タイトルのそれぞれの時間について質問です。
中小の運送会社でドライバー(2~4t)の仕事をしているのですが、仕事先の荷物の量が日によってかなりのバラツキがあり出勤時間はほぼ7時なのですが終わる時間が15時~21時とかなり前後します。普通の労働時間で考えれば7時出勤なので休憩1時間として16時が定時だと思うのですが(実際は休憩時間ほぼなしの日もあります)早く終わった日でも17時半までは待機ということで帰れません。
当然のように残業代は出ませんし、遅い日でも11時間以上からでないと残業代はつきません。
会社の言い分ですと3時間休憩として勤務時間8時間とあわせて11時間以上なら残業代出るとのことですが実際3時間の休憩なんて取れませんしこれは法的には問題ないのでしょうか?
コレが理由で3時間休憩をどんな状態でも固定していて毎日残業代が発生しないギリギリの時間まで特に何もなくても拘束されるのですがこれも法的には問題ないのでしょうか?

(ちなみに早く会社に帰っても洗車などさせられて休憩なんてできてません)

詳しい方回答よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 多くの回答ありがとうございます。
    補足として
    ・正社員であり業務委託などの扱いではありません。
    ・他数名同じような疑問というか不満を持っている人とも話ししてます。
    ・まだ数か月分ですがタイムカードのコピー&画像残してあります。
    ・正直運送業全般に言えるかもしれませんが自分の勤めているところも離職率高めです・・ベテランの人ほど辞めていく傾向にあります。

      補足日時:2016/02/25 19:00
  • 書き忘れてましたもう1個補足で、
    ・会社には組合はありません。

      補足日時:2016/02/25 19:05

A 回答 (7件)

おじさんです。


みんな それぞれ適当なことを もっともらしく書いていますが その人たちにとっては それが正解です。
ということで 身元不明の人の こんなところの回答なんか 信用しないでください。
私の回答 そこが嫌なら すぐに辞めましょう。
    • good
    • 1

待機時間は労働時間に含まれます。

労基法で決まっています。
物流業なら荷物の来るまでは待機時間です
本来の拘束時間は8時間です。出勤してタイムカードなどを通してから8時間です。
7時から出勤なら本来は16時終了です、その後は残業となります。
そのことが証明できる書類などあれば労働基準局に申しでしてください。
    • good
    • 0

労働組合に相談して、固定給から時給に給料を偏向して頂いてください。

    • good
    • 0

ご質問の文面を見る限りですと、待機時間であり、したがって労働時間になると思います。


理由は、出勤してから待機時間があったとしても、予め、そのような手待ちの時間が休憩時間だと認識することは不可能であり、7時に出勤することが所定の(決められた)出勤時間かどうかはわからなくても、7時出勤があなたの事業場の常態となっていると思われるからです。後で働かなかった時間は休憩時間だといわれても、不合理(中学生くらいの学力と社会経験があれば非常識だとわかります)だからです。
ただ、これはあくまで労働者(その事業場ないし事業者)に使用される労働者であった場合です。

そうではない、個人請負人ドライバーであれば、話はまた別になってくるでしょう。

ドライバー、配達人、集金員、〇クルト販売員が、労働者か?それとも個人請負人(個人事業主)かは、よく争いになる事例です。

なお、あなたを雇った旨の「雇用契約書」または「労働条件通知書」があなたの手元にあれば、労働者だと考えてよいと思います(少なくとも労働行政や裁判所はそう考えます)。ですから、最初に掲げた通り、待機時間も含めて働いた分は請求すればもらえると思います。
勤務していた事実を示す証拠を集めるとか、忘れないうちに手帳などにメモを残しましょう。
もしもらえなければそのような証拠(メモ)をもって、労基署に申告するか、裁判をすれば(本当の意味の「請求」というのは裁判で訴えることを指します)もらえると思います。

なお素人ゆえ誤りがあるかもしれません。
    • good
    • 0

3時間の休憩時間がとれていれば それは労働時間ではありませんから 違法ではありません。

    • good
    • 1

早く終わった日でも17時半までは待機ということで帰れません。


   ↑
待機している時間は労働をしているとして
計算されます。
作業着に着替える時間も、労働時間に算入されます。
時間は一分単位で計算しなければなりません。
汚れがひどい職場では、入浴時間も労働に含まれる
とした判例があります。


これは法的には問題ないのでしょうか?
   ↑
大いに問題あり、です。


コレが理由で3時間休憩をどんな状態でも固定していて毎日残業代
が発生しないギリギリの時間まで特に何もなくても拘束される
のですがこれも法的には問題ないのでしょうか?
     ↑
同じく問題ありで、残業代を請求することが
可能です。


ちなみに早く会社に帰っても洗車などさせられて休憩なんてできてません
    ↑
洗車する時間も明らかに労働時間です。


詳しい方回答よろしくお願いします。
    ↑
労基法違反は明らかですが、会社にクレームを
入れるには、会社を辞める覚悟が必要ですよ。

記録をキチンととっておいて、それで労基署や
裁判に訴えて、例え勝ったとしても、もう
その会社にはいられなくなります。

そういう人は、会社から種々の嫌がらせを受け
結局辞めていってます。

組合があれば組合に相談するのも方法ですが、
小さい会社には組合が無かったり、
使用者とぐるの組合も少なくないです。
    • good
    • 0
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働時間12時間、残業代なし。

こんにちは。
現在都内でネイリストとして勤務しております。

*10時~23時の営業時間サロンで働いております。(お客様の希望があれば朝8時から)
早番遅番などの制度はなく拘束時間12時間(多いと13時間)が週に4日程あり、労働時間が8時間でおさまる日はほとんどありません。
残業手当はなく、お休みは月8日いただけています。

*勤務するにあたって、雇用契約書を書いておりません。

*給料明細をもらったことがありません。

*雇用保険や労災、健康保険はなく、お給料から差し引かれるものは所得税のみです。

オーナー夫婦がよく長期休みで旅行に行くので、有給などのお休みはしっかりいただけます。
が、やはり労働時間が長いことと、お給料が見合わないこと、お給料明細がないことから不信感と不安が募るばかりです。
こじんまりとしたお店なのですが、こういうものなのでしょうか。
以前働いていたお店では、完全時給制だったので働いた分の給与はしっかりといただいていましたし、雇用契約書や給料明細もありました。

法律的には問題のないことなのでしょうか?

Aベストアンサー

労働基準法第15条第1項で、労働契約の締結に際し、基本賃金の額、賃金の締切日及び支払日、始業及び就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇などについて、書面によって明示しなければならないことになっています。
ここでいう所定労働時間は、当然のことながら1日8時間以内でなければなりません。

仮に、1日10時間働いて日給10,000円を支払うという労働契約があった場合、その労働契約は無効となって1日8時間働いて日給8,000円を支払うという労働契約として扱われます。
ですから、1日10時間働いた場合には、最低でも8,000円+2,000円×1.25=10,500円の支払いがなされなければなりません。
この例は、違法ではあっても、一応所定労働時間が10時間であることは明示されています。

しかし、今回の場合にはそもそも所定労働時間が明示されていないので、当然1日8時間働いた場合の給料だとの解釈が成り立つものと思われます。
また、所定労働時間を1日8時間以内とすることと併せ、1日8時間を超えて働かせる場合には、事前に所轄労働基準監督署へ届け出ることも必要になります。

労働時間と賃金の問題、雇用保険(一部のパートタイム労働者を除いて強制適用)と労災保険(強制適用)に未加入の問題については、いずれも所轄労働基準監督署にご相談されることをお勧めします。(労災保険料には自己負担分がありませんので、労災保険だけに加入している可能性が全くない訳ではありませんが…。)

しかし、所轄労働基準監督署による指導がなされた場合、特に従業員数が少ないと、オーナーが「誰が労働基準監督署に言ったんだ」と、「犯人捜し」のようなことをしないとも限りません。
ですから、従業員全員が不満を抱いているとの意思統一を図っておくことが必要で、決して質問者の方だけが悪者扱いされるような事態は避けなければなりません。
そして、労働基準法第104条第2項で、労働基準監督署に相談(法律用語は「申告」)したことを理由として、解雇その他不利益な取扱をしてはならないことになっていますので、たとえ勤務しづらい状況になったとしても解雇は無効であり、また退職する必要もないのですが、従業員全員が不満を抱いているとの意思統一を図っておかないと、結局は仲間外れになってしまう心配があります。

所得税についてですが、もしもその額が適正であるかどうかと、さらにはそれがきちんと納められているかどうかについての疑問があれば、所轄税務署にご確認ください。

給料明細についても、所轄労働基準監督署と所轄税務署にご確認ください。

健康保険は、任意適用のようなので、未加入であれば国民健康保険に加入しなければなりません。
この手続きは、居住されている市区町村で行うことになります。

給料から、所得税が差し引かれているのに、住民税が差し引かれていないのは釈然としませんが、このままでは住民税が未納の状態ですので、これについても居住されている市区町村にご相談ください。

労働基準法第15条第1項で、労働契約の締結に際し、基本賃金の額、賃金の締切日及び支払日、始業及び就業の時刻、所定労働時間を超える労働の有無、休憩時間、休日、休暇などについて、書面によって明示しなければならないことになっています。
ここでいう所定労働時間は、当然のことながら1日8時間以内でなければなりません。

仮に、1日10時間働いて日給10,000円を支払うという労働契約があった場合、その労働契約は無効となって1日8時間働いて日給8,000円を支払うという労働契約として扱われます。
ですから、1...続きを読む

Q【法律】電通の105時間残業は実際には105時間残業ではなく200時間残業とかの世界だったと言われい

【法律】電通の105時間残業は実際には105時間残業ではなく200時間残業とかの世界だったと言われいます。

電通が200時間残業は法的にマズイので100時間残業として就労時間を提出させて、残業がない暇な月にそのプールした100時間を残業に付けてくれと言っていたそうです。

これって法律上合法なのでしょうか?

これだと労働基準法遵守とか全く意味を成さないのでは?

ちなみに調べてみると、どうも労働時間操作はどの大手企業でもやっているようです。

オリンピックのメインスポンサーだったPanasonicですら残業時間の次月繰り越し操作が常態化していたことが発覚しましたので厚生労働省と国会は社長を呼び出して参考人聴取をすべき事案です。

これって法律上どうなのか教えてください。

Aベストアンサー

ダメ

Q出勤・退勤・休憩時間についてです

出勤・退勤・休憩時間についてです。

就業規則には『9:30出勤19:00退勤、1時間30分の休憩』という内容が書かれていました。

実際には、ミーティングなどで8:30に行かなくてはならないことがよくあります。出、退勤はパソコンで管理されており、8:30に出勤しても「9:15すぎるまで出勤ボタンを押すな」と言われています。

19:00に退勤できることは絶対にありません。早くても20:30にはなります。だいたい21:00~22:00です。
退勤ボタンは、その日にレジ閉めをしている者が、勝手に全員分をまとめて押します。その後に終わっていない掃除やミーティングや残っている仕事をします。

休憩時間は1時間30分ではなく、「30分」と言われています。休憩が全くとれない日もかなりあります。
休憩時間はタイムカード管理されていません。

このように、一日8時間以上の勤務はあたりまえで、休憩もとれない日もあります。出勤・退勤については実際の労働とは掛け離れた記録にされてしまっているのですが、残業代は請求できますか?

休日なのに出勤しなければならない日もあります。この日は出勤ボタンは押しません。休んでいることになっています。


ちなみに、就業規則は職場に置かれていません。一度、見せて下さいと言ったらだいぶしぶられ、なんとか持ってきたけど賃金規定を持って来なかった。しかも、上司の監視のもと閲覧したという…。
持って帰ってしまったので、内容を簡単に見ることができない状況です。


お願いします。

出勤・退勤・休憩時間についてです。

就業規則には『9:30出勤19:00退勤、1時間30分の休憩』という内容が書かれていました。

実際には、ミーティングなどで8:30に行かなくてはならないことがよくあります。出、退勤はパソコンで管理されており、8:30に出勤しても「9:15すぎるまで出勤ボタンを押すな」と言われています。

19:00に退勤できることは絶対にありません。早くても20:30にはなります。だいたい21:00~22:00です。
退勤ボタンは、その日にレジ閉めをしている者が、勝手に全員分をまとめて...続きを読む

Aベストアンサー

回答1です。
どのように記録しているかわかりませんが、基本的にはご自身が間違いなくつけている記録なら争える段階まではいけますが、勝てるかといわれるとケースバイケースだとおもいます。

たとえば、その記録を毎日出勤、退社時に電波時計の電波が入っているのをわかる状態で写真をとっておくとかすればほぼ大丈夫ですが、そこまではさすがに厳しいですよね。

このあたりはネットで残業代請求の方法を検索してご自身でやれる、納得できる方法をとればいいとおもいます。まだまだ自分もひよっこなので、担当したケースでも勝敗がなんで決まったかわからないことがたまにあるためはっきりとしたことがいえずすいません。

Q残業代請求について。既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。1.残

残業代請求について。
既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。
1.残業の証拠
2.名ばかり管理職
3.退職合意書
残業代を請求するにあたり、証拠が必要だそうですが、会社にはタイムカードがなくデジタルの静脈認証で出退勤を管理されていました。自分で労働時間を確認、把握する事が出来ませんでした。1年前に役職を付けるので残業代は払わないと言われ残業代が支払われなくなりました。それまでの残業代より役職手当の方が低いです。仕事内容も変わりません。朝6時過ぎから夜は平均9時くらいまで働いていました。倉庫内作業がメインです。常に時間と作業に追われ休憩時間なし、食事もなしでした。3週間休日がない事もありました。遂には鬱病発症、2ヶ月休職、理不尽な雇用契約変更、その後退職しました。退職の際に退職合意書にサインさせられました。積載債務がない、申立てや請求をしない等書かれています。当時は鬱病の為、思考、判断能力の低下がありました。詳しい説明もなく、「今サインすれば記載金額の退職金を払う」と迫られ、持ち帰り考える時間もあたえられず、今サインしないと退職金を減らす、なくすと言われている様に感じ、あくまで退職金だけに関する合意書だと思いサインしました。
労基署に相談後、会社に残業代を請求しましが合意書をたてに代理人弁護士から積載債務はないと合意していると返事があり行き詰まっています。
今後どうすればいいのか悩んでいます。
知恵をお貸しください。

鬱病の労災申請も検討中です。

残業代請求について。
既に退職した会社から残業代を請求したいのですが、幾つか問題があります。
1.残業の証拠
2.名ばかり管理職
3.退職合意書
残業代を請求するにあたり、証拠が必要だそうですが、会社にはタイムカードがなくデジタルの静脈認証で出退勤を管理されていました。自分で労働時間を確認、把握する事が出来ませんでした。1年前に役職を付けるので残業代は払わないと言われ残業代が支払われなくなりました。それまでの残業代より役職手当の方が低いです。仕事内容も変わりません。朝6時過ぎから...続きを読む

Aベストアンサー

> 今後どうすればいいのか悩んでいます。
その状態で請求を継続するなら、優秀な弁護士に依頼して請求してもらうしか有りません。
単独では無理と思われます。

Q仕事の間の休憩時間

仕事の合間に一時間休憩を取れますが
忙しく取れません その為 一日の日報には
仕事の待機中に
休憩と記載してくれと会社の上司に言われたが
それで会社はいいのか?

Aベストアンサー

よくありません。

労基法34条に違反しています。

ただ、腹が立っても、会社を辞める覚悟が
無ければモンクを言わない方がよいですよ。

会社とトラブった人のほとんどが二年以内に
辞める結果になっています。


(休憩)
第34条
1.使用者は、労働時間が六時間を超える場合においては
少くとも四十五分、八時間を超える場合においては
少くとも一時間の休憩時間を労働時間の途中に
与えなければならない。

2.前項の休憩時間は、一斉に与えなければならない。
ただし、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合が
ある場合においてはその労働組合、
労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては
労働者の過半数を代表する者との書面による
協定があるときは、この限りでない。

3.使用者は、第1項の休憩時間を自由に
利用させなければならない。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報