先日、健康診断の血液検査で、総コレステロール286、HDL61、LDL191という結果がでました。
以前からコレステロールが高いと指摘されていたのですが、今回はかなり悪い結果に…医師にすぐに病院で服薬治療を開始するよう言われました。
自分としてはあまり薬を飲みたくないため、3ヶ月ほど、食生活改善・運動を頑張り様子見をしてから病院に行こうと思うのですが、この数値の場合すぐに服薬をスタートすべきでしょうか?

ちなみに、BMIは瘦せ型で、中性脂肪61。
しかしながら総ビリルビン1.44、コリンエステラーゼ454で高めでした。

お手数ですが教えていただけますと幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは



先ずはかかりつけ内科で健康診断の結果を見ていただきましょう
そして薬の服用、と言われたら
少し食生活改善しますのでそれからでもいいですか?と話してみてください
私がその方法で毎年見送って居ます
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。

なるほどです。経験談参考になります。

実は2年前、かかりつけ医師に服薬しますか?と言われ、
その時は自分で改善に励むとして、その後、実際改善できました。
しかしながらその後最近、気が緩み以前より大分数値がアップし…心配になりました。

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/06/16 13:32

LH比が高すぎですね



心筋梗塞、脳梗塞のリスク大で、どちらも
一度発症すると、死亡もしくは重大な後遺症の
危険があります。

まずは、医師の指導に従われた方が良いです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

LH比も気になってました。
やはりそうですよね(汗)
回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/06/16 13:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qコレステロールと薬について

コレステロールと薬について

うちの母63歳は、3年前からコレステロール0の薬(クレストール2.5)を服用しています。
どうやら夜寝る前に飲んでいるようです。

以前は総コレステロールが 289 と高く

HDLは51でした。

現在は薬により 総コレステロール 167 LDLコレステロール 95 HDLコレステロール 53 となっています。

あと糖尿病予備軍なのと高血圧の薬(ブロブレス錠4)を飲んでいるようです。

最近、少し元気がなくなり、たまに頭がふわふわするなのどの体調不良があるようなんです。
原因としてコレステロールのが低すぎるからということはないのでしょうか?

もしそうならコレステロールの薬をやめたほうがいいのでしょうか?

高血圧の薬がよくないのでしょうか?

わかる方がいらしたらアドバイスお願いいたします。mm

Aベストアンサー

クレストールの副作用に,頭痛、浮動性めまいが記載されています. http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se21/se2189017.html

ブロブレス錠は,特に飲み初めに、めまいや立ちくらみを起こし易いです。副作用としてめまい、ふらつき、立ちくらみがあります. http://www.okusuri110.com/dwm/sen/sen21/sen2149040.html

一度先生に相談されると良いですね.

最近,コレステロールの新基準が出ました.
  http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/saisin/20070608ik13.htm

Q血液検査結果 中性脂肪とLDLコレステロール?

教えてください、
先日受診した健康診断の「血液検査結果」に少し戸惑っています

今年こそ!これまで毎年高い数値(前年:302)の「中性脂肪」を基準内にさせる目的で、
健康診断の1ヶ月程前から、一念発起してジョギングを始めました。
(当初は3km、受診前夜は40分で5kmくらい。※受診時は太ももは相当な筋肉痛状態)
体重も2キロ程減り、前日の夜は、糖分を翌日の血液検査の「糖分」に影響を与えない為、
早めの夕食&たんぱく質戦略で「納豆」「ゆで卵4つ」「肉少し」の夕食で、翌朝健康診断に
のぞみました。

健康診断の血液検査結果は、
思惑どおり「中性脂肪」が「92」と激減し基準値内になりました、、、、やった!

ところが、これまでひっかかったことのない「LDLコレステロール」が「209」(これまでは115くらい)
激増しました。「LDLコレステロール」は悪玉と聞いてます。
さらに「総コレステロール」も「205」から「277」と基準値をはじめて超えました。
またさらに「クレアチニン」という数値も「0.9」から「1.02」と基準値をはじめて超えました。
おまけに「血糖」がこれまで「88」だったのが「69」と基準値を下回るLOWになってました。

これらの結果は何が原因と考えられるのでしょうか?
「中性脂肪」を激減させた代償なのでしょうか?

ちなみに、先月はじめたジョギング、今では(2ヶ月程になりますが)とても楽しくなって、
もやられなくなり、ほぼ毎日夜帰宅してから、1時間20分程(約11km)走っています。
休日は午前午後とあわせて22kmくらい走っています。今後も続けていくつもりです。

【参考までに】
 年齢:44歳、身長:170cm、体重:74kg
 他の健康診断項目は「血圧」は高めですがギリギリ基準値内
 ※7年程以前に通風発作経験があり、それ以降、尿酸値を下げる薬を飲んでおり、
  数値は「4.0」と基準値内です。
 ※4年程前から「中性脂肪」と「血圧」が高かったので、それらの数値を下げる薬を
  (たまに)飲んでいます。

よろしくお願いします。

教えてください、
先日受診した健康診断の「血液検査結果」に少し戸惑っています

今年こそ!これまで毎年高い数値(前年:302)の「中性脂肪」を基準内にさせる目的で、
健康診断の1ヶ月程前から、一念発起してジョギングを始めました。
(当初は3km、受診前夜は40分で5kmくらい。※受診時は太ももは相当な筋肉痛状態)
体重も2キロ程減り、前日の夜は、糖分を翌日の血液検査の「糖分」に影響を与えない為、
早めの夕食&たんぱく質戦略で「納豆」「ゆで卵4つ」「肉少し」の夕食で、翌朝健康診断に
のぞみました...続きを読む

Aベストアンサー

過度の運動は肝機能に影響を与えます。
翌日以降、弱った機能などを回復しようと、より活発に活動するようです。
活発になったことで、もともと悪玉を出しやすい体質だったため、コレステ
ロール値の上昇とともに増えたのでしょう。

健康診断前日は、少なくとも疲労の残らない運動に留めておきましょうよ。
健康診断の日には疲れを残してはいけません。
寝起きから時間が経っていない場合も、悪い結果が出やすいです。
朝ストレッチぐらいでいいと思います。

食事のとり方によって血糖値にも影響がありますが、一回では判断でき
ません。
ですが夕食の栄養、偏りすぎです。一日に最高でも卵2つまででしょう!
糖分を恐れず控えめに決まった時間に毎食、負担が少ない栄養になる
野菜を中心に食べていきましょう。
水分の摂り過ぎはだめです、血流や肝臓に良くないです。
普段と違う食事、またはその量を変えることも、肝臓の負担になります。

まだ初めて1ヶ月ですよね?
運動が体重や健康に影響が出だすのには、半年くらいかかります。
体重がある程度以上になると、水分を減らしたり、食事制限や排泄で短い
期間で2キロは余裕で減ります、すぐ戻りますが。
一時の体重の変化に一喜一憂しないで長期的に考えてください。
次回の検診を見て判断してください。

過度の運動は肝機能に影響を与えます。
翌日以降、弱った機能などを回復しようと、より活発に活動するようです。
活発になったことで、もともと悪玉を出しやすい体質だったため、コレステ
ロール値の上昇とともに増えたのでしょう。

健康診断前日は、少なくとも疲労の残らない運動に留めておきましょうよ。
健康診断の日には疲れを残してはいけません。
寝起きから時間が経っていない場合も、悪い結果が出やすいです。
朝ストレッチぐらいでいいと思います。

食事のとり方によって血糖値にも影響がありますが、...続きを読む

Q悪玉コレステロールのLDLコレステロールを下げる薬って何がありますか? どの薬がお勧めですか?

悪玉コレステロールのLDLコレステロールを下げる薬って何がありますか?

どの薬がお勧めですか?

医者でも薬局でもドラッグストアの商品でも良いです。

薬で悪玉コレステロールを下げたいです。

Aベストアンサー

薬は 腸内細菌をころします
http://kenkouiji.info/?p=969  腸内フローラ NHKスペシャルまとめ  

これを必ず読んでください。 
医学の常識をひっくり返す発見が出続けています。

https://www.youtube.com/watch?v=Iw6ZifH5-aQ 添加物でハンバーグをつくる!

添加物、安全と思い込んでいる市場にふつうに出回っている商品
 日本は 様々な利権が絡んで、 食の安全の対処が遅れています。

普段摂取する食べ物にこそ  
まいにちの積み重ねとなり その量は膨大になりますし気を遣うべきです



 薬っていうのは薄めた毒物であり、その副作用を利用しているという認識をわすれないでください。
また製薬会社という存在、どういったものであるのか
 こちらのドキュメンタリーをみて しっかり把握したほうがいいですよ
   https://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

QHDLが多くて総コレステロールオーバー?

 健康診断で母のHDLが高く、そのため総コレステロールがオーバーしています。この場合何か害があるのでしょうか?
 基本的な勉強はしているのですが、どこにも書いておらずわかりません。

Aベストアンサー

HDLコレステロールは低すぎても高すぎても良くありません。
40以下を低HDLコレステロール血症、100以上を高HDLコレステロール血症といいます。
高HDLコレステロール血症の中には動脈硬化を起こしやすい人が含まれていますので、もう少し詳しい採血検査をしてもいいかもしれません。
HDL<100なら問題ありません。

参考URL:http://www.naoru.com/cholesterol.htm

Qコレステロール薬について

 62歳女性です。宜しくお願いします。
総コレステロール・・・255
HDL・・・99
LDL・・・144
中性脂肪・・・59 です。
その他内科的治療はしていません。血液検査の結果、上記の数値でしたが、私はコレステロールの薬は飲まなくても良いのでしょうか。コレステロールの治療薬はどのくらいの数値になったら処方されるのでしょうか。詳しい方、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

LDLコレステロール値について、健康な65歳、女性の正常値は140mg/dL未満です。
ですから、ほんの少しだけ高いですね。

LDLコレステロール値が高くなるに連れて、動脈硬化性疾患になる危険度も高まることは広く知られています。
LDLコレステロール値がほんの少し高いだけでは、それほど怖くはありません。
しかし、糖尿病、動脈硬化性疾患の家族歴、高血圧症、喫煙などの他因子が重なると、さらにその危険度が高まります。
とくに糖尿病を合併していると、いっきに危険度が高まります。
治療が必要な場合、医師から食事療法と運動療法が指示されます。
3~4カ月後、改善が認められない場合は薬物療法が始まります。

そこで、内科クリニックを受診し動脈硬化性疾患になる危険因子がないかをチェックしてもらうことをお奨めします。
危険因子を評価し管理していくことは、動脈硬化性疾患を予防するために大切なことです。
いらぬ心配はストレスを生みます。
安心するためにも、受診してみてください。
このような機会を利用し、かかりつけ医をつくっておけば、後々便利なことがありますしね。

参考URL:http://www.kenkoigaku.or.jp/html/eiyo/eiyo1302.html

LDLコレステロール値について、健康な65歳、女性の正常値は140mg/dL未満です。
ですから、ほんの少しだけ高いですね。

LDLコレステロール値が高くなるに連れて、動脈硬化性疾患になる危険度も高まることは広く知られています。
LDLコレステロール値がほんの少し高いだけでは、それほど怖くはありません。
しかし、糖尿病、動脈硬化性疾患の家族歴、高血圧症、喫煙などの他因子が重なると、さらにその危険度が高まります。
とくに糖尿病を合併していると、いっきに危険度が高まります。
治療が必要な場合、...続きを読む

Q毎年行われる健康診断や人間ドックで血液検査のために大量の血を抜かれます

毎年行われる健康診断や人間ドックで血液検査のために大量の血を抜かれますが、
そもそも検査のために何本も血を抜く必要なんてないですよね?

ぶっちゃけ、献血用に余分に取っているんじゃないですか?
もしそうなら、本人に同意もなく勝手に血を抜いて売り飛ばすのって詐欺じゃないでしょうか?
(あくまでも予想なので違っていたらゴメンナサイ)

Aベストアンサー

>毎年行われる健康診断や人間ドックで血液検査のために大量の血を抜かれますが、

容器4本じゃなですか?
一番大きい容器が約9cc
他の容器が各2cc
合計 15cc くらいが最低必要です。
目的は・・・
(1)小さい容器1(これは多ければ4cc)
 赤血球・血小板・白血球などの血球の数を調べます。
(2)小さい容器2
 随時血糖(健診では空腹時血糖)を検査します。
(3)小さい容器3
 長期血糖を検査します。
大きい容器
  血液を採ってしばらくおくと 容器の下2/3くらいに赤い塊ができ、
  上1/3にやや黄ばんだ透明の液 という感じで分かれます。
  この透明な液を使って上記以外の検査をします。
内容は、肝機能・脂質・腎機能(尿酸も含む)・膵機能・炎症反応検査・肝炎ウイルスなど。
医療機関によっては、腫瘍マーカーも検査します。

たった15ccで こんなにいろいろな検査ができるのですよ。
余分に血を抜いても 容器にいれるしかありません。
容器には、それぞれの薬が入っていたり、内側に塗ってあります。
そのような血液は、人体に入れられません。
献血用なんて疑わず、しっかり抜いて検査してもらいましょう。

>毎年行われる健康診断や人間ドックで血液検査のために大量の血を抜かれますが、

容器4本じゃなですか?
一番大きい容器が約9cc
他の容器が各2cc
合計 15cc くらいが最低必要です。
目的は・・・
(1)小さい容器1(これは多ければ4cc)
 赤血球・血小板・白血球などの血球の数を調べます。
(2)小さい容器2
 随時血糖(健診では空腹時血糖)を検査します。
(3)小さい容器3
 長期血糖を検査します。
大きい容器
  血液を採ってしばらくおくと 容器の下2/3くらいに赤い塊ができ、
  上...続きを読む

Q高コレステロールで薬を飲んだ方がいいですか?

25歳、独身女性です。
会社の健康診断で高コレステロールと診断されました。
遺伝的なものと分かっていますが、総コレステロールが352、HDLが85、中性脂肪が21、BIMは18.7です。

病院にも行き、1ヶ月食事に気を付けましたが総コレステロールは300を切りません。そこで薬で数値を下げるとすれば、一生涯飲み続けなければならない薬を今から飲み始めた方がいいのでしょうか?妊娠&授乳中は服用を止めなければならないとの事で、結婚を考えると少し抵抗があります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一般的にはコレステロールは食事療法より運動療法の方が効果的です。又コレステロールが1%下がると心筋梗塞の危険は2%下がるとも言われています。

さて質問者さんの年齢でこのコレステロールレベルですと確かに家族性の高コレステロール血症の可能性が高いと思います。この場合残念ながらご自分で行う食事療法、運動療法にはかなり限界があります。

血の繋がったご家族に、かなりお若くして心筋梗塞、脳血管障害になられた方がおられるのでしょうか?もしおられるならばより厳しいコレステロールのコントロールが必要でしょう。

最近は頚動脈エコーやPWV等の検査で血管の動脈硬化の推移がある程度判定できます。全ては主治医の先生と良く相談をして、薬を服用しない場合のリスクなどをよく聞かれて納得して治療される事だと思います。

>病院の先生と相談しているのですが、この年齢から服用した例がないとの事で、色々調べて頂いている段階です。

患者さんの質問に調べてきちんと応えてくれる医師ならば信用をして良いのではないでしょうか。

Q健康診断の総コレステロール

健康診断の結果をみたら、検査項目に
総コレステロールが無くなっていました。

昨年までは毎年検査項目にあり、毎年、総コレステロールが高く
「ドクターからこの位高いと薬飲まないとダメですね。」と言われ
3年ほど前からコレステロールの薬を処方されています。

今年の健康診断はHDLとLDLコレステロールの検査項目だけでした。
こちらは両方正常でした。

費用軽減のためうちの会社が検査項目はぶいたのかなと思いましたが
別の会社の友人も同じく総コレステロールが高く薬を飲んでいるのですが
今年の人間ドックの結果を見たら、総コレステロールの検査項目が
無かったと言っていました。

何で総コレステロールの検査項目が無くなったのか不思議です。
そうすると今回の結果で、コレステロール系は私は正常になります。

どなたか、何故なくなったのかご存知の方お聞かせ願います。

Aベストアンサー

健康診断は、発病と因果関係のある項目を選んで検査し、
将来の発病のリスクを判定するのが目的です。

コレステロールは、従来、総コレステロール値が高いほど
動脈硬化のリスクが高いとされ、検査されてきました。

しかし、総コレステロールは、俗に言うHDL(善玉)コレステロール、
LDL(悪玉)コレステロール、その他の合計であり、
HDLが多い場合はむしろリスクを下げることがわかっているので、
総量で判定するのは適切ではありません。

特に、日本人は、高総量、高HDLのタイプが多いので、
総コレステロールで判定せず、HDL、LDL、それぞれを算出し、
より詳細にリスク判定をするようになったというわけです。

Qコレステロールを下げる薬について

はじめまして。一つ質問させてください。
うちの母がコレステロールを下げる薬(ローコールカプセル)を飲んでいます。
ある日、母が「コレステロールの薬を飲んでいるのに全然痩せない。」
と言い出しました。
「お薬は痩せるためではなく、血液中のコレステロールを下げるためのもので、
痩せるためには、運動したり、食事を変えたりしないといけないんじゃない。」
というふうに説明しましたが、
「コレステロールが減れば痩せるでしょ。」
といってなんだか納得してくれません。
私も脂肪や肥満、高脂血症、そのお薬についてなど色々調べたのですが、
母になんと説明していいのか分かりません。
なにかわかりやすい説明の仕方があれば、教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。
それと、高脂血症のお薬で痩せることもあるのですか?
その点も伺いたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 コレステロールと脂肪を混同されているわけですか(笑)

 コレステロールというのは、血液の中にあります(厳密にはそうとは限りませんが)。
 それに対して、肥満の原因である脂肪は、「脂肪細胞」という細胞の中にあります。

 よって、これらはぜんっっっぜん別物であり、コレステロールが減れば痩せる、ということはありません。
 よしんば痩せたとしても、それは体質や環境などの偶然が重なった結果であり、「こうすれば痩せる」というものではないのです。

 ……とまあ、こんな説明で納得してもらえそうですかね?(^_^;

Q健康診断の結果でとても心配な事(コレステロール)

雇用時の健康診断をして、今日全ての結果が出揃い書類が出来上がったと病院から連絡を受けて、取りに行ってきました。受付で「異常ありませんでしたよ」と言われ書類を渡され、ホッとして帰宅し、内容を確認したところ、とても驚いてしまいました・・・。

総コレステロールの値が正常値より、かなり高いのです。調べてみると治療が必要と言われるぐらいの異常値のようです。
私は24歳・女性・BMIは21です。
検査の結果、総コレステロールの数値は(T-CHO)259でした。
その他の項目は、中性脂肪は(TG)59、善玉コレステロール(HDL-CHO)69、と正常値でした。
総コレステロールの異常値にかなり動揺してしまいました・・・。
健康診断の結果はそれ以外の項目については(肝機能など)異常はあり
ません。書類の「医師の診断と所見」のところにも「異常なし」と書いてありました。

私はこれからどうすればいいのでしょうか?
ダイエットをしているので(ここ1年ぐらい)、食事には気を使ってきた
つもりですし、運動も心がけてきました。何が原因なんでしょう・・・。
ちなみに健康診断をお願いした所は、内科と糖尿病中心の生活習慣病を
重点に置いている病院でした。
コレステロールを下げるにはどうしたらいいのでしょうか?
また、内科を受診して治療した方がいいのか診察してもらった方がいいのでしょうか?
何か必要な情報があれば補足しますので、アドバイスを頂きたいです。よろしくお願いします。

雇用時の健康診断をして、今日全ての結果が出揃い書類が出来上がったと病院から連絡を受けて、取りに行ってきました。受付で「異常ありませんでしたよ」と言われ書類を渡され、ホッとして帰宅し、内容を確認したところ、とても驚いてしまいました・・・。

総コレステロールの値が正常値より、かなり高いのです。調べてみると治療が必要と言われるぐらいの異常値のようです。
私は24歳・女性・BMIは21です。
検査の結果、総コレステロールの数値は(T-CHO)259でした。
その他の項目は、中性脂肪は(T...続きを読む

Aベストアンサー

 コレステロールのことを少し箇条書きさせていただきます。 参考にしてください。

 コレステロールの正常値は130~230ミリグラム/デシリットルとされていますが、実はこの数値は正常値ではなく、平均値(標準値)から決めた目安であり、この範囲から出たから異常ということではありません。

 コレステロールは、副腎皮質ホルモン、性腺ホルモンなどの重要なホルモンをつくるもとになり、胆汁やビタミンDの合成材料となる。さらに全身の細胞膜の強度を保つうえで大切な働きをしています。

 統計上、コレステロール値は、少し高めの方が長生きができるのです。男性に比べ女性が長生きする要因の一つにこの値が高いことがあげられています。

 コレステロール低下剤により、確かに動脈硬化による心臓疾患の発生率も低下することが確かめられていますが、逆に死亡率は増加しています。

 統計上、コレステロール値が下がるとガンになりやすい。

 コレステロールは肝臓や腸壁で合成される。コレステロールの食がコレステロールの増加ではありません。
  
 動脈硬化の原因は、スポーツなどにより傷ついた動脈を修復するたに、コレステロールが付着した結果であり、コレステロールが動脈硬化の直接の原因ではないとする説が有力とされています。

 動脈硬化の元凶は、コレステロールの増大より、激しいスポーツにより発生する活性酸素と抗酸化剤の欠乏のほうが問題とされています。

 老年性痴呆の患者に善玉(HDL)が多く、乳がんの危険性が多いとの報告があります。肥満に乳がんが多い理由でもあります。コレステロールを善玉、悪玉で分けることは不適切なものであり、あくまでも、両者の適切なバランスが必要なのです。

 長くなりましたが、まとめとしては、
 現在、あなたのコレステロールは少し高めですが、脳の正常な生体統御の結果、それだけのコレステロールが必要と判断しているのです。したがってコレステロールを下げるには、その基の原因を断つことなのです。

 1・激しい運動(汗が吹き出る)は動脈を傷つけるためそれを避けてください。
 2・少食(腹六分)に切り替えることです。
 3・抗酸化物質であるビタミン(C、E、A)等、特に副作用のないビタミンCを摂取することだと思います。

 コレステロールのことを少し箇条書きさせていただきます。 参考にしてください。

 コレステロールの正常値は130~230ミリグラム/デシリットルとされていますが、実はこの数値は正常値ではなく、平均値(標準値)から決めた目安であり、この範囲から出たから異常ということではありません。

 コレステロールは、副腎皮質ホルモン、性腺ホルモンなどの重要なホルモンをつくるもとになり、胆汁やビタミンDの合成材料となる。さらに全身の細胞膜の強度を保つうえで大切な働きをしています。

 統計...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報