【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

自宅前の路上に駐車していて駐車禁止の黄色いシールを貼られたのですが、書いてある詳細な住所が停めていた住所と違っています。この場合、この駐車禁止は無効になるのでしょうか。ちなみに書いてあった住所はその番地自体が存在しないです。無効になるようでしたら説明に行こうかと思います。

A 回答 (8件)

駐車場所の住所は問題にならず。

あくまでも違法車両の登録番号、駐車の日時が正しければ駐車場所がたとえ間違ったとしても、問題ありません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございました。出頭し、説明はせずにおとなしく罰金を払って反省しておきます。

お礼日時:2016/02/17 22:23

暇だったら 警察に行って内容が間違っていて納付書には瑕疵があるから無効を主張をしてみたら・・。

瑕疵ある文書は無効になる場合があります。
でも、警察に行くと 違反点数が課されるケースもあるから要注意だよ。納付金を黙って納めれば 点数は減らされない。
    • good
    • 0

「これ住所違ってますよ。

正確な住所はこれなので訂正してください!」
と出頭すれば良いです。

まずは出頭することです。

しないと、その車両の車検の許可が下りません。
それだけです。
    • good
    • 0

その程度で法がすり抜けられると思うか?

    • good
    • 0

駐車禁止区域外なら無効です。

    • good
    • 0

>書いてあった住所はその番地自体が存在しないです


⇒ 事実であれば、ひょっとして「無効」になるかも・・。
(但し、写真は撮っているかも。)
まぁ、強気で行って、ヤバイと思ったら引き下がればOKでしょう。
※裁判になると面倒ですので・・ご留意下さい。
    • good
    • 0

説明に行ったら、じゃあちゃんとした住所を教えてください


もしくは訂正しますね、と言われて駐車違反に出頭した事になりますので、点数が2点になります (^_^;
    • good
    • 1

まず、無理でしょうね。


車のナンバー、駐車日時 が、記載してあれば、無理でしょう。
車のナンバー が違って いれば、無効になりますがね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q駐車禁止の黄色い貼り紙

駐車禁止の貼り紙は駐禁キップをきられたことになるのですか?
減点・反則金の対象になるのでしょうか?
だとするとサイドミラーに黄色いホルダーが取り付けられるのは
今現在はしてないのですか?
それとも黄色い貼り紙とホルダーはまた別物になるんですか?
教えてください。

*カテが違ったらすいません

Aベストアンサー

縦長の紙の上部に大きく「駐車違反」と印字し、赤丸に斜線入りの駐車禁止標識と同じマークがその文字の上に重ねて診察してある紙が、フロントガラスに張り付けてあったのでしょうか。

であれば、「放置車両確認標章」というものです。
平成18年6月1日施行の道交法改正によって従来の駐車違反標章からこの標章に変わりました。この標章は、以前の標章の取り扱いと違い、運転者あるいは所有者・使用者によって取り除くことが出来ます。(運転者または所有者・使用者以外の第三者が取り除いた場合には処罰されます。)

貼り付け後の手続きですが、
(1)運転者本人が警察に出頭して放置駐車違反による反則金納付書をもらい、反則金を払う。
(2)運転者は警察に出頭せず、後日車検証上の使用者に送られてくる弁明通知書に同封された放置違反金納付書(反則金と同額+手数料800円)で違反金を納める。(弁明書の提出期限までに仮納付しなかった場合は、放置違反金納付命令書が使用者に送付されます。)
という2通りの方法があります。
もちろん、事実誤認等により違反が成立していない場合、当該違反日において放置車両の使用者でなかった場合、当該車両に係る違法駐車行為が天災等の不可抗力に起因するなど当該車両に係る違反を当該車両の使用者の責に帰すことが著しく相当性を欠くことが明らかである場合は弁明が認められ、違反金は納付しなくて済みます。

なお、(1)の場合は違反点数2点が付加されますが、(2)の場合は違反点数は付加されません。

また、放置違反金が未納であると、車検が受けられません。

縦長の紙の上部に大きく「駐車違反」と印字し、赤丸に斜線入りの駐車禁止標識と同じマークがその文字の上に重ねて診察してある紙が、フロントガラスに張り付けてあったのでしょうか。

であれば、「放置車両確認標章」というものです。
平成18年6月1日施行の道交法改正によって従来の駐車違反標章からこの標章に変わりました。この標章は、以前の標章の取り扱いと違い、運転者あるいは所有者・使用者によって取り除くことが出来ます。(運転者または所有者・使用者以外の第三者が取り除いた場合には処罰されます。...続きを読む


人気Q&Aランキング