質問投稿でgooポイントが当たるキャンペーン実施中!!>>

児童クラブでお仕事をしています。
夏休みの行事費は、子供の参加した行事に応じて費用を計算し、夏休みの終わりに親に請求します。それまでの間、担当者が立て替えてましたが、金額も5万を超えますので、他の予算(会計)から出して、集金後戻すようにしたいと思うのですが、会計をどうのように処理すればよいのか分かりません。
立替金として処理できますか?
立替金としたとき、会計簿への記入の仕方や領収書の扱いはどのようにしたらよいでしょうか?
決算報告書を作成するとき、立替金はどのように記入すればいいでしょうか?

児童クラブの会計は自治会の会計程度だと思います。
会計に不慣れで、立替金という項目が適切なものかどうかも分かりません。どなたかよい処理の仕方を教えて下さい。よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • うーん・・・

    >「なんらかの現金がないと、費用の支払いができない」ので、その現金をどこかから借りてきていると考えればよいのです。
    そうなのです。夏休みの行事を担当する人が、お金を持っているクラブ費会計からお金を何万か預かって、保護者から集金したら預かったお金を返すとしたいのです。
    親御さんに対しては、
    >クラブで払った総費用がこれだけあると領収書をそえて証明して、それを親御さんが負担する・・
    おっしゃる通りの作業をし、集金するのですが、
    このようにしたい時には、クラブ費からどんな科目で支出し、処理すればいいのかが分からなくて。
    立替金ではダメなのですね。
    なかなか理解できなくてすみません。どのような科目で処理すればいいでしょうか?
    そもそも出来ない相談でしょうか。

    No.3の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/02/19 14:48

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

立替金は「あなたお金がないの。

ちょっと貸して融通してあげるわ」という相手が使う科目。
そのお金を受け取った方は、借入金です。

費用の支出をして、その後親御さんから集金した際には、単純に現金が増えるだけです。
最後に残った現金から「借入金」を借りた部署に返すだけです。

企業であれ、今回のような「児童クラブの会計」であれ、現金について「立て替える」ことは多いのですが、そのお金を払ってる人から見ると「立替金」ですが、お金を受け取ってる人にすれば「借入金」です。
これを誤ると「クラブのお金をどこかに立て替えているのだから、それを返してもらわないといけない」という話になってしまいます。

借りたお金を「貸付金」としたら、あべこべですよね。これと同じです。

いっとう初めに「なんらかの現金がないと、費用の支払いができない」ので、その現金をどこかから借りてきていると考えればよいのです。
会計を担当してる人が立て替えて払ってる場合に「立替金」としてしまうとあきません。
児童クラブからみたら「〇〇さんからの借入金」です。

ここで用意できたお金をあれこれ払って、領収書が残ります。
これを「あれこれ支払があったので、親御さんが費用負担をしてください」という費用割り振りをするのです。
百円均一などで買ったりしたさいには「消耗品」です。
これを、これまた「立替金」で処理してしまうと、すべての支払いと受け取りが「立替金」になってしまうので、わけがわからなくなります。

最後には親御さんから貰うから「立て替えておく」という考え方をしてしまうと、クラブが親御さんに貸付してる話になってしまいます。
クラブで払った総費用がこれだけあると領収書をそえて証明して、それを親御さんが負担するというだけの話です。
間違っても「親への立替金」としないように。
ウダウダになってしまいます。
この回答への補足あり
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
自分の理解力のなさが恨めしいところです。
補足しましたので、よい方法があれば教えて下さい。

お礼日時:2017/02/19 15:44

「どのような科目で処理すればいいか」とのご質問に。



会社のように、決算を組んでその承認を得て、その後税務署に申告しなくてはいけないという訳ではないんですよ。
「お金をどのように使ったか」という費用が嘘でなければよく、そのために領収書を保管しておくわけです。
出金の際に、企業会計で使う勘定科目なんて使わなくていいのです。
支払った先を記載するのでかまわないと思いますよ。


何月何日  ダイソー。紙コップ他  2,160円
何月何日  お弁当代        43,200円

てな具合で良いんです。
上記を簿記仕訳ですと、消耗品とか使うことになりますが、無用。
科目なんていらないんですよ。

「なんのためにお金を払ったのか」が分かれば、親御さんたちから「というわけで、頭割りでいくらになりますので、お願いします」と言えます。

ここでダイソーやお弁当屋さんへの支払いを「立て替えている」と考えると、誰が立て替えているんだという話になってしまうのです。
とりあえず「金がない」は話にならないので、クラブ会計から預かるわけです。

何月何日  クラブ会計から預かり  100,000円
これで充分です。
この後は「お金は出て行くだけ」なのですから、いつ何に使ったかを記録するだけ。

少し計算をするならば、
10万円ー「領収書の金額の合計」=現金残高
となるわけです。

領収書の金額の合計を「親御さんの数」で割り、お金を貰います。
これを現金残高を足すと「10万円」となります。
ならないと困ります。

ただし、ここでクラブ会計から「10万円渡すけどさ。5万円は返してくれなくていいから」
と言われたら「領収書の金額の合計ー5万円」を親御さんの数で割って出た金額を親御さんから徴収すれば良い話です。

「なあんだ。それだけのことか」と思うぐらいの話ですよ。

これね、立替金という概念を使いだすとウダウダになるんです。
ダイソーに支払ったお金も立替金になってしまうので、出金が全部立替金になってしまう。
「ややや、どうしたらいいんだ」となるんです。

お金がないという集団にお金を立て替えて払ってるのは「クラブ会計」ですから、クラブ会計から現金を預かってる「会計係」は立替金という科目を使う必要はないんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
帳簿にはそのまま使途を記入しようと思います。一時的に貸して戻ってくるものなので、そんなに難しく考えなくてもいいのですね。1年間、頑張って会計の仕事をやってみます。

お礼日時:2017/02/21 23:27

すみません、№4の回答は渡したお金が使われて戻ってくる金額が違う内容になっていますので間違いです。


なかったことにしてください。
    • good
    • 0

担当者にいくらかのお金を預けて、後でまったく同じ金額が戻ってくるなら、「仮払金」として処理するといいかもしれません。



担当者からお金が戻ってきて使い道が分かったら、それぞれ仮払金から何々費に振り替えて、残金があったら現金に戻します。

担当者に預けた時:
○月○日 仮払金 50,000円 / 現金 50,000円

戻ってきた時:
○月○日 ○○費 20,000円 / 仮払金 20,000円
     ○○費 30,000円 / 仮払金 30,000円
     現金  10,000円 / 仮払金 10,000円 (1万円残金があった場合)

貸方(右側)は 仮払金 50,000円 でもOK
    • good
    • 0

児童クラブに会計はいないのですか?予算からいくらか預かっておくわけにはいかないのですか?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
会計はありますが、保護者の方から集金するお金なので、一時的にクラブの他の予算から立て替えてと考えてみました。
質問の仕方が中途半端でした。もう少し考えてみます。

お礼日時:2017/02/19 14:54

立替金は本来払う必要のないものを一時的に支払った時に使う科目なので、この場合は適切ではないと思います。


回収するお金でしたら、「未収金」を使う方が適切だと思います。
立て替えている人から領収書を受け取ってお金を渡し、領収書の日付で処理をしますが、費用科目を立て(借方:行事費、貸方:現金)、費用科目を未収金に振り替えます(借方:未収金、貸方:行事費)。二行の仕訳になります。
後日お金が回収できたら、その日付で未収金を相殺する仕訳をします(借方:現金、貸方:未収金)。
決算までに戻らなかった場合は、貸借対照表に未収金の科目として残ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
質問の仕方が分かりずらくてすみません。補足を入れましたので、何か良い方法があれば教えて下さい。

お礼日時:2017/02/19 15:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q立て替えた費用の現金出納帳の記載の仕方で困っています。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

でよろしいのでしょうか。また、これは口座を通さずに現金です。なので、銀行帳には記載する必要はないと理解しているのですが、いかがでしょうか。勘定科目は未払費用ではなくて借入金でよろしいのでしょうか。
そして、別に、借入金表(未払費用表)を作成して、誰がいついくら何の支払いをするためにお金を立て替えたという事がわかるようにする。
また、これを社長・役員ではなくて社員が立て替えて支払い、いつ返せるか分からない場合でも同じ処理の仕方でよろしいのでしょうか。このような事はきちんとした企業ではあり得ない事とは思うのですが、
私の会社ではまだ設立したばかりというのもあるとは思うのですが、誰かが立て替えて(ほとんどは社長です)返せるようになったら返そうという事になっています。。。
すいませんがどうかよろしくお願い致します。

経理初心者です。本を読んでもまだ理解ができていない事、またお金もなく、会計士の方にお願いする事ができないため些細な事とは思いますが困っております。どうかよろしくお願い致します。
たとえば社長・役員の人が経費の一部(たとえば水道代4986円)を現金で立て替えて支払い、その立て替え分がいつ返せるか分からない場合(もしかしたら何年かは返せない、本人も了承済み)の場合の現金出納帳の書き方は

  摘  要          入金  出金

借入金 山田太郎        4986
光熱費...続きを読む

Aベストアンサー

 #2さんのとおり、借入になると思います。複式簿記ですから、

借方科目:水道光熱費
貸方科目:借入金

 というような感じになるかと思います。
 返済まで何年かかろうと関係ありません。もし、あとで経営者に立替分の費用を払ったなのなら

借方科目:借入金
貸方科目:現金

 というようになります。
 もし、経営者がそのまま自腹を切るつもりで、会社の建て替え分はもういらないよ…という場合には、それは債権放棄(借金の棒引き)を受けたことになり、収入になります。

借方科目:借入金
貸方科目:雑収入

 という感じでしょうか。

 ちょっと話はそれますが…

>  摘  要          入金  出金

>借入金 山田太郎        4986
>光熱費 ○○(コンビニ名など)     4986

 この場合、「コンビニに」お金を払ったわけではなく、「コンビニで」お金を払っただけですから、適用の支払先は市町村の水道局や電力会社名などになると思います。

Q現金出納帳のつけ方

経理超初心者です。
会計ソフト「会計王」を使用しています。

現金出納帳のつけ方の基本を教えていただきたいのですが。
例えば、消耗品を個人で立て替えて購入し、後日精算するとします。
ちなみに決算月は11月だとします。
その場合、
・領収証の日付(11/28)
・実際に出金した日付(12/5)
どちらの日付で入力すべきでしょうか?

簿記のことはよくわからないので、これまでとにかく出金日に合わせて
現金出納帳をつけ、小口現金の残高や預金通帳の残高と合っていればよし。
と思っていたのですが、例のように決算月をまたぐような場合は決算書の
数字も変わってきますよね?
(未収とか未払とかの仕訳のつけ方をイマイチ理解していません。)

きちんとした質問になっていないと思いますが、このあたりのことを
詳しく教えていただければと思います。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

もともと企業が会計業務を実施する場合の基本的なルールとして企業会計原則というものが存在します。それによれば今回のような消耗品(購入時に経費処理していることを前提にします)などのように、会社の損益に関わることは、原則として発生主義で認識することになります。
つまり今回の場合ですと、11/28に経費が発生しているためその時点で経費を計上することになるのですが、個人が立替えているため、会社としてはまだ現金は動いておりません。あくまで帳簿は会社の日々の取引実績等を記録していくためのものですから、それを踏まえて記録しようとすると以下のようになります。
 11/28 (借)消耗品費 ○○円 /(貸)未払金 ○○円
つまり、『経費は発生したけど、まだ会社でお金を払ってない(一時的な借金のようなもの)』状態を意味しています。この時点ではまだ現金出納帳には何も記録されません。

後日立替えた人にお金を渡す際には、会社として未払だった分を現金で支払うので、それを記録すると以下のようになります。
 12/5 (借)未払金 ○○円 /(貸)現金 ○○円
つまり、貸方と借方に存在している未払金が相殺されてゼロになり、『未払だった借金を現金で払った』となり、ここで初めて現金出納帳に記録が残ります。

結果として、11月に発生した経費はちゃんと11月に計上され、現金は12月に出金されたことになり(決算日時点では動いていない)、また未払金については会社の負債として残り、決算書の数字は正しいものになります。

簿記についてまだご理解されていないようですので、長々と説明してしまい申し訳ございません。ただ経理をやる上では多少なりとも勉強されたほうが仕事がスムーズにできますし、その分自分の時間が増えるので悪いことではないかと思います。
 ちなみに今回は『未払金』を使って説明しましたが、これと間違いやすい『未払費用』なるものがあります(その他いろいろ)。もしその壁にぶちあたったら、またご質問されるのもいいと思います。

もともと企業が会計業務を実施する場合の基本的なルールとして企業会計原則というものが存在します。それによれば今回のような消耗品(購入時に経費処理していることを前提にします)などのように、会社の損益に関わることは、原則として発生主義で認識することになります。
つまり今回の場合ですと、11/28に経費が発生しているためその時点で経費を計上することになるのですが、個人が立替えているため、会社としてはまだ現金は動いておりません。あくまで帳簿は会社の日々の取引実績等を記録していくためのもの...続きを読む

Q代金を立替えた仕入れの帳簿処理のしかた。

海外のソフト会社から仕入れをして顧客へ販売しました。
仕入れの時カード決済だったので個人のカードで支払い
をしました。支払いを証明する書類は、個人のカード利用
明細書しかありません。
この場合、出納帳へは、どのように記載するのが良いので
しょうか?
また、領収書の代わりに個人のカード利用明細書を保管し
ておけば問題ないでしょうか?

次回からは金融機関から海外送金しようと考えています。
説明がわかりずらいかもしれませんが、教えてください。

Aベストアンサー

次の仕訳をして、会社から現金を支出して、カード決済の口座に入金します。
立替金 **** / 現金 ****

次に、顧客から現金などで回収したら、立替金で受け入れます。
現金 **** / 立替金 ****

いずれも、出納帳には「立替金」として記帳します。

又、個人で立て替えたことにして、出納帳に記帳しない方法が有ります。
個人のカード利用明細書を顧客に渡して、現金を貰い、カード決済の口座に入金すれば処理は終わりです。

領収書の代わりに個人のカード利用明細書を保管し
ておけば問題有りません。

Qあとから戻ってくる「立て替え経費」、帳簿のつけかたは?

フリーでカメラマンをしています。
今年から青色申告をすることになり、本をみながら帳簿を付けています。

発生する経費に、
「自分で支払う必要のある経費」と
「立て替えておいて、発注元に経費の領収書と請求書を提出し、
 数週間後に銀行に振り込まれる経費」の
2種類があります。

後者の立て替え経費について、帳簿にはどのように記録をしたらいいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

一時的に立て替える場合は、「立替金」という勘定科目を使って次のように処理をします。

2万円を立替えて支払ったとき
立替金 20.000 / 現金 20.000

立替金が戻り、銀行に振り込まれたとき
普通預金 20.000 / 立替金 20.000

Q現金出納帳に記入するんでしょうか? 銀行振込

何年も事務をやってなくて出納帳の書き方を忘れてしまったので
経験者の方ご回答お願いいたします。

※振込帳または振込用紙と通帳を銀行窓口へ持って行き
振り込んだ場合です。
領収書として振込の控えをもらうので他の領収書と一緒に
綴っているんですが、これを現金出納帳に書き込んでよい
のでしょうか?

例えば銀行窓口に通帳と印鑑を直接出して地代を10000円振込ました。
振込手数料は525円です。

10000 現金/ 9475 地代家賃
        525 支払い手数料

それとも直接窓口から振り込んで現金が手元に出る訳ではないので
記入しなくてもよいのでしょうか?
ちなみに通帳には 振込・手数料という風にしか書かれて
いないのでどこに振り込んだかわかりにくいです。
(銀行帳はつけておりません)

昔やってた事務で確か書き込んでた記憶があるの
ですが定かではありませんので何方か回答お願いします。

Aベストアンサー

多分ですが、
かつては現金化の仕訳をしてらっしゃったのだと思います。

この場合正しくは同日処理で

現金 10,000 / 普通預金 10,000

地代家賃 9,475 / 現金 10,000
支払手数料 525

です。

また、小口現金を用意してらっしゃらない点、
当座預金ではない点などから、
もしかして、企業会計ではなく、収支会計なのではないでしょうか。
そうなりますと、現預金を合わせた出納帳になっていたりもします。
いづれにしても、出金について、支払先と内容は記帳されなければなりませんね。

Q立替金の振替伝票の書き方

出金・入金伝票で管理している現金の出し入れを振替伝票に書き換えないといけないらしく・・・
どのようにしたらいいのか、教えてください。

4/1にA社のお茶代を2000円立て替えていて、6/1にそのお金をもらいました。出金・入金伝票のように

金額 借方科目   摘要     貸方科目 金額
2000 雑費   お茶代(立替)  現金   2000  4/1の伝票
2000 現金   お茶代      雑費   2000  6/1の伝票

これでもOKなものなのでしょうか?
貸方科目等に 「立替金」と書く方がいいのでしょうか?
宜しくお願いいたします。

  

Aベストアンサー

※この際勉強してください。4/1あなたの会社がお茶代金をA社に代わって立て替えました。この場合の立替金は資産勘定になります
6/1そのお金をもらいました。これも資産勘定になります。これが、あなたの会社が、お茶代を出せば雑費「費用科目」になります。

※内容によって勘定科目が変わるのでこの際覚えてください。
借方(D r)           貸方(C r)
立替金2,000 / 現金 2,000・・・・立替なました。
現金 2,000 / 立替金2,000・・・・入金になりました。これで全てが済ました。

Q源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

一人で法人を営んでいます。源泉所得税を六ヶ月に一回支払っています。(甲)

帳簿に記載する場合でお聞きします。

毎月法人として預かっている金額は科目として「預り金」で「収入」に記載すればいいと思うのですが、法人が支払った(甲)の科目は「預かり金」で「支払い」欄に記載すればいいのでしょうか?

税金なので違う科目があるように思うのですが・・

検索しても支払った時の(甲)の科目を説明したサイトを発見できません。

お詳しい方宜しくお願いします。

Aベストアンサー

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの画面は決して使わないようにして下さい。間違いが起きやすいので。

◇11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。

〔借方〕給 与 300,000/〔貸方〕現 金 290,000
〔借方〕…………{空欄}…………/〔貸方〕預り金  10,000
※この「預り金」は、「所得税預り金」でも良い。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「給 与」元帳の借方へ300,000と記入。相手勘定は「諸口」。
・「現 金」元帳の貸方へ290,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「預り金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
転記後の総勘定元帳を確認して下さい。

また、現金出納帳へも自動的に転記されます。
・「支出」の欄へ290,000と記入。相手勘定は「給与」。

《注》しかし、このとき、「預り金」は現金出納帳へは転記されません。
  そもそも現金出納帳とは、財布(金庫)の現金の増減を記録するとともに、現金の有り高を管理するのが目的の帳簿です。入金があったら記入し、出金があったら記入します。そして出納帳の残高と財布(金庫)の中の現金とが一致することを確認します。
  ここの「預り金」は現金の増加に伴って発生する「預り金」ではないので、この「預り金」の増加を現金出納帳に記録するのは誤りです。この「預り金」は、給与の一部の支払いを保留するために生じる負債を表示する「預り金」に過ぎません。

【重要】ここで「現 金」元帳と現金出納帳は同じ機能を果たしていることに注意して下さい。そうです。会計ソフトでは、現金出納帳は必要ありません。「現金出納帳」は、コンピュータ会計時代の前の古い時代、つまり手書き簿記時代の「遺物」に過ぎないのです。


◇12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した。

〔借方〕預り金 10,000/〔貸方〕現 金 10,000
※「預り金」で天引きした所得税を納税したときは「預り金」で支払いをします。「所得税預り金」で天引きした所得税を納税したときは「所得税預り金」で支払いをします。

この仕訳が、自動的に総勘定元帳へ転記されます。
・「預り金」元帳の借方へ10,000と記入。相手勘定は「現金」。
・「現 金」元帳の貸方へ10,000と記入。相手勘定は「預り金」。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ということで、標題の御質問ですが、

>源泉所得税を支払った勘定科目は何ですか?

源泉所得税を支払う際の借方の勘定科目は「預り金」または「所得税預り金」です。

横レス失礼します。


議論が長引いているようですので、私の回答で納得して下さい。

以下、会計ソフトを使います。

ケーススタディとして、「11月25日、従業員に給料30万円を支給するとき、所得税1万円を天引きして、残額の29万円を現金で支払った。12月10日、天引きした所得税1万円を現金で納税した」とします。

※仕訳の入力では、「振替伝票」の画面だけを使うようにして下さい。その他の入力画面、例えば「現金出納帳」、「入金伝票」、「出金伝票」、「預金出納帳」、「売上帳」、「仕訳日記帳」などの...続きを読む

Q過去の支払いを合算して領収書にしても問題無いですか?

当方、知識が無いためアドバイス頂けないでしょうか。

先日お客様に、過去に支払いした金額の合計で領収書を書いてもらえないかというご相談を頂いました。
期間は、2013年から2015年までです。

この間お支払いいただいた金額の合計を今の日付で領収書を切ることは問題ないのでしょうか?
何かとても違和感がありましたので、ご相談させていただきました。

お詳しい方アドバイス頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

>領収書は一度も発行しておりません。それでもよくないでしょうか?

受領した日付毎に発行して下さい。纏め領収書は印紙税法違反です。

Q確定申告書と確認書類の住所が異なるのですが、大丈夫でしょうか?

確定申告書と確認書類の住所が異なるのですが、大丈夫でしょうか?
どなたかご教示願えたら幸いです。

今年はじめて確定申告をします。


確定申告には、

①マイナンバー通知カード/住民票の写しなど
②運転免許書などの身元確認書類

以上2点の書類提出が必要とのことですが、


昨年末に住所変更をして、
住民票および開業届けは「新しい住所」ですが、
マイナンバー通知カードは旧住所(実家)の記載のままです。
(もらったのが引っ越す前だったので・・・)

同じ地区内での引越しのため、確定申告の提出先(管轄)は同じなのですが、

・確定申告書の住所は新住所を記載
・確認書類(マイナンバーや免許証など)の住所は旧住所のまま

といったように確定申告書と確認書類の住所に相違があった場合、
確定申告に問題がありますでしょうか・・・。


恐れ入ります、どなたかご教示いただけないでしょうか。

Aベストアンサー

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2016/pdf/02.pdf

↑確定申告書Bの書き方。
この表紙にマイナンバーを申告書に記載して、本人確認資料の提示または写しの添付をしてねと記載されてますから、本人確認資料として運転免許証のコピーを添付することもあります。
本来、確定申告書に運転免許証の写しを添付するなんて制度はない(No3様のいうとおり)ですが、平成28年分からは、免許証の写しを添付せんとアカンときもあるわけです。

住所の違いは、無視できる程度ですから、そのまま添付しておきましょう。
「住所が違ってる。あかん。けしからん。だめだ」と税務署から連絡がくることなどありません。
「マイナンバーの通知が来た後で、転居したんだろう」と思うだけですし、仮に「これではアカン」という場合には、税務署員がマイナンバーを消して(あるいは記載がないものとして)処理すると思います。

理由
マイナンバーを記載した申告書を提出するさいに、マイナンバーの通知は所持していたが、免許証も保険証も持っていない方が「それでは、申告書のマイナンバーを消しましょう」と指示されていました。
 記載がなくても受理してくれることになってますので、法が求める資料で「この番号が申告者のマイナンバーである」と証明されない場合には「いっそ記載がない申告書にしてしまえ」ということだと思います。

https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2016/pdf/02.pdf

↑確定申告書Bの書き方。
この表紙にマイナンバーを申告書に記載して、本人確認資料の提示または写しの添付をしてねと記載されてますから、本人確認資料として運転免許証のコピーを添付することもあります。
本来、確定申告書に運転免許証の写しを添付するなんて制度はない(No3様のいうとおり)ですが、平成28年分からは、免許証の写しを添付せんとアカンときもあるわけです。

住所の違いは、無視できる程度ですから、そのまま添付し...続きを読む

Q子供会の会計、通帳への出入金について

子供会の会計を4月からやっていますが、忙しかったので会費が全部入るまで通帳にあげず、事業を行った支払いは立て替えて、だいぶ過ぎてから通帳へ入金、出金をしました。帳尻があえばいいかと簡単に考えてたのですが監査の時に通帳も検査するとのことでした。出納帳と通帳の日にちが全然合わないわけです。これからはなるべく早めに通帳へ出し入れしますが、とりあえずこのままでいいのでしょうか?会費を1軒ぶん間違えて通帳へ上げてしまいました、すぐ下ろした方がいいのでしょうか。同じ額の入金があればそのお金ということにもできるのですがちょうど同じ額の入金はないようなので。

Aベストアンサー

出納帳はあくまでも現金の出入りを記録した「現金出納帳」です。それに対し、通帳は銀行口座への出入りを記録したものに過ぎません。会費やその他諸々の収入がすべて銀行振り込みで入金され、支払いもすべて振込または小切手でない限り、出納帳と通帳が一字一句すべて同じになることはあり得ません。現金入金、現金支出が原則で、預金は一時の保管に過ぎませんから、監査を気にする必要はありません。
ただ、どんな事情で退会者が出ないとも限りませんので、立て替え払いはしないほうがよいと思います。入金が遅れていたら、必要でも買い物をしないとか、支払いを待ってもらいましょう。
間違えて預金した1軒分は、すぐ引き出しておきましょう。監査の時まで忘れないよう、メモしておきます。間違いは間違いとして、合理的な理由になりますから、びくびくする必要はありません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング