マンガでよめる痔のこと・薬のこと

ご覧頂きありがとうございます。

夕方の「東」の空の色について、質問があります。

雲ひとつない快晴の日の夕方、西の空が赤く染まり、
東の空は昼間と同じように青く見えるのを確認しました。

私は以前、物理の授業にて、
「昼間の空が青いのは、空気中のチリによって太陽光の
短波長(青)成分が散乱されるため。
夕方の空が赤いのは、太陽と地表の距離が遠くなることで、
太陽光の短波長(青)成分は散乱され届かなくなり、
散乱されにくい長波長(赤)成分のみが届くため」
と習いました。

光は電磁波であり、光の色は波長の長さによって決まること。
そして太陽光は様々な波長の光によって構成されていること。
光が物体に当たり、光の特定波長範囲を散乱(反射)させることで
我々の目に色が届く、という原理も同時に習いました。

さて、ここで疑問に思ったのが、夕方どきの東の空の色が、
昼間と同じような青色に見えることです。(昼間ほどの明るさはないけれど)

夕方どきに地表と太陽の距離が遠くなることで、
太陽光の短波長成分は散乱されて届かなくなる・・・
というのはつまり、太陽光の成分に青い光が含まれていない状態ですよね。

それなのになぜ、太陽からより遠い東の空が青く見えるのでしょうか?

夕方どき、東の空を青く見せている光の正体はなんでしょう?

また、太陽が沈むと、空は再び日中帯と同じような青色に見え、
時間が経つにつれて暗くなっていきます。

私の目には、
元々青色をした空を、赤い光を放つ夕日が赤色に染め上げ、
夕日が沈むことで再び空が青色を取り戻しているように見えます。

勉強した内容と実際生活の中で見る景色がどうもかみ合わなく、
もやもやした毎日を送っております。

どうか回答のほど、よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

西の空の夕焼けも、雲がなければ赤くなるのは地平線付近


だけです。より高空からの光は青いままです。

つまり地を這うように進んできた、極端に大気を長く通過した
光のみ赤いのでしょう。

東の空も雲やもやがあると、赤くなります。
「空の色。夕方の「東」の空の色について」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>西の空の夕焼けも、雲がなければ赤くなるのは地平線付近
だけです。より高空からの光は青いままです。

そうですね、確かに空の赤い部分は、西の地平線近くだけでした。

「地平線付近」というのがポイントだったのですね、
すみません、私の質問文ではまるで西の空全てが
赤くなっているかのような書き方でした。

先に回答頂いたペンシル様の話と照らし合わせますと、
空気の濃い地表近くの層を潜り抜けてきた太陽光のみが赤くなり、
その光によって照らされるものが赤くなっているのですね。

お礼日時:2016/05/19 18:00

大気を通過して目に届く日光は大気で短波長成分が散乱されて残った長波長成分が目に届く


上方からの光は大気で散乱された短波長成分が目に届き長波長成分は散乱されずに通過してしまう
「空の色。夕方の「東」の空の色について」の回答画像3
    • good
    • 0

大気上層は、空気が薄いのでまだ散乱しておらず青く見えるのではないでしょうか。


長く大気を通過した光りが赤くみえるわけですから。
夕方の東の空が青く見えるのは、高い空の青だと思います。
だからだんだん暗くなってくる。高度が高いところの青は暗い色だから。
朝焼けとか夕焼けとかも上の方は青いですよね。
火星なんかだと、大気が薄いので朝焼け夕焼けでようやく青く見えるみたいです。
もっと大気の濃い星だと昼間から赤とか黄色でしょう。
ちなみに本来ありえない高度に雲ができると、暗くなったのに雲には太陽の光がまだ当たるので、異様な光り方をするみたいです。夜光雲というそうです。
プロでないのでちょっと曖昧です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>大気上層は、空気が薄いのでまだ散乱しておらず青く見えるのではないでしょうか。

なるほど、空気が薄い層を抜けてきた太陽光に照らされた空の色が、
東の空の青というわけですね。

逆に、空気の濃い地表近くの層をつき抜けてきた太陽光は、
多く散乱されるから赤くなる。

空気の濃さについては盲点でした、ありがとうございます。

お礼日時:2016/05/19 17:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東の空の夕焼け

今日、夕方に空を見ると東の空にも夕焼けのようなものがありました。
あれは何で、どうして起きるのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

夕日が東の空の雲に当たって赤く見えているのではないですか。
西側の空が曇っているときに見られますよ。

Q「新緑」とは、いつからいつまでを言いますか?

今の時期暑中お見舞いの葉書に「新緑」といれてよいものか迷っています。いつからいつまでなら、使って良い言葉なのでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

No.1さんのおっしゃる通り、「新緑」は5月頃までです。
季節感を表現する語で、主に7月に用いられるものは
・盛夏/猛暑/大暑(の候)
・白雨/梅雨明け/青空/夏空/土用/天の川/涼風
・雨後の緑/緑が濃く~/夕顔/睡蓮/風鈴/蝉/すいか
などがあります。

Q食事は「摂る」「取る」どっちでしょうか?

タイトルの通りの質問です。
どちらの漢字が正しいのか悩んでいます。手持ちの辞書で調べてみたのですが、満足な回答が得られませんでした。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

goo辞書の例文にも書いてあります。(まる2の(7)です)
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%C8%A4%EB&kind=jn&mode=0&base=1&row=0

Q右太ももの付け根に走る鋭い痛みについて

お世話になります。同じような質問が投稿されていた場合はご容赦下さい。

私は30代男性です。
体型は、筋力があるとは決して言えない痩せ型です。
10日ほど前から、右太ももの付け根(鼠径部?)に、電気が走るような、鋭く激しいズキッとする痛みが走るようになりました。筋肉痛とも関節痛とも違う痛みです。
スポーツなどはしておらず、突然痛みを感じるようになりました。とくに決まった体勢のときに起こるものでもありません。
頻度は不定期で、一日痛みを感じないこともあります。突然、ズキッズキッもしくはビクッビクッと瞬間的に痛み、数秒から数十秒程度で治まります。
しこりなど、表面的な変化は今のところ見受けられません。

とりあえず整形外科でレントゲン撮影をおこない、医師の触診を受けましたが、股関節や筋肉に異常は見受けられないとのこと。
紹介状を書いてもらい、次に外科を受診したところ、大腿ヘルニアの可能性があると診断されました。
ひとまず痛みを抑えるための塗り薬を処方してもらい、様子を見るように言い渡され、現在に至るのですが、全く良くなる気配がありません。
外科医からは、悪化するなど場合によっては手術も・・・と、聞かされておりますが、“~の可能性がある”という言葉から、原因が特定されたわけではないようで、神経質な性格から、(医師を疑うわけではありませんが)他に何か悪い病気ではないかと日々不安を募らせております。

ちなみに私は、病院にかかるほどのものではないものの、軽い腰痛持ちで、日常生活ではほとんど気にならないのですが、就寝時にベッドに横になった時など、腰に違和感を感じます。
仕事で夜勤があるため、出勤前に仮眠を取る際もベッドではなく、カーペットを敷いた床にそのまま横になることもあります。(数年来、このような生活です)
パソコン関係の仕事柄、長時間椅子に座っていたり、休憩中も椅子を並べて仮眠をとるなど、腰や関節には決してよいとは言えない生活をせざるを得ない状態です。

なお睡眠時は、眠っていて気づかないのかもしれませんが、太ももの痛みは感じません。
たまに朝方、太ももの付け根の痛みで目が覚めることはありますが。
この、あまり自覚のない腰痛も、何か関係しているのでしょうか。
次に診てもらうとしたら何科を受診すべきでしょうか。

同じような症状を経験されたことがある方、もしくは原因についてご存知の方がいらっしゃいましたら、アドバイスをいただけたら幸いです。

長文になりましたが、以上、よろしくお願いいたします。

お世話になります。同じような質問が投稿されていた場合はご容赦下さい。

私は30代男性です。
体型は、筋力があるとは決して言えない痩せ型です。
10日ほど前から、右太ももの付け根(鼠径部?)に、電気が走るような、鋭く激しいズキッとする痛みが走るようになりました。筋肉痛とも関節痛とも違う痛みです。
スポーツなどはしておらず、突然痛みを感じるようになりました。とくに決まった体勢のときに起こるものでもありません。
頻度は不定期で、一日痛みを感じないこともあります。突然、ズキッズキッもしく...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。補足ありがとうございます。


整形外科的見地から、股関節付近の痛みとしてまっさき考えらるのは、股関節疾患と腰痛疾患です。しかし股関節に何か異常のある場合は、特定の動作で必ず痛んだりしますし、急に痛くない日があるというの考え難いです。痛みのない日があることや痛みの感じから、神経の症状に近いのかなあと思います。下肢の神経は全て腰が大本ですから、腰に何か異常があればこのような症状が出てきます。


>本日、整形外科で2回目の診察を受けまして、腰の正面と横からの2枚を取ってもらいましたところ、影響するほどの症状は見られないとの診断でした。

正直二枚では完璧とはいえません。本来左右斜めも含め4枚でレントゲン上の正確な判断が出来ます。どうのような意図を持っているのかわかりませんが、MRIなども含め再検査をお願いするか、セカンドオピニオンをお求めになっては?


>ネットでも調べてみたりしますが、なかなかこれといったものもヒットせず。

腰からの原因では特別珍しい症状ではありません。現状原因が分からないですからなんともいえませんね。どこか押して痛いとか(例えば腰やお尻のほっぺ)ありますか?

貴方は仰向けに寝た状態で、誰かに足を上げて(膝を曲げずに)もらってください。その際貴方は足の力を抜いてください。これでどこか痛みや痺れが増したりしますか?

No.1です。補足ありがとうございます。


整形外科的見地から、股関節付近の痛みとしてまっさき考えらるのは、股関節疾患と腰痛疾患です。しかし股関節に何か異常のある場合は、特定の動作で必ず痛んだりしますし、急に痛くない日があるというの考え難いです。痛みのない日があることや痛みの感じから、神経の症状に近いのかなあと思います。下肢の神経は全て腰が大本ですから、腰に何か異常があればこのような症状が出てきます。


>本日、整形外科で2回目の診察を受けまして、腰の正面と横からの2枚を取っても...続きを読む


人気Q&Aランキング