殖細胞変異原性、発癌性などが記載されています。
これらを読んで、ゴーグル、不浸透性手袋、マスク、白衣や作業着を着て、法定吸引風速以上のドラフト内で作業して下さい。
また、実験室は作業環境測定を行い、ジクロロメタンなどの特定化学物質は記録を30年間保管しなくてはいけません。
大学は企業に比べて安全衛生管理がルーズです。自分の体は自分で守って下さいね。有機化学系は特によくないです。

Qタンパク質分解酵素は自分自身を分解するのか

 タイトルの通りです。よろしくお願いします。もし,分解されにくいしくみがあれば併せて回答をお願いします。

Aベストアンサー

基本的には相当のスピードで自己消化するものと思いますが…

酵素試薬は,グリセロールに酵素を入れ-20℃で保存します。グリセロールは凍結防止剤の作用もしますから,-20℃でも凍りません。

室温保存しますと,急速に酵素活性が落ちます。低温保存は熱による変性防止と自己消化防止のためであると思います。

試薬として販売されているプロテアーゼは化学修飾しまして自己消化を防いでいます。それでも自己消化は進むようですが…

Q大学、または企業で化学系の実験をなさったことのある方、お願いいたします。

 こんにちは。私は化学系の実験をしている大学理系のものです。そして、今度就職する企業も化学系の仕事をする予定です。
 質問の内容は、皆さんの所属していらっしゃる研究室、ないしは企業では化学実験で自分の使用した器具を自分で洗うのですか?と言うことです。
 私の今通っている大学(地方国立)では。化学の実験をした後、実験の使用器具を自分で洗います。私の大学では、大半がそうなのですが、例外があります。それは、寒冷バイオの研究室で、そこは国の機関みたいなものであるため、使用した実験器具を洗う人をパートで雇っているそうです。また、今の担当教官は、某大企業に勤めていた際も、使用した実験器具の洗浄はパートの人を雇っているそうです。そこで、このような疑問が浮かびました。

 長々とした文章ですが、お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

私の所では自分の使用したものは自分で洗浄し乾燥していました。

企業の規模とトップの考え方で決まると思います。
そんな雑用をするくらいなら本来の業務に時間を使えという考えもありうるとおもいます。

私が見学した某大企業の実験室ではガラス細工の専門家がいて、設計図を渡せば望む装置を自在に作って提供していました。 うらやましかったです。

自分の使用する器具は自分が責任を持てという考え方もあるでしょう。
それに器具の使用目的により特殊な洗浄法を必要としたり一定の基準にあう必要がある場合などさまざまです。

最近のパートに任せるという話は考えたこともありません。 
化学実験は厳密さが必要なものです。 最新の注意を払うのが普通と思います。

Qあるタンパク質が結合する他のタンパク質の同定法

生物学をかじっている者です。分子生物学の実験で、あるタンパク質の機能を調べる際、それが他のどのタンパク質と結合するのかを調べる一般的なやり方が知りたいです。
私は、Far western blotting、免疫沈降、アフィニティークロマトグラフィーといった専門用語を単語としては知っている、個々の意味を調べれば理解出来る、というレベルなのですが、そういった手法を行う具体的な順番や、どういった手法がメジャーなのかがよくわかりません。大雑把でいいので教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

順番は場合によって異なると思います。
最初に、酵母Two-hybridで相互作用する因子をスクリーニングし、次に、プルダウンアッセイで相互作用を検討するといった感じで行うことが多いと思います。
また、目的タンパク質が組換えタンパク質、もしくはタグ融合組換えタンパク質として得られており、nativeで認識できる抗体があるのなら、免疫共沈殿もしくは免疫アフィニティクロマトグラフィで候補因子を精製し、SDS-PAGE後、目的バンドを切り出して、LC-MS/MS等の質量分析に供するという方法もあります。
BIACOREを使う方法もありますが、機械がないとできないので一般的ではありません。

Q一般人・学生向けに化学実験の技術講習会を行っているところはあるのでしょうか?

このたび、大学院で化学系の実験研究を行うことになりました。試薬の調整、機器分析など、実験する技術・ノウハウが求められています。
しかし、学部時代に化学系の実験を行っていないため、具体的な技術やノウハウが全くわかりません。
きちんとした研究を行いたいので、実験の基本的な技術を身に付けたいのですが、今までに基本的な定量実験、例えば中和滴定などもしたことがありません。

ノウハウを身に付けるために、公共施設や学校などで一般向けに実験技術の講習会をしてくれるところはあるのでしょうか?

講義といった座学ではなく、実習形式の講習会を希望しています。僕が調べたところでは、学会が行う講習会、大学の公開講座、独立行政法人雇用・能力開発機構(学生が受講できるか分かりませんが)などのセミナーがありますが、いずれも不定期であったり、化学系の講座がなかったりします。化学実験の講習会は少ないようです。かろうじて、日本分析化学学会が開催しているセミナーが僕の求めているものと一番一致するのですが、頻度が数ヶ月に一度なので、短期間で技術を見につけるには足りません。

僕自身、機会があればどんどん講習会や実習に出向いて技術を向上させたいと思っているので、そのような場をご存知の方がいましたら、是非教えていただけば幸いです。

このたび、大学院で化学系の実験研究を行うことになりました。試薬の調整、機器分析など、実験する技術・ノウハウが求められています。
しかし、学部時代に化学系の実験を行っていないため、具体的な技術やノウハウが全くわかりません。
きちんとした研究を行いたいので、実験の基本的な技術を身に付けたいのですが、今までに基本的な定量実験、例えば中和滴定などもしたことがありません。

ノウハウを身に付けるために、公共施設や学校などで一般向けに実験技術の講習会をしてくれるところはあるのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

分析などの実験をされるようですが、まずは「実験器具の洗い方」から入ります。

試験管などの洗い方です。
料理のお皿を洗うのとは次元が違いますので、上手く洗えてない実験器具は実験失敗の元に繋がります。

これを練習してマスターするのに軽く数時間はかかります。
これが出来ないと実験まで進めません。

まずは先輩などに教わることは出来ないのでしょうか?

Qタンパク質分解酵素

タンパク質分解酵素には大きく分けてエンド型酵素とエキソ型酵素の2種類があると思うのですが、このエンド型酵素とエキソ型酵素ってどんな違いがあるのですか?定義などを教えていただきたいのです。
どの酵素がエンド型かエキソ型かは自分で調べることができます。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

蛋白質は、アミノ酸が分子のない鎖状に重合した分子です。
エキソ型酵素は、末端から1残基ずつ分解していきます。
エンド型酵素は、中央部分をいきなり切ることができます。

エンドというと、endつまり、終わりを連想してしまいがちですが、
実はラテン語(?)のendoです。意味が違うようです。

------------------------------------------------------------
以下は大嘘かも知れません。

・interior インテリア、内装
・exterior エクステリア、外装
などの言葉があるからもあわせて考えると、endo はむしろ英語の in に近く、
中央とか内部とかの意味があるような気がします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報