外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

300ミリの出汁がわかりません!水13、白だし1の割合ですが、計算方法がわかりません!水13て何ミリリットル入れたらいいのでしょうか。

質問者からの補足コメント

  • ありがとうございました!

      補足日時:2016/09/13 18:54

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

単純に


13:1:14(全量=13+1)ですね。
なら、
白だし:全量 は、
1:14 ということ。
= 1/14 : 1

>水13て何ミリリットル入れたらいいのでしょうか。
 それは違うよ!!

300mLの1/14は、21.4 mLですから、
21.4mL測って、それを300mLになるまで水を加えればよい。

薄めるときは、ほしい液体の量の、1/割合 を測って、その量まで薄めるのですよ。
1:9 の割合で100L欲しければ、
 10L はかりとって、100Lになるまで水を加えればよい
 10L:(100-10) = 10L:90L = 1:9 でしょ。

100倍に薄めて1Lなら、
 0.1L を1Lまで薄めるでしょ。そのときの比は、0.1:0.9=1:9
    • good
    • 1

要は水13:白だし1って事ですよね



なら、13+1=14として
300÷14=21.428

となれば水は13×21.428=278.564
白だしは1×21.428=21.428

これで全部を足せば299.92
約300ですね

化学の実験じゃないんだからこんなに厳密にする必要は無いので
水280ccに対して白だし20ccってとこでしょう

で、もし質問者様が味が薄いかな?と感じたら
もうちょっと白出汁を足せばOK^^
    • good
    • 2

「13:1」の計算


水  300mL ×(13÷14)= 278.6 mL
出し 300mL ×( 1÷14)= 21.4 mL
合計 300mL ×(14÷14)= 300.0 mL


ミツカン「白だし」の使用説明
・ かけうどん(2人前)…… 水 450mL:白だし50mL ( 9:1)
・ 出し巻き卵(卵3個)…… 水 50mL:白だし10mL ( 5:1)
・ お吸い物(2人前)……… 水 240mL:白だし20mL (12:1)
・ おでん・鍋物(4人前)… 水1060mL:白だし90mL (12:1)
以下略
    • good
    • 0

どこか読み違えていると思いますよ



水が13倍って、薄すぎて、味がしませんから
    • good
    • 1

300÷14×13≒約278,6


278,6mlです。
    • good
    • 0

白だしって?・・



粉末なのか? 出汁パックなのか?・・

調理師が白だしと 言う時は 出し汁に 調味料が何も入って無い状態の事を言います・・

この場合 多分は 出しパックだと感じるので それなら水13を忘れて300mlの水に出しパック一個だと思うが?
    • good
    • 0

300ミリって、1.5カップ、普通のコップだと軽く2杯。


そこに、白だし大匙2-3杯でOK、大匙なければカレーのスプーンで
    • good
    • 0

13+1=14


300÷14=21.4ml・・・白だしの量
300-21.4=278.6ml・・水の量
    • good
    • 0

270ml

    • good
    • 1

例、白だしが100mlだとしたら水はその13倍

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qめんつゆの薄め方方

素朴な質問で申し訳ないのですが、
3倍希釈用のめんつゆがあったとします。
例えば200ccのめんつゆを使えば、水の量はいくら使えばよいか教えてください。400のような気もするし600のようなきもしているのですが・・・。

Aベストアンサー

こういう考え方をすれば簡単ですよ。
1倍希釈⇒水で1倍の量にする(希釈しない)⇒1:0⇒つゆ200cc+水0cc=200cc(ストレートタイプ)
2倍希釈⇒水で2倍の量にする⇒1:1⇒つゆ200cc+水200cc=400cc
3倍希釈⇒水で3倍の量にする⇒1:2⇒つゆ200cc+水400cc=600cc

Q和風料理「だし一カップ(200cc)」って、一般的な「だしの素(粉末)」使う場合の溶かす量は?

お世話になります。
料理初心者(男性)です。よろしくお願いいたします。

★レシピの和風料理・煮物などでよく「だし1カップ(200CC)」などとありますが、だしを昆布や削り節などからとる手間を省略して市販の「だしの素(私がよく使うのはカツオ風味の粉末。スティック状のもの)」を使う場合の、『溶かす使用量の目安』をご指導ください。

だしの素もメーカーによって違うのでしょうが、目安をご指導いただけたらと存じます。ついつい、「めんどくさい」とか、「多めに使えばおいしいだろう」などと考えがちで、200CCのお湯に1スティック全部入れたりしてきたのですが、やってるうちに、「もったいない?」だけでなく、塩分等で「体にもよくないのかな?」などと思うようになりました。
初歩的なところからわからないのです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんばんは。
 レシピや食べる人の出身地(豪雪地・東日本の方は濃い味が好みですし、西日本だと薄味が好みですので)によって変わるので、一概にいえないのですが、200ccあたりで、鍋料理なら小さじ2/3~擦り切り1杯(3g)くらい、煮物だと小さじ1/2~2/3杯(1.5~2g)くらいでしょうか。
 うちはスティックタイプを使っていないので、スティック1本に何gの調味料が入っているのかわからないのですが、yastaroさんのお持ちの調味料に、1スティックあたりの量が書かれていると思いますので、それを参照にされるといいかと思います。

 あと、割と重要なのが、「薄すぎた味は濃くできるけど、濃すぎた味は薄くできない」(料理の量を増やさない限り)ので、調味料は気持ち程度弱気に使ったほうがいいかと思いますよ?

 それから塩分ですが、味の素(株)の「ほんだし」で、1gあたりの食塩が0.35gです。他のメーカーのだしの素でも、おそらくこの前後、0.3~0.4gだと思います(極端に違うと風味が大きく変わってしまうはずなので)。

 また、メーカーのサイト(味の素の「ほんだし」ならhttp://www.hondashi.jp/、ネスレの「マギーブイヨン」ならhttp://maggi.jp/など)に、自社の製品を使ったレシピ集が豊富に載っていますので、お料理の参考になるかと思います。

 参考になれば幸いですが、これをアドバイスとさせていただきますね。

 こんばんは。
 レシピや食べる人の出身地(豪雪地・東日本の方は濃い味が好みですし、西日本だと薄味が好みですので)によって変わるので、一概にいえないのですが、200ccあたりで、鍋料理なら小さじ2/3~擦り切り1杯(3g)くらい、煮物だと小さじ1/2~2/3杯(1.5~2g)くらいでしょうか。
 うちはスティックタイプを使っていないので、スティック1本に何gの調味料が入っているのかわからないのですが、yastaroさんのお持ちの調味料に、1スティックあたりの量が書かれていると思いますので、それを参照に...続きを読む

Q顆粒だしと白だしは同じ?

レシピ本に顆粒だし小さじ1と記載ありましたが我が家には白だししか在庫がなく・・・。

白だし(液体のおだし)を使う場合、同じ小さじ1でよいものでしょうか?
調味料に疎いものでm(_ _ )m 教えて下さい。

Aベストアンサー

”顆粒だし”は鰹やいりこ・昆布などを加工して
使いやすく粒状にしたもの。

本来は鰹節を削ったものや、いりこや昆布を水に浸けて出汁を取り
料理のコク・風味を出すために料理していたものを一般家庭では
面倒なので使い易くしたのが”顆粒だし”です。

プロの料理人が出汁作りから行っていいるシーンを見たことあると思います。
料理番組では”顆粒だし”を使うかもしれませんが自分の店のPRに
”顆粒だし”を使っていることはまず無いと思います。

つまり顆粒だしには鰹なら鰹本来の味しかしないのでしょうが
メーカーにもよると思いますが、何らかの味付けがされているように
思います。

さらにもっと料理の手間を省いて出来るのが”白だし”です。
”白だし”はまさしく、醤油・みりん・塩・魚介を使って
水と配合するだけでおいしい汁が出来るようにした物です。
そうめん等に使う”そうめんツユ””ツユの素”と同じ様な物です。

簡単に言えば、
”顆粒だし”汁を作るための1アイテムであり
”白だし”は色々なアイテムを使って出来たほぼ完成品と
思えばいいと思います。
凝縮されているのは料理のバリエーションを広げるためです。

今作ろうとしている料理は判りませんが
”顆粒だし”以外に調味料として、醤油やみりん、砂糖、塩などが
記載されてませんか?

とすると、”白だし”と水だけでそこそこの味が出るかもしれません。
但し、同じ小さじ1杯ではダメでしょうね。水と配合して
辛いか薄いか自分の舌で確認しましょう。

”顆粒だし”を使ってレシピ通りに作ったものと比べてみて下さい。
”白だし”の分量を調整するだけで似たような味になる可能性はあります。

”顆粒だし”は鰹やいりこ・昆布などを加工して
使いやすく粒状にしたもの。

本来は鰹節を削ったものや、いりこや昆布を水に浸けて出汁を取り
料理のコク・風味を出すために料理していたものを一般家庭では
面倒なので使い易くしたのが”顆粒だし”です。

プロの料理人が出汁作りから行っていいるシーンを見たことあると思います。
料理番組では”顆粒だし”を使うかもしれませんが自分の店のPRに
”顆粒だし”を使っていることはまず無いと思います。

つまり顆粒だしには鰹なら鰹本来の味しかしないのでしょうが
メー...続きを読む


人気Q&Aランキング