相続に関して教えて下さい。将来のことを見据えて、子の代まで問題を残しておくことではないと思い、現在、色々と調べているのですが、全く知識もなく時間だけが過ぎている状態です。
そこで、せっかくなので、専門家の意見を聞いてみることがいいと考えたのですが、司法書士・弁護士・税理士 等々どの専門家に意見を伺うのがいいのでしょうか?
大した相続では全くありませんが、主に土地・家屋について相談してみたいです。また、相談料の相場はどれ位かかりますでしょうか?
よく、1時間当たりいくらとか表示を見かけますが、そもそも相談にどれくらい時間を要するのかもわからないもので・・・
宜しくお願い致します。

質問者からの補足コメント

  • 現在、相続問題にさし当たっているわけではなく、将来的にさし当たった場合に困らないための準備をしておきたいと考えております。(主に、土地や家屋で、その評価調査の仕方や自分の子や孫?等の代で揉めないために、今の内に名義をシンプルにしておいた方がいいと思っています。)
    ですので、今現在は相続に対する書類作成や交渉事項等が生じる状態ではないのですが、単にベストなアドバイスを得たいと言った様な要望を、税理士事務所さん等に依頼しても差し支えないのでしょうか?(なんとなくですが、その様な事務所に依頼するのは、問題にさし当たっている方がする様なイメージを持っているので・・・)

      補足日時:2016/10/25 23:32

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

相続で考えなければならないことは多岐にわたり、各分野ごとに専門家が分かれていると考えたほうがよろしいと思います。



私は、司法書士と税理士のいる総合事務所の職員という立場で、資格者とともに相談に乗っておりますが、相続をひとまとめに相談したがるため、困ることも多いのです。

ご心配がいくつもあるようです。
不動産の登記手続きの相談などであれば、基本的に司法書士の分野となります。行政書士や税理士は、扱えても概略や制度説明にとどまり、詳細な相談に応じることは法律で制限されております。弁護士は法的にはこの分野を扱えますが、弁護士自身がこの手の分野を扱うことはまれであって、専門とすることは少ないことでしょう。

財産評価を心配されていますが、財産評価というものは、その目的によって評価方法や考え方も法律や制度も異なるものです。
遺族が争わないようにするために正しい評価でということであれば、時価相場からの評価となると思います。これは相続税などのための評価とは異なります。同じ勝ちだと思ってそれぞれの相続人が相続しても、相続後に負担する税が同じとは限らないのです。時価評価などは、そう簡単なものではありません。一番は不動産鑑定士による評価かなと思われますが、一般の方が依頼することは、費用対効果からまずないと思います。不動産屋にと考える方もいますが、売れる見込みがあれば高く買う、利益を追求するため安く買い高く売りたいと考えてもおかしくはありません。不動産屋によって評価も異なります。また、鑑定評価は、不動産鑑定士以外行ってはなりませんので、不動産屋などが出せるのは、それぞれの目的に合わせた見積書程度のものであり、評価だけと言われてしまえば、儲けになりませんので、見積もりも作らないかもしれないですし、作ってもいい加減に安く書くだけでしょう。

遺族が争わないようにするために遺言書や生前贈与を考えて進める方もいます。
遺言書を取り扱う専門家には、行政書士・司法書士・弁護士になるはずです。しかし、それぞれの専門分野から作成等を行う立場ですので、同じアドバイスをされるかはわかりませんし、同じ遺言書となるとも限りません。

相続税や生前贈与における相続税や贈与税については、税理士の分野となります。他の相続を専門としているような資格者であっても、弁護士以外は税についての具体的な相談をしてはならない制限があります。弁護士は制度上認められているだけであり、必ずしも税まで詳しいとは限りません。

このようなことから、弁護士は何でもできる資格だが、なんでもできるとは限らない資格です。他の資格者は一応は業務の範囲であれば、通常通りの仕事はできるはずです。司法書士の範囲であっても、相続を専門領域として掲げる司法書士とそうでない司法書士では、仕事の内容やスピードなども変わってきます。税理士も同様です。ビジネス関係の税ばかりを扱う税理士ですと、顧問先の経営者などの身内の相続税程度しか扱いません。しかし、相続税対策から対応している相続税などを専門とする税理士のほうがよい場合もあります。

そこでお勧めしますのは、相続の分野を専門として掲げている専門家事務所で、司法書士と税理士が同居している事務所、両資格を持った資格者の事務所がよいと思います。多くのこのような事務所を総合事務所といった名称で看板などが出ているはずです。ただ、総合事務所としているところは、最低二つ以上の資格者であるというだけですので、在籍している資格者について確認されるとよいでしょう。

財産の中の土地や建物において、隣接地とのトラブルなどで境界問題があるような場合には、土地家屋調査士が必要なこともあります。争いでの代理交渉や裁判なども必要なこと、遺族がそのようなことに発展しそうな状況であるようなときには、弁護士への相談も必要なこともあるかもしれません。

私は総合的なアドバイスを顧客にしようと心がけていますが、私の上席者である資格者であっても、どうしても得意分野を中心に話そうとしてしまうこともあります。資格者の人間ですので、説明能力や話術が異なりますからね。
私の周りで大きな問題を抱えた相続等の相談が来ると、知り合いの総合事務所を紹介しています。そこは、相続の分野も専門としていますし、上記で書いた資格者のうち不動産鑑定士以外のすべての資格者が在籍しています。社会保険労務士も在籍していることから現在の年金受給などの相談から遺族年金などまで相談が可能になっていますね。弁護士もいることからまとまらない相続は裁判で解決させることも対応できるようですね。

相談料なども明記しているところも多いはずです。明記していないところを避ければよいだけでしょう。
相談される場合には、戸籍謄本と親族関係図、財産の目録(不動産は固定資産評価明細も)、そして、不安や疑問を箇条書きに書いて相談しましょう。
資料がないことへのアドバイスは推測で対応となってしまいますし、素人の思い込みの高騰による質問ですと、見えないリスクへのアドバイスができませんからね。
相続人が誰かを間違えて相談に来る人も多いですからね。

相談料は相談時間に応じてとなりますが、質問や現状の説明をあなたが行っている時間も相談料に含まれます。1時間5,250円の予定でアポイントをとり、あなたの説明が50分かかれば、10分のアドバイスが5,250円になってしまいますからね。説明をわかりやすく間違えずに伝え、それを短時間で済ませる。それが上手な相談だと思います。

長文失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ben0514さま、かなり詳細にありがとうございました。総合事務所ですね、調べてみます。また、行く際のアドバイスもありがとうございました。今の私の悩みは、本当に素朴というか家庭的な相続の疑問、例えば、共有名義の土地を残しておくことにより、将来、こどもに負の遺産(といってもしれていますが・・・)を残さない様にしたい(他の共有名義者から、土地を譲るかわりにその分をお金でとか請求されない?)といった様な本当に基本的なことをプロに相談したいけれど、どこに相談すればいうことです。

お礼日時:2016/10/26 21:20

相続税対策は、一日でも早くしておくべき事です。


これは「やや、危ないかも」となってから、財産を贈与して相続税対策などをしても、相続発生時の3年前の日以後の贈与は相続財産に加算されるからです。
相続税法は、税法の中でも複雑性が高いので、まだまだこれからだと思ってるぐらいから医師ならぬ「かかりつけの税理士」を作っておくと良いですよ。

一時間5千円ぐらいが報酬の相場でしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

hata。79さま、たびたびありがとうございます。相続税対策というよりも、私の疑問は、もっとレベルの低いことです。(すみません・・・)

お礼日時:2016/10/26 21:14

相続に関しての悩みは


1、相続税
2、相続人のうち誰を、いわゆる跡継ぎにするか
3、財産の分配をどうするか
4、相続人のうち、その後の生活自身が心配な者がいる

などなど。
上記のうち4は、重度の障害を持ってる者が相続人になった場合を親が懸念するケースです。

まずは税理士を相談窓口となさと良いでしょう。
とりあえずは相続は税を含めて税理士が専門です。
司法書士は、相続によって不動産の所有権が移転する際の申請書を作成するのが仕事です。
仕事柄相続の相談のみでなく法的な相談も処理しますが、税に関してだけは税理士でないと回答ができないです。
弁護士は、上記のすべてをできます。
これは「やっても法的には問題がない」という意味で、実際に相続税の申告書を作成できる弁護士は稀有ですし、法務局へ所有権移転登記の申請書を自分で書かれる弁護士も稀有です。
税理士、司法書士と言うその道のプロに外注に出すのが一般的です。
弁護士の仕事は「争い事」の代理人です。
相続人の間で「俺の取り分が少ない」「なによ、あんたなんか靴下に穴があいてるくせに。もらわなくてもいいのよ」などと争いが出ます。これを処理するのが弁護士ですね。

税理士は、一つの相続を処理するにあたり、これらの専門家へ依頼すべきはして行きます。
弁護士、司法書士、税理士のうち、どれに相談をしても「その話は専門が違う」と窓口を替えての話になります。
その意味では「誰に相談しても良い」わけですが、私は、最初に相談窓口に選ぶなら税理士を勧めます。

所有財産の評価は税理士の仕事です。
事業承継を考える場合も、税理士なしでは話は進みません。

相続事案は、相続税が出て相続税申告書を作成するまで行くならば、それまでの相談は無料(というか、別途には請求しない)ケースが多いです。
時間を費やして、相続税が出ないなら報酬が貰えないというと、これもやっていけないので、財産評価にかかった日数に日当(一日3万円から5万円)をかけて請求するという場合もあるようです。

「とにかく相続の事で相談したい」というならば、一時間4千円からが相場です。
マッサージを受けるような金額だと思っていれば良いと存じます。

何時間かかるかわからないと言われますが、それは「一から十まで教えてもらう」ケースです。
相談というよりも授業を受けるような感じになります。
丸一日、相談を受けてもらっての報酬が3万円ぐらいだと思ったらどうでしょうか。

「丸一日!!私は日当を6万円請求します」という税理士もいるかもしれませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

非常に詳しくありがとうございました。実際のところ、まだ相続問題になっているわけではなく、将来的に相続で困らないために今のうちにこーしておいた方がベターですよ、とかアドバイスを専門家の立場の方にいただきたいと考えておりまして。

お礼日時:2016/10/25 23:20

司法書士・弁護士・税理士 等々どの専門家


だとしても、それぞれ得意分野があるようですので、
相続専門に相談を受けている人がいいのでは。

実際に税に関連するのは税理士ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

それぞれやはり得意とする分野があるのですね・・・。しかし、その中でも相続を専門とされている専門家もいるのですね。
早々にありがとうございました。

お礼日時:2016/10/25 23:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q冬の温泉旅館は、浴衣の下にキャミソールだけでも寒くないですか?

冬の温泉旅館は、浴衣の下にキャミソールだけでも寒くないですか?

Aベストアンサー

外に出なければね。

北海道の登別にも真冬にいくけど浴衣の下になんて何か来たことはない。

もちろん関東甲信越あたりでも下に何かきることはないね。ただし
あまりにも古い小さな旅館だったりすると廊下は極寒だったりするのでそのような宿なら
浴衣だけでは絶対に過ごせない。
まぁ宿泊する宿の規模、または古さにもよつて違うと思うよ。

Q母70代よりも子40代が先に死んだ時の遺産相続はどうなりますか。

私40代独身、母70代の二人家族。嫁いでいる姉が二人です。
私が一番先に死んだ場合、遺産相続はどうなるのでしょう。私は定期預金あり(8行の銀行に分けています)、土地あり、家はまだ母名義かな? 店舗のない銀行、たとえばソニー銀行など、どうするのでしょう。母はインターネットできません。 また、私が遺言書を書いた場合、それは忠実に実行されるのでしょうか?

Aベストアンサー

真面目に、あなたが任意後見制度を利用して、成年後見制度、ともいう、誰かを後見人に選任して、その方に、財産すべての管理方法、銀行のパスワード、隠し金庫の番号、などを伝えるために、資料を残し、公証人役場などで証書にしておけばいい。
もう、70なので、病気があれば特養にも入れるし、金が唸っておるなら、早めに、
私的ホーム、高いけど、ソー言うところに入れておけば、特養などなら、後見人が管理している人、割といますよ。成年後見制度は市役所にパンフが置いてあります。

Q温泉旅館での浴衣の下について

今度、部活の卒業旅行で、男女混合で温泉旅館に泊まることになりました。
今までほとんど温泉旅館に泊まったことがないので、
浴衣のときの下着とかをどうすればいいかわかりません。

女子だけならノーブラとかでもいいのかもしれませんが、一緒に行く男子の中に、彼氏もいます。
カップ付きキャミソールとかのほうがいいのでしょうか?
Tシャツとか着る方がいいのでしょうか。

もともとお腹が弱く、少し足が冷えただけでもお腹を下してしまうので、浴衣で寝ることも少し不安です。

Aベストアンサー

こんにちは、ご卒業おめでとうございます。

温泉での浴衣、風情があって素敵ですね。また彼氏さんも同行されるなんて、きっと楽しみも多いことと思います。
さて、温泉浴衣ですが、今の時期これはちょっと寒いと思ったほうが良いです。
浴衣の上に着る「丹前」もありますが、スースー感は否めません。

着慣れない温泉浴衣でお食事やお部屋でおしゃべりなどしていると、どうしても着崩れてきますし、彼氏以外の男子も一緒なら、あれらもない格好になることに抵抗もあるでしょうね。。。

薄い温泉浴衣の下に着るなら、ユニクロなどにあるカップ付の長袖インナーがオススメです。
また、足元から冷えてきますので、10分丈のスパッツも必須です。その上で靴下を履きましょう。
寝るときは着慣れたパジャマが一番ですよ。

卒業旅行、楽しんできてくださいね!

Q公平な相続でしょうか? 条件 父の遺産 不動産 1億2000万円 相続人 母、子A、子B 一次相続

公平な相続でしょうか?

条件
父の遺産 不動産 1億2000万円
相続人 母、子A、子B

一次相続
分割は法定相続割合で合意
但し、子Bは母の居宅や事業不動産であることを理由に二次相続に先送りし実際の受け取りはなし
母 9000万円
子A 3000万円

その後、母が相続対策で借入金でマンションを建て、課税評価を0円にする。

二次相続
子Bが母から遺産を相続。評価は0円

結果
子A 3000万円
子B 0円

子Bは不公平だとして、子Aに差額を請求するようなことはありますか?

Aベストアンサー

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、借金は逐次返済されて
いくわけです。
そうすると、上述の(借金)は徐々に
減っていくわけです。
3000万の返済が終わったところで、
お母さんがお亡くなりになりました。
ということだと、
子A:1500万-1500万(借金)=0
子B:7500万-4500万(借金)=3000万
となり、
一次相続時の子Aの3000万と同等
で分かりやすいですかね。A^^;)

あなたの質問のウラには、
不動産事業としての『おいしさ』が
隠れているということだと思います。

母が不動産事業を遺して、借金があっても
安定した老後(収益をある)が約束されると
子Bと合意(ネゴ)できるなら、問題は起こ
らないのかもしれません。
却って、子Aが不満に思うことになる
かもしれませんが。

母が遺言を書くのは必須ですね。

いかがでしょうか?

>一次相続
>分割は法定相続割合で合意
母:6000万
子A:3000万
子B:3000万
です。
先送りも何もありません。

仮に
母:9000万
子A:3000万
子B:0
で合意したとしましょう。

二次相続時の状態は
プラス資産9000万
マイナス資産9000万
ってことですかね?

公平な相続として想定されるのは。

子A:1500万-3000万(借金)=-1500万
子B:7500万-6000万(借金)=+1500万
が、一次の結果から合意できる
分割案となります。

いろいろな状況は想定されますけどね。
例えば…

お母さんが賃貸マンションで事業を
営むとすれば、...続きを読む

Q男性の方に質問です。彼女と温泉旅館に行く場合、浴衣の下にブラジャーをつけて欲しいですか?スリップ(タ

男性の方に質問です。彼女と温泉旅館に行く場合、浴衣の下にブラジャーをつけて欲しいですか?スリップ(タンクトップ)は着るつもりです。

また、パンツの上に黒い見せパンを履くのは無しですか?

Aベストアンサー

私は
ブラジャー OK
見せパンNG

Q子に直接すべてを相続すると、最終的に残るお金はお得になりますか?

例えば、父・母・子の3人家族がいたとします。
父が亡くなると、相続税Aがかかり、残った財産は母と子に相続されます。
そして次に母が亡くなると、相続税Bがかかり、残った財産は子に相続されます。
最終的に子が受け取る財産は、次の①+②になると思います。

①父の財産ー相続税A
②母の財産ー相続税B    ※母の財産=父の財産ー相続税A

例えば父が遺言書で「財産はすべて子に相続する」と書いて子に相続した場合、
最終的に父の財産が子に残る金額は、相続税Bの分だけお得になりそうな気がします。
子が母の面倒をきちんと見るならばありえそうな気もしますが、
そうした話は聞かないような気がします。
なぜでしょうか?

Aベストアンサー

まず 間違った回答の訂正から。子にすべてを相続させることはできます、母が相続放棄すればよいだけですし、遺留分減殺請求は本人から請求できる権利ですので母が請求しなければ問題ありません。
次に、相続税の関係ですが 配偶者には1億6千万円か法定相続分の1/2までは相続税が掛かりません。その結果 遺産が3億2千万の範囲内なら 母を経由したほうが 直接子が相続するより 相続税が多くなることはありません。極端な例で 遺産2億で母一人子一人 母の生活費分は省略で計算すると 母経由だと子は1億を2回相続しますが 直接だと2億を一回です 一億の税率×二回よりも2億の税率一回のほうが多少なりとも少なくなります。一億のほうが税率が低いですから・・・
ということで 母経由のほうが得です。ただし、手続き費用は勘案しない場合です。

Q彼と温泉旅館に行くのですが、浴衣の下にブラを付けようか迷っています。男の人はノーブラがいいと聞きます

彼と温泉旅館に行くのですが、浴衣の下にブラを付けようか迷っています。男の人はノーブラがいいと聞きますが、えっちをする際だけに関していうと、どっちがいいですか?

Aベストアンサー

何をおしゃっるかと思えば
それは勿論ノーブラが良いに決まっています。

Q初めまして。 相続に関して教えてください。 被相続人である父がなくなりました。 相続人は私と兄の2人

初めまして。
相続に関して教えてください。
被相続人である父がなくなりました。
相続人は私と兄の2人になります。
兄は18から東京に住んでおり、その後結婚して居住地も両親に教えませんでした。子供はいません。
私は結婚して実家の近くに住んでいます。子供は3人います。

生前父は相続はちゃんとやってあるから文句を言うなよ!と言ってました。
母が亡くなった時に兄は四十九日の時に親戚の前で相続は放棄します。跡も継ぎません。全て妹夫婦に任せます。と言いました。
その後、父と兄は弁護士に相続のことについて相談に行っていたようです。父から聞いてます。
そして、私には通帳、定期証書、土地の登記簿、印鑑を預け、これは全てお前のものだから。と言われてました。
実家は兄が跡を継がないので、私の子供を1人養子にして跡を継がせると言ってましたが、養子縁組の手続きをする前に亡くなってしまいました。
母が亡くなってから1年後のことです。
私は兄が母の四十九日に言った言葉を信じ、葬儀等のを全て行いましたが、葬儀の後兄は相続放棄するとは言ってないから半分よこせ!と言い出しました。
が、一切の父の死後の手続き等は全くせず財産目録も全て私がお願いしたぜいりしに作ってもらい、兄はこの税理士に委任状を出して相続税を払いましたが、税理士に支払う費用も全て半分と言ってきました。

ネットで調べたら、口約束でも通帳や印鑑を所持し、これはお前にやる!と言われればそれは私の相続分になると書いてあるのを見ました。
これは本当のことでしょうか?
本当であれば財産分与も楽になるのですが・・・
ご回答よろしくお願いします。

初めまして。
相続に関して教えてください。
被相続人である父がなくなりました。
相続人は私と兄の2人になります。
兄は18から東京に住んでおり、その後結婚して居住地も両親に教えませんでした。子供はいません。
私は結婚して実家の近くに住んでいます。子供は3人います。

生前父は相続はちゃんとやってあるから文句を言うなよ!と言ってました。
母が亡くなった時に兄は四十九日の時に親戚の前で相続は放棄します。跡も継ぎません。全て妹夫婦に任せます。と言いました。
その後、父と兄は弁護士に相続のこ...続きを読む

Aベストアンサー

通帳、定期証書は、あなたのものです。
土地については「贈与した」というならそれを登記しないと第三者には贈与で受けたと対抗できません。

土地の登記簿は登記済証のことでしょうか。
登記済証を権利証とみなさんいいますが、この権利証を相手に渡したって「あげた」ことにはならないです。
ヒドイ言い方ですと「なにか印刷されてる紙切れ」という価値しかありません。
ばくち場で「ええい、これでどうだ!」権利証をたたき出す場面があって、これを担保にもう一度ばくちさせろという演出なのですが、実際には所有権の移転なんて無理ですから。

「この土地はお前に相続する」という証左に登記簿を渡したという話になります。

ここで、その様子を知ってる兄が「なにを言ってるんだ」と言い出してるので、わけわからなくなってますね。

Q恋人同士の旅費についての相談 付き合って半年の彼女(4つ下)に二泊三日の温泉旅行に行かないか?と

恋人同士の旅費についての相談


付き合って半年の彼女(4つ下)に二泊三日の温泉旅行に行かないか?と誘いました

彼女は二泊かぁ...少し費用を出してくれない?と言ってきて、イラッときたので二泊しても一人14000円だよ、と伝えました。

それだったら全額出せる、探してくれてありがとう
と言われました。

旅行当日、お金の入ったお手紙付きの封筒をもらいました。
旅費代20000円が入ってました

気持ちが嬉しかったので、私は彼女に旅費を返しました。

自分のお財布を見ると彼女に返した現金20000円がお財布に入ってました


彼女の少し出してくれない?の一言、どう思いますか?

Aベストアンサー

二泊三日だったら、4、5万かかると思ったのかも。

探してくれてありがとう
は、本心だったのだと思います。
良い彼女さんですな。

ひょっとしたら、貴方のイラッときた時の顔が、とても怖かったのかも…

Q弟が多額の借金を残し死亡しました。相続人は母親なので、直ぐに相続放棄して認められた後に、姉の私も手続

弟が多額の借金を残し死亡しました。相続人は母親なので、直ぐに相続放棄して認められた後に、姉の私も手続きをする予定です。父親も祖父母も亡くなっているので、私で相続放棄したら他に借金の取り立てが行く事はないのでしょうか?また、相続放棄が認められた後にする事はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

債権者にとって、請求先がなくなることから、泣き寝入りです。
担保や保証人があるなら別ですけれど。

相続放棄をしたなら、債権者にその旨の報告をすればそれで終わりです。放っておきましょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報