飲むヨーグルトと食べるヨーグルトの違い

毎朝飲むヨーグルトを飲んでいるのですが、食べるヨーグルトとの違いはなんですか?どっちの方が体に良いのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

飲むか食べるかの違いです。


製法は固形ヨーグルトをさらに細かく液体状になるまでミキサーに掛けると液状ヨーグルトとなります。
軽い咀嚼が入るので食べた方が良いでしょう。
    • good
    • 1

回答とは違いますが、


飲むヨーグルトと食べるヨーグルトの違いで、変わってくるのでしょうか。

大腸まで行かなければ意味がないと聞きます。

通常飲むのも食べるのも、小腸までしか行かないとか聞きました。

飲み薬タイプの乳酸菌とか、ビフィズス菌などは、
大腸まで行くみたいです。

用途が分かりませんが、
ダイエットなら、夜がおすすめです。
    • good
    • 2

ヨーグルトも飲み過ぎ、食べ過ぎは体に悪いです。

まともな朝ごはんを食べて、それにプラスして、隔日でヨーグルトが健康にいいです。
    • good
    • 1

先日テレビのバラエティーで見た。


 作り方の違い(飲むヨーグルトは攪拌して固形物を細かくしている)だけで、栄養的にはほとんど違いがないそうです。
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「よく噛んで食べる」「飲む込むように食べる」の体に及ぼす影響の違いについて

最近、
「飲み込むように食べている」という指摘をうけ、すごく体に悪いというように言われました。食べるのがすごく速く、他の人と同じ物を食べてても自分だけすぐに食べ終わってしまいます。

最近は意識してよく噛んでゆっくり食べるように心がけています。

もちろん、昔から「よく噛んで食べよう」とのことは言われ続けているのでそっちのほうが体にいいに決まっているとは思いますが、では具体的に、両者の食べ方が体に与える影響の違いについて知っているかたがいたら教えて下さい。

Aベストアンサー

よく噛むことによって得られる効果は、

・口のまわりのほおやアゴの筋肉が引き締まり歯並びや口元を整える。
・ゆっくり味わって食べることになり、
心理的安定が得られる
・歯の病気を防いだり、消化吸収を助ける
だ液の分泌を促す。
・血液の循環を促し、脳を活性化させるので
集中力を高める。
・血糖値の上昇を脳が感知し、満腹中枢に伝達するので
過食を防ぐ等のようなものがあるといわれています。

特に顕著なのが、だ液との充分な混合により、胃もたれ、
急激な、血糖の上昇を防ぎます。

Q毎日2Lのお水を飲むのと、毎日2Lの麦茶を飲むのとではどちらが体に良い

毎日2Lのお水を飲むのと、毎日2Lの麦茶を飲むのとではどちらが体に良いですか?
栄養面も含めて教えて下さい。

Aベストアンサー

言ってしまえば、あまり大差はありません。

内科の先生によると、麦茶の方が水溶性の麦の成分が多少溶け出しているので、
水よりは麦茶の方がよいのだそうですが、
成分と言っても微々たる物、しかも、
水は蛇口から飲むことが多いのに対し、麦茶は冷蔵庫で冷やして飲むことが多いでしょう?

冷えた麦茶を尿の温度に上げるためには、かなりのエネルギーを必要とします。
つまり体が疲れます。

これに気づかず冷たいものばかり飲んで、猛暑で夜も寝られないとなれば、
実は、夏バテの原因となります。

2リットルの水分は身体にとって必要ですが、食事である程度摂れていますし、
飲むにしても出来れば常温、出来なくても冷やし過ぎないようにしてくださいね。

ちなみに
熱中症対策で言われる、こまめに水分を摂りましょうってどういうことか知ってますか?

こまめに摂るとは、30分おきに水一含みです。がぶ飲みはいけません。
運動など、屋外にいる場合は、30分毎にコップ一杯がよいそうです。
汗でミネラルが失われますから、ほんの少量の天然塩を加えるとよいそうです。

Q「ヨーグルト」と「飲むヨーグルト」

お通じのことで悩みがあるため(便秘ではありません)最近ヨーグルトを食べて改善が見られるかどうかチャレンジしています。
テレビで知った情報として、ヨーグルトはモノによって使われている菌が違うので効果を実感する為には1種類のヨーグルトを2、3週間食べ続けて様子を見るのがいいそうです。
特に改善が見られなければ他のヨーグルトに変えて再チャレンジ。というわけです。
ということで、まずはどこのスーパーでも置いてある手頃で大容量の森永ビヒダスヨーグルト(ちなみに無脂肪タイプの方)に決めて食べ始めてみました。
1回で食べきる用の4連ポットのタイプもありますが、大きい方がお得ということと、私の特別な食べ方があるのでこれを買っています。
特別な食べ方というのが、私は基本的に酸っぱいものが苦手でヨーグルトをスプーンで食べるのがあまり好きではないのです。
そこで、コップに3分の2ぐらいヨーグルトを入れ、そこに牛乳と砂糖を足して、少しだけかき混ぜて飲むように食べるというのがお気に入りの食べ方なのです。
しかし…、この食べ方を目撃した家族に鋭いツッコミをされてしまいました。「飲むヨーグルト買えばいいじゃん」
はたから見ると確かにそうかもしれません。私も内心「たしかに」と思いました。
しかし、私の中で「飲むヨーグルト」ってジュースっぽいイメージなんですよね。
飲むヨーグルトってあまり酸っぱくなくて(要するにかなり甘い)飲みやすくて美味しいですから。
でも私も無糖のヨーグルトに砂糖を入れているわけで…、正直、私がやっている食べ方をするなら飲むヨーグルトを飲むのと効果は同じなのでしょうか…?
ちなみにこれら2つの商品のことです。↓
http://www.morinagamilk.co.jp/products/yoghurt/bifidus_zero/89.html
http://www.morinagamilk.co.jp/products/yoghurt/bifidus_zero_drink/102.html
スーパーでは値段も同じくらいで、私の食べ方でヨーグルトを食べると1パックが4日分くらいですが、飲むヨーグルトをコップ1杯なら1週間分くらいになりそうで、正直こっちの方がお得です。
要は「ヨーグルトを1食食べるのと、飲むヨーグルトをコップ1杯飲むということはだいたい同じ効果なのか」ということが知りたいです。
摂取する糖分の量が変わってくるのは当然ですが、肝心の菌(?)の働きに違いが出るのでしょうか?
お詳しい方いらっしゃいましたらアドバイス下さい。宜しくお願いしますm(__)m

お通じのことで悩みがあるため(便秘ではありません)最近ヨーグルトを食べて改善が見られるかどうかチャレンジしています。
テレビで知った情報として、ヨーグルトはモノによって使われている菌が違うので効果を実感する為には1種類のヨーグルトを2、3週間食べ続けて様子を見るのがいいそうです。
特に改善が見られなければ他のヨーグルトに変えて再チャレンジ。というわけです。
ということで、まずはどこのスーパーでも置いてある手頃で大容量の森永ビヒダスヨーグルト(ちなみに無脂肪タイプの方)に決めて食べ始...続きを読む

Aベストアンサー

ヨーグルトと飲むヨーグルトには大きな違いはありません。種類別名称は共に「はっ酵乳」で、製品1mlあたりの菌数は1000万個以上となっております。効き目があるものならば、同様の効き目と考えてよいでしょう。(ちなみに、ヤクルトのような種類別名称が「乳酸菌飲料」の場合は1mlあたりの菌数は100万個以上です)

問題は乳酸菌を経口摂取して効き目があるかどうかということです。乳酸菌サプリメントの広告で「経口摂取した乳酸菌の99%が胃酸にやられて死滅してしまう」というのを見たことがあります。その広告いわく「このサプリは菌の周りを胃酸にやられないようにガードし、菌の多数を生きたまま腸に送る」とのことでした。
私もそうかも知れないと思いますし、前の回答者さんも、一卵性双生児での実験結果を挙げていますよね。

一方で、胃酸の薄まる食後にヨーグルトを摂取すれば、菌の腸への到達率は高まるという話も聞いたことがあります。(そこで私は毎食後ヨーグルトを食べています)

質問者様は便通をよりよくなさりたいとのことですが、そのためには食物繊維の摂取も重要かと思います。そんなわけで、私は食物繊維の多い野菜類も努めて食べるよう、心がけています。そのせいか、毎朝気持ちの良いお通じがあります。

あと私はオリゴ糖も摂っています。オリゴ糖は腸内の善玉菌が活動するのに欠かせない栄養となるそうです。仮に経口摂取した菌が殆んど死滅しても、もともと腸内にいる善玉菌がオリゴ糖を栄養として、うんと活躍してくれるのではないかと期待しています。
ちなみにオリゴ糖は高い物ではありません。スーパーでは蜂蜜の隣に売っていることが多いです。私は1kgで368円のものを買っており、蜂蜜より安いです。

よろしければ参考にしてください。

ヨーグルトと飲むヨーグルトには大きな違いはありません。種類別名称は共に「はっ酵乳」で、製品1mlあたりの菌数は1000万個以上となっております。効き目があるものならば、同様の効き目と考えてよいでしょう。(ちなみに、ヤクルトのような種類別名称が「乳酸菌飲料」の場合は1mlあたりの菌数は100万個以上です)

問題は乳酸菌を経口摂取して効き目があるかどうかということです。乳酸菌サプリメントの広告で「経口摂取した乳酸菌の99%が胃酸にやられて死滅してしまう」というのを見たことがあ...続きを読む

Q毎朝ヨーグルトを食べても大丈夫?

毎朝、2歳の子供がヨーグルトを食べております。食パンが嫌いで、ヨーグルトを食べています。ヨーグルトは非常に体に良いという人もおれば、アトピーや胃を悪くするという人もいます。どちらなのでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まだ2歳でしょ?そんな気にするほどのことではありません。
「乳糖不耐症」など、牛乳・乳製品で胃を悪くするような体質でもない限りは、
特に問題ないと思われます。

ちなみに、7年ぐらい前の過去質問でこんなのがありました。
「大人と乳児・幼児の食べられるヨーグルトの違いは?」
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa253323.html
「ベビーダノン」「プチダノン」など、
離乳食~幼児用のヨーグルト食品もありますからね。
http://www.danone.co.jp/

Q食べる 飲む 吸収 違い

ある程度以上の固形の物を食べるのと、液体状の食べ物、または飲料を摂取するのとでは
エネルギーや脂肪、栄養の吸収は違ってくるのでしょうか?

例えばそれぞれ全く同じのカロリーや栄養分の食べ物と飲み物とを摂取した場合
体で吸収するそれらの量は違ってくるのでしょうか?

最近食欲が無く、飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを一食として摂取する事が多く
本当にそれで栄養が摂れているのか心配です。

どなたかご存知の方、ご回答よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

固形か液体かでエネルギー、脂肪、栄養の吸収(効率)は変わりません。従って同じ栄養価のものなら、固体で食べても、液体で飲んでも、栄養価は変わりません。ただ長期にわたり咀嚼をせずに液体食物ばかり飲んでいると、咀嚼機能・消化機能の衰える可能性があります。

>飲むヨーグルトや野菜ジュースなどを一食として摂取する事が多く本当にそれで栄養が摂れているのか心配です。

飲むヨーグルトと野菜ジュースだけだと栄養が偏っているし、絶対量が不足しています。絶対量をこれらで補うと、糖分の摂りすぎになります。これらは食後のデザートや食事の補助として飲むものです。やはり基本は固形の食品をお勧めします。

サプリメーカーが出しているダイエット食品には、ビタミン・ミネラルがバランスよく配合されている物も多いので、利用するのも良いでしょう。水や牛乳で溶いて飲むタイプもあります。食事の補助として摂るには良い物だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報