フランスに、科学実験用の試料として、ポケットに入るくらいの物を持ち込む予定です。
この場合、
(1)ATAカルネの申請は必要でしょうか。持ち帰る必要はありませんが、必要ならば持ち帰ることができます。
(2)直接書類を持って申請した場合、発行にかかる大体の日数を教えてください。

以上、よろしくお願いもうしあげます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

的外れだったら、ごめんなさい。

なぜ、カルネにするのでしょうか? カルネはいったん輸出したものをまったく同じ状態で持ち帰るときに輸入を簡単にするための措置ですよね。持ち帰らないのでしたら、輸出で良いのでは?
手持ちで飛行機に乗るのでしたら、単にHAND CARRY用のINVOICEを作っておけば良いと思うのですが・・・それとも、薬品は特別なのですか? (機械しか輸出したことないので)たしかに、ヨーロッパはカルネを好みますよね。

たしかカルネは不備が無ければ中2日くらいでできたと思いますけど。

良く利用する乙仲さんに相談してみては如何でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のアドバイス、ありがとうございます。

受け入れ側が、持ち帰るにしても、持ち帰らないにしても試料も装置もカルネのほうが便利だとか言い出したので、ほんとにいるのかと思いここで質問しました。特別な薬品ではありませんが、海水などです。invoice で対応できるならその方が楽なような気がします。

tantamaに、もう少し、質問させてください。
(1)HAND CARRY用のinvoiceとは、特別な様式がありますか?FedEXなどで書かされるinvoiceと同じでいいでしょうか?
(2)in voiceで対応する場合、5枚(FedEXで要求される枚数)ですか?

もし、お時間がありましたら、ご教授お願いします。

お礼日時:2001/06/20 15:02

(輸出業務から離れて2年になるので、間違っていたらごめんなさい)


確かに、輸入側からすれば、カルネは楽だと思います。しかし再輸入しない、となると日本側で問題が生じるのではないでしょうか。

Hand Carry の場合は、Invoice上にHand Carryと記せば良いだけです。
御社のInvoice様式があるなら、VIAという欄はありませんか?(もしくは、Per)。船名や便名を記す欄です。そこに書けば良いと思います。あと、一番上に普通INVOICEって大きく書いてありますよね。あの横に for hand carryと書いても良いと思います。 Signatureは手持ち者にしておいてください。

枚数は5枚あれば良いと思います。
5枚という枚数の通常の内訳は2枚が日本出国時の通関用、残り3枚がアタッチ用、つまり貨物について行き、相手国入国時の通関で使うのです。

空港に行くと、手持ち荷物は横に連れて行かれて通関する、とか営業さんに聞いたことがありますが、私が実際持って出国したことはないので、その辺のことは判りません、ごめんなさい。

フランスは担当をしたことがないので、なんとも言えませんが、たしかに同僚のフランス担当者はよくカルネ作っていました。
それで、思い出したのですが、たしか(東京商工会議所の場合)午前中に申請した場合は1日半、つまり月曜日朝なら水曜日午後にできていたような気がします。

なににせよ、信頼のおける乙仲さん(日通さん、郵船さん、近鉄さん、その他もろもろ)に相談してみてください。
FedExしかご利用したことが無いのなら、FedExさんに電話して教えてもらっても良いかもしれません。(聞きづらいですよね、でも)

無事に輸出ができますように。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明、ありがとうございました。
教えていただいたHand Carry invoice 作成していくことにしました。
無事、ことが運ぶこと、いのっていてくださいね(笑)!

お礼日時:2001/06/23 15:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QINVOICE(インボイス)ってなんですか?

質問するのが場違な場所だったらすいません(x_x)

仕事で、インボイスという言葉を耳にするのですが
今いちなんのことなのか分かりません。

請求書?なのでしょうか。

海外へ部品を発送時に、発行されるもの?
発送した後に発行されるもの?

どうか、頭の悪いわたしに
分かりやすくおしえていただけると助かりますm(--)m

Aベストアンサー

こんにちは。

#2の補足です。
日経新聞社の流通用語辞典ではこんな風になっています。

「インボイスinvoice
 商品を輸出する際の*送り状。売り主(輸出業者)から買い主(輸入業者)あてに出す書類で,売買契約の条件を正当に履行したことを記す。商品名や数量,単価,代金の支払い方法,運賃,*保険料などの明細通知書でもある。買い主は輸入品の仕入れ書として税関に提出する」出典:日本経済新聞社 流通用語辞典

業種によっても、企業によっても呼び方が異なるものでしょうが、基本的にはこんな感じではないでしょうか。

ご参考まで。

Q無償貨物と有償貨物の違いについて

有償貨物(Commercial Value)と無償貨物(No Commercial Value)の違いについて教えてください。

内製ソフトのCD-ROMを'No Commercial Value'として中国に輸出(発送)しました。
基本的には全て業者さんにお願いしているため、発送の詳細等は業者さん任せなのですが、中国の荷受企業から「'Commercial Value'でなければならないのでは?」と連絡がありました。
今まで他国には同様にCD-ROMを発送していたのですが、特に何の指摘もなかったために、全く意識したことがありませんでした。
そこで、'Commercial Value'と'No Commercial Value'の違いについてと、実際どうするべきなのかを教えてください。
素人の質問で大変申し訳ありませんが、宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

有償であれば通関金額(通関時申告金額)と決済金額が一致するという原則があります。(例外はあるが)
また経理的には、その会社の売上金額(輸出なら)と、あるいは仕入金額(輸入なら)と通関金額が一致するはずです。

輸入国側で、無償のINVOICEで輸入通関すると、決済(送金)できないことになります。無償とはそういう意味ですから。日本では外為自由化が進んでいるので、輸入貨物代金の送金といえば通関書類のチェックまで銀行はしませんが、無償輸入通関なのに送金が出えてくればおかしい。事後に税関や税務署の監査があれば、おかしいことがばれます。

逆に、輸出通関が無償になているのに入金すると上記同様おかしい。ただ監査が常時行われる大手企業と違い、小さい金額ならそこまで考えなくてもという意見もあるかもしれません。輸出の修正申告はこの意味で言いました。

Q輸入の通関費用について教えてください。

輸入の通関費用について教えてください。
荷物は200キロくらいです。
・CFSチャージ・・・\8,812.-
・D/O FEE・・・\3,000.-
・立替関税・・・\1,100.-
・立替消費税・・・\17,800.-
・取扱料・・・\30,000.-
・通関料・・・\23,600.-
・税関検査・・・\18,000.-
-----------------------
小計    \102,312.-
消費税    \1,500.-
-----------------------
合計    \103,812.-
って言われたのですが・・・
これは通常は交渉するものですか?
それとも言われた通りの支払いをするものなのですか?
どうも業界のことがわからなくて教えてください。
こんなに費用がかかるのなら航空便で持ってきた方が安いですかね。

Aベストアンサー

>アメリカからは●通さんに配送をお願いして船が到着したら
通関や国内配送を別業者にお願いすることは可能でしょうか?

このあたりは貿易初心者には分かりにくいところですがぜひ理解が必要です。
国際宅配便のようなものがありますよね。輸出国doorから輸入国doorまで一貫輸送で費用も通しで全部含むという形が典型ですよね。(一部費用は含まないことも)
通常の業務用国際輸送は少し違います。海上輸送と、輸入通関は別の事柄です。一貫で1つの業者に任せる必要はありません。海上輸送を行いB/L(BILL OF LADING)を発行する業者(船社)がいます。これと輸入通関を同じ業者に頼む必要はないということです。
輸入地で入港すると(あるいは事前に)船社からARRIVAL NOTICEという案内兼(一部費用)請求書が届きますよね。他方B/L原本が輸出者から届きますね。(SURRENDER等と呼ばれる方式ではB/L原本は届きませんし必要ないですが)この段階で、A/NとB/Lを提示して、別の輸入通関業者に依頼すればいいのです。小口貨物(混載貨物)が得意な、輸入通関業者(あるいは海貨業者)は沢山あります。(どこが適切か紹介するのは----難しいですが)

>通関に関して今回は3品目とされて2件ぶんを請求されてしまいましたが、どう考えても2品目で収まるものです。今回は、通関が終了してからの報告でしたが、事前にそういったことをお話した方が良いのでしょうか?

そうですか。2分類で納まるはずというところであればご立腹も分かります。それを避けるには、通関依頼時にそのような依頼を通関業者にすること(そのようなことはあまり聞いたことはありませんが)かなー。もう1つ大切なのは、通関士が理解しやすいようなINVOICEを(輸出者が)作成すること、場合によっては適切な「商品説明」をすることあるいは提出することでしょうか。通関士は通関のプロであっても、個々の商品についてはどれだけの理解があるかは不明です。(多岐にわたる全商品全般に理解している通関士はいないでしょう、得意な分野があるはずです)通関士にとって重要な商品知識は、商品をどのタリフに分類するかです。輸入の場合は関税に直結するので重要な仕事です。また通関士はとくに大手では大量の件数を取り扱いますから、限られた情報で分類に関して十分に適切な判断ができるか疑問もあります。ご指摘のように内心通関料名目の売上を(多めに)上げたいという願望もあるかもしれません。分かりやすい書類で分かりやすく要求することが肝要かと思います。

さらに蛇足ですが、貿易はいろいろなリスクを含み、思わぬところで思わぬ費用が発生することも多々あります。検査費用などもそういうことでしょうか。そういう意味では経費見積には余裕を見ることも必要でしょうし、1つのところだけに注意するのでなく幅広く注意しないと別のところで痛い目にあうということも良くあることです。GOOD LUCK!!

追伸 参考用サイトを貼り付けます。

参考URL:http://www.y-tsukan.gr.jp/framepage3.html

>アメリカからは●通さんに配送をお願いして船が到着したら
通関や国内配送を別業者にお願いすることは可能でしょうか?

このあたりは貿易初心者には分かりにくいところですがぜひ理解が必要です。
国際宅配便のようなものがありますよね。輸出国doorから輸入国doorまで一貫輸送で費用も通しで全部含むという形が典型ですよね。(一部費用は含まないことも)
通常の業務用国際輸送は少し違います。海上輸送と、輸入通関は別の事柄です。一貫で1つの業者に任せる必要はありません。海上輸送を行いB/L(BILL OF...続きを読む

Q上司に「ご報告まで」は失礼?

上司に対して些細な事をメールで報告する時に
メールの最後に「ご報告まで」と付けるのは失礼ですか?

「ご報告までです」ならOKですか?

Aベストアンサー

「ご報告まで」は「ご報告まで申し上げます」の省略形です。
上司に対しては失礼です。
「ご報告までです」は日本語としておかしいです。
省略しないで元の形のままにするか
「ご報告いたします」
「ご報告申し上げます」
でお願いします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報