二日連続ですみません。
下記の意味を翻訳していただける方がいたしたらお願いしたいのですが・・・

「興ni分享」
「ni」はYouの意味です。この漢字、出てこないのですみません。

あと、もう一文字
「口米」左側はくちへんで一文字なのですが、これはたとえば相手(恋人や親しい友達)を呼ぶときに台湾でつかわれていますか?

どなたか訳していただけると大変助かります。
宜しくお願いします!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

[興]の字は、高興(会って嬉しい)などに使う「興味」の[興]で、供与の(与)の本字の[與]ではありません。



[享]の字には饗宴の「饗」の意味があるので、全体の意味は「貴方にあえて嬉しい、宴を分かち合いましょう」とでもなりますか?

・・・ここに出ている文字に限っては、福建語とかに気を使う必要はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「宴を分かち合いましょう」かー。多分私が探していたのはこれだったのかもしれません。
ありがとうございました!!!

お礼日時:2001/06/23 16:21

#3の追加です。

(□米)は、大陸でも廣東語でも使います。。。

辞書によれば「猫叫聲(声)」、「微笑的様子・笑(□米)(□米):シャオミィミィ」と書いてあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親愛なる人を呼ぶ時というよりは、あだ名のようなものなのかな、と思いました。
日本語でいったらどんな言葉に相当するのか、イメージ的に難しいですが、なんとか理解はできそうです。
ご協力本当にありがよとうございました!

お礼日時:2001/06/23 16:23

 スミマセン、たいしたことではないのですが、ちょっと書き忘れていたことがありました。



 「與(与)」の発音は[yu3]です。また、簡体字の「与」は、横棒の右側が縦棒を貫かない形です。

 また、「口米」は普通語では「猫の鳴き声(にゃあにゃあ)」を表わすのに使われます。
 ⇒小猫児[口米口米/mi1mi1]叫。 (子猫がにゃあにゃあ鳴く)

 失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、補足のほかに二番目の質問にまでご回答いただきありがとうございました。
国によって子猫の鳴き声も違うものですね。

お礼日時:2001/06/23 16:19

 enuさん、こんにちは。


 
 私は台湾語については詳しくはありませんが、普通語でしたら、「與ni分享」で「君と(喜びなどを)分かち合う」という意味になります。台湾で「北京語」と言われている「国語」でも同じ意味です。因みに、「興」は[xing1あるいはxing4]という発音になり、「與」とは字も意味も違います。この「與」は台湾では使われている文字ですが、普通語では「與」が簡体字の「与」になります。「~と」という意味の書面語です。

 「口米」については私は分かりませんので、他の方の回答をお待ちください。

 では、失礼いたします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

解りました!これで他の文章との意味が通ります。
本当にありがとうございました!!!

お礼日時:2001/06/23 16:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qたとえば「宋楚晋」のような名前の有名人

中国の人名で、(仮名)「宋楚晋」のように昔の中国の国名ばかりで構成された人名の有名人を知りたいです。

Aベストアンサー

あまり聞いたことがありません。

それに、国名ばかり組んだ名前は、中国語で変になる方が多いと思います。 ですから有名人でも、有名じゃなくても、使う人があまりないと思います。

秦漢(昔台湾俳優)
齊秦(台湾歌手)

ご参考、歴史から一部分、国の名前:
唐 虞 
夏 商 周 
齊 楚 燕 韓 趙 魏 秦
漢 晉
魏 蜀 吳 
宋 齊 梁 陳 
隋 唐
梁 唐 晉 漢 周
宋 元 明 清 

Qポルトガル語に翻訳していただけないでしょうか?

私たちのフットサルチームで名刺を作ることになったのですが、ポルトガル語を使って文を載せたいのですが下の文を訳していただけないでしょうか?

『Futsal好きが集まったチーム』

お願いいたします。

Aベストアンサー

Time dos futsalistas loucos(フットサル馬鹿のチーム)loucoはきちがい、熱中した人という意味があります。熱意が感じられます。

Time dos amigos de futsal(フットサル好きのチーム)平凡なネーミング。

Qけッこうxかなり難しぃ仏語><;

まだ未熟なので仏語の質問があります;↓↓

(1)英語の場合だと、
A, which B, which C
なら
AにBとCがかかっている文と
AにBがかかっている文、BにCがかかっている文
と二つ解釈できますがっ

仏語の場合だと
A, qui B, qui C
は、
AにBがかかっている文、BにCがかかっている文
しか解釈できなぃですょね??

ちなみに、持ってる別の本にゎquiの反復だと美しくなぃヵら、
A, qui B, que C
など、なんとか反復させなぃように仏作文しなさぃとあります!!

(2)
Dans notre famille, nous avons des enfants qui apprennent un art martial, d'autres, qui apprennent la musique, et d'autres enfin, la danse.

この例文で、最初のd'autresを取り去って、
Dans notre famille, nous avons des enfants qui apprennent un art martial, qui apprennent la musique, et d'autres enfin, la danse.

は、文法的に間違ぃでいぃですか??

des enfants qui apprennent un art martialとここで、enfants quiの間にコンマがなぃのが気になるんだケド

頑張って訳すと

私たちの家族では、武術を学ぶもの(限定的な意味)、他の何人かは、音楽を学ぶもの(付加的な意味)、最後に、ダンスを学ぶものがいる(付加的な意味)

でいぃでしょぅか??

(3)
Chez nous, certains enfants apprennent un art martial, d'autres la musique, et il y en a d'autres, enfin, qui apprennent la danse.

この構文だと

Chez nous, certains enfants apprennent un art martial,la musique, et enfin apprennent la danse.
とすると、全く意味が異なりますね;
つまり武術を学びも音楽も学び(時間的に)最後にダンスも学んだ人がいるといぅ意味で★

(3)の冒頭の文の訳ゎ

私たちのところでは、何人かは武術を学び(限定的な意味)、他の何人かは音楽を学び(限定的な意味)、最後にダンスを学ぶものがいる(限定的な意味)

でいぃでしょうか!!

多少文法的な問題ですが、お願いします♪

まだ未熟なので仏語の質問があります;↓↓

(1)英語の場合だと、
A, which B, which C
なら
AにBとCがかかっている文と
AにBがかかっている文、BにCがかかっている文
と二つ解釈できますがっ

仏語の場合だと
A, qui B, qui C
は、
AにBがかかっている文、BにCがかかっている文
しか解釈できなぃですょね??

ちなみに、持ってる別の本にゎquiの反復だと美しくなぃヵら、
A, qui B, que C
など、なんとか反復させなぃように仏作文しなさぃとあります!!

(2)
Dans notre fam...続きを読む

Aベストアンサー

なかなか断言したり完全と否定できるような回答にはならないと思います。とりあえず、私が思うところを述べます:

> A, qui B, qui Cは、AにBがかかっている文、BにCがかかっている文にしか解釈できないか?

ご承知のように関係代名詞は先行詞の直後に置かれるのが大原則です。従って上記のようなケースでは通常《qui C》の先行詞は《B》となりますからご質問のとおりの解釈になると思います。しかしながら次の質問文のように《Dans notre famille, nous avons des enfants qui apprennent un art martial, qui appprennent la musique, et~.》とあれば、2番目の関係節の先行詞が《enfants》であるのは文意からして、また関係節中の動詞の活用形からしても明らかです。ですから個人的には、この場合決定的な文法的誤り(faute grammaticale)とはいえないような気がします。むしろ1番目の関係節と2番目の関係節の間に《et》を入れますれたミスだととらえます。

ここで上記の質問に戻れば《A, qui B, qui C》の場合、通常ならAにBがかかり、BにCがかかるととらえますが、状況・文意によっては絶対ではないということしかいえません。もし先行詞と関係節の関係をはっきりとさせたかったら、すでにご存知でしょうが関係代名詞複合形(lequel,laquelle, etc.)を用いるとか、BとCの間の関係をよりわかりやすくするための表現にするとかでしょう。また、《A, qui B, qui C》の場合で、AにBおよびCをかけたかったら、例えば《A, qui B et qui C》などが考えられるでしょう。
私も《A, qui B, qui C》の構文を使って《Les enfants qui n'habitent pas avec les parents, qui travaillent a l'etranger》というような文を考えてみました。通常ならば「両親が海外で働いているので両親と同居していない子供たち」(1)で十分です。しかしながらこの例文の場合、質問文のケースと異なり、状況(文脈や前後に続く文章)などによって《enfants》が先行詞となるケースがゼロとはいえないと思います。(つまり上述の《et》を忘れたケースですが、現実にフランス人の文章を翻訳するとき、このような原稿上の小さなミスにたまに遭遇することがありますから。)その場合の訳は「両親と同居せず、海外で働く子供たち」(2)とかです。ですからこのようなケースで文意をはっきりとさせたかったらば、(1)の訳ならば《des enfants qui n'habitent pas avec les parents travaillant a l'etranger》とか、(2)の訳ならば《des enfants qui n'habitent pas avec les parents pour travailler a l'etranger》とかにするとよいでしょう。

次にご質問と少しずれてしまいますが、関係代名詞の「限定的用法(Emploi determinatif)」と「説明的用法(Emploi explicatif)」について。わかりやすくいえば:
「限定的用法では関係節は先行詞の示す人・物を同種の他の人・物と区別するために限定を加えているのですから、文意上なくてはならないものです。」対して「説明的用法では関係節は先行詞に対して単に有効な説明を付け加えるにとどまるので、仮に関係節を取り除いても文意がいちじるしく損なわれることはありません。」

ご指摘のように説明的用法の関係代名詞の前では、一般にvirgule(,)がおかれますが、必ずというわけではありません。先行詞が固有名詞であったり、指示形容詞(または所有形容詞)+名詞、とか人称代名詞などのようにすでになんらかの限定を受けている場合、virguleがなくても一般に説明的であります。
ご質問の《des enfants qui apprennent un art martial》では私もここは限定的用法と思います。その場合、上記の文章は《certains enfants des enfants qui apprennent un art martial,~》ということです。こまごまと訳せば「格闘技を学んでいる(全ての)子どもたちの内の幾人かの子どもたち」ですが、この内容・背景を訳出するのは容易ではありません。ここはサクッと「我が家では、格闘技を学んでいる子どもたちが何人かいて、他には音楽やダンスを習っている子どもたちがいる」ぐらいでいいのではないでしょうか。
というのもここでは《d'autres》との対比があると思われます。《d'autres》とは既出の人(ここではdes enfants qui apprennent un art martial)以外の不特定の他者を表しているからで、まず《des enfants qui apprennent un art martial》と一つ固めて、次に同種の他者(des enfants qui apprennent la musique,~)との対比・列挙をしているのでしょう。ですから、列挙の終わりでしばしば用いられる《enfin》がしめくくりとしてあるのではないでしょうか。

なかなか断言したり完全と否定できるような回答にはならないと思います。とりあえず、私が思うところを述べます:

> A, qui B, qui Cは、AにBがかかっている文、BにCがかかっている文にしか解釈できないか?

ご承知のように関係代名詞は先行詞の直後に置かれるのが大原則です。従って上記のようなケースでは通常《qui C》の先行詞は《B》となりますからご質問のとおりの解釈になると思います。しかしながら次の質問文のように《Dans notre famille, nous avons des enfants qui apprennent un art martial,...続きを読む

Q書き方を教えていただけますか?

○○株式会社の中の△△グループという部署があるのですが
○○Co.,Ltd. △△group←この書き方でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

欧米語では部署名は社名の後ろに書きます。


Taro Aso
△△group ○○Co.,Ltd

Qポルトガル語です。訳していただけませんか?

日本語に訳していただけませんか?
(質問に対する回答をお願いします)

初対面のブラジル人に、力ずくで頭を抑えつけられ無理矢理キスをされました。

なので「もうしないで」と言ったらこうきました。

「boa noite se voce sabe escrever,voce tamb m sabe ler eu n o fui grosso com voce! soh ke voce n o esta acustumanda com brasileiro mais tudo bem desculpa se voce achou ke fui grosso com voce, mais nois brasileiro somos assim, dif cil sai com algu m e n o beijar no primeiro encontro! se voce tem amiga brasileira eh s voce pergunta pra ela!!! beijos se cuida....」

お願いします。

Aベストアンサー

boa noite
こんばんは
se voce sabe escrever,voce tamb m sabe ler
貴方は書けるなら読めるよね。
eu n o fui grosso com voce!
ぼくは乱暴なことはしてないよ。
soh ke voce n o esta acustumanda com brasileiro
君がブラジル人に慣れてないだけさ。
mais tudo bem desculpa se voce achou ke fui grosso com voce,
でも乱暴だったと君が言うなら謝るよ。
mais nois brasileiro somos assim, dif cil sai com algu m e n o beijar no primeiro encontro!
でもブラジル人ってこうなんだよ。誰かと最初のデートしてキスしないなんてめったにないよ。
se voce tem amiga brasileira eh s voce pergunta pra ela!!!
もしブラジル人女性のともだちがいたら聞いてごらん。
beijos se cuida....
じゃあね。

boa noite
こんばんは
se voce sabe escrever,voce tamb m sabe ler
貴方は書けるなら読めるよね。
eu n o fui grosso com voce!
ぼくは乱暴なことはしてないよ。
soh ke voce n o esta acustumanda com brasileiro
君がブラジル人に慣れてないだけさ。
mais tudo bem desculpa se voce achou ke fui grosso com voce,
でも乱暴だったと君が言うなら謝るよ。
mais nois brasileiro somos assim, dif cil sai com algu m e n o beijar no primeiro encontro!
でもブラジル人ってこうなんだよ。誰かと最初のデ...続きを読む


おすすめ情報