どうやって、体積と物質量、体積と圧力などは比例であるかという事を見分けるのですか?
又、『比例』を問題にどう活用していけばいいのですか?

A 回答 (2件)

いろいろな化学者が実験をして、まとめて考察をした結果、


「比例している」ということが分かったんだと思います。
だから私たちがテスト等で問題を解くときには
「比例している」ということを前提として解いていくべきです。

見分け方といわれると、実際に実験をやって
自分で確かめるぐらいしかないのではないでしょうか。
何にしても、あまり深く考えなくても大丈夫だと思いますよ。

問題への活用法というのはあまり意味が分かりませんが
「比例する」と授業で習ったものについては
そのまま比例の式(y=axといった式)に
与えられた数値を代入して解いていけばいいと思います。

そして1つ。
問題の主旨とは違いますが体積vと圧力pは
ボイルの法則(pv=k k:定数)によって
反比例だということが分かっています。
少し気になったので。。。すいません。
    • good
    • 0

化学にかぎりませんが、一般に科学は経験の理論化という側面もあります。

つまり、この場合、経験的なことを数学的手法(比例)を用いて解析し理論化したということです。

ですから、体積と物質量、体積と圧力などは、その相関を実験した上で、ひとつの法則性(この場合は、気体の法則だと思いますが)を定式化したということですね。

質問中の「問題」とは、いささか抽象的ですが、比例の考え方は、あらゆる分野(科学のみならず、人間の行動等)で応用されています。
その比例の考え方をどのように活用するかは、vikkyiさんの考えひとつです。つまり「比例」で説明するということは、ひとつの説明根拠であり、他に良い説明ができるのなら比例を使わなくても良いわけです。

また、比例に関しては、科学的手法のひとつに過ぎないことも付け加えます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ