冬休みにFXの聖杯作りをしました。

ユロドル、1日1回トレードすべきかチェック、最長3時間で強制的にクローズです。
スプレッド考慮せずで
平均利得が0.000152842
トレード頻度は530/1024 (≒2日に1回)です。

ごみでしょうか?

質問者からの補足コメント

  • 同様にドル円仕様にしました。

    ドル円、1日1回トレードすべきかチェック、最長3時間で強制的にクローズです。
    スプレッド考慮せずで
    平均利得が0.075776961
    トレード頻度は280/1024 (≒4日に1回)です。

      補足日時:2016/01/09 11:15

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>トレード頻度は280/1024 


と言うことは 3年のバックデータですね。んじゃだめです。
安倍ちゃんミックスが始まる前からの 6年くらいのバックデータが必要です

それと、ブログでも作って、取引データを、結果報告じゃなくて、オンタイムでX時:xx分、売り買い、幾らの取引とアップ。クローズも同様の収支結果をアップ。
これを1年くらいフォワードテストとして、ブログ運営。
成績良ければ、プログラム売ってくれって言う人、現れますから
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシュタイナーの聖杯について

シュタイナーは聖杯について、宇宙的聖杯と内なる聖杯に言及していますが、マクロコスモスとミクロとの関係、また、キリストとの関係について、また高次の認識との関係についてイマイチよくわかりません。
少しわかりやすくお教えいただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

NO.2です。

えっと シュタイナーの思想に賛同していない立場なので、ちょっと望む回答とは違ってくると思いますが、、、、



今回 キリストとした対象人物はイエス(イエーシュア、またはヨシア)と呼ばれた人だとして。。。

>一つ思うのは、キリストとの関係で、聖杯というのは、
>キリストあるいはその意識を受容する器だと思うのですが、

聖書には聖杯という言葉は出てきませんが、キリスト教国の中には言い伝えとして聖杯伝説なるものが存在しています。
イエスが磔刑の際に出血してその血を受けたカップが聖杯  とか、イエスは結婚していて子供がいて、その血族が聖杯として受け継がれている とか ダ・ビンチのように最後の晩餐でカップを描かないことで、「イエスの思想は今のキリスト教には受け継がれていない」(イエスの思想=聖杯)と暗に指摘した とか いくつか知っていますが、今回のあなたが求める聖杯はこのダ・ビンチの聖杯に対する概念と同じものだと思います。



で、シュタイナーの思想を読むと、やはりダ・ビンチと同じものを聖杯としていると思えたんですね。
つまり 奥義。 
     ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%A9

【カバラーはヘブライ語の動詞キッベール「受け入れる」「伝承する」の名詞形で、「受け入れ」「伝承」を意味する。】

これが奥義を口から口に継承していくというもので聖杯。
聖杯(秘儀)は誰でも継承できるものではなく、理解したものしか受け取れない。 受け取れないものは他に継承することはできない。


【本来のカバラーは、ユダヤ教の律法を遵守すること、あるいは神から律法の真意を学ぶことを目的とした。
したがって、正統的なユダヤ教との親和性を持っていた時期もあったため、必ずしも秘教的な神秘思想とは言えない。

しかし、キリスト教の神秘家に採り入れられるようになると、ユダヤ教の伝統からは乖離した極めて個人的な神秘体験の追究の手段として用いられることになる。

歴史的にはグノーシス主義や、ピタゴラス教団の教義、ギリシア哲学などの影響を受け、3世紀から6世紀頃に始まり、16世紀頃にほぼ現在の体系が完成したとされる。】
    ↑
これがダ・ビンチやシュタイナーの研究対象としての聖杯 のことじゃないでしょうか。
一言でいうと オカルト。(隠されたもの)


聖杯とは秘儀のことだと思うのですが、、、、
どういったらいいのでしょう。
その過程が、器というより、通過ポイントのようなものだと思えます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%A8%B9


シュタイナーの場合、キリスト教的カッバーラなので、、、、


高次の意識を受信する場所がどこか。
医学的な見地?からいけば、側頭葉のある部分がそれに酷似していて、そこを機械で刺激して、過度に放電させればなるようなのですが。。。
   ↓
http://www.amazon.co.jp/%E8%84%B3%E3%81%AE%E3%81%AA%E3%81%8B%E3%81%AE%E5%B9%BD%E9%9C%8A-V-S-%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%A9%E3%83%B3/dp/4047913200/sr=1-2/qid=1171360896/ref=sr_1_2/503-9517106-8947906?ie=UTF8&s=books
の中に書かれています。
この場合、てんかんの類で過度にその部分に電流が流れたため、起こるようです。


機械を使わず自分で操ってその部分に多量に放電されるようにするには、修行でその部分が過度に放電するようにすればいいらしく、だから昔の人は修行してその部分を放電させていたんじゃないかと。


シュタイナーも同じで修行により獲得するとしたようです。

シュタイナーの言いたかったことは要するに今でいうなら認識学みたいなものだと思えます。
古代からあるグノーシス(認識)なわけで、新しいものじゃなく、随分前から、 恐らくピラミッドが建設された時代から あったもの。
(カッバーラも元はそのエジプト文明から発展したと思えます)


>ミクロ的に考えた場合、それはアートマンを形成するミクロレベルの粒子にまでおよぶのでしょうか?

シュタイナーは終わりが無いとしています。
どこまで掘り下げても「ここが終点」というものは無いと。
じゃあ どこがミクロかどこがマクロか 認識できるレベルの限界を突破すると、また別の次元が存在し、その先にまだまだたくさんの次元があり、終わりが永久に無い というもの。

シュタイナーは「現実で役にたたないもんだったら要らない」としています。
私は頭をひねります。
定規で、ぴったりの数値を描けません。
「布を1メートルをください」としたところで、限界が無限なら、いつまでも布がもらえません。
ここがぴったり1メートルだ というものが無いからです。
限界を突破しても別のまだまだーー があり ミクロのさらにその先を認識しようとすると、生きることすらできません。
現実役にたたない学問。 それは学問というより娯楽の類ですが、それを現実の使用に耐えうるとすると 哲学 となんとか呼ぶことができると思えます。
現実役にたたなくても人が好み集まれば宗教あるいはカルチャー。
またはキッチュ。


何故シュタイナーは『アントロポゾフィー』という著作を残さなかったのか

終われなかったから。
彼の理論でいくと終わりが無いので、これが決定版というものが存在しなくなり、彼自身も存在が危うくなり、認識を極めようとした結果 彼は無になった。
これが、カバラの形と力というものだと思える。
対極にあり、力を求めると形が崩壊する世界になる。
形をとどめることができなくなるわけです。
そして、混沌とした世界になる。
どこまでが自分でどこからが他者なのか曖昧になり、全てが一つになった感覚と同時に肉体を失う。

混沌とした世界に「光あれ」
また物質化していくわけです。
そして律法ができ、集団が形を作っていった。
しかし形が強まると重力が大きくなり、人々は形を持つゆえ 苦しむ。
そしてまた、精神世界を求めだし重力が軽くなる。

このゆらぎの中に生命は存在する。

これが天と地に狭間。 生命だと思います。
イエスの思想を書いた人は、そういうことを言いたかったと思います。


>それからアートマンの座はハートチャクラ、つまり心臓あたりの霊的器官にあるのじゃないでしょうか?

この部分はクンダリニー・ヨガ関連で説明できると思いますが、説明を望みます?
でしたら、それについて私が知る限りを次の返信に書かせていただきますが。

NO.2です。

えっと シュタイナーの思想に賛同していない立場なので、ちょっと望む回答とは違ってくると思いますが、、、、



今回 キリストとした対象人物はイエス(イエーシュア、またはヨシア)と呼ばれた人だとして。。。

>一つ思うのは、キリストとの関係で、聖杯というのは、
>キリストあるいはその意識を受容する器だと思うのですが、

聖書には聖杯という言葉は出てきませんが、キリスト教国の中には言い伝えとして聖杯伝説なるものが存在しています。
イエスが磔刑の際に出血してその血...続きを読む

QFX FXのデモトレードと本当のトレードでは何が違うんですか?

FX




FXのデモトレードと本当のトレードでは何が違うんですか?

Aベストアンサー

購入できる通貨単位が通常取引の1/10程度であったり、ロスカットが早めにかかったりして、損金が大きくならないように設定されています。そのため、少ない資金で比較的安全に取引できるのですが、その代わり利益も抑えられています。本番で取引する前の練習が行えるものと考えてください。

Q聖杯

朝などに雲の間から光が差して
その光の下には聖杯があり、光がそそがれた聖杯を手に取る-‐・・

のようなキリストな話を教えてもらった記憶があるんですけど、忘れてしまって、今少し興味があるので知りたいです。
誰か知っていたら、もう少し詳しく教えてください。
またこういう話があるホームページがあれば、紹介してください
(m__)

Aベストアンサー

こんにちは。
最後の晩餐での聖杯でしたらさんこうURLでリンクを辿って行けば
いろんなサイトや解説にで合うでしょう。

しかし、このサイトひとつでわかるというところはありません。
あまりにも謎が多く、未だに解明されず、研究され続けている。
イエス・キリストの中のテーマのひとつにしか過ぎません。
なので「聖杯」「キリスト」「聖書」「黙示録」
などで、検索してみれば、本当に興味深いサイトが見つかるはずです。

その文章は。。。記憶が曖昧だけど、多分「聖杯伝説」で
アーサー王が騎士団を使って捜し求める・・
中の一節のような気もする。確かではありません、記憶が曖昧でごめんなさい。

QFX デモトレードと本当のトレードは現金を運用していること以外で何か違いはありますか? あとデモトレ

FX

デモトレードと本当のトレードは現金を運用していること以外で何か違いはありますか?
あとデモトレードのチャートは本当のトレードと同じなんですか?

Aベストアンサー

デモトレードは予め準備されたプログラムに従ったシミュレーション。
本物を使った「お試し」では無いよ。

Q聖杯伝説

 ダヴィンチ・コードでの話でもありましたが、聖杯とはマグダラのマリア自身(女性)を、意味するものなのでしょうか?

 あの最後の晩餐では、マグダラのマリアを12使徒へ回したということでしょうか?

 変な内容で想像をおかしくされてしまいそうです。

Aベストアンサー

ダヴィンチ・コードの「聖杯=マグダラのマリア」というのは、聖杯に対する様々な解釈のうちのひとつ(しかもかなりキワモノ)にすぎません。

ダヴィンチ・コードでは、男性をあらわすシンボルは剣で、女性をあらわすシンボルが杯であり、聖杯を守り続けている集団が言っている聖杯は、最後の晩餐で使われた杯ではなくて、聖なる杯=聖なる女性=キリストの子供を産んだ女性=マグダラのマリアを表している、ということになっています。
ですが、あくまでもそのあたりはフィクションと捉えたほうがよさそうです。

>あの最後の晩餐では、マグダラのマリアを12使徒へ回したということでしょうか?

そのような意味ではありません。
いろいろ想像される前に、小説や関連本を読まれた方がいいかと思います。

QFX、投資家、プロギャンブラー プロのFX、投資、でトレードする人は本当に存在するのですか?あとパチ

FX、投資家、プロギャンブラー


プロのFX、投資、でトレードする人は本当に存在するのですか?あとパチンコや競馬で生計を立てている人はいるんですか?

Aベストアンサー

実際に存在しますよ。
ですがプロと言えど、毎度勝てるわけではありません。
個人トレーダーで考えた場合、トレードだけで生計を立てれるほど簡単なものではありません。

証券会社の発注間違いというありえないミスが手伝って億万長者になった個人トレーダーは現実にはいますが、
それは運のおかげです(予測で成り立つなら皆そうなっています)。

個人の話に限って言えば元々の資産家がお金を転がしているケースが大半でしょうね。
誰もが羨む成功談は誇張された事実かあるいは真っ赤な嘘のどちらかでしょう。

Q【エルミナージュ original】 聖杯イベント

「ロンデルギウスの試練3」にて、聖杯に各種族の血を注ぐ、
というイベントがあるのですが、パーティにいるデビリッシュの血を注ぐ事ができません。

「聖杯が血で満たされた」のメッセージ後に、「(種族名)の血が注がれた」と続くのですが、
「デビリッシュの血が~」が表示されずに終わってしまいます。

デビリッシュ一人でイベントを行っても、新しくキャラを作っても同じです。

何か情報お持ちでしたらご教授願います。

Aベストアンサー

デビリッシュ・魔傀儡の二種族は、スルーされるのが正常です。
魔傀儡はともかく、デビリッシュは……半人半魔、悪魔の血を受け継いでいることが理由です。

続編では、露骨に嫌悪感を示される描写もあるなど、かの種族の苦労を垣間見ることが出来ます……。

QFX について FX のトレード方法でスキャルピングというやり方がありますよね?予想とは逆の方向にチ

FX について

FX のトレード方法でスキャルピングというやり方がありますよね?予想とは逆の方向にチャートが動いたとしても数秒から数十秒で決済するんですか?
それとも上がるまでもう一度待つんですか?

Aベストアンサー

そう、それが最大の問題。
チマチマ、稼ぐんだけど、その損切が出来なくて、結局回復せず、今までの20-30回の稼いだ分を1回で取られて、おしまい。

この手のロジックは全てそうなる。

それを、防ぐには、売り買い、損切、すべてPC任せにして、感情の入らない取引をする。
そのシステムが出来た時、初めて先が見える・・・・

Qブラッドボーン 聖杯ダンジョンについて

こんばんわ
お尋ねしたい事があります

聖杯ダンジョンにて「爪痕+30」を入手したいのですが
「呪われた深きローラン」の出現条件がいまいちわからなく、
教えて頂ければと思います。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

こんばんは

ブラッドボーン面白いですよね。
汎聖杯が必要で、深きローラン作成時の供犠に呪いの供犠を追加することで出現すると思います。
結構昔にプレイしたので間違っていたらごめんなさい。

参考になれば

QFX FX のデモトレードをやっているんですけど3週間ぐらいで50万円の利益が出ました。そもそもデモ

FX
FX のデモトレードをやっているんですけど3週間ぐらいで50万円の利益が出ました。そもそもデモトレードのチャートは現実と同じなんですか?
また、デモトレードはみんな利益が出るように作られているんですか?
なんでこんなに簡単に利益が出たのでしょうか?

Aベストアンサー

簡単に勝てるということは、負けるときも簡単に負けます。
だから、根拠なしに買ってれば取引が多くなれば手数料分ずつ損していく可能性が高くなります。

実際には、大きく負ければロスカットでおしまいですけどねー。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報