人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

柔軟をはじめました。
目標は今流行りのベターっと開脚です。

苦しい体勢をしていて、もし無理やり曲げられたら拷問だなーと考えています。

もし無理に曲げられたら(ずっと練習すれば伸びるポテンシャルはあっても)
どこが壊れるのでしょうか?
関節にある軟骨がはがれる?
関節につながっている筋肉が切れる?
じん帯が切れる?

曲がらない方向へ関節を曲げるとは違います。
質問の起源は、何がほぐれると曲がるようになるのかが
具体的にわからないからなのですが、
感覚でいいので教えてください。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

無理にやると全部該当して体は壊れる。



例えば変な話、頭を銃で射抜かれて即死した場合、どんなに体の硬い人でも「ベターっと開脚」でも「前屈ベター」も簡単に出来る。

「体が硬い」とか「体が柔らかい」と言うのは、一体どういう事なのかを一度は知った方が良いと思う。

体を前屈する場合、上に引っ張らない様、背中の方の筋肉が弛緩(ゆるむ)する事で前屈が出来る。

この時、一気に前屈すると、骨・筋肉・靭帯などを傷めてしまう。
これを防止する為、脳は「この筋肉は弛緩しなさい」「でも、一気に緩めると体が壊れるから、こっちの筋肉は緊張して置きなさい」と言う様に、一気に前屈しない様に、各筋肉に別々の命令を出していて、全体としては前屈出来る指令を出している。

この場合、1本の神経が筋肉へ枝分かれして付いている場合は、おおもとの指令が枝分かれするだけだから、全部の筋肉に同じ指令が伝わってしまう。

ところが、筋肉毎に神経系統が別々に付いていれば、筋肉毎に異なる指令を伝達出来る。
体の柔らかい人は、こういう神経系統をしている為、筋肉毎の細かな制御が出来ている。

体の硬い人は、1本の神経が筋肉へ枝分かれして付いている為、細かな制御が出来ず、安全方向の指令が全部の筋肉に伝わるので、前屈が難しくなっている。

筋肉毎に神経系統を別々にするのに必要なのは運動。
運動する事で、神経が伸びて来て、個々の筋肉毎の指令系統が出来上がり、結果として「体が柔らかい」と言う状態になる。

柔軟体操や柔軟ストレッチも良いけど、運動全般をやった方が、早い。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど。
死体はベターになるは納得しました。
神経が筋肉を制御してるから固いという状態なんですね。
わかりやすかったです。

お礼日時:2016/12/22 21:24

最悪の場合、全部可能性として在ると思います。



・関節にある軟骨がはがれる?
・関節につながっている筋肉が切れる?
・じん帯が切れる?
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2016/12/22 21:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qストレッチはどの位の期間続ければ効果が出るか?

幼少期~現在にかけて体がとても硬い20代後半女です。
どの位硬いかというと、
前屈はギリギリ0cm、下手するとマイナスの域。
開脚は45°が精いっぱい(おかげで学生の時開脚前転ができなかった。というかマット運動
                のほとんどが苦手)
というレベルです。

最近、健康の為にもう少し柔らかくなりたいなあと考え始めたのですが、
ダイエットなら3か月で10キロ減!とか一ヶ月で2キロ減!とか、期間と効果の具体例が
あるのでわかりやすいのですが、柔軟については
○カ月で開脚○°アップ!などという話は聞いたことがありません。

もちろん、ストレッチの内容や元々の硬さ、生活状況によって一概に言える事柄
出は無い事は理解しております。が、モチベーション維持の為に、
○カ月で○°広げられるようになろう!とするための指標が欲しいのです。

どなたか詳しい方、経験者(ストレッチでこの位柔らかくなった!という経験のある方)、
ストレッチをどのぐらい続ければ効果が表れるのでしょうか?
5分位のストレッチを毎日続ければいいのか?それとも10分のストレッチを週4~5回やった方が
効果が出やすい?無知ですみませんが、何らかの助言をいただきたいです。

幼少期~現在にかけて体がとても硬い20代後半女です。
どの位硬いかというと、
前屈はギリギリ0cm、下手するとマイナスの域。
開脚は45°が精いっぱい(おかげで学生の時開脚前転ができなかった。というかマット運動
                のほとんどが苦手)
というレベルです。

最近、健康の為にもう少し柔らかくなりたいなあと考え始めたのですが、
ダイエットなら3か月で10キロ減!とか一ヶ月で2キロ減!とか、期間と効果の具体例が
あるのでわかりやすいのですが、柔軟については
○カ月で開脚○°ア...続きを読む

Aベストアンサー

 多少、発想が逆な面があるように思います。「○カ月で○°広げられるようになろう!」というところですね。

 そうではないんです。減量なら「これ以下は甘いが、これ以上は無理が出る」という目安はあります。しかしそれは柔軟性向上にはないものなんですね。

 早かろうが遅かろうが、おおむね大丈夫なやり方でストレッチを続けて、出てきた成果がその人にとって最適だったということでしかないんです。

 風呂上りとか、軽く運動して体が暖まった状態が最もストレッチがやりやすいことはよく知られています。柔軟性を上げたいなら、そういうときに行うのが最も効果的です。やりにくい状態のときに無理をしても効果は上がりません。

 そして強さはよく言われる「痛気持ちいい程度」です。そこまでは伸ばせば伸ばす程、効果的になります。しかし、そこを超えると逆効果になってきます。これは身体の自然な適応です。筋肉はある程度までは伸ばせば、もっと伸びられるように変わってきます。

 しかし、ある程度以上になると、伸ばされることに抵抗するように変わって来てしまうのです。つまり体が硬くなる結果に陥ってしまいます。歯を食いしばってやるストレッチは逆効果で、笑ってやれる程度が効果的なわけです。

 そういう性質のトレーニングなので、強度は上げられません。それが柔軟性が伸びるのを、自然に任せるしかない種々の理由のうちでも大きなものです。強化ではなく変化であるため、そうならざるを得ません。

 次に時間と強度です。何か運動する前、特に無酸素運動前のストレッチはいろいろ議論があったりします。しかし、今はストレッチを単独で行うとして、ゆっくりやるストレッチとしておきましょう。

 ストレッチを行うと一定時間効果が続きます。また、痛気持ちいい状態をある程度以上続けても、その一定時間続く効果は上がりません。

 おおむね、普通の速さの息の吐き・吸いで1回の曲げ・戻しで、10~20回で充分です。トータルの時間は種目数によることになります。効果は数時間程度ですので、熱心にやるとしても1日4回程度でしょう。しかし1日4回の効果が1日1回の4倍とはなりません。

 1日1回、風呂上りにやれば、柔軟性に関しては1日4回の8割程度の効果があると考えて差し支えないでしょう。さらにやるとすれば、その効果は気分転換、血行改善、疲労防止のほうに現われます。ですので、気の向いたときにときどき行うのは無駄ではありません。

 多少、発想が逆な面があるように思います。「○カ月で○°広げられるようになろう!」というところですね。

 そうではないんです。減量なら「これ以下は甘いが、これ以上は無理が出る」という目安はあります。しかしそれは柔軟性向上にはないものなんですね。

 早かろうが遅かろうが、おおむね大丈夫なやり方でストレッチを続けて、出てきた成果がその人にとって最適だったということでしかないんです。

 風呂上りとか、軽く運動して体が暖まった状態が最もストレッチがやりやすいことはよく知られています。...続きを読む

Qこんにちわ と こんにちは

こんにちわ と こんにちは。
一体どちらの表記が正しいのでしょうか。
意味合いを調べたら「今日は」から来ている挨拶で
多分「こんにちは」の方が合っていそうな気がしますが
「こんにちわ」と書く方もいますよね。

…長年日本人やってますけど、よくわかりません。
皆様のご意見を聞かせて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

尚、♯5さんの回答には誤解があるようです。
「ha」の音は初期の日本語には存在せず、
「は」と書いて「pa」と発音していました。
次に平安時代に「fa」になり、
今では「は」は「ha」なんです。
助詞のwa を「は」 と書く、
助詞のe を「へ」で書く、
これは表記上の約束事です。
発音の変遷とは別テーマです。

>最近では、「お」と「を」について、
>前者を「O」、後者を「wo」と発音する人が増えてきて

これもちょっとした誤解でしょう。
歴史的に「を」は長い間 wo と発音されてきましたが
大正時代ごろからどちらもoになる傾向です。
地域的に・年代的に
をwo と おo を区別して発音する人は
いまもいらっしゃいます。
歌手などは、歌の意味をはっきりさせるために
きちんと弁別して発音するので
そうしたアーティストの影響をうけた若い方が
をwo と おo を区別するようになっています。

この質問は過去に何度か出されており、
多くの方の興味を弾くテーマなのだということが
わかります。

こんにちは が歴史的には正しいです。
「今日は、お日柄もよろしく・・・(例)」などの
挨拶文の最初の部分だけが残った挨拶語ですから。

しかし、助詞の wa は「は」 と表記する約束に
なっているだけで、
助詞という印象の薄れてしまった挨拶語として
「こんにちわ」 と書いても
それはむしろ発音的には正しいということになります。

それで現在では両方の表記があるのでしょう。

...続きを読む

Q柔軟のストレッチをやり過ぎて…

柔軟のストレッチをやり過ぎて一昨日から筋肉痛で脚がいたいです。
それで、昨日1日休もうと思い柔軟のストレッチをさぼりました。
そしたら今日体が硬くなっていました。(体で実感できるほど…)
今もまだ体が少し痛みます。

しかし、お稽古をやっていて180度開脚が早くできるようにならなくちゃいけません。
硬くなった体を今すぐ元に戻すにはどうしたらいいでしょうか?

Aベストアンサー

 基本的に体に「今すぐ、こうなれ」と言ってもがんばっても、そうなるものではありません。人間の体をなめてはいけないのです。
 それはさておき、オーバーストレッチの症状ですね。本当に体が硬くなったわけではないですし、もちろん今までの努力が無駄になったわけでもありません。しかし、すぐに回復することもできません。とりあえず休んだのは正解ですよ。
 冷やさなければいけない炎症的な反応は収まったようですね。今は基本的に体を暖めるように、特に伸ばしすぎたところを重点的に。それで回復が早まります。もう1日程度はしばらく休んでください。これは怪我ですから再開は様子を見ながら恐る恐るです。
 今後は、ストレッチ前に有酸素運動などで体を暖めるようにしましょう。もちろん風呂上りなら、即OKです。伸ばす気持ちよさが消えない程度にとどめることも忘れずに。がんばるほど柔らかくなるわけではありません。ほどほどにして、今回のように体を驚かさないようにしましょう。リラックスした状態でストレッチすることも大事です。変なコツですが「ぐにゃぐにゃ~」と唱えながら伸ばすと、意外に伸びます。がんばりと逆なんですね。

 基本的に体に「今すぐ、こうなれ」と言ってもがんばっても、そうなるものではありません。人間の体をなめてはいけないのです。
 それはさておき、オーバーストレッチの症状ですね。本当に体が硬くなったわけではないですし、もちろん今までの努力が無駄になったわけでもありません。しかし、すぐに回復することもできません。とりあえず休んだのは正解ですよ。
 冷やさなければいけない炎症的な反応は収まったようですね。今は基本的に体を暖めるように、特に伸ばしすぎたところを重点的に。それで回復が早...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング