痔になりやすい生活習慣とは?

この度古物商を廃業することとなりまして、在庫の扱いと仕分けについて困っています。

私なりに調べたり、こちらで質問してみた結果、複数のやり方がでてきてどうしていいものか迷っています。

・生活用動産と考えればOK (仕分けは不要っぽい)
・売上にしないといけない (仕分けは必須だと思います)
・譲渡所得の対象になる (仕分け等が要るとは思いますがよく分かってません)
・在庫は処分しきらないと廃業できない? (そうだとすれば仕分け必須でしょう)

などです。

とりあえず私の状況を簡潔に説明しますと
・青色申告
・古物商をこの度廃業(廃業は初めてです)
・在庫(書籍が2点 100円と300円程度のもの)

といった感じです。
仕分けをするならするで、やるつもりなのですが、しなくても良い?(自動的に個人資産になる?)ならそれが助かる というのも本音でして、どうしたら良いか詳しい方のご意見を伺えればと思います。


長くなってしまいましたが、質問をまとめると
・在庫(書籍(特殊なものではなく、ごく普通に書店で売っているタイプのもの))を、廃業するにあたってどう扱うのが正当なのか。
・それに当たって、仕分けが必要な場合どのように仕分けるべきなのか(○○○/△△△ のように分かりやすく書いていただけるとありがたいです)

あまり頭の回転がよくない方なので、出来たらですが、分かりやすく説明していただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • 個人資産にせず、個人で使用しないものとした場合 どうしたら良いかも参考に聞いておきたいです。
    やはり廃棄でしょうか? しかし損として計上してしまうと後々問題になる気もしますし……。
    わかる方おられましたら、ご教授お願いします。

      補足日時:2016/11/04 21:17

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

申告などを税理士に頼んでいるのであれば、そちらに相談しましょう。


他の回答や補足で「会計事務」と言われているのがよくわかりませんがね。

本来の方法は、すでに書いてあるように家事消費で売り上げに計上すべきです。

そもそも個人資産云々を質問されていますが、個人事業はあなたの人格の事業ですので、事業用資産すべてあなたの所有物、すなわち個人資産です。申告書や決算書においての取り扱いがどうであろうが関係ないのです。

手続き的には、廃棄されるのであれば、廃棄としての処理仕訳を行うことで、費用計上可能です。あなたの生活資産にするのであれば、他人へ売却する金額での売り上げ計上を家事消費として行う必要があります。

金額が軽微ということで、在庫0として売上原価に紛れさせて処理を終わらせてしまうのも判断の一つですが、良いと断定できる人はいません。まず大丈夫というだけでしょう。もしも、他の会計処理や税務申告内容で事エム調査となれば、小さな問題点でも深く追及され、想定外のつつかれ方をしかねません。正しい処理を進めるべきことだと考えますね。

廃業後にかかる費用も経費算入が認められていますので、小さい経費も計上することで、多少の家事消費売り上げが増えても、税務に影響しないのではありませんかね。一生懸命せっかく考えているのですから、正しい処理をしましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

分かりやすく簡潔なご説明、ありがとうございます。
家事消費にて処理しようと思います。

また少し自分なりにやってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/10 01:19

>[仕入値(=期首商品棚卸高)] を [商品廃棄損/商品] に振り替えると言う事でしょうか。


>[仕入値(=期首商品棚卸高)] を [売上原価] に振り替えるという事でしょうか。

「期首商品棚卸高」が出てくるということは、前期以前に仕入れた物ということですね。会計ソフトをお使いなのかしら。

そうだとして、商品廃棄損に振り替えるのでしたら「商品廃棄損/他勘定振替高」の仕訳になります。ソフトなら自動で内部処理をしてくれるはずです。ただ、今まで「他勘定振替高」をお使いでなかったのでしたら、今年に入って他に仕入がある程度計上されていれば「商品廃棄損/仕入高」でも問題ありません(金額が少額なので)。

商品廃棄損には振り替えないのでしたら、何も仕訳をしなくて大丈夫です。

手書きで帳簿をつけていらっしゃるのでしたら、商品廃棄損に振り替えるのなら「商品廃棄損/仕入高」の仕訳が簡単だと思います。振り替えないのなら、400円分だけの特別な仕訳は不要です。


なお、廃業時には、売上原価の算定につき年末と同様の決算仕訳(「期首商品棚卸高/商品」などの仕訳)を切ったうえで、備品などの整理があればその仕訳も切ることになります。廃業時の仕訳は税務署にお尋ねになってもいいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

補足までしていただいて ありがとうございます。
色々と参考にさせていただきます。

税務署に行って少し聞いてみましたが、売上とするか、家事消費のどちらでもいいだろう との事でした。
細かくは聞けませんでしたが、ざっくりは教えてもらえましたね。

またなにか困ったら税務署に行ってみるのも手かもしれませんね。
丁寧なご対応ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/10 00:26

こんばんは。



在庫金額:100+300=400(円)

廃業時点で在庫400円を残すからややこしくなるのです。残さなければ良い。

廃業日またはその前の適当な日付で、400円の在庫を家事消費したことにして、売上に計上する。

〔借方〕事業主貸400/〔貸方〕売上高400

400円の売上がそのまま利益になるわけではありません。売上400円が発生すると同時に、400円の在庫が売上原価に算入されるので、利益はゼロなのです。

これなら、在庫がなくなり、しかも利益はゼロ、という形で廃業することができます。
スッキリしますね。(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど、とてもわかりやすいご説明、ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2016/11/09 23:58

税法上問題ない処理を、ということでしょうか。

そうだとして、棚卸資産に計上しているのでしたら売上原価に振り替えて差し支えありませんし、棚卸資産には計上していないのでしたら何も仕訳をしなくて差し支えありません。ただし、仮に今年の売上が出ていないのでしたら、「商品廃棄損/商品」などの仕訳で仕入値を商品廃棄損に振り替えておくといいでしょう。


建前としては、他のご回答にもあるとおり、自分の書棚に加えるのなら家事消費扱いに、売却するのなら売上原価扱いに、捨てるのなら廃棄扱いにすべきです。

ただ、ご質問の場合は合計で400円程度ですから、建前どおりの処理をしなくても税法上はまず問題になりません(少額不追求)。そのため、最も簡単な処理である、売上原価に計上する方法をお勧めします。現物をどうするにせよ、仕訳上は「売れたことにする」ということです。具体的には、商品勘定などの棚卸資産に計上しているのでしたら売上原価に振り替え、仕入のままで特に棚卸資産に計上していないのでしたらそのままで差し支えありません。

実際に古本屋等へ売却するとしても、金額的に少額ですし、廃業に向けた在庫処理ですから、古物商許可の返納は問題とならないでしょう。


そのうえで、仮に今年の売上が出ていないのでしたら、売上原価だけが立ってしまうことになります。その場合は、仕入値(棚卸資産の簿価)を商品廃棄損に振り替えておくのがいいでしょう。あるいは、実際には売っていないのに売上原価に計上するのがご心配でしたら、商品廃棄損への計上をお勧めします。

商品廃棄損に計上しても、ご質問の場合は少額ですから、廃棄証明などは不要です。税務調査などでは、大した金額ではないので捨てました、などと答えておけば問題ありません。


古本屋等で売却して売上原価に計上してしまい、もしも値段がつかなければ廃棄扱いにするのが、気分的にもすっきりするかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

[仕入値(=期首商品棚卸高)] を [商品廃棄損/商品] に振り替えると言う事でしょうか。
[仕入値(=期首商品棚卸高)] を [売上原価] に振り替えるという事でしょうか。(ちょっと混乱)

商品廃棄損というのを使ったことがないので、イマイチよく理解できずに申し訳ありません……。

◇古本屋等で売却して売上原価に計上……(略)
なるほど、確かにそれができれば一番いい方法かもしれませんね。

とても丁寧なご説明で大変助かりました。 ありがとうございます。

お礼日時:2016/11/07 02:03

金額的にどうでもよいので、仕訳など立てずに青色申告決算書を作成して、申告書の提出をしてしまえば良いと私は思います。



万が一ですが、税務調査があった場合に「在庫はどうしましたか」と聞かれる可能性もありますが、「売れ残った本が二冊ありました」でおしまいですよ。否認して「売り上げ計上もれだ。消費税も関係する」などと言うまでの額ではないです。

Kaichooさんの意見は「まったく会計上、および税法上の処理を正しくする場合」ですので、これが正解です。
廃業前日に大量に仕入れをすれば所得を抑えることがいくらでもできてしまうので、在庫の処分もきちんとすべきですが「所得税が出る以上に、仕入れ額が必要」なので、実際には、税金を一円でも払うのが嫌だというポリシーを持ってる方か、在庫を大量に残したまま廃業して、在庫をたたき売って小遣いにする方かが選択することになります。
傍から見て「君は、そこまでして所得税を払いたくないか?見事だな」と称賛されるでしょうね。
あるいは、計画倒産といわれる奴で、廃業前に換価性の高い商品をガンガン仕入れておいて、廃業してしまい、その後の会計処理など知ったことではないとして、在庫にあげたまま確定申告してしまう。
廃業前に仕入れた商品は、新品としてバッタ屋に売っても良いし、ネットオークションで売っても良し。
税務調査が入るにしても、計画倒産なので、本人は行方不明です。
ご質問者のように、400円の在庫をどうしたらよいかと悩み質問をされる類の方には、できない芸当ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました

確かに私などにはとてもとても出来るような芸当ではないですねぇ(汗)。
世の中には良くも悪くも知恵が働く人が居るのですねぇ(今更ですが)。

ある程度の事は配慮して頂けると言うのが分かっただけでも、少し気分が軽くなった気がします。
税務調査っていうと1円まで細かく言われるようなイメージがあったので。

ほかの方の意見も補足して頂き、理解が深まりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/07 01:54

その在庫を実際に廃棄するのであれば、なにもする必要はありません


仕入時にすでに経費計上されているので廃業時に在庫を0とするだけです。
ただし、ご心配のように廃棄となればやはり税務調査があれば気になるポイントになるので、なぜ売れるものを廃棄する必要があったかは答えられるようにするのと、業者に廃棄を依頼するのであれば証拠となるものは残しておくべきです。

書籍であれば廃棄するくらいならなぜ古本屋で売却しなかったかは気になりますね。
今回の場合は金額が過少ですので交通費の方がかかるからで納得できるものかとは思いますが
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとう

ああそうか、古本屋に売るっていう手もありましたねぇ。
今から売却するとすると既に返納してる古物商許可との兼ね合いで問題になりそうで怖いですが、そこは管轄してる警察署と応相談ですかねぇ。
聞いて答えてもらえるか心配ではありますが……。

在庫を0にするだけでいいのですね~。てっきり廃棄って損失計上するものと思ってました。
また一つ勉強になりました ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/04 23:34

その書籍を個人的なものとするならば自家消費となります。



(家事消費等の総収入金額算入の特例)

39-2 事業を営む者が法第39条若しくは第40条に規定する棚卸資産を自己の家事のために消費した場合又は同条第1項第1号に規定する贈与若しくは遺贈をした場合において、当該棚卸資産の取得価額以上の金額をもってその備え付ける帳簿に所定の記載を行い、これを事業所得の金額の計算上総収入金額に算入しているときは、当該算入している金額が、39-1に定める価額に比し著しく低額(おおむね70%未満)でない限り、39-1にかかわらず、これを認める。

要約すると、売価の70%と仕入額と比較して高い方の金額を総収入金額に算入するという規定です
今回の場合は100円と300円が売価か仕入値かわかりませんが、
売価なら400円×70%=280円と仕入値を比較して高い方
仕入値なら売価×70%と400円とを比較して高い方
を売上として計上して、在庫は0となります。

廃業時に在庫をなにも処理しないでいいとなると、今回の場合は低額ですのでそれほどの影響はありませんが
利益が出そうなら廃業前日に大量に仕入れをすれば所得を抑えることがいくらでもできてしまうことになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとう

■廃業時に在庫をなにも処理しないでいいとなると……
なるほど、確かにそういう事もできてしまいそうですね。考えても見ませんでした。

家事消費とする場合どうしたら良いのかが分かりやすくてとても助かりました。

お礼日時:2016/11/04 22:00

そのまま自分でかかえている限り、仕訳など無用です。


65万控除の青色申告なら廃業日現在での貸借対照表を作成する義務がありますが、「棚卸資産」に数字を残したまま廃業となったというだけのことです。
何もむつかしく考えることがらではありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう

なるほど。おそらくその場合 みなし譲渡になる?と思いますが、そうする場合また別で色々と調べてみないといけなさそうですね。
ご丁寧なご説明ありがとうございました。

お礼日時:2016/11/04 22:01

つい最近まで会社経営をしていた者です。

この文章だけでは内容が把握できませんが。
一番、確実で不安のない方法は、お近くの又はお知り合いを通じて《会計事務》に相談されるのが良いかと思います。相談料は、そんなに高いことは言わないと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。 そうですね、会計事務に相談するのも手ですよね。 自分が無知すぎてああいうところに出向くのが少々怖いですが、ひとつの手段として案に入れさせて頂きます。

お礼日時:2016/11/04 22:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q廃業時の在庫処理

廃業する際の決算でも在庫は通常通り棚卸をして決算で在庫として計上するのでしょうか?廃業後、その在庫が売れたときは、その分だけ申告するんでしょうか?

Aベストアンサー

個人事業の前提で回答します。
基本的に在庫その他の事業用財産の処分が全部済んだら廃業です。在庫が残っているうちは廃業は未了というのが基本的な考え方でしょう。
在庫などの事業用財産を残したまま廃業手続きがしたいなら、それらを事業主貸にするしかないでしょう。事業主貸にしてプライベートに振り替えた在庫が売れれば雑所得ということになると思います。

Q個人事業者の廃業時には、棚卸資産や固定資産はどうなるのでしょうか。

 皆様、こんにちは。

 個人事業者なのですが、平成18年度中に廃業し、税務署にも廃業届けを出しました。ただ、年の途中に廃業しましたので、それまでの所得につき、確定申告をしなければなりません。

 廃業時には棚卸資産や償却途中の固定資産が残っているのですが、これらの扱いはどのようにすればよろしいのでしょうか。会社と同じく、除却損を青色決算書に計上出来るのでしょうか。

 また、他に経費等の計上で、気をつける点がございましたら、御教示下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

廃棄が決まっているようなものであれば、除却予定でも経費計上できたと思います。売却となるのであれば、売却金額と帳簿価額によって、変わってくると思います。
細かい条文などは、忘れてしまいましたが、以前知り合い(個人商店)のところの経理を月一バイトしていたときは、そうしたと思います。
確実なところではありませんが、事業税など廃業後に発生するような経費もあろうかと思います。推定なり県税事務所などへの問い合わせなどで経費になるような気がします。

廃業にかかわったのは1度だけなので、これ以上のことはわかりません。
参考になればと思います。

Q商品を廃棄処分にした勘定科目?

仕入れ額10万円程の商品ですが、性質上、長期間保管すると劣化を招く商品なので廃棄処分にしました。

この場合、帳簿としてどのような処理にして、勘定科目はどうすればいいのでしょうか?

ご多忙中恐縮ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

廃棄した商品の仕入原価を10万円とします。
商品会計は「分割法(例えば、三分法)」とします。


◇まず、次の仕訳を起します。

〔借方〕棚卸資産廃棄損 100,000/〔貸方〕他勘定振替高 100,000
※この「他勘定振替高」は売上原価の控除項目です。
※法人会計の場合、「棚卸資産廃棄損」は特別損失の項目です。

◇次に、仕訳の借方と貸方の金額をそれぞれ総勘定元帳に転記します。


以上です。

Q在庫品を廃棄する際

ネットショップをやっています。
一昨年に仕入れた雑貨がいまだに残っています。
商品は、たとえば、ゲーム機やスマートフォンのように、次々に後から新しいものが出てしまい、
今となっては買う人がまったくいないようなものです。
このまましまっておいても邪魔なだけで、今後も売れる見込みがないので思いきって廃棄しようかと思います

こういう場合は、廃棄した際に「棚卸廃棄損」のような科目で計上すべきなのでしょうか?
それとも期末で棚卸しを行い、廃棄した分、在庫がなくなっていればそれでいいのでしょうか?

あとよく、廃棄したことを証明する廃棄業者の領収書を保管しておくという話がありますが、わたしたちのお店の場合は、廃棄するってただ単にゴミ箱に捨てるだけなので、業者には依頼しません。
そういう場合は、領収書もないのでどうしたらいいのでしょうか? 内部的に廃棄した日付は製品名、数量などを記載しておけばいいのでしょうか?


よろしくお願いします

Aベストアンサー

商品(雑貨)の仕入れの時に帳簿に記載したと思います。これらが不要になったので廃棄する場合は帳簿から除却して廃棄処分します。つまり帳簿があればよいです。
(借)雑損失xxxx / (貸)商品xxxx

Q個人事業の廃業 最後の確定申告

平成20年の12月いっぱいで個人事業(小売店)を廃業しました。
現在、平成20年度の所得税青色申告決算書を作成していて
いくつか疑問点が出てきました。

1. 減価償却の計算をしましたが、かなり未償却の金額が残ります。
経費に出来るとも聞きましたが、どのような仕訳をすれば良いでしょうか?
また、廃業のときに什器などをタダで差し上げたのですが
決算書へはどのように記載すれば良いでしょうか?

2. 店舗を借りる際に支払った保証金が90万ほどあるのですが
そのうち30万は償却されて返ってきません。返って来ない分は
全額費用にできるのでしょうか?
できるとしたら、どのような仕訳になりますか?
(本来は5年で償却するということは知っていますが
そうすると1年分しか償却できず24万円残ってしまいます)

3. その他、最後の確定申告でやらなければならないことは
ありますか?
また、今回で最後の確定申告だということを
決算書、申告書に記載したほうが良いでしょうか?
(たとえば「本年中における特殊事情」の欄などに)

※廃業の場合については調べてもなかなか分からず
申告期限がせまって焦っています。
(土日で税務署にも聞けません...。)
よろしくお願い致します!

平成20年の12月いっぱいで個人事業(小売店)を廃業しました。
現在、平成20年度の所得税青色申告決算書を作成していて
いくつか疑問点が出てきました。

1. 減価償却の計算をしましたが、かなり未償却の金額が残ります。
経費に出来るとも聞きましたが、どのような仕訳をすれば良いでしょうか?
また、廃業のときに什器などをタダで差し上げたのですが
決算書へはどのように記載すれば良いでしょうか?

2. 店舗を借りる際に支払った保証金が90万ほどあるのですが
そのうち30万は償却されて返ってき...続きを読む

Aベストアンサー

1.知人に譲り渡した場合(廃棄処分含む)
固定資産除却損 ****/固定資産(工具器具備品など) ****
未償却の場合は経費になるとは限りません。
逆に経費にならない事の方が多いかと。
店主貸 ****/固定資産(工具器具備品など) ****
経費となるものは廃棄処分したもの、ならないものはそのまま引き続き使うもの
(特に車両やパソコンなど兼用又はそれ以降自分でで使用しているものなどは店主貸で処理、
経費にはなりませんので注意が必要です)

2.本来は保証金を支払ったときから不返還部分を60ヶ月分の○ヶ月で処理するのですが
今まで処理されていないのであけば雑損失で処理するしかないでしょうね。

3.廃業届、青色の取りやめの届、給与の廃止届、消費税の課税業者でなくなる届等(←簡単に書いてます)の届出関係
特殊事情のところに12月31日をもって廃業。個人事業の開廃業等届出書他同時提出済(又は○月○日提出予定)
と記載しておけばよいでしょう。

Q神社への奉納金の勘定科目は?

町内会にある稲荷神社で初午祭がありました。
ウチの会社でも例年どおり奉納金として2万円を包み、商売繁盛を祈願しました。

この2万円、以前は接待交際費として処理していましたが、
寺社仏閣への奉納金などは寄付金に当たるのではないか? という者がいます。
また、寄付金や接待費でもないので、雑費だという者もいます。

ちょっと混乱してしまったので、詳しい方に判りやすく説明して頂けませんでしょうか?
よろしくお願い致します。

なお、この神社は普段は宮司さん神主さんなどは居らず、町内会で維持管理をしております。
初午などの行事の際には神職の方に来ていただき、式を執り行ってもらっています。

Aベストアンサー

通常の町内会費の範囲内であれば雑費でもかまいませんが、夏祭り費用などは寄付金として取り扱うことになっていますのでこの場合は寄付金として処理することになります。

詳しくは、参考URLのタックスアンサーをご覧ください。

参考URL:http://www.taxanswer.nta.go.jp/5262.htm

Q商品除却時の仕訳を教えてください。

商品在庫の内、使用不可能なものがあります。この除却をする際の仕訳を教えてください。
雑損失(営業外費用)/商品
とするのでよいのでしょうか?

Aベストアンサー

◆毎期、仕入先の責任に帰せられない原因で使用不可能な商品が発生するならは、
棚卸資産除却損失(営業外費用)/他勘定振替高

◆今期のみ、仕入先の責任に帰せられない原因で使用不可能な商品が発生した場合は、
棚卸資産除却損失(特別損失)/他勘定振替高

※他勘定振替高は売上原価の控除項目です。

なお、この仕訳では、「商品」科目は使用しない方がいいです。「商品」を使うと商品残高と期首商品棚卸高の残高とのバランスが崩れて、期末に棚卸商品の洗替計上が出来なくなってしまいます。

Q仕入れた商品を事業で使う場合の仕分け

個人事業主です。

仕分けについてお聞きしたいのですが、仕入れた商品(例えば、棚のような物)を事業に使う場合の仕分けを教えて下さい。
お店のディスプレイに使う場合などは、備品?消耗品費?
またその金額は、小売り価格ではなくて仕入の金額でいいのでしょうか?

また、商品を自家消費をした場合は、なるべく売上として現金を入れた方がいいのでしょうか?
それとも事業主貸で残しておいても何の問題もないんでしょうか?
決算の時に、事業主貸の金額はなるべく少ない方がいいというのはありますか?
事業主貸と事業主借の事がよくわかりません。
この2つは決算時繰り越すのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>お店のディスプレイに使う場合などは…

10万円未満なら「消耗品」、以上なら「工具器具備品」として減価償却の対象です。
【消耗品/仕入】

>またその金額は、小売り価格ではなくて仕入の金額で…

原則として通常の売価。
仕入れ価格としてもよい。
ただし、仕入額が通常売価の 70% を下回るときは、70%とする。

>商品を自家消費をした場合は、なるべく売上として現金を入れた方がいい…

そんな必要はありません。
・使ったときに
【家事消費/商品】
・年末決算で
【事業主貸/家事消費】

>決算の時に、事業主貸の金額はなるべく少ない方がいいというの…

そんなこともありません。

>事業主貸と事業主借の事がよくわかりません…

【事業主貸】
事業用の財布から家計に回すこと。
毎月の生活費。
事業用でない貯蓄をすること。

【事業主借】
事業用の財布が心細くなったとき、家計から事業用に補填すること。
家計用の預金から事業用の支払いをすること。

>この2つは決算時繰り越すのでしょうか…

決算のあとは、翌年の元入金になります。
[当年の元入金] + [青申控除前の所得] - [事業主貸] + [事業主借] = [翌年の元入金]

>お店のディスプレイに使う場合などは…

10万円未満なら「消耗品」、以上なら「工具器具備品」として減価償却の対象です。
【消耗品/仕入】

>またその金額は、小売り価格ではなくて仕入の金額で…

原則として通常の売価。
仕入れ価格としてもよい。
ただし、仕入額が通常売価の 70% を下回るときは、70%とする。

>商品を自家消費をした場合は、なるべく売上として現金を入れた方がいい…

そんな必要はありません。
・使ったときに
【家事消費/商品】
・年末決算で
【事業主貸/家事消費】...続きを読む

Q個人事業の事業継承について

個人事業(青色申告)で鉄工業をしています。
父が事業主ですが、現在は息子の私が全て取り仕切っています。
父も高齢ですし、できれば来年くらいには代表者を交代したいと考えています。


こちらで似たような質問を拝見して、現時点で分かっている事は以下のとおりです。
・個人事業の場合、元の事業主が廃業して新しい事業主が新規に開業したことになるので、各人が廃業届と開業届を出す。
・新規開業となるため、2年間は消費税の納税義務がない。
・親から子供に事業用の資産負債を無償で譲渡すると、子供に贈与税が課税される。
・親から子供に時価で譲渡(売却)すると、親には取得価格と売却価格との差額が譲渡所得となり、課税対象となる。
・更に、時価よりも安く売却した場合は、時価との差額が子供に対する贈与となり、贈与税の対象となる。


そこで質問なのですが、
(1)受け継ぐ資産としては機械、車がありますが、他には何がありますか。
(事業をしている土地は父の名義ではありません。)
(2)資産を無償で受け継ぐ事はできますか。
(3)事業継承する場合、どこに相談すればいいですか。(会計士さん?)
(4)事業継承する場合、他にどのような手続きがありますか。


よろしくお願いします。

個人事業(青色申告)で鉄工業をしています。
父が事業主ですが、現在は息子の私が全て取り仕切っています。
父も高齢ですし、できれば来年くらいには代表者を交代したいと考えています。


こちらで似たような質問を拝見して、現時点で分かっている事は以下のとおりです。
・個人事業の場合、元の事業主が廃業して新しい事業主が新規に開業したことになるので、各人が廃業届と開業届を出す。
・新規開業となるため、2年間は消費税の納税義務がない。
・親から子供に事業用の資産負債を無償で譲渡すると、...続きを読む

Aベストアンサー

>・親から子供に事業用の資産負債を無償で譲渡すると、子供に贈与税…
>・親から子供に時価で譲渡(売却)すると、親には取得価格と売却価格との差額が譲渡所得…
>・更に、時価よりも安く売却した場合は、時価との差額が子供に対する贈与…

いずれもそのとおりですが、その前に、資産の名義などそのままにしておけばよいのです。
父と「生計が一」であれば、生計を一にする家族の持ち物は、だまって使っても税法的には問題ありません。
減価償却が残っている資産も、そのまま経費とすることができます。

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング