“女・尾崎豊”と評された榊いずみさんインタビュー >>

投資信託委託業者と投資法人の違いがイマイチ分かりません。

私個人の認識では、投資信託委託業者は運用とそれに付随する業務が行え、投資法人は運用業務のみしか行えない。
また、投資法人はある単一の特定資産のみの運用目的のための法人である。
と解釈しているのですが合っていますでしょうか?

より詳しい違いや補足など何でも構いませんのでお教えいただけたら幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。

「投資信託委託業者」と「証券投資法人」を比較するのはちょっとおかしな話になってしまいますので、以下のようにまとめさせていただきます。
まず、不特定多数の投資家から資金を集めて運用する投資信託には「契約型投資信託(一般の人が投信という場合、通常これを指す)」と「会社型投資信託」という2種類があります。前者は「信託契約」によって成立しているファンドであり、委託者である投資信託委託会社、受託者である信託銀行、および受益者である投資家の3者から構成され、ファンド自身は法人格を持ちません。なお、投資家がこの形態のファンドを購入すると、受益証券というものが発行されます。一方、後者は通常の株式会社が株式を発行するように投資証券を発行し、投資家は一般の株式会社における株主総会と同じような意味合いを持つ投資主総会に参加できます。また、投資法人という名の通り、ファンド自身が法人格を有しています。この証券投資法人の運用者は通常投資信託委託会社や投資一任契約業務を行える投資顧問業者です。
まとめると、投資信託委託会社はファンドの形態がどうであれ実際の運用指図をする業者であり、投資信託の形態には契約型(=契約型投資信託)と会社型(=証券投資法人)の2つがある、ということになります。
ではでは。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QREIT 投資法人が業務委託する理由

財産の保管・管理を信託銀行に任せるのは分かりますが、なぜ運用の業務自体も切り分ける必要があるのでしょうか?

投資法人が実際何をしているのかよく分かりません。
(1)投資法人は何をしているのでしょうか?
(2)そしてなぜ運用業務を切り分けるのか?
(3)REITが設定される時、オリジネーターがどのようにアレンジャーを選ぶのか教えて下さい。~不動産の系列などあるのでしょうか?
またダヴィンチという会社はこのアレンジャーに当たる会社なのですか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 そうですね。わかることだけお答えしましょう。
 リート法人は、母体となる不動産業者と資金提供者(銀行等)の私募債からスタートした後、上場して公募債の募集と運用を開始します。
 上場会社として運用は切り離し透明性を確保する必要があります。

ダヴィンチ・セレクトはDAオフィス投資法人の運用会社です。

参考URL:http://www.stockweather.co.jp/sw/market/etf.html

Q代理と取次の違い

商法における代理と取次の違いを教えてください。
媒介についてはある程度理解したつもりです。
代理と媒介の違いは簡単に言えば契約締結権の有無だと思うんですけど、取次とこの二つ(代理と媒介)の違いがよくわかりません。
どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

取次とは、「問屋(551条以下、代表的には証券会社)」や、「運送取扱営業(559条以下)」のことです。

ポイントは、取次商は、自己の名を持って、他人のための商行為をするというところです。

代理や媒介は依頼人が直接契約の当事者になりますが、取次の場合は、

依頼人 ⇔ 取次商 ⇔ 相手方

という契約になるため、依頼人と相手方の間に直接の権利義務関係が発生しません。

Q国債について

はね返り玉の買い取り、ということを
よく金融機関のHPなどで見るのですが
この「はね返り玉」とはなんなのですか?
気になるので是非教えてください。

Aベストアンサー

銀行は、国債を窓販しています。買った客の中には、その国債を償還まで保有せず、中途換金したいという場合もあるでしょう。
銀行は、その場合、その時点での債券市場の価格に基づき、顧客からその国債を買取ります。
その国債のことです。

Q金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??

この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。

後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。
下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。

【Q】
2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
あなたは、それを100万円で購入します。
その後金利が上昇し、
2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。
さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか?
大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。
だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。
金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。
その理屈と計算方法を答えてください。



よろしくお願いします^-^

Aベストアンサー

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5%に引き上げになるとします。すると明日以降に発行される債券は利率5%が並になる、と考えれば、今日までに発行されていた0.5%の債券を売却して明日以後発行になる5%の債券を求める動きが出るでしょう。
したがって、「金利が上昇すると、(今までの)債券は売られて価格が下落」します。金利下落時は逆です。

>【Q】
利率1%、残存9年の債券がある。今の長期金利は2%である。
これが50円ならあなた買いますか?普通買いますよね。なぜ? だって9年で値上がり分の50円と利息9年分9円の合計59円が入るから。50円の投資で9年かけて59円手に入るんだから。すごい効率ですよね。
じゃ60円なら買い?80円なら?95円なら?
これの損益分岐点を求めたものが回答です。利回り計算をすればいいんです。

〔{1+(100-x)/9}/x〕*100 =2
参考URL(最終利回り)をご覧ください。

この式の分子に来ているのは、結局「今後1年あたりどれだけの収入があるか」ってことです。
(毎年決まった利息)プラス(償還までの差益・差損の1年当たり分の合計)ですから。
(それをいくらの投資によって得られるか)が分母(購入価格)です。

参考URL:http://www.daiwa.co.jp/ja/study/knowledge/bond02.html

証券マンです。このような質問をよくお客様から受けます。だいたいの場合、疑問の理由は「金利」「利率」「利回り」の意味合いを把握されていないことから来るようです。

>この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?
↑一般的には長期金利や短期金利、公定歩合などでしょう。

>金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか??
↑理解しやすくするためにものすごく簡略化して書きます。
今の公定歩合が0.5%とします。利率が0.5%だと並と考えられる時代とします。ところが明日から公定歩合を5...続きを読む

Q思慮、思料、思量の使い分けを教えて下さい

自分がこう思うとの表現で、「思慮」と「思料」と「思量」はどう使い分けるものでしょうか?

また、
「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

上記使い方はお客様への公文で使ってもよいでしょうか?

Aベストアンサー

>「XXと思慮します。」という表現はおかしいですか? 「XXと思慮。」で止めた方がいいのでしょうか?

はい、変です。思慮するがおかしい以上は思慮で止めるのも輪をかけて奇妙です。客を相手の文章と限らず、「と思う」の意味で使うわけには一切いきますまい。

思量と思料はまったく同義と見なして差し支えないと思います。どちらも「と思います」や「と考えます」を四角張って言いたいときに使うものですな。

Q前年比の%の計算式を教えてください

例えば前年比115%とかよくいいますよね?

その計算の仕方が分かりません・・・
例えば 前年度の売り上げ2.301.452円
    今年度の売り上げ2.756.553円
の場合前年比何%アップになるのでしょうか?計算式とその答えを
解りやすく教えて下さい・・・
バカな質問でゴメンなさい(><)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
(今年の売上÷前年の売上×100)-100=19.8%の売上増加

 

Q証券外務員2種に受かるためには過去問だけやればよい。それが最短の合格方法というのは本当でしょうか?

証券外務員2種に受かるためには過去問だけやればよい。それが最短の合格方法というのは本当でしょうか?

証券外務員2種を受験することになりました。
早速本屋でテキストと問題集を買いました。

「テキストを読んでその箇所の問題をやる。
間違えたら解答を読む。しかし頭に入らない。言葉の意味も分からないし、初めて聞く言葉ばかり。何?委託者指図型投資信託って?私はこれを(イタクシャシトガタトウシシンタク)と読んでいました。パリティー価格?公式覚えらんねーよって感じです。
しかも量が莫大(問題だけで600問)でとても一冊終わりそうにありません。」

この繰り返しです。そんなこんなで二度試験に落ちました。

ある人から
「あの試験はテキストは全く必要ない。とにかく過去門だけをやれ。理解しなくていい。この問題が出たら答えはこうだと覚えろ。とにかく問題と回答をそっくり覚えちまえ。テキストなんて全く必要ない。過去門を繰り返して90点以上取れれば本番の試験で70点取れる。」

といわれました。これは本当でしょうか。今まで私がやってきたことは無駄なのでしょうか。であればなぜ書店に数多くの証券外務員のテキスト、問題集が売っているのでしょうか。

試験まであと二週間。
(1)今までの通り参考書と問題集を少しずつ進めていく。
(2)今までやった参考書はゴミ箱に捨てて過去門だけやる。

どちらがいいのでしょうか。
(2)を選択すると今までやってきたことが無駄になってしまうような気がして…。

資格取得済みの方アドバイスをお願いします。
よろしくお願いします。

証券外務員2種に受かるためには過去問だけやればよい。それが最短の合格方法というのは本当でしょうか?

証券外務員2種を受験することになりました。
早速本屋でテキストと問題集を買いました。

「テキストを読んでその箇所の問題をやる。
間違えたら解答を読む。しかし頭に入らない。言葉の意味も分からないし、初めて聞く言葉ばかり。何?委託者指図型投資信託って?私はこれを(イタクシャシトガタトウシシンタク)と読んでいました。パリティー価格?公式覚えらんねーよって感じです。
しかも量が莫大(...続きを読む

Aベストアンサー

確かに、合格するだけなら、たぶん過去問だけでも2種レベルなら可
能でしょう。同じような問題が繰り返出ていましたから。でも、去年
法改正されて出題傾向がそれ以降、変わってきているらしいので、そ
の方法は遅かれ早かれ通用しなくなると思います。それに、1種への
ステップアップも視野に入れているならば、基礎はマスターしておき
たいところです。参考書(基本書)も見ておくのが新問題への対策上
も賢明です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報