畿内に行ったことのある人ならご存じのことと思いますが、天皇陵の方墳側に鳥居がたっていますよね。あれって いつ、何のためにつくられたのでしょうか・・・?

A 回答 (5件)

tama606さんの言うとおりですねえ、学術調査許可して欲しいですよ。


徹底的に調査しない限り「伝○○天皇陵古墳」の段階を突破できないですねえ。

まず天皇陵とは・・・宮内庁管理。天皇家の所有物。
正式には「陵墓」のことを指します。
  陵(みささぎ)=天皇、皇后のお墓。
  墓     =親王、内親王らのお墓。
  ↑の総称なんですね。
ちなみに全国1都2府30県、1089箇所あるそうです。

 平安後期頃からはどんどん累積する天皇陵を維持するのは財政的に無理になってきて、十陵四墓とか十陵五墓の制とかで、管理するのは現天皇からさかのぼって何人までとかになってきます。
もうそこからは荒れる一方で、戦国時代には天皇即位に必要な金銭もなかったと言いますから、おそらく・・・忘れ去られていたかと・・(笑
 江戸に入り、将軍家と天皇家の関係(婚姻も含め)から綱吉の時に天皇陵の修理がされたといいます。
また19世紀初頭には蒲生君平が「山稜志」で記したようにある程度は注目されるようになっていたのではないでしょうか。
 
 明治維新後しだいに整備が進んで行き、一段と進んだのは1889年(憲法発布)頃からだそうです。
なぜ整備されたか理由がよくわかるのは
「大日本帝国憲法」「皇室典範」中の「万世一系」という言葉です。
国家神道に基づいた当時の政治体制の確立のためには天皇家の正当性を示す必要がありました。
そのために江戸期にはたかだか20mほどの丘のようなものだったのが、
この頃には前方後円墳の姿に変わってる・・・という事例も多くあります。
(もともと何も無いのも多いですが 笑)
そういう流れで天皇陵は整備されていったそうです。

天皇陵の入り口には立て札がありますよね。
「○○天皇陵。立ち入り禁止。鳥・魚とるな。etc」っていうあれ。
中には詰所があるところまでありますよね。
おそらく、理由は神道としてのシンボルだと思います。
時期は立て札やなんかと同時期ではないでしょうか・・・

あまり天皇陵に行ったことないんですが、
方墳側に鳥居がたってる・・・というのは前方後円墳の場合、
前方(方墳)部分は儀礼用、後円部分は埋葬用に使われたと考えられています。
そういう意味で儀礼側に向かって設置されてるんじゃないでしょうか。

(って・・ほとんど陵墓の解説じゃんw)
    • good
    • 1

古墳の崇拝は、有力者の墓所として墳丘成立当初からあったようです。

中には鳥居や参道を設ける例もありましたが、その位置は円部に多かったようです。応神陵は後円部の南に誉田八幡というのがあり、かつては墳頂まで参道があったそうです。
天皇陵がなぜ現在の位置に拝所を設けてあるかはちょっと解りませんが、皇国史観の影響で、昭和初期に天皇崇拝のシンボルとして整備されたのではないでしょうか?
宮内庁の御陵指定も、遺跡が荒れなくていいのですが、学術調査は許可してもらいたいものです。
    • good
    • 0

 三輪方面には特に目に付きやすい御陵が多いですね!



「結界:ケッカイ」という仏教用語は、原始信仰の大神神社のある三輪山の山中にもあると言われ(見られない)ますが、

そこから先に入る事を禁じたものです。。。私は、御陵や天皇陵に見られる鳥居などには[結界]の意味が濃厚に見られると

考えています。

天皇陵と御陵に鳥居を設えたのは江戸時代以降、社会が落ち着いてからと本で読んだ記憶がありますが、明治以後も続いています。
    • good
    • 0

江戸時代には,幕府は天皇陵を寺院に管理させていたそうです。

明治政府が天皇を中心とする国家神道を広めていく過程で,天皇陵の「神社化」が行なわれて,鳥居が立てられるようになったのではないでしょうか。天皇陵自体,江戸時代まではけっこう荒れ果てていたなんて話も聞いたことがあるような気がします。明治になって,考古学的事実に関わらずとりあえずそれらしい古墳を天皇陵に指定して整備したのではなかったでしょうか。
    • good
    • 0

一般的な鳥居について説明したページがありましたので紹介します。


鳥居は俗界と聖域とを分ける表象なのだそうです。
「天皇陵の」と限定されてしまうと、それが当てはまるのかどうかはわかりません。

参考URL:http://www.genbu.net/tisiki/torii.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

政治的な理由ばかり考えていて鳥居の意味については考えてはいませんでした。有り難うございました。

お礼日時:2001/06/23 09:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q天皇陵と考古学

水戸光圀以来の歩みをふまえた日本考古学における
天皇陵問題についての考えを教えてほしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レポート・課題系の質問に思えますのでヒントだけ。
・皇国史観
・蒲生君平
・文久の修陵
・天皇陵の治定
・天皇陵と文化財保護法

Q大仙古墳(仁徳天皇陵)の等高線

何度か古墳の模型作成について質問させて頂き
たくさんの方から良い方法を教えていただきました。
しかし、自身での検索は上手くいかず等高線の資料を探すことが出来ませんでした。
大仙古墳の模型を作りたいのですが、何か参考に
出来るものは、ないでしょうか?
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

これかな。一般人が見て理解するのは困難かもしれませんが。
http://www.geocities.jp/take8dg/ak01_fig001.htm
http://www.geocities.jp/take8dg/hils02_fig001.htm

Q日本一大きいと言われる仁徳天皇陵って!

知人が、クイズ番組を見ていて、現在は、大泉御陵と言うのが正解!と教えてもらいました。

本当なんでしょうか?

もし、本当なら何故、そう言うことになったのか・・・
ご教授ください。

Aベストアンサー

大仙御陵が正解のようです。大仙公園の中にありますので。
堺市のHPを見ましたが分かりませんでした。呼称は百舌鳥耳原中陵などいくつもありますので宮内庁が統一させたのかもしれませんね。

Qスイマセン!カーラジオでニュース、邪馬台国の畿内説に有力な発見。

素朴な疑問(考古学ファンってどんな人)?

四国に行ってましたが、車中のニュースで、邪馬台国・畿内説・卑弥呼の宮殿跡発見とか決定的な証拠etcと熱心な解説、しかも発掘現場には今日だけで3,600人、明日の予想は5,000人が集まるとか言ってました。


研究者や考古学ファンの方には申し訳ないですが、田んぼや畑を掘り起こし、殆ど手作業で木片や穴を探し、出土品を求めておられます。
そして、現場の説明会となれば、雨の中、交通の便も悪く足場も悪い所へ多勢のファンが集まっておられるシーンを見聞しました。


私は、鎌倉以降の歴史・人物・忠臣忠孝の物語には非常に興味がありますが、誠に恥ずかしいのですが・・・神話の世界or実在や心理描写の具体的な印象が無い考古学の世界は良く分りません。

教科書でも魏志倭人伝等の中に少しは話が出てましたが、推理小説的に所在や存在を推理する程度しか興味はありません。
(九州でも畿内でも、どちらに有っても居ても良いと思うし、推理小説的な興味しかない私には学説&研究についてチンプンカンプンです。)


そこで質問は、熱心な研究者の皆様には誠に失礼な事かもしれませんが・・・

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?

◇発掘現場や現地説明会の開催情報収集と参加資格、同好会的な団体があるのでしょうか、実際に見学会には、どんな内容や面白さがあるのでしょうか?

◇考古学で注目の研究やミステリーのテーマーには、今、どんな人物・事件・対象があるのでしょうか?

お分かりになる部分だけで宜しいので、不勉強な私が厚かましい申し出で誠に恐縮ですが、何卒、よろしく教えて頂けませんでしょうか・・・。
お願い申し上げます。

素朴な疑問(考古学ファンってどんな人)?

四国に行ってましたが、車中のニュースで、邪馬台国・畿内説・卑弥呼の宮殿跡発見とか決定的な証拠etcと熱心な解説、しかも発掘現場には今日だけで3,600人、明日の予想は5,000人が集まるとか言ってました。


研究者や考古学ファンの方には申し訳ないですが、田んぼや畑を掘り起こし、殆ど手作業で木片や穴を探し、出土品を求めておられます。
そして、現場の説明会となれば、雨の中、交通の便も悪く足場も悪い所へ多勢のファンが集まっておられる...続きを読む

Aベストアンサー

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?
組織化されているわけではないのでなんともいえません。
学生から社会人、定年退職後の人までさまざまです。
定年退職後に地域史興味を持つためか、年齢層はやや高いかもしれません。

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?
「考古学」は、「遺跡や遺構、遺物から歴史を研究する」ので「年代」で決まるものではありません。「戦跡考古学」と呼ばれる分野では太平洋戦争中の軍事施設も「考古学」の対象です。
「歴史学」の一分野なので、化石などは「古生物学、人類学」になります。

◇発掘現場や現地説明会の開催情報収集と参加資格
新聞や地元広報誌です。参加資格はありません。
発掘調査は全国で年間1万件弱ありますが、大半は開発に先立って行われるため、見学することができないものもあります。
地元の教育委員会文化財部局に問い合わせるのが一番です。

◇同好会的な団体があるのでしょうか
研究者による専門的研究会からアマチュアによる同好会もあります。

◇見学会には、どんな内容や面白さがあるのでしょうか?
日本の場合、遺跡の多くが地下にあるため、発掘調査が終わると埋め戻されて保存するしかないので発掘調査見学会が実物を見られる唯一の機会である場合が少なくありません。また開発に先立つ発掘調査の場合は、調査後には遺跡が破壊されてしまいます。
それ故に見学会には多くの人がくることになります。

◇考古学で注目の研究やミステリーのテーマーには、今、どんな人物・事件・対象があるのでしょうか?
遺跡を発掘調査した結果からさまざまな歴史的事実を研究し、その結果として人物や事件などが解明されることはありますが、そのために考古学研究するというわけではありません。

◇考古学ファンって、どんな方がどれ位おられるのでしょうか?
組織化されているわけではないのでなんともいえません。
学生から社会人、定年退職後の人までさまざまです。
定年退職後に地域史興味を持つためか、年齢層はやや高いかもしれません。

◇考古学とは、年代的には、どの期間(ex、縄文から弥生時代)を指すのでしょうか?
「考古学」は、「遺跡や遺構、遺物から歴史を研究する」ので「年代」で決まるものではありません。「戦跡考古学」と呼ばれる分野では太平洋戦争中の軍事施設も「考古学」の...続きを読む

Q古代日本では畿内から氏族が流出しないように関所を設けていたらしいですが

どういう目的で氏族は外に出ようとしていたのでしょうか。
その時代の日本において、そこから出て生活することにメリットなんかあるのでしょうか。

Aベストアンサー

>古代日本では畿内から氏族が流出しないように
>関所を設けていたらしいですが
という前提が正しくないように思われます。
古代=古墳時代~平安時代においては畿内周辺、特に東国は「まつろわぬ民」の住む辺境地域という認識がありましたので、こうした「異民族」(と朝廷が認識しているだけ)が畿内に入り込まないように関を設けていた、というのが一般的な解釈です。
どこでそんな説をごらんになったのですか??


人気Q&Aランキング

おすすめ情報