29週で、シロッカー手術しました。
今は自宅安静です。
生命保険は使えたものの、万が一 切迫早産で早く産まれた場合でも、生命保険適用になるんでしょうか??
内容にもよるとは思いますが。。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

切迫早産」に関するQ&A: 切迫早産

A 回答 (1件)

おっしゃるとおりどんな保険商品かが判らないと答えようがありません。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q損保ジャパンひまわり生命保険~切迫早産

現在、私の妻が”切迫早産”で入院中なのですが下記の契約内容で損保ジャパンひまわり生命に加入している場合、入院給付金は適用されますでしょうか?

保険種類:無配当 新終身医療保険I型(120日型)
保険期間の始期:平成15年5月
払込期間の終期:平成45年4月
責任開始日:平成15年4月
主契約及び特約
(1)新終身保険(01)I型 保険期間-終身 払込期間60歳まで
支払事由-疾病または災害で継続して2日以上入院のとき
保険金額-1日につき7,000円
(2)死亡保険金-死亡のとき-保険金額350,000円
(3)手術給付金-所定の手術を受けたとき-保険金額-入院の種類により入院給付金日額の40倍,20倍,10倍
(4)他~ガン入院特約,がん入院給付金
以上、で保険料月額5,904円

妻は上記の保険に加入する約2ヶ月前(2月中旬に)に帝王切開で出産しています。(30歳時)
現在入院中ですが、点滴を打って安静にしているのみで手術等は受けておりません。
今年に入ってから、2月に約3週間。3月に約3週間入退院を繰り返しています。

以上の条件で入院費用の給付を受けたいのですが可能でしょうか?
どなたかご教授頂けますようお願い致します。

現在、私の妻が”切迫早産”で入院中なのですが下記の契約内容で損保ジャパンひまわり生命に加入している場合、入院給付金は適用されますでしょうか?

保険種類:無配当 新終身医療保険I型(120日型)
保険期間の始期:平成15年5月
払込期間の終期:平成45年4月
責任開始日:平成15年4月
主契約及び特約
(1)新終身保険(01)I型 保険期間-終身 払込期間60歳まで
支払事由-疾病または災害で継続して2日以上入院のとき
保険金額-1日につき7,000円
(2)死亡保険金-死亡のとき-保険金額350,000円
(3)手術給付...続きを読む

Aベストアンサー

>>保険に加入する約2ヶ月前(2月中旬に)に帝王切開で出産しています。

手術についての告知をした上で加入できた保険だったのでしょうか?
そうであったとすれば、加入できたとしても、出産等については少なくとも数年間は不担保(保険の対象外)とされているはずです。無条件での加入は一般的には考えられません。

もし、告知してなかったのであれば、明らかに告知義務違反ですので、保険会社が解除権を失う2年を過ぎているとはいえ、出産についての給付金支払いはされないものと思われます。他の病気・ケガ等での入院であれば、支払われる可能性はありますが。

いずれにしても、保険会社に確認することをお勧めします。
仮に告知義務違反していたとするなら、早いうちに、今後は役に立つ保険なのかどうかを確認しておくべきでしょう。そうでなければ、保険料を払い続ける意味はありませんし。
告知した上で部位不担保の条件がついていた場合には、証券にその旨が記載されているはずです。

Q満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え

満期生命保険を据え置きにしています。明治安田生命で満期の生命保険を据え置きの形で預かってもらっています。金利がとても良いのでそのままにしておくつもりだったのですが、10月から何か規定の変更があったそうで”お勧めの商品”への乗換えを進められました。据え置きというのは預金のようなものだと思っていたのですが、違うのでしょうか?ほかに保険に加入しているのでこれ以上保険を増やすつもりも無いのですが?何かよいアドバイスをいただければ助かります。

Aベストアンサー

私は第一生命で?百万、満期過ぎて2年越えたものがありますが1年を超えたころから
手を変え品を変え、これを買えといろいろ宣伝に来るようになりました。
 最近保険が売れない上に回転資金が厳しいのでしょう。
 仕組み上保険商品はどの商品も最低3年以上置かないと定期預金より低いものばかりであるはずです。

 それを超えて使う見込みがない¥があるなら合う商品があるかも知れません。
 老後まで使う予定がない¥があるならいくつか銀行よりお得なものがあるはずです。
 ただ破綻騒ぎもあるますし、慎重に選択を。
 私は家を買う都合そろそろ引き戻します。

Q生命保険 万が一とはどのくらいの確率なの?

 生命保険について質問です。
 生命保険に加入している人は、みんな「万が一の時」の事を考えて加入されていると思います。
 勤め先に保険のセールスが来て説明を受けていると、確かに「万が一の時」を考え、保険に加入しておかなければという気になってきます。
 
 でも、この「万が一」って、実際にはどのくらいの確率なのでしょうか?言い換えれば、実際保険に加入している人の中で、掛け金以上の保険金をもらえる人は何パーセントくらい居るのでしょうか?
 ご存知の方が居られましたら、是非ご教授ください。

Aベストアンサー

#6です。

保険料に占める保険会社経費分というのは、実は非常に少ないです。払込み保険料総額からいったら、おそらく数%程度でしょう。しかも、保険会社が預かった保険料は常に運用され増えていきますので、経費分は実質的に無視できるほど相対的に小さくなると考えて良いと思います。

Q生命保険の見直しについての相談、子供が産まれたので見直しを考えています

夫(33)妻(34)子供(0)3人家族
夫(会社員)の収入のみで、
今、保険にあてられるのは、16000円位まで。
3年後に2人目、6年後には住宅購入を希望です。
お互いの両親の面倒(介護)もある程度はみたいと思います。

現在は、


(1)医療保険 保険料10000円/月 終身保険 入院1.5万/日
(2)がん保険 1300円/月 保険期間10年 払込期間10年更新型
     診断一時金100万、入院1.5万/日、通院5000/日

妻(専業主婦)
(1)がん保険  1700円/月 保険期間10年 払込期間10年更新型
       診断一時金200万、入院2万/日、通院1万/日
          
(2)医療保険  県民共済
       1500円/月 入院、手術、死亡保障

夫に万が一の時、残された遺族の生活準備、葬儀代、学資などが考慮されていないので見直したいと思っています。
アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

保険とは、万一があったときの金銭的なリスクを保障する商品です。
ということは、まず、リスクをはっきりさせる必要があります。
そのためには、順調に人生を送ったときのプランを立てる必要があります。
なぜなら、そうしないと、何をいくら保障したらよいのか、わからないからです。
では、そのプランをどのように立てるのか……
それは、キャッシュフロー表を作成することからはじめます。
キャッシュフロー表とは、下記のような表のことです。
http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html
https://www.hotto.nomura.co.jp/ipg/ez/ezp2n_b1/jsp/invest/080704.jsp
http://www16.plala.or.jp/comet/cashfuro.htm#cashfurohyou2
http://www013.upp.so-net.ne.jp/Go-planning/lifeplan.htm
つまり、未来の家計簿、予算表みたいなもので、色々なシミュレーションに使うので、EXCELなどの表計算ソフトを使って作成します。

質問者様の場合、3年後に第二子様、6年後に住宅購入と予定されているようですから、それをキャッシュフロー表に反映させます。
このような表を作成すれば、いつまでに、いくらのお金を貯めなければならないのか、一目瞭然でわかります。

さて、万一があったときのシミュレーションですが……
明日、夫様に万一があったときのことを考えます。
なので、3年後の第二子様、6年後の住宅購入もなかったことにしてください。
次に、夫様の収入を遺族年金にて、死亡退職金を計上、葬儀代を計上、生活費から夫様の分を差し引く……という操作をしてください。
このとき、マイナスが出ますが、そのマイナスを補う方法の一つが生命保険です。
ですが、そのまま使うわけにはいきません。

人生で最も大きな出費は、住居だと言われています。
購入するにしろ、賃貸にしろ、住居費は千万単位の高額となります。
万一のとき、奥様の実家に帰るなどの方法が取れるならば、住居費は計上しなくても良いですが、そうでなければ、一括して購入することを考えてください。
車の駐車場代を含めて、家賃が年間100万円(月に8万円)ならば、50年で5000万円にもなります。一括して購入した方が、メリットがあると思いますが、そのためには、その分を保険金として上乗せしておく必要があります。
6年後に住宅を購入すれば、上乗せ分は、当然、解約となります。
10年定期で十分でしょう。
これで住居費をカバーするとして、シミュレーションをしなおします。

ここで重要なことは、お金には出て行く順番があるということです。
6年後に住宅を購入するのならば、そのために、できるだけお金を貯めておく必要があります。
保険で言えば、終身保険は、いつかは解約払戻金が支払保険料総額を超えるので、メリットがあるとも言えますが、それが30年後、40年後では、そのまえに住宅と学資という大きな出費があるので、検討が必要です。
まずは、住居費のためにお金を貯めることです。

次に、学資です。
中学から学資(教育費)は急に高くなり、高校三年生でピークになり、その後4年間、高額の時期が卒業まで続きます。
医学部、薬学部は6年間、民主党が政権を取ったので教員養成も6年間となるでしょう
また、理学部・工学部系では大学院への進学率が高いので6年間も考慮しても良いでしょう。
いずれにしても、6年後から貯めていたのではちょっと厳しいかもしれません。
また、夫様に万一があっても、お子様には進学させたいとお考えになるのが普通ですから、短期払いの終身保険(低解約払戻金型終身保険の短期払い)を考慮して良いと思います。

などなど、シミュレーションしなければならないことは多種多様です。

一般論ですが、ご参考になれば、幸いです。

保険とは、万一があったときの金銭的なリスクを保障する商品です。
ということは、まず、リスクをはっきりさせる必要があります。
そのためには、順調に人生を送ったときのプランを立てる必要があります。
なぜなら、そうしないと、何をいくら保障したらよいのか、わからないからです。
では、そのプランをどのように立てるのか……
それは、キャッシュフロー表を作成することからはじめます。
キャッシュフロー表とは、下記のような表のことです。
http://fukuroi-fps.blogdehp.ne.jp/article/13230892.html...続きを読む

Q保険の加入・切迫早産の入院は許可がおりますか?

現在、住○生命の保険に入りなおそうかと考えています。
しかし、1年8ヶ月前に切迫早産で入院したことがあります。
もちろんきちんと話しますが、これがひっかかって、加入の制限や加入できないということになりますか?

もちろん、実際審査されないと正しくはわからないとは思いますが、年末年始があるので、今申し込んでも審査の結果がわかるのは3週間くらい先になるかもしれないとのことで、何となく気になっています。皆さんの体験や、予想でかまいません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

遅くなりましたが、妊娠関係の入院は、無事出産、または手術により完治後は、3か月程度経過すると、ほとんどの商品で、全く、何の問題もなく加入可能です。

私自身も、子宮外妊娠、ケイリュウ流産のあと、数ヵ月後に何の問題もなく、医療保険に加入しています。
その後、加入後に同じ流産による入院で、給付金も請求していますが、全く問題ありませんでした。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報